空のむこうにみえたもの
美空あいり



 休業宣言!?

このところ毎日書いてきた日記ですが、諸事情でしばらくお休みしようと思います。

急なことですみません。

2008年03月28日(金)



 続く言葉は・・・恋?

『抜き差しならない』とは
・・・動きがとれない。のっぴきならない。という意味。

『のっぴきならない』とは
・・・避けることもしりぞくこともできず、動きがとれない。進退きわまる。どうにもならない。という意味。


日本語って面白いようで、難しいようで。
のっぴきならないと言われたら、どうにもこうにも抜けられない(外せない)事態って感じだけど、抜き差しならないって言われたら、続く言葉は『恋』と思ってしまうのは私だけかしら??爆


どうしてこんなことを書いているかって??
さっきネットを見ていて偶然この言葉を見かけましてね。
ふと思ったのですよ。
やっぱり『恋』でしょぉ〜〜ってね。w
ってわけで、今日のまとめに書いてみました。


ついでに。
私も今日職場のデスクと本棚を整理しました。
思ったほど不要物はなくて、18年度の本を一冊処分するだけで済みました。
案外整理整頓はいきとどいているようです。w
後は引き出しの中を明日整理するかな。
過去のデータや資料(文献など)、何処まで残しておこうかなって迷うよね。
破棄してしまった後で、しまった!!ってこともあるので、その辺の判断が難しい。爆

じゃ、おやすみなさい。

2008年03月27日(木)



 有休休暇

昨日のドックに引き続き、本日は有休を取りました。
と言っても、別段やることがあったわけではなく、ちょっと役所まわりをしたかっただけなのですが。w

昨日からの引き続きでずっとお腹はゴロゴロしたままなのですが、排便は一向にありませんよ。
排便までには食後24時間程度かかると言うのは本当なのかもしれませんね。
・・・ん?いや、もっとか。
昨日午後2時頃に検査後の食事を食べたのですが、まだ何も出てこないので、明日になるのかもしれませんね。

と言うか、たまに腸を綺麗にするのもいいかもしれませんね。
今日は化粧のノリが良い気がします。w

さて、母上様から依頼されたお遣いに行ってきます。
車の運転もだいぶ慣れてきましたよ。
ターボはいいねぇ〜〜♪♪

2008年03月26日(水)



 人間ドック

はい、戻ってきました。
ただ今午後7時です。
朝8時から始まったドックでしたが、終わったのは午後3時でした。
7時間のドックかぁ。
長かったような、短かったようなって感じですね。

手順は、受け付け終了後すぐに
・検査着に着替え
・血圧測定(看:90/60。低いですねぇ・・・)
・視力検査(看:右0.9/左1.5。右が悪いですねぇ・・・)
・眼底検査(右)
・身長(152僉
・体重(私:お腹の中は空なのにいつもと一緒って・・・爆)
・心電図検査(吸盤が何度も外れ、数回測定する)
・眼底検査(左)
・胸部単純X−P
・上・下腹部CT
と、あれよあれよと進み『採血はカメラの時に一緒にしますね!』というわけで、再び私服に着替えました。
ここからがファイバー検査の準備ですね。
ラウンジのような場所があって、そこで2箸離縫侫譽奪(液体)を2時間かけて飲むように指示されました。
暇だったので準備しておいた薬理の本を読みつつ、ぼちぼちと飲むこと1.5時間。やっと3本のうちの1本を飲み終わり、数回の厠通いの結果『もう何もないみたいですね!』と言われ、内心ホッとした私でした。爆
結局2時間で2本を飲み終え、やっと検査OK!のGOサインが出たのでした。
ニフレックそのものは噂に聞いていたような不味さは感じず、どちらかというと想像していたよりもはるかに飲みやすくてちょっと拍子抜けしたぐらいでした。

ファイバーは胃と腸の順番で行われました。
準備の時に飲んだガスコンドロップ、あれは不味かったぁ〜〜。爆
その後のキシロカインゼリーでうがいしたのも初体験でしたねぇ。
おかげさまで舌まで痺れましたよ。苦笑
ブスコパンの注射の時に採血もされました。
針を刺されるときはやっぱり痛かったぁ〜〜爆
胃にカメラを入れる時にはもの凄い吐き気と闘って、大腸の時には腹部に癒着があるのでそのせいもあり激痛と闘いました。
横行まで到達するのに意外と時間がかかり(癒着のせいらしい)、横行からは案外すんなりと盲腸まで到達して、戻る時の早い事と言ったら・・・w
『(S状に)ポリープがありますね』と先生が言っていたのをぼんやりと覚えていますが、その後は記憶にないので薬が効いて眠ってしまったのでしょうね。w

休む(眠る)こと約2時間。
説明がありますと起こされ、私服に着替えて説明を受けました。
先『特に何も異常はないみたいですね。』
私「あ、そうですか。」
先『胃は大丈夫!腸も大丈夫!』
私「はい。」
先『はい!終わり!!』
私「???」
危うくそのまま帰されそうになったので、少し詳しく話を聞いてきました。
私があのまま何も言わずに帰っていたら、多分説明(あれは説明と言えるのだろうか??)は最初のニ言だけで何もなかったでしょうねぇ。。。苦驚

いやはや・・・慣れって怖いですね。
私だってド素人ってわけではないので、見れば何となく内容はわかりもしますが、それでもやはり患者に話しをさせる余裕は必要だと思いましたよ。
一時期「あなたの患者になりたい」って本が流行りましたが、ちょうどそれを彷彿とさせるシチュエーションでした。

紹介してもらった病院だし、あれこれ言うつもりはありませんが、余所の市からわざわざドックに来たことを確認するよりも、もっと他に問診などで確認することがあったんじゃないのかな?と正直思いました。
『どうしてこの病院に?』とは流石に聞かれませんでしたけど、仮に聞かれても『噂で☆(^−^)』としか言わないつもりだったので、ある意味その点は聞かれなくてホッとしたくらいでした。

やっぱり何事にも慣れてはいけませんね。
自身の仕事のことをちょっと振り返りましたよ。
教科書を見ずに授業を出来るほど内容を覚えているのはイイことかもしれませんが、目の前にいる学生は何もかも全てが初体験で、全く知識がないのだということを忘れてはいけないんだなと、今回の件で痛感したのでした。
丁寧な対応を!とよく言われますが、慣れてくるとその丁寧さにも慣れが出てきてしまうのかもしれませんね。
気をつけようと思います。


今回は色々な意味でとても良い勉強になりました。
スタッフの方々の行動一つ一つが、患者の目から見るとこんなにも気になるものなんだとか、スタッフ同士の何気ない会話が患者の耳には(その時私は微妙に具合が悪く頭痛もあったので)案外耳障りなんだなとか、逆に何気ないスタッフの声かけ(寒くないですか?)が凄く嬉しかったりとか。。。若い医師(男性)と患者(老婆)の会話一つ取っても、あんな風に話しかけてもらえば患者(老婆)は安心するだろうなとか、実際私もその若い医師から検査前の準備をしてもらったわけですが、相手が変われば話し方も変えたりするんだなとか、言い出せばキリがないくらい色々な場面を見ることができました。
医師の日常を垣間見て、やっぱり休む暇はないんだよね。。。と思って帰ってきたものまた事実です。

で、毎回思うのが、現場ってやっぱりイイよなぁ〜って事です。苦笑
これは実習の依頼で病院を訪問する度に思うんですけどね。
私が1ヵ月位実習に行きたいよ!とか思っちゃったりします。w
でもま〜多分、行かないんですよ。w
私は今の仕事(教育)の方が合ってる気がしますしね。


そんなこんなで、ドックが無事終了しました。
部屋に戻って荷物を見ていると受付に戻すはずだったカードが入っていてビックリしました。爆
電話したら破棄してくださいとのことだったので、来年また行くだろうからその時戻そうと思ったのでした。爆

結果が出るのは約2週間後です。

2008年03月25日(火)



 何やらヤバイ(>_<;)

今夜は明日のドックの為に病院の近くのホテルに泊まりなのですが、ここ、かなりヤバそうです。
こんな事なら一人でラブホにでも泊まった方がましだったよぉ・・・((T_T))ゥェ〜ン

こんな日に限って、誰からも電話一本入らないんだもの、そりゃないよ・・・。

ちゃんと眠れるのかなぁ?
不安だぁー。

部屋の電気は付けたままにしておこうっと。
こんなことなら車に泊まる方がましかもしれない。泣

2008年03月24日(月)



 往復130Km

と言うわけで、本日は朝から新車でのドライブを兼ねて家族みんなでお隣の市まで本屋を求めて彷徨ってきました。
がね・・・行ってみたものの、その本屋なくなってるじゃないの(最悪)
結局、欲しかった本にも巡り合えずじまいでした。トホホ・・・泣

でですね、運転の感想ですが、まだまだ車体感覚がうまく掴めていなくて、バックで駐車する時などは若葉マーク??って感じの操作で、この車を早く手足のように動かしたいと思った瞬間でした。


今年は県内をあちこち出向いて周ろうと心に決めたのでした。


2008年03月23日(日)



 検定監督とメルマガ

久しぶりにメルマガを発行しました。
・・・多分春号以来ですね。
しかも、あれは過去のものを掲載しただけだったので、今回がリアルタイム掲載の発行で、まともに発行したのはもう・・・何年ぶりだろうか???苦笑

さてさて、メルマガを発行したということはもちろんHPも更新をしたわけですが、たまにはまって書くと案外いろいろなことが書けるものですね。
常日頃書こう書こうと思っているときにはあまり書けなかったのに、何気なく書き出すと上手くいくみたいです。爆
要するに、規則性を持たせてはいけないということでしょうかね。
いやはや・・・なんともね。


と、日常報告。
今日は朝9じ半〜午後4時半まで検定の監督だったのですよ。
前半の4時間は立ったままで、私も一緒に問題を解いて解答を作成したので、もの凄く疲れました。
流石にその後の別の科目の試験の時にはイスに座らせてもらいました。
いやはや・・・今日も監督頑張ったよ。
監督って見回るだけでしょ?とか思われがちですが、見回ることも大変ですが、解答を作成するのも大変です。

でね、最近の出題傾向が以前とは変わりつつあるようです。
なにやら随分と教科書の説明範囲以外の問題が多くなったように思います。
というか、その問題をだすのだったら教科書にもう少し詳しく説明しようか??って突っ込みを入れたくなるほどです。
合格率が60%ぐらいの試験なので、さほど難しくはないのですが、そのレベルで出題するのなら、私もそれに合わせて説明を変えなくちゃいけないでしょ??って感じです。
というわけで、今回の合格率はやたら低そうな予感。
今までは毎回100%合格だったのに。。。苦笑
対策立て直さなくっちゃ。


じゃ、おやすみなさい。
明日は晴れたら往復100Kmのドライブの予定です。

2008年03月22日(土)



 睡魔との闘い

夕食後から異様な睡魔に襲われて、結局8時ごろから眠ってしまいました。
何度も途中で起こされたのですが起きる気力もなく、目が覚めたら夜中だったので、また眠りました。


最近食後になると必ず眠いのよね。
満腹だからなのかなぁ?

2008年03月21日(金)



 ねぶい・・・(−_−)ZZzz...

うたた寝してました。
もう今日は眠気が限界にきているので、また明日。

おやすみ。

2008年03月20日(木)



 戦国絵巻

現在、源平合戦あたりの本を読んでいます。
歴史は国内外を問わず苦手な分野だったのですが、この頃何やらやたらと日本史に興味が湧き、あちこちの本屋をうろうろしては読みやすそうな本を探しています。

世界史はフランス革命あたりしか覚えていないのですが、つい先日年表を改めて見たときに、日本の歴史の移り変わりをはじめてしっかり理解したような気がしました。
学生時代はまったく暗記できなかったのですが、興味を持って見ると不思議と頭に入っていくものなのですね。w

ただね、歴史の本を読むたびに思うことは、やっぱりあの時代に生まれなくてよかったと思うんですよ。
歴史を見るときにはついつい女性に目がいってしまうのですが、平安時代と戦国時代の女性の差といったら・・・天と地ほどの差があるように見えます。


ふぅ。。。
いつの世も、心休まる時はないのかもしれませんね。

2008年03月19日(水)



 陽炎

砂漠の真ん中にとり残される

どの方向にも動けず蹲る

遠くに見えたオアシスは幻だったのか・・・

2008年03月18日(火)



 難聴

最近『突発性難聴』という病名をよく耳にします。
私の周りにも2人ほどこれに罹っている方がいらっしゃいます。
そのうちの一人は現在入院治療中です。

もしも突然自分の耳が聞こえなくなったら、私なら正気ではいられないかもしれません。
音のない世界で過ごすことに対して、とてつもない恐怖を覚えます。
楽器吹きだった私にとって音楽はなくてはならないものです。
現在、ドクターストップで運動することを制限されていますが、運動をしないことはまだ我慢が出来ます。
ですが、音を取り上げられては生きる気力を失うかもしれません。
大切な人の声を聞けなくなるのですよ。
家族の笑い声も。
楽器の音色、風の音、動物の鳴き声、大嫌いな雷の音も。
そう考えただけでもの凄く怖いです。

過労やストレス、栄養不足などからくるらしいですね。
現代はストレス社会ですから、いつ何時(なんどき)誰が発症しても不思議ではないのかもしれません。


どうぞ今は、十分な休養をとってください。
頑張り過ぎないように気をつけてください。

2008年03月17日(月)



 日記という繋がり

ネットの世界から垣間見る私は、『空のむこう』という箱の中で生活する空というキャラクターが、いろいろなものを見たり聞いたりしながら感じたことを、独り言のように話しかけてくる、バーチャルの世界の住人として映っているのではないだろうか。

箱の中の私はどのように日常を送っているのだろう。
その狭い箱の中で、小さな私はどのように生活しているのだろう。
きちんと寝起きできているだろうか。
その小さな体で、周りの人にきちんと安心感を与えているだろうか。



日記を書いていく中で一番申し訳なく思うことは、知らぬ間に見ず知らずの人に心配をかけてしまうことだ。
(知っている人にだったら心配をかけてもいいのかと言うと、そういうわけではないのだけど)

2008年03月16日(日)



 覚書き

ついに新車が到着しました。
納車は20日。
用があってディーラーへ行ったので、ついでに見せてもらいました。
ムフフ・・・かっこよく仕上がりそうです。
(画像はBlogへupしました)
前回は赤い車だったのですが、今回は水色。
結局目立つ色じゃん!って感じですが、他に好きな色がなかったので仕方がない。
白、黒、グレーも一瞬考えはしたのですが、他の車とは違う色にしたかったので水色にしました。


それと、人間ドックの日程が25日に決まりました。
大腸ファイバーの準備があるので出来るだけ早く来てくださいと言われ、朝6時には出発です。
下剤初体験なので微妙に不安なのです・・・体調を崩しそうな予感がする。
ちゃんと帰ってこれるかしら。
念のため25日と26日の二日間、有休をとるつもりです。
ふぅ・・・。
無事に終わりますように。

2008年03月15日(土)



 ここはスルーでお願いします。

救命って何なのでしょうね。
カウンセリングって??
昨年CPRとAED操作の講習を受けたのですが、こんな風に思うようになったのはそれ以来のような気がします。

どちらも、必要としている人がいます。
天秤にかけることは出来ません。


ここはスルーでお願いします。

2008年03月14日(金)



 雨時々雷

今夜は早めに眠っていたのですよ。
昼ごろからどうもスッキリしなかったので。
そしてさっき目覚めたのです。
どうしてかって??
タイトルどおり、雨時々『雷』。
雷の音に驚いて目覚めちゃったんです。。。。号泣

えぇ、そのまま眠れてませんよ。
仕方がないから日記でも書いておこうとせっせと書いているわけです。

明日は終業式。
これで今年度の仕事が完全に終わります。
そして、来週からは来年度の準備に本格的に取り掛からなくては。
時間割、早く作りはじめたい。
早く担当を決めてくれないかなぁ。
そして教材の発注をかけてくれないかなぁ。
みんな悠長に構えているけど、私はハラハラするんだよね。
新しい教科を受け持つかもしれなくて、そうすると準備に時間がかかるんで出来るだけ早めに取り掛かりたいわけですよ。

そう言えば試写会が当たりました。
18日の夜。
ドックがその日になりませんように。
ドックの後は運転で疲れるだろうから眠る予定なのです。
(予定は未定ですがね。。。w)

さて、雷がやんでいるうちに眠ります。
おやすみなさい。

2008年03月13日(木)



 社会的地位

先日とある朝の番組で、日本の別荘を外国人が購入しているといった内容の特集みたいなものが放送されていました。
へぇ〜、別荘かぁ〜〜とボーっと観ていたのですが、どのような人が購入するのですか?といった質問が流れ、その説明として『社会的地位が高いといわれる医者や弁護士などが、一括で購入する』と言っていたのです。
一瞬わが耳を疑いましたよ。
“今、社会的地位が高い医者とか弁護士っていわなかった???”と。

私、以前にもここの中に、職業で人を判断してはいけないと書いたかと思うんですが、公共電波で社会的地位が高いのは医者とか弁護士だと決め付けるようなことを言われては、それ以外の人は地位が低いのかと、抗議の一つもしたくなるってものです。
年収を多くもらう人は社会的地位が高くて、年収が少ない人は地位が低いのかということになりかねない発言だったように思います。

人間の仕事にレベル付けなんで出来ないと思うんですよ。
私は医療に関係のある分野の職業なので、医療に限定して言えば、確かに、人の命を救う医師という仕事はとても素晴らしいと思います。
その素晴らしさの裏には、表舞台からは見えない気苦労やストレス、勤務体型による過労働があることも重々承知の上です。
でも、医師がその医業を問題なく遂行できるのは、医療を提供できる建物を建設してくれた方々と、水道光熱などの設備を整えてくれた方々の労働力があるからで、もう少し言うなら、急患を安全に移送できる道路を整備してくれた作業員や、救急車に乗り組む救急隊員がいて、コメディカルで活躍してくれるスタッフが揃っていて、薬品を開発・提供してくれる製薬会社の社員がいるから医師は不自由なく医業を遂行できるのです。
全ての人の力が合わさってこそ、医療は成立するのだと思います。
誰かだけが偉いというわけではないです。

どうして格差をつけたがるのでしょう。
平等だと憲法ではうたっているのに。
どの職業の人であろうと、その仕事に信念をもって取り組んでいるだけだと思うんです。
そりゃ誰だって月給は高い方がイイでしょう。
それでも、例え月給が安かろうと、自分がその仕事をやりたいと思うから頑張ってやっているんですよね。
私は人にモノを教える仕事をやってますが、もの凄く安月給ですよ。
それこそ、医者のお給料の1/3ないんじゃないですか?
それでも私は今のこの仕事が好きだから続けているんです。
別に社会的地位が高いからとか低いからとか、そんな事を考えて今の職に就いているわけではありません。
社会的地位が高いといわれて喜ぶかどうかは別として、医者や弁護士だってきっと私と同じ考えだと思いますよ。


社会的地位なんてどうでもいいじゃん!勝手に言わせておけばイイさ!!となだめられたとしても、やっぱり腑に落ちないです。
というか、公共の電波であんなことを言うことに憤りを覚えてしまいます。
もう少し発言は慎重に行ってほしいです。

このことに疑問を感じる私がおかしいのでしょうか?





何でこの件についてこんなにも意見したくなったかと言うと、最近つくづく職業の格差を身に沁みて感じるようになったからです。
私が、クリーニングのきいたスーツを着て、髪をきちんとまとめて、お化粧もして、邪魔にならない程度の装飾品をつけて、仕上げに香水を付けて人前に立って話をすれば、それはそれはもてはやされます。
くたくたのジーンズと洗いざらしの髪のまま、お化粧もせず人前に立って同じ話をしても、きっと誰もまともに私の話は聴いてくれないことでしょう。
(これ↑に似た経験をしたことがあるわけですが)
どちらも中身は同じ私という人間なんですよ。
なのに人は外見だけで判断しようとする。
見目麗しい職業というだけで私を理解したようなつもりになって振舞う。
浅はかなことです。

もしも私が無職になったら、私の周りに居る人たちはどのように接するのでしょうか。
蜘蛛の子を散らすように居なくなってしまうのでしょうか。
そうなったら、所詮その程度の関係だったということですね。
私という人間ではなく、その職業と付き合っていたということでしょう。

もしも『僕が無職になったらどうする?』と問われたならば迷わず私はこう答えます。
『1から一緒に頑張っていこう』と。

2008年03月11日(火)



 げんきよ。

久しぶりに書くことをしたような。
何だかねぇ、ずっと書けずにいたんですけどね。

どーもこのところスッキリしないです。
肩(首)こりと腹痛。
考え事をすると朝夕問わずお腹が痛くなるし、仕事や運転をすると首が重いし。

来週ドックに入るために病院へ電話をしてみました。
すると・・・担当医が出張中なので、土曜日に再度連絡して下さいと言われました。
一応2日間は有給を取るつもりなので、17日〜19日のいずれかで予約が入ればいいなと思ってみたり。
支払いも(約6万円)現金一括とのこと。
今月も部屋でおとなしくしておかねば。苦笑

大体ですが、毎回3日間くらいは凹む模様。
ズ〜暗〜( ̄へ ̄;)〜重〜ン
そうこうしながら日常生活へ復帰していくみたいです。
そろそろ元気を取り戻せそうな予感。

ま、そこそこ元気よ。

2008年03月10日(月)



 ケダルイ

今日は一日なんとなくだるかったです。
首が重いというか、頭が鈍く痛いというか。

夢を見たのですよ。
夢の中で大好きな人に家族がいて、子供と奥さんと4人で食事に行っているところを、私は他の誰かとお茶をしながら眺めているという夢。
夢だったにしてはリアルに子供の顔とかも覚えていて、やっぱりそっくりだぁ〜とか、暢気な事を夢の中で考えていまいた。
奥さんも背の高い痩せ型の美人で、やっぱりなぁ〜とか思いました。
この“やっぱり”と思うところがポイントで、大好きな人の母上様はとても美人な方なので、奥さんになる人もきっとそうなんだろうなと勝手に思っているところがね・・・夢って怖いわぁ。苦笑

ちょうど、父上様に似ているとか、母上様は美人だとかそういう話をしたばかりだったので、きっとそれが夢に反映されたのだろうなと思います。


一言一言が胸に突き刺さる、そんな一日でした。

2008年03月09日(日)



 自賠責保険

先日、自動車を購入すると言う話を書いていたと思いますが、3月頭にはお届けできますと言うことだったので、ディーラーへ連絡してみました。
すると、16日前後には・・・と言うので、じゃぁ、4月から自賠責保険の保険料が下がるので、どうせここまで待ったのだから登録は4月以降にして下さい!とお願いしたところ、差額は車体価格から値引きと言うことで3月に登録させて下さいと返事が来ました。

というわけで、3月中旬には新車に乗れるはず。
楽しみ〜〜☆


と、眠れなかったのはあのエアコンのせいだと思います。
噴出し口がこっちに向いているんだもの、風が直撃して息苦しかったです。
途中、無呼吸なの??と心配になってしばらく寝息を聞いていたのもあるかもしれません。
母上様もそうなのですが、寝ている時にいびきをかかれると(酸欠は万病の元だし)凄く心配になります。


では、おやすみなさい。

2008年03月08日(土)



 卒業式

今年の卒業式は良い卒業式でした。
送辞と答辞がとてもよい内容で、今年ほどよい文面の送答辞はなかったと賛辞の嵐でした。
や、実によい内容で、答辞の時にはすすり泣く人もいたほどでした。
かく言う私もやはりウルウルしたわけですが。

祝賀会終了後、講師の先生と飲みに出かけました。
良い感じのお店があるからと連れて行ってもらったのですが、2Fでは何やら宴会が入っていたらしく少々騒がしかったです。
送別会とか、どこもそういう時期なのでしょうね。
お値段もお手ごとだったし、お料理(沖縄料理だそうな)もなかなか美味しかったです。
また行ってみようと思います。

最後にいつも行くショットバーへ寄ってビールを一杯飲んで、帰宅は日付が回った3時でした。
今回は“晴耕雨読”という芋焼酎とビールの2種類。
二日酔にはならない模様です。w

この晴耕雨読ですが、ネーミングに惹かれて飲んでみたものの、やはり私には向いていませんでした。
口当たりがあっさりしすぎていて、芋という感じではなかったような気がしました。
いっそのこと泡盛でも飲んでおけばよかったと、ちょっと後悔したのでした。爆


残す行事は終業式です。

2008年03月07日(金)



 リハーサル

今日は卒業式のリハーサルでした。
でも私は他校へ出講していたので参加できませんでしたが。。。
午後1時前に学校へ戻ってみると学生は残っておらず、結局逢えずじまいでした。

で、午後からは文集のプリントアウトとメッセージ書きをやってました。
昨年は午後10時過ぎまでかかって作り上げた文集でしたが、今年は午後9時前にはどうにか終了することが出来てほっとしました。

後は明日の本番を残すのみ。
また泣いちゃうのかなぁ。。。苦笑

2008年03月06日(木)



 温度差の限界

最近ふと思うこと。
人の考えや思いはそれぞれなんだということ。
例え、それがどんなに正しいことであったとしても、その意見が100%真ではないんだなと、行きつけのHPを見つつ、つくづく思ったのでした。

正論を振りかざすのが悪いと言っているわけではありません。
私だって、私なりにそれが正しいと思えば押し通す事だってあります。
でも・・・だからと言って一個人を公の場で非難してはいけないと思うんです。
(私的な場であれば非難して良いというわけでもありませんが)

自分のやっていることが常識範囲内の認識として間違っておらず、相手がやっていることが常識に反することや認識として欠落したものであったとしても、それを非難という形で攻撃してよいと言う事はないのです。
(何だか、昨日の日記とは真反対の反対のことを書いているような・・・汗)
何かを理解してもらいたいからと声高々に訴えるのは間違いではないと思います。
ただ、自分の訴えを理解してもらえないからといって、その理解してくれない人を過剰に攻撃したり非難したりするのはいかがなものかと思うのです。
人にはそれぞれ自分なりの考えがあります。
それが誰かの耳には正論に聞こえ、誰かの耳には言い訳や反論に聞こえるかもしれません。
誰かの意見が異論に聞こえたとしたら、自分の意見もその誰かには異論として受け止められるのです。
そうなると、どちらの意見も真なのでしょう。
モチベーションの差、認識のズレですね。
こういうのを温度差の限界と言うのかもしれません。


以前、私には、とても反りの合わない同僚がいました。
それは周知の事実で、私から悪口を言うことはありませんでしたが、良く言うこともけっしてありませんでした。
互いの意見をぶつけ合い、言い争いをするばかりで、どちらも引くということを知らなかったので、当時の二人の関係は険悪そのものでした。
別に今でもそれほど仲良しではありませんが、少なくとも、今では以前のような険悪さはもうお互いの間にはありません。
雑談や冗談を言い合えるぐらいになりました。
その険悪さがいつ頃からなくなったのかは定かではありませんが、よくよく考えてみると、私が“ありがとう”の言葉を多く口に出すようになってからのように思います。
私の職場では、共同作業を行っているわけではなく、どちらかと言うとスタンドプレーでも十分にやっていける職場です。
ですが、そんな中ででも、やはり私一人の力ではどうにもならない事や、手が回らないことがあります。
それを誰かに代行してやってもらった時や、日々の何気ない行動に対しても、有り難いなと思ったら、即ありがとうと声に出して言うようにしています。
そうするようになってからでしょうか、相手が私に頼み事をしてくる時には、以前のような嫌らしい命令口調ではなく、ちゃんとお願い(依頼)の姿勢で接してくれるようになったのは。
こちらが礼を尽くせば、相手もそれに応えてくれますし、きちんと礼を尽くした対応をしくれるのです。
相手の意見だって、固定観念を捨てて聞けば、自分が思いもよらなかった新鮮な意見として受け止めることが出来ますし、今では良いアドバイザーだと思って進んで意見を求めるようにもしています。
お互い持ちつ持たれつです。


こうやって考えてみると温度差って縮まらないのかもしれませんね。
非難の内容も変わらないのかも。
ただ、面子が変わるだけで。


いささか眠たいので、今夜はここまで。
おやすみなさい。

2008年03月05日(水)



 35時間労働

『35時間労働』
とあるHPで見かけたタイトルです。
どうやら大規模病院の勤務医(内科)をなさっているようで、出てくる話の端々にその片鱗がうかがえます。
さて、今回のこのタイトルですが。。。当直込みでこの勤務体制ってどうなのって感じですよねぇ。
どこもこのような感じなのでしょうかねぇ。
(>_<;)ウ〜〜ム


先日、私の机の上に、来年度施行される予定の医療法案の一部が転載された記事が置いてありました。
ムム・・・?
これはもう決定なのでしょうが、結局は『医師の事務処理負担を軽減すべく、医師の事務処理専従で医療秘書(又は医療事務員)を配置すると、ある一定基準以上の医療機関であれば、点数を追加算定してもいいよ!』といった内容のもの。
が、その点数たるや微々たるもので、医師の事務処理はそこまで軽視されているのかとちょっとガッカリしたのでした。
(多分この配点は、純粋に分母数が大きいので、総点数で割ると出てくるラインなのでしょう)
確かに、医師にしか記入できない範囲がありますから、全てを専従事務員が代行することは不可能なのでしょうが、それでも、医師の指示の元可能な限り代行することは、医師の負担を軽減するだけではなく、ひいては患者さんの為にもなるのだろうと思うわけです。
そうすると、35時間勤務も少しは短くなるのかと思ってみたり。

医師不足なのはわかりますが、これでいいのか?医療業界は。。。と、不安になります。
ついでに言うと、もう少し医療に対する世間一般の認識を高めてほしいです。
救急病院や大規模病院は、コンビニのように24時間誰もが好きな時に利用できると思われがちだし、調剤薬局は、ランチバイキングのお店のように、一定額支払えば好きな薬剤が何でも手に入るかのように思われがちです。
ですが、少ない費用でお手軽に医療を受けることなど、ある意味不可能に近いです。
大規模病院だけが医療機関ではありませんよね。
病気の状態に見合った受け入れ医療機関(診療所等)があるのです。
医療点数だってむやみに上がっていっているわけではありませんよ。
安心できる素材の食料品を購入しようとすればそれなりに値が張るように、医療だって、良い医療(医療機器、薬剤、スタッフ、等)を受けようとすれば、それなりに治療費が高額になるのは仕方がないことなのだということを理解して欲しいです。


今は、昔のように“医は仁術”といった信念を掲げて医療を提供していた時代からは遠のいてしまったのでしょうね。
町医者が頑張っていた時代に戻れるとよいのですが。
このままだと、きっと医療保険制度は破綻しますし、慢性的な医師不足も解消されず、過労死する医師が増加するのだろうなと思います。
医師の過労死は、もう既に何件も報告されていますが、それらは氷山の一角にしか過ぎず、水面下には予想をはるかに超える実態が隠れいてるのでしょうね。

そう、日勤業務に加えて、一日おきに当直をしなくてはならなかったり、日に35時間の勤務を強いられるような勤務医が。




もう・・・内容が支離滅裂。
まとまりが無くてすみません。

あんなコピーを見たり、日記を見たいりしたせいでしょうが、ますます心配は募るばかりです。
真剣に、逢うことよりも休養をと思っています。
(や、逢って一緒に眠るって手もあるのでは・・・爆)
冗談はさておき、無理はせず、栄養価の高い食事と休養をと真剣に願ってるんです。

でも本当は、ものすごく逢いたいです。

2008年03月03日(月)



 次の作業の前に。

今日は午後からずっと卒業生の文集(自作アルバム)編集をしていました。
毎年これが一番手がかかる。
学生からデータだけをもらって編集するんですが、紙ベースで作成するのでマージンの問題が出てくるんです。
学生はそういうことはお構いなしで適当に配置して持ってくるので、レイアウトを変えず再編集するのは案外面倒です。
大方出来上がったので、残りは明日職場でやろうと思います。
あとは表紙と背表紙と個人写真とメッセージですかね。
ふぅ・・・ホントは他にやらなくちゃいけないことがあるんだけどなぁ。

さて、次は別件の資料作成です。
頑張ります。

と言いつつ、タロット占いのページを発見してやってみた。
結果は以下のとおり。

<未来:世界の正位置>
もしもあなた方2人が、すでにおつきあいして長い関係かお見合い的に知合った2人なら、結婚へと発展するカードです。
周囲が2人の関係を公認し、結婚の話も順調にすすみます。
お互いの利害関係が一致し、愛情も深まる関係。
共同の持ち物や、記念のプレゼントが期待できそう。
片思いのあなたの場合、たぶん相手が既婚者かすでに恋人がいるなどで、入り込む余地がありません。

なるほどね。
なるほど。

2008年03月02日(日)



 チューリップ祭り

今日はものすごくお天気が良かったので、お昼ご飯を食べにハウステンボスまで行ってきました。
丁度花の祭典が始まっていて、テンボス内はチューリップで溢れていました。
とてもキレイでしたよ!
(後で写真をブログに載せますね)
それから、ヨネックス主催のウォークラリーも開催中だったようで、リュックサックにゼッケン姿の老若男女で溢れていました。

久し振りのテンボスでしたが、毎度の事ながら長時間歩いた後は膝が痛いです。
ワラビー(靴)を履いて歩きまくったのが原因だと思います。
ん〜〜やはり今年は膝に負担がかかることは一切ダメですね。
これ以上膝を悪くするわけにはいかないので、靴底に衝撃吸収用の中敷き(ヨネックス製)を入れる事を決めました。
早速注文しなくては!

ってわけで、眠ります。
勿論膝に湿布を貼ってからね☆



何だか・・・我母上様のような・・・老け発言になってるし。

2008年03月01日(土)
初日 最新 目次 MAIL HOME


My追加