世界お遍路 千夜一夜旅日記

2016年03月31日(木) 雨の屋久島 最終日

のんびりと朝ご飯を食べて、バス1日2000円券を購入。
傘を持って、まずはウミガメの田舎浜へ。
今はウミガメシーズンではないし、ホントはその向こうに例の口之永良部島が見えるらしいのだが、見えず。
浜をぶらぶら歩いて、バスの戻りで私はバス終点の滝と尾之間温泉に。と思っていたが、ヒサコさんはガジュマル園と温泉、という。
じゃ、きょうは別行動だ。
私は、ガジュマルなんて沖縄でいやんなるほどみているし。
で、彼女の使うバスの時間を書き出して、ガジュマル園バス停でさようなら。
雨はひどくなるし、バスの外に焼酎の蔵元見学の上りが。
「あそこ、予約なしでも見学できるんですか」
「ああできるよ、4時くらいまでだと思う」
「よし、決めた、予定変更。尾之間温泉に入ったら、あそこだ、滝はやめた」
運転手さんは笑って、ああそれがいいなあ・・ほれ、バスの外を見てみ、海に直接落ちるフレーキの滝。
尾之間温泉のバス停で下ろしてもらって温泉へ。
この温泉、原始的というか、チョー熱いというか。
入るとまず階段を下る。半地下のような所に小さな湯船が切ってあって、横や下から温泉がわき出している。いわゆる自然自噴泉。
熱いわ、熱い。
地元の人たちは足しか入れていない。
聞くと、こっち側がだいたい何とか入れると、と男湯にお湯が環流しているとこを教えてもらい入ってみた。
うーん、ぬるぬるとしていかにも濃いお湯。かすかに硫黄臭もしているし。
まあいいとこ5分足らずで熱くて熱くて。
地元の人たちは、足を入れてときどき入って、熱くなると水をかぶってまた入る、野繰り返すらしい。
立ったと出て14時半のバスで焼酎の倉見学へ。
バスにはだれも乗客はおらず、バスの運転手さんの身の上話を聞く。
バスの運転手はホントはお客と話してはいけないのだ、といいつつ。
私「大丈夫、私はローカルのバスでは絶対にしゃべるし、運転手さん話しかけて来るよ、一人だと」
沖縄でも、熊野でも、小豆島でも、奈良でも、四国でも・・・バス運転手は話しかけてきます。

「水の森」という焼酎をホテルに着いた夜に飲んだのだが、その蔵元。
屋久島の芋と水を使い昔ながらの手作りで作っている。
鹿児島本社らしいが、ここは要するに「伝承手作り」がコンセプトなのだろう。
杜氏さんが女性、説明してくれたのは男性だったが、自分らは「倉子」というと話してくれた。
仕込みの時期はもっと香りが充満しているらしい。
その後、試飲。
度数が一番高いものを飲んだときはもう、体がカーとした。

ホテルに帰る前に土産を買い、一日完了。
明日は帰る・・はやいわ。
足は痛いですよ。
時に靱帯が半分切れている右膝がおかしい感じがする。

夕方、ヒサコさんも帰ってきた。
ガジュマル園は雨で大変だったとか。
尾之間温泉は、地元の200円のほうではなくて、JRホテルの1500円なりにいって豪華に堪能してきたらしい。
彼女は愛媛の人らしく温泉と柑橘類にはうるさい。
温泉は褒めていた。ぬるぬるしていて肌がきれいになるって。
私もそう思った。
それと効くわ。
だって、バスに乗っていたら、汗がどっと噴き出してすごかった、たった5分なのに。
屋久島にはこのほかにも干潮の時だけ入れる温泉とか野性的なものが色々とある。




2016年03月30日(水) トロッコ道を歩いて、荒川登山口へ

朝5時起床。
深い眠りは持てなかった。
すべては、地面から来る冷気のせいだ。
背中が寒いのはこんなにつらいものなのか・・・と実感。
飛高さんが雑炊の朝ご飯を作ってくれて、それを食べて6時には発。
足痛いわ、膝もいたいし 体も重たい。最後まで歩けるか、それが心配だ。
何より大株歩道の登り口までが最難関。
木道階段の急なところは高所恐怖の私には気合いを入れないと歩けない。
もう一度、縄文杉に挨拶して出る。
やっぱり陽気だ・・しかし みなぎるような力は感じない。穏やかで陽気。
気が遠くなるほど、ほかの生き物たちの盛衰を見てきた木だ。
さようなら・・
あなたもいずれ最後がくるね。
もしかして、それを待っている??
いや、そんな域、とうに脱して うとうとしているのかな。

ゆっくりでいいですよ、という飛高さんの言葉通りにとにかく踏み外したり滑り落ちたりしないように集中して緊張して歩く。
ウイルソン株通過。
10時すぎに、大株歩道クリア。
途中で、日帰りで縄文杉をめざす人たちが次々ときて、よけるのが大変だったが、若者は飛ぶように上がっていく。若いってすごいわ。
若いときに来るべきだった、としみじみ。

大株歩道に下で休んでいたら、お隣にいた女性に声をかけられた。
「イケメンのガイドさんといっしょでいいですね」
「イケメンなのは心もですよ、彼のリードがなければ行けませんでしたよ」
「私は息子に荷物持たせて上から縦走してきました」
身が軽そうな女性そばでのほほんと笑ってでっかいガイドのような荷物を背負っている若い男性。
聞けば、上越市からだという。オオ、こんなところで新潟県人に会うか。
しばらく話してさようなら。あの健脚ぶりだと、白谷を超えて帰るのだろう。
飛高さんは「あの軽装で縦走(宮之浦岳)と思っていたんですが、息子さんといっしょか。あの息子さん、足袋のようなおもしろい足ごしらえでしたよ」と。
おもしろいところを見ているんだあ・・・
私はお坊さん修行の人ではないかと。
真言宗のお寺の跡取り息子で、大峰とか、そういうを修行しているとか。
だって、おだやかな天然ぼけ系の顔していて、ちっともデカイ荷物の疲れとか見えなかったし。

行きに昼ご飯を食べたところでまたお昼。
今度は鹿児島ラーメンとコーンやトマトのサラダ。
おいしゅうございました。
淡々とトロッコ道を歩く。
そしてあと1時間くらいというところで雨。
帰り道で屋久猿にもあったし、屋久鹿もみたし、最後に屋久島名物の雨。
すべての屋久島体験をさせていただいたわ。
ありがとう神様。でした。
傘を差して14時半には荒川登山口、シャトルバス乗り場に到着。
わああ・・帰ってこれたわ。
夜行バス、出発前夜、昨夜と寝不足3連発。
途中で歩けなくなったり具合が悪くなったどうする?と内心 心配しつつの帰り道。
ここまで来られたのは、山や木々が力をくれたおかげだと思う。
ヒサコさんも同じことを言っていたな・・・

バスを待っていたら韓国の女の人が二人、これから山へ入ると。
誰か、韓国語話せないか?これからだったら、ガイドもいないのなら登山届けくらいは出させないと。
なんてことを、バスの運転手や管理事務所の人が話している。
みんな知らん顔。
しかたないので、私「あの、登山届けだしてくらいは、英語で話せますが」
「そうか、そうか してくれ」
ちょうどトイレから出てきた女性2人。
私「すみません、どこからきたのですか」
ピンクのど派手な女性「香港から」
私「香港。そうですか、あなたは登山届けを出してから出発しなければならない」
ピンクサン「わかった、どこで書くの」
私「この方 香港からですって、書くそうですからお願いします」
事務所のおじさん「香港か、イングリッシュオーケー」
はあ・・・ずいぶんと韓国といったときと態度がちがう、顔はニコニコ。
多分、韓国人相手で何かいやなことがあったんだろうな。
で、登山届け用紙を彼女たちが書くところに行くときに年を聞いてみたら、40歳くらいだそうな。
まあ、40歳より上かな。
若く見えるが・・・まあそれなら、大株歩道の下くらいまでは行けるだろうさ。最悪、あそこは屋根がある建物とトイレはあるし、まあ大丈夫だろう。
屋久島は世界遺産だけあって、外国人が目立つ。

山岳太郎さんでお借りしたものを返して、送ってもらって無事にホテルに。
飛高さんともう一人の女性ガイドの人に「ホントにおかげさまでした、ありがとうございました。冥土の土産ができましたわ」
と深々と頭を下げてお礼を言いました。

ホテルご飯で祝杯。
ヒサコさん、ふだんはのまない人だがタンカン酒をグラスで、
「ごっつい思い出ができたわ」
私はビールの中ジョッキを2杯。
爆睡。









2016年03月29日(火) 白谷雲水峡から縄文杉まで

4時20分起床。ホテルのフロントで昨日頼んでおいた朝ご飯と昼ご飯の弁当を受け取って、待っていると5時10分、1泊2日の旅をガイドしてくれる飛高さん登場。
細身の若者、声がなんか、どこかで聞いたことがあるような・・・(後々に判明、お隣の蒼太くんパパの声質と同じ 笑)
真っ暗な中を車に乗り出発。
別ツアーの女性を拾います、と。
これも後々わかったことだが、同じコースなのだが別ツアーといってもその人たちが女子大生で若いので我らと同じではペースがちがいすぎるということなんだな、と。彼女たちには、女性ガイド(しかし荷物はすごい)、がついている。飛高さん曰く「あの中には一升ビンが2本くらい入っているんですよ、お酒が好きですから」とりあえず前になり後ろになり歩いているときに質問したら「きょうは入っていませんよ、仲間と遊びに山入りするときだけですよう」だって。ホントらしい。
さて、白谷雲水峡の入り口、白谷広場着。
寒い。
外は寒いし、車で朝食とりますか。と飛高さん。
だれも返事しないので、私が「はい」
で食べてトイレに行く家に空が白んできて、確かに予報通りに今日は晴れのようだ。
天空には、まだ月が残っているが、雨雲は見えない。
昨日乗ったタクシーの運転手さん曰く「きょう雨やったから、白谷の苔がきれいだ、お天気もいいし、ラッキーだねえ」
まあ、そうなりそう。
もしかしてヘッドランプので歩くのか、と思ったがそうでなくてやれやれ。
私たち3人の前に、赤いコートの女性が軽装で登山届けを出して、一人でとっとと山に入っていったがあっという間に見えなくなった。
ゆっくり歩く。
渓谷の上、橋や道はきれい。
川には大きな石がごろごろ。そこを滑るように澄み切った水が流れる。
「このあたりは団体バスの方々も来るんで、道は整備されているんですよ」
やがて、「さて、ここで整備道とお別れです、登りますよ」と飛高さん。
その道はかつての生活道であったというが、石や根っこがそれなりにあって確かに山道。
それでも、気持ちよくもののけの森入り口の白谷小屋まで歩く。
トレイもあるので小休止。
本当にきれい。
苔がつく岩、木、垂れ下がる枝やツルにまで苔がついて緑色がしたたるような。それと、よく観察すると苔の一つ一つはキリツしているというかすっくり立って生きているのだわ。
苔の森の向こうにデイダラボッチが歩いていそう・・そして木霊サンたちが出てきて、クキクキと首をかしげそう・・・

さて このあたりからで大きな杉が出てくる。
しかし、1000年に満たないモノは「小杉」であるらしい。屋久島では。
大きな杉が枯れて、そこにまた別の杉が生えてというデカイ木があったが、2代杉というらしい。もっと上には、3代杉もあるとか。
屋久島の森はやり放題、好き放題ですね・・・
私が思わず感想を漏らすと飛高さんは笑って
「そうかもしれませんね。」

道は更に上りとなり、辻峠着
荷物を置いて太鼓岩へ。
一枚岩が谷に向かってつきだしているところで、もののけ姫でサンたちが乗っている岩のモデル、下に岩屋がある設定なのだが「岩屋は、ここにはありませんが別の場所にはあります、だからそことここを合体させてあのシーンは作った感じですかね」と飛高さん。
彼はもののけ姫にはくわしい。
太鼓岩は、高所恐怖症の私には厳しい感じだったが、しかし無事にのってへっぴり腰で眺めを楽しんだ。
もしかすると、この岩からの眺めが山桜でピンク色に染まるかもと、時期的に期待していたのだが「このところ寒いので桜は遅れています」とのこと。
残念。
しかし、宮之浦岳や天柱石などは向かいの山筋によく見えた。

さて今度は下りだ。
せっかく登った太鼓岩1050メートルだが、また700メートルくらいまで下る。楠川別れ、かの有名なトロッコ道との出会い地点だ。
下る道筋の苔がきれいだ。
さて11時少し前合流。
少しいったトロッコ道筋のバイオトイレがあるところで、お昼ご飯と休憩。
飛高さんがあったかい味噌汁を作ってくださり、うまし。
あたたかいモノを入れるとホントにほっとする。

また延々と歩いて、いよいよ大株歩道。
途中で3代杉なる大杉を見た。
大株歩道は、トロッコ道終点。
立派なトイレや休憩場所がある。
ここで、行動食を食べていよいよだ。
トイレに行く途中に道を見たら、かなり幅の広い木道階段の道。それも急。ぎゃ!入り口からこれか!!
トイレから戻って飛高さんに「入り口からあれ、ですか、いやだな、あれをまた返ってくるんでしょ、上りは何とかなっても帰りは怖いわ、高所恐怖系の人間としては」
「見ちゃいましたか、でもあれは3分、3分ですから、ゆっくりで大丈夫ですよ」

1時出発。
怖かったす。
靴を本格的登山靴、ヒマラヤに行ったときに買った皮の固くてしっかりしたモノを履いて歩いていたのだが、それが重たいのと疲れが来ているのもあってもうかなりよれよれ。
何しろ、石、木道、木の根っこ、何でもありの急坂。
途中木の根っこにつまずいて1回見事に転倒。周囲の人に助けてもらいました。
何とかウイルソン株到着。
ここは、でっかい木の切り株で、小学生が100人は入れるとか言うやつ。それと木の切り株の空洞を見上げるとハート型に見えるので有名なところだ。
切り株のかな、確かに広い。
水が流れている。
そしてハート型に見えるところは場所があって飛高さんに教えていただいて、なるほど。
さてここからが帰りたいほど大変な道となりますが・・まだ知らぬが仏の私。
ホントに、見上げるほどの木道はしごがいくつも続くのだ。ヒサコさんに飛高さんの後ろを歩いてついて行ってもらって、高いところの苦手な私は、ゆっくるゆっくりと。更に疲れ切っている感じ、元々体重が増えてから上りが苦手になったのだが・・・
飛高さん曰く「このあたりが縄文杉への核心部分、いちばんハードなところです、何とか超えましょう」
はい・・・の声は何とか出るが、体がついて行かぬ。
飛高さんが小休止をたくさんいれてくれながら、だましだましで歩き続けて・・何とか核心部分突破。
しかしねえ・・・私的には核心部分は縄文杉、高塚小屋まで続きましただ。
周辺の木は、見違えるような大木、更に下界では細っこいヒメシャラが大木。
すごい森だと改めて、しかしホントに帰りたくなった道でもあるわ・・多分飛高さんの道案内がなければ挫折して戻っていたと思われる、はい。
登ったり降りたり沢をいくつ越えたか・・とにかく「あと少しいったら水場だし休みましょう」「10分で広いところに出て行きますから休みましょう」この飛高さんの人参言葉で歩けたようなもんだわ。
途中、大王杉(縄文杉が見つかるまでいちばん大きいとされていた)夫婦杉通過。この夫婦杉あたりからやっと世界遺産エリアなんだと知って驚いた。
とにかく人参言葉に誘われて縄文杉着。
5時少し前。
飛高さんは4時頃にはといっていたのだが・・はい、私のせいで大幅に遅れましたが、とにかくつきました。
オオ、これか。
でかっい陽気な縄文杉サン。
そんな印象。
杉は、陰木と思っていたのだが、この木に関してはちがった。
明るい木。陽の木があふれている。
人気があるわけだ。
やっぱりもう木としては神域に入っているのかな。
出会えたな・・・イヤーーーしんどかったわ。

しかし道はあと10分(私として箱の道が1時間にも感じられたが)高塚小屋着。
つきました、今夜の宿泊地。
飛高さんが張ってくれたテントに寝る用意をして、その中で着替えて、その間にこれまた飛高さんがご飯を作ってくれて、トビウオの鍋、その後キムチ鍋。をこにマロニーを入れてチュルチュル。
あと、キュウリの漬け物。
ヒサコさんが弁当の入れ物を出して山の所においていたら何と屋久鹿が至近距離まで。
どうやら、弁当の残り香でやってきたらしい。
白谷でも1頭見掛けたのだが、こんなに近くではなかった。
徐々に山は暗くなる。
凄いトイレなんだが、寝る前に一応行くが・・まあ星がすごいこと。
でかい。
たくさん。
思わず、木道で見とれていると、やはり暗闇の中で
見とれている女性が。
オリオン座ですね、声をかけると「ビューテフル」と。
あらま、日本の方ではなかったようだ。
聞くと香港から。
彼女のパートナーもいつの間にか来たので「屋久島は有名ではないのになぜ来たのか、たいていの中国の方は北海道に行くけど」
「北海道はもう何度も言った。美しかった」
「何度、日本に来ているのか」
「お答えは、何回も何回も、日本は大好き、であった。
そうですか・・なんかうれしい。どうか良い旅をといって、暗闇の中で別れた。
テントのそばに帰って、酒盛りをしている飛高さんと女性ガイドの方にそのことを話すと「なんか、香港で屋久島のテレビ番組があったようで今年は香港の人が多い」とか。

足は痛いし、夜は寒くてなかなか眠れず。またまた深い眠りなしで朝が来そうな夜更けの思い。ヒサコさんも眠れぬらしく動いている・・・








2016年03月28日(月) 屋久島着

伊丹を10時25分発、直行便。
伊丹からしか直行便はない。
なぜなら、ジェット機が着陸できるほど屋久島空港が広くないから。
で、プロペラ機。
多分100人乗りくらいの機内は満席である。
いかにもアウトドアといういでたちの人、フツーの観光という感じの人、見た感じは見事に分かれる。
私の前の席はカップルなんだが、何とビールを持って乗り込んできて、女性はツメをすごく盛っていて更にだぬいぐるみを抱えて・・若くないですよ、明らかに。
思わず私の心の内??はあ??あほやわ・・屋久島にはなんだかミスマッチ。

12時着。ほぼ時間通り。
着陸間際に空から見えた屋久島の森は、もののけ姫のデイダラボッチが歩き回るもこもこした照葉樹林の森だった。
来たな・・という感じ。
手荷物は手渡しにやや驚いたが、外国の小さい空港にもこういう所はあったわ・・遠い目の私。
外は雨が降ったあとで、お日さまが差し始めていて、むううとした湿っぽい空気だ。
バスを待ちつつ、目の前に迫る山を見上げる。ホント海というより山の島だわ。
バスで向かうのは、明日からの山雪でお世話になるガイドオフィスの「山岳太郎」さんだ。
でっかい荷物を置かせてもらって、ランチの場所などを書いた近隣の地図をもらってまた発。
メールや電話で何度かやりとりしたミヤギさんという女性、もう一人ガイドするかたなのか?やはり女性一人。
どちらも30代だと思うが、若々しくてミヤギさんは愛想がよろしい。もう一人の方は埼玉出身でお母さんが佐渡だとかで世界遺産お話をしたりして。
ちなみにネイチャーガイドの人は外からの移住者が多い。ミヤギさんも確か福岡だったはず。
「かもがわ」というところでトビウオがまるっと1ぴき唐揚げされているものすごいボリウムの定食を食べて安房港界隈を散歩。
静かで、あまり人通りはない。
泊如竹という江戸期の島の偉人で島を守るといって港近くの廟に安置されている方の社を参拝して、あっちこっちぼたぼた歩くが・・暑い。
というかまあ寒い新潟からきた身にはあつくてだるくなる。
まあ、夜行バスの寝不足もあるし、昼寝したいわ。
4時、松山から今回の同行者であるヒサコさんが来て、山岳太郎さんで合流。
必要な道具を借りたり支払いしたりして宿へ。
ちなみにガイド費用は2名で74000円(1名37000円)
その他でシャトルバス代などやレンタル品の費用があって、4万円で少しおつりが来た感じ。
夜宿で、ヒサコさんが言う。
「私の友だちがいうには、ガイド代が高いんじゃないのか」
もう少し安いところもあったし、もっと高いところもあったが、まあまあこんな感じであるのだが・・・
それで、私は高いとは思わない。
だって、ある意味命を預けるわけだし。
不測の事態の時、ガイドさんがいれば心強いぞ、と思うし。
もちろん、ガイドなしでも行く人もいるが、私は無理だと思ったから頼んだんだけど。お金の価値観は人それぞれだけどね・・・
心の声(ここで、こういうことを言うのか、この人は・・とややあきれた。結構長いつきあいだが、しかし離れているので知らない面もあったのだろうとは思うが。頼む時点で言えばいいのにさ、とはいわなかったけど、けっこうむかついた。後出しじゃんけんみたいだし)
*全部持ってくれるのかと思ったら、使う食器は持たされるし、明日の朝と昼のご飯、自分で持つんでしょ。
心の声(山へ入るって、そういうモノは本来、自分でもつんだよね。お金払うと、ガイドは召使いのように何でも持ってくれると思っているのかい、この人は。)

私は気持ちばかりの新潟土産を持っていたのだが、それについても
*高いお金を払うんだから、そんなものは要らないと思って私は持ってこなかった。
(私)別にそれはあなたの自由だし、私は勝手に持って来ただけです。まあ私は外国でもこういう風にプライベート的なガイドさんを頼むときは持って行くよ。それと、私は終わったあとに気持ちばかり包むつもりだけど?
*私はしない。とにかく高い料金はらっていてそれに全部はいっていると思う、あなただけしてください。
(私)はい はい 了解。外国では気持ちばかりすることが当たり前なんでね。これで暮らす人もいるくらいだし。

この人を旅に誘うのはもうのやめようかと思うくらいにこういう言葉にがっくりした。友だちの言葉にかこつけて、高いといっているんだとは伝わってきた。やっぱり一人で来れば良かったか・・・と後悔。積極的に行きたいというから、ジャと私がさまざまに手配したんだが。私は1名だと45000円なのだが、それを払って一人でも良かったのだが。
ちなみに、私はけっこうあちこちに手土産を持って行く人だ。
長岡の「ジョンギ」という風習もあるし、何よりそのささやかな品で喜んだりおいしがってくださったり、おもしろがってくださるのがうれしいというか、一種のいい感じのコミュニケーションだと思うからだ。

まあ、そんなこんなでけっこういやな気分で明日に備えて就寝。
しかし、暑くて(というか新潟と温度がちがいすぎ)深く寝られない。
あっという間に起床時刻の4時半になってしまった。
大丈夫か、私。







2016年03月27日(日) デカザック背負って

65リットルのデカイザック。
今夜は晴れているし、駅までタクシー呼ばずに背負って歩きまする。
さて、あと1時間ほどで出る。
ネコの世話、植木の世話。
今週末まで日記の更新ありません。



2016年03月26日(土) 今年度完了

先ほど、昨日卒業式のあとに2次会にいってかえってこないので、振り替えをという6年を指導して終わった。
新塾生さん、10名。
今までになく多い。
去年は、4月に45名ほどいたし(延べですが)、まだまだ10名は少ないが。それでもここまで回復したというのが驚き。
もへじの新学期はたいてい⒋,5名だから。
神様っておられるんじゃないかな・・・見ていてくださっているんじゃないかな。
そんな気がする。
感謝せねば。
(いつもしています、だけど改めて)

日が延びた。
5時半なのに、外が明るい。
さてこれから母を寺宝温泉に連れていきます。
それで、旅の準備を本格的にせねば。
縄文杉に向かう日、今のところ天気予報は晴れだ。
モンダイは、クマが冬眠から覚めて登山するようなモノの私・・・足が動くか・・心配。



2016年03月25日(金) 舛添都知事リコールデモ

あるブログを見に行ったら、桝添のリコールデモが明日3月26日午後にあるとか。
場所は新宿。
私が都民だったら行くわ。

少し前にネットニュースで、えらい額の出張費を使ってヨーロッパの視察にいったというのを知っていて、なんだ、それ!思っていたのだが。
内訳はこんな感じらしい。
舛添都知事の出張費5000万円
内訳
ファーストクラス約266万円で航空費だけで1500万円
舛添はスイートルーム1泊19万8千円
随行20人全員・・一流ホテルで5泊922万円
車のレンタル費が約623万円
現地ガイド費が約532万円

豪遊もいいとこだ。
事業家で自分で稼いだ金なら自由にどうぞ。
しかし、これ、税金です。
怒!です、都民なら。

次に、例の新宿区の高校跡地を韓国の学校の設立に貸し出すこと。
そもそも就任早々韓国外遊.
変なことやると思っていたのだが。
都知事になったのなら、都内の視察でしょ、まずは。
しかし韓国に行って第2韓国学校増設を自分で決めてきたのだね。
韓国に貸し出すと舛添独断で決めた、という。
新宿区は保育園を作りたいと話していたとか、なのに・・・
しかし、保育園増やせと自民政権を非難するマスコミ・民主党は抗議・問題視しない。(なぜかは書きません、少し考えればだれにもわかることなので)

貸し出すことが悪いのではなくて、どうして貴重な都心の土地を独断で「他国(桝添には母国ですが)」貸し出しを決める??
論議すべきだし、周辺の聞き取りもすべきだし。
段取りを踏んでいない。
傲慢、独裁者。
元妻の片山さつきに暴力振るったDV男の面目躍如!

桝添リコールデモは、前にもあったとかで4万人も集めているらしい。
しかし、マスゴミは報道しない。
偏向もいいとこだ。

ホント都民なら、私 行きます。
ちなみに
舛添都知事リコールデモin新宿
3月26日(土) 15時30分〜の予定 
【集合場所】新宿区 柏木公園
〒160-0023 東京都新宿区、西新宿7丁目14
主催は、日本人差別をなくせ、実行委員会、というところらしい。
たしかにな・・・・日本人差別あります。「在日特権」はよく言われるところです。

しかし、このモンダイ、人ごとではないのだよね。
新潟市長も中国(領事館建設用地)に新潟市の一等地を譲渡しようとしていた。
確か、議会などで非難・抗議されて取りやめになったはずだが。
新潟市の市長、人相悪いんです。暗い印象なんです、とにかく目つきが悪い。
人を見かけで決めるな、といわれそうですが、見かけと感じる雰囲気は大事です。
新潟という絶好の地に中国の足場を作る危険性をもっと考えるべきなんですがねえ。マジに中国は日本を「領土」にしたいと思っていると思いますよ。21世紀中華思想で動いていますから、自分らは21世紀のドラゴン(皇帝)であると。アメリカの後ろ盾のない国に中国がしていることを見ればよくわかります。
私はチベットの民のように絶対になりたくない。

・・・・・・・・・・・・・・
寒い、寒い。山の雪が増えた。
夕べですね。
イッサが珍しく、私のベッドカバーの間に入ってきてチヨとひっついていた。寒いんだと思う。

.



2016年03月24日(木) 白いコート

奥滋賀に例年のスキー静養(の静養)にいった、M 子妃、白いコートだ。
あの年で白コート??顔色の悪さや汚さのみが目立つのが中年以上の白コート。私も白コートは着たことありますよ。20代の頃。
30代初めで白コートはNGだと思うがねえ。
それと、アイ子さんとおそろで白コート。
さっき動画見たけど、NGどころか二人で動いていると不気味でした。
コータイシは相変わらずワンボックスカーの後ろに押し込められて荷物化しているし。
例のごとく、こいつらの時代、日本終わるの感を強く持ちました。

屋久島のホテル予約確認1週間前メールが来る。
気分はまだまだ、ただ歩けるか?の自信のなさのみ。
本日も寒し。雪マークがでている。



2016年03月23日(水) ヨーロッパのテロについてちょこっと考えてみる

難民たちは、なぜ同じイスラムに行かずにヨーロッパをめざすのか。
まずは、ヨーロッパの国々の植民地政策に遠因はないか。
もう100年以上前から、ヨーロッパにはアフリカからもアジアからも南米からも人が渡ってきていた。それは植民地政策のたまもの(?皮肉です、はい)
で、彼らは、何をしたか。
ヨーロッパの人たちにとっての3Kの仕事。
第2次大戦後、植民地は独立していったが、人々はとどまり、つながり合っていた。
更に、ヨーロッパの人口減少や高齢化による労働力不足を補うためトルコやモロッコなどからたくさんの出稼ぎの人を受け入れた。
更につながりができる・・・ヨーロッパをめざす人たちは、こういう先住者と薄いあるいは濃いつながりできている人が多いと思う。
出稼ぎやヨーロッパの移民たちは、ヨーロッパ旧社会になじめず自分たちの社会を作った。ここが今や貧困や犯罪の巣のようなものになり、テロリストの潜伏をたやすくしている。
きっついこといえば、ヨーロッパは、自分たちのやったことの落とし前を今つけている、という感じがする。
今回のテロは、フランステロの犯人の一人を逮捕したことに対する報復という。しかしこんなに時をおかずに報復ができる体制がというか連絡網があることに愕然とする。

日本も移民、移民といっている人たちが政治家にも超党派でいる。
やめた方がいい。
今だって、在日の人たちはたくさんいるし、いつの間にか滞在中国人も多い。
群馬の一部なんて、イスラム化しているというし。
もう十分ではないか、この狭い日本に。

本日寒し。
お昼にやや辛子のきいた野菜の煮物にとろみをつけて食べたらおいしかった。




2016年03月22日(火) ベルギーでまた

またテロだ。
北朝鮮はやたら、日本海に向けてミサイルうちこんでいるし。
コータイシ家族は3人して、静養の静養に行くし、毎度おなじみ奥滋賀のホテル。多分、年度末のお金使い切り作戦でキックバックがあるんだろうなホテルから。チウゴク系のホテルというし。
今度のアイ子さん、多分本物。薄ぼんやりした雰囲気、体のぼってり感、頬の「たこ焼き」ができる感じなど。まあ、鑑賞のように座って相づちとか打たなくていいし、本物でいいんでしょう。
何とも不穏なで不愉快な昨今、春なのに。

ところで何でベルギーなの、と思ったのだが、考えてみればEUの本部があるんだったね、ブリュッセル。
ベルギー、私的にはグルメの国。
初めてのヨーロッパで本格的にうまいステーキ食べたのはブルージュのレストラン。グリーンペッパーソースがけ。
美味、今でも覚えている。
ブリュッセルの町中の広場近くのレストランで食べた魚料理もうまかったわ。
アントワープに三枝子とまだおさなかった子どもたちとブリューゲルの「狂女フリート」を見にいったこともあった。
フェローアイランズであった1日いっしょに遊んでいたベルギーのトムくん、鳩料理の話とビールにやたらこだわりがあったわ。
まあ、いっしょにパフィンという鳩みたいな鳥料理食べたせいもあるけど。
それがこんなに怖い国になるなんて・・・
数十人の方がなくなられたようだ。
冥福、祈る。

それにしてもだから、トランプ氏のような人が大統領候補となって、快(怪)進撃をするんだね・・・



2016年03月21日(月) 午後まり、不評だわ

ちょこっと、検索したら、私のように午後まりは聞けない、うるさい、軽薄、民放と同じ・・などなど、不評が山ほど出てきた。やっぱりなあ・・・私だけの感想ではなかったのだ。
2chまで、悪口書かれていた。
3年続いたのが逆にすごい、成長しない同じスタンスでさ。
しかし、芝原紅さんや柿沼さんには戻らないようだな・・残念。
紅さんは、土曜の地球広場で落ち着いた安心して聞ける声聞いているから、それでよしとするか。
日曜だったかの唄の日曜散歩の松本さんも安心して聞けるわ。
4月から、穏やかで流して横耳たてても聴ける放送を、と願うわ。

小豆島高校、まけましたあ。
残念。
もう少し早く1点取って、最後のあの点が同点得点になるとよかったんだけね・・・釜石ががんばりました。
12月に、選抜にでるんや、とうれしそうに話してくれたタクシーの運転手さんの顔を思い出して、家事しつつラジオ聞いていましたわ。
てなわけで、私にとってはラジオは生活の一部に食い込んでいるので、4月の午後時間帯、ホントに気になるのです。

夕べは、屋久島の予習で「もののけ姫」を本当に久しぶりに見ました。
御伽やさんでピザ焼いてもらって、原信で醸造家の夢とか、一番搾り小麦の香りとか、スーパードライのなんか、金色のやつ、と3本のビール購入。
やっぱりジブリは、昔がワクドキでおもしろかったな・・・と。
御伽やさんピザうまいわと。
醸造家の夢はイマイチ・・これ確かサントリーだけど狙い目はキリンのグランドキリン系でした。
一番搾りの小麦の香り、これはいけました、リピート有り。
スーパードライの何とか・・これは、スーパードライは私にとって最もまずいビールであったのだが、これは許せます。
何でスーパードライ嫌いかって?
だって、切れが良すぎて、ビールのくせして、醸造アルコールか?といいたいくらいに香りも味もない。
私のいちばん好きなビールは香りが立つの。
忘れられないのは、リトアニアの琥珀の村(名前忘れた)のレストランで昼間にサンドイッチ食べながら飲んだ地ビール。小麦の香りがものすごくたって、おかわりすること3杯。
あれがまた飲みたい。
昨夜はビール、理由は母を連れての温泉で1時間ぬる湯、心底暖まり ビールを身体が欲したわけです。
さて、高校野球に戻らねば。



2016年03月20日(日) がんばれ小豆島高校・・

高校野球が始まった。
小豆島ラブの私としては、しっかり小豆島高校を応援したい。
しかし・・相手は釜石。
こちらも応援したいわ。
ムズカシイ モンダイだ。

今日は寒いが、それでも春の選抜高校野球、春です。
さてチラシ配布、満願に行ってきます。

ところできょうも8時15分起床。
夕べは、22時15分に寝たんですが。
ただ夜中というか5時まえに、チヨがギャアギャアいいながら、廊下を行ったり来たりしているので、一度目を覚ましている。一種の2度寝。
チヨ、便秘気味だと夜中に騒ぐ。
チヨが大騒ぎすると、イッサも起き出していって、いっしょに廊下疾走をする。本日もそうであったわ・・・イッサ、参戦のときは「ンにゃ」と返事しているのだ。というわけで今朝方は猫祭り。。
まあ猫祭りが始まったということは、こちらも要するに春が来ているということだ。

////////////////////////
さっき知った。
4月から、私の嫌いなNHK午後のマリアージュがなくなるらしい。
うれしい。
山田マリアの軽薄な笑い、ゲストに知性がついていっていない軽くてお馬鹿な相づち、ゲストによってため口だったり、やたら軽薄に丁寧だったりする口調の変化の小ずるさ・・・。マジに大嫌いだった。
で、午後になるとため息ついて、NHK第2の語学系を聞いていた。
ラジオ2台設置、一台はだから午後用で。
できれば、山田マリアの前にやっていた柿沼さんと芝原紅さん(どちらも局アナのはず)にリターンしてほしいわ。
落ち着いて聞けたし、知性・教養も感じられたし。
なんか、山田マリアの時に日替わりででていた人たちがやっぱり日替わりででるらしいが、うるさくないように、楽々して聴けるような番組にしてほしいわ。うるさい放送だったら、民放にいくらでもある。
でもま、午後からの語学放送を聞くのが減るってことだし、私の「教養」に悪影響かも(笑)

午前中のすっぴんの藤井彩子アナの声は、はじめ剣があってこわそう、と思っていたのだが、なれた。
それなりにおもしろいし、アナとしてのプロ意識が感じられて、映画を見たり本読んだりして準備する精進(当然だけど)も感じられて。
山田マリアにこれは感じられなかった、だから私は見限ったわけだけど。
冠を背負うということは、緊張と精進と謙虚、という感じがなかったよな。
せっかくの幸運を彼女、つぶしたような・・モデルとかではやれるお年でなし、いい評判とれば別の道も開けたろうに。
まあ、3年?で終わったということは、私のように不愉快を感じていた人が多かったということかな。





2016年03月19日(土) 本日も8時起床

マジに目が覚めない。
目覚ましをかけないせいもあるが・・要するに、体は8時まで(7時間睡眠)を今はほしがっているということだわ。
ま、いいでしょ。
数年前まで6時おきでチラシ配布をしていたのだが。
これを加齢というのでしょう。

当地の新聞のけっこう目立つところに「天皇皇后両陛下、被災地訪問」の写真。コーゴーさん、またテンノーさんの腕をひっつかんでいるわ。
見苦しい。杖をついたらいいのに。ていうか、1人の時はすたすた歩いているよね・・・どうなっておられるのだ?
それと、こういう形式ばかりの訪問、もういいんでないか。
あのお二人に、真の慰問の心はないし。
常総市の水害時にお出まし、東京大空襲慰霊の日にお出まし。
更にだ、被災地訪問DVDが1500円で売っているのだそうな。
DVDその2作成のための訪問?かも。
いらっとするのだわ、私。
偽善者だわ、ね。
とさ。

お天気が良くないが行きました、20部配り。
明日も行きます、それで100部満願。



2016年03月18日(金) 白梅、紅梅

今朝は、何と8時半まで寝込んでいたわ。
意外と疲れがたまっているみたいです。
イッサが、いい加減に起きろということか、鳴いて、脇に座って「ごはん、ちょーだいニャン」の顔。
で、それからいつもの朝の色々、掃除、洗濯・・でもってめがねがない、読書用をかけて車の運転できぬ。
ロスタイム40分、とんでもないところにありましたわ、とほほ。
先日は、なんだかイッサがすねて姿をくらましたので、探して30分。
全く無駄なことをしてます、自己嫌悪。

11時過ぎに家をでて、ガソリンスタンドで給油、ビラ配り20部。
コメリでPCプリントインクとトイレの切れた電球かって、JAに車の保険のことで更新後の免許を見せてというのでいって。
悠久山で蒼柴神社参拝。その後、まだ雪がかなり残っている悠久山公園内をうろうろ。みっけ、白梅と紅梅が咲いているの。
私が、昨年の6月に実をいただいた梅の木だ。
懐かしくて挨拶した。
かすかな梅の香り。ああなんかうれしいわ。
駐車場で、姫路ナンバーの車みっけ。
これも懐かしいわ、姫路ナンバーなんて珍しいのよ。

さて成田山もお参りして、毎月の仕事・・お稲荷さんの榊やお水取りかえのお世話をして市役所へ。
弟の障害者手帳の更新が終了したので取りに。
福祉カフェによったら本日の営業終わり。
役所内にあるセブンイレブンの福祉作業所コーナーで作業所で作った椿油オイルとぽんせんべいを買って。
(役所にいったら福祉カフェか、ここで福祉系の何か購入してお金使うことにしている、少しでも、気持ちだけでもお役に立ちたいので)
ついでに、同じく役所内にあるモスで野菜バーガーを購入。
帰宅後、これを食べてぽんせんべい食べて、コーヒー飲んで、一口こがねみかんを食べて。
お昼寝1時間。
イッサが足下で寝ていて、あたたかくて気持ちよかったわ。
⒋時半、6時から振り替えで来る子の準備。7時完了。

いまなにしているかって?
ご飯食べて、ネットで色々読みあさって・・・
ところでさ、何でマスコミは清原を追っかけするの?
そっとしておたらいいのに。
ニュース動画で、病院の窓を隠し撮りしているの見たけど、何でここまでするのか?マスゴミだわ。

こうして1日が終わりました。
12時前に寝よう。




2016年03月17日(木) すてきなお天気の彼岸入り

あたたかいし、お日さまがきらきらだし。
こういう日、大好き!!
朝から、五目稲荷を作成。
実家に持っていって、お供えして、お経一巻よんできましたわ。
ちょうど姪が来ていたので手を合わせなよと。
まぶたの裏に、父と弟は出てきたが・・・去年の盆から祖母が出てこないのだわ。
祖母、どっかに生まれ変わったのかな。

その後、イッサとチヨのことを屋久島行きの間 頼むので従姉の所へ。やっぱロイなりさんを持って、その他いろいろ持って。
お仏壇で伯父にお経一巻。
その後たみちゃんにも彼岸の入りだからね、とやっぱりお寿司を届けて。
で、帰りがけに例年おなじみの塾ビラ配り20部。
きのうもしたし、あと60部する予定。
初心忘るべからず、で100部は毎年している。
20部、あと3日。

こんなことをしていたら、あっという間に3時過ぎ。4時に入塾希望者来訪。
今年はこの方で8人目だ。
今までなかったわこの数・・・驚いている。
どう考えても、神様が見ておいでになって応援してくださっているような・・・という妄想をしている。

テンノーコウゴーさん、被災地訪問。
あっと驚く写真を見た。
コウゴーさん、テンノーさんを付き従えて歩いているの。
女道鏡・・妄想じゃないかも、おどろおどろしいわ。
ネックレスの真珠、半分白、半分黒。
黒っぽいカラス天狗の衣装、山伏ときんのお帽子、そして極めつけはあのネックレス。おぼけになられているんじゃないのかねえ・・・・
皇室、腐れこぼれ落ちて朽ちるのを待つだけ・・・・だわ。
そうなりはてて初めて、戦後が終わるのだろう。
70年前になくなるはずの天皇制というかシステムが残って、今、うちから壊れて、ぽろぽろ崩れていく様を見ている国民である。




2016年03月15日(火) いつもの火曜日

いつもの火曜業務。
20時半より、4月から通いたいという高校生の面談。
小論文の指導。となりそう。
ホントに、今年は、入りたい,の出足が速いわ・・・
いいですが・・・私としては月末に全く留守にするし。

さて、コータイシさん、またしても3人で美術鑑賞「公務」。
写真チェック。
またカゲコちゃん・・・
ぱっと見でどこがちがうって、漂わせている空気が全くちがう。
次に、本物さんは、小さな頃からほっぺが「たこ焼き」とつまめる感じで厚みがある。
これは変わらない・・しかし、カゲコさん、頬薄い。「たこ焼き」がないのだ。
本物さん、どうしたんだろうか・・生きているのかな?
本当に心配だわ、マジに。
それにしても、コータイシフーフ、鬼畜だわ。
無間地獄に落ちるなあ・・・

寒い寒い。月がきれいだ。
明日はあたたかいようだが。



2016年03月14日(月) 確定申告完了

本日提出、それで税金も払ったし。
1つ完了。
やれやれ。
塾が始まりそうな時間に、姪が息子を連れてホワイトディの?(まだ見てない)を持ってきてくれた。
大きくなって玄関で大声で「ごめんください!」だって。
姪が弁護士の所に離婚の相談に行っているときに、あの子を背負って子守しつつ塾の支度をしていたのがほんのこの前と思っていたのだが・・。
光陰矢のごとし。
本日県立高校発表。
1人落選。
ほんのこの前志望変更した。ランクが上の所に。私は内申書があまり良くないし、冒険ですよね・・といって暗にいいのか?と声かけしたのだが・・学校で「彼より良くない子が過去に入っている」といわれたから、と。
私は内心、内申書をあなどると痛い目にあうけど(何しろ、内申がいいってことは初めからテストの20%から30%とっているってこと)・・・と思ったのだが、まあ親子で入れるはず、と楽観的だったので、それ以上はいわなかった。それで、いつものご祈願に行ったが(感触は?だった・・・)やっぱりか。
でもま、かなりむずかしい私立にすでに合格しているし、いいかな、と思う。3年後にリベンジしてね、と話して電話を切ったが。
私の胸の内はイマイチ重たい。
:::::::::::::::
それにつけても、広島は府中町の中学生、かわいそうだった・・・
担任は卒業式欠席だったらしいが。
出てきて、謝罪(といっても、彼がよみがえるわけではないが)すべきだろう。
それで、某ブログで読んだのだが。
彼は自衛官のおうちの子?らしい。
で、左翼(多分日教組)の先生に、いじめられていたんじゃないかと。
本当だとすれば、マジに許せないことだ。
親は関係ないでしょ、何でホントに万引きした子が推薦取れて、間違えられた子が取れなくて絶望して自殺、となるのか。
不条理だわ。

とても寒い。
三寒四温の実感。




2016年03月13日(日) 今年は例年になく

例年、我が塾の今頃の入塾者は数人。
それがたまりたまって(おやめにならないので)けっこうな人数になったのだが、今年はまるで「在庫一掃」(すみません、塾生さん)のように半減近い数になる予定。
それが、1月末から問い合わせがあったり(しかし一番最初の方は、猫アレルギーで断られたが)昨日は面談が3人。
で今のところ確定なのは、5人。あと数人は増える感じ。
だいたい3人くらい4月に入る感じで終わりなんだけどなあ。
例外だったのは、猫イッサが我が家に来たとき。
9月20日だったのに、何と1週間に5人も入塾された。
このうちに2人はいまだ在籍中。
(イッサは食い扶持の人数確保、引き寄せの法則発動、あるいは弟の名前を拝借したし、やれやれと思って助けてくれたのか?)
今年、このままで行くと例年になく多いです。
神様、多分、見ておいでるんだろうな。
「あいつ、このまま半減状態だと、猫の餌グレード落とすとかいっているし、ちょこっと、粉播くかな・・」なんて。(神様、ごめんなさい、不敬な物言いで)
30人に満たない数で4月スタートと思っていたのだが、もしかすると意外と30人超えるかも。
まあでも、初心に返るいい機会ではある。
何しろ、最初は3人だったしね。

日差しは強いが、ホントに寒い。
知人から文旦をいただいた。
この方、実は一度もお会いしたことがない。
私が書いた本をよんでださってお手紙をいただいて、ときどきお土産のやりとりや文通してきた方。
今頃、毎年、文旦をくださる。
確かお遍路で泊まった宿の方が文旦農家さんもしておいでになったんでそれ以来とか。
ちょうど、同じ宅急便で奈半利から、コメリで注文した「一口こがねみかん」という珍しい品種のみかんを頼んでおいたのが来た。
高知・奈半利はお遍路さんはだれでも通る町。
お懐かしいだろうし、お菓子といっしょに少々お送りすることにした。
先日は、やっぱり高知の「四万十はるか」という全く酸味のない突然変異柑橘を食べたけど、次はこれ、高知っておもしろいところだ。



2016年03月12日(土) 10日、11日と・・・

10日は、東京大空襲の慰霊の日。昨日は、東日本大震災の慰霊の日。
日本って・・・と思ってしまう。
10日の大空襲の慰霊の日に、テンノーさん・コウゴーさん(もう漢字で書きたくない)は、ダ・ビンチ展にお出ましだったとか。
常総市の水害のお出ましもそうだけど、もう全く・・・ダ・ビンチ展は、5月までやっているとか、何で別の日にできなかったのか。
慰霊祭は、真子さまが出席・・孫に丸投げ、自分らはお遊びですか。あれは「公務」ではない。
東京が空襲で丸焼けになって、10万以上の人たちが死んだのは、元を正せば自分の一族の長たる昭和天皇がまかれた種でしょう。
おとなしくして、慎むのが筋でないのかな。
そういう判断もできなくなってしまったのか、日本の老シンボル。
そして、昨日の慰霊式典のコウゴーさんの手、あれは黙祷じゃないよ。
黙祷は手を両側に下げて、頭を垂れて心に祈りを持つのです!
誰か教えてやらんかい。
ホント、動画見て、腹立ったわ。
それと、コウゴーさんは祈りのお顔つきではなくて、不平不満の塊みたいなお顔だった。あれは何だ?国連使って、天皇男子のみを女性差別、女帝をと思っていたのにそれがダメになったのでふてておられるのかね。
これは全くの妄想だが、もしかして、女道鏡をめざしておられる?(笑)
それとも、「慈愛」という言葉を自分に貼り付けてマスコミに流し続けた自己設定を忘れたのかな。

春近し、日差しが強い。
でも寒。昨日は、天から風花が降りてきていた。








2016年03月11日(金) 14時46分に・・・・

今朝は朝のお祈りで、亡くなられた方々に般若心経を1巻。心を込めて。
そして14時46分、祈りましょう。
2561人、いまだ行方不明。
この数字をみて思ったのだが、これは私の夢の中で石塔となられた方がたの数かも知れない。東北を守る方々。

寒い、寒い。
あの日も寒かったわ。
でも、14時46分、船の横揺れのように大きく家が揺れて、イッサはかたまり、チヨは子ネコらしくニャアニャアないていたわ。
2匹をだいて、トイレにこもった。
その後、どんなにデカイ地震が来るのか、と怖かった。
昨日のことのように思い出す。
テレビで見た津波や原発の事故。
繰り返される津波の映像に耐えきれなくなってテレビを見るのをやめた。
以来テレビは見ない、というかついに我が家からテレビはなくなったが。(何もこまっていない、見ない分だけ賢くなったかも)

まずは一生懸命に本日も生きましょう。



2016年03月10日(木) 広島府中の中学生、冥福を祈る

万引き歴があって、推薦できない。しかし、それはミスで、パソコン内の訂正はできていたが、それ以外が・・云々。
で、ちょこっとラジオで聞いたのだが、話し合いも廊下での立ち話で先生は「推薦できない」を伝えていたらしい。
うーん。

今現在、まじめで成績もよくいい子。
しかし過去に万引きという非行歴が記録として残っているから、推薦できない。しかし、それは間違いであった・・その間違いの情報によって、生徒は推薦をもらえないと絶望して自殺。

1先生、なぜ今目の前にいる子どもの姿を評価しない?
2あるいは、じっくり時間かけて、なぜ推薦できないのかを説明すれば「そういうことをしていません」となって、もう一度先生が情報を再チェックすれば間違いに気がつけたんじゃ?
3いいじゃん、たとえそういう情報が残っていても、今目の前にいる子を信じて、推薦出しても?ダメなの?

私は、1番がまずはまずは先生のチョー基本だと思う。
「ナマ」の子を信じる、これが教育ではないか。
2番は、相手の立場になれば当然のこと。先生、自分が同じ立場であったら、傷つくよな、と思えなかったのか。まして推薦をお願いするということは3年間それなりの結果を出しているはず。
3番は、この学校がどういうシステムで推薦を出す、出さないを決めているの知らないので何ともいえないが、ある程度は担任の裁量でやれるのなら、今のその子を信じて出していいと思う。
もう時効だから書くが、欠席の多い(不登校気味)子の内申書を書くときにいいました。
「2桁、欠席があると不利になるから数字間違えておいたよ。だから、合格したら、絶対に欠席をしないで学校に行ってね」
そう、20日以上あった欠席の一桁だけ書いたの、ミスなの、ダメ担任だったの。彼女、合格してきちんと登校、卒業、同じ系列の大学まで進学したはず。
あと、1度だけ万引きした子の内申書。「うっかり」そのことを書くこと、忘れてしまいました。その内心書はその子に見せて、いいことしか書いてないよ、全力でがんばってきて、と励ましました。入りました。
すべて、もはや40年近い彼方のこと。
今目の前にいるその子を信じれば、こうなる、私のモラルは。
悪いか!(笑)
だって、だれでも間違いはするよ。
もやもや色々と、ガッコに行きたくなこともある。
それと万引きはストレスや体調と大いに関係している。
1度の子は、ちょうど生理が始まる前後、体の中でホルモンバランスが崩れていた。(みたい)

本当に本当に残念なのは、先生が目の前にいる、自殺した中学生の「今」をみなかったこと、「自分なら、推薦取れなくてどう思う」と考える想像力がなかったこと(合ったのかも?忙しかった??)
先生には、彼の分まで生きてほしい。死ぬなよ。

でも誰か、中学生くんに長いスケールで自分の人生を考える、とか、教えてくれなかったのかな。
それもとても残念。推薦取れない悔しさを話したり暴れたりする「生きる力」が少しでもなかったのかな。
それも本当に残念。

・・・・・
北朝鮮、またやってくれたね。
いつか暴発するのでは、と怖い。
しかし、それでも、大国につぶされないってことは大国にとってまだ利用価値のある国なんだろうね。
組織とか国の闇は深いわ。



2016年03月09日(水) ナベツネ退場

巨人・大鵬・卵焼きの巨人で野球賭博・・・
おちたもんだ。
で、ナベツネ退場。89歳だって、すごいね、欲の権化。
これだから、賭博・・というつながりもあるような。
こんな「老害」がトップに君臨できる体質の風通しの悪さが賭博環境を生んだのではないかな。
タレント女医の逮捕、暴力団がらみ。
そういえば、去年の11月頃、これ ネットの話題になっていたわ。
やっぱり、今年は今まで見えなかったものが日の下に出て、決着をつけさせられているわ。

ところで・・・
何とトーグーさんフーフ、影子ちゃんつれて映画の試写会に出てきたぞ。
小柄で(玉串奉奠失敗の本物さんは、すでにとーさん(ナルちゃんさま)の背に近い、あるいは超していた気がする)ちゃんとまっすぐに歩いている、目を合わせて俳優と話している。
どう見ても、ちがう。
ちがう。
皇室に興味を持ってウオッチしてきた人ならたいていが、あれ?と思うはず。
いったいなにを企んでいるのか?
やっぱり女帝?
影子で女帝?
明治くらいまでならあり得たが、ネット時代の今、それはあり得ないでしょ。
ていうか、気のいい穏やかな国民を馬鹿にしているのか?

いってやりたい。
トーグーさん、神様、おられるよ。
みておられるよ。
こんなことしていると、とんでもないことになりますよ。
そして、今年はそんな年だと感じる。

寒い、またまた私、不活性。
しかしまあ、鮭のホイル焼き(キノコとローズマリーとマヨネーズ)、ホタルイカのモズク酢、ブロッコリと人参キノコの黒ごま和え作成。
実家に宅配。
月曜にしたし、これで今週2。
ノルマ果たしたね。(週2)
まあでも、できたら11日も行きたいとは思っている。野菜の残りを使って、コンソメ煮とかね。






2016年03月08日(火) 通常業務

6時半過ぎ起床。
甘酒をわかし、弟と母と、たみちゃんの分を詰める。
お湯を沸かし、お茶とコーヒーを入れる。
神仏にお供えして手を合わせての地、弟用に牛肉料理。
肉を馬路村ポン酢で、軽く火を通す。
とろみをつけて、パックへ。
甘酒もとろみ付けをしてふたを閉める。
四万十はるかを皮むきして半分を食べやすいように切って、これまたパック。
あと、最近私も気に入っている桜プリン。
以上を弟の袋に詰め、母の甘酒と少し高級のおせんべいを2枚、これも袋へ。
かごにたみちゃん用の甘酒とこれらを入れて、ゴミを出すようにして、自分のしたく、ついでに甘酒とバナナ1本の朝食。
7時40分過ぎでる。
母を迎えに行き、温泉に送り、弟をつれて福祉タクシーに乗り換えて、リハビリ。
11時少し前、施設に帰り、施設の方と連絡やら。
母を迎えに行って、毎度おなじみ丸亀うどんランチ。
家に送って、帰宅。お昼寝して2時過ぎからまたいろいろ。
4時から塾開始。
とまあ1日が終わる火曜日。
思うのだ。このいつもの火曜ができる幸せ。
いつまでも続かないだろう(いつか終わりが来る)と思うと、この朝からのこいそがしい日常も大切に思える。
ありがとうございます。
こんな気持ちを5年前の原発事故のさなか、あるいは5年前の4月に思ったものだ。
当たり前の日常を暮らし、周囲にそれを見て、無性につらい気がして涙が出てきたものだ。
改めて、この感覚を5年という区切りにかみしめるときなのかもしれない。




2016年03月07日(月) じきに5年

ラジオでも、色々と特集がある。
ただ一人生き残った長男のために、バッティングセンターを作ったお父さんの話。亘理のイチゴ農家の方の話。
チヨは来て、昨日で5周年ということ。
忘れていたわ・・・ごめんよ、チヨ。
チヨの年齢は東日本大震災の年数で、イッサの年は弟が他界した年数と重なる。私のメモリアル猫たちよ。
びびりチヨキャラは変わらんが、先日は高校生たちのグループレッスンでの脇でいびきをかいて寝ていてあげくに夢を見たのか、寝ながらうなっていた。
イッサにけんかを売って負けたときの声。
高校生五人、びっくりしてその後に大笑い。
チヨ、たいした太っ腹。(ていうか、なんて人慣れしたのか)
最近は、ホットカーペットの上が熱いのか、布団カバーと布団の間に入ってくる。
猫も変わる。
人の子、いわんをや。

思い出すのは、2012年に友人たちと旅した松島の宿での夢。
オペラ座の怪人のようなデスマスクが延々とすごい勢いで流れて止まらない。
怖くて目を開ける、しかし目を閉じるとまた流れ出す。
これがほぼ朝方まで続いた。
本当に悪夢だった。
で、その後1年ほど過ぎた11月頃の夢。
デスマスクではなくて、石塔が延々と建っていた。不思議にあの夢のその後だとわかって、皆さん(他界された)東北の守りに入られた?と思った。
東北の被災地に光と愛が満ちますように、この5年ほぼ毎朝、祈ってきている。(もちろん、今後も命のある限り)
だから、霊界からの報告だったのかもしれぬとも思っている。
あの夢の続きはいまだみていない。
多分、他界された方々は、守りに入っておられるのだと思う。




2016年03月06日(日) 琵琶湖マラソン聞いて、ごろごろ

暖かい日であった。
琵琶湖マラソンをラジオで聞きつつ、障子全開でお日さま浴びて、猫どもとごろごろ。
川内選手、すごいね。
24位だったかから、一気に7位浮上。
リオは、断念したようだが、彼のスタンス好きだ。

テレビを見ない私だが、ネット動画でトランプ氏とクリントンさんを見た。
いや・・・どっちもいやなお顔、悪相だわ。
クリントンさん、ずいぶんと太めになられたが・・・なんか、印象が変わった。とにかく、彼女も、トランプ氏に劣らない悪い顔だ。

昨日娘さんを伴って、塾についての説明を聞きにおいでになった方、出口先生の講義をナマで受けられたそうな。
代ゼミで。
その時から、すごい、そうだ、すばらしいと、思った。
群を抜いていたそうな。

確定申告の仕事、はかどらず。反省してます。
天気が良すぎました。
もう少しやってから寝ます。(深々と反省)





2016年03月05日(土) このまま春になって・・・ほしい

ぬくい、ぬくい。
今も足が冷たくなくてうれしい。
ホント、冬はダメだな・・・という感じになってきた。
ますます、というところか。

しかし、来週の今頃は、また気温10度を割るみたいだ。
天気予報、外れてほしい。

3日も崖下に落ちて見つからなかった熊本の女性、発見されてそのときは口も来たという話だが、病院でなくなった。
クラッシュ症候群、怖い。
本人は助かった、ああ良かった、と思っただろうに。
かわいそうに・・・・
それでも、帰宅ルートを探すのがおそ過ぎはしないか。



2016年03月04日(金) 電波利権と昨今の停波とかキャスターの抗議とか

以下は、某ブログより借りてきた。
「電波利権」
テレビ局は電波利用料(テレビ局が総務省に納める)で利益(主に広告収入でしょう)を得ている.
海外(電波オークションなどで自由競争)のように競争原理が働いていない、既得権にどっぷり漬かっている。
各テレビ局の、 ‥吐藩用料、 ∋業収入、  /△粒箙(%)を見ると、
【NHK】    14億8700万円  6644億円 0.22%
【日本テレビ】  3億7600万円  2777億円 0.14%
【テレビ朝日】  3億7000万円  2209億円 0.17%
【TBS】     3億8500万円  2727億円 0.14%
【テレビ東京】  3億6000万円  1075億円 0.33%
【フジテレビ】  3億5400万円  1717億円 0.21%
【その他、地方局計】9億1251万円 1兆2525億円 0.07%
【全国128局計】42億4641万円 2兆9676億円 0.14%
→テレビ局全体の電波利用料負担は、総計で42億4641万円にしかならないのに、営業収益は2兆9676億円もあります.
電波の“仕入れコスト”は、営業収益のわずか0.14%(!)です。"許認可事業"という無競争の周波数独占状態の中で暴利をむさぼるメディア。

これを読んで、なるほど。
マスコミの公平性とかあり得ないし、金もらって偏向することはあるし、嘘報道ありえるし。
停波と、高市大臣はいったようだが、政府が許可したから営業しているのよねと、念押しをされただけだし。
この「当たり前のこと」にいわゆるリベラル系のキャスターたちが過剰反応しただけだね。
基本、停波 ないと思う。
むしろあり得ない。
ここは、中国じゃないし北朝鮮でもないし。
わかっていて、キャスターたちは抗議会見した感じ。
許可もらってじゃなくて、本当に「自由」にやりたいのなら、ネット使ってやれば、と誰か、キャスターたちにいってやったらどうかな。
(もちろん誰かいっているよね)
そもそも、スポンサーがついたら、場合によっては偏向せねばならない、しているでしょマスゴミ。

それより、政府よ、この電波使用料をもっと値上げしたら如何。
で、不足の税収に補填してください。

・・・・・・・・・・・・

本日は春の気配。
いい天気。
弟の補正靴完成。




2016年03月03日(木) 朝から、ちらし寿司

ひな祭りなり。
姪の娘が食べられるようになったし、彼女の成長を祝いつつ朝からちらし寿司作成。
昼過ぎに宅配、ついでに実家の昔の女子2名にも宅配。
でガソリンを入れて、明日弟のリハにつかう靴下をしまむらへ購入に。
じきに14時、卒塾生が来訪予定。
このまま22時くらいまでノンストップ。
忙しや。

本日も、腰とおなかにホッカイロ。
雪は止んだが寒い。
早く春来い、来い。



2016年03月02日(水) スーパーチューズディ

トランプ氏が勝っているのは、なんかアメリカに愚民多しをみるようで。
まさか、であるが。
本選でも勝って彼が大統領になったりしないよね。
MRSの方のクリントンが勝利というのは、まあ順当。
しかし、彼女、中国と仲良しだよね。
まあオバマさんもそうだけど。

天皇陛下がインフル、何ででしょうか。
ミチコさまはなられませんなあ・・・
うつらないの?
あんなに 気持ち悪いくらいにべたべたしているのに?
あれは映像用か??
まああり得るわね、策士でおられるようだし。
まあ陛下お大事に、生きていてくださるだけでよろしいのですから。

寒いし、雪は真冬並みに降るし。
私はなんだか、一気に寒すぎておなかが調子よくない。
珍しく(今冬初めて)ホッカイロをおなか、腰、背中に貼りまくった。
温めるのは最良。



2016年03月01日(火) おついたち参り

弟のリハ、母温泉、帰りに久しぶりに長岡生姜ラーメンを食して送る。
帰りに、蒼柴神社、成田山別院、お稲荷さんをおついたち参り。
雪が降って寒いので、きりりとした。

それにしても、3月ですよ。
早い、早すぎる。
今晩からダイエットとストレッチをはじめます。


 < 過去  INDEX  未来 >


moheji.s [MAIL]

My追加