バイオトープの庭withとらジュリ

2003年10月31日(金) う〜食べたい食べたい

 3、4日前から妙な食欲が収まらない。

 お腹はいっぱいなのに何かを食べたくて仕方がないのだ。

 夜、ウォーキングにでかけると少し気は紛れるがやっぱり食べた〜い!

 本当に爆発してしまいそう。だから、さかなソーセージとか

 GI系のおやつとか、コンビニカフェオレとか一応踏みとどまった選択(?)の

 ものを食べる。それでも焼け石に水の雰囲気。


 今日の夜、ウォーキングの帰りに立ち寄ったスーパーで「クルミ」が目に止まった。

 私はクルミが大好物。リスより好きかも♪(苦笑)

 暫らく食べてなかった。おいしそう〜

 さっそく買って帰ってチョコレート風味のカフェオレと食べる。

 すると、あれ?なんだか気分が落ち着いてきた。どうしたことだ。

 クルミの効能?何かの成分が体に足りてなかったのかな?


 結果推論: 普段あんまり食べない牛肉と

        (さかな系といえども)ソーセージを食べると体のリズムが変わる。

        これらの食べ方には工夫と注意が必要。






2003年10月30日(木) 若者向け、中年向け、年配向け

 って言い方を目にするけど、人それぞれじゃないのかなあ。

 なんというか利益追求の企業とか、マスコミがお客のニーズにアプローチする

 利便性を考えてカテゴリー分けして提示してるだけでしょ?

 特に、映画やドラマに対してこういう言葉使いをしていると

 ちょっと違うんじゃないのかなあと思う。(というか感覚を疑う)

 良いか良くないか、素晴らしいか素晴らしくないかだけの問題じゃないか。

 世間が作ったカセをとっぱらうようにすれば、例えばファッションだって

 みんなが似たような格好をするなんてこともなくなるハズ。

 と言いつつ非オシャレ系な私。

 そして街の人ごみの匿名性の中にひたるのが好きだったりする私。

 ああ矛盾。(笑)






2003年10月29日(水) 筋肉痛+サプリメント購入

 先日からふくらはぎが筋肉痛だ。むくみまくり。

 ウォーキングシューズ(つま先の部分が傾斜した負荷タイプ)が

 私には効きすぎていたのかもしれない。

 「巨人の星」の大リーグ養成ギブスじゃあるまいし

 ふくらはぎを筋肉大王にしたいわけではないので

 普通のシューズに戻した。



 ウォーキングの途中、立ち寄った本屋さんで

 サンプラザ中野さんのダイエット本を衝動買いした。

 アタマで痩せる〜と書かれている通り理論的な内容だ。

 私が言うのもなんだが、文章はイマイチ。

 どちらかというと男性仕様だ。

 でもダイエット知識がもりだくさんだから参考になる。


 さっそくサプリメントを購入した。

 本にサプリメントの有用性が書かれていたんだけど、いろいろあって

 はっきり憶えていなかった。だから、これでいいか〜ってかんじで選んで買った。

 ヘム鉄とコエンザイムQだ。

 ヘム鉄はともかくコエンザイム〜はネーミングがすごそうなので買った。(笑)

 ネットで調べたら老化予防など女性にはうれしい効能のあるサプリメントらしい。

 ちょっと続けて飲んでみよう。






2003年10月28日(火) 本日のへ〜なこと

 チャップリン映画『キッド』の名子役、あのかわいい男の子は

 『アダムスファミリー』の「太ったお兄さん」なのだそうだ。

 「徹子の部屋」に出演していたチャップリン研究家(若い男性)が話していた。

 激しくへ〜だ。


 



2003年10月27日(月) 貧乏生活+ごはんの炊き方

 夜中、NHKで「もの知り一夜づけ」という番組の再放送を見た。

 「貧乏真髄」という本を書いた川上卓也さんという人が紹介されていた。

 貧乏とは何ぞや?というのが番組のテーマらしい。

 この川上卓也さん、写真家ということだが収入があんまりないので

 お金をかけない生活を送っているとのこと。
 
 好きなことを続けるための貧乏、ビバ貧乏(?)ということらしい。

 電気を節約するために七輪で秋刀魚を焼いたり、裸電球のやわらかな

 光の下でものを書いたり・・・

 画面から伝わってきたのはマイナスイメージの貧乏ではなくて

 豊かな生活のニュアンスだ。


 便利さは豊かさを摩滅させるところがあると思う。

 不便は豊かさを産むと言い切ってもいいのではないか。

 でも、まあ、現代人はなかなかね・・・


 それはそうと、この川上卓也さんの食生活の様子を紹介する中で

 (確か)100円で買った土鍋でご飯を炊くところがあった。

 あの〜、ひょっとして世間では炊飯器を使うことが絶対的なことなの?

 ちなみにうちは炊飯器でごはんを炊いたことがない。

 すんごい高価な土鍋を使ってるとかでもなく、ごくごくフツーのお鍋で炊いている。

 それが当たり前だったから炊飯器は道具として選択肢のひとつなんだろうと

 ずっと思っていた。(一般的な電化製品は揃ってるんだけど)

 学生時代、炊飯器を買って使ってみたがメンテナンス(細部を洗うとか)が面倒だし

 炊き上がりに時間がかかるので、結局お鍋で炊くようになった。

 別に、硬すぎたり柔らかすぎたりすることもない。おいしく炊けるよ〜


 手順としては

 お米を研ぐ。水加減、浸し時間は普通通り。

  ,鍋を強火にかける。

 ◆(騰して、ふきこぼれてきたらすかさず弱火。←絶対ふきこぼれさす。

  そのまま20分。

 ぁ_个鮖澆瓩襦

 ァ。喫〜10分そのまま。(蒸らす)出来上がり。簡単!


 非炊飯器お鍋系のみなさ〜ん。いるかな?(笑)

 「非炊飯器お鍋系委員会」作ろうかな。(笑)




 



2003年10月26日(日) 『淋しいのはお前だけじゃない』

 8月末に購入したDVD。今日見終わる。

 全13話の連続ドラマだ。

 一作々の密度が濃くて一話見るたびに一息置いていた。

 なんというか、次々ババっと見ていくことができないかんじだった。

 本当にいいドラマ。

 くさい言い方だが、心動かされるもののまえでは言葉は無力だな。


 あの〜脚本を書いた市川森一さん、

 なんか微妙に腹立つしゃべりのオッチャンだわ。 

 だけど作品はすばらしいのよね〜うーん、違和感。(笑)

 



2003年10月25日(土) ペットボトルの山

 毎日、コントレックスの1.5リットルを1本から1.5本飲んでいる。

 (プラス私にとってはなくてはならない紅茶も)

 季節に関係なく汗はかくほうなので、普通に飲みたいように飲んでいる。

 最近まで知らなかったことだがコントレックスはカルシウムが豊富らしい。

 ナントうれしいではないか。最初はクセがあるとかんじていた味も

 今では他のミネラルウォーターでは物足りなく思うようになった。

 ま、それはよいとして・・・この日々出るペットボトルどうしたものか。

 一度ごみの日に出しそびれようものなら、その辺がペットボトルだらけなかんじ。

 まあ、他が片付いてないからっていうのもあるんだけど。

 あれ?ペットボトルつぶし(正式名称知らず)を買ってくれば解決すること!?

 ということに今気がついた。(笑)






2003年10月24日(金) 効く〜

 今月の12日に「らも」と一緒にデパートで購入したア○ックスシェ○プストリート。

 これは負荷がかかるようにつま先部分が傾斜したウォーキング用スニーカーだ。

 いわばダイエットスリッパのスニーカー版かな。


 2、3日前のウォーキングから履き始める。

 ウォーキングをはじめて思うようになったことだけど、

 まっすぐ姿勢を正してきれいに歩くのってむずかしい。

 着地は、かかと→小指→親指 蹴り上げる気持ちで前に進む・・・

 なんて考えながら歩いていると、こんがらがって手足が同時に出そうになるかんじ。

 (うまく歩けているかどうかは別にして)このスニーカーでウォーキングすると

 いつもよりふくらはぎが筋肉痛だ。



 今日(24日)ふくらはぎのマッサージ法を紹介するテレビ番組を見た。

 デューク更家さんの筋力アップ法も紹介していた。思わずメモ。いいタイミング!

 前述のマッサージ、たった○分実施しただけでサイズダウンしました!って

 モデルさんの足を計測していたけど、メジャーが微妙に肉にくいこんでいた。

 いつも思うんだけど、こういうふうに肉にくいこませて1.5センチ減りました!

 っていうafterリポート、下手なお笑い番組よりおもしろいね。(笑)






2003年10月23日(木) 「白い巨塔」のお父さま

 「白い巨塔」第一回、第二回と見ていいドラマだと思った。

 唐沢寿明うまいなあと思ったし。

 彼の演じる財前助教授は、悪人でも善人でもなく「普通の人」と

 言っていいのだと思う。役者の度量に左右される難しい役ではないか?

 昨日の第三回を見終わって何故か「お父さま」の印象がすごく残った。

 単にお父さま(=石坂浩二)の出演場面が多かっただけかもしれないけど。

 あのー正直ちょっとうっとうしかった、浩二よ。(笑)

 せっかくいい役者さんがたくさん出演しているドラマなんだから

 展開がマンネリにならないでほしいな。

 オリジナルのドラマはビデオ・DVD化されているのかな?

 うーん、見てみたい。






2003年10月22日(水) 呑み屋とにゃんず

 今日のウォーキングコースの途中には呑屋さんがある。

 (いくつかあるマイコース(?)のひとつだ) 

 周りは静かな住宅街。ぽつんとその店は存在している。

 ビニール製の看板には「お食事処」とある。

 だけどいつも飲んだくれたオッチャンのご陽気な声(?)が通りまで響いている。

 店先には壊れたような自転車が放置してあり、

 発泡スチロール箱が乱雑に積み上げられている。

 そして暖簾がちゃんと垂れ下がっているのを見たことがない。

 いつもガラスの引き戸に挟まっていたり絡まってよれていたりするのだ。



 ある日のウォーキング中、店から出てきた女主人らしき人と遭遇した。

 たぶん店がはけて帰路につくところらしい。60年配くらいだろうか。

 えらく前衛的な髪型をしている。(つまりぐちゃぐちゃ)

 どれどれに酔いつぶれたオッチャンを引き連れ

 (ダンナさんか、お客さんかよくわからないけど)

 「さっさと歩け!」と乱暴に追い立てている。



 私はその横をウォーキングで通り過ぎながら

 (うまく言えないけど)イヤじゃないなあと思ったのだ。



 今日同じようにその店の前をウォーキングで通りかかったら

 にゃんずが集まっていた。茶トラと白サバにゃんだったかな?

 見ると店先に沢山ごはんの乗せられたお盆のようなものが置かれていた。

 そのごはんをにゃんずは一心不乱に食べていたのだ。

 その光景に私は先日自分のかんじた感情に合点がいったような気持ちになった。



 いつものように酔いどれオッチャンの雄叫び(?)と、ごちゃごちゃの店前だ。

 にゃんずのことは別として、もうちょっとどうにかしたら?

 って思わなくはないんだけど。(笑)






2003年10月21日(火) お饅頭をたくさん食べる&顔面乾燥

 週末、温泉(センター)の売店でお饅頭や羊羹の類を買った。

 同じく重要文化財建築を見に行ったときにも駅のキオスクで購入した。

 ビバ饅頭day。

 今日は、そのお饅頭や羊羹を食べた。1個のつくりがやたらと大きい。

 たぶん1個が、お上品なお菓子3個〜5個分はある。

 つまり、私は6個分〜10個分くらい食べたことになるのか!!!

 まあ、いいやということにしよう。(ちょっと脱力)


 
 そして乾燥の季節。鏡を見るとあらぬところに小じわ発見!

 こういうときオ○ビスの化粧水は頼りになる。

 クチコミサイトにはイマイチ?なんていう意見もちらほら混じっているが

 やっぱり相性の問題なのだろう。べたべたしないのに潤うし(油分0)

 顔面の輪郭が引き締まるので好きだ。(微妙にわかるのだ)

 先日、日記に書いた豆乳化粧水and乳液もいいかんじだ。

 どちらも赤くなったり刺激がないのがうれしい。

 ちょっとパックなど、まめにしていこうかな〜女子dayだ。




 



2003年10月20日(月) ショック

 いつも楽しみに読んでいた日記さんが閉鎖するそうだ。

 今日(20日)その内容を読んでショックだった。

 親しみをかんじていたものが突然なくなることに動揺した。

 なんて書くと大げさかな。でも本当にとても淋しい。


 たくさんの人が読んでいる日記さんだった。

 だからこそ「個人の日記」として持つ意味が

 どんどん変形してしまうしんどさがあるんだろうなあと勝手に想像した。

 とても楽しい日記さんだったが痛々しいエッセンスをかんじていた。

 なんてこれまた勝手な想像ですな。(笑)

 ま、「エンピツ」サイトがなくなるわけではないので

 またいつか、という行間を残しつつ。

 花に嵐のたとえもあるささよならだけが人生さ てことで。






2003年10月19日(日) 重要文化財建築を見に行った

 「重要文化財建築」という呼び名でよかったっけ?

 ま、とにかく「重要ナントカ〜」の建物を見に行った。

 豪華堅牢な建物ではなく趣のある木造建築だ。

 ありきたりな言い方かもしれないが木のぬくもりにホッとした。


 展示物のある床に小さな箱が置いてある。
 
 何なんだろう?と思ってよく見てみると箱には「ねずみとり」と書いてあった。



 係りの人の話によると建物の維持は大変なのだそうだ。

 木造だから腐ったり朽ちたりの修繕が必要なのだろう。

 ねずみも出ないような家はやっぱり自然じゃないってことなんだよね。

 もしねずみが出たら、にゃんずはよろこぶかな?人間は確実に失神。(笑)



 おそろしく人のいない商店街のうどん屋さんに入った。

 ダシがきいていてすごくおいしいうどんだった。おあげも薄味で私好み。

 これで無愛想なムードさえ漂っていなければいいのだが。

 ま、これも味のうちかな。(笑)



 昨日の「(普段よりもっと)田舎」より今日の「(普段よりもっと)田舎」は

 いいかんじだった。ちょっと生き返ったってかんじだ。






2003年10月18日(土) 温泉に行った

 温泉といっても健康センター(?)のようなところだ。

 食堂があったり売店があったりする以外は普通のお風呂屋さん仕様。


 到着するのに2時間半くらいかかった。

 先日「都会」に久々に行って生き返ったと日記に書いた。

 今日は「(普段よりもっと)田舎」に行って全然生き返らなかった。

 「ひなびた田舎」のいい雰囲気ではなくて無愛想な印象だったのだ。

 なんなんだろう、排他的でありながら詮索するようなかんじ。

 大げさかな。とにかくあんまり居心地はよくなかった。



 その気持ちに拍車をかけたのは、風呂場の中のオバチャン軍団の光景。

 人のことは言えないが、肉付きのいい体をブルンブルンさせながら

 どこをどう隠すこともなく大股でのしのし横切っていくオバチャン。

 まわしをつけたらそのままお相撲さんの風情。迫力ありすぎだ。

 さらに大声でおしゃべるするのはいいけど、せめてこっち向かないでくれ〜

 なんでオバチャンの股間を見ながら温泉につからにゃならんのだ。



 私のタオルと石鹸を置いてあった鏡前でオバチャンが髪の毛を洗い始めた。

 混んではいるものの他に空いている場所があったので「ここ私の・・・」と

 声をかけると「髪の毛を洗っているだけ」と言い切られた。

 なんだかなあと思いながら私が移動。

 あとからオバチャン「髪の毛洗い終わったからこっち戻れば」

 と声をかけてきたが聞こえないふりだ。大人げないかもしれないけど。 

 湯あたりじゃなくてオバチャンあたりだ。(座布団一枚?)



 と言いつつ温泉は気持ちいいと思わせてくれるのだからすごい威力(?)だ。

 売店でお土産も買った。素朴なお菓子でおいしそ〜ってことでまあいいか!?
 



2003年10月17日(金) パソコン復活〜〜〜

 パソコンフリーズから数日。やっと復旧作業終了した。

 とりあえずサクサク動いてくれるようになった。よかった〜(涙)

 もー本当にびびってしまった。

 全然読まずに積み上げてあったパソコン雑誌よ、ありがとうってかんじだ。

 たぶんメーカーのマニュアルだけだと(簡単な作業でも)よくわからなかったと思う。

 まああと、バックアップしたデータ(というほどのものではないんだけど(汗))

 ちょびちょび移していこうっと。



 パソコンがフリーズして新聞に目を通すようになった。

 普段新聞を読む気がしないのは、インターネットがあるからなんだなあと実感した。




 



2003年10月16日(木) パソコン固まる&白い巨塔

 相変わらずパソコンフリーズ。パソコン系の雑誌や本をながめてはどんより。

 なんて寝てる間に直ってるかも!?と期待しながら朝目覚めてみる。

 単なるアホでないか。

 私にとって復旧作業にとりかかることは

 清水の舞台から飛び降りることと同義だ。えーん。

 

 「白い巨塔」。ウォーキングからもどってきてリアルタイムに少し間に合う。

 とてもおもしろそうだ。あとでゆっくりビデオを観よう。

 あと「エ・アロール」。豊川悦司さん、ひょっとして顔でかくなった!?

 というより平たくのびたような(失礼)

 久々にじっくり見たからか正直そう思ってしまった。

 まあかっこよいのには変わりがないけど。


 なんてやってるうちに(夜の)12時をまわる。

 昨日に引き続きケセラセラだ。






2003年10月15日(水) パソコン固まる

 相変わらずパソコンの調子がおかしい。動かない。えーん。

 サポセンにTELしてみた。

 電話に出たお兄ちゃん、PC知識に自信があるんだろうけど(という匂いプンプン)

 これだ!という決定的解決策は打ち出してもらえず。

 結局、修理を依頼する手間を考えると復旧作業を試したほうがいいんだろうな。

 ということでバックアップをとる。ちゃんとバックアップがとれているかな〜

 なんて超初歩の部分で汗をかいてる私・・・

 まあ、どっちにしろ試してみないと動かないんだから。

 ケセラセラだわっ!






2003年10月14日(火) パソコンが〜〜〜まとめて更新

 昨日(13日)パソコンがフリーズしてから私もフリーズしている。

 Q&A系パソコン雑誌を読むほどにフリーズ度がでかくなる。


 これがテレビならバンバン叩いて直しているところだ。

 今日は一時間以上ウォーキングした。ラララ〜♪逃避行〜♪の気分だ。

 深夜近く歩いたおかげでノド痛いワ。

 

 

 





2003年10月13日(月) パソコンが〜〜〜まとめて更新

 あーん、月曜深夜というか火曜早朝にパソコンがフリーズしてしまった。

 ななななななんでぇぇぇ(汗)うわぁぁぁぁん(涙)

 なぜかインターネットにつなぐとがっちり固まってしまう。

 もう顔に斜線はいりまくり状態。

 リソースがどうのメモリがどうのドライバを入れ直すがどうのって

 ああワケわからん!パソコン三歳児なんて言ってる場合ではない。

 よくわからないがメニューバーを使わずにツールバーを使ったら

 なんとか動いてくれた。

 とりあえず今のうちに日記の更新だ!


 えーと月曜日、母が干椎茸と饅頭を何度も間違えた。

 その度に「それは椎茸」と言う私だった。


 なんて今の心境とそぐわないシイタケ話だがメモしてあったので書く。

 日記更新,隆き〜



 

 



2003年10月12日(日) らもを買う

 久々に「都会」に行った。

 雑踏の中で孤独と匿名性をかみしめる。ちょっとウキウキ。

 いや〜生き返ったってかんじだ。なんて思う私は現代人てことか。

 
 そもそも今日「都会」に行ったのは
 
 ある小さなイベント(のようなもの)を見学するためだ。

 (平たく言えば)世間一般から見ると変わり者の集まりだ。

 私は遅れて行ったので少ししか見られなかったが居心地がよかった。

 ちょっと小躍りした。もちろん心が。本当にそこで躍ってもいいくらいだった。



 中島らものエッセイ本2冊購入。

 最新エッセイ「牢屋でやせるダイエット」を帰宅後読む。

 どーしようもないオッチャンだなあ。

 と確かに思うが、それは表現の魅力にかき消されるかんじだ。
 
 もう一冊の「心が雨漏りする日には」も読むのが楽しみだ。




 



2003年10月11日(土) 時間が〜〜〜〜〜

 今日(11日)は結構歩いた。用事の延長線上なので足元装備はハイヒール。(苦笑)

 芝生のある運動公園など。

 ってことで今から出かける用意。(汗)

 意地の更新日〜

 



2003年10月10日(金) 美容院に行く カット&カラー

 今日は美容院に行った。はじめてのところ。

 カットとカラーをした。担当になったのはかわいい女の子だ。

 あんまり気をつかわないでいい人でよかった。(無理やり話しかけられるのってイヤ)

 色は赤(ボルドー)系。太陽の光の下で目立つ程度。

 気に入った〜よかった〜♥


 でもなして田舎の美容室って女性セ○ンだの女性○身だのを

 読んでくださいって渡してくんの?田舎だけでないかもだけど。

 そういえばs○imaには、気取った雑誌が置いてあったな。

 非オシャレ系人間に対する踏絵?(以前行っていた頃の話)

 どちらにしろ、もうちょっとオヌシやるな的な選抜はできんものかね。


 



2003年10月09日(木) コレいいかも

 ドラッグストアでドクターエ○ウィンというメーカーの

 豆乳化粧水と豆乳乳液を購入した。千円ちょっとなり。

 高価だろうか低価だろうが肌に合う合わないがあるからなあ。


 ちなみに湯上り卵肌の桃井かおりさんのCMで有名なメーカーの化粧品、

 あれ、私は使うと顔が真っ赤になる。人気(超高価)化粧品なのに。

 つまり良くも悪くもなければ御の字だったりする。


 で豆乳乳液、いいかんじかもだ。混合肌にべたつかづさっぱりしすぎずの印象。

 もうちょっと使ってみよう。化粧水もまあまあだ。←コレ大事な評価だ。

 

 



2003年10月08日(水) 暗闇に光る眼

 いつもは、ウォーキングのあと買い物をする。

 今日(8日)は家を出た時間が遅かった関係で先に買い物を済ますことにした。


 買い物のあと公園に向かったが、買い物袋を持って歩くわけにいかないので

 遊歩道から少し離れた芝生の上に置く。

 人通りが少ないとはいえウォーキング中、買い物袋に視線が釘付けとなる。

 じーじーじーと一点を見ながら衛星のように歩くって結構疲れる&笑えるの巻だ。









2003年10月07日(火) 豆腐の食べ方

 最近の好きな豆腐料理は、豆腐入り○ケンのピリ辛スープだ。

 ‘蕕烹横娃娃磽磴里湯を沸騰させる。

 ▲蝓ンのピリ辛スープの素を入れる。
 
 さいの目に切った豆腐(たっぷりがおいしい)を入れる。できあがり。


 うむむ、これは料理?ってことはさておき

 激辛好きの人には物足りないかもしれないが、程よくピリ辛・簡単でおいし〜



 この前、ある掲示板で目にとまったのは

 豆腐をネギ、ごま油、塩コショウで食べるというもの。

 紹介されていた方が強力にオススメ!していたので試してみた。

 豆腐を塩コショウで食べるなんて初めてだ。ちょっと半信半疑だったけど

 ごま油の香りとあいまっておいしかった〜

 冷やっこに飽きたときのおたすけメニューに加えよう。




 



2003年10月06日(月) メールの返事がこなくてがっかり

 ネット上で知り合った人を好きになってしまった。

 と思ったときがあった。

 正直、自分でもよくわからなくなってしまった。

 メールでのやり取りは数回。基本的に、伝達事項、事務的な内容のメールだ。

 それで、こんな気持ちを持つのは所謂バーチャルで空想の域を出ないのだ。

 まあ、がっかりしたりうれしかったりするそのときの気持ちをかみしめて

 いこうと思う。 

 それとは別に思うことだが、メールを書くってコツ(慣れ?)がいるなあ。

 軽すぎず、重すぎず、簡潔に、でも事務的になり過ぎず・・・・・無理(笑)

 

 

 



2003年10月05日(日) デカにゃん伝説

 茶トラにゃんは体が大きい傾向にある。

 と、サイトで読んだような記憶がある。

 たまちゃんは茶白にゃん。確かにガッシリ型だ。

 そういえばこどもの頃から手足は太かった。

 たまちゃんの顔デカは見ていてホッとする。(笑)



2003年10月04日(土) 振り返れば、にゃん

 とっとっとっ・・・と肉球も軽やかに私の側にやって来る。

 そしておもむろに座る。

 耳をすますと・・・ゴロゴロゴロゴロゴロ・・・喉を鳴らす音。

 だけどケツおしりを向けたままの格好だ。

 うれしいなら、こっち向いてゴロゴロ言ってほしいなあ。(笑)

 

 

 



2003年10月03日(金) 激安靴ショップ

 注文してあった通販ショップの靴が届いた。

 ウォーキングシューズ(スニーカー)1300円程なり。
 

 スニーカーを注文したのは「○円以上は送料無料」の帳尻合わせ。(汗)

 本当は○シックスのシェ○プストリートというウォーキングシューズが

 欲しいのだが1万円前後もするので二の足踏んでいるところなのだ。

 だから、この1300円のスニーカーは雨の日にでも履こうと思っていた。


 ところが、届いた現物を見てみると意外と丁寧なつくりでちょっと驚き。

 履き心地もいいし歩き心地もいい。

 あら〜うれしい誤算だ。(もちろん「この価格にしては」の冠つきだけど)



 このショップのサイトをもう一度見てみると

 なんと180円のスニーカーがある。人気商品らしい。

 と思ったら甘い!90円のスニーカーがある!

 えー!そのへんのハンバーガーより安いじゃないか!

 送料無料(5000円以上)にするためには何足買わなきゃならないんだ!?

 私の1300円のウォーキングシューズが神々しく思えてきた。(笑)


 ショップのサイトはここ






2003年10月02日(木) 閉店間際のスーパーにて

 夜、ウォーキングしたあと、だいたいスーパーで買い物をするパターンになっている。

 お気に入りの飲み物を買うことをウォーキングの密かな励みにしているのだ。


 立ち寄るのは弊店間際のことが多いので、お惣菜コーナーは軒並み半額シールが

 貼られている。それを見ると、俄然血が騒ぎだす。

 今日の買い物はコントレックスくらいねフフ・・・なんて思っていても結局

 買い物カゴを引きずるようにしてレジに向かっている。

 冷蔵庫には一週間前に買った焼き魚が残っているというのに。(腐ってない限り

 絶対食べる!)

 「半額」とか1円引きの「99円」の表示は♀にとっては魔法だ。

 



2003年10月01日(水) 芝生の上で

 公園のなだらかな芝生の丘陵でおにぎりを食べた。

 木陰になっていてサワサワと風がふいてくる。

 遠くの方で小学生の女の子達が地面に顔寄せ合っているのが見える。

 絵でも描いてるのかなあ?

 私もごろんと寝そべってみる。

 目の前に広がるのは、水色と木の葉っぱだけ。

 こんな空の見方をしたのは久しぶりだ。

 自然って気持ちいい!



 
 ペン型懐中電灯(ポーチサイズ)、ウインドブレーカー(激安)、

 フランスパン(さつま芋入り)、お惣菜(手作りキッチン)、にゃん砂(100袋限定価格)

 などを購入。


 < 過去  INDEX  未来 >


Begonia [MAIL] [おうち鑑賞]

My追加