バイオトープの庭withとらジュリ

2010年09月29日(水) 猫砂トフカスサンドとトフカスKの比較


まずトフカスKを使い切ったところで現在トフカスサンドを使用中。

トフカスサンドの価格は平均1袋700円〜トフカスKは800円〜といったところ。

楽天市場で、どちらの使用感もあまり変わらないというレビューを見かけたことがあるが

ワシの使用した感触では、トフカスKの方がかなり使い勝手がよい。

おしっこの固まり具合でいうと、トフカスKは、カッキーン!!! で  

トフカスサンドは カキッ って感じ。

トフカスKの方は、砂量がかなり少なくなってもあまり匂わないが

トフカスサンドは、わりと早い段階から砂に匂いが移ってくるように思う。

結局、掃除する時間が短縮できたり

砂量が少なくなるまで使い切れたりすることを思うと

コストパフォーマンスはトフカスKの方が高いように思う。

さすが、至高だの極めるだのうたうだけのことはある(?)。

(うちの猫ズは、お好み焼きの生地を伸ばすぐらいの薄さの砂量になっても

トイレの隅に砂をかき集めて使ってくれるのだ。すまぬ&サンキュー)

今度はトフカスPeeとトフカスReeを1袋ずつ注文してみた。

(タブレット形状のピーチの香りと青リンゴの香りの砂。)

また通常形状のトフカスと使用感を比較してみたいと思う。





追記:

前の日記は9月4日だから久しぶりだ。

実は↑の翌日、ケガをした子にゃんを保護した。

その後、何がどうとういうわけでもないのだけど気分的には怒涛の日々。

また落ち着いたら子にゃんについて

日記に書こうと思う。(子にゃん育てにみだれ髪。)









2010年09月03日(金) いつもの結論


朝の定例の窓開けは猫ズを移し々、一部屋毎行うのが恒例だ。

畳部屋の窓開け時、猫ズはリビングへ。

またリビングの窓開け時は、猫ズは畳部屋へといった具合だ。

なぜなら網戸をしっかり閉めても、網ごと突き破って出て行ってしまうからだ。

おかげでちぎれた網戸が、風にひらひらなびいておる。



今日、どういうわけかサリーだけが向こうの方で

御大臣座りなんかしちゃってなかなか畳部屋に入ろうとしない。

追いかけるとサリーは猛然と逃げて、作り付けの棚の裏の狭い隙間に隠れてしまった。

朝食前でお腹は空いている、猫ズのトイレ掃除、植木の水やり、

台所の片付け、猫ズのごはん、掃除機かけ、風呂にも入りたいetc

朝の用事がてんこ盛りな時に、ワシの頭のスイッチが切れた。

深呼吸して数をかぞえて、気持ちを鎮めてみる。

これは気付きのチャンスだ、とオーバーなことまで考える。

猫なで声でサリーをおびき寄せるが出てこない。

ワシ、逆鱗とはこういうことかと思った。

ビリビリしたワシの態度に雪や花やミイがびびっている。

結局、棚から離れて傍観を決めてから2〜3時間後に

サリーは自分から出てきた。

壁についた爪あとを見て、またスイッチが切れかかったが

お腹を出してひっくり返ってみせるサリーにそれ以上怒れなくなってしまった。

むしろワシの八つ当たりを受けた雪、花、ミイがまだびびり続けて

ワシの前を横目でほふく前進している。ごめん。

ああ結局、猫ズにはかなわないのだ。









2010年09月01日(水) 日やけ止めクリームと石けん






日やけ止めクリームを買った。ノブというブランドだ。

オルビスの日やけ止めクリームを長いことホジホジしながら使っていたところだったので

ドラッグストアで、@コスメで敏感肌に高評価 というポップにほだされ購入。

テスターで試した感触は、結構重いテクスチャーだったが

ワシにはその方が合ってる気がした。どう転ぶかだ。



あと無添加石けんも買った。

シーブリーズのスーパークールを買って使っておったのだが

チクチクするというかイマイチ合わない感じなのだ。

それに強烈な膏薬的香りも風呂へ向かう意欲を減退させることがわかった。

無添加表示なので大丈夫だと思うが、使い心地はどうか。

フツーの石けんなれどちょっと楽しみ。








 < 過去  INDEX  未来 >


Begonia [MAIL] [おうち鑑賞]

My追加