空のむこうにみえたもの
美空あいり



 早寝

結局・・・夕食もとらず、お化粧も落とさないまま夜7時には眠ってしまいました。
途中母上様が起こしにきましたが、私はそのまま眠り続け、次に目が覚めたのは夜中12時(正確には3/1)でした。

そして今(もうすぐ1時)です。
日記も書き終わったのでまた眠ります。
おやすみ。

2008年02月29日(金)



 便りがないのは良い便り??

どうやら、そうではなかったらしい。
昨日書いた音沙汰がないってことは・・・って話ですが、全然ダメだったそうな。
私と同じで、便りがないのは“悪い”便りなんだそうです。
過労で倒れてしまうのではないかとホントに心配。
仕事を頑張ったり、プライベートを充実させるのはいい事だけど、骨身を削ってまでもやらなくてはいけないのかと・・・そういう職種でそのような勤務を強いられているのだから仕方がないのかもしれないけれど、体あってのものだし、命も落としかねない勢いなのではないかとハラハラしています。

ふむ・・・何ともはや。
逢うことよりも先に、しっかり休養をとってもらいたいです。
そして先ずは眠ってほしいです。

私もそろそろ眠ります。
最近、どーも体調が優れません。
胸郭内部が鈍く痛いんです。
胃かなぁ。
膵臓かなぁ。
それとも肋間神経痛かなぁ。
なんにしても、来月は絶対にドックに入ろうっと。

おやすみ。

2008年02月28日(木)



 経歴書なのか?

今日の朝の予想気温、有り得ないでしょう・・・5℃なんて。
((T-T))
コタツがあったなら入っていたい気温。
西日本住まいの経験しかない私にはいささか堪える温度だ。
こーなるとベットから出るのにも一大決心がいる。
だからと言って出ないわけにもいかないので、渋々出るのだけど。

さて、そろそろ眠りますかね。(現在1:10)
6時間後にはベットから出なくちゃいけないしね・・・でも、出たくないんだろうなぁ。
(昨日と今日はベットの中でこれを書きました)

それから、体調が↑↑で安定しますように!
祈(-人-)おやすみ。



さて、おはようございます。
そしてこんばんは。
現在23:55でございます。



久しぶりに履歴書(これは経歴書だと思うが・・・)なるものを書いています。
学生にはいろいろと書き方などを指導しているけど、いざ自分で書くとなると学生の神経消耗度が理解できるね。
最後の最後で間違ってしまうあの悔しさ・・・今日はこれで2枚書き直しました。苦笑
学生には常々早めに書き上げておかないと泣く目に合うよと言っていたのに、いざ自分のこととなると案外悠長に構えていたところがあって、明日提出の書類を今書いていました。爆
そして気分転換に日記なんて書いちゃって・・・余裕じゃないですか、空さん。

というわけで、また書き始めますかね。
3枚目です。爆笑

そういえば、体調はどうなんだろう?
今夜はもう眠ってるかもしれないので連絡はしてないんですが、音沙汰がないところをみると大丈夫なのかな?
(案外、前回みたいにダウンしてたりして?!)
何かあった時に、私に連絡を入れてくれる人が、本人を除いては誰もいないというのが一番イタイところです。

ま、これは逆もしかりなんだろうけど。。。私に何かあった時、近くに住んでいる人にはなんとか連絡も付くのでしょうか、他県の友人達(家族は知らない人たち)には間違いなく誰も連絡を入れてはくれないんだろうなぁ〜。
『私から3ヶ月連絡が途絶えたら、良かれ悪しかれ何かあったと思って間違いないから、そちっちから連絡してね!』と常々話しているので、案外どうにかなるのかもしれませんがね。
何年か経って、家族の誰かがメモ紙を見つけて『あら・・・これは何?』みたいなことになりそうなところがなんだか怖い。
そうならないように、健康には気をつけますけどね。


ちょっと飛躍しましたが、そんなこんなな日常生活を送っているわけです。
さて、本腰入れて履歴書を書きます。
おやすみなさい。

2008年02月27日(水)



 不運なの?!

ま〜た眠り損ね・・・(T‐T)
ついてない。
やっぱりこれって不運なのかなぁ〜?

気をとりなおして眠ります☆
おやすみー。

2008年02月26日(火)



 書けない訳

筆が進まないとは、今日のような日のことを言うのだろう。
これを書くことに決めるまでに3回はこの日記の内容を変更した。
たまにこういう日がある。
そういう時には、決まって“書けない事(理由)”を書くことにしている。

何か書いてもいいのだけど、何を書いても真っ直ぐには伝わらないような気がして・・・書く気にならない、そんな日。



2008年02月24日(日)



 Loving you.

心理学を学ぶようになって一つわかったことがある。
私は過去を昇華(消化)しきれていなかったということだ。

・待たなくていいよ、責任取れるかわからないから
(と、言われたことがあった)
・二度と愛していると言わないで
(と、私が発した言葉)

心理士の先生が話してくれた。
『もしもこの路をこのまま進もうと思うのなら、過去の傷を癒さなくてはならない』と。
これを聞いた時、不安定な土台の上に建つ家ほど崩壊しやすいものは無い、ということだろうと思った。

その傷と向き合って受け止めていかなくては先はないのだ。
残りの一年。
この路を歩き続ける為に、これらと真正面から向き合うことにする。

何処にも道標はないけれど、いつかたどり着けるように。
そして、心の底から愛していると言えるように。



『あなたを愛しています』

2008年02月23日(土)



 144c

一辺が12cmの正方形
縦8cm横18cmの長方形
形は違えど同じ面積。


形はそれぞれ違うかもしれないけれど、同じ想いを抱えていたい。


おやすみ。

2008年02月22日(金)



 激震が駆け抜ける。完

『激震が駆け抜けた』
今日一日の感想は??と問われたならば、きっとこう答える。


激震とは『震度 7 にあたる、最も激しい地震。木造家屋の三分の一以上がこわれ、山くずれや地割れのほか断層が生じる。』ということ。
私が住んでいる地域で本当に震度7の地震が発生すればニュースになりもするのだろうが、この激震は地域的に発生したのではなく、私個人の中で発生したためニュースにはならなかった。苦笑

理由は書けないので省略しますが、もうね・・・今日のお昼過ぎ頃は怒りと言うよりも、まさかの発言に唖然としてしまって、脱力感と共に悲しみをおぼえたね。
この件については本人にも伝えたけども、本当にショックだったと言うか、いやはや・・・もう最初のうちは言葉にならなかったよ。
あまりにも突飛な発言と、まさかその単語をその人が発するとは思ってもいなかった(と言うか、どうしてその単語を使う事が出来たのかと今でも不思議なのだけども)ということもあり愕然としました。

ココから先は本人にも伝えていない事なのだけど。。。

私ね、今日のこの一件は根に持つことはないけど、でもきっと忘れることはないとおもうんだぁ・・・。
いや、相手の人にしてみればね、ほんの冗談のつもりだったかもしれないのよ。
若しくはちょっと意地悪してみようとか、焼きもち(??)だったかもしれないの。
なかなか逢えないし、そんな中で連絡手段は数少ないメールだけとかなれば、日常のほとんどは何をしているかわからないわけで、ちょっとした言葉のニュアンスや他愛も無い一言が誤解の元になる事だってあるえるということはわからないでもないんだけど、でもね、言っていいことと悪いことがあると思うのよ。
傍に居るってことはさ、相手のことを無条件に信じてこそ出来ることだと思うのね。
例えばさ、仕事だったんだ〜と言われても、本当は遊んでたんじゃないの??とか、本当は寝てたんでしょぉ?とか。。。疑いだすとキリが無いでしょ。
初めから疑った状態で傍に居ると、きっと全ての事が嘘に見えてきて何もかもが信じられなくなると思うのね。
そうなると、傍に居る事が何だか無意味なものになってしまうと言うか、そんなに信じられないんだったら傍に居る必要も無いんじゃない?とか思っちゃう。(そう思うのはわたしだけかもしれないけども、少なくとも私だったらそう思う)
自分が信じた人から、信じてもらえないって凄く辛いことだよ。
過去に出会った人と無条件に同類化されてしまうということも。
過去に出会った人と同じようなシチュエーションが発生した場合でも、私はその過去の人とは違う人間なのだから同じ経過を辿るとは限らないわけでね。
ましてや、私の性格を知らないわけでもあるまいに(そりゃ大昔と今では随分考え方も変わったけど)・・・そう考えるとますます、私のことを真っ直ぐには見ていてくれなかったのかなと悲しくもあり、寂しくもあるわけです。


と、ここ↑までは21日の夜に書いたモノ。
ここから↓は22日に追加したモノです。


でね、夕方頃には随分と落ち着いてはいたんですけどね。
もともと私は血相を変えてガミガミ言いがかりをつけるようなタイプではなくて、話し合って、双方譲歩して解決し合えばいいじゃん?って考え。
なので、大喧嘩にもならないけど『暖簾に腕押し』と誤解を与えてしまうこともしばしば。
そりゃ、言いたいことがあれば言いますが、それでもガミガミ言うこともなく、やっぱり静かに話したい。
もしかしたら今回の反応についても、(相手の人にしてみれば)こいつは本当にわかっているのか?と思われているかもしれません。
でもね、わかってないわけじゃないんだよ。
言われたことはきちんと受け止めてるし、どうやら発端(本当に疲れたから帰るのが煩わしいな〜と言っただけで、その後の展開を狙っていたわけでも何でもなかったのだけどね・・・何故かこの一言が発端で誤解を生んだ模様)が私の方にあるようなので、なるだけ誤解が減るように今後考えていくつもり。


・・・考え方ってやっぱり人それぞれね。
言葉を操るのは本当に難しい。
早く誤解が解けますように。祈

2008年02月21日(木)



 学生と雑談

今夜は夜間当番(鍵閉め)だった。
夕方からの会議が長引き夕食を摂る間もなく受付へ座ることとなった。
普段から水曜は夜間講座が入っていないため、当番作業もこれといって無く至って楽な当番日である。
というわけで、暇な時間の合間に買い置きのカップ麺を夕食代わりに食べる事ができた。

普段であれば当番日の夜は溜まった仕事を処理する時間に充てるのだが、学生の授業も終了し、判定会議も済んだ後なのでこれと言って溜まった仕事も無く、今夜はPCでもいじって時間を潰そうかなと思っていた。
そんな時、一人の学生が私のところへやってきた。
半導体コースの学生で、面接練習をするために学校へ来たようだった。
で、練習後事務局の前を通りかかったら私が居たのでしばらく話して帰ろうと思ったらしい。
今夜は私も暇だったのでその時間つぶしに付き合うことにした。

6時から9時までの3時間、話題が途切れることなく話し続けた。
この学生はとても面白いことを言う学生で、話している時間よりも笑っている時間の方が多かったかもしれない。
内容は雑談の部類だったが、時々恋愛話になったりもした。
どうやらこの学生Cは現在付き合っている彼女A(同校の学生)と別れたいらしい。
理由は他に忘れられない女の子B(この子も同校)がいるからということだった。
(何やらどこかで聞いたようなシチュエーションと思ったが、それには触れなかった)

書けば長くなるので、端折って・・・

元々CはBの事が好きだった。
思い切ってBに告ってみたが、どうやらBには彼氏がいたらしく断られたという経緯があった。
その後、CはAと仲良くなり二人でドライブに出かけたりして一緒に遊ぶようになっていた。
そしてCからの告白によりAと付き合うようになった。
付き合ってみるとAは典型的な束縛好きの女の子だったようで、Cはその束縛ぶりに息苦しさを覚えるようになっていた。
理由はともあれ、デートの度に喧嘩をするようになり、現在も喧嘩の真っ最中らしい。
Cは3度ほど「別れよう」とAに切り出したものの『別れたくない!』と言われ現在もダラダラと付き合いが続いているらしい。

と、こんな内容。
これほど喧嘩ばかりだと付き合っている意味が無いので別れたいが、相手が別れることを了解してくれない。
それに、自分が本当に好きなのはAかBかもだんだん判らなくなってきた。
こんな時はどうしたらいいんでしょうか?
と、質問というか相談を受けた。

恋愛相談の場合私の意見は一貫して変わらないのだが、とにかく当人同士でよく話し合いなさいと今回も伝えた。
これはけっして突き放したと言うわけではなく、所詮私の意見は“他人”の意見でありそれがAの意見と同じとは限らないし、私が言ったとおりにしてもそれはあくまでも私の経験上の話であって今のCとAにうまく適合するかはわからない。私のアドバイスを参考にしてもらうことは結構だが、先ずは二人で現状をよく話し合った方がよい。という意味を含んでの答えだ。

何事もそうだが、何かの「問題」にぶつかった時の解決の糸口は、その問題がどのようなケースであったとしても、結局自分の心の中、若しくは相手の心の中にあるのだと思うし、当事者同士だけが揺るぎない真の答えを持っているのだと私は思う。
この答えに達するまでに長年を要したが、これに到達してからは「疑問」が増えることはあっても「問題」が増えることはなかった。


結局このような内容の相談事やら笑い話、学校生活や就職の事などを話して今夜の当番は終了した。
普段は、長いな、まだかな、と時間を持て余したりするのだが、今夜は3時間があっという間に過ぎた。
やはり当番の時には話し相手が居てくれると助かる。
ついでに最後の見回りにも同行してもらい、学校特有の怪談事情に怯えることもなく無事に鍵閉めを終了した。


たまには早く眠ろうかと思う。
と言いつつ、既に1時に近いけど。

2008年02月20日(水)



 今日のお題と長風呂

私はお風呂に入っている時間が結構長い。
軽く1時間位はお風呂場に居ると思う。
以前は母上様からよく怒られていたが、今となってはもう諦めたようで、小言は言われなくなった。
その昔は半身浴と称して湯船につかりながら小説を読んだり、通販の雑誌を眺めたりしてお風呂の時間を満喫していた。
多分あのままいけばお風呂場でも観れるTVを購入していたかもしれない。爆

最近お風呂場ではよく考え事をしている。
車の運転中にもよく考え事をしているのだが、いささか運転中は危ないのでなるだけ考えないようにしてはいる。
何をそんなに考えることがあるのかと思うかもしれないが、私生活や仕事のことなど、これが案外いろいろとある。
大抵はフッと思いついたことをボーっと考えたりしているのだけど。。。
ちなみに今日のお題は『人を好きになる理由』だった。

結論⇒『誰かを好きになるのに理由なんてない』

<経緯>
・どうして私はAクンが好きなの?
 ⇒はて・・・?

・優しいから?
 ⇒大抵の男は女には優しいでしょう。

・カッコいいから?
 ⇒顔と性格だったら性格優先かもね。

・お金持ちだから?
 ⇒お金持ちだからって好きになったわけではあるまい?

・先生と名の付く職業だから?
 ⇒先生だからって好きになったわけでもあるまい?

・と言うか、嫌いなところとかないの?
 ⇒あるよ。やめて欲しい癖とか、あの手の早さとか。

・全然逢えなくても平気なの?
 ⇒平気じゃないけど、逢えない事が嫌いになる理由にはならないよ。

・それでも好きなの?
 ⇒そう。

・結局なんなの??どれもしっくりこないじゃん!
 ⇒そう!そうなの。好きになった理由は何?って聞かれると凄く困る。
  だって、理由があって好きになったわけじゃないんだもん。
  ただただ“好き”なんだもん。
  理由なんてないの。


この人よほど暇なんだ〜と思ったことだろう。
でも、けっして暇なわけではない。
ただお風呂の時間を有効に活用しているだけ。
お風呂から上がれば他にやることがあるわけで、考え事をしている余裕はない。
素の自分に戻れる時間と言えば、きっとお風呂と厠くらいなものだ。
一日の中の1/24だけしか素の自分が居ないと言うのも考えものかもしれない。(睡眠中は意識がないので素かどうかは不明)


そんなこんなで、冬になると長風呂になる空であった。
(基本的に寒がりなので、湯船から上がる決心が付かないだけということは秘密である。爆爆)

2008年02月19日(火)



 つれづれ日記

1月の末に受けた試験の結果が届いた。
無論、合格。
落ちるわけにはいかない試験だったので、受かって当然と言えば当然。
受かると判っていても、やはり封筒を開けて中を確認するまではハラハラした。
合格者名簿の私の欄に『合格』の文字があってホッとした。苦笑
来期からはこの科目の授業を持つことになる。
と言っても、既に他校でこの授業を持っているのだけど。w
何にしても受かって良かった☆
というわけで、今夜は久しぶりにお酒を少々。
合格祝いです。
一人で飲んでも味気ないなぁ。

さて、本日は朝からずっと授業でした。
立ちっぱなし、話しっぱなし。
膝も悲鳴をあげている。(さっきからズキズキと痛い)
運動どころか、立ち仕事もダメってこと??
おしとやかにしていなさい!ということかもね。
多分ね、座った状態で長時間膝を曲げてTV(犬神家〜)を観ていたから、そのせいだと思うけど・・・。

明日は午前中は授業。
午後からは4時間位の会議。
この会議が疲れるんだよね。
毎年の事なんだけど、もう少し効率良く進行出来ないのかしらと思ってしまう。
寝てしまうような事はないんだけど暇かもな〜。苦笑

最近夜の過ごし方が下手になったなぁ〜と反省。
以前はもっと有意義に過ごしていたような気がするんだけど。
きっとね、電話しなくなったからだと思う。
(電話して過ごしたからってそれが有意義な過ごし方ってわけでもないけどね)
以前は何をそんなに話す事があるのかと思うくらいに毎晩話してたしね。
普通に支払ってたら10万は軽く越えて請求がくるくらいだったもの。
(や、そんなに支払った事ないよ!!あくまでも請求書上の推定金額ね)
980円プランって本当に凄いよ。
あの頃はS携帯有難やぁ〜〜って真剣に感謝してたもの。
今となっては化石化しつつあるけどね。爆

気分転換に指輪をシルバーからゴールドに換えてみた。
数年ぶりのゴールドは違和感あるかも。爆
でもま、心持ちも軽くなるかもしれないし、しばらくはこれで生活してみるかな。



ここまで書いて読み返してみると、結局何が書きたかったんだ??って感じ。
しまりのない駄文。(ま、日記だしこんなもんでしょ)
何かパーッと面白い事ないかなぁ〜〜〜。

2008年02月18日(月)



 沈黙は罪

予定どおり甥と姪がやってきた。
3歳の甥と1歳の姪。
その食欲の旺盛さたるや・・・見ているこちらが驚くばかり。
食べ物に執着しているのかどうなのか、左右の手に食べものを握っていないと気がすまない様子の姪にはいささか唖然。爆
あのくらい食に貪欲だと、勉強の能率も上がるのかもしれないとふと思った。w

そしてまた別のことを思い出すのだった。
やっぱり子供って可愛いよね。
何のかんの言っても子供は自分の分身らしいからね。
遺伝子は受け継がれるわけだから、やはり親がそのまま小さくなった感じなんだろうね。
顔も性格も。



最近よく、追いつけないという限界を感じることがある。
フィールドが違う。
そう言ってしまえばそれまでなのだけど。
近づいたかと思うと遠のき、遠のいたかと思うと近づく。
目指している方向が違うわけだし、取り巻く風向きも違う。
そんなことは百も承知のはずなのに、とてつもないやりきれなさと切なさを感じる。

同じフィールドに立ちたかったと心のどこかで思っている。
そしてそれは何故か過去形で表現される。
今の仕事は好きで続けているわけだし、この仕事を続けていられるのはこれまでの経験と人脈があったからこそ。
何もかも頭の中では理解できているし整理もついている。
なのに、気持ちが追いついていかないのだ。

私は私の路を真っ直ぐに歩けばよい。
心理学を目指すのならそれで良いではないか。
3年も費やすのだから。
他に何の迷いがあろうか。



沈黙は罪だと思った。

2008年02月17日(日)



 惰眠

一日の半分を眠って過ごした日。

HPの移動を画策中で、眠ったのは明け方の4時半過ぎ。
活動を再開したのが夕方の4時過ぎ。
途中何度も目が覚め、何度も家族と会話をし、それでもベットから起き上がる気にはなれず、食事も摂らずにベットの中で過ごした。
寒くて外に出たくなかったこと、用事がなかったこと、たまの休みなのでゆっくりしたかったこと。
理由は以上3つ。
こんな生活が出来るのは家族あってだろうな。

いささかお腹が減ったのでやっと起き上がったのが夕方。
その時はじめて食事を摂る。
そして7時になってまた夕食。
その後は珍しく家族と一緒に1時間のTV鑑賞。
9時には部屋へ戻ってPCの電源を入れた。
少しHPを更新して気がつけば0時。
私、一体何やってるんだか・・・。


明日は朝から買出し。
昼ごろには妹家族が来る予定。

2008年02月16日(土)



 インフルエンザ

職場の中でA型インフルエンザが流行(?!)している模様。
学生と先生がそれぞれ感染していました。

昨年末に接種した予防接種、効いてくれるといいけど。。。


2008年02月15日(金)



 『友チョコ』なるもの

『友チョコ』って、今流行りなの??

仕事の帰りに急に友人宅へ寄ることに。
その理由が『友チョコ』を渡したいから。
女のコが女のコに手渡すバレンタインチョコのことを
今の世の中では『友チョコ』というのだそうですね。

高校の時に、全く知らない他の部の後輩(女のコ)から
(私:吹奏楽部、見知らぬ後輩:軟式●●部←忘れました)
“先輩、修学旅行のお土産です!受け取ってください!!”
と言って貰った覚えがありますが、あれに近いのかなぁ?

で、おしゃべりすること1.5時間。
旦那さんがお留守だったらしく、二人で話し込んできました。w
バレンタインに同性の家で話しまくるってどうなの?苦笑
色気も何もないなぁ。
ん〜〜〜微妙。



あぁ〜ぁ。
私は別の人に逢いたかったよ。

2008年02月14日(木)



 水のように

お風呂の中で考えたこと。


水のようであればよい

重力に抗(あらが)うことなく
斜面があれば流され
平地にあれば留(とど)まり
窪みにあれば溜まる

熱に近づけば蒸発し
乾いた大地に雨粒となって恵をもたらす
時に霧のように舞い
寒に触れれば凍る

どこまでも見透せるよう澄むもよし
何かを隠すよう濁るもよし

激しく岩にぶつかれば砕かれ
引いてはよせる波のように穏やかに揺れる

自然の摂理に従い
在るがままに在ればよい


おやすみ。

2008年02月13日(水)



 疲労困憊

今日はいささか疲れました。
帰ってきたのも遅かったしね。

朝から6コマ(約6時間)ずっと立って授業してたんです。
座学だったので話しっぱなし。
おかげさまでちょっと喉も痛いです。
夕方は資料作りでコピー機の前に張り付けだったし、夜は夜で1時間半の会議もあったし。
もう今日はいささか疲れてしまってさっさと眠りたかったのですが、こんな日に限って仕事を持って帰って来てたんですよね。
(私だって10時前に眠りたかった)
2月いっぱいはずっと朝から授業に入ってばかりなので、こんな感じで疲労が蓄積するんだろうな〜。
明日は今期最後の夜間講座でまた眠れないし。。。ハァ
自分で選んだ路とは言え毎年年度末はバタバタと慌しくて、年末よりも確実にハードスケジュールなのよね。
3月は絶対に有休を使って休んでやるぅ〜〜〜。

どうやらまたドライアイが悪化した模様。
支離滅裂だな。。。眠ろ。
おやすみ。

2008年02月12日(火)



 I want to go somewhere.

今日も晴れたり曇ったりのはっきりしないお天気でした。
そう言えば、最近ドライブに行っていないな〜。
ガソリン代も高いしね〜。。。(^^;
(や、↑これは冗談ですが)
本当に、ここしばらくドライブとか行ってないなぁ。
だからなのかどうなのか判りませんが、非常にドライブへ行きたいのですよ。
どこか遠くへ行きたいです。
一人でもいいのですが、一人だとまたあれこれ考えちゃいそうなので、こういう時は誰かと一緒に行った方がイイのでしょうね。

てかね、旅!!
これイイよね。
電車とか使ってさ。
自分で運転しないから連れの人ともワイワイ出来そうだし。
九州内なら日帰りだって出来るし。
(別に日帰りでなくてもね。。。)
美味しいものを食べに行く旅!!
卒業式が終われば仕事も暇になるし、3月なら行けそうな気がする。
溜まった有休も使わないと、来年度には持ち越ししてくれないしね。
平日に休めるっていえば3月くらいだよ。
(その辺が学校勤務の悲しい性です)

そう考えると人間ドックにも入りたい。
職場検診だけじゃね。。。苦笑
この二つを一気に叶える方法はただ一つ。
市外の病院でドックに入る!!!爆笑
(これ↑妹の旦那さんがやってる方法)
泊まりはホテルらしいのよね。
それが特典だとか言ってたような気がする。
私これマジで行って来ようかなぁ。
福岡で一泊ドックだったと思うんだけど、それを二泊くらいにして遊んで帰ればいいわけだし。


日記を書きつつこんな名案にぶち当たるのは初めてかもしれない。w
早速明日妹達に聞いてみよう。
これ、多分私は行くよ。
体調に不安がないわけじゃないからね。
その前に一度隣の内科へ受診してこよっと。

あ!!一緒に入ろうよ。
人間ドック。



『どこかへ行きたい』

2008年02月11日(月)



 生チョコと伊佐美

今日は一段と寒いです。
雪なんか舞っちゃったりして・・・。
あまりの寒さに、通勤用の上着をバドの試合用にと購入したダウンのコートにしてしまいました。
(そのくらい寒かったのです)

お昼時に外出したときも風が冷たいのなんのって。
無論お昼ご飯は麺類にしましたよ。
温かかったです。
体の中から温まると元気が出ますね。
と言うか、モツ鍋が食べたいのよ。
とてもね。

さて、仕事も一段落したっぽいのでそろそろ帰れるのかな。
明日から2連休。
なのに家に篭るのかもなぁ。
雪が降り続くらしいしね。
(やだなぁ〜)

今夜は何しようかな。
暇だなぁ〜。
肩の調子は大分いいんだけど、バドはダメだしなぁ。
・・・つまらないなぁ。

つまらな〜〜〜〜〜い。
(-""-;)



ってわけで、帰ってきました。



先日とあるデパートで凄いものを発見しました。
で、もちろん速攻購入したわけですが、何を買ったのかと言うと(Blogに画像を載せてます)、生チョコと焼酎が合体したという『伊佐美生チョコ』。

(はい、空チャンらしいとか言わないように!!)

で、ですね。
さっき食べてみたんですよ。
3個入りだったんで、先ずは一つ。
続けてもう一つ。

・・・・。

コーヒーが欲しいです。
やっぱり、伊佐美は食べるんじゃなくて飲みたいです。
この組み合わせがイイ!!とおっしゃる方もいると思いますが、私は別々に食したいです。

是非、皆様も一度ご賞味下さい。
バレンタインのチョコレート売り場へ行けばすぐに購入できると思います☆

2008年02月09日(土)



 寝る!

もう今日は寝る!(-_-;
一仕事済んだし、眠いし。
テレビ観るのも面倒なぐらい頭も重いし。

いつも思うんだけど、記載時間が自動表示されないのが不便よね。
わざわざ(21:43)打つしかないなんてね。

んじゃ。

ZZzz..(寝)

2008年02月08日(金)



 昔の日記を読んでみた。

・・・唖然。愕然。(−_−;)

何がかって?
2001年1月と2月の日記を読んでたんです。
そしたら・・・あの頃って感受性全開じゃないですか。
今の私には、たかが日記とはいえあんなのは書けないなと、過去に自分で書いた文ではあるけども、そう思ってしまいました。

タイトルが英語になる日記がたまにあるんですけどね。
そういう時は大抵何かにぶち当たっていて、2001年2月に書いた日記は全てタイトルが英語だったんですよ。
ってことは、何かにぶつかっていたわけですねぇ。
(後から読む時こういうルールはわかりやすいね。w)
あの頃は、きっと全てのものに対して一生懸命だったんだろうな〜。
大切な人を失ったあの日から、全てを忘れるために。
そうやって苦しんでいたんでしょうね・・・きっと。


゛(・・ ンッ?


イタイ(。_+)★━・・・・¥_(`−|壁


もう今は大丈夫なんですよ。
立ち直ってます。
過去に縛られていることもありませんよ。


2008年02月05日(火)



 足るを知る

教室の壁にかかった世界地図をボーっと眺めていました。
この地図は日本が真ん中にありますが、他の国の地図を見ると、日本は中心から外れ、どこか隅の方にあったりします。
どこの国だって自国を中心にしているんですよね。
ま、当然と言えば当然ですが。

で、地図を見ていて出来たのが『この広い世界の片隅で』です。
これが不思議なもので、浮かんだ時に書いておかないと、二度と同じものは書けないし、また、思いも出せないんですよ。
降ってきた時が“降ってきた時”なんだと思います。
タイミングって重要みたいです。w

書けそうな気がする今日この頃。
空を見ていても、人の流れを眺めていても、今日みたいに地図を見ていても、心の中心に温かいものがあるので、見慣れたものでさえくすんでは見えないんですよ。
不思議です。
いつだったか誰かと“究極の愛は無償の愛”という話をしたような、ある意味これに近い気もします。
いやはや・・・。



何の心境の変化なんでしょうかね。
何か割り切った感があるんですよ。
「足るを知る」ってところでしょうか?

2008年02月04日(月)



 節分。

『節分』
●季節の変わり目。立春・立夏・立秋・立冬の前日。
●立春の前日。2月3日ごろ。この夜、鬼打ちの豆をまいたり、柊(ひいらぎ)の枝に鰯(いわし)の頭をさしたものを戸口にはさんだりして、邪気を払う習慣がある。


立春を前にして関東が雪に見舞われていますね。
ふと心配になり、久しぶりに連絡をしました。
そして、少し昔話しをしました。
あの頃は楽しくもあり辛くもあったと。
そう・・・寂しかったわけではなく辛かったらしいです。
寂しさの上に辛さがあるそうな。
なるほど、と納得。
確かに、逢いたい時に逢えないのは、初めのうちは“寂しい”のだろうけど、それが何回も度重なると“辛い”に変わるのかもしれないなと思いました。

あの頃は、私が一方的に寂しさや辛さを与える側だったような気がします。
出来ないことが沢山あって、諦めなくちゃいけないことが沢山あって・・・。
私も寂しかったり辛かったりしましたが、多分、彼の方がよりしんどい思いをしていたのかもしれません。
一番守りたかった人なのに、守ってあげることが出来なかった人。
多分↑これは今でも心のどこかに引っかかっていて、私の影の部分になっていると思います。

彼には一日も早く幸せになって欲しいと願っています。
辛い思いを沢山してきた分、大きな幸せを手に入れて欲しいです。
いつも傍にいて、心底愛し合える誰かと一日も早く出会ってほしいなと思います。
そして、一日も早く私を安心させてほしいです。



優しさって何なんでしょうね。
心遣いって何なんでしょう。
気遣いって?
思い遣りって??

節分:節目の日に。
色々なことを考えたのでした。
今日、偶然本屋で見つけた本の文面が胸に突き刺さっていないわけではありませんが。。。ね。

2008年02月03日(日)



 長かった一日

今日は朝からずっと論文を読んでいました。
朝から行くはずだった外科には午後から出向いて、戻った後また続きを読みました。
途中何度か嫌気がさし、その度にコーヒーを入れに行ってリフレッシュしてはまた頑張って読み続け、構成をみつつ訂正を入れながらやっと読み終わった時には夜の9時をまわっていました。
近所に住んでいる学生だったので、読み終わったとメールを入れてやっと修了。
引き渡した時には10時前だったかな。
その後ちょっと買出しへ出てコーヒー飲んで、10時頃戻ってきてからはボーっとしてました。

一日活字と向き合ってると本当にストレス溜まるね。
小説とかみたいにきちんと文章が整っている文面だったら全然平気だったんだろうけど、初めから何か訂正をしなくちゃいけないんじゃないかと思って読んでいるものだから、誤字や脱字などを発見したり、構成の変更点を考え出したりとかしだすともう・・・誰の為の卒研だかわからなくなるのよね。
(自分の卒研ならもっとスムーズに進むんだろうけどさ・・・)

最近の子って、やっぱり論文とか書けないのかなぁ。。。(T_T)



で、その後しばし外出して、日付が変わった頃戻ってきました。
そしてまた、日本語の使い方って面白くもあるけど難しくもあるなと痛感したのでした。

2008年02月02日(土)



 頑張れ!私!!

卒研が大詰めを迎えてます。
人数分の論文を読むだけでも大変。
そして、訂正を指示する事も。
発表用の資料とプレゼンの中身の確認だってまだやってない。
卒研、(学年末)試験、評定、卒業式、来期のカリキュラム、時間割。。。他校の講師もあるし、職業訓練も2月は毎日授業が入ってるし。
あぁ・・・書き出せばキリがないくらいずっと何かに追われてる。
ホッと息をつく暇もない。
でも、気を抜けば多分追いつけなくなる。

今日久しぶりにHPを更新したけど、これだってやっと出来たことであって、本来ならもっと他にやるべきことはあった。
(論文を持って帰ってきてるので、訂正を入れなくてはいけなかった)
明日の昼間に手渡す予定だから、何にしても朝から読まなくては。



こんな時、「頑張れ!」と手を繋いでいてくれる人が傍に居てくれたら、元気が湧いてきて頑張れるのにな。

2008年02月01日(金)
初日 最新 目次 MAIL HOME


My追加