空のむこうにみえたもの
美空あいり



 雲の知らせ?!

今日の仕事の帰り道。
いつものように信号待ちの時に空を見上げてたんです。
すると目の前をポツンと1つだけの雲が回転しながら流れていきました。

“回転しながら流れるなんて珍しいなー”

と思いながら見ていたら、どんどん形が変わっていき、最終的に雲は薄くなって消えてしまいました。

その時、見たんです。
ほんの一瞬でしたけど、雲の形が数字になったんです。
あれは紛れもなく数字でした。

その数字を見た後、何の意味があるのかずっと考えていたんですけど、考えても考えても何も思い当たる節はなくて、家に帰り着く頃には頭の中から数字の事は飛んでいました。

夜になって、久しぶりにドラゴンリーディングの時の録音を聴きたくなったので聴き直して、ふとカードを引きたくなったので棚から出してそのカードケースを見た瞬間....

“あ!これか!!この事だったのかー☆”

と夕方の数字が蘇りました。
その箱には夕方見た数字と同じ数字が表示されていました。
慌ててそのカードを探して見てみると....

【38.九頭龍 壮大なゴールの始まり】

のカードでした。
機が熟したこと。
チャンスが巡ってきたこと。
恐れずに動き出すこと。
とても腑に落ちる内容で、今は、何もかもが揃った感じがしています。

因みに携帯のロック画が、男の人に女の人が手を引かれて太陽に向かって歩いて行くという構図の写真なんですけど、青龍と手を取り合って新たにスタートするような、まさにそんな気分です。

やぁ〜、インスピレーションって本当に素晴らしいですね〜。
「虫の知らせ」ならぬ『雲の知らせ』でした。

2018年03月06日(火)
初日 最新 目次 MAIL HOME


My追加