遺書

2003年11月30日(日)

あれもこれもなんでもいいや、
消しゴムで消せるようなもん。
たしかそれは花だった。
たしかそれは海だった。
たしかそれは空だった。
あれもこれもなんでもかんでも、
たしか。



2003年11月29日(土)

右の手で連打したって、左の手は連打してくれなくて。
この木は何の木かわからなくて。
思ったとおりに行く世界を7億円で売ってたような木がする。
あ、気がする



2003年11月28日(金)

まるで世界から切り離された孤独空間みたいじゃない。
宇宙から帰ってきたインタビューアーが早速インタビューされてた。
僕の笑いに価値があったらいくらで売れる?
生きる全て売り飛ばしたら行けるのでしょうか。
君の声はもう届かないあの星まで。



2003年11月27日(木)

ゴトゥーヘヴンで死んでもらいたい。
みにっちゃい。ちっちゃい。
沢山の沢山の説明聞いたってわからないまま、
世界の説明できるひと希望



2003年11月26日(水) 意味なし

世界の誰一人も救えないくせに誰が誰だかもわからないくせに。夢や夢を夢ばかりとか夢は所詮夢しかない、そんなこともわからない。ぶん殴ってなめ回して愛してあげたい、わからない。ただ世界にひれ伏すだけで。ああ、蹴られたスネが痛い、涙出して泣いちゃいたい。でもいいわ、これが私の決めた道だから。



2003年11月25日(火)

世界のどこかで、僕は泣いた。
僕はここにいるけれど。
僕とオナジで僕とはチガウ僕のために、
僕は何を僕にしてあげられるんだろう。



2003年11月24日(月) Tear

時計が止まったまま泣いている、
私はもう壊れることはないでしょう。

霜焼けしたポトスが笑っている、
私はもう傷つくことはないでしょう。

止まらない蒸気機関車が喋った、
ぶぉぉぉぉぉぉん、ぶぉぉぉぉぉぉん。

止まってやるよ、止まればいいんだ。
君のために泣けばいいんだ。



2003年11月23日(日)

ずががががががががが
思い通りに進む道
思い通りに進まれた道

俺はどっちだ



2003年11月22日(土)

名前をx
容姿をy
能力をz

データ上の恋を



2003年11月21日(金) 疲れを

「もしもあなたが息をして生きている。
 と思っているならばそれは違う。
 生きる意味をもっていないなら、
 息をしてない死んでいるのと同じだもの。」



2003年11月20日(木)

生きたいけれど死にたい、死にたいけれど生きたい



2003年11月19日(水)

響く声などもうどこにもない



2003年11月18日(火) 君の〜(何々)

君にあってみたいと叫んだら
バナナが飛んできて

君の手を握りたいと叫んだら
トマトが飛んできて

君の声を聞きたいと叫んだら
ドリアンが飛んできて
(ぐさり〜)

君の為に行きたいと叫んだら
スイカが飛んできて
(−死亡)



2003年11月17日(月) Radio Beat:232

Radio.Radio.
無線発信器、無線着信機。
Beat .Beat .
刻まれていく幸せと臆病。

身近な幸せさえもつかむ勇気なんて無い!
勇気は無いけど君の声を聴く耳が欲しい!
目の前の壁を越えないで逃げるチキンライス

幸せを掴もうとしたまま僕の腕は止まった。
幸せを握ろうとしたまま握手の形のままで。

聞こえない聞こえない聞こえない聞こえない…
ラヂオに征服された脳を揺さぶり出した答えは、
何もない!



2003年11月16日(日) SF作家の歌

ワギャンもデスタにぶっ殺すぞ。

SF作家は知らない言葉を作らなきゃならない。
時空生態理論を作らなきゃならない。
時の逆行性を証明しなきゃならない。
死んでしまいたいをデータ化しなきゃならない。
水道通って無くても生きなくちゃならない。
キッチンでキッチンをつくならなきゃならない。

その前に僕を作らなきゃならない。
この姿じゃなきもできやしないから



2003年11月15日(土) 高校少女の歌

薄っぺらい愛情を契り
薄っぺらい愛情を契り

芸術まで自分を表現していないと語る高校少女、
寒い寒い冬を越えても、暑い暑い夏を越えても、
本当の自分を救えないまま死んでいくだけかい。

いつもいつも耳元で囁かれる恐怖を夢に、
薄っぺらい希望を持たなければよかった。

手首にナイフを突き立てて、
さようなら、あなたが咎めなければ私は生きていれたわ。



2003年11月14日(金) ざんこくなことば

残酷な言葉も平仮名にすればいいのではないか。

死ね。しね。
殺す。ころす。
逝け。いけ。

だけれどあまり意味は無かったことに気づいたエリル。



2003年11月13日(木) 少女のお歌

長い髪の女の子が歩く。
ぱかぱかぱか。
君の足跡は小さいね。
君の足音は可愛いね。
お手々繋いで歩こっか。
お歌歌って帰ろっか。



2003年11月12日(水) ゴミ山のような部屋をみて。

疲れた、目の前に。
望みすぎた、何もかも。
過去もかも。
She Her Hir。

片づける気が起きません



2003年11月11日(火) 夢屋

新しい夢を買った帰り道

交差点では三輪車が走る。
道路を渡れば携帯電話が鳴り出した。
誰のだろう、僕のではない。
気づいた人が幸せそうに歩いた、よかった。
さっきの三輪車は過去を乗せて走った、文明社会に潰されてもなお走った。
空を見れば、鳥なんか地に堕ちて、血に濡れて。

帰り道には二三〇の夢を見つけたけれど。



2003年11月10日(月) There now!

始まりは黒。
逢いたいけれども、見えない、
君が何処にいるのか、姿さえも。
見えない先が怖くて進めない。
君の手が見えない、触れない。
失われていく君の感触、体温。

次は赤く。紅く。
赤の溝にはまったまま、背中を丸めて逃げる。
自分に答えをもとめる、返事は求めないまま。
誰が味方か、誰が敵か、もう、それさえも―。
君の姿を見たかったけれども、今はもう忘れたいくらいだ。

最後は青。There now!
周りは青く蒼くあおい。
酸素がつづくあいだに。
思った通りに、落ちた、
案外あっけなく・・・。

死んだ。



2003年11月09日(日) 時を忘れてしまいたい

どれだけの孤独にふれあったんだろう―、
何十億光年の孤独を、ただ見つめて涙を流して。

僕はこうして今を見つめているけれど、
今と言う時間はどうしてこうも短いんだ。
今を感じれる瞬間がないから、
今なんかなくてもいいと思った。

短い今とにらめ合ってる。前からずぅっと。
ところが、見つめているのは僕だけで、
今はひたすら無視していった。

孤独でひとりぼっちだけど、
今だけは理解できない気がしたけれど、
孤独なのは僕だけではなく、
君もまたひとりぼっちだったんだ。

時間はどうしてこんなに不定期で動かずに動いて、
今も前も先も全部、全部全部時間なんだ。

ああ、僕らに時間など意味はないのだね。



2003年11月08日(土) R e s e t

私の記憶を全て消してもいいですか、
いえ、消せません、消したくありません。

私は独りです、一人ではないのに。
R e s e t ボタンなんです、
そんなもんなんだと、諦めをつけるための。

消し飛ばした右の指、それだ。



2003年11月07日(金) 水素アルミニウム

でっどでっどでっどでっどでっどでっどERROR:この世界には意味なんてありません。

酸素酸素酸素―、酸素は何処?
二酸化炭素ばかりで目の前が。

愛も恋もなにもいらない―

2hoal。水素アルミニウム。
昔から脳みそが打っ飛んだように。

愛する人も何もいない。
手に入れた偽りの毛皮も打っ飛んだ。


例えどんなにすれ違っていても、
私はとても。



2003年11月06日(木) 罪なんて無い、私には

許されない罪も愛も何も無い。
愛も逆にしちゃえば意味なんてないし、
罪にも意味もなくなってしまう。
けれど私には最初から意味なんてない。

言葉が重いの。



2003年11月05日(水) 忘れて頂戴

愛も夢も全部消えて、
僕の事を忘れて頂戴。

サダメだろうが何だろうが、
僕の道はもう動かない。
譲れない、守れない。

愛を傷つけ、愛に傷つけられ、
なんだろうが関係ない。
咎められる事など無い。

何もかもいらない、
そんなわけじゃないんだが。



2003年11月04日(火) みんな

答えを追い求めたままなくなった白い両腕、
死んじゃったことに気付かないおんなのこ。
ぼくの涙にねだんをつけてうりはらう友達。

死んじゃえ、みんな。



2003年11月03日(月) エリルと青い星

どれだけの時間がたったんだろう―。
僕の時計はまだ止まったままなんだ。

僕は青い君を今見つめているけれど、
どうしてこうも涙が出てくるんだ。
涙を受け止める場所がないから、
君に落ちればいいと思った。

青い君を見つめている。僕はずぅっと。
ところが、見つめられていたのは僕なのか。
気付く前からずぅぅっと。

孤独でひとりぼっちだけど、
君だけは理解してくれそうな気がした。
涙はたれ落ちていくけど、
君はまだ泣きそうも無いね。

君はどうしてそんなに青いのだろう、
だけどどうしてこうも傷ついているのだろう。

なぁ、エリル、僕らはどうして産まれてきたんだろう。



2003年11月02日(日) Bleaker

心を空っぽにして―。

日常を紡ぐ言葉を君、
鋭利な刃物を突き立てる僕。

手になれない鋭利な言葉を、
口から吐き出した刃物で君を。

君のいない世界を、胸に。

日常が紡がれていっても、
君がいない、夜を越えられないまま。

僕は―、何の為に・・・。



2003年11月01日(土) 360turn August Moon

360回転―八月の月を見つめて。

ゴミのような紅い月を僕は蹴り飛ばしたい。
手を伸ばして届くはずも無い月を掴みたい。
泣いちゃいそうな空、どうして僕はこうも傷だらけ?

涙も出ないほど乾燥しているよ、僕も目も。
同じ人間同士どうしてこうも傷つけあうんだ。
まるで別の生き物みたく。


 < 過去  INDEX  未来 >


死んだ鳥籠 [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加