遺書

2006年08月31日(木) 1240 東京シンドローム/蝉の声、夏の終わり *

すべてに絶望したときに、
思い出すのは幼い頃の記憶や、憧れ

心的外傷や、不幸な記憶は
日々重ねられる記憶に塗りつぶされ
幼い記憶は甘い甘い、想い出だらけ

笑ったこと、笑えないこと
成りたかったモノ、成れなかったこと
現実が辛ければ、辛いほどに
甘い想い出に溺れてしまいたくなる

絶望し、現状打破を希望し
現実は、何も変わらず涙し
嘔吐し、死にたくなった

------------------------------------

八月の終わりに蝉は死ぬ
絶望を抱いていようが、希望を抱いていようが
路傍の石と同じように静かに転がる

七年もの死んだような歳月の後

蝉は短い一生の中で何を見るのか
数週間と満たない世界の中で
蝉は生まれ、愛し合い、そして死んでいく

蝉よりも長い一生の中で僕は何を知るのか
希望を抱き、絶望を抱き、やがて灰と散る

十六年もの何も無いような歳月

蝉よりも長く、蝉よりも意味の無い人生
何を残し、何を成せるのか
出来ることは、何も無い


窓の外では蝉が鳴いている
まるで死んでいくことなど、関係ないかのように



2006年08月30日(水) 1239 世界基準/事故到底 *

私の孤独や悲劇など
世界が抱える孤独に比べりゃ
単細胞ほどにもならない

君が本当に悲劇のヒロインになりたいのなら
泣いている暇はない

世界の孤独や悲劇を逸早く取り除き
君の不幸を悲劇だと言える世界を
創ればいい

君が心底笑える不幸な世界を
どうか

---------------------------------

何処まで行っても僕は僕です。
誰から見ても僕は僕です。
他人との同化はとても難しいです。
ただ、僕一人で居ることも難しいです。

僕は僕です。
けど、完全な僕など居ません。
誰かの面影を幾らか含む僕です。

僕は僕ですか。
僕は、僕じゃないんですか。
誰の面影を僕は抱えているんですか。
わかりません。

わかりません。

僕が誰なのか。
ホントは誰も知りません。
答えられません。

答えられません。

答えなど、ないのかもしれません。
僕は僕です。
それは、仮定です。
証明できるものをひとつも持たない。
それは、嘘です。

僕は僕ではありません。
僕が誰であるか証明できるものはありません。
悲しいです。

悲しいです。

僕や誰かは一人ではありません。
どこかの誰かとほんの少し違うだけ。
それを個性と僕は呼べません。
少し違うことさえ、誰かと同じなのですから。

僕は僕です。
でも、僕ではない誰かが、僕です。
人は僕を見るときに、僕は人を見るときに
誰かの面影を重ねます。
完全な一人としてみることはできません。

できません。

//何を書いているんだろう。



2006年08月29日(火) 1238 インペリアル/NHK *

黒い世界の中で
私は孤独を待っている

身体を傷つける勇気は無いので
自傷するのは心ばかり
自虐的な言葉を吐いては
涙している

暗い部屋の中で
私は孤独を待っている

事実と向き合うのが怖いから
現実を受け入れるのは怖いから
自分で傷つけた傷を他人のせいにしては
偽りの安楽を得ている

憂い今宵の中で
私は誰かを待っている

君のせいじゃないよ
そう言ってくれるだけでいい
いや、そこまでじゃなくてもいい
ただそっと手を握ってくれれば、それで

それだけで私は救われるのに

//単なる量産。


--------------------------------------------

僕の人生が上手くいかないのも
僕の人生に必要なものがないのも
どこかの見えない敵が僕に 見えないように誰かが僕に

其れ 所詮、只の妄想

如何なる攻撃も防御も効かない
最強の敵は

自分自身であり、自分だけである

自分を入れ物とする
身勝手な悪夢
消し去りたいなら
僕を消すしかない

僕は死ななかった
僕は逃げなかった

ただ、死ぬのが怖かっただけだった
意味もなく、朽ちてしまうのが
怖いだけだった



2006年08月28日(月) 1237 歩き、歩けど、空は見えず *

現の悪夢に嘔吐し
適わぬ夢に嗚咽する

大空に飛び立てても
舞い落ちれば
其処は地獄

腐りかけたシステム
侵食される空の欠片
飛び立てない私の自由
落ちていく頬伝わる何か

いくら歩けど空へは行けない
現の悪夢にとらわれて
死んでいくまでのシステム

適わぬ夢に嗚咽する
嘆き、嘆いて地上から

どこか遠くへ堕ちてしまいたい


------------------------------------

歩き、歩けど世界には
空想、虚像の類ばかり

叶わぬ夢と知りながら

願い、願えど世界には
楽園、理想在りはせず

叶わぬ事と知りながら

呟き、呟くその言葉は
呪詛、呪いの類と化す

叶わぬ願と知っていた



2006年08月27日(日) 1236 母さんが帰ってきた

コンコンとドアをノックします
お使いですか? 誰か居ますか?

返事が来るまで私は待ってます

コンコン、コンコン
お元気ですか? 生きてますか?

小さな箱から声がするまで待ってます

コンコン、コンコン



2006年08月26日(土) 1235 まんねりずむ

脳内にはびこる無意識の流れに
僕は指を任せ、
客観的に鍵盤を見ている

カタカタと打ち出される言葉に
同じ単語ばっかりやな
一人、突っ込んで

それでもやはり
投稿ボタンを押しました

繰り返せよ
ライフワーク
変化など
望んじゃいない

望むのは
昇華



2006年08月25日(金) 1234 1234の反省

ついカッとなって書き続けてきた。今は反省している。
低俗な行為で、読者の方々には大変申し訳ない事をした。



2006年08月24日(木) 1233 えぶりでぃ、にゅうでぃず

迫り来るnew days.
立ち尽くすだけ
変わりゆくevery day.
変われない自分

旧式のいんたーふぇいすで
他人とのこみゅにけーしょんに
支障をきたす

これが通用しないこと
あれが存在しないこと
それに適応できないこと

過ぎ去りyesterday.
反省と後悔だけ
立ち止まるtoday.
対策と行動はない

ふるびたインスピレーションで
せかいからバッシング
支障はとくにない

これが許容されないこと
あれが批評されないこと
それを事実とみとめること

繰り返すday after day.
慣れと妥協だけ
待ち遠しいdaybreak.
来訪と吉報はない

今日も僕は、僕です
明日僕で、その次もきっと、僕です

その事実を突き通すこと



2006年08月23日(水) 1232 世界の夜に/病床の朝に *

.世界の夜に

腐った世界で目を瞑っても
歪んだ虚像に騙されるだけ

腐った世界で目を開けても
朽ちた実像に諭されるだけ


それでも僕に

絶望に浸る暇は必要ないのさ
空を見上げて、going my way.

希望に走る暇を頂戴
星に願いを、like a little girl.


戯曲なら戯曲なりに
一人だけでも足掻いて見せるさ、lonely glory.

飛び込んだ先に何があろうと
どうせ死ぬなら、next stage.


駆け抜ける、世界の夜を
僕は一人、shooting star.

一瞬の輝きに命を懸ける


//絶望に浸る暇は必要ない
//誰でもなく、俺に言ってる


----------------------------------->

.病床の朝に

完全無欠に死んでいく
鮮血の輪舞
自傷行為をしているの
誰かを傷つけないように

絶対零度に溶けて行く
青冷めた世界の恐怖
現実逃避をしているの
自分を傷つけないように

白い天井、無機的な灯り
赤い病床、有機的な祈り
青い心象、刺激的な感情

震える唇押さえ込んで
自分の命にそっとお別れ
誰かの声が聞こえたならば
私はきっと

救われただろうに



2006年08月22日(火) 1231 鳥の名前/no title *

.鳥の名前

行く宛も帰る場所もないままに
ただどこまでも孤独な群集、鳥の群れ
何処までも行けるから何処へ行けばいいのかわからない彼らを

僕らは嘆き、自由と呼んだ

---------------------------------------->

何も無いこの世界だけが
僕と彼を結ぶ唯一の

消尽点

有り触れたこの世界だけが
僕と彼女を繋ぐ唯一の

収束点

輝かなくても、嘆いても良い
大事なのは書き続けること
あの人たちの背中を、追い続けること
夢を、あきらめないこと



2006年08月21日(月) 1230 Cracking

少し、ひび割れた心の外壁からの
白くて暖かいものの進入

薄いファイアウォール、拙い自己防衛は
君のその白い指先に破られて、そっとフォーマット

白く塗り替えられる、僕の記憶
刺激的な君の記憶だけ、残して過ぎ去る

白い悪夢



2006年08月20日(日) 1229 絶望酸化

青い空が、
空が、
見えない

この目には
絶望と、少しの、
少しの自分だけ

黒い空や
黒い街が
ほら、真っ黒な僕に

冷たい手で
そっと



2006年08月19日(土) 1228 依存症

君だけが欲しくて手を伸ばす
伸ばしただけじゃ足りないから
僕は走り出す

周りの景色は流れていく
何があるとか、此処は何処だとかは
わからないし関係ない

僕の目には唯、君だけが映っていたし
僕の手は唯、君へと伸びていた
僕の心には唯、君だけが残っていたし
僕の足は唯、君へと駆けていた



2006年08月18日(金) 1226 Clearerer

繰り返す、記憶の覚醒
幾度目かの、想い出の帰還

葬る器官を持たない僕の中を
ぐるぐると廻って、何度も何度も
消滅と存在の間を往復する

失った絶望と手に入れた喜びを
何度も、何度も

記憶は僕に、



2006年08月17日(木) 1226 真夏の雪原

何を書いても駄目なんだ
僕の力じゃ、なんだか、全部が駄目になる
言葉に申し訳ない
作品に、人に、

謝っても許されない

それでも僕は
駄目なんだ

何処まで歩いても
ずっと同じ風景で
いつか変わると信じて歩いてきたんだけど

今日も
同じ景色なんだ



2006年08月16日(水) 1225 現の悪夢

堕ちてゆくだけの世界で
君はいつまで夢を見ていられますか?
飛ぶ夢は叶わずにただ堕ちていくだけなのに

堕ちてゆくだけの世界で
君はどこまで堕ちればわかりますか?
愛も夢も堕ちてしまえば終わる夢だということに

堕ちてゆくだけの世界で
私はいつになればあきらめるのでしょうか?
どれだけ抗っても空へは堕ちれないというのに

///うつつのあくむ 母の胎盤から死へと堕ちていくだけの生命



2006年08月15日(火) 1224 夏祭り

悲しいことの繰り返し
悲劇と謳う傍観者たちの宴

笑っていいのは誰ですか
泣いていいのは誰ですか
笑っているのは彼ですか
泣いているのは私ですか

真夏に降る、鉛の雨
太陽と似ている灼熱の悪魔
誰かの笑顔の為に
私たちの権利は、妥協ですか?

///終戦記念日



2006年08月14日(月) 1223 ひぐらし 1300works.

私には世界が正常だとは思えないし、
世界も私を正常だとは思ってはくれないだろう

そこからどうかしようと言うわけじゃない
ただ私が異常な世界で異常と呼ばれているだけのこと
誰かと触れ合えることもなく
寂びついた心、錆びついた体を動かして日常

真夏の夜
今日も誰かと二人、笑う夢を見る
異常、異常、誰もかが
ただ夢の中でだけみんな、正常

///ひぐらしのなく頃に、やってました



2006年08月13日(日) 1222 オセロ

黄昏の訪れに
世界は色を手放して
黄昏一色に
身を委ねる正常な機能

黒と白に惑わされる
私とあなたも世界の昨日に身を委ねて
黄昏に身を染める
一時、黒と白を忘れて

肌の白さも頬の赤みも
すべて黄昏に堕ちて行く
あなたの黒さも冷めた表情も

夕暮れ時にだけ、私たちは同じ色同士触れ合えても
次に訪れる夜には私は白さゆえに、あなたを拒絶してしまう
正常な世界の、正常な戸惑い



2006年08月12日(土) 1221 謝罪文

僕の世界に生まれたら
君は救われることはないかもしれない
悪いことにほんの一握りの人たちしか幸せを握れていない

僕の世界に生まれたら
何かしら罪を負うことになるかもしれない
悪いことにほんの一握りの人たちしか罪を負わずに死んでいかない

まだ見ぬ君へ
ほんの一人握りの謝罪と
多くの不幸と、罪を与える



2006年08月11日(金) 1220 Schwarz

重低音、鳴り響く深夜
雨の音、掻き消し幾夜

冷たい窓硝子の向こう、外側で
黒いコンクリートに雨が跳ねる、軋む
冷たい月の灯り、空の彼方で
白い有機的な灯りが私たちを見守る、見下す

歌声と耳鳴りのサイレン
今日も私に痛みを繰り返す



朝が来るまで
心を閉ざし、世界から逃げる
太陽は私を静かに置いておいてはくれないのだけど



2006年08月10日(木) 1219 Nacht

恐怖を指折り数えていく
次第に両手じゃ足りなくなって
指を折ることも恐怖になっていく

誰かの両手を借りられたなら
私の恐怖は少しだけ解消できただろうに
手を差し伸べてくれる人など私には居ないから
数え切れない恐怖に身を震わす

夜が心に染みる
私が一人だって何回も告げている
知ってるよ、あなただけが唯一の話し相手だもの

助けてや寂しいと言えたら
救われるのだろうけど

私には言えなかった



2006年08月09日(水) 1218 汚れた涙の泥沼戦争

飽き飽きとしたセックスを
延々と繰り返す問題外の脳細胞
夜這いする脳髄の
深層心理、思考回路

強奪、強姦
繰り返すシナプス同士の犯罪行為
犯し犯され
死んでいく僕の身代わり

シナプス同士の
見舞い、見舞う
葬り、弔い

ありえない戦争を
繰り返す脳内に何もできない僕は
涙を流し、弔い



2006年08月08日(火) 1217 八月八日

はちがつようかのその下には
あのひとの死体がうまってる

わたしの夏が赤いのは
夏があのひとをうばっていったから
わたしの夏が暑いのは
夏があのひとのねつをうばっていったから

はちがつようかのその下では
あのひとの姿態でまってる

わたしの夏が憂いのは
夏があのひとをうばっていったから
わたしの夏が眩いのは
夏があのひとのゆめをうばっていったから

はちがつようかのその下では
わたしがずっとあのひとをまってる



2006年08月07日(月) 1216 ChildPlay

鳴かない蝉の
羽根を毟って君は笑う

剥ぎ取られた
頭のないカブトムシの夢

人さえ殺せそうな
残酷な無邪気を
日常的に振りまいて

繰り返す
現実の悪夢



2006年08月06日(日) 1215 海底イメーヂ


少年は少女を迎えに
壊れた人形と共に海底へ行った
きり還っては来ない

青い海、どこか黒い感情
青い空、どこか黒い感情
表層だけでは決められない
青い嘘、黒い事実

見つめながら僕はただ
少年と少女の帰りを
浜辺で待つ

これは
僕が僕や誰かを取り返すまでの
拙い争奪戦

見える青い海、青い空
潜む青い嘘、黒い事実
自分でさえ気付けない青色
塗りたくられて沈んだ黒色

大切な黒い感情
思い出せるまでの
争奪戦



2006年08月05日(土) 1214 フリーフォール

裏切ったり、裏切られたり
その度に泣いたり、悲しんだり

もう嫌だ、もういらない
こんな人生はもう…

何度繰り返しても
心のどこかで望んでいる
惨劇や、悪夢

表層に現れない
快楽
気付けない
堕落



2006年08月04日(金) 1213 快楽にうもる

call me. call me.
私の名前を呼んでください

エロくて卑猥なその声で
私の名前を呼んでください



2006年08月03日(木) 1212 12の夏

青い海に浮かぶヨットは、水平線の向こうへ消える
青い海に沈む太陽は、水平線の向こうに落ちる

変わらない日常を365回繰り返し
私がヒトツ大人になっても
やっぱり水平線にヨットは消えて、太陽は落ちた

世界は目を醒まし、眠りにつく
まるで私など最初から居ないかのように

私も目を醒まし、眠りにつく
私だけが変わっていくのが、悲しかった

寂しい、寂しくない
言い訳、良いわけない

大人になったら、感傷に浸る暇もないと言う
だから、今だけは、今だけは



2006年08月02日(水) 1211 Alize Prologue

天に架かるパスカル
網目を縫うように空を掴もうと手を伸ばす
バベルタワー、アリヴェンヘル

虹のかからない空
月の出ない夜空
嘲笑う、パスカル

自分が自分であるために
すべてを拒絶する
障壁、フィーリステンレイヴの下

私の力がどれほどに弱いものだったか
私の存在がどれほどに小さいものだったのか
気づき、嘲笑う

ヴェルヒデンテの理論が証明するように
幾多の英雄を失っても
世界は世界であり続ける

死んでしまったメイヴィヒェン
戻りはしないペルミヒューレ

私は目を瞑り
パスカルを呪うアリヴェンヘルや
侵食を嫌うフィーリステンレイヴと同じく
そっと、世界へと手を伸ばす

笑いの止まらない弱さ、
変わらない世界への苛立ち
気付かない、世界の人々

"Avaron"へと続く扉
ペルミヒューレの剣を持って
私は破り

宣戦布告
メイヴィヒェンの名の下
世界に対して、たったひとりの現実の為に



2006年08月01日(火) 1210 ハッピーエンド論

幾多の苦難を乗り越えて、
幾多の時間を乗り越えて
僕はついに幸せになり、救われました!

それはない、流石にない
未来永劫ありえない

ワロス、ワロス


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加