遊戯王ヴレインズ感想とか雑文とか(遊戯王の謎)
日記&アニメ感想の目次前の日次の日


2012年03月29日(木) 祝・鶴竜大関へ!と漫画ゼアル感想と遊戯王5D's再放送 第8話「満たされぬ魂 シグナーと伝説の竜」


大阪で行われた春場所も終わりました。
無事に横綱白鵬が優勝しホッとしていますが、本割では負けているので、次の場所では気を引き締めて勝ち星を上げて欲しいです。
今回、鶴竜が大関に昇進しました。
これで6大関時代の突入で、相撲も盛り上がるでしょう。
鶴竜は「自分を引き受けてくれる相撲部屋はありませんか?」と、自分でモンゴルから手紙を書いたほど相撲への想いが強い人なので、今回の昇進は本当に嬉しいでしょうね。
あまり笑わないところは遊星さんに似ていると思います。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

スプーンパンダ
スプーンパンダの新しい商品が出るよぉ〜。チェック柄になったパッケージと共に、新しい触感のプリンが出るそうです。
オヤツにピッタリのプリンなので、どんどん食べてね!
絵をクリックすると、公式サイトに飛べます。
面白い4コマ漫画もあるので、読んでみてください!


定期購読キャンペーンが始まるウラ!
定期購読の素晴らしさを解説してくれる、コイン・トス之助の写真をよく見ると、お腹がチラ見えしているでゴザル!( ´艸`)


今まで特典カードくらいしか付かなかったのに、今年はお得感タップリになるみたいです。

・VジャンプSP版 特別チラシがつきます!
・オリジナルOCGスリーブを定期購読者だけにプレゼント!

チラシには遊戯王情報も載るそうなので楽しみでアリマス!

  1.定期購読の良いところは、本屋へ買いに行かなくて良い。
  2.特典カードがつく
  3.ちょっと早めに届く

というわけで、私もまた定期購読しようと思っています。


ライン


■漫画ゼアル−「ランク16 第3の敵」感想!

九十九悪魔かわいい!!!!ヾ(´∀`*)ノ
目が出ているところが良いです。
遊馬のデザインは人形になった方が可愛いらしさが際立ちますね。
三好先生はマジで絵が上手なので、どのシーンも見逃せません!
悪の屁の匂い…かぎたいです!( ´艸`)
次はシャークも人形にして欲しいな〜。


コロンちゃんはゴミ捨て場に捨てられた人形だったそうです…。・゚・(つд`)・゚・。
ハートランド氏は彼女が遊馬に勝たないとゴミに戻すと脅迫していて、すっごく悪者に徹しています。
こういう憎まれ役がピッタリくるのは、さすがハートランド氏です。
遊馬には勝って欲しいけど、コロンちゃんをゴミ捨て場には戻したくないし…どっちを応援するか悩みます。


今回は小鳥とキャットちゃんの衣装変えがありましたが、キャットちゃんの服が普通で、ちょっと物足りなかったです。
もっと腕にシルバー巻くとか、ボンテージとか…色々あると思うんです。
すらっとしているキャットちゃんなら、大人な雰囲気のボンテージは絶対似合うと思います!Σd(゚∀゚。)ネッ♪
しかし…男子たちの反応の悪さはなんででしょうね…。
ああいう可愛さがまだ分からないのでしょうか。
これくらいの年頃の男とはそういうものなのでしょうね…(ホセ爺にも覚えがあるらしいです)


ちょこちょこ顔出ししてツッコミを入れる徳ちゃんが可愛いです!
表情が絶妙で目が離せません。
コロンちゃんの雰囲気だと徳ちゃんとデュエルする方が絵として見栄えがすると思うんですが、また遊馬とデュエルになったのは残念です。



ライン

遊戯王5D's再放送 第8話「満たされぬ魂 シグナーと伝説の竜」


遊星のパンツぅぅぅぅ〜!ヾ(´∀`*)ノ
まさかこんな形で拝めるなんて、当時は思いもしませんでした。
遊星の体って、肉がほとんどついてなくて、どっちかというとキレイな感じですね。
髪型から「毛ガニ」を連想してましたが、これからは「すべすべまんじゅうガニ」を遊星だと思います。


鷹栖所長の鼻毛攻撃には遊星もうんざりだと思います。
あれが鼻毛じゃなくて「ひじき」だったら、遊星ももうちょっと穏やかな気持ちになれたかもしれません。
しかしあんなに抜いたら血が出そうなのに…所長の鼻の穴って丈夫なんですね。( ´艸`)


矢薙のじいさんが話してくれた伝説の竜とシグナーの話は貴重で面白かったです。
雑談板でも言われていましたが、じいさんが旅行者じゃなく歴史学者として解説してくれたら、もっと盛り上がったのではないかなと思いました。
ホプキンス教授みたいに異端の学者とかじゃなく、真面目に伝承を研究しているような人が良かったです。
「5人のシグナーに5体の竜」とか「星の民」とか。
プレインカの考証は土器とか遺跡とかから推測するしかないので、スタッフが頑張れば、もっと史実に絡ませることが出来たのではないかと思います。


ジャックの渇きを演出するために登場したムクロさんですが、私はこの人好きです。
この暑苦しいテンションが5D'sでは貴重だと感じています。
今回はモンスター効果でライフを削るという地味な作戦に出ましたが、外見と違い、慎重にデュエルを進めるところも好感度高いです。
ジャックは遊星のことで頭が一杯だけど、良くデュエルをする気になりましたね。
「もう気がまぎれるなら何でもしてやろう!ヽ(`Д´)ノ」という自暴自棄な気分なんでしょう。
それでもムクロさんに勝ってしまうのですから、さすがキングです。


2012年03月26日(月) 遊戯王ゼアル感想−第49話 「激闘の果て!ホープレイVSアトランタル」

遊戯王ゼアル感想−第49話 「激闘の果て!ホープレイVSアトランタル」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    スリー : 全てのモノが吸い込まれてしまうだろう…(`・ω・´)

このラストに3週もかけるとは…(´Д`) ハゥー
なんかもっと見せるモノがあったのではないの?…と、監督に言いたいです。
スリーが『家族のため』『家族のため』と連呼してましたが、スリーの置かれている状況が説明されていないので、彼の気持ちが空回りしているようにしか見えません。
たとえば、トロンに生活の全部を見てもらっているので彼のために働きたいとか、お父さんが入院していて医療費をトロンに出してもらっているとか…。
なにかこう…具体的な説明を聞きたいのですよ。(^ω^#)
どうしてトロンのために必死になっているのか、それを先に話すべきなんじゃないのかなと思います。


よく分からないと言えば、トロンの目的もさっぱり分かりません。
世界を吸い込む『アンゴルモア』のカードをスリーに渡したくせに「どうやら使ったようだね…」じゃネーヨ!ヽ(`Д´#)ノ キィィィィ
トロンはフェイカー爺に復讐したいだけじゃなく、この世界そのものを破壊しようとしているの??(´・ω・`)??
じゃぁラスボスはフェイカー爺じゃなく、トロンで良いの??
なんか一気にフェイカー爺の存在が薄くなりました。
やはりジイさんがラスボスじゃ女子人気が出ないから、トロンみたいなショタ系を持ってきたのでしょうか…。
私はオヤジ系が好きなので、今の展開は物足りないです。


スリーと遊馬がアストラルを呼び出すシーン、「えっ!もう出てくるの」と思ったのは私だけじゃないはず!
アストラルがいない遊馬の修行編がしばらく続くかと思っていたのですが…そうじゃないのね。
アストラルに頼りっぱなしのデュエルをレベルアップするには、良い機会だと思ったんだけれどね。
アストラルが戻ってきて、遊馬はハートピースを手に入れて、一件落着だけれど、遊馬のデュエルの腕は実際、上がったのかどうか…その辺がはっきりしていないのが残念です。


まさかの登場! 一馬さん
アストラルの復活を最初から知っていたかのように、その場に現れたのはちょっと怪しいのである!
一馬さんとアストラルの会話から感じられたのは、一馬さんはアストラルを怖がっていないということ。
皇の鍵を手に入れたエピソードではケガをして深刻な雰囲気だったので、この二人の関係は殺伐としているのではないかと想像していたのですが、杞憂に終わったみたいです。
この仲良しな雰囲気を見ていると、鍵の扉の門番は一馬さんかもしれない…と思ったりします。
でも父親なら息子から一番大切なモノを奪おうとしないよね…。


【絵とか脚本とかデュエルとか】

ゼアルマンが出ましたね。( ´艸`) 登場が大袈裟で、なんか笑ってしまいます。
シャイニング・ドローとか! 名前もスゴイです。
自分に都合の良いカードをドローできる能力は相変わらず破壊力満点でした。


命を削るデュエルをすることになってしまったスリーですが、本人は命を無くすことは仕方ないことだとあきらめているんですね。
私は家族が元に戻るところまで見届けなければ成仏できないんじゃないの?と、スリーに聞きたいです。
このデュエルでギリギリまで命を削ってしまったスリーは、まるで死んじゃったみたいなラストに描かれていましたが…生きてるんだよね?
良い子なので、こんな形で死んじゃったりするのは可哀想です。
しかし最後、遊馬に「ボクの家族を救ってくれないか?」と、丸投げするのもいかがなモノかと思いました。
少しずつ遊馬は色んな人に色んなことを託されて、背負うモノが増えてきたなと感じました。
そういう重荷って遊馬には一番似合わないのに、不思議ですね。


ホープレイでアトランタルを破壊しましたね。
切り札の「ZW−不死鳥弩弓(フェニックス・ボウ)」は名前がカッコイイです。
確か前回はペガサスだったし、このゼアルウェポンって宝玉獣を意識して作られているのかもしれません。


今回のキーカード『アンゴルモア』ですが、名前が名前だけに笑ってしまいました。
ついにノストラダムスまでカード素材になったのですね。
このカードを発動させると「バリアン界」への扉が開くとトロンが言っていたので、トロンってバリアン界の住人なのかもしれませんね。
バリアン人って人間とほとんど同じに見えるので、ひょっとしたら天城兄弟もバリアン人なのかもしれないです。
ハルトの能力も異次元人だと思えば納得できます。


一馬さんの前で、「全裸でよつんばい」というサービスをしてくれたアストラルさん!
破壊力満点でした!
そしてハダカでベッドに寝ているスリー。
肩しか見えないけど、薄くて華奢な形は、とても男とは思えないのです。
トロンに手をにぎってと、おねだりMAX!(゚∀゚)ノ


「次回予告」

    遊馬:WDC決勝大会! 激戦を闘い抜き、予選を勝ち残ったデュエリストたちが今夜、前夜祭で勢揃いだ!
    オレも小鳥たちを引き連れ、行って来るぜ!((((((っ・ω・)っ

    アストラル:いずれも最強のデュエリストたち! 気を抜くな!(`・ω・´)
    遊馬:あ? あー分かってる! …あいつは???


    遊馬:次回 遊戯王ゼアル 「波乱の前夜祭! 姿を現した悪魔の決闘者・トロン!」


    アストラル:私の事が見えているというのか?(゚Д゚)?


    遊馬の赤いタキシード!!! スゲー!(゚∀゚)ノ
    赤と言えばペガサスだけれど、中学生でこの色、形というのは良いセンスしてますね。
    春ばあさんの見立てかのぅ〜。
    まさか一馬さんのお古…だったりするのかな。
    逆に委員長は無難な茶系で、鉄男は…(´ω`*)
    オレンジの蝶ネクタイが鉄男のこだわりなのかもデス。
    そして女子たちは、キャットちゃんのチャイナが可愛いですね!
    でもブッちぎりで可愛いのは、徳ちゃんですね。
    白いタキシードがとっても似合ってます。


    委員長が誰かにサインをもらってましたね。
    一体、誰のサインなのでしょうね。
    堅物に見えて、意外と有名人に弱いところが好感持てます。
    そしてフォーは女子に囲まれ忙しそうです。
    案外モテるんですね〜。意外でした。


    次はトロンが姿を見せる見たいですが…いきなり「悪魔」とか呼ばれていて可哀想ですね。
    どうせなら仮面を取って登場して欲しいですね。


【今日のクロたれとノスたれ】

    消えたと思ったアストラル
    しかし遊馬の呼ぶ声に答え、みごとに復活したのだった!
    その様子を見ていたクロたれとノスたれ
    復活シーンの四つん這いがお馬さんのようで
    是非乗ってみたいと思うのだった!

    アストラルに「背中に乗りたいのだけれど…」とお願いすると
    あっさり快諾してくれたのだった!


    クロたれとノスたれ

    アストラルの背中に乗れて、ご満悦のクロたれ!
    ノスたれは悪魔メイクがすっかり気に入ってしまった。
    ついでにアストラルのお尻を触ってみようと、そっと手を伸ばすのであった…


作画監督=原 憲一
脚本=吉田 伸
絵コンテ=桑原 智
演出=武藤公春


2012年03月22日(木) エジプト人のお相撲さんと漫画5D's感想と遊戯王5D's再放送 第7話「カードにこめた想い! 水晶ドクロVS大牛鬼」


エジプト人のお相撲さんがいます。
アフリカ初の力士ってことでニュースにもなりました。
名前が最高です。

 大砂嵐(おおすなあらし) ←いかにもエジプトって感じですね!(゚∀゚)ノ

エジプト人で巨体っていうと、「ボバサ」を思い出します。
大砂嵐の写真を見ると、マゲを結ったリシド(色白)という印象で、一目でファンになりました。
まだ番付が低く、テレビ中継に写ったりしませんが、是非注目して欲しいです。
そして夢は横綱だそうです。
フェイスブックもやっているそうなので、アカウント持っている人は探してみてください。


「φブレイン」から目が離せません!
パズルアニメという枠を越えて、何かものすごい方向へ話が走っているので、すごく興味深いです。
物語の鍵を握る「オルペウスの腕輪」を最初に見たときは「おっ、千年パズルみたい」と思いました。
オルペウスというのは興味深い単語で、不老不死の秘密を追いかけていると、かならずこの言葉にたどり着きます。
ファイブレインがオルペウス教の秘密をどう料理してくれるのか、楽しみながら視聴しています。
ちなみに好きなキャラはギャモンです。(ノ∀`*)キャー♪


今月のVジャンプに「オシリスの天空竜」カードのプレゼントが発表されました。
今回は特製スリーブがつくので、是非とも手に入れたいと思っていますが、なんと1500名にしか当選しないそうです。
くじ運をアップさせるために…とりあえず菓子でも食おう!


ライン

■漫画5D's−「RIDE-32 零の攻防!!」感想!


レッドデーモンの鳴き声が「バオオオオッ」だったことに気が付きました。
意外に可愛い!!


仏の顔の鬼柳さんが、『オーガ・ドラグーン』を出した途端、死人顔になったのには驚きでした。
その変化をジャックがあまり動揺せずに受け止めてましたが、漫画の方でも鬼柳さんは「キャホー(゚∀゚)ノ」な人になっていたのが、ちょっぴり残念であります。
アニメと違うクールさで描き続けるのだとばかり思っていたのですが、決闘竜を持つ者には必ず「キャホー(゚∀゚)ノ」の呪いがかけられるんですね。
まぁジャックも冷静に見えて中身はかなり「キャホー(゚∀゚)ノ」なので、いずれは遊星も「キャホー(゚∀゚)ノ」になるのかと思うとそれも楽しみです。


鬼柳さんのハンドレスコンボ、面白かったです。
カードが上手く回らないと痛い目に遭いそうなデッキですね…私じゃ絶対に使いこなせない自信があります。
今回はデュエル中心だったので、話がちょっと単調でした。
そして鬼柳さんの表情も、無表情キャラとはいえ何か一工夫欲しいなと思いました。


ライン


遊戯王5D's再放送 第7話「カードにこめた想い! 水晶ドクロVS大牛鬼」

遊星のすべてがカッコイイ!!!!(ノ∀`*)キャー♪
私にとって、この「富岡遊星」は特別な存在です。
確かにこの頃は、「男ばかりの遊戯王、右を向いても左を向いても男だらけ」とさんざん言われていたけれど、ヒロインは矢薙のじいさんがいるし、むしろこれくらい殺伐としていた方が5D'sらしいなと思います。
牛尾さんに続き、氷室さんという肉体マッチョ派が遊星に惹かれていく過程も丁寧に描かれていて、遊星の持つ神秘的なカリスマ性がこの頃は上手に描写されているなと感じました。
その辺の変化を代弁してくれるのが矢薙のじいさんですが、遊星の強さに底知れなさを感じて「あんた…何者なんだい?」とつぶやいてしまうシーンは、その後の遊星の印象を決定する大切な言葉だなと思いました。
デュエル中は緊張していたじいさんですが、遊星が勝った途端抱きついて、チューしようとするシーンは、ほのぼのしていて楽しかったです。
もちろん私もあの場所にいたら絶対に飛びついていました!d(・ω・´)


氷室さんが遊星の強さに気づき、闘争心に火がついたシーンはエロかったですね。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
見ていて「あぁ〜遊星に惚れちゃったんだな」と声に出してしまうほどでした。
ジャックの捨てゼリフに傷つき、人生を転落させてしまうほど実はナイーブな心の持ち主である氷室さんなので、遊星みたいに寡黙だけど実は優しいタイプが絶対に好きだと思います。
この後、この3人は仲良しさんになるわけですが、氷室さんは「遊星はワシが育ててプロにする!」と、生きる夢を同時にもらっちゃって、きっと世界が一気に広がったんじゃないかと思いました。


ゴドウィン長官が語るイリアステルと地上絵の話はゾクゾクするほどミステリアスでした。
この時は赤き竜が星竜王の復活を望んで、遊星とジャックに王座争奪戦でもさせるんじゃないかと思っていましたが、そんな展開にならなかったのは今でも残念に思います。


2012年03月19日(月) 遊戯王ゼアル感想−第48話 「アストラル、死す…!?」


遊戯王ゼアル感想−第48話 「アストラル、死す…!?」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    一馬パパ : ここまで汚い手を使ってくるか…。今回はお前のチカラだけじゃどうにもならないみたいだ!

まさかの一馬パパ乱入でした! あぁ〜ビックリしたΣ(・ω・ノ)ノ
あの状態を「生きている」と言っていいのか分からないけど、とにかく消滅したわけじゃないみたいで安心しました。
歩いていた場所は皇の鍵の中だったので、一馬パパはずっと皇の鍵の中から遊馬のことを見ていたんですね。
スリーの追い込みが半端ないので遊馬に助け船を出した一馬パパですが、私は洗脳解除は遊馬自身でやって欲しかったなと思いました。
アストラルが全力振り絞って「思い出せビーム」出したのだから、こっちを優先して欲しかったです。
「アストラル、死す!?」というタイトルがついているのに、アストラルの見せ場がほとんど記憶に残っていないのは、一馬パパの介入と、なんかアストラルが簡単に消えちゃったからですね。


紋章のチカラでアストラルが消えるという現象もビックリでした。
「アストラルが消えるのはナンバーズとのデュエルに負けたとき」という約束は、逆にデュエルの勝敗以外には消えないという保証だと思っていたんですが…そうじゃなかったんですね。
スリーがアストラルを消してしまった時、鍵の門番との約束はどうなるのか気になりました。
アストラルが門の内側に帰ったのなら、遊馬の一番大事な物は失わずに済むのですよね?
もし「帰る」じゃなくて「消える」だと、アストラルも取られ、一番大切なモノも奪われるで、遊馬が一番大損こくことになってしまいますね…。
うーむ、これはちょっと可哀想です。


鉄男が遊馬のことを「仲間」と言った時は私も感動でした…・゚・(つ∀`)・゚・
太い腕が遊馬の手をつかんだ時はドキドキでした。
やっぱり遊馬の保護者は鉄男なんだなと実感しました。


アストラルがいなくなって、ボロボロと泣く遊馬が可愛かったです。
二人の絆の深さを感じられました!゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
アストラルが遊馬の涙を知ったら何を言うでしょうね。
是非聞いてみたいです。


【絵とか脚本とかデュエルとか】

今回もいくつか「先史遺産」が出ましたが、デザインが微妙だったのもチラホラいました。
たとえば「バッド・ゴーレム・遮光器」とか。(゚∀゚)ノ
胸の形が遮光レンズに似ているので分かりましたが、オリジナルの良さがまったく残ってないですね。
そしてラスボスの『先史遺産・アトランタル』ですが、アトランティスのイメージは火山なんですね。
私はアトランティスといえば「オリハルコン」とか、白くてズルズルしたドレスを着た人たち…という絵が浮かびます。
このアトランタルが「マシュマック」を腹に収めてしまうところは新鮮に感じました。
よく見ればどっちも岩石みたいで、もともと兄弟みたいに考えてデザインされていたのかもしれません。


遊馬がサレンダーを口にした時は、さすがに (´Д`) ウヘェ〜でした。
洗脳でサレンダーさせる事が出来るなら、デュエルなんてしなければ良いのにね…(〃゚∀゚)(゚∀゚〃)ネェー
デュエルすることにこだわっているスリーですが、もはや彼が何を目指しているのか、さっぱり分からなくなりました。
家族の仇という大義名分がどっかに消えて、単に遊馬をいたぶっているようにしか見えないのですから、前半のデュエルはかなりしょっぱく感じました。
後半の遊馬は覚醒し、アストラル師匠の言葉を思い出しながらデュエルしてましたが、いつの間にアストラルはあんな遺言を残していたんでしょうね。
劇中でちゃんとシーンを入れておいてくれたら良かったのにな…と思いました。

「次回予告」

    遊馬:スリーの新たなるナンバーズ『アトランタル』
    その強大なチカラが容赦なくオレを襲う!
    そして激闘の中、デュエルは思いもよらぬ方向へ!

    これってARじゃねぇ、現実だ!
    このままじゃ…
    くっ! あきらめてたまるかよ!!!
    アストラルが消えても、アイツはオレの心の中にいるぅぅぅ!


    遊馬:次回 遊戯王ゼアル 「激闘の果て! ホープレイvsアトランタル」


    遊馬:超〜かっとビングだ! オレ!!!


    次回でデュエルも終わりそうですが…絵だけ見ているとスリーが劣勢に見えまする…(´・ω・`)
    っていうか、あの顔のマーカーは何!?
    まさかチカラを使いすぎて顔にカビが!?゜゜(´□`。)°゜
    もしこのデュエル、スリーが負けたらどうなるんだろう…。
    記憶がなくなり遊馬への憎しみを忘れ、笑顔の似合うスリーになったりするのかな?
    それもなんだかな…って感じですが、遊馬ならアストラルを消したスリーでも許してしまいそうです。


    久しぶりにタイトルでネタバレ!!
    そーか、ホープレイ出すんだ…。
    ホープレイ以外のナンバーズを出して、アストラルとは違う遊馬独自の戦術を見せてくれるのかと、ちょっと期待していたんですが…なさそうですね。
    アストラルだったらこう闘うとか、アストラルを意識しすぎて、逆にデュエルがガチガチになってしまいそうですが…まぁ仕方ないですね。


    漫才は最初、気が付かなかったなぁ…。

    遊馬:あれ?メロンは??

    アストラル:いい加減に ヤメロん (´∀`σ)σ !


【今日のクロたれとノスたれ】

    大きなモンスターが大好きなクロたれとノスたれ!
    久しぶりに超超ド級の大型モンスターが登場して大興奮なのだ!
    さっそくマネをしてみようとおもったのだけれど
    細かいところがどうなっているのか良く分からないのであった!

    よーく観察してみると、肩には火山と森林がくっついている!!
    作るのは大変だけれど、どうにか似たような物が出来たのだった!
    さっそくクロたれはアトランタルのコスプレが出来て大満足!!

    クロたれとノスたれ

    ノスたれは、すぐに生贄素材になってしまった「ソルモノリス」が可哀想だったので
    こっそりコスプレしてみたが、ただ四角い箱に入っているだけなので
    ちょっと飽きてしまったのだった…

作画監督=佐藤圭太
脚本=吉田 伸
絵コンテ=須永 司
演出=中川 航


2012年03月15日(木) インカ展が始まった!と遊戯王5D's再放送 第6話「見てくれ!ワシの秘宝デッキ!」


上野の国立科学博物館で「インカ展」が始まりました。
5D'sはインカ文明からネタをもらているので、さっそく何か面白いモノがないか見に行ってきました。
遺跡関連の感想は本館の方に掲載しているので、読んでいただけると嬉しいです。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ

   遺跡馬鹿本館トップ

今回の展示会の目玉は「マチュピチュ」ですが、プレインカ時代の物もいくつかありました。
チムー文化の黒い壺とか…(これくらいしかなかったデス)
紅蓮の悪魔はあるかな…と探したのですがありませんでした…(´・ω・`) ショボーン
あとインカに征服されたチャチャポヤ文化のミイラは独特ですごく味がありました。
4体展示されているのですが、そのうちの一体に眼球が残ったままのミイラがありました。
ミイラと目を合わせたい人は行くしかないですね!d(・ω・´)

オミヤゲ売り場には「インカコーラ」も売ってました。
ボマーさんを訪問した遊星とジャックはきっとボマー家でインカコーラ飲んでいるはず!
「インカコーラ」に興味ある人は、買ってみてね!
それと博物館に併設されているレストランでペルー料理を味わうことが出来ます。
遊星とジャックが食べたであろうペルー料理も食べてみてください。
ただし一日限定30食なので、早く行かないと品切れになると思います。


スリーが使っていた『先史遺産(オーパーツ)』をまとめてみました。




色々ありますが、オーパーツ…というより、完全に創作された物も含まれています。
たとえば「カブレラの投石機」ですが、カブレラストーンのあるイカには、こんな機械を使って戦争する人たちはいませんでした。
彼らは帯のようなベルトに石を包み、それを振り回して遠心力をつけ、敵にぶつけていました。
住んでいる場所が砂地、土漠、坂道と大型武器を運搬するには条件が悪すぎるので、車輪さえも普及しなかったみたいです。
この中で私が認めるオーパーツは「ストーンボール」と「クリスタルスカル(本物に限る)」です。
特にコスタリカのストーンボールは「真球」つまり本当にまん丸で人間の背丈ほどある巨大な石をどうやって丸く削りだしたのか、今も謎だそうです。
あとパレンケの石棺ですが、アニメの絵じゃ何かすごいのか分からないですよね。
石棺の蓋にロケットを操縦するマヤ王の絵が彫られていると話題になったアレです。


ライン


遊戯王5D's再放送 第6話「見てくれ!ワシの秘宝デッキ!」

矢薙のじいさんをガン無視する遊星には大笑いでした。
何もそこまで無視しなくても…と思いますが、基本的に遊星って人嫌いなんでしょうね。
そんな子が最後にはモーメント開発のチーフとして人の上に立つなんて…時は人を変えるんですね・゚・(つ∀`)・゚・

遊星に無視されてもへこたれない矢薙のじいさんの明るさはヒロインでした。
この頃の5D'sは笑顔のキャラがいないので、矢薙にじいさんの存在は貴重です。
氷室さんに意地悪されて凹むところも可愛いですが、一番のラブリーポイントは着物から見えている細い足です。
あのハイソックスは胸キュンポイント高いです!
あ…ひょっとしてあのハイソックスって、サラリーマンのオヤジさんたちが穿いている「レーヨン製」のオヤジ靴下なのか!?
ってことは、矢薙のじいさんは元サラリーマンだった可能性もありますね。
若い頃は世界中を放浪し、帰国後は旅行会社にでも勤め真面目にサラリーマンをやっていたが、ゼロリバース後はサテライトに閉じこめられ、工場勤務に飽きた結果、シティへの不法侵入を繰り返すようになった…という人生が垣間見えました!ヾ(。・ω・。)ノ
年をとってもデュエル大好きっていうのが良いですね。


氷室さんって登場する「牛鬼」と体つきがそっくりで兄弟みたいですね!( ´艸`)
マッチョ好きにはたまりません。
遊星に足かけられて転がってましたが、アレは相当恥ずかしかったでしょうね。
ケンカ慣れしていると思うので受け身はばっちりだと思いますが、不意打ちくらったので、さすがに無抵抗で転がっちゃいました。
遊星も上手に転がしてましたね〜さすが元満足さん!
殺伐とした雰囲気の中、じいさんの敵を取るため氷室さんと闘う遊星はヒーローです!
この分かりやすい展開が好きです。


じいさんの秘宝デッキは「ダメデッキ」ということでしたが、あれを使いこなすには大変そうです。
遊星はどうやってあのダメデッキで勝とうというのか、こういうワクワクは久しぶりですね。


2012年03月12日(月) 遊戯王ゼアル感想−第47話 「遊馬が棄権!? 奪われた「かっとビング!」


遊戯王ゼアル感想−第47話 「遊馬が棄権!? 奪われた「かっとビング!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    スリー : この紋章にはキミを封印するチカラがあるんだよ! アストラル… 消 え ろ ぉぉぉ!!(^◇^)ノ

アストラルが捕獲されたり、封印されたり、縛られたりする日が来るとはねぇ。
これじゃ生きている人間と変わらなくなっちゃった。
すべてのチカラは紋章に秘められているみたいだけど、そもそもこの紋章って何??
なんでこんなモノでアストラルを封印できるの?(´・ω・`)?
ゼアルの面白さは、アストラルという異質なモノがこの世界に突然あらわれて、遊馬と共存するっていう非ぃ現実的な設定にあるのに、紋章を使う魔法使いたちがゾロゾロ出てきたら、その非ぃ現実が当たり前の世界になってしまい、せっかく築いた面白さがダウンしてしまうんだけどね…。
そのうち紋章のチカラでモンスターが実体化したりするのかな…。
それはかなり嫌かもデス。


遊馬がかっとビングを失って、なんだか元気のない子になってしまいました。
スリーは遊馬とデュエルしたいんじゃないの?
なんでデュエル中にこんな精神操作してくるの??
今日で一気にスリーを見損ないました!ヽ(`Д´)ノぷんぷん!
どんな事情があろうとも、変な術で遊馬のデュエルをジャマするのはダメすぎると思います。
頭の良いスリーなら、自分のしている愚かさに気がついてくれると思うんだけど、彼も彼で家族のことで頭の中が一杯になっていて、正常な判断が出来なくなっているみたいです。
このデュエル…たとえ遊馬が逆転して勝ったとしても、嫌な後味が残りそうで、なんだかな…(´Д`) です。


モルスリーの「先史遺産デッキ」が今日も炸裂しました。
とりあえずメモしてみましたが、だいたい中南米の遺産が多いですね。
カブレラの投石機っていうのはオリジナルですね。
ペルーでは、石を投げる時は布(帯)を使って投げますデス。
    先史遺産・シティ・バビロン(イラク)
    先史遺産・トゥーラ・ガーディアン(メキシコ)
    先史遺産・ゴール・デンシャトル(コロンビア)
    先史遺産・超兵器マシュ=マック(ペルー)
    パレンケの石棺(メキシコ)
    先史遺産・アステカ・マスク・ゴーレム(メキシコ)
    先史遺産・カブレラの投石機(ペルー)
    コスタリカのストーンボール(コスタリカ)


写真はメキシコ・トゥーラ遺跡で買った戦士の像です。
まさかお見せする日が来るとは!゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
「先史遺産・トゥーラ・ガーディアン」はこの像がモデルになっているんですが、アニメじゃロボットみたいになってました。
実際の戦士像は石が素材で、トゥーラ人はふんどし愛用なので、後ろにまわるとモッチリとした尻を鑑賞することが出来ます。
アストラルを縛り付けた塔はドーマ編でも登場した、イラクのミナレット「マルウィヤ・ミナレット」でしたが、まさかまた登場するとは…。
スタッフもよほどこの塔がお気に入りなんですね。


遊馬の応援に駆けつけたナンバーズ・クラブたち!
鉄男のカッコイイ姿に惚れ惚れでした。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
徳ちゃんもしっかりなじんでいるし、キャッシーもセリフ多めで明るかったし、ちょっとだけの参加でもこうやってナンバーズ・クラブが出てくれるのは嬉しいです。
たぶんこれが予選の最終戦になるので、とりあえず集合させたってことでしょうね。


【絵とか脚本とかデュエルとか】

アストラルがとっても美人でした。
紋章のチカラを得ても、スリーにはボンヤリとした姿しか認識出来ないのが残念です。
今回は塔に縛り付けられたり、電撃で絶叫したりと、ヒロインポジションで頑張ってくれましたが、次回はなんだか嫌な展開がまっているみたいで、すごく心配です。


デュエルは…途中まで面白かったのにねぇ。
紋章を発動するタイミングでスリーがセイントセイヤになってしまったのは…どうして?(´・ω・`)?
意味があるのか? あの格好に…


暗黒面に落ちた遊馬…ぶっちゃけ、あまり面白くないけど、「ボク」と自分を呼ぶシーンは新鮮でした。
もし一馬パパンが遊馬を少し突き放して育てていたら、遊馬はこんな子になっていたのでしょうか…。
私は遊馬からかっとビングを奪ったとしても、遊馬は明るくて前向きなままだと思うんだけど、スタッフの解釈はちょっと違うみたいです。
「次回予告」

    アストラル:紋章のチカラによりかっとビングを失った遊馬
    その瞳から闘志は消え、あきらめず、チャレンジする気持ちもなくなった
    そしてこの私も…

    遊馬:くぅわわわわわわわわわヽ(`Д´)ノ

    アストラル:思い出すんだ!遊馬ぁぁぁ!ヾ(・ω・o)

    遊馬:ボクは…デュエルをサレンダーする…(´;ω;`)
    アストラル:これが私の最後の力だ!


    遊馬:次回 遊戯王ゼアル 「アストラル 死す!?」


    アストラル:遊馬…あきらめるな!


    おおおぉ、アストラルが死ぬ?
    実体がないのに死ぬって???
    何がなにやら…ヽ(;´Д`)ノ
    遊馬の「ボク、サレンダー」にもビックリ!
    こんなインチキで勝利して、スリーは満足出来るんだろうか…。
    勝つためには手段は選ばないってことなんだろうけど、これじゃデュエルを有利にするため妹を事故らせてシャークを動揺させたフォーと同じ手口だね…。
    スリーは良い子だと思ったのに、外道への道を進んでいて、ちょっと残念です。


【今日のクロたれとノスたれ】

    スリーの罠にはまり、捕まってしまったアストラル!
    これは一大事と思い、救出に乗り出したクロたれとノスたれ。
    さっそく現地へと向かったのだ!

    アストラルが捕まっているのはイラクにあるミナレット(塔)
    こんなに高い建物にどうやって近づくか、ちょっと悩んでしまうのだった!
    ここはアラブの砂漠地帯!
    砂漠と言えば、魔法の絨毯!!

    ということで、さっそく魔法の絨毯でアストラルを助けに行くのだった!

    クロたれとノスたれ

    魔法の絨毯に乗るのは初めてのクロたれとノスたれ。
    思っていたより安定が悪いので、絨毯の上に立つこともできない
    そんなわけで、いつまでも空中を旋回するだけで、アストラルを助けられない2匹であった…


作画監督=Kim-Hye-jeong
脚本=吉田 伸
絵コンテ=ノーチェ・ヤギ
演出=茉田哲明


2012年03月08日(木) ヒッタイトの鉄の矢じりと平丸先生パンダまみれと遊戯王5D's感想 第5話「激突するエースドラゴン!スタダVSレモン」


今回のゼアルで、スリーがヒッタイトの鉄の矢じりを遊馬の部屋で見つけていましたが、私の認識としては、それはすごく貴重なモノで、トルコの国宝にしてもおかしくないと感想で書いたのですが…海外のオークションでヒッタイトの鉄の斧に400ドル(日本円で4万円)の値がついているのを発見しました!(つω`*) アチャー!
意外と安かったんですね〜。
鉄の矢じりについての情報も探したのですが、ヒッタイトの文物が多く収蔵されているアナトリア博物館(アンカラ)の資料図鑑には載っていませんでした。
まぁ当時は隕鉄から鉄を調達してきたので鉄という素材は特別貴重だったわけです。
その鉄を矢じりにして、使い捨ての狩りの道具にするかというと、とっても疑問なわけで、やはりヒッタイトの鉄の矢じりって作られたかどうかは疑問です。


北欧の国スウェーデンでは遊戯王が人気だと朝の番組で紹介していました。
確かに自分も現地でそれを感じましたが、こうやって日本の番組でそのことを紹介されるのは嬉しいです。
北欧って冬が長いので、皆で遊べるゲームが好きなのかなって思いました。
そういえば北欧の遊戯王ファンは、5D'sのチーム・ラグナロクに関してはどんな感想を持っているんでしょうね。
特にオーディンは短パンだったし…゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


「バクマン。」の平丸先生がパンダ好きでした!
画面にパンダ棚が出た瞬間、しばらくは吸い込んだ息を吐けませんでした。
平丸先生が集めているパンダはクッタリ系で、どの子もたれぱんだに似ていて、すごく可愛かったです。
あの部屋に訪問して平丸先生とパンダ萌え語りしたいです。
可愛いパンダが出るアニメといえば、鋼の錬金術師の「シャオメイ」ですが、この子も可愛かったです。
平丸パンダのぬいぐるみの発売を期待したいです!

ライン


遊戯王5D's再放送 第5話「激突するエースドラゴン!スターダストVSレッド・デーモンズ」


2匹が向き合って、ガンの飛ばしあいは迫力ありました。
そういえば最初は兄弟のドラゴンなのかなと思っていたんですが、何の関係もない2匹でしたね。


ついにあらわれた赤き竜!(あおぉぉぉ〜ん)
登場するだけでモーメントは暴走するし、停電起こすしで、意外とやっかいなヤツでした。
このタイミングで遊星の腕に痣が現れましたが、これってジャックとの闘い方を赤き竜が観ていて、「よし、お前合格」ということで遊星にも痣を与えたってことなんでしょうね。
アキみたいに痣に苦しむ場合もあったり、遊星みたいにいきなり浮かんだりと、当初から痣の出現方法がしっかり決まっていなかったんだなと思いました。


2012年03月05日(月) 遊戯王ゼアル感想−第46話 「家族のために…優しき復讐者・掘!」


遊戯王ゼアル感想−第46話 「家族のために…優しき復讐者・掘!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【今日のお言葉】  

    遊馬 : どうしても通るってんなら、シャーク…オレとデュエルだ!(`・ω・´) ノ

遊馬にここまで言わせたのに、自分からデュエル放棄って…何を考えているのやら(´Д`) シャークさん…
こんなに無意味なデュエルは今までなかったよね…。
何を言いたかったのか、何をしたかったのか、さっぱり分からない前半でした。
遊馬が「○×※※▼だろ!!」と絶叫するたびにシャークさんがドキっと動揺するのもなんだかな…でした。
動揺するシーンは確かに可愛いので、もっと見たいと思いますが、しかし遊馬の言葉にこれほど反応するシャークさんというのも、なんというかヘタレの極みとでも言いたくなります。
お腹の音でデュエルする気がしなくなったという時点で、シャークさんの憎しみってこの程度と思われそうなのも怖いな…と感じました。
遊馬の「デュエルだ!」も初心の頃ならともかく、今はもうちょっと自制してデュエルの前に話し合いを持ち出しても良いんじゃないかなと思いました。


スリーはやっぱりただの優しい子でしたね…(´・ω・`) ちょっとツマランです。
実は腹黒いところがある、天使の顔した悪魔系のキャラかな〜と期待していたのですが残念でした。
見た目通り、中身も乙女っぽく、遊馬たちの前で泣き出すところは、「ええええぇ(´Д`) 」でした。
こんな性格のよい子がどうして憎しみを抱えるようになってしまったのか知りたいですが、きっと写真に写っていたお父さんに関係があるんでしょうね。


最後のホームズ・アストラルにはビックリでした。
似合ってましたね〜♪ コスプレ大好きな私としては、ヾ(´∀`*)ノ キャポーでした。


数字兄弟の小さい頃が出ましたが、フォーの美少年っぷりにドッキドキでした!( ´艸`) ククク
やっぱりお金持ちのご子息たちだったんですね。
あのデカイソファーにはビックリです。
V兄さんは昔からロン毛なんですね〜。
そしてトロンがいない…(゚Д゚)ノ
トロンって兄弟ではなかったんですね…じゃぁ何者?


【絵とか脚本とかデュエルとか】

前回の予告でシャークさんが荒れているって言われていたので、どうなってるんだろうとワクワクしていたんですが、確かに荒れてましたね。
これもナンバーズのカケラが胸に刺さっていたのが原因なんでしょうか…。
大勢のデュエリストをタコ殴りにしていたところはカッコ良かったです。
遊馬に負けたり、カイトみたいな超人が出ていると、シャークさんのデュエリストレベルってそれほど高くないのかな…なんて思っていたんですが、今日の件で、やっぱり相当な腕前なんだと分かりました。
しかし毎回思うのですが、デュエルはバーチャルなはずなのに屍累々状態とは、どういうことなんでしょうね。


『ゴゴゴ・ジャイアント』の攻撃力は上なのに、あえてシャークさんのモンスターに攻撃をしなかった遊馬…。
アストラルも驚いていましたが、私もビックリでした。
わざと自分が負けることで、相手のうっぷんを晴らさせる…てことなんでしょうが、これってどうなんでしょうね。
遊馬のデュエルはいつから人助けデュエルになったんでしょうか。
かっとビングで勝ちにこだわっていた頃の遊馬が消えてしまったみたいで、ちょっと寂しいです…(つД`)


遊馬の屋根裏部屋で興奮気味に遺物をチェックするスリーに自分と同じモノを感じました。゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ
ちょっと良く聞き取れなかったのですが、

  アステカ遺跡から出土した仮面←木製に見えるけど、たぶん素焼きの土偶
  2000年前の磨製石器←たいして古くないので、それほど貴重じゃない(2万年とか20万年の間違いじゃないかな…)
  ヒッタイトで作られた鉄の鏃(やじり)←もし素材が隕鉄なら価値がありすぎて、九十九家にあるのはマズイと思う。
                          トルコの国宝になってもおかしくない。
  インカの首飾り:パチャママかパチャパパの人形でもくっついているんだと思う。
    <スリー>
      オーパーツってこの世界と異次元とが繋がっている証拠なんだよ!
      この世界にはたくさんの次元が重なってて、そこからやって来たのがオーパーツかもしれないんだ
      ボクの父さんはずっと研究していたんだ!

    スリーの父親って三沢っち!?

スリーは人外だと思っている私は九十九家のおにぎりをスリーは食べるのか、それとも食べないのか、注視していました。
手には取ったけど食べませんでしたね…。
それと涙が出るってことは、やっぱり普通の人間なのかな…(´・ω・`)
「次回予告」

    遊馬:デュエルカーニバル予選! スリーと最後の闘いが始まった!
    アストラル:油断するな!彼は以前の彼とは違う!(`・ω・´)
    遊馬:デュエルで闘ったら友だちに! そいつの全部が分かる!!
    アストラル:邪悪なチカラに飲まれるな!ヽ(`Д´#)ノ
    遊馬:何やってるんだ、オレ…どうしてこんなデュエルを…(´・ω・`)


    遊馬:次回 遊戯王ゼアル 「遊馬が棄権!? 奪われた「かっとビング!」


    アストラル:遊馬…まさかキミは…Σ(゚д゚lll)


    遊馬のヌルイ考え方はアストラルにしたら理解できないでしょうね。
    闘う相手を「友だち」と呼んだり、相手の事情に気を使ったり…。
    アストラルも遊馬の変化についていけないだろうな…と思います。


    表題の「棄権」が気になりますね。
    それにかっとビングが奪われるってどういうこと!?(´・ω・`)?
    奪うことができるものだったんですね…かっとビングって。
    遊馬の大切なモノをスリーがどうやって奪うのか、気になります。



【今日のクロたれとノスたれ】

    九十九家のお昼にお邪魔したスリー!
    でも緊張していたせいか、何も食べないで帰ってしまったのだ!
    それを見ていたクロたれとノスたれ。
    ご飯を食べないとデュエルにもチカラが入らないと考え、
    さっそく手作りのデュエル飯をスリーに差し入れするのだった!

    クロたれとノスたれ

    お腹が空いていたスリーは大喜びだったけど
    可愛いパンダのおにぎりを食べるのは、ちょっと気が引けてしまうスリーであった…


作画監督=横田明美
脚本=山下憲一
絵コンテ=高林久弥
演出=青柳宏宜


2012年03月01日(木) どうやらハズレたらしい…(つД`)と漫画ゼアル感想と遊戯王5D's再放送 第4話「運命の対決! 立ちはだかるスターダスト・ドラゴン」


続々とネット上に『ホルアクティ当選しましたぁ!ヾ(´∀`*)ノ 』の書き込みがあるのですが…

どうして私の所には届かないのぉぉぉぉ?。・゚・(つд`)・゚・。

先日、スーパーの福引きで140円の食パンが当たったんだけど、それで最後の運を使い果たしてしまった…だと!?
遊戯王関連は何を出しても当たらないという今日この頃。
とっても寂しいです…(´;ω;`) うぉぉぉぉ〜ん


3月の大阪場所が近づいてきました。
今回の注目は大関把瑠都の綱取りでしょうね。

   把瑠都は天城兄弟とすごく名前が似ています。

      名前=把瑠都 凱斗(バルト  カイト)

もし「バ」が「ハ」だったら、「ハルト カイト」になりますね〜( ´艸`) まぁ〜それだけなんですけどね。


ダンボール戦機Wはついにアミ参戦ですね。
洗脳されている方が悪女っぽくて良いです。
冷たい微笑みに悩殺されました。
アミでこれほどなら、カズはどんだけ魔性になっているのか期待出来ますねぇ〜( ´艸`) ホホホ
それにしても飛行艇『ダックシャトル』に風呂の設備まであることに笑ってしまいました。
まるで温泉ホテルがまるごとシャトルになったみたいです。
空中で入る風呂はどんな感じなんでしょうね〜(´ω`*)

ライン


■漫画ゼアル−「ランク15 2人の絆!!」感想!

サンダー・スパークやキャプテン・コーンは人間じゃないのに人間らしい情感を持っていて、こういうモノを作れるドクター・フェイカーは、実はものすごく善人なんじゃないかと思ってしまうほど、今回のラストはとってもジーンと来ました。(´;ω;`)
遊馬は電撃で丸焼けになっていましたが、彼の最後の望みを聞いてあげる優しさが嬉しかったです。


帆船から大ジャンプの小鳥とキャッシーちゃん…勇気ありますね。
高所恐怖症だし、水の中怖い病の私にとって、二人の行動はお尻の穴がすぼむほどビビリました。
恋のパワーはスゴイですね(・∀・)ノ


今回の見所はコーン号に乗るホープさんですね。
木造帆船に無機質のロボットが乗っているという構図はインパクトありました。
サンダースパークドラゴンは素材5体を使って遊馬をねじ伏せようとしましたが、そううまくは行かなかったですね。
今回はライディング・デュエルでしたが、建物の中を疾走していることを忘れてしまうほどの装飾でしたね。
遊園地のデュエルは、こういう効果も使えるので派手さがあったように思いました。


ライン


遊戯王5D's再放送 第4話「運命の対決! 立ちはだかるスターダスト・ドラゴン」

阿久津さんの「ま〜わ〜る〜ん〜ですぅぅぅぅ」(((((゚∀゚)ノ))))は、何度聞いても印象的です。
面白いキャラが出てきたな〜と当時は思いました。
いわゆる白衣+メガネのコンボで、遊戯王にもついに攻めキャラ登場かと思ったんですが、あまり活躍することなく小さくしぼんでしまったのは残念でした。
でも彼が夜中にゴドウィン長官を呼びつけることが出来るだけの地位…つまりはこの社会がモーメント開発に期待しているってことを印象づける仕事を阿久津さんはうまく演じていたと思います。


ついに走り出した、二人のDホイール!!
ジャックがあまりにウキウキなので、観ているこちらが赤面しました!
2年ぶりのラブデートだものね…嬉しい気持ちも分かります。
しかし、それをこっそり監視されているとはジャックも気がつかなかったみたいですね。
映像だけでなく声まで収録されていたとは…恐るべしデュエルスタジアムの設備です!


ジャックのデュエルはキングらしい堂々としたデュエルで、やることがいちいちカッコ良いです。
遊星にシャベリすぎと言われていたけど、遊星と再会出来てご機嫌なのですよ! だから許してあげてね♪
といって私も隣であれだけしゃべられるとうっとおしいって思うだろうな〜。
イェーガーさん曰く、あれがジャックの武器って言ってたけど、確かに武器になると思います。


ジャックのモンスターでやはり存在感があるのは『ダーク・リゾネーター』ですね。
その後、いろんな兄弟が登場したけど、つねにジャックの傍らで見守り続けていたのはこの子だよなぁ〜と思いました。


狭霧さんのホッペをムニっとつかんだ長官…。
当時はこの描写にビックリしました。
考えてみれば長官ってすごく紳士だけど、女性に対して優しくするシーンとかなかったし、そう考えるとやっぱどこか偏った性格の人なんだなと思いました。
まぁそこが好きなんですけど!゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


遺跡馬鹿 |HomePage

My追加