空のむこうにみえたもの
美空あいり



 

今日もまた一日がはじまった。
昨日はチョットブルーで凹んでたけど・・・今は元気。
過去を振り返る事があって、そしたら思い出したかどうだか自分の現状を再確認してしまった。( ̄^ ̄;
思わず、自分で塩をすり込んでしまうはめに・・・汗

できた溝の裂け目から半分にして片割れは捨てた
剥き出しになった傷口を手当てもせず
全てを忘れて崖を作ったつもりだった
手当てをすればいつまでも忘れられないだろうと
甘えてはいけないんだと思っていた

一時的に引き戻された感情は
あまりにも無残で悲痛なものだった
ズルイ・・・か。
駆け引きをしていたのだろうか・・・

傍に居てくれる人を大切にしよう
雲の上でゆっくりと過ごそう
フワフワの雲のベットで眠ろう
前を向いて歩こう

2001年01月26日(金)



 

現状維持不可の通達が来た
私的には結構ショックだった
私がもっと自由なら
現状維持などこっちから願い下げなのだが・・・

気を遣って元気づけてもらう
嬉しいような・・・哀しいような・・・
頼れる事はいいことだと思う
信頼もしている
ただ、もっと私が強ければ・・・と思う。
何が起きようと立っていられるだけの強さがあれば、心配をかけることも少なくなるのだろうけど

何をすれば全てがうまくまわるのだろう
皆が納得いくようなうまい解決策を模索する

2001年01月18日(木)



 あえて表題をつけるなら“贅沢な悩み”

今日、あまりの暇さに過去を降り返ってみた
といっても、過去の日記を見たんだけど・・・

他の人がエレベーターで上がるとこを、私は螺旋階段を使って上がる。
人の何倍も悩み、迷い、答えが出たかと思えばまた繰り返し。
あの頃は渦巻く感情と共に螺旋状に進んでいっていたような気がする。

最近の悩みと言えば、あの頃に比べれば他愛も無いほど簡単な悩みのような気がする。
真っ直ぐに伸びた階段をゆっくりではあるが上ってゆける。。。そんな確かな手応えを感じつつ毎日を過ごせるのだから、何ともはや贅沢な悩みである

2001年01月16日(火)



 

白銀の世界が何処までも続き
一人、ポツリと取り残される
これまでの足跡が雪に埋もれ
進むべき道が姿を隠し途方に暮れる
雪は深く動こうものなら埋もれてしまう

ああ、またはじまった
いっそ、このまま埋もれたい

2001年01月15日(月)



 

一歩踏み出す勇気があれば
何でも出来ると思っていた
他の事は考えず
自分だけの都合で物事が運ぶなら
どんなにか楽だろうに
自分だけの幸せを願うなら
人を傷つけてもいいのだろうか?
夢と現実の狭間で揺れる・・・

2001年01月13日(土)



 

自己を表現する時
どんな言葉を使えばいいのだろう
誉めすぎず・・・けなしすぎず・・・
かと言ってうまい言葉も知らず・・・
自分と向き合うのは結構難しく
自己を表現するのは
なお難しい・・・

2001年01月06日(土)



 

貴方の心の中を知りたくて
歩み寄ってみたけれど
何物をも寄せ付けぬ頑なな心に阻まれ
打ちのめされる・・・
複雑な感情が渦を巻く
一人寂しく夜を明かす

2001年01月04日(木)
初日 最新 目次 MAIL HOME


My追加