七転八倒 〜彩音の日常&育児日記〜
DiaryINDEXpastwill


2005年05月31日(火) 昨日ソフトに書き直した連絡ノート

なのに、文章はかえって長くなり、3ページに渡ってしまった!(^_^;)

長い長い連絡ノート(過去最長)に、簡潔な返事が書かれていた。
若いし、特学は初めてのようだし、先生なりに頑張ってくれてるんだと、いい方に解釈している。

でも、一人にかかりきりにならないで、フォローだけはよろしくたのんまっせー!!って感じですわ。(^_^;)


2005年05月30日(月) やっぱ書きすぎたから書き直すよ、連絡ノート

ってことで、書いたページはビリビリ。もう少しソフトに書き直そ。(^_^;)
↑タイトルの内容は、たった1行なんですが・・・。(苦笑)

えー、今日もなんとか無事お弁当も作って、学童に送って行きました。
今日はお誕生日会で、息子、カードをもらってお祝いしてもらったようで。
「アイスたべたの」とご機嫌でした。(アイスが食べられるとかなり満足な息子(^_^;))
それにしても、誕生日カードの写真何回も撮り直したとかで・・・ホント写真撮る時、いっつも変な顔するんだよなー。(-_-;)
結局カードに貼った写真も、変な顔してるんだけど?あれでもまだマシだったのか?(苦笑)

掃除も済んで、すっきり・・・だったのは、息子が帰ってくるまでの命。
またプラレールの線路と列車であふれる床の上。

さっき「AMBITIOUS JAPAN!」聴いてた時、予測はついたんだけどね。
あ、せっかくリビングから撤退していたおもちゃを取りに行ってる!きっとのぞみ持ってくるな、
なーんて思ってたら、入ってたかごごと持って来たー!!(-_-;)
床に散らばる新幹線各種、中央線、京王線、機関車トーマス、駅、線路等々・・・。

「ふくちやません」とか言って、列車を傾けるのだけは「やめなさい!」と怒った母。
私自身、ああいう映像を見れなかったし、息子は9.11の時もそうだったんだけど、
サランラップをビルに見立てて、「ひこうきーどーん!!」みたいなことをやり、「やめなさい!」と
母に言われたのだ。
私は衝撃映像系の番組は、本当に嫌い。見たくない。

話がそれてしまった。

昨日、新・ぽ組じゃけぇ!!に書いたんだけど、6月も忙しいんだよなぁー。(-_-;)
でも頑張るよ、ポルノライヴがあるけんね!!(^_^)v


追記。

学童から帰ってきて、息子に鍵渡して開けるように言って、私はポストに郵便物取りに行ったら、
お隣のおばさまに会った。
おばさま「今帰り?」
私   「ええ、学童行ってるので」
おばさま「あら?働いてらっしゃったの?」
私   「いいえ・・私、持病があるもんですから、それでも学童入れてもらえるんですよ」
そして、息子の軽度知的障害のことも少し話した。
おばさま「でも息子さん、明るくてかわいいわよねー?大丈夫よ!(追いつくわよという意味合いで・・・)」
私   「まぁ、明るいところが取り柄かなって感じなんですけど(^_^;)」
おばさま「お二人ともたいへんね・・・」
このおばさまだって、ご主人を亡くされてこのマンションに越してきて一人暮らしのようなのだ。
すると、長々と立ち話をしていたせいか、息子が「どーしたの?!」とポストの所までやってきた。半分怒ったような顔。(苦笑)
おばさま「あら、ごめんねー」
私   「失礼します」
その後、息子プンプン怒ってた。(爆)「おそいよ!」とか言って。

おばさまにも私にも息子にも、人それぞれいろんな人生があるなぁ、なーんて。(^_^;)


2005年05月29日(日) 連絡ノート

久しぶりにびっちり書いてしまった・・・。

今年に入ってから私の精神状態が思わしくなくて、息子も具合悪い日が去年よりずっと多いせいもあるんだけど・・・。
ちょっと文句を書き連ねてしまった。

普通学級ではみ出して、特学入ったらそれはそれでみんなと足並みが揃うわけじゃないから、
手を必要とする子に当然手が回るわけで。
被害妄想も手伝って、なーんか後回しにされてる感が強くてさー。

だからボーダーって難しいんだよね・・・。

昨日の運動会でもそうだった。だから先生に言いに行ったんだけど。
息子、出番になったけど、先生が一人の子にかかりきりになって、一人っきりにされちゃって、
どっちに行けばいいのかわかんなくて、うろうろしちゃってたんだよ?
思わず私は走ったさ!友達も気づかって走ってくれた。
特学の他の先生が、息子を入場門まで連れて行ってくれたんだけど。

その手を必要とするお子様に罪はない。
でもさぁ、「○○くん(息子の名前)は一人で大丈夫だから」って、担任の先生に言われたんだよねー。
いくら「今すごく伸びてるんです」って言われてもさー、実際にわけわかんなくて迷ってる姿見たらさ、
どーにかしてほしいって思うよ、親としては。

他にも言いたいことがたくさんあって、連絡ノート2ページも書いちゃったよ。(苦笑)

なんか去年より悩みが多い・・・。


2005年05月28日(土) 運動会、無事終了!(^_^;)

母、帰宅したら昼寝してしまうのは必至だと思ってたので、下校の際、買い物をして帰った。
↑いつものことだけど、すぐ食べられるもの(^_^;)
案の定、ちょっと横になったつもりが・・・5時半から爆睡!!起きたら9時半だった!!(*_*)
息子は私のすぐ後、寝入ってしまったようで、このまま朝まで眠ることになりそう。(^_^;)
息子、おやつを食べたのみで夕飯抜き。(苦笑)
母、お茶漬け1杯で夕飯終了。残り物は冷蔵庫。


で、肝心の運動会。
母、3時間しか眠れていなかったけど、お弁当も無事作れて、久々息子と登校した。
旦那は後から。←決してマイペースを崩さない(=_=)


午前中は綱引きとかけっこのみ。しかもその2つの間の待ちの長いこと!3年生にはキツイよー。
もうちょっとプログラム考えてほしいよねー。ってアンケート(後で配布される)に書く文句(?)は、
ズラズラととっくにメモ済み。(^_^;)
いろいろあって、先生に抗議に近いことまで言いに行った私だが、ここではカットしておく。(苦笑)

綱引きは息子たちの組が勝ち、あっけなく終わり。(^_^;)

午前中最後の種目が、3年生の徒競走だった。
息子たちは、ラストに特学の子と普通学級の子含めて5人で走る。
一緒に走る普通学級の子は、保育園時代からのお友達。学童でも一緒。特学の1人も保育園時代からのお友達だ。
スタートダッシュから遅れた「あっちゃー!」ってな感じの息子だったが、コーナーにさしかかって
私たちの横を走って行った時、私は思わず大きな声で「たーぼー、行け行けーっ!!」と叫んでいた。
↑母、熱くなるタイプなので。(^_^;)
一緒に走ったのが、昔なじみのお友達だったおかげか競り合って走り、3位になった!!思わず涙がこぼれた・・・。

保育園に入ったばかりの頃、徒競走で早歩きだった息子。
卒園する頃ようやく少し走るようになって、今では徒競走らしく走るまでになった我が子を見て、泣いた。
息子が一人で立てなかった頃、この子は歩けないんじゃないかと思ったこともあったのに。
後で聞いたら、3位だと思っていた息子は(私たちは後ろ姿を見ていたのでそう見えた)、2位だったことがわかり、
さらにじーんとした。

実は母、体育が苦手で大っ嫌いで、中学くらいまでやる気すら出していなかった。
心の中でプライドが高いから、勝てないゲームには参加しなかった。まさに息子が私のそれ。
母の性格の遺伝かもしれない・・・。
が、あれは中2の運動会だったろうか、徒競走で一緒に走る4人の中で速い子が1人、あとの3人は
私を含め遅めの子ばかり。
他の子には、私が必ずビリになると思われていただろう。
相手にもされてないな(ある意味被害妄想(^_^;))・・・そう思った私は本気を出した。
前を行く速い子には到底追いつけなかったけれど、2人を振り切り、人生で初めて2位を経験した。
ゴールで「○○さん(←私の苗字)速い・・・」って後ろから来た子に言われたのを、今でも覚えてる。
2位のところに並ぶ私の姿を見て、誰もが怪訝な顔をした。自分でも場違いなような気がして、
うれしいと同時に気恥ずかしかった。

息子の姿が、あの頃の自分と重なって見えた。

順位ではない。けれど自分なりに頑張るって、やっぱり大切で素敵なこと。
それを思い出させてくれた息子に、感謝したい。
席に戻ってきた息子を、「すごく頑張ったねー!!」と抱きしめた。


午後はダンスと大玉送り。
ダンスは、某有名ドラマで踊ったというあの踊りを、息子たちも踊った。
特学の子供たちにはとてもハード。息子は「おぼえられない」と言っていた。
そして団体行動が苦手な息子は、家やクラスではちゃんと踊れても、広い校庭では棒立ち状態。(-_-;)
みんなが前を向いているのに、息子は私たち保護者席の方を向いたりしていて、時々カメラ目線になる。
                            ↑全然喜べない(=_=)
それでも踊ろうという気持ちはあって、少しだけれど動いていた。

別の小学校で普通学級1年生の時を思い出す。もっともっと激しいダンスで、やっぱり棒立ちだった。
それでもあの難しい踊りを頑張っていた。
特学で3年生になった今も、同じように本人なりに頑張った。先生たちも、頑張ったねー!とほめてくれた。
息子の笑えるところは、終わると何事もなかったかのように、さっさと笑顔で戻ってくるところ。
やれやれ、おわった!って感じ。(^_^;)
振り返って手を振ったりもする。まったくもってゲンキン。(爆)

午後最後の種目が、大玉送り。息子のすぐ近くに行って見守る。
結局2回(1回につき2周)大玉がやってきた。
大玉にさわれて喜んだり、周りのみんなと一緒にコケてキレたり、大玉にさわれなかったと怒ったり、
またさわれたと喜んだり、母は大声でまた熱くなり(^_^;)、いろいろとあったが無事、息子の組の勝ちで終わった。


運動会。私が子供の頃大嫌いだった行事。それでも高学年の時には応援団もやった。(ムリヤリやらされたのだが(-_-;))
今の私なら、平気でやれてるかもしれない。いや、きっと自分からやってるだろう。(^_^;)
ポルノライヴ、♪恋するーうさぎちゃんー♪&♪きーみがむーねをこがすーから♪で踊ってるくらいだから。(苦笑)
あ、でも知ってる人の前だとできないか・・・知らない人の中だと全然平気なんだけど。(^_^;)
あ、でもOL時代、部内の女の子の前でSEPIAを歌い踊ったこともある。やっぱできるかも?(苦笑)


とにかく無事終わった運動会。特学の子供たち、先生にもたーくさんほめられた。
みんな花まるさんです!!(^_^)v

そして密かに・・・母も頑張ったと、自分で自分をほめてあげよう・・・。(^_^)


2005年05月27日(金) たまたまNHKを見ていたら・・・

目が離せなくなった。
障害・・・。からだにあっても知能にあっても、人それぞれ苦労を抱えてる。
また泣いてしまった母。

でも・・・その後メントレでドジでのろまなカメを見てしまったせいで、続きが書けなくなった・・・。(苦笑)
太一が「うめぇ!」とか言ってるしさぁ。(-_-;)
思わず笑っちゃってる母だしさぁ!(-_-;)

もとい。
メインで出ていた子のお母さんがその子に、歩けないんだよと言うと、その子は
生きているだけで幸せなんだね、みたいなことを言ったという。
泣いた。
うちの息子も似たようなことを言った。
「うまれてきてよかったよ」と。
こういう子たちは、命の尊さがちゃんとわかっているんじゃないかと思う。
そういう感覚は、健常児よりはるかに優れていると思う。
障害児の母の勝手な言い分だと、思ってもらってもかまわない。

息子は一人っ子だ。
いろいろと事情があって、兄弟は産んであげられない。
だから、息子が一人前になるまで、たった一人じゃなく、人生を共にできる誰かを見つけられるまで、
私は絶対に死ねない。見届けるまでは絶対に死なない。殺されても死なないくらいのつもりでいる。

自分自身鬱になった母、結果的に軽度知的障害になった息子がいることで、得たものはたくさんある。
ごくごくふつうに産まれることの幸せとか。人が当たり前と思っていることが、やっとできた時の喜びとか。

親バカと言われてもいい。この親にしては、なかなかできた息子だよ。
今日もトイレで泣いてしまい、なかなか出られなかった母に、「どーしたのー?ぐあいわるいのー?」と
声をかけてきた息子。
やってくれるじゃん!たーぼー!(^_^)v


追記。

息子の咳、全然ひどくなんなくてよかった。
明日は運動会。って、母ももう寝ろって時間ですが。(苦笑)寝ます。m(_ _)m
あー、おべんとおべんとうれしくないなー♪(-_-;)


2005年05月26日(木) また母不調&息子初吸入

母不調のまま、ちょっと遅めにお迎えに行ったら・・・
息子、咳が出始めていた。(=_=)
母の不調は、息子の不調を招くのか・・・?
土曜日は運動会だというのにー。
毎日お昼の薬持たせてるのに、飲み忘れる息子。
つーか、先生、連絡ノートに「飲ませるように言ってください」って毎回書かないと、全然気づいてくれないのか??
気づかないだろーな・・・あのおぼっちゃまで手いっぱいだろうから・・・。(-_-;)
はっきり言って、あまりにも子供間に差がありすぎると、障害が軽い子はないがしろとまでは言わないけど(^_^;)、
放っておかれがち。(-_-;)

普通学級だった時は、”みんなの先生”だから、息子だけにかまっていられないと言われ、
特学に行けば、どうしても手を貸さなければやっていけない子に先生の手は取られ、息子は・・・。

理不尽・・・と言ったら言い過ぎだろうか?(=_=)

とりあえず息子の具合が悪くならないよう、母はできるだけ先手を打つ。
昼飲み忘れたという薬を早めに飲ませる。
ゼンソク予防の薬は、毎晩飲ませているが、今日はいよいよ吸入してみよう。
あー、めんどくさいんだけど、そう言ってられないんだよねぇ。
母、自分でいっぱいいっぱいでも、頑張らなくちゃいけないんだよねぇ。

こういう時って、めちゃめちゃ被害妄想大になる。
健常児で、一人で遊びに行って夕方まで帰ってこなくて、風邪もめったに引かないような子、うらやましい。
なぜかうちのような子はからだも弱いのだ。

子供を育てるのがたいへんなのはみんなおんなじよ、ってひとくくりで言わないでほしい。
違うってば!絶対!!それぞれ違うんだってば!!
人が苦労しなくていいとこ、苦労するんだってば!!
って、そのくらい言わせてくれませんか?
この日記読んでくださってる方の、気分を害してしまうかもしれないの承知で。

あー、ヤバイ。明日登校大丈夫かなぁ?運動会のために、大事を取った方がいいかなぁ?
つーか、運動会も危ういかも??(-_-;)

あーもうー!ヘルプミーッ!!!!!(/_;)


追記。

吸入をしようとして、吸入用の薬が一種類ないのに気づいた。
この前処方された時ちゃんと確認しなかった私も悪いが・・・薬局のおばちゃん、領収書も渡し忘れて、
すぐにもらいに引き返したんだよね。
電話して薬がない旨を伝えたら、ただで出してくれるとのこと。
息子に留守番させて、あわてて薬局に取りに行った。
やっともらったが・・・やっぱしこれ、見た覚えない・・・。おばちゃん、やっぱし渡し忘れてない?(-_-;)
まぁそれどころじゃないから、とっとと帰って、息子の吸入。
これがまた、不慣れだから汗だくになっちゃったよ、母。
息子も相変わらず吸入ヘタクソだしー。(-_-;)こういうのやらせるのって、並じゃないのよー。
わかりますー?わかるよねー?おんなじことでお悩みのお友達ー!!(/_;)

とりあえず、学童で咳してた息子だけど、夜になったら咳はしなくなった。
薬も飲ませるだけ飲ませたし、吸入も済んだ。寝てからもなんとかなるだろう。

あぁ・・・肩が凝ったよ、母。疲れた・・・。(-_-;)


2005年05月24日(火) 平日になっても、不調・・・

どうやら母、本当に鬱まっさかり、絶不調のようだ。

午前中は死んだように寝てしまい、午後あわてて家事をするも、それをなんとか片づけた後、
ソファに座ったまま、ボケーッとして何にもする気が起こらない。

今また「離婚弁護士供廚鮓ている。
小説家が小説を書かなくなった。
「どうして書かないんですか?」と問う弁護士に、私は小説家よりも早く答えた、「書けないから」。

「おかーさんどーしたの?」と息子が聞いてきた。
「ドラマに同意してるのよ」と母。←子供相手にしゃべってないな・・・。(-_-;)
「おかーさん、こいしてるの?」と息子。←そういうことはすぐ覚えるな・・・。(-_-;)
「こいじゃなくて同意だってば!」と母。(-_-;)

一応ドラマの中で天海祐希演じる弁護士が、宇梶剛士演じる、ええと・・・編集者だったっけ?・・・に恋してるって
設定だけど。息子、どこまで理解しているのか?(^_^;)

ハァ、少し暗い気分が晴れたか・・・な?(^_^;)


2005年05月22日(日) 初、汐留。

注:母、今日イライラがひどく、日記にもそれが表れています。ご理解の上、お読みくださいますよう、
お願いいたします。m(_ _)m

息子、昨日からずっと「アンパンマンテラス」に行きたいと言っていた。
私は目覚ましをかけておいたのだが、寝坊した。
このところものすごく精神状態が不安定な私は、支度にも時間がかかる。
旦那は子供のように、ハラ減ったとうるさい。いや、息子よりうるさい!!

旦那を置いて、汐留に出かけた。(置いてきぼりの父、無惨(-_-;)。けど、一人になれるんだからラッキーだろー!?)
新橋から歩いて、日テレ方向へ。「アンパンマンテラス」というショップは日テレタワー内にある。
2日連続の都心。母、からだはきつい。でも旦那が一緒よりずっとラクなのだ。旦那はこういう場所が大嫌いだから。

ごはん食べるのよりも早く、アンパンマンショップに入りたがる息子。
一通り見終わって、次は日テレのお店。各番組のグッズや、ジャイアンツグッズ、お菓子などが売られていた。
それも一通り見て、息子満足。

たぶんズームインとかやってるスタジオの横を通り、ちょっと腹ごしらえしようと、カフェに入る。
汐留まで来て、地元にあるのと同じカフェに入る母子。(^_^;)
でも、メニューもわかってるし、息子が頼みたいものもわかっているので、これもラク。
日テレのロビーが見える席にわざわざ座る息子。
今日は日曜だから、ロビーには入れないように柵に囲まれていて、入った一般人は警備員さんに注意されていた。
歩いてる人はみんなパスを持ってるから。
途中、団体が上から降りてきた。何かの番組の観覧組か?
そういえば、母がDASHの観覧に行った時は、まだ日テレが一番町にあった時だったもんなぁ。
100人刑事の時もそうだった。

腹ごしらえしたら、とっとと帰り支度。(はえーよ!(^_^;))
いや、母、あまり精神的に余裕がないので・・・。(^_^;)
というのも、後でちょこっと書こうと思うが、地元の駅に向かう時にちょっとあって・・・。

もとい、さっきのアンパンマンショップで見たアンパンマンのバスが欲しい、と息子。
誕生日プレゼントも特にあげていなかったので、まぁいいかと買ってあげた。
でも・・・高い・・・。(-_-;)
息子満足。母、疲れてる。眠い。でも母一人で息子の相手なので、ある意味たくましい。
行きも帰りも息子の席は、隙間をねらって「すみません」と確保!!(^_^;)
母は、ほとんど座れなかったため、ものすごく疲労したが。(-_-;)

日テレから新橋へ向かう時、実家の地元の地下鉄の名前が目に入った。
ここから実家までは20分強で帰れる。あぁ、どこへ行くにも近くてラクなんだよなー、実家は。
それに比べて、自宅は都心まで1時間半近くかかる。実家からはどこへ行くにもたいてい30分以内。
クリニックのある場所なんか、実家を15分前に出れば余裕で間に合う。
それをいつも、満員電車に揺られて向かっているのだ。OL気分は充分すぎるほど味わえるから、
そういう話を書く時には役立つが。
利便性に慣れて生きてきた私にとって、この地はひじょーに不便なのだ。
ともすれば、次の電車が見えている山手線にだって、飛び乗る習慣がついてしまっている。
この地の地元電車は1時間に約4本・・・。バスだって20分に1本なんてのもある。
いや、路線によっては、バスが通らない時間帯もある。
電車やバスに合わせて家を出る。そんなの考えたこともなかった私。
どんどん都心が遠くなる気がする・・・。

さて、行きにあったというできごとだが・・・。
道いっぱいに広がって歩く女二人。私はこういうのがものすごく嫌いで、いつか言ってやろうと思っていた。
今までは「すみませーん!」とイヤミっぽくムリヤリ通り過ぎるだけだったのだが、ついに言ってしまった!!
「すみませーん!横並びで歩かないでください!!」
その後息子に言った言葉、
「おかーさんああいうの大っ嫌いなの!!人に迷惑かけるのも嫌いだけど、迷惑かけられるのも大嫌いなの!!
 あんたも人に迷惑をかけないように歩くんだよ?わかった?」
たぶん後ろの女二人に丸聞こえ。それでも全然かまわなかった。
母、いっぱいいっぱい。
でも、あの道いっぱいの横並び歩きは、大人子供おじさんおばさん若い子、関係なくみんなやっている!!
はっきり言って急いでる人の邪魔!!自分が邪魔してるのがわかんない人多すぎ!!
反対に言えば、そういうことまで気をつかうから、私は鬱にもなるのだと思う。
ああいう無関心な人は、たぶん鬱にはならないだろう。
ある意味うらやましいよ。
でも嫌なものは嫌だ。人に気をつかえない人は嫌いだ!!

家族に約一名、気をつかえない人が存在する。
だから今日も置き去りにした。
昨日も今日も都心に外出して、からだはクタクタ、精神的にもかなりピリピリだったが、
あえて!あ・え・て!外食に甘んじなかった。私の意地だ。
クリニックのお医者さんにもカウンセラーにも言われたが、まかせられるところはまかせてしまえ、と。
でも、どーしてもまかせたくない時がある!人がいる!
先生にも「借りを作りたくないんです!!」とまで言った私だから。(^_^;)
涙もろく、すぐめげるくせに、意地っぱり&本当は気が強いのが私だ。
どんなに疲れていようが精神状態が悪かろうが、洗い物は寝るまでには済ませないと嫌だし、洗濯物も自分でたたむ!!
たとえ泣きながらでも。
まぁ、気をつかって、旦那がたたんでくれるなんてことは、まずないから。
仮にたたんでくれても納得しないたたみ方だから、やってもらわない方が私の身のためだ。

しばらく私の精神が悪な状態は続くだろう・・・。これからは大嫌いな梅雨もやってくるし。
でも明日はやっと月曜日だ。
あー、パラダイス♪ウェルカム!平日昼間っ!!


お読み下さった方へ。
イライラを日記にぶつけてしまい、不快な思いをされた方、申し訳ありませんでした。m(_ _)m


2005年05月19日(木) 息子の誕生日

9歳になりました。(^_^)

チョコのデコレーションケーキにろうそくを立てて、火を吹き消して、食べて、息子はご機嫌。
でももう一つ、うれしいことがあった。

実は先週、某子供番組の今週のハッピーバースデーを祝うコーナーに、私は応募していた。
今週分放送の今日が、息子の誕生日でもあったから。
HPから応募した後、イラストを入れたFAXも送り、さらにスタッフ様宛に手紙を書き、
FAXの原紙を同封して、速達で送った。
ほとんど眠れず迎えた先週の金曜日の朝、私なりに頑張った。できるだけのことをやった。
採用されなくてもやるだけやったからいいや、そう思っていた先週。

今朝。昨日の都心のクリニックに行った疲れが抜けず、ものすごくつらかった。
が、一応その番組を録画しておかねば!
他にも、昨日のクリニックでちょっとしたトラブルがあり、その処理の電話をあちこちにかけて、
あっという間に11時。
その後、郵便局、市役所、息子のゼンソクの吸入器の件で小児科へと回り、息子のケーキを買いに
出て、その足で買い物、
帰宅した2時には、もうクタクタになっていた。
ごはんを口に運んで薬を飲むのが精一杯・・・。

このところ具合が悪く、食事もロクに作れなかった私だが、せめて誕生日くらいはちゃんと作ってあげたいと
下ごしらえしておこうと思ったのだけれど、ソファから立ち上がれず・・・そのまま寝てしまった。
気がついたら、4時15分!!(*_*)息子を学童にすぐお迎えに行かねば!!
ヘロヘロになりながら学童に着き、あまりの具合の悪そうな顔に、先生方にも心配をかけてしまった。
少し休ませてもらい、なんとか息子と一緒に帰宅。
息子と一緒にいると、頑張ろうという気力が少しだけ出てくる。

が・・・もう家に着くという頃、あの苦手になってしまったというお母さんと、息子のお気に入りのおにーちゃんに
会ってしまった・・・。
今日はその子の家に、特学のお友達が何人か遊びに行っていたのは知っていたのだが(昨日他の子から聞いて知っていた)、
途中でそのお呼ばれした子とお母さんにも会い、そしてその当人親子に会ってしまったのだ。
「今度、○○くん(息子の名前)も呼ぶから来てね」とお母さん。
力なく笑うことしかできない私。関わるのが怖い。自分がものすごく情けない・・・。

そんな気持ちで帰宅して、すぐに夕食の支度。そしてその子供番組は始まった。
今週が誕生日の子供たちのFAXを紹介するコーナーになった。
!!私の送ったFAXが映った!!名前を読んでもらえた!!
「よかったねー!!たーぼー!!映ったよっ!!よかったねー!!」
私はうれしくて、思わず泣いてしまった。

今夜は息子の誕生日なので、旦那も昨日と同じく早く帰宅した。
録画してあったDVDを見せて、帰宅早々「読まれたよー!!」と私は言った。
何度も何度もその部分を見て、何度も何度も息子の名前が読まれているのを聞いた。
公輝くん、里穂ちゃん、名前を読んでくれてありがとう!!m(_ _)m
採用してくださったスタッフのみなさん、ありがとうございました!!m(_ _)m

最近体力も落ち、気持ちも沈みがちだった私。
でも、頑張れば叶う、学生時代はそう信じて疑わなかった自分を思い出した。
大人になって、学生時代のようには上手くいかないことも知ったけれど、やるだけのことをやれば
叶うこともある、と。

さっき、採用してもらったお礼のメールと手紙を早速出した。

息子の9歳の誕生日のいい記念になりました♪
母としての自信も少し回復したかなぁ。(^_^;)


2005年05月18日(水) 今日は、新しくなった都心のクリニックへ(先生はかわってませんが)。

注:今日の日記はほとんど育児日記じゃないです。(^_^;)すみません。m(_ _)m


駅へ向かうバスに、車椅子のお兄ちゃんとそのお母さんが乗っていた。
車椅子に乗っている人は、どのバス停で降りるかだいたい見当が付く。
いつも息子と一緒に学童から帰る時に乗るバス停。このそばには、障害者センターがあるのだ。
たぶんそこで降りるんだろうな、と思っていたが、バスの中は混み混み。
降りるのたいへんかも?と思いつつ、私は運転手さんの方ばかり気にしていた。
なぜなら、車椅子を降ろす時、バスからスロープを出すのは運転手さんの役目だから。
混んでる中、どうしても時間を取ることになるのも、気になっていた。
中には、(急いでるのに)って思ってる人、必ずいるから。それを思うとすごく気になってしかたがなかった。

降りる時、そのお母さんはお客さんに向かって、
「お時間をいただいて申し訳ありません」
そう挨拶して降りて行った。
胸が痛かった、同時に、とてもすがすがしい気持ちになった。
苦労をしている人に言わせてしまう世の人々と、そのお母さんの腰の低さに。

息子がまだ歩けず療育に通っていた頃、ベビーカーでバスの乗り降りをしていたのを思い出す。
中には、たたんだベビーカーを降ろしてくださる親切な方もいて、本当にうれしかった。
だから私はある時、片手にベビーカー、片手に子供を抱いて駅の階段を上っている方を見かけ、
「お持ちします」とベビーカーを持って上がったことがある。
こんなことを書くと、「いい奴ぶって。自慢かよ?」と思われてしまうかもしれない。
でも私は、いろんな人に他の人へのほんの少しの思いやりの気持ちを持ってもらいたい、その一心だけなのだ。

「お時間いただいて申し訳ありません」と言ったあのお母さんに、本当は
「そんなことないですよ」と大きな声で言いたかった。

自分が鬱を患い、苦しい思いを味わって初めてわかる、人の痛み。
そう考えれば、患うこともいい経験ということだ。

こうやって今日もクリニックの待合室でメモを書く私。
文章を書いているとやっぱり落ち着く。
たとえ稚拙な文章であっても、私には一人静かに書くという時間が、とても大切なのだ。

新しいクリニックになってから、診察の前に、カウンセラーの方が話を聞くというシステムになったらしい。
そしてそのメモを元に、あらためて先生の診察。
あまりにお疲れが顔に出ていたらしく、点滴することになった。(^_^;)
でも、ベッドで寝ながらしてもらい、ちょっと眠れたので、快!!!(^^)!
実は明け方、息子の咳で起こされ、5時半まで眠れなかったのだ。
ゼンソクの咳が気になるのなら、自宅に吸入器をおいておくようにしたらいいと思いますよ?と
先生に言われた。
できたらその方が私もありがたい。昨日の小児科の先生にまた聞いてみよう。

これから帰るところ。行きと帰りのaikoの曲が違って聴こえるような気がした。


!!寝過ごして隣の駅まで行ってしまい、戻ってきた。(^_^;)

駅前でごはん。こういうとこでのオバチャンの会話、聞いてると笑える。(^_^;)
グチ&悪口多いしねー。って、私もおんなじようなもんか・・・。(^_^;)
でもさぁ、こんな街(お金持ちかなり多し)に住んでる人ほど、ある意味、心が病んでたりするねー。
自分が正常だって思える。あーよかった。(笑)

隣のオバチャンたち、「おいしくないコーヒーねー。損しちゃった」「ほんとねぇ」と言って、去って行った。
私はそういう言葉を聞くのもあんまり好きじゃない。
朝のお母さんとはえらい違いだ!!

私はグルメじゃない。旦那もそうで、料理をほめもしないが、文句も言わない。甘い缶コーヒーで満足してる奴だ。
私にはラクなのかもなと、ちょっと思った。(^_^;)

やたら金持ってるとロクなことないぜ!Baby!←なんでロックなんだよ?(^_^;)


2005年05月17日(火) 接触障害

先日友達との電話で、息子は接触障害じゃないかと言われ、そうか!と納得した。
思い当たることは山ほど。
小さい頃から、特に足の裏の感覚が敏感で、療育でもボールのプールをものすごく嫌がったことがあった。

一応ネットでも調べたけれど、この症状は私の幼少時代にも当てはまる。
足の裏に不快感を覚えると、決して足の裏を付けて歩かなかった。
いまだに私は、手の平がベトベトするのが異常に嫌で、手荒れしてもハンドクリームのベタベタが大嫌い。
手を異常に洗うクセもある。気がつけば手を洗っている。

話を息子に戻して・・・
歯医者、耳鼻科、ヘアカット、爪切り、小児科で喉を見る時、吸入などなど。
どれも大騒ぎor大泣き。

そして今日、たまたまかかりつけの小児科の先生に聞きたいことがあり、学校近くの小児科に行ったのだが、
息子の下校時間になってしまい、慌てて迎えに行くことにした。
公文のある火曜日と金曜日はいつも、一人もしくはお友達と下校しているのだが、私が外出してしまっているので、
しかも学校近くだし、早く帰宅されると家に入れない事態になるので。

学校に着いた時、まだ終わりの会をやっていたが、教室から飛び出して来て、私の陰に隠れた。
なんか嫌なことがあったらしい。
みんなさよならした後も、息子は3人の先生に言葉をかけられると、泣いて嫌がっていた。
聞くと、明日眼科検診で、その練習をしていたそうなのだが、あっかんべーをして目をみられるのが、
ものすごく嫌だったらしい。あっかんべーをする時に、目の下を触られるのが嫌なのだ。
「だったら、自分であっかんべーしてごらん?」って先生に言われても、
「やだ!!」と騒ぐ息子。
「いっつも先生にあっかんべーとかしてるじゃない?」
「○○先生と△△先生に、1こずつあっかんべーしたら終わりだよ?」と先生方。
「あっかんべー。ほら明日は大丈夫!!」一人の先生がちょちょいとあっかんべーをさせた。

終わったら、何事もなかったかのようにケロッとして、お気に入りのおにーちゃんと下校。

ハァ・・・やっぱりそういう接触が、本当に嫌なんだなぁ。
私もある意味、手足の感覚が敏感。息子には障害もあるだろうが、私の遺伝もあるんだろう。

明日、眼科検診でどうにかこうにかできますように・・・。
近いうちに耳鼻科にも連れて行かなきゃならないし。
また母は横で、「ほーら大丈夫、痛くないよ?ほーら終わっちゃった!」攻撃をしなきゃいけない。
かなりエネルギーを使うのだ。あぁ・・・気が重い。

実は母、最近情緒がかなり不安定で、日曜日は頭痛&貧血のためか、立ってたり下を向くとふらふらだった。
鬱もひどいようで、すぐに泣く。ガマンしようと思えば思うほど泣けてくる。
何を見ても何を聞いても、とにかく泣く。うれしくても悲しくても感動しても、全部涙につながる。
妊娠中を思い出した。ツワリで入院中は、吐いてるか泣いてるかがほとんどだったから。
鬱がひどいのもあるけど、もしかして更年期ってやつか?!とも思った。
からだも自分の思い通り動かなくて、それもはがゆくて、泣けてくる一因になっているのだ。

でも、今日はまだいい方だ。
午前中つらくて、ひとりで泣き言を言っては泣き、それでも最低限の家事をし、どうにもガマンできなくて寝た。
気づいたら3時間が経過!!こんな時間だーーー!!と小児科に電話、相談、そして小児科に向かう。
そしたら・・・自然と母親のスイッチが入った。
その後は特に何事もなく、どうにかこうにか過ごせた。

ただ・・・公文から帰宅した時に、以前ここにも書いた、あまりお話ししたくないお母様から留守電が入ってた。
あ、歯の件のお母さんじゃなくて。宗教がらみの方のお母様。
連絡網・・・特学の方は接触しないように、ルートを別にと、誰かが考えてくださったんだろうけど・・・。
来たのは交流学級の方の連絡網。そこのお子様と息子、交流学級が同じクラスなのだ。
同じクラスってだけでも・・・なのに、連絡網あの方とつながってるわけ?それに私、交流学級の連絡網、
もらってないんですけど?
ちゃんと特学の連絡網も、その後来たけど。同じ件で。
だからさー、同じ件なら特学の連絡網だけで済むことじゃん?なんで2回も来るんだろう?

明日は久々のお医者さんだ。しかも新しく開業したクリニック。迷わずに行けるといいけど。(^_^;)
先生の趣味の仮装大賞、先日のには出てなかったみたいだ、私が見てた限りでは。
予選、落ちちゃったのかな・・・。明日、聞くに聞けない。(苦笑)


2005年05月14日(土) お出かけの前に、ちょっと沈・・・(-_-;)

今日は旦那の出勤日だったので、二人でお昼を食べた後、息子、「どこ行く?どこ行く?」とうるさい。(^_^;)

たまたまテレビ見てたら、吉祥寺になんか安いアクセサリーパーツのお店があるっていうので、
行ってみるかという気になった。息子も「きちじょうじ、いきたい!いきたい!」と言っている。
ついでに、久々カレルチャペックでものぞいてこようかな?と。

実は母、おととい眠れてなくて、昨日はヘロヘロで。
公文に連れて行くのはよかったけど、連れて帰る時にはもう、どうしようもない状態だった。
昨日は日記も何も書く気力もなく、旦那がいない今日は一人で息子の相手だから、ゆうべは早めにネタ、
じゃなくて!寝た。(-_-;)

で、今日、ちょっと疲れてるなーと思いつつも、息子と出かけた。
そして公園にさしかかると・・・息子の大好きな特学のおにーちゃん(仮名Aくん)と、
同じ特学のおにーちゃん(仮名Bくん)がいた。Bくんは、おととい学童にも遊びに来てて、
同じく特学のおにーちゃん(仮名Cくん)と遊んでた。
息子がはしゃいで、なかなか帰ってくれなくてさー。(^_^;)
今日はAくんと一緒かぁ。こないだはAくんとCくんが遊んでたなぁ。
と!!母、硬直・・・。Bくんのお母さんがいた。例の・・・歯事件・・・。
それ以来、母が苦手になってしまったお母さんだ。
たぶん、私はひきつり笑いでもしてたんだろう、あちらのお母さんも会釈&微笑していたが、
なんかビミョーな空気が流れていたような気がする・・・。(-_-;)

母、いきなり戦意喪失。もうこの時点で、吉祥寺に行く気力はなくなった。

3人で「いってらっしゃーい!ばいばーい!」と手を振ってくれていたが、母はたぶんいっぱいいっぱいの顔だったに違いない。(-_-;)
息子はどうやら、おにーちゃんたちが公園にいたので、一緒に遊びたい風だったが、この気持ちを伝えることもできず、
「うーん・・・なんて言ったらいいんだろう・・・あのね・・・」と母は困っていた。
「おかーさん、ちょうしわるいの?」と息子。
「たーぼーは公園で遊びたい?」と母。でも、息子は母の顔ですぐ様子がわかる。
「公園で遊んでもいいよ?でも・・・おかーさん、公園にはいられないんだ・・・」
子供たちだけだったら、平気で公園にいられるんだけど、あのお母さんがいたら、離れて座るわけにもいかないし・・・。
まぁ、子供たちだけで遊べるようなら、特学にも行ってないかな?って気もするけど・・・。(-_-;)
母 「おうちで待ってるから、たーぼー遊んでこれる?」
すると、「いい、遊ばない、たーぼー、おかーさんがいい!」と息子。「でもほんやさんいきたい」と。
ごめんね・・・たーぼー・・・。m(_ _)m
すぐそばの本屋さんに寄る。でも今日は見るだけで「かって!」とは言わなかった。

母 「吉祥寺じゃなくてもいい?」
息子「いいよ!」
そして、いつも行く駅ビルへ行くことになった。(この辺の話は、「新・ぽ組じゃけぇ!!」に書きましたので、
よろしかったら読んでやってくださいm(_ _)m)

だめだなぁ・・・苦手だなと一度思うと、それ以上もう近づけなくなる母。
私が初めて会った人に平気で話しかけられるのは、その裏返しなんだろう。
たぶん深い付き合いにならないだろうって、思ってるから。
付き合いが深くなると、本当に仲がよくなった人にしか自分を見せられない、見せたくない。

私はやっぱり人の言葉が怖い。
パニックになった時ほど、「言葉が怖い・・・」と口にしてる。泣き叫んでる。

だから申し訳ないけど・・・その言葉の真意も聞き出せないほど、近寄れないんです。
あのお母さんへ。ごめんなさい・・・。m(_ _)m
そして息子へ。大好きなおにーちゃんたちを家に呼んであげられない母でごめんなさい。m(_ _)m


2005年05月11日(水) 今日のいろいろ(精神状態、朝から沈(-_-;))

書くと長くなってしまうのですが・・・よろしかったら読んでやってください。m(_ _)m

息子の遠足の写真を申し込むため、息子の後から今日も学校へ行った。
写真の貼ってある廊下に行き、番号記入、すぐに枚数と金額計算して、お金を入れ、封筒をその場で先生に渡した。
最近は、息子一人で下校することがほとんどなため、私が学校に来る機会が少ないので、
できるだけ一度に済ませてしまおうと思って。
そこまでは何事もなく、私の精神状態もふつうだった。

息子の大好きな特学のお兄ちゃんがやって来て、私に向かってこう言った。
「おかあさんがいってたんだけど、○○くん(息子の呼び名)歯、大丈夫?」
母、硬直。とたんに精神状態崩れ始める。

彼がこう言った真意というか、彼のお母さんが言った真意のほどはわからない。直接言われたわけじゃないから。
そして彼が悪いわけじゃない。彼はお母さんが言ってたことを、素直に言っただけだから。

私の精神状態が崩れたのには、自分に非があるのがわかっているからだ。
以前この日記にも、歯医者さんでのできごとを書いたことがあると思うが、息子はちゃんと歯が磨けない。
それをちゃんと磨かせるのは至難の業。
そして、息子の性格もあり、ムリヤリにすると逆効果で、よけいやらなくなってしまう。
いつも気になっていた、息子の歯がちゃんと磨けてないこと。

彼のお母さんが何を言おうとしたのかはわからないが、私は
「○○くん、いつもちゃんと歯が磨けてないよね、あれで大丈夫なのかしら?」
と言われたような気がしたのだ。

被害妄想。確かに私の鬱という病は、それを引き起こしもする。
そして、いつもお医者さんの診察でチェックする項目にもあるのだが、「嫌なことを見たり聞いたりすると
気分(具合)が悪くなる」タチでもある。
いや、鬱のせいにしてはいけない。

まぁ、それだけではなく、特学のお母さんにもいろんな人がいるわけで。
飲み会や食事会が苦手なのも、そういうのに触れて、私が勝手に傷ついたりしたことがあったからで。
彼のお母さんに対しては正直、やだなという先入観があった。

自分が「今できることはこれがベスト」と思って実行していることに対して、「それは効果がない」と
真正面から言われたら、ごくふつうの状態だって、あまりいい気分はしないでしょう?
公文の話、以前確かここに書いた気がする。確かにあれは、繰り返しやることで計算力を身につける。
でも、「あれじゃ理論なんて理解できない」と言われたら・・・。
そして、療育病院の定期検診で先生に言われたことも、以前ここに書いた。
公文はそのまま続けて、身近な買い物でのお金のやり取りとかで、実践的に学ぶのがいちばんだろう、と。
とにかく、どれが正解かなんてないのだ。やってみるしかない。だから公文にも通わせている。
昨日は親子共々疲れてしまって、また休んでしまったけれど・・・。

私の勝手な言い分なのだが、彼のお母さんに対してはコンプレックスもあった。
彼はアトピーがあるせいもあり、お母さんがちゃんと手作りでいろんなものを作る。料理はお手のもん。
「あたしにはできないわー」と笑っておちゃらけるお母さんに対して、「何言ってんの、全然簡単じゃない?」と
その時、そのお母さんは言った。
私は心の中で「あなたには簡単でも、私には簡単じゃないんです」と思った。

長くなってしまったが、そういう諸々の状態がバックにあって、精神状態が悪化したため、
私は自分を立て直そうと、振込に行ったり、買い物で気分転換をしようと、学校から帰宅せず、そのまま出かけた。

学校でそのことを聞くまでは、意気揚々としていた私。

実は、最近大好きなaikoのライブDVDを買いに行きたかったのだ。(今日発売日(^_^;))
結局20%オフになっていた、過去のアルバムも全部買ってしまったのだけど(-_-;)
そして、これまた話が長くなるのだが・・・以前aikoがMステに出た時着てた服がかわいくて大好きで、
ちょうどそれに似た雰囲気のものを、好みの洋服屋さんで見つけてしまい、試着したらどうしても欲しくなり、
買ってしまった。

カンペキにまた買い物依存状態。

実は(まだあるのか?!)、朝たまたま見てた番組で、私が大好きでDVDも予約してある「いま、会いにゆきます」で
共演した二人が、本当の夫婦になるってことを知り、おまけにおめでただそうで、なんだかうれしくなってしまった。
あの映画以来、私は四つ葉のクローバーグッズが好きになり、少しずつ集め出していたのだ。
携帯ストラップも赤の四つ葉のクローバーだし、今日は朝の勢いで、最近はまったくしなくなっていたアクセサリーだが、
やはり買い物依存の戦利品の、四つ葉のクローバーのペンダントまでして学校に行っていた。
そして、出かけた先で、四つ葉のクローバーグッズを見つけては、また買ってしまった。
めったにしないのに、シルバーリングまで買っちゃったよ・・・。(-_-;)

でも・・・あんなに買い物をしたのに・・・実際には気分は晴れてはいなかった。

そして、今日は水曜日。旦那が早く帰ってきて、ごはんを必ず食べる日。
他の平日は、早く帰ってきても、水曜ほどではないため、ごはんは食べない。
ここにも私の料理コンプレックスがあり、昔鬱がひどくて寝ていた時、旦那にこう言われたことがあった。
「いつも俺が早く帰って来る時に限って、具合悪いって寝込みやがって!!」
それ以来、私は早く帰ってくる日は、絶対に言われまいと身構えるようになった。
今日もその思いがバックにあって、とても作れない状態なのに、作ろうと買い込んだ。
とりあえず一品だけでも作ろう、と。(最近の私は、お恥ずかしいのだが、何一つ自分では作れていなかった・・・)

そこへ来て、自宅マンション前で、息子が前通っていた小学校の新1年生の女の子二人に、呼び止められた。
どうやら一緒に帰ってきた男の子二人とケンカして、どこかに行ってしまったのを探しているらしい。
そういう一連のことを、順序立ててちゃんと説明できる女の子たち。
「見かけなかったなぁ」と私が言うと、「じゃ、もうすこしさがしてみます」と言った。
「大丈夫?気をつけてね?」と私は返した。
これもショックだった・・・。小1なのに、あんなふうにちゃんと説明できるんだ・・・。
最近、特学に慣れてしまっていた私は、以前の普通学級時代のことを思い出し、また比較してしまった。
結局男の子たちは、マンションの玄関の陰に隠れていたみたい。
「あの子たち?」と私は女の子二人を手招きして呼ぶと、うなずいていた。
なんだ、その男の子二人も女の子二人も、みんなうちのマンションの子たちだったのか。
ポストを開けて郵便物を出すその女の子たちに、「見つかってよかったね」と私は声をかけて、その場を去った。
当事者のお母さんなのか友達のお母さんなのかわからないけど、「どうもすみません」と挨拶された。

普通学級時代、健常児にもそのお母さんにも引け目とやっかみを感じていた私。
でもあの頃と違うのは、健常児に対してちゃんと言葉が返せるようになったことだ。
こんな私でも、必死で前に進んでいる。

帰宅。ドアを開ける前から、涙が出始めていた。気が晴れるどころか、疲労。そして押し寄せるパニック。
泣きながら学童に電話し、迎えが遅くなることを告げた。先生は「ムリしないで。大丈夫ですから」と言ってくださった。
2時間泣き続け、泣き疲れ、不覚にも寝てしまった!起きたら5時半!!(*_*)
あわてて起きてまた電話をして「すみません!!今から行きます!!」と告げて、タクシーで学童へ向かった。
学童で、特学の中でいちばん仲よくさせてもらっている友達に会い、少しだけ話せたので、心が軽くなった。

パニックの間、友達に電話をかけまくった。(↑の友達も含めて)
誰かに聞いてもらいたい・・・その思いが強くて・・・。
みんなに心配をかけた。そして今、この日記が書き上がるのを待ってくれている。

夜は、めずらしく旦那に今日の顛末を、泣きながら話した。
そして、風邪で息子をお風呂に入れられないと言う旦那に、陰で文句を言いながらも、
息子とお風呂に入っているうちに、だんだん自分がしっかりしていくのがわかった。

相変わらず、歯磨きが嫌いな息子。今夜もああだこうだとだだをこねた。
でも、その子その子の特徴がある。上手にやらせる方向に持っていかないと。
そのお兄ちゃんは、息子よりずっと学年が上だし、すんなりといろんなこともできるんだろう。

比較してはいけない。普通学級だろうが、特学だろうが。
そして、私は私なりに頑張ってると、自分をほめてやるんだ。
もちろん息子も、一生懸命頑張ってる!!だからほめてあげたい!!

今日私が作った豚汁を、息子が2杯もおかわりした。うれしかった。(/_;)
料理ヘタな私だけれど、どこか取り柄があると、自分でも思いたい。
息子だって「たーぼーはうまれてきてよかったよ」って言ってくれたんだから。

明日も無事過ごせますように・・・。
そして、心配してくれた友達、どうもありがとう!!m(_ _)m


2005年05月10日(火) 学校行事(実況?(^_^;))

精神的に死んでたGWが終わり、息子も月曜日から無事投稿し、じゃなくて!登校し、復活した母。(^_^;)

市内の特学全部が集まる行事が年3回行われるのだが、今日は今年度第1回目のそれに来ている。
こういうものを見学するのは久しぶりだ。(見学していいというか見学してください風だったので、
GW明け、けっこう頑張りながらこれでも来た母(-_-;))
でもなぜか・・・他のお母さんが一人もいない。
???
いるのは、他の学校のお母さんがほんの2〜3人、離れて座ってるだけだ。
うちの学校のお母さんは私だけ。
後からみんなそろって来るんだろうか?
この行事の後、お母さん同士のお食事会があるから、そっちの方がメインで、遅く来るってことなのか??
(母は何気にパスなのだが・・・(^_^;))
まぁ、私は一人の方が気楽だし、途中で抜けて帰るつもりでいるからいいんだけど、ちょっと・・・
なんだかなぁって思った。

朝、息子と口ゲンカになり、息子は私が来てくれないんじゃないかと心配していたらしい。
「後から行くから先に学校行ってて!」って言ったのに。(^_^;)
だから、私が学校に着いた時、「どーしているの?!」って言われたのだが(-_-;)、うれしかったようだ。
素直なのかそうじゃないのか、よくわからない・・・。(^_^;)

行事を実況するかのようにメモする私だが・・・
途中、新小1、新中1の自己紹介があり、新中1さんの一人の子のコメントに泣き笑いしそうになった。
「マンガ家になりたい」そうで。「よかったら読んでください」って。
「でも、見てもらえるようになるかどうかはわかりませんが」だって。(笑)
自分がこうやって書くことが好きなせいか、頑張れって応援したくなった。
私は小6の卒業文集の時、「マンガ家になりたい」って書こうとして、「画家になりたい」って書いちゃったんだけど。(^_^;)

準備運動中、他の子がやってるのに、息子はちっとも参加していなかった。
特学でもそうなのかなぁ・・・やる気ゼロ・・・?(-_-;)
母、ちょっとガクッ・・・。
新任の補助員の男の先生は、ノリノリ風だったけど。でも、あくまでもどこか頼りなく・・・。(^_^;)

息子はどうも、大勢と一緒に何かやるってのがやっぱりダメみたい。
ま、母も幼稚園の時とかそうだったけどね、団体が嫌いだったから。
一人だとちゃんとできるし、やるんだよ。(苦笑)
なのに、ある時から目立ちたがり屋に。何なんだろ?(^_^;)
息子も母に似てるから、屈折してるのかなぁ?(-_-;)

あ!動き出した!少しはやる気出たか?(笑)
でもやりたくないことは、とことんやらないようだ。
こういうとこも母譲りか?(-_-;)
いや、父もそういうタイプだからダブルか?!(-_-;)(-_-;)

うー・・・休み時間になると元気に走り回る息子。なんだよ?それ。(^_^;)
担任の先生とちょっと話したけど、やっぱり大勢ってのが嫌みたいね。
これでもクラス内では、かなりきちんとやるようになってきたらしい。
ほっとく方がかえってちゃんと自分でやるんじゃないかと、アドバイスをいただいた。
息子、母に似てあまのじゃく。(-_-;)
まー、休み時間は楽しそうにみんなと走ってること!(苦笑)
息子、校長先生になついてる。昨日迎えに行った時も、「あ!こうちょうせんせい!」と言ってかまってもらい
うれしそうだった。(笑)
遊んでくれる人は大好きなので。(^_^;)

リトミックが始まった。
息子、見事にスキップができない。本人はできてるつもり。楽しそうにやってるから、まぁいいか。(^_^;)

しかし・・・どこでもメモるのが好きな母。(爆)

うげっ、ついに来たよ、この二人!こういう場でしゃべりっぱなしのこの二人!
子供とは無関係な芸能話をするか・・・?(-_-;)
うるさいんですけど・・・。(-_-)
この時間終わったら帰るって言ってあったし、息子も「帰っていいよ」って言いに来たから、帰ろ。(^_^;)

帰る時間になって、うちの特学のお母さんに二人ほど会った。
この後集まってくるってことね?(^_^;)

はい、学校行事のメモはここまで。(笑)

あー、母、やっぱりぐったり。
息子が帰宅した時には寝てて、ピンポンであわてて起きた。
その後も起き上がれず、公文に行かねばいけない時間になったら、気づいたら息子も寝てた!!(*_*)
起こしたら「うーんねむーいっ!!」と起きない・・・。
公文の先生に電話。「まだ咳ひどい?」と聞かれ、「いやー、今日特学の行事があって・・・」と説明。
「あらま、ミニ運動会ね。それじゃー疲れてるわ」と。
で、またもお休みしてしまった・・・。

ただ今息子、爆睡中。
母、PCで文章書き中。こうして書きながらも、母まだ眠れる自信あり。(苦笑)
はー、やっぱりああいう行事って疲れるわぁ。座ってるだけなんだけど。
子供たちは純粋だし、ある意味癒される部分があるんだけど、母はものすごく疲れる。

いつも思うんだけど。
特学は特に、みたいなんだけど。
長期休み明けにすぐ、保護者会とかこういう行事があるのは、なぜなんだろう??
疲れてるんだってば、親子共々。
母、キツイんだってば。やっと解放された気分になったとこで、これはキツイんだってば!

母帰宅後、ヘロヘロになりながら片づけて掃除したリビングも、息子が帰宅早々に散らかした。
あぁ、ごはん何時になるんだろ?(^_^;)
あ、息子起きた!「こんなじかんになっちゃった!!」と半泣き。
思わず寝てしまったことを気にしている。「おかーさん(くもんに)でんわした?」と気遣いも忘れず。(笑)

さて、ごはんにするかぁ。(^_^;)


2005年05月06日(金) ・・・疲れちゃったよ・・・

このところ、息子がまた咳っぽくなってきたなーって思ってたら、またひどくなった。
昨日も息子の望むとこに連れて行って(旦那は風邪引いたとかで私一人で)、だんだん咳が多くなってきたのを見てて、
ヤバイなとは思ってたんだけど。
やっと息抜きできるはずの今日、学校も休ませて、お医者さんに行った。

今年に入ってから、毎月のように具合悪くなる息子。しかも必ず咳がひどくなる。
咳がひどくて吐くのか、吐き気があるからなのか、それもよくわからず、熱も微熱ギリギリの36℃台だけれど、
とにかく息子の咳は朝から晩まで。眠っている時もたまにしている。
昔に比べれば、そのひどさは軽くはなっているはずだが、やはりきつい。

ポルノの音楽に逃げていたが、だんだんそれもする気にならなくなった・・・。

本当は話が一つ書けていて、それをUPしようと思っていた。
でも・・・その気力すらない。
この日記を書くことで、苦しい気持ちを逃している。

私にとって、この10連休は本当にきつかった。毎日毎日を、どうにか過ごしてきた。
そして、それも終わりにさしかかった所で、またも息子の咳に襲われる。

苦しい。
私が今言える一言は、それだけだ。
苦しいのは咳をしている、息子本人だろう。そんなことはわかっている。
でも私も苦しい。
泣きたいのに泣けない。苦しいのに苦しいと言えない。
どうにでもなれと、投げやりにもなれない。

あとに残っているのは寝ることだけだ・・・。寝よう・・・。


2005年05月04日(水) 毎日がヘロヘロです

昨日は、こどもの苦にじゃなくて、こどもの国に行った。
ったくこのPC、どーしてそーゆーアホな変換すんだよっ?!(=_=)

母、行くだけでいっぱいいっぱいだった。
でも、着いた時間がお昼だったので、こういう時席取りの段取りが悪い旦那に、またもイライラ。
食べるものを頼むのも持ってくのも、ほとんど母の役目。
2時からええとなんだっけ?アバレンジャーだったっけ?のショーがあるのを知ってたので、
息子が喜ぶと思い、母も頑張って行った。
1列目に陣取ったから、母も満足。(つくづく1列目が好きな母(^_^;))
でもスピーカーの真ん前だったので、「うるさーい!!」と息子&旦那。早々に退散。
後ろの方で見る。母不満足。(-_-;)
アバレッドが出てきてイントロ当てクイズ。なぜアバレッドが出てきてイントロ当てクイズなんだ?と思いつつ。(^_^;)
最初の方のメロディーがちょこっと流れる。アニメの歌だろうけど・・・。
息子すかさず「プリキュアだよ」。
「わかったひと〜?」って、舞台の上でおねーさんがぶりぶりな声で聞いてるよ?
ほら、わかったんだから手!手上げろっつーのっ!!
舞台には同じくらいの男の子が上がった。ほーら、そこの子って言われたら舞台上がれるんだよっ?!←目立つのが好きな母
男の子「プリキュア」と答える。正解流れる。ほら!当たりじゃんかよーーーーっ!!
男の子「べつにみてないんですけどね。いもうとがみてるから」とコメント。
        ↑言い方が小憎らしいけども。(^_^;)
息子は見てる(^_^;)。アニメなら母が知らないものも一人で見てるから。女の子向けアニメでもね。
そういえば「ロックマン」のテーマソング、晴一が作詞したあの曲、まだやってるのかなぁ?(そういう意味で気になる母(^_^;))

すぐに息子は飽きて、別の方へ行くと言い出した。
確かにおねーさん、ぶりぶりすぎで、聞いてるとこっちも疲れたけどね。(^_^;)
去り際に「マツケンサンバ供廚離ぅ鵐肇蹐流れ、ハイッ!!と舞台に近づきたくなった母。
以前、どこかの日記に書いたかもしれないが、地方のそういうショーでイントロ当てクイズがあり、
母、「クレヨンしんちゃん」のイントロを当てたことがある。もちろんハイッ!!って手を上げて。(爆)
そして「しんちゃんのマネできる人?」と言う司会者に、思わずもう一度ハイッ!!と手を上げた母。(苦笑)
だが、指さされたのは子供だった。大人げないヤツと思われただろう、きっと。(^_^;)
あまりにしんちゃんのモノマネをするチャンスがないので、今度友達との会話の端々に、
「んー、そうともいうー!」とか入れてみようかと思う。(思わんでいい!(-_-;))

機関車トーマスのゴーカートみたいなのに乗った。
周りはみーんな小さい子。その中にデカイ息子とデカイ旦那。周囲とのミスマッチな光景・・・。(-_-;)

その後、いきなり「どうぶつえんいきたい!」と言い出した息子。
動物園コーナーは遠い!!母、いよいよ疲れが出始める。
動物園への道を半分ほど行ったところで、母、ダウン。「ここで待ってるから行ってきて」とベンチに座り込んだ。
待ってると時間は長い。風は寒い。母はからだが冷えるとロクなことがないから、もう心は半泣き状態だった。

30分くらいで二人が帰ってきたけど、母、ヘロヘロ。
なのに、落書きできる広場で、またも息子が「かきたい!」と言い出し、チョークで落書き。
でもこういうのは母は得意だから、一緒に絵を描いた。
ドラえもんくらいしか描けなかったけど。息子はアンパンマンを描いてた。

疲れながらも家路に着き、帰りに息子と一緒に買い物して(これがまた疲れるんだよー(/_;))帰宅。
ほとんど休む間もなく、夕飯の支度。でもいつもより頑張った。
そして夜、みんなが寝静まった頃からPCをやったら・・・また外が明るくなってしまった・・・。(-_-;)
私がPCで自分のサイトをいじるのは、自分自身に戻るため。そうしないとリラックス&リセットできない。

でも今朝は・・・撃沈。また午前中寝たきり。悪循環は自分がいちばんよく知ってる。家族にも迷惑かけてる。
でも、こうして日記とかで気持ちを吐かずにはいられないのだ。
まぁ、午後はベランダで息子とまた、しゃぼん玉をやったし、少しは遊んであげられたからいいか。
その間、旦那はずっと床の上でテレビだし。(=_=)しかも暗い映画・・・。なんでそんなに暗いのばっかり見るんだよ?!
母、リビングにいられず、またこもる。
そして・・・現実逃避から、ポルノを聴き、アホなことを考え、なんとか立ち直ろうとジタバタした。

あ、「新・ぽ組じゃけぇ!!」に書き忘れたけど、ビタミンレモンを今日も飲み、2本買った。
ビンのゴミはすべてビタミンレモンだ。(苦笑)
集めよう!当たるかもしれないポルノライヴへの道!!集めよう!!小さな幸せを!!

もう日記もあっちこっちにいろんな内容が渡り、垣根を越えてるとです!わけがわかりませーん!!(-_-;)
そんなこんなの連休中の母です・・・母です・・・母です・・・。


彩音 |HomePage

My追加