にっき日和
おしながき前よむ次よむ


2006年06月26日(月) 10年前

偶然なんだけど・・・・・ええ、ほんとうに偶然。。。

ネットサーフィンしていたら、

知り合いの名前にぶつかってしまいました。

ほとんど忘れかけていた、

10年前に大好きだった人。

そして10年ぶりに、彼の近況を知ることができたのです。

あいかわらず元気で活躍している様子、心からうれしく思います。

そういえば6月は、彼の誕生月でもあったっけ。

彼と別れたことに後悔はないけど、

知り合ったことにも、また悔いはありません。

もう、二度と会うことはないだろう、あの人。




心のタンスを開けたなら、

整理整頓いたしましょう。

大切な思い出は、きちんとたたんで引き出しの奥へ。

不必要な思い出は、きれいさっぱりゴミ箱へ。



少し前のドラマになりますが・・・

「神はサイコロを振らない」で、

主人公が番組の最初に 問いかけていた質問があります。

(↑らしい。実はわたしは見てなかったけど)



10年前・・・あなたは何をしていましたか? 思い出せますか?



・10年前愛していた人を今も愛してますか?

・10年前に頑張っていた仕事を今も頑張っていますか?

・10年前泣いた映画で今も泣けますか?

・10年前いつも一緒だった友達と今でも親友ですか?

・10年前楽しみだった誕生日は、今も楽しいものですか?

・10年前星を数えた夜空を時には見上げていますか?

・10年前にしていた恋のように今もトキメクことはありますか?

・10年前になりたかった自分に今なっていますか?

・10年前探していた居場所はみつけられましたか?

・10年前の正義感や情熱を今も持ち続けていますか?

この10年間、精一杯生きましたか?



上から順に答えてみます。



いいえ。。。

いいえ。

うーん、とっさに思い出せない。映画、、、、ねぇ。

なかには疎遠になった友達もいるけど、ほとんど続いています。

誕生日。10年前も、すでに楽しみじゃなかった(爆)

もともと見上げてなかったもん、星空。

ありません(涙)

いいえ・・・・・・・・・・・・・

いいえ、まだ。

・・・・・いいえ(汗) 



なんだか、「いいえ」ばっかりになっちゃいました。 (; ̄- ̄;) 

ハァ〜〜〜、ちょっと落ち込む・・・・・・



けどね。



実はひとつだけ、

自信を持って答えることができる質問があったのです。

そう、たったひとつ・・・・・・



それは、最後の質問。



この10年間、精一杯生きましたか?



「 は い 」





2006年06月23日(金) さよならW杯

サッカー、負けちゃいましたねぇ・・・・・

終わってしまいました、W杯。

職場でも、眠そうな顔をした人が多かったようです。

わたしは、サッカー観戦のために、

朝4時に起きる気力はないなぁ。

とりあえず結果だけわかればよしとしております。



昨日、社内の日系ブラジル人Oさん(推定年齢62歳♀・パート)に、

サッカーの話題を振ってみました。

「ねぇねぇ、Oさんはやっぱりブラジルを応援するんでしょ?」

「わたしは、ブラジルと日本、両方応援するヨ!」

そりゃ嘘だろうと思いつつ、さらに、

「ブラジルは強すぎるし、日本は勝てないだろうなぁ」

Oさんいわく、

「だってブラジル人は、子供のころからサッカーばかりやってるんだもの。

でもブラジルが強いのはサッカーだけだし、

その点日本は、野球や他にもいろいろ強いから、うらやましいヨ!」

う〜〜〜〜ん・・・・・・ ( ̄ー ̄;

それって、慰めてるのだろうか、自慢してるのだろうか??(爆)

とはいえ。

ブラジルが勝っても、会社では、

おおっぴらに喜ぶこともできないのでしょう。

気を使っているのね、彼女も。。。。 



わが地元は、その人口の多さから、

別名リトルブラジルと呼ばれております。

なかでも、うちの会社の周辺は、

とりわけブラジル人が多い地域でもあるのです。

いえ、ブラジルのみならず、

出稼ぎ系外国人が、日本一多い街だったりするのですけどね。



そういえば、今年はまだ寒い季節から、

黄色のユニフォームを着た、気の早いブラジル人を、

あちらこちらで見かけましたっけ。

ああ、そういえば今年はW杯だっけ・・・なんて、

サッカーにそれほど興味がないわたしは、

彼らの姿を見て、思い出したりなんかいたしました。

そもそも、気合の入り方が違うんでしょう、彼らとは(笑)



「しかたないから、お隣の韓国でも応援する?」

「うーん、どうしようかぁ・・・・」

ためいき混じりに、ぼやく同僚たち。

みなさん早起きご苦労様です(笑)

4年後は、盛り上がるといいねぇ〜・・・・



ガンバレ、ニッポン!






2006年06月09日(金) 美肌水の効用

一週間前から、手作り化粧水を使用しています。

美肌水とも呼ぶようです。

格安で簡単に作ることができるので、試してみました。

作り方は下記のとおり。



材 料

35度以上のホワイトリカー(果実用)1.8ℓ

グリセリン180ml

尿素50g(園芸用も可)

アロエの生葉適宜



作り方
 
 2000ml以上のペットボトルをよく洗い、

  水滴が完全になくなるまで乾燥させる。


◆.▲蹈┐陵佞鬚れいに洗い、小さく切る


 ,離撻奪肇椒肇襪法↓△蛤猯舛鯆劼厩む。

  そのまま二ヶ月間ほど置く。



材料費は、だいたい2000円くらいでした。

これは原液の作り方ですが、

肌質により精製水で適当に薄めてから使います。

今回は、会社に生えていたアロエで試してみました。(笑)



使い心地は、まぁまぁといったところかな。 ( ̄-  ̄ ) ンー

特別優秀ではないけど、市販の化粧水と大差ないから、

格安で作れる上、添加物の心配が要らないので安心です。

化粧品かぶれが起きやすい人には、特にお勧めだと思います。

あ、そうそう。

保存剤が入っていないため、

なるべく早めに使い切るほうがよいかも。

わたしは、顔はもちろん体にもバシャバシャ使っています。



この季節、あちらこちらでドクダミが群生しております。

ドクダミは美白によいとも聞いておりますし、

次回はドクダミで挑戦するのもよいかなぁと考えました。

調べてみたら、ドクダミは6月頃までに採集したものが、

特に良いとのこと。

ふだん、なにげなく見過ごしていた身近な植物で、

わたしたちのお役に立つものがいろいろあるんですねぇ。

ヽ(´ー`)ノ ワ〜イ

自然の力ってスゴイわ〜〜〜〜〜♪(タダ同然だしー)

・・・・・・いまさらってか。



貴女もど〜お?










2006年06月03日(土) 天丼に目覚める

天丼を食べに行きました。

浜名湖の、とある老舗であります。

以前から気になっていたお店ですが、

遠いので二の足を踏んでおりました。



実はわたし、天丼ってそれほど好きじゃなかったんです。

乗ってる具を持て余してしまうっていうか・・・・・

だいたい天ぷら自体、わざわざ外で食べようという気がおこらないのです。

「そりゃ、あんたが美味しい天丼を食べたことがないからよ!!(笑)」

・・・・う〜〜〜ん、そ、そうなのか??? ( ̄〜 ̄;)

そこまで言うならと、出かけることにいたしました。



そのお店は、改築したばかりのピカピカでした。

広いガラス窓から、目の前の舞阪港が見渡せます。

ほぼ満席のお客さんが、

停泊している漁船を眺めながら、食事をしておりました。

うん、雰囲気も上々。



浜名湖といえば、うなぎの蒲焼。

そしてお刺身定食、牡蠣の殻焼き、生シラス・・・・

おしながきに目移りしてしまいますが、

名物は、やはり、活海老天丼。

注文を受けるたびに入り口の生簀から、活きた海老を取り出すのです。

もちろんわたしも、オーダーいたしましたとも。

ここの海老天丼は、衣がちょっと特徴あります。

懐石によくある薄〜い衣ではないのです。

ごま油を使った、さっくり厚めの衣であります。



( ̄ ̄□ ̄ ̄;)!! う ま い ・・・・・・



衣が厚いのに、ちっとも油っこくないし、

中の海老がプリプリだ〜〜〜〜〜♪

また、いっしょに出てきたアサリのお味噌汁がイケル。

ぷっくり大粒のアサリを使っております。

ええ、もちろん浜名湖産でしょう。



ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・・・

どうしてわたしったら、もっと早く食べに来なかったのかしら。

いまさらながら、天丼にハマってしまいそう。



みなさま、浜名湖へ起こしの際は、

ぜひ声をかけてくださいな。

うなぎもよいけど、天丼もお勧めよん。

( ・∇・)ウフフフフ









ぴょん

My追加