にっき日和
おしながき前よむ次よむ


2005年08月31日(水) 逝く夏 来る秋

御前崎に行ってまいりました。

くもり空の下、車で海岸沿いの道を走ります。

台風が近くにいるためでしょう。

ざぶんざぶん、きょうの波はいつもより高めです。

波しぶきで視界が白く煙りました。

さすがにこんな日は、一人のサーファーもみかけません。



灯台のふもとにある海鮮市場は、

週末は、マイカーやら観光バスやらで、

いつもごったがえしているのですが、

今日は平日ですし、ゆっくりと買い物を楽しむことができました。



くりっとした体の鰹や、

ピカピカ光る太刀魚や、

ぺろんと舌を出した白みる貝・・・・

どれもこれも美味しそうです。



そうそう、今日は、まぐろのほほ肉なんてものをみつけました。

塩コショウで焼くと、ステーキのような味がするのだそうです。

お値段も手ごろでしたので、即購入。

そらから、名産のシラスと桜海老の釜揚げは必ず買って帰ります。

ついでに、黒々としたぴちぴちのスルメイカも。



ああ、でも一番心を奪われたのは・・・・・・

それは、それは・・・・秋刀魚!  (− ◇、−) ジュル

彼らは、近所のスーパーに並んでいるものとは、

明らかに違うのです。

なにがって、鮮度を表す青光り指数が。

彼らは、うるうる黒々のお目目で、連れて帰ってと訴えているのです。

これでキマリです。

本日の夕飯は、秋刀魚の塩焼きにいたしましょう。。。

ヽ(´ー`)ノ ワ〜イ



車の窓を開け放すと、

ひんやり湿った風が飛び込んできます。

ここ数日、日が短くなったなぁと感じておりました。

今年もまたひとつ、夏を見送るのです。

逝く季節を惜しむかのよう、

今日の海はどこか淋しげであります。



毎年ふしぎなのですが、

夏の終わりって、

なぜこんなに心が残る思いがするのでしょう。

同じ季節の変わり目でも、

春やら秋やら冬やらは、

ただ淡々と見送っているだけなのに。



カレンダーを、めくりましょう。

夏のお洋服を、仕舞いましょう。



明日から、九月です。














2005年08月26日(金) 住みやすい場所


台風一過・・・・・

昨日は、夕方から台風が来る!とのことで、

強制的に、定時帰宅させられました。

夕方のニュースでは、繰り返し浜松駅周辺の映像が流れています。

雨足がどんどん強くなり、風も吹き付けてきました。

さぁ!これからが本番か?と、身構えておりましたら、

さほどひどくならないうちに、去っていったようです。

なんだかちょっと気が抜けてしまいました。

・・・・・ま、良いことなんですけどね(笑)



このあたりで、台風が直撃し大打撃を被ったいう話はあまり聞きません。

(↑わたしの知ってるかぎりでは)

来るぞ来るぞと身構えていても、

たいがいうまい具合にコースから外れていくのです。

なんでも、浜名湖上空の気流を台風が避けて通るらしいとのこと。

たしか、どこかでそんな話を聞いたような・・・・・

いずれにせよ気候は温暖だし、海あり山あり交通も便利、

まこと住みやすい土地だなと思います。



そういえば以前、豪雪地帯出身の知人が言っていました。

「このあたりに一度でも住んだら、もう帰りたくないよ」

たしかに。。。毎朝の雪下ろしなんて想像もできません。

ふだんあまり意識していないのですが、気候の良さって、

ポイント高いんだなと思いました。



想像といえば・・・・

出張で会社に来ていた、生まれも育ちも東京というある人は、

こんなことを言っておりました。

「こんな何もないところで、よく生活できるよな」

彼にしてみると、わたしたちがお昼休みに、

どうやって時間を潰しているのか不思議なのだそうです。

たしかに、会社の周りには何もないですからね。

東京のように遊ぶ場所だってないし・・・・・

彼の目に我が地元は、

さぞかしつまらない田舎町に映ったことでしょう(笑)



わたしなどは、よその土地に住んだことがありませんから、

客観的に良し悪しを語ることは出来ません。

とりあえず、このまま東海大地震が来なければよいなと、

祈るばかりであります。










2005年08月18日(木) 毒出しジュース


・・・・・って、↑なんか凄いネーミングだと思いません?



一昨日、いつもの鍼灸治療院の待合室で、

なにげに開いた健康雑誌に載っておりました。

毒出しジュースダイエット・・・・・だそうです(笑)

このテの雑誌の健康法って、流行もあるし眉唾ものだと思うのですが、

ネーミングにつられ、食い入るように読んでしまいました。

見た目不味そうだったり、怪しげな漢方系でもないし、

なんだかとっても夏っぽくて、ナチュラルな印象を受けたのです。

涼しげな冷茶のティーカップにミントの葉っぱを浮かべる・・・・・

そんな写真にも惹かれました。

それになんといっても効能が魅力的。

お通じが良くなる、肌がつるつるになる、お腹がへこむ。。。

ね?ぐらっときません?  (*∇)ウフフフフ




作り方は、ミントティーを煮出した中に、

オリゴ糖、レモン汁、しょうが少々を混ぜるだけ。

一日1リットルが目安だそう。

で、さっそく試しに作ってみました。

特別美味しいわけじゃないけど、けして不味くはないです。

冷やして飲めば、さっぱりしてなかなかイケルと思います。

わたしは、ペットボトルに詰め、凍らせて、

仕事の合間にゴクゴク飲んでおりました。

レモンがかなり入ってるし・・・・・

ということは、ビタミンCがたっぷり採れる!

効く効かないは別として、夏向きの飲み物だと思います。




毎日作るのがちょっとめんどうだけど、

2週間ほど続けてみて、様子をみるつもりです。

よい結果をお知らせできるといいな。

結果連絡がない場合は・・・・・

途中挫折したとお考えください。。。。

  (; ̄ー ̄A アセアセ









2005年08月16日(火) 八月は死のにおい

今朝はなぜか、暗いうちに目が覚めてしまいました。

時計を見たら、まだ4時半。

そこで、酔狂な思いつきがひらめきました。

そうだ、朝のお散歩に行こう!




我が家から10分ほど歩いたところに、蓮田があります。

たまに通る道だけど、ふだんは気にも留めておりませんでした。

それなのに、今朝はなぜだか妙に、蓮の花が見たくなったのです。

朝一番、清澄な空気の中に開く蓮の花は、

さぞかし魅惑的なことでしょう。

思いたったら鉄砲玉のわたし、洗顔もそこそこに出かけました。

そうそう、祖父母のお墓が蓮田のすぐ近くでしたっけ。

自転車のカゴに、お線香とペットボトルのお水を放り投げました。




薄暗い街には、まだ夜のにおいが残っております。

バタバタと羽音を立てながら、

コウモリの群れが、頭すれすれに飛び回っていました。

夜明けが間近ですもの、コウモリとてねぐらに帰らねばなりません。

誰もいない道路に、ギィギィと自転車の音が響きます。




・・・・・蓮の葉っぱって、こんなに大きかったっけ?

いまさらながら、ちょっと感動してしまいました。

巨大な葉がわさわさと茂る合間に、純白の花の蕾が、

すっくと顔を出しております。

あらあら、まだ少し時間が早かったのかしら??

なぜなら、どれもこれも開きかけの蕾だったのです。

まぁ、それも、みずみずしい趣でよしといたしましょう。

しかし、思えば不思議な花であります。

どうしてこんな泥田から、このような清らかな花が咲くのでしょう。

たしか、お釈迦様が生まれた瞬間、この花が受けとめたとか・・・・・

そんな話を聞いたような聞かないような。




祖父母のお墓は、蓮田からすぐ近く、

田んぼを切り開いた墓地にあります。

人気のない墓地を抜け、墓石の集団が途切れたあたりに、

ぽつんとひとつ、祖父母の墓が。

お線香に火をつけ、そっと手を合わせます。

「ご無沙汰してごめんね」

白檀の香りが、ふんわりあたりを漂いました。




ふと、思ったのです・・・・・・・・

もしや、祖母がわたしを呼んでいたのかなと。

お盆なのに墓参りを怠っていた孫を、叱っているのかもしれません。

朝が苦手なわたしが、暗いうちに目が覚めてしまったこととか、

突然、無性に蓮の花が見たくなったこととか・・・・・・

いえね、きっとただの思い込みでしょうけど。




お盆やら終戦記念日やら、なにかとこの月は、

死を意識させられる機会が多いものです。

草も木も虫たちも、真夏の太陽に負けぬよう、

あふれんばかりの生命力に輝いているというのに。

八月は、生と死が背中合わせに存在しているのでしょうか。

そう、もしや・・・・

さきほどの蓮田のどこかにも、

異界へ通じる抜け道が、

ぽっかりと口を開けているのやもしれません。

・・・・な〜んて、蜘蛛の糸じゃあるまいしね。。。。  ̄m ̄ ふふ



ギィギィ音を立てながら、自転車は、もと来た道を帰ります。

新聞配達のオートバイが、わたしの脇を追い越します。

東の空は、すっかり明るくなっておりました。




背後に残した祖父母へ、わたしは心の中で語りかけます。



また来るね。


















2005年08月15日(月) さよなら万博

長かった夏休みも、残り2日となってまいりました。

あと2日で、またあの職場へ復帰しなくてはいけないのかと思うと、

憂鬱な雲が、心の中に、もくもくとわきあがってくるのでした。

なんだか長期のお休みの後は、

毎回おんなじセリフを吐いているようで。

わたしって成長がないのかしら。。。




この夏最大の行事、それは万博!

・・・・・に、なるはずでした。

ええ、キャンセルしたのです。   。。。ズルッ(ノ_ _)ノコケル

つば広の日除け帽も買ったし、バスツアーの予約もいたしました。

準備は万端整えたはずの、わたしたち親子でありました。

それなのになぜ?とお思いでしょう。

ドタキャンしたのです、ぴょん母が。

「あんな暑いところで行列したら、日干しになる!」

「アリンコじゃあるまいし冗談じゃない!」

・・・・・だそうです。。。  (⌒◇⌒;)




テレビで繰り返し流れる万博会場の映像を見て、

彼女はすっかり恐れをなしたのでありました。

しかしそもそも、万博万博と騒いでいたのは母なのです。

散々お膳立てさせられて、なんでいまさら??と、

いささか腹が立ちましたが、

威勢はよいが、根は小心者のぴょん母のこと、

いったん尻込みしたら、もうてこでも動かないのでした。

わたしとて、一度は行っておきたい気がしておりましたので、

ちょっぴり残念な思いもあるし。

残念だけど・・・・でも、なぜかほっとしたような(笑)

まぁ、もともと母が主体でしたから、

閉幕までに行くことはないと思います。

気まぐれで自己中心的、

この母の血は、まちがいなく自分にも流れているのだなと感じました。




今日は朝から、近場の銭湯でまったりいたしました。

お風呂上りに夕風が、えもいわれぬ心地よさです。

まるでハワイのようでした。(←行ったことないけど)




「やっぱり温泉はいいねぇ〜〜」と、母。

「そうだね」と、わたし。

「やっぱり夏は、外なんか出歩くもんじゃないねぇ」と、母。

「・・・・・・・・・そうだね」




わたしも母も、年をとったなぁと思いました。










2005年08月12日(金) ひまな人

会社の男の子から、電話がかかってきました。

自分たちは、いまからお昼を食べに行くところなのだが、

いっしょに来ないか・・・・・とのこと。

聞くなりわたしは、うーんと唸ってしまいました。

実はそのお誘い、お休み前に聞いていたのですが、

遠まわしにお断りしたつもりだったのです。

べつに予定はないんですけど。。。

だってさ、夏休みのど真ん中に会社の人たちと食事だなんて、

なぁ〜んか・・・・・ね(笑)

なんでお休みの日まで、会社の人たちと会わなけりゃいけないの。




当初お誘いの話があったのは、先輩のYさんからでした。

彼女は見た目派手系、明るい性格で、

お友達がたくさんいる社交的な人です。

一昔前ならイケイケとでも呼ぶんでしょうか、こういう人って。

悪い人ではないのですが、

自分とはだいぶタイプが違うなぁと常々感じております。




彼女はいちおう主婦ですが、休みの日となれば、

ほとんど家を空けているそうです。

とはいえ、夫婦で出歩いているわけでなく、

もっぱら自分のお友達と遊びまわっているようです。

よくいるじゃないですか、家にじっとしているのが大嫌いな人って。

わたしみたいな人種には理解できないのですが、

とにかく休みの日には、何かしら予定を入れなくてはいられないようです。

きっとこの夏休みも、あちらこちら忙しく駆け回っていることでしょう。

交友関係の広い彼女のこと、誘うお友達には困らないようなのですが、

たまにスケジュールが空くと、わたしのところにもお誘いがくるのです。

会社の先輩だし、

あまり付き合いを悪くしてもいけないかなぁと思うのですが、

なんか気乗りしなくて、毎回理由をつけてはお断りしています。

それはたぶん、彼女の誘い文句が気に入らないのだと思います。




「どうせひまなんでしょ?」

「付き合ってあげてもいいよ〜」

・・・・・・そりゃあ、わたしは独身だし、いつも大抵ひま人ですけど、

自分なりにこの状況を楽しんでいるのです。

誰に気兼ねすることなく、おうちでのんびり過ごす時間。

好きな本を好きなだけ読めるし、眠くなればいつでもお昼寝できる。

・・・・そう、”ひまな時間”が楽しいのです。

けれど彼女みたいな人には、

わたしの気持ちはまったく理解してもらえないようです。

彼女の目には、

”予定がないかわいそうな人”とでも映っているのでしょうか。

お断りした果ては、

「忙しいフリをしなくてもいいのに〜」なんてことまで、

言われてしまいました。




わたしから見ると、Yさんみたいな人種こそ不思議です。

このあたりは田舎ですし、

都会のように遊び場がたくさんあるわけじゃありません。

出かける場所は限られてしまうと思うのです。

いくら交友関係が広いといっても、

そんなに毎日毎日、いったいどこで遊んでいるのだろう??

まさか暴走族のように、

目的もなく、あたりを走り回るだけで楽しいわけじゃあるまいし。




いちど彼女に聞いてみたことがあります。

「どこでそんなに面白いことがあるの?」ってね。

すると、

「面白くなくても出かけるの。家にいるより外のほうがマシだから」

・・・・・・それが、彼女の答えでした。

なるほどね。。。。。  ー ̄) ニヤッ




彼女の”ひまだから付き合ってあげる発言”には、

いささかカチンときていたわたしですが、

黙って聞き流しておくことにいたしました。




居心地の良いおうちがあるわたしは、

しあわせだなと思います。















2005年08月11日(木) 至福の休日



夏の朝は、早いのです。

朝が苦手なわたしでも、

この季節は比較的早く目が覚めてしまいます。

今日も暑くなりそうだな。

すだれのむこうでは、朝顔が赤い大輪の花を咲かせていました。




蝉時雨を浴びながら、お庭に出ますと、

きゅうりが、ひょろりと実をつけておりました。

表面のイボイボを、そうっと触ってみましたら、

ちくちくした棘が指に刺さりました。

食べごろの大きさを一本選んで、

手元のカゴに放り投げます。

ついでに、赤く色づいたトマトもひとつふたつ。

きゅうりは、さっそく糠漬けにして、

明日の朝ごはんといたしましょう。




台所では、母がお味噌汁を作っていました。

「きょうの実は、冬瓜にしてみたよ」

採れたての若い冬瓜は、そりゃあ柔らかくて美味しいもの。

すりごまをふっていただけば、ごはんが何杯でも進みそうです。




きょうは何をして過ごそうかな。

ワイドショーを見ながら、ぼんやり考えます。

後片付けの後、お部屋のお掃除、一息ついて新聞を読んで・・・・・

そうだ、お昼前に図書館で本を借りに行っておこう。

そして、夕方、涼しくなったころに、

自転車でお買い物に行こうかな・・・・・



こんなのんびりした毎日が、ずっとずっと続くといいのに。

けれど、ふだん忙しいからこそ、

貴重な時間に思えるのでしょうね。

特別な予定なんかありませんけど、わたしには至福の休日です。




夏休み5日目。

折り返し地点です。



































2005年08月08日(月) 座席の権利


わたし・・・・電車の席って、なるべく座りたい人なのです。

絶対、とは言いません、そう・・・・なるべくなら。



今日は朝から、少し遠出をしてまいりました。

電車で一時間余りの道のりでしたが、

ずっと立っているのはつらいかなと思いましたので、

乗り換えに余裕を持たせるため、

行きも帰りも早めにホームに入ることにいたしました。

夏休み期間中ですもの、ホームには、子連れファミリーや、

リュックを背負ったおばちゃんグループが群れをなしております。

あの人たちから座席争奪戦に勝利するのは、容易なことではありません。



で、帰りの電車でのことです。

やれやれと、なんとか座席を確保したわたしでしたが、

ふと、すぐ脇の通路に立つ女性に気が付いたのです。

わたしの視線の真正面には、ぽっこり突き出たお腹が。。。。。

(妊婦さん??)

これはさすがに席を譲った方がよいなと思い、

腰を浮かしかけました・・・・・が。

なにげなく車窓に写った彼女の顔を見て、ハタと思い留まりました。

だって、妊婦にしては、ちょっとふけて見えたんですよね。

若く見積もってもわたしと同年代、もしくはそれ以上・・・・・

そりゃ、いまどき40代の高齢出産だって珍しくはないですけども。

しかしよく見ると、服装もなんだか妊婦らしくないんです。

ピタピタTシャツに、ジーンズ・・・・って、妊婦が着ます?ふつう。

それとも、いまどきの妊婦は着るのかなぁ???

ウーンわからない。。。。。 (ー∇ー;)

お腹もそれほど大きいわけではないし、もしやただの小太りだったりして。

でも、それだったら、下手に席を譲ったら、ものすご〜く失礼ですよね?!

最近の妊婦さんって、あまりお腹が大きくならない人が多いし、

人目でそれとわかるマタニティを着ないから、とっても紛らわしいんです。




何を隠そう、実はわたし、過去に妊婦に間違えられたことがあり、

ものすごく恥ずかしい思いをしたことがあったのです。

そのころは今よりちょっと太っていたし、

ジャンスカなんか着ていたのも原因だったと思います。

ご親切に譲ってくださった方に恥をかかせてはいけないと、

その場は、妊婦のフリを通しましたけども。。。。 




・・・・・・で、結局、前述の女性にはどうしたのかって?

ハイ、たぬき寝入りを通しましたー  (; ̄ー ̄A アセアセ




席を譲る譲らないって、タイミングが難しいと思います。

たとえば、元気なお年よりに譲るべきか?とか、

小さなお子ちゃまはどうなのよ?とか・・・・・

(わたしは子供には譲りませんけど。子供こそ立つべきだと思うので)

周りには、若い女の子や体力のありそうな男性が何人もいるのに、

彼らは澄ました顔で座り続けております。

なんだか自分だけが、そわそわ落ち着かなくて、

馬鹿みたいだなぁと思えてしまうのです。




それに比べ、わたしの友人たちは、

ごちゃごちゃ考えることなく、いつもスマートに席を譲ります。

彼女たちは、当たり前のことが当たり前に、

さりげなく実行できるのです。

わたしもかくありたいと思うのですが、

それがなかなか・・・・・ね。  (⌒_⌒;)

きっと社会人として修行が足りないんだな・・・・・なんて、

反省するわたしでありました。









2005年08月06日(土) つよい女

朝からなんとなく軽い気分です。

なぜなら明日から夏休みが始まるから。

11連休。

けして楽しい職場とはいえないけど、

お休みが長いことだけが取り柄かしら。  ̄m ̄ ふふ



まぁ、それはそうとして、

連休前日の今朝、職場でちょっとした事件が起こりました。

仕事上のトラブルが原因で、

職場の先輩Sさんと、会社のお局との間で諍いが生じたのです。

早い話、お局の後輩イジメってやつですね。。。

女性の多い職場では、よくある話です。

ちなみに・・・・Sさん52歳、お局59歳。

ことし定年を迎えるこのお局は、

そりゃ〜もう意地の悪いバーサンで、悪口造言お手の物。

わたしなど、何度煮え湯を飲まされたことか。

お局のイビリに耐えかねて、辞めていった者もいると聞きます。

ほんっと女同士って、いくつになっても、

くだらない争いをするものなのです・・・・・




で、不名誉な言いがかりをつけられたSさんは、

悔し涙を流しながら仕事を続けておりました。

隣で仕事をするわたしは、

彼女にどんな言葉をかけてあげればよいのやら。

もしやこの人、イジメに遭ったことがないのかも?なんてこと、

ちらりと頭をよぎったりして。。。。

周りの人たちは、もちろん見て見ぬ振りであります。

だって下手に口を出したら、自分に火の粉が降りかかってきますもん。

それが世渡りってやつでしょう。




お昼のチャイムが鳴り、わたしは食事のため席を立ちました。

Sさんも、彼女の仲良しグループと食事をするのだと思います。

泣きはらした目をしたSさんに、

仲良しグループの面々は、どんな言葉をかけてあげるのでしょうか。

肩など抱いて「貴女は悪くないのよ」とか・・・?

そして、徐々に彼女の心の傷は癒されてゆくことでしょう。




・・・・・・・なんだか。。。

Sさんがちょっぴりうらやましいです。



わたしは、社会人になって何年経つのでしょう。

数え切れないほど悔しい思いはしてきたけれども、

職場で涙を見せたことは、一度もなかったと思います。

もちろん泣きたい気持ちになったことは、何度もあります。

でも「職場では絶対泣かない」と、心に決めておりましたから。

それは、社会人になったとき以来貫いてきた、

自分のポリシーだったように思います。




けれど、それが何だというのでしょう。

たいそうな仕事をしているわけでもなく、優秀でもないわたしに、

そんなポリシーは必要だったのでしょうか。

どこへ行っても敵を作ってしまう原因は、

わたしのそんな頑固な態度が、

知らず知らずのうちに反感を呼んでいるのかもしれません。

(↑つまり生意気ってことね・・・・)

たとえばSさんのように、悔しいときには泣き、

心に溜めた思いは誰かに吐き出し・・・・・

そんな風に生きられたら、どんなにか楽だろうと思います。




そういえば、涙目のSさんが、

わたしにこんなことを言いましたっけ。




「わたしも、ぴょんちゃんのように強くなりたい」




わたしは、

ちっとも強くなんかないんです・・・・・・・・・・・・・・


















ぴょん

My追加