空のむこうにみえたもの
美空あいり



 午後三時の出来事

今日は朝からずっと社会人サンの授業のアシスタントに入っていました。
午後からは演習問題を解いてもらっていたので、私的にはとてもラクな午後で、微妙に眠気なんかきちゃったりしてました。
(寝てませんよ。あしからず。)

そんな時、携帯が鳴ったんです。
(もちろんマナーモードだったのでブルッたんですが・・・)
休み時間にメールを開いて読んでみると食事へのお誘いメールでした♪♪
お誘いメール・・・本来なら喜ぶべきところだったのですが・・・

友人Bの文面:『A(友人)と飯食いにいくけど、なんならくる?』

“はい??(@_@;)”
“これって、私、誘われてるの????”
“私が言い出したことじゃないんだから、やっぱり誘われてるのよねぇ???”
このメールを読んで私が驚いたのは言うまでもありません。

相手にしてみれば、確実に誘っていたのでしょう。
でもこのメールの文面、何かひっかかりませんか????

友人Bの文面:『A(友人)と飯食いにいくけど、なんならくる?』

“この「なんなら」って何よ〜〜???”←空、心の叫び
携帯に向かって無言で叫んでました。( ̄▲ ̄;
しばらく自分の机の椅子に座り、どうしてやろうかと“イライラ”(←ココ、ポイント)しながら考えていました。

返信文:「“なんなら”くる?・・・て言われてもねぇ(+_+) “なんなら”行きましょうか?」

これでも精一杯穏やかな文面にした「つもり」です。
これを書いた時は怒りにも似た感情がピークに達していて、これ以上書くと爆発しそうだったので出来る限り短い文面にしたつもりでした。

友人Bの返信文:『「なんなら」って言い方が気に入らなかった? 別にどうでもいいって感じで言った訳じゃないんでそんなに突っかからなくてもいいじゃんσ(^−^;)   大人気ないぞ(>э<)』

“はぁ????”
“大人気ないのはどっちよ?? まともに食事にも誘えないような人に言われたくありません!!!”
目の前にBが居たならば、多分、いや確実に平常心は保てなかったでしょう。

返信文件名:だーってさ・・・(T−T)
返信文:「誘ってくれるんなら「なんなら」って言い方ではなく「一緒にどう?」だけにしてほしかったわよぉ〜。どうでもいいって言うか・・・つっかかったわけでもなく、大人気ないわけでもなく、ちょっとひっかかったの。お店の前に6時過ぎね(*^−゜)b  って訳で、後ほど☆」

友人Bの返信文:『「なんなら」は普通に使うんで気にしないで(*^−^)ノ』

“なんですって?? これが気にせずにいられますか〜〜!!!!怒”
えぇ、叫びたかったです。
そこが職場でなければ。
自分の部屋であれば確実に叫んでいたでしょう。
まさに↑のように。



この日記をお読みの皆さま! お気をつけください!!
メールって恐いですね。
習慣って恐ろしいですね。
普段の言葉遣いがこんなところにまでも影響を及ぼすんですよ。
「なんなら」とは、「”要があれば △望みならば(By.国語辞典)」という意味があるらしいです。

友人Bの文面:
 悖繊瞥Э諭砲犯喊いにいくけど、“必要があれば”くる?』
◆悖繊瞥Э諭砲犯喊いにいくけど、“お望みならば”くる?』

と、こんな風にマイナスイメージで捉えられるんですよ。
この「なんなら」は、機会を見つけて絶対に苦言を呈してやらねばなりません。
これを普段から平気な顔して使っているだなんて・・・ありえません。


この日の夕食はそれはそれで楽しかったです。
食事に文句をつけるつもりはありません。
美味しかったですから。
デザートも食べましたしね。
でもねぇ、なんだかスッキリしないわ。


“なんなら”皆様もお誘いしてさし上げましょうか??笑
(やっぱり嫌味っぽいよねぇ・・・苦笑)

2006年02月23日(木)



 また痩せましたね??

「また痩せましたね??」

今日、久しぶりに会った学生が発した第一声です。
確かにまた痩せたんです。
微妙に食欲がないんです。
全く食べてないわけじゃないんですが、無理して食べているといった感じです。
多分またストレスを抱えてしまっているのでしょう。
わかりやすい体です。
というか、体は正直ですね。
心と連動しているというのがよくわかります。

無理して微笑んでいます。
会いたいのに我慢して家にこもっています。
書きたいメールを我慢して書かずにいます。
聞きたいことをあえて聞かずにいます。
言いたいことをあえて言わずにいます。
これが、ストレスの原因です。

我慢することをやめれば多分この今の状態からは解放されるのでしょう。
そんなことは百も承知です。

それでもやはり
会えない。
書けない。
聞けない。
言えない。
そう、あんな風に言われて以来、私は我慢を強いられています。

出来ることならば、今すぐにでも会いたい。
もしも許されるなら、今すぐにでもメールを書きたい。
本当のことを教えてくれると約束してくれるなら、自分の本心を打ち明けたい。
そして聞きたい。
本当はどう思っているのかを。



『痩せたと言うか、ゲッソリって感じじゃない??』
「あぁ〜〜、そうですね。そんな感じです。何かあったんですか??」
『やっぱり、わかる??』
「そりゃ、わかりますよぉ〜」
『そうだよね・・・実際痩せたしね』

こんなやり取りをした日でした。
何かに逃げようとしてしまう自分をどうにか留めるので精一杯の一日でした。

2006年02月22日(水)



 素の私

流石に今日は眠かった。w
何故かと問われたならば・・・眠ったのが今朝の4時過ぎだったから。
メッセで話し込んでいたんですよねぇ。w
議論・討論大好きな私としては、話し出すと止まらないので自制して話を切り上げないといつまでも終われない。苦笑
でもね、楽しいんだもの。仕方ないわ。

そんな中で一つ気づいたことがありました。
恋愛感情を持っていない異性に対しては、どうやら素のままの私でいれるみたいです。
気を遣っていないわけではないんですが、言いたいことをちゃんと意見として言えるんです。
これはある意味とても大切なことで、言いたいことが言えなくなってしまったら私じゃなくなるのかもしれません。
それって、偽りの私なんじゃ?? とまでは言いませんが、本心を言えない以上、きっと本当の私ではないのでしょう。
いや、無理して笑っている私なんでしょう。
ムッとした顔を出来るのは、やはり気のおける友人の前でだけ。
泣けるのもやはり同じです。
凹んでいる時に、素直に凹んだままの私を出せるのも・・・。

じゃ、どうして素のままを出せる相手を選ばないのか?って話になるのですが・・・。
どうしてなんでしょう?
私にもわかりません。
不思議と恋愛感情を抱く相手には、素のままではいられないんですよね。
なんだろう・・・?
言いたいことの半分も言えない。
ただ、笑顔で聞ているだけ。
心のどこかで、不平不満をぶつけてはいけないと、そう思っているのかも知れません。
これって哀しい。
こんなんじゃダメだということはわかっているのですが・・・。


そんなことを考えながら眠りに落ちた今朝でした。
そして約2時間後には起きて出勤前の準備にとりかかってました。苦笑
ってわけで、今非常に眠いです。

おやすみ。


2006年02月21日(火)



 出張終了

15日から関東へ出張してました。
準備を始めたのは15日の明け方。
約2時間の睡眠の後、空港へと車を走らせたのでした。w

空港では事件が起きてました。
飛行機が飛んでないんです。
もちろん、離陸も着陸もしてませんでした。
濃霧だったんですよねぇ。。。
1時間以上遅れてやっと飛んでくれました。
はぁ・・・焦った。

さて、初日は遊びまわってきました。
TDSでアトラクション乗りまくり。
お土産も買ってルンルン気分でホテルまで戻りました。

二日目からが研修。
この研修、本当に参加してよかったです。
三日目もそうでしたが、得るものがおおすぎて、一度に頭に入りきらないほどでした。爆

そして、帰りも帰りでまた濃霧の影響で45分も送れて離陸しました。
どうなってるの・・・日本の空は。

そんなこんなで、あっという間の3日間でした。


もう、眠いので寝ます。
機会があればまたそのうち、詳しく書こうかと思います。
おやすみ。w

2006年02月17日(金)



 Someone's mind

今日、CDを2枚借りてきました。
そのうちの一枚にすごく泣ける曲が入っていました。
誰の歌かはわかりませんが、でもとても泣けました。
悲しい涙ではなく、これは嬉し涙と言うのでしょう。
どんな意味もなく、ただ貸してくれただけかも知れません。
や、きっと何の意味もないのでしょう。
でも、すごく嬉しくなって泣けました。
・・・何でしょう。
その曲だけが耳に飛び込んできたという感じです。
歌詞を聴いていたら今の心の中を現しているようで、すごく理解できる内容でした。


私が関東へ出張すると言っていたら、MDプレーヤーを貸してくれたんです。
や、貸してほしいなぁ、とは思ってたんです。
一人で移動しなくちゃいけないし、結構暇だし、急に寂しくなるかもしれないので音楽があればいいなぁと。
でもなかなか言い出すタイミングを掴めなくて言えずにいました。
そしたら、あちらから貸してくれたんです。
まるで私の考えがわかったかのように。
今回CDを貸してくれたのだって、『MDに落とせる?』と確認した上での事だったので、プレイヤーを貸してくれるつもりだったのかもしれません。


や、本当はどうなのかはわかりません。
私は本人ではないので・・・。
このCDの意味も。
プレイヤーを貸してくれたのも。
でも、嬉しかった。
何だろう・・・とてもホッとしている自分がいます。


もう少し、自分の心を信じていようと思います。



『誰かの心』

2006年02月13日(月)



 Lack of zeal

ここ数日、何か・・・心に穴があいているような感覚に囚われている。

何だろう。
情熱の欠落か・・・?
ひどく落ち着き払った私がいる。
待つ事をやめたからだろうけど、やめるに至った経緯についてはちょっと前の日記に片鱗を掲載しているとおりである。

人が判らなくなって、
自分の心を見失って、
そして、スケジュール帳だけが埋まっていく。
そう、忙しい方がラクなの。
考える時間が減るでしょう?
最近はPCの前にもあまり座らなくなった。
本を読んだり、バドに行ったり、マフラーを編んだり・・・そして、何もしない時は眠っている。

本当は会いたい。
本当は話したい。
でも、会ってみると笑顔を作っている自分がいて、話してみても他愛無い内容ばかりを選んで話している。
まっすぐに向き合う事が出来なくなってしまっている。


今は遠くの友達と話す方がラク。
何も考えずに済むから。
隠す事など何もないから。




『情熱の欠落』

2006年02月08日(水)



 自由の翼

誰かの愚痴や相談事を聞くのが私の役目。
実際、昨年はそうであった。

もともと私は自分のことをあまり人に話さない。
悩みは一人で考えて、愚痴りたい時は忘れるようにしていたから。

年が明けてからというもの、他人の愚痴を聞くのが嫌でしょうがない。
多分相手の感情に呑まれてしまっているのだろう。
憎悪の渦に落ちてしまっている。
これは悩み事を聞くときにもあてはまる。
相手が凹んでいれば私までも凹んでしまうし、泣いていれば泣けてくる。
でも何をどう言ってやればいいのか言葉が浮かんでこなくて、私自身が過剰なストレスを抱えてしまうのである。
おかげでせっかく減った体重がまた1キロ戻ってしまった。
甘いものが欲しくなるんだもの。。。泣



あぁ・・・誰か代わって。
私に自由をちょうだい。

2006年02月02日(木)



 仕事に溺れる日

ここのところ訳のわからない不安感に苛まれている。
また、人の言葉が信じられなくなりつつある。
それが原因かどうかはわからないがどうやらまた人間不信っぽい。

先日まさかそんなことを言われるとは思わなかったというようなことを言われた。

「ちゃんと相手してやってるでしょ?」

とてもショックだった。
まさかこんな風に思っていたとは夢にも思わなかった。
この日以来だと思う。
人間ってやっぱりわからないと思うようになったのは。

先日、この言葉を発した人に会う用があったので会いに行ったのだが、この坂道を上ればその人が待っているという場所まで来た時点で足が止まってしまった。
要するに相手の顔を見るのが恐かったのだ。
どんな風な顔をしていいのか私自身がわからなかったからかもしれない。
実際会った時にも、あまり相手の顔を見て話さなかったように思う。
一度だけバシッと視線が重なった時があったが、逆に相手のほうがビックリしたようだった。

・・・なんてこった。

一番信じていたかった人だった。
でももう、ダメかもしれないなと思う。
何を聞いても「本当はどう思ってるの?」と疑ってしまっている。
一つ一つの行動や言葉が全て作り物に見えてしまう。
上辺だけを取り繕っているような・・・みんなニセモノに見えてしまう。

こんなに悲しいことはない。
メールさえ出来ない。
会えば無理をすることになるだろう。
もちろん電話なんてありえない。
(用もないので電話はあまりしないけども・・・)
ただ一つ、聞きたいことならある。

「いつからそんな風に思っていたの?」

と、これは聞いてみたい。




こんな風な不安や疑心感を持つのが嫌で仕事に明け暮れる。
その間はこのことを忘れていられるから。

・・・泣きそうだ。


2006年02月01日(水)
初日 最新 目次 MAIL HOME


My追加