雲間の朝日に想うこと

初話 登場人物 繋がり  過去  目次  最新  

< 糸と運命の差は何処に在りますか >


一本、
一本、
其の糸の其れ其れが。


連なるのか。

紡がれるのか。

縒り逢うのか。

千切れるのか。


其れを予測する術など、
無いのだけれど。







眼前に。

過去が、
結ばれて居るのだとすれば。


今、
其の刹那に於いては。


其れは、
縁に他ならない。

















途絶える幾つもの糸の中で。

何が、
残されるのか。

何が、
芽生えるのか。




最期の刻限に。

果たして、
其れを附与されるのだろうか。






















近付く機会を得られた、
其の想いを。


 「繋がりが解けてないってのが運命で〜す。」


あの子は。

そう、
表現するけれど。















未だ。

解を得られるのが先だと、
言うのならば。










 「あと二年もすれば二十年だよ。」
 「お互い紆余曲折して遠回りして遠回りして。」
 「平行線だったのが交わる日が来るってのも凄いよね。」


あの子の言う、
其の凄さも。

今だけの縁で。







未だ。

評価される程の価値を、
与えられては、
居ないのかも知れないね。





----------
References
 Mar.13 2017, 「平行線と言うのでしょうか」
 Apr.20 2013, 「初めて繋がった日に為るのでしょうか」
 Aug.15 2002, 「安堵しても良いのですか」







↑Enpituの投票ボタン(おまけ情報付)


2018年03月04日(日)


----------
History
2015年03月04日(水) 底無しの深度に踏み入れてませんか
2006年03月04日(土) 幅の存在を忘れて終いましたか
2004年03月04日(木) 先導を買って出てくれるのか
2001年03月04日(日) これは嫉妬と違いますか




初話 登場人物 繋がり  過去  目次  最新  

Add MyEnpitu

小坊主
MAIL