遺書

2008年02月29日(金) 1784 しろい、のーと

白い世界にどれだけ言葉を詰め込んでも
私の拙い世界観じゃ一つのかけらも埋まりはしないのよ

穴だらけ、
欠陥だらけ、
間違いだらけの白い世界を、
どこまでも続けていくことが

私の権利であって、きっと最早義務なのである



2008年02月28日(木) 1783 ふぁんとむまじかる#060427

plastic world

私が一つずつ
君と一つずつ

口にしない、永遠を
いつまでも、大切に

守っていこう
壊さぬように

二人の手で掴んだ世界は
誰かの言葉で
爆ぜてしまう魔法のようなものだから

二人の手で掴んだ世界は
二人の手で
壊せてしまえる魔法のようなものだから

君と私で一つずつ
永遠に、いつまでも
口にしなくとも、大切に



2008年02月27日(水) 1782 つみかさね

重ね重ねて重ねたかさねて
愛や嘘や恋や戯言
口を開けばすべては嘘ばかり

重ね重ねて罪積み重ねて積んで
生や死や夢や希望
口を開いてすべてを嘘にした

暴き暴かれ裁かれ捌いて
愛や嘘や恋や戯言
生きることすべては嘘ばかり

生きて生かせて死ねずに活きて
ロマンス、ロマン、ロマンティカ
生きていることさえ嘘なら楽なのに

そうならないから今日もまた
重ね重ねて積み重ねて罪重ね、罪課される



2008年02月26日(火) 1781 うそをつきました

まず、生まれてしまったと言うことから



2008年02月25日(月) 1780 とうぜんじゃないですか

確かに僕には何もありません。
それでもやっぱり生きています。

ですので、モノを書くとしたら
生きていることについて書いてしまうのは、
至極当然なことであると思います。



2008年02月24日(日) 1779 ほんじつも

本日も、異常はありませんでした
本日も、平穏な日々に異常はありませんでした
本日も、退屈で仕方の無い平穏な日々に異常はありませんでした
本日も、怠惰で過ごす退屈で仕方の無い平穏な日々に異常はありませんでした

何もありませんでした



2008年02月23日(土) 1778 こいぶみ

届かなくていいし届けようとも思っていない消えてしまえばそれでいい



2008年02月22日(金) 1777 いきるまねごと

置き去りにして
忘れ去って
今日もまた、ひとつずつ

手に入れたものは
空気のような
吸っては吐いて
何も残らない

死んでいる
生きている
どっちでしょう
どっちでもない
どっちかといえば
どっちだろう
病んでいる

捜索、探索、思索
単作、創作、詩作

吸っては吐いて
ひとつずつ、あるいはいっぺんに
すべてまるごと
やがては自身を

捨てていく
生きていく
死んでいく

他人の物真似
あまり、似てないね

鏡を見て、嘲笑った



2008年02月21日(木) 1776 そういうもの

僕が二人居たら、と考え
仮に出来たとしても
二人目はきっと三人居たら、と考えるに違いありません



2008年02月20日(水) 1775 死ケモノ

他人に関しても
自分に関しても
燃えることの無い

石材のような一生を
プラスチックのような傷つきやすさで
イオン結合のような脆さで
何者にとっても価値の無い意識を

遺さないように
残す



2008年02月19日(火) 1774 生ケモノ

怠惰な日々に
ピリオドは打てない

いつまでも続くことの無い
日常を磨耗しながら進む

無情に、無駄に、無性に、無常に、
価値の無い人生であるように
願う

それこそ俺に相応しい、と
嘘をついて
頑張らない理由にした



2008年02月18日(月) 1773 一日一詩

言語として崩壊した文章を
脳内から抽出する
作業を

詩作、或いは思索と名付け
続けていく行為



2008年02月17日(日) 1772 好きにして

好きにされる、と言うのは
他人の好きになる。と言うことで、
それってつまり愛されるってことですよね。



2008年02月16日(土) 1771 心の埋葬

埋めて埋めて埋め尽くして
心の中の隙間を埋めて
寂しさだとかそう言ったものを
見えなくして

幸せだと錯覚する



2008年02月15日(金) 1770 零以下

最終的な記録は皆無
他者の記憶に私は皆無
生きていると証明するもの、皆無

きっと私は死んでさえいなかった



2008年02月14日(木) 1769 赤色粉末

常識に囚われたまま
空を舞い、現実を視る

空なんて飛べやしない、と
静かに終われ



2008年02月13日(水) 1768 灰色青春

在りがちな展開な
退屈な日常の
有り触れた量産な
灰色な青春の

死ぬのが怖くて
しょうがなく生きているだけ
真剣に生きたことは無い

在りがちな無意味な
青色な感情の
有り触れた無価値な
桃色な感情の

排他排他排他
不要な感情を排他しただ生きていくだけ
腐ってる、朽ちている、生きている証は無い



2008年02月12日(火) 1767 月下狂奏

感情羅列の欠陥、矛盾
愛し哀され夢無情

白と黒の世界で
血を帯びた唇を白い指が拭う
唯一のコントラスト
この世界で生きている証

完全無欠の欠陥、矛盾
殺し比され生無常

君と僕の世界で
狂気を纏ったドレスをひらり
僕を惑わす最凶の死に化粧
ラストワルツを始めましょう



2008年02月11日(月) 1766 飛降賛歌

騒々しい雑音では
私を引き留める事は出来ない

目を開き全てを見据える
自分の成れの果てを、今日までの後悔を

音を遥か遠くにおいて
静かなる世界への旅立ち

灰色の大地が私を受け止める
鮮血舞って、其れが最後の芸術と言い張ってみる



2008年02月10日(日) 1765 飛降×歌

一人一つひらり終わり
虚を抱え、抱え

空を見上げ終わり告げて
今日を終え、終え

音は静か世は遥か
すべて消え、消え



2008年02月09日(土) 1764 生存疑惑

世界は限りなく灰色に近いが
僅かな希望を見出すことは不可能ではない

其れでも多数の選択肢を食い潰し
残った一つのくだらない選択を
抱えて生きて、指を指されて笑われて

腐りきった、如何し様もない
漸進不可の全力失踪
感情不足の完全無欠

どれだけ腐り果てようと空は青く
変わり映えしない世界に安心と苛立ちを
受け容れて、進むふりをする
目を瞑り耳を塞ぎ世界を閉ざし、生きるふりをする

傷ついて傷ついて痛がって
己の無力と愚かさを受け止めて
一人寂びた道を往こう

最期は、如何したって迎えられるのだ
(そう言った価値観を選べば
 あらゆる選択に価値は無いし、何一つ問題は無い
  究極の、言い訳だ)



2008年02月08日(金) 1763 再々起動

生めて産めて埋めた過去を
朽ちて腐って果てた情熱を
蹴って殴って叩き起こして

錆の臭いが世界に充満する

ガ行の擬音を煩く流し
感情音を立てて再形成

無理に無理矢理に無理矢理矢理に
、起こす、起こして、起こされて

やらなきゃいけない事はたくさんある、その中にやりたい事は特にない
やらなくていい事もたくさんある、その中にやりたい事が腐るほどある
ショートしてヒートしたブレイクンなマインドを懐かしい××が過ぎる

灰色の日常に悲願は終了
彩り鮮やかな世界を望むことも切り捨てる

朽ちて腐って果てた情熱で
朽ちて腐って果てた灰色の日常を
朽ちて腐って果てたままに
朽ちて腐って果てた灰色の世界を

朽ちて腐って果てた素晴らしいモノにする
朽ちて腐って果てた、自身


(動くか、否か
 動くさ、動く)



2008年02月07日(木) 1762 完全犯罪

#01
するりと細い手が
僕の手に絡み付いてきて

(そっとこのまま地獄まで
 あなたの手で運んでくれたら
 どれ程に幸せだろうか?)

幸せそうにあなたが、笑う

(そっとこのまま天国まで
 僕の手で運んでしまえたら
 どれ程に笑ってくれるのだろうか?)

#02
此の幸せには
如何程の対価を出せば許されるのだろうか
此の幸せは
何時しか清算され流れ消え何も残らなくなるのだろうか

(細くて白いあなたの手で
 この瞬間ごと殺してくれたなら
 それは、きっと、最高の死に様に違いない)

#03
深く、互いに、混ざり合えど
別れる時の痛みを増やすだけだと理解はしている

怯えながら愛す
あなたを何よりも、愛す

(終焉は来る
 必ず来る
 あなたは僕を、   生きながらに殺す)

僕は、あなたを、 死ぬほど愛してる
 (別れを知りながら)



2008年02月06日(水) 1761 不足成分

枯渇した才能を灯すには
足りないものが多すぎる



2008年02月05日(火) 1760 無血殺人

世界をただ流れ落ちていく

芽生える、恐怖


抗えど無惨に落ちていく

受け入れる、結果


流されて、落とされて、
向かう先は

向かう先は


運ばれる、先は


誰に?



2008年02月04日(月) 1759 証拠隠滅

拭い切れない想い出を
大切な物ごと、切り 捨てる

delete
delete
delete
delete

(私には最初から何も
 ありませんでした)

完全無欠、私の誕生

(恋人だったその人を
 静かに×す)



2008年02月03日(日) 1758 詐称疑惑

黒い世界を黒い絵の具で塗りつぶし
それを芸術だと、偽った

誰の目から見ても
わからない
それを

僕だけがわかればいいと
嘘をついた



2008年02月02日(土) 1757 願望自殺

白く白くて白い部屋
赤く赤くて赤い視界

そっと静かに私を殺す
きっとあなたは優しい人



2008年02月01日(金) 1756 じょうげん

転がり落ちた白いもの
抱えて進む黒いもの

完全無欠に散りゆくさだめ
去ったものに名前は無し
手に取るものに名前をつけて
愛し愛し合う愛を語ろう

一人で


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加