Deckard's Movie Diary
indexpastwill


2006年09月30日(土)  マイアミ・バイス

こういう刑事モノが観たかったんですよ!娯楽大作を期待する人には全くの不評だろうけど、
実は上司が!とか、実は同僚が!とかいうストーリーはうんざりなんです。オイラはストレートでシンプル、それでいて深みのある人間描写っつー刑事モノが観たかったんです。暗くていいんです。だいたい、人を殺し得るような状況の人間達の話なんですから、ノー天気なギャグや笑い、コンビで息ピッタリ!みたいなノリなんて全くいらないです!TVシリーズに思い入れがある人にも評判はイマイチだったようですが、オイラは全く思い入れがありませんでした。っつーか、ドン・ジョンソンって薄っぺらな印象しかないんだよんなぁ・・・・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ で、コン・リーですが、彼女の抜擢は大成功ですね。この作品における存在感はまさにヒロイン!と呼ぶのに相応しいモノです。おそらく、この役がハリウッド女優でしたら、脂っこ過ぎて胃にもたれてますよ!マイケル・マンは女を描くのも上手いですが、同じように音楽のセンスも抜群です。ちょっと多用し過ぎるきらいはありますが・・・(苦笑)。それにしても、マイケル・マンという監督は渋いなぁ・・・同じような印象を与えるトニー・スコットと比較すると分かり易いんですが、トニー・スコットは監督業を重ねながら演出を磨いて来た人で、最近は本当に上手くなったんですけど、マイケル・マンは元々頭の中にあったイメージを映像化している感じで、その違いは一流のチェーン店と、一代で築き上げた味の違いなんですよね。だから、トニー・スコットの映画は万人にそれなりに受け入れられるんですけど、マイケル・マンの映画は微妙です(って、誉めてないじゃん)。職人監督と映画作家の違いってとこでしょうね。


2006年09月11日(月)  X-MEN:ファイナル・ディシジョン

『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』このシリーズは本当に好きです!今回は監督がブライアン・シンガーからブレット・ラトナーに変わって、ちょいと心配だったのですが、さすがに手堅いです!このシリーズって、ハリウッド大作なのに情緒的というか、切ないというか、ちょいと和風な匂いを感じさせてくれるんですよね。意志に関係なく身に付いてしまった特殊能力は幸なのか不幸なのか?それは自分次第・・・しかし、その特殊能力を自分の意志で制御出来ないとすれば・・・哀しいなぁ・・・ラストでは、オイラの大好きな『ガス人間第一号』をちょいと思い出しました(自爆)。前二作に比べるとかなり薄味になりましたが、それでも十分魅力的な作品でした。まぁ、最初の驚きシーンをもっと丁寧に描いていれば全体の印象はもっと違ったモノになっていたでしょうし、他にもミスティークとか、ローグとか、アイスマンとパイロの因縁の二人とか、それぞれのシークエンスも相当ないがしろですが、ラトナーっていつもこんな感じですから(苦笑)。そういう意味では、同じ脚本でシンガー版が観たかったのは言うまでもないコトですね。とりあえず『マトリックス』とか『インファナル・アフェア』のように三作目でコケなくて良かったですわ(苦笑)。


2006年09月07日(木)  花田少年史 グエムル・漢江の怪物

一色まこと原作で、日本テレビで深夜にアニメでオンエアされていた『花田少年史』の実写版です。漫画はほとんど読んだことが無かったのですが、TVアニメは数本だけ観ていました。で、この映画を観に行く前にTVアニメ版を全編観賞して臨みました(苦笑)。う〜ん、この映画化はどうなんでしょ?あまりに背景が違っているので、相当な違和感がありました。っつーか、オリジナルのストーリーが展開する後半はとにかく退屈でした。


『殺人の追憶』で多くの映画ファンを唸らせたポン・ジュノ監督の新作『グエムル・漢江の怪物』。巷では『パトレイバー掘診儡物13号』との類似性で賑わっています。確かに設定や怪物のデザインは似ていますが、中身は全くの別物です(だいたい、『廃棄物13号』だってエイリアンにインスパイアされてるじゃん!)。『廃棄物13号』はその手の原典であるフランケンシュタインの流れを受け継いでいますが、こちらは明らかに家族の物語です。この映画を韓国社会の風刺だ!とか言っている方も居ますが、それは考え過ぎでしょう。ポン・ジュノは単純に家族というか、人間味溢れる映画を作りたかったんだと思います。個性的な一家を中心に、緩急を自在に行き来する悲喜劇ぶりは圧巻です。ただ、後半はあまりに都合の良い設定とか、無駄なシーンが多く、映画自体が蛇行してしまっているのが玉に瑕です。それでも、ファーストシーンからグエルム登場までの流れはゾクゾクしますし、主演家族の一人一人はとても魅力的です。見せ場もタップリありますし一級の娯楽作品に仕上がっています。今の日本映画には無い魅力に溢れた作品でした(´―`)┌ ヤレヤレ…


2006年09月06日(水)  時をかける少女 紙屋悦子の青春

原田知世を世に送り出した大林宣彦監督の名作『時をかける少女』。あの名作をアニメでリメイクかよ!と思っていたら、これは筒井康隆原作の知世版『時かけ』にインスパイされた全くのオリジナル・ストーリーでした。この作品は元々単館公開だったのですが、あまりの評判の良さに拡大ロードショーになったワケですが、その理由が十分に納得出来る仕上がりでした。ストーリーだけなら大林バージョンより上ですね。定番の青春恋愛モノの一篇として、観るに値する作品でした。ただ、脚本が饒舌過ぎて切なさに欠けたのが、ちょっと残念だったかな。それに、アニメのキャラがあまりに男性目線で描かれているのが気になるんですよ。全体がちょっとベタついていて鼻につきます。そういう意味でも実写で観たかった気もします。綾瀬はるか主演で誰か実写化しないかな・・・って、しないよ(自爆)。


その原田知世繋がりってワケじゃないですが、久々の主演映画『紙屋悦子の青春』を観に岩波ホールへGO!黒木和雄の遺作になる『紙屋悦子の青春』は、岸田國士戯曲賞などを受賞した劇作家・松田正隆による戯曲が原作です。というワケで、さながら舞台劇のように映画は進むのですが、黒木和雄は相変わらず人に演技をつけるのが上手いですねぇ。“大根!”と誉れ高い?本上まなみが素晴らしい演技を披露しています。主演の原田知世も、永瀬正敏も、松岡俊介も、もちろん!小林薫も、本当に非の打ち所のない存在感を披露しています。ストーリーは例によって地味に進みます。特にトップシーンは長くて眠たくなりますが、それを過ぎると映画は生き生きと蘇ります。あの頃って、こういう青春だったんだろうなぁ・・・と、あの頃を知らないオイラでも納得させられてしまいます。“戦火に芽生えた淡い恋”・・・哀しい時代のほのぼのとした青春。いつの時代でも、どんな状況でも人は人を好きになり幸せを掴もうとするんですね。っつーか、人はそういう気持ちを忘れてはいけないんですよ!

黒木和雄監督殿、長い間ご苦労様でした。オイラの祭りの準備はまだ終わっていません。


デッカード |HomePage

My追加