空のむこうにみえたもの
美空あいり



 久しぶりの自社

今日は自分の職場に戻ってきた。
そして、一日中試験監督をしていた。

研修中の無言と、試験監督中の無言とでは意味が全然違う。
試験監督がどんなに“楽しい”無言状態か、あの研修を受けた人であればわかるであろう。
目的を持って無言で居なくてはいけないのと、目的もなく邪魔者扱いの中での無言とでは雲泥の差がある。

さて、話しをちょっと戻して・・・。w

昨日は嘘のように早い時間に眠ってしまった。
多分夜9時にはベットの中に居たはずである。
本当は10時におきてドラマ「夜王」の最終回を見る予定であった。
目覚ましをかけていたにも関わらず、結局起きることは出来なかった。
それほどにまで疲れていたのかと、この一週間の研修を振り返ってしまった。
何もすることがないということは本当に苦痛である。
瞑想でもしていた方がよっぽどましである。

明日は完全休暇。
今のところ何も予定は入っていない。
昼まで十分ベットでゴロゴロ出来そうな勢いである。
このチャンスを逃すわけにはいかないので、しっかり骨休めをしようと思う。

体よりも、心をリフレッシュさせねばいけないなと心底思う。

2006年03月25日(土)



 研修報告

月曜日からずっと社外研修を受けていた。
出先きは「斎場」。

何ゆえ斎場だったのか・・・。


私の会社のグループの一部に斎場部門がある。
で、そこであれば研修費もかからないし、職場の近くでもあるしと、ある意味安易な考えの下(かどうかは知らないが・・・)私たち数名が週代わりで研修を受けているわけである。

普通、研修と言えば何かプログラムが準備されていたり、出先きの職場で同じような仕事を体験・経験したりするものであろう。
がしかし、私たちの研修はそうではない。
目的はただ「斎場職員のサービスを見て来い」これだけ。
別に仕事内容を覚える必要はない。
ただ斎場に出向いて行って、会場にお越しになる方にどのように接しているのかを見て来い。
研修前に聞いたのはたったこれだけ。
で、驚くことに出先きの総支配人が言ったことは「勝ってに見て回って下さい」だった。

“はい??なんだそれは・・・???”(@_@;)

えぇ、カルチャーショックでしたよ。
こんな研修ありか??と。
カルチャーショックと言えば聞こえはいいかもしれませんが、単に“手抜き??”とそう思われても仕方のないことだと私は思う。


この研修、やっと半分の日程を消化した。
後半分残っている。
来週一週間、もう一人新しく研修に参加する同じ職場の同僚と二人、どうしようかと頭を抱える日が続くのであろう。
これについては、書く気力が残っていたら続きを書きたいと思う。

てかね、初日(月曜日)ね、研修が終わった後、軽〜くウツ入ってたと思います。
だってね、研修中の8時間誰とも会話しなかったんですよ。
出先きの職員さんはこちらから話しかけない限り完全無視でしたしね。
ま、忙しいのはわかるんですがね。
ついでに、邪魔な存在であろう事もね。
「何しにきてるんだ??こいつらは」って感じの視線ですもんね。

はぁ・・・来週が早く過ぎることを願います。

2006年03月24日(金)



 Circle

今年初めての風邪をひいて4日目に突入しました。
声は嗄れるし、咳と鼻水も出るしでいいことなんてなーんにもないんですよ。
ん〜〜、なんなんでしょうね。
このサイクルは。


さて、この数日、気になっている言葉。

『Circle』(輪:サークル)

人と人を繋ぐ時、この言葉を良く使いますね。
また、クラブ活動などの時にも。
私にとっては、サークルといえば“輪ではなく円”なんですよね。

以前私は自分のことを「点」のようだと言いました。
せめて「線」になれれば誰かと交われるのにと。
そして今は「円」になったような気がすると。
なんなんでしょう。。。
ずっと、このCircleという単語が頭から離れないんですよね。
誰かと誰かを繋ぐものだからなのか、それともこの腕にあるワッカのせいなのか。

何を信じようとしているんでしょう。
何に縋(すが)ろうとしているんでしょう。
自分の弱さを何に転化しようとしているのか。
笑顔で居続けることの辛さを感じています。
見知らぬ人たちの中に飛び込んでいくことに疲れをおぼえます。
それでも、そうせずにはいられない。
いつも両極端な感情に翻弄されています。
一人きりで円の中に居たいと思う反面、誰かとこの円を通じて繋がっていたいと思ってしまいます。


そんな・・・予備を購入してまで、どうしてあなたはそれを腕につけたままにしているの?
他人に見られた時なんと説明してるの?
それをつけていることに、一体どんな意味があるというの?


これを外す時、私たちはどうなってしまうのだろう。



『円』

2006年03月12日(日)



 祈り

やっぱり風邪でした。
昼間に病院へ行って体温を測ってみてビックリ!!37度8分。
微熱があるなんて思わなかった。。。確かにちょっと寒気はしてたんだけどね。
熱に非常に弱い私。
平熱が低い分ちょっとでも熱が上がると頭痛と首コリに見舞われて頭が重くなってしまう。
夕方5時にはダウン寸前でしたね。。。
でも7時から参加する行事があったので家に帰ることも出来ず、ロキソニン(薬の名前)を一錠飲んで仮眠すること40分。
熱はあまり下がらなかったみたいだけど、体力が少し回復したらしく行事には無事参加することが出来ました。
偶然にも明日は有給消化のためにお休みを取っていたので、一日ゆっくりとしていようと思います。


さて、あれから19時間以上経って戻ってきました。
ん〜〜、今日は普通に上手くいってたような気はする。
身内みたいと言われた私って・・・・????
それってどういうこと?
近い存在だということは先日も聞いていたのでわかってるんだけど、身内と言われてもって気はする。
それだけ気を遣わずに済むって事なんだろうけど、それもどうしたものかねぇ?

てかさ、ネクタイはイイのを買おうよって感じ。
今日は正装参加の行事だったんだけど、普段から仕事着がスーツの私は問題なかったんだけど、連れはスーツを全くと言っていいほど着ないのでネクタイも数本しか持ってない。
しかもそのネクタイ、微妙に趣味が悪いときた。
ブランドものを買えとは言わないけど、もう少し何かあるでしょう??ってちょっと思ったね。
結局、父上様のネクタイを借りたわけだけど、その方がまだましだった。
ん〜〜、どうしたものか。



祈るしかないか。

2006年03月08日(水)



 体調不良と理解不能

喉が痛いです。
確実に赤くなってます。
風邪かなぁ?
鼻水は、花粉症だと言うことは一目瞭然なんだけどな。

てかね・・・どうもねぇ・・・納得いかないのよね。
なんだかなぁ?って感じ。(って、どんな感じよ??w)

いや・・・理解不能。
これが一番しっくり来る言葉でしょうね。
一体何を考えているのやら、私には理解できない。
と言うよりも、そういう人なんだろうなと思うことのほうが難しい。
てか、ある意味悲しいね。
そんな人だったんだと、そう思ってしまう自分が悲しい。
そんなことないよ!と否定できるだけの材料が見つからない。
どうしてなんだろう?
上辺だけしか見えてない。
あの人の冷めた部分がそうさせているのだろうか。
一体何を考えているのだろう?
多分、何も考えていないんだろうなぁ。
だって、こないだもそう思わせることを言ってたし。

虚しいわ。
他人をこんな風に言うのは好きじゃないけど、でもね。
虚勢をはっているように見える。
自己中に生きているように見える。
そうさせる何かがあるのはわかる。
そうしたくなる理由もわからないでもない。
でもねぇ・・・
だからと言って、それを他人に強要していいという法律はない。
相手あっての自分だと言うことに気づいてほしい。
何でもかんでも、自分だけの意見を押し通すのはよくない。
楽しさだけを共有できればいいの??
上辺だけで付き合っていければいいの??
ますますわからない。


あぁ・・・19時間後には誰といるのかしら。

2006年03月07日(火)
初日 最新 目次 MAIL HOME


My追加