バイオトープの庭withとらジュリ

2010年07月31日(土) 楽天ポイントで猫砂を注文


7月31日が有効期限の楽天ポイントを使って猫砂と猫おやつを注文した。

先月は150円分くらいポイントを失効し2〜3日落ち込んでいた。

今回は1300円分くらいあるので忘れないように朝から気合を入れる。


最近、アイリスの銀イオン入り猫砂というのを使ってみたのだが

細かい屑が家中散らばって掃除の手間が倍増してしまった。

それに砂が濃茶なので、おしっこの固まりとうんちを見分けるのが結構手間。

まるで逆宝探しゲーム(?)をやってる感じ。

結局、10倍ポイントがついていたトフカスサンドとトフカスサンドKを購入することにした。

トフカスサンドの消臭力はめちゃくちゃ強力ってほどじゃないけど

固まり具合はまあまあだし、そんなにホコリっぽいくならないので

前述の猫砂より格段に掃除は楽ちんと思える。

トフカスサンドとトフカスサンドKの使用感を比べてみようと思う。









2010年07月29日(木) メイ牛山語録


ワシが石けんシャンプーを使いたい理由として、敏感肌質ということもあるのだが

3〜4年前に見た徹子の部屋に出演していたメイ牛山さんの話を聞いたことが大きい。

ヘアブラシは(ナイロンなど人工のものでなく豚毛など)自然のものを使用すること。

水に少し?濡らしてブラッシングすると白髪は出来ない。

石けん(シャンプー?)で洗う。

細かいニュアンスは違っているかもしれないが、頭皮のケアとして

このようなことを話していた。

ワシはメイ牛山さんのファンでも何でもないのだが説得力を感じてしまったのだ。

若女子時代、友人と喫茶店でお茶をしていたら隣にメイ牛山さんが座ったことがあった。

気にならないフリはしたけどチラチラ見ると、メイ牛山さんはストローで飲み物を飲んでいた。

六本木だったけど、ワシら以外ほとんどお客さんのいない静かな店内だった。

そういう情景がワンセットで風景として印象に残っている、

それが記憶のダメ押し作用(?)になっているようなのだ。

アピールしてくるCM商品よりメイ牛山さんの話の方が真実に思えるんだよなあ。

ずっとarauの石けんシャンプーを使ってたんだけどいい加減、気分を変えたくなった。

使い心地のよい石けんシャンプーを見つけたいと思う。









2010年07月26日(月) おまかせダビング


世間は液晶テレビあるいはプラズマテレビや

ブルーレイを使うことがもはや常識になっているのだろうか?

ワシは今もってブラウン管テレビとDVDレコーダーを使っている。

それも結構まだおニューなのだ。

お蔵入り状態になっていた7〜8年前に量販店のセールで買ったSONYのブラウン管テレビと

2〜3年前にネットショップで買ったDVDレコーダーを昨年やっと使い始めたのだ。

長期のお蔵入りにも関わらずよくぞご無事だった。

先代のテレビは画面の上部に斜線が入っていたのを

目を細めたりしてずっと眼力処理でやり過ごしていたのだ。(笑)



今日初めてHDDの容量がいっぱいになってきたのでディスクにダビングをした。

説明書の日本語さえ読めれば簡単な操作だった。

高画質指定で録画したものは、ダビングやHDD容量の塩梅を考えて

後から画質変更が出来ることもわかった。なんて賢いのだ。

ワシ、まだ番組表で録画操作出来ることにキャーキャーよろこんでいるレベル。

ワシ、DVDレコーダーでこれだったらブルーレイを使ったらどうなるんだろう?(笑)

だけどインターネットに対する感覚と同じかなあと思ってみたり。

すごく便利だけど、それだけになるかって言ったら違った。

また電機店に見に行ってみようと思う。









2010年07月24日(土) 水風呂


あづい。あづ過ぎる。

梅雨明け前は暑いと言っても扇風機で乗り切れてる感があった。

ワシは基本ずっとエアコンなしの生活をしているので

ある程度の耐性(?)はできていると思うのだが

さすがに昨日の猛暑っぷりは限度を超えていたと思う。

扇風機の風も熱風のようだった。

首元ひんやりベルトや保冷材をハンカチに巻いて頭を冷やす。

夜は2台の扇風機をフル稼働させて寝た。(結構すぐ寝た/笑)



朝イチで、エアコンなしで涼しく過ごす方法を検索する。

水風呂が効果的とあったので早速水シャワーを浴びてみた。

思ったより水浴びって涼しいを通り越して結構サブイ。

なるほどその後、体感温度が下がって快適度がアップした。

あとシーブリーズとあったのでケンコーコムか爽快ドラッグで調べてみようと思う。

チープで最大限の涼を確保するのだ。









2010年07月21日(水) 雪ちん花ちん誕生日おめでとう


今日は雪太郎と花太郎の誕生日。16歳になる。

シニアフードを食べるようになって久しい雪ちんと花ちんだが

ワシはこやつらをオジイチャン扱いしていない。

ヘタしたら小さかったのにこんなに大きくなって、といまだに目頭を押さえている。

付き合い方ととして、健康面のケアを考える以外それでいいと思っている。

猫は気まぐれとか気ままとかよく言われているけど

生後4ヶ月頃から今まで一緒に暮らしてきた中で

雪太郎と花太郎にその形容を当てはめるのは違和感を感じるんだよなあ。

呼ぶとかなりの確立で返事はするし、クソ暑い時でもワシにくっついている。

兄弟喧嘩は時々やってるけど、ワシはシャーシャー、猫パンチされたことが一度もない。

そういうのが当り前だと思っていたから

女子猫ズにシャーシャー言われて弱パンチをお見舞いされた時は

逆に新鮮な感動だった。(カワユ過ぎる。)

元をたどれば、ワンちゃんなのかもしれない。(そんなあほな)

ワシは、猫パンチしようがしまいが、物を踏んづけて壊そうが壊すまいが

どんな雪と花でも大好きだ。

雪ちん、花ちん、これからもよろしく。







誕生日兄弟2ショット。


寝床キープ中。


すりすり中。







2010年07月17日(土) お気に入りの整理


パソコンのお気に入りの保存数が多くなり過ぎたせいで

動作が超鈍くなってきたので、この期に及んでやっと整理し始めた。

整理しなくてはと思いつつ、そのままになっていた間も増え続け、

ウンともスンとも言わなくなる寸前という感じになってしまっていた。

検索をして

Internet Explorer の [お気に入り] メニューから、

[Shift] キーを押しながら [お気に入りの整理] をクリックして

[お気に入り] が登録されているフォルダを表示

という方法でやることにした。

もっとこうスゴイやり方があるのかもしれないが、

調べている間に整理出来るのでやり始めた。

全体をばばばーっと削除したい衝動にも駆られるが

イマイチ躊躇してしまうところがあって地道に1コ1コ消去している。

3〜4年前にお気に入りにしたままのサイトもあった。

物の片付けと同じだなあ。

ホントのお気に入りがすぐ取り出せて活かせるように

自分の中のお気に入りを整理する基準を作っていきたいわ。









2010年07月14日(水) 自動ふすま


テレビを見る時や用事をする時は襖を閉め切ってしまう。

ワシが畳間に立てこもる格好だ。

このクソ暑い時でも、雪太郎と花太郎の2匹は

ワシのヒザの上に座るか寄りかかる。

あるいはテレビの前をしっぽを立てて横切る、ゲロを吐く。

何かと猫ズがいると気が散ってしまうのだ。

うたた寝してフッと目が覚めたら、締め切っていたハズの襖が開いていて

雪と花がワシにもたれかかって寝ていた。

襖の上部に簡単に引っ掛ける鍵を取り付けてあるのだが

雪太郎か花太郎のどちらかが、力まかせに襖をこじ開けたせいで外れてしまったのだ。

サリーに襖を開けるテクニックはないが

開けて〜〜〜とハツカネズミのように

ずっと立って襖をシャリシャリ掻き続けている。

解決策はひとつ。

ワシの気が散らなくなればよいのだ。

時間をかけてその域に到達したいと思う。

しかし今はとりあえず新しい鍵を買ってこようと思う。









2010年07月13日(火) 銀イオン配合猫砂


日曜日、投票した後に買って帰ったペティオの木の猫砂。

銀イオン配合3倍スピードの瞬間消臭と能書きがある。

確かに先日まで使っていたトフカスサンドに比べると消臭効果は高いと思う。

猫ズがオシッコやうんちをした直後でも、そんなにプンプン匂ってこない。

ただこの猫砂は独特の匂いがある。

木屑の匂いが乗じて、酸味があるというか酸っぱい匂いがするのだ。

良い香りの部類ではない。

だけど、うんちの匂いがプンプンするのと

酸っぱい匂いがするのと比べてどっちがマシかと言えば

酸っぱい匂いの方がまだマシだ。

ジメジメした天気が続いている間は、この猫砂を使ってみようと思う。









2010年07月11日(日) 投票日


投票に行って来た。

立候補者や政党別のマニフェストなど、よくわからないまま投票した。

だけど知識を仕入れてから投票したとしても

結果は変わらないような気がするなあ、なんて言うのは大部分が言い訳だわな。

重いお尻を上げたのが19時30分過ぎ。

この時間、投票所に来ている人はチラホラだった。

ワシのあとに微妙にイチャイチャした若男女のカップルが続いていたので

こちらも微妙にイラッとしながら投票を済ませた。

実はひとつ重いお尻を上げる原動力があったのだ。

猫の砂と蚊取り線香を買うために出掛けること。

猫の砂は、アイリスの銀イオン入りという木の砂を買った。

蚊取り線香は値引きがほとんどなかったんだけど金鳥のを買った。

他のメーカーは半額くらいのセールになっていたのだが

日本の夏は金鳥というブランドネームを選んでみた。

井上陽水の傘がないの蚊取り線香バージョンみたいになってるかなあワシ。









2010年07月10日(土) 洗濯日和の洗剤


晴れ間がのぞいていたので洗濯をした。

以前は無添加せっけサラヤを定期的に使っていたんだけど

コストパフォーマンスと汚れ落ちがイマイチに思えたとので今は中断中だ。

(ただイマイチと思える状態の方が正常なのかもしれない。)

時々オルビスの通販を利用しているんだけど

オルビスの生分解性100%の肌にも地球にもやさしいという洗剤は

1kg1008円(税込み)もする。

環境保護ををとりあえずアピールしておくための

品揃えなんだろうけど、いくら何でも高過ぎだわ。

以前、安さにつられてファ○ファという洗剤を買って洗濯したら

肌がカユカユになってしまった。

それで、今はライオンのトップに落ち着いているのだ。

だんだん日差しも本調子になってきて

洗濯物はパリッと気持ちよく乾いた。

(ホントは夕方前に取り入れた方がいいんだろうけど

ワシは西日とのダブル照射が好み)









2010年07月09日(金) ごはん


久しぶりにご飯を炊いた。

ワシは土鍋でご飯を炊いているので(炊飯器を持っていないので)

小分けして冷凍保存したり、洗物をする手間を省く目的と

夕食に炭水化物をカットせざるおえない状況にする目的とで

最近ご飯を炊いていなかったのだ。

最初の一杯はたまごかけご飯で食べて

二杯目は、キムチ、おかずラー油、オイルサーディンなどをおかずに食べた。

ああ、うまい。

おいしく、手早く作れて、バランスも取れていて

そして洗い物が少なくて済む(重要)おかずのレパートリーを増やしたい。









2010年07月08日(木) 野菜ジュース+豆乳はマロくておいしい


野菜ジュースと豆乳をミックスすると、それぞれの青臭さが中和されて

なんともまろやかになっておいしいです。

これ、ずいぶん前に踏み台昇降について検索した中のホームページで

紹介されていたのを読んで知ったのですが

今さっき検索してみたら、ダイエットカテゴリーとして

ポピュラーな飲み方?だったんですね。

ま、そういうのに関係なく、うまいので

お手軽冷製スープみたいだわとほくそ笑みながら? イソフラボン摂取もかねて

毎朝デカいマグカップで飲んどります。(200ml+200ml)

ちなみにワシは調整豆乳を使用する方が好きです。

小腹が空いた時も便利です。









2010年07月03日(土) 郊外型ショッピングセンターにカルチャーショックを受ける


レンズを作りに眼鏡屋さんに行ってきました。

チェーン展開の眼鏡屋さんです。

先日所用で行った、ほとんど土地勘のない郊外で見つけた眼鏡屋さんなのですが

その眼鏡屋さんの近所で売られているおかずラー油購入目的もかねて

チャリで片道1時間かけて行ってきました。(ラー油ガッツ)

ワシは田舎の街に住んでおり、普段の足が自転車ということもあって

郊外に出向くということはほとんどなかったので

大型ショッピングセンターや(田舎の)街中では閉店になってしまったような

ファストフード店が林立する様子に軽くショックを受けてしまいました。

店舗同士の競争があるせいか購買意欲をそそるような品揃えは

ワシのうちの近所のスーパーには見られない光景です。

心なしか人もおだやかな印象です。

生活環境が大いに影響しているんだろうなと思いました。

地域の商店街との共存だとか、街作りという観点から

郊外型ショッピングセンターの是非はあるのだと思いますが

活気があるっていいですねえ。



5年くらい前に福袋で購入した999.9の眼鏡をずっと使っておったのですが

半年くらい前にネットショップで買ったOpticien Loydのフレームにやっとレンズを入れました。

レンズが出来上がる待ち時間に、おかずラー油を5瓶購入。

郊外を走る車ばっかりの道を、ハンドルにスーパーの袋ぶらさげまくりの

チャリで突っ走り、帰っていったのでした。









2010年07月01日(木) 美容院でりりしいまゆ毛になる


前髪だけ時々自分で切って、あとはゴムでまとめて

ずっとおだんごヘヤーにしておったのですが

(シニョンとかそういうオシャレ系ではなくあくまで団子という感じで)

その団子がだんだん巨大化してきて、どこぞの女将のようになってきたので

超久しぶりに美容院に行ってきました。

近場の美容院です。初めて行くところです。

大先生と呼ばれる年配の先生と小姑ぽい弟子?2人、女性3人の美容室でした。

まさに、ザ・井戸端ワールド。

常連らしきお客さんとの、社交辞令と本音が入り混じったようなトークをバックに

ワシは、カットされつつ女性自身、女性セブンを読みました。

小姑〜ズのみなさんからは、それなりに 踏み込まない 意識も感じましたが

それでも、この環境にどう対応してよいものやら戸惑ってたのでとりあえず笑っていました。

肝心のカットはブツ切り状態で、正直ワシのマイカットと変わらないか

ワシのマイカットの方がしっくりくるくらいの仕上がりだったかな。

(ワシはマイすきばさみも持っている。)

眉毛も整えてもらったのですが

ワシののほほんとした顔立ちの眉毛だけがゴルゴ13みたいです。

吉本新喜劇とかに出てくる美容院として見るなら笑えるけど

自分が渦中に入るとなると話は別だと痛感。

やっぱどこか現実とは違う異空間を演出していて欲しいんだな。








 < 過去  INDEX  未来 >


Begonia [MAIL] [おうち鑑賞]

My追加