てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2019年03月31日(日) 街宣車のアンチョコ文字が

朝一番、気合を入れて街宣車に乗り込んだ。すると目の前にアンチョコが貼ってある。「江田野代表が来ます」と。これを見て、不思議と微笑ましい気持ちになった。

そうなんだ。どんなに政治関係者が意気込んだところで、市民の中には枝野さんを名前を知らない人がいる。選挙事務所を手伝っている人ですら、事実としてそうなのだ。良い意味で改めて気付かされた。

既に投票先を決めている人は多い。これから訴える相手は無党派層と、投票に行かない半分の市民だ。面白い試合ならば観客は集まる。低投票率とはつまり、それだけの見世物でしかないということだ。

●今日一日

終日選挙支援活動


何故か嬉しくなりました


2019年03月30日(土) 仲間の勝利に向けてまい進する

仲間が戦っている。残された選挙期間はその支援にまい進したい。特に、もとむら賢太郎市長候補、小池よしかず市議候補、うすい貴彦市議候補、森しげゆき市議候補、大沢ようこ候補、まつうら千鶴子市議候補は、今回の県議選で私がご支援を頂いた。ご恩返しをしなくてはならない、

また県内各地区で県議選に臨んでいる、立憲民主党の同志たちだ。その擁立に少なからず関わってきたので、思い入れがある。彼はどうしているか、彼女は大丈夫か。心配になる。残念ながら身体はひとつしかない。市外に出る機会は少ないが、可能な支援を行っていく。

●今日一日

終日選挙支援活動


2019年03月29日(金) 無投票当選の責任とは何なのか

「無投票で当選した。」その第一報は友人からの連絡だった。その後すぐに、マスコミから電話があった。「感想を聞かせて欲しい。」と言う。一瞬戸惑ったが、正直に答えた。「残念だが、こればかりは致し方ない。」

ここに至るまでの選挙準備は、多くの支援者にお世話になった。その結果でもある。本当に感謝している。こうなった以上は、無投票の責任を自覚し、県議の4期目に臨んでいく決意だ。

その上で、また一方で、自分の中で消化しきれない何かがある。私のこの4年間の活動と決断は、果たして市民に認められたのだろうか。自問自答しながら、次に進めということなのか。とにかくも選挙は終わった。

●今日一日

終日選挙活動/中央区内


日中は各所で街頭から訴えました


2019年03月28日(木) 告示前の最後はライオンズクラブ

相模原シティライオンズクラブの例会。基本的に政治の話題はNGだが、今日は格別のご配慮で時間を頂いた。

県議選中央区に私、市長選にもとむら賢太郎氏、市議選緑区に小田貴久氏、市議選中央区に小池義和氏、皆クラブのメンバーである。一言ずつ決意を申し上げた。仲間の皆様に感謝である。

さて今日はこれで自宅に帰る。明日に備えよう。立候補の届け出は、明日の午前8時30分。タスキをしめて出発だ。

●今日一日

終日地域まわり/中央区内


2019年03月27日(水) 選挙は最後の5分

告示まで2日となった。ここに至って形勢は大きく変わらない。相模原市の地方選挙に限って言えば、半年前で7割方、年が明けて8割方、告示を迎えれば9割方、勝敗の帰趨は決まっている。

一方で候補者同士は常に僅差で争う。とても強い人や、全くダメな人は少ない。不思議といい勝負になる。「火事は最初の5分、選挙は最後の5分」という、比喩が業界内に存在するのはその為だろう。

●今日一日

終日地域まわり/中央区内


2019年03月26日(火) 訴える準備はすべて完了した

統一地方選挙の争点をよく聞かれる。しかしそれは候補者だけが作り出すものではない。一人ひとりの市民生活に隠されている。あとは候補者と市民で、的確なキャッチボールが出来るかどうか。

いよいよだ。怖さ半分、気合半分というところか。この4年間の総括と、今後の決意をマイクで訴えていく。新しいタスキをしめて、街頭に立つのが楽しみだ。告示まであと3日。心の準備は既に完了している。

●今日一日

終日地域まわり/県内



2019年03月25日(月) コンビニで火の鳥を買って読んだ

火の鳥。手塚治虫の名作である。単純なストーリーの中に、多くの含蓄を込められるのは、氏ならではのことだろう。

人は死ぬ。死ぬとはどういうことか。死んだことがないのでわからない。では生きるとはどういうことか。生きているのにわからない。

人生は一度しかないと言う。本当にそうだろうか。輪廻転生とはどういうものか。前世や後世とは。全くもって不明である。

少なくとも思うことは、目の前にあることだけに、くよくよしてもしょうがない。それこそ時間と労力の無駄だ。成るようにしかならないこともある。

●今日一日

終日地域まわり/県内


2019年03月24日(日) もとむら賢太郎市長候補

相模原市長選挙が始まった。現市政を大胆に転換するために、もとむら賢太郎候補を全面支援していく。

JR相模原駅で出陣式。多くの支援者が集まった。「市民を家族と思って市長をつとめる・」そう決意表明があった。なるほど彼なら出来るかもしれない。これまでの付き合いでそう思った。

また大規模開発の白紙化も大切。一旦立ち止まらなければ、市民の意見を丁寧に集約することが出来ない。鹿沼公園の例もある。焦って進めれば、かえってロスが発生する。最初が大切だ。

●今日一日

【午前】
事務作業/自宅

【午後】
もとむら賢太郎市長候補出陣式/相模原
地域まわり/県内


必勝です


2019年03月23日(土) 本当に無投票になってしまうのか

今朝の新聞に県議選の記事が載った。相模原市中央区は「無投票の可能性が高い」と書いてある。これまでも噂は聞いていた。そうなることも覚悟はしていた。しかし改めて記事を見ると、本当なのかと実感する。

何故、無投票になるのか。私が悪いのか。あるいは良いのか。その意味するところが解らない。もちろん準備は出来ている。いつでも選挙は戦える。しかし本当になかった時に、その後どうすればいいのだろうか。

●今日一日

【午前】
社交ダンス練習/富士見

【午後】
打合せ(選挙)/中央
資料作成(報告会)/事務所
月例ミニ県政報会(まちづくり)/中央
打合せ(選挙)/相生

【夜】
会合(地域)/相模原
事務作業/事務所


2019年03月22日(金) 寝ることは無駄ではない

今日はよく寝た。朝も遅かった。また特に昼寝が気持ちよかった。そう言えば、よく寝る子どもだった。家では無論のこと、学校でもよく寝た。行き帰りのバスでも。時間があると寝ていた。

お陰様で大きくなった。遺伝ではないと思う。身内で大きいのは息子だけ。たくさん寝たのが効を奏したのかもしれない。寝ることは無駄ではない。また「24時間戦う」ことが、豊かな人生だとも思わない。

●今日一日

終日お休み


2019年03月21日(木) 連合の支援を受けられなかった

来たる県議選。私は、連合神奈川の支援を受けられなかった。残念である。しかし致し方ない。応援するかどうかを決めるのは、相手様であって候補者の私ではない。これは対市民共通のスタンスだ。

振り返ればこれまでも、同じようなことはあった。選挙ごとに一定の支援者は入れ替わる。360度上手く出来る外交などあるはずもないし、それを求めては自分自身が何者かわからなくなってしまう。

一方で、私の政治信条は、労働者の側にある。連合という組織とは切れてしまったが、引き続き雇用政策は主張していく。労働者の生活を向上することが、社会の安定と発展に繋がる。そこは選挙云々でブレることはない。

●今日一日

【午前】
友人主催昼食会/小山

【午後】
県議選陣中見舞い/県内


2019年03月20日(水) ここまで解らない方言は初めてだ

昨晩の飲み屋さんに加えて、今日のご葬儀でも“方言”を聞いた。ここまで解らないのは初めてだ。半分近くの会話が不明。同じ本州でここまで違うのは、地理的かつ歴史的な要因があるのだろう。

先輩のふるさとは、本当に“田舎”だった。たった2日間。しかしここで見た光景は刺激敵だった。ほんの数時間で着くところすら、同じ日本でも知らない。湯沢市は忘れない。当然先輩のことも。

●今日一日

【午前】
故大関衛秋田県議会議員ご葬儀/秋田県湯沢市

【午後】
湯沢から相模原へ

【夜】
事務作業/事務所


2019年03月19日(火) 初めての湯沢市で4軒

初めて湯沢市に来た。ご葬儀の参列もあるが、それ以上に、先輩の地元を見てみたかった。学生時代、「田舎だぞ」とよく言っていた。

羽田から1時間で秋田空港に着く。レンタカーで市内まで1時間。それ程時間はかからない。しかし光景は違う。まだ雪が積もっている。そして先輩の言う通りの街並みだ。

夕刻、ホテルにチェックイン。少し歩いてみよう。先輩の地元で献杯だ。街を見るには、夜の時間もいい。

以下、実名で触れる。

最初の店は、湯沢駅前の「河童の川太郎」。夕方の5時半くらいだ。おススメに、フグの白子焼きがある。店は古そうだが、店主は私の年齢くらいか。「湯沢は初めてです。葬式に来たんです」「そうですか。大関さんですか」とのこと。少し選挙に詳しい方だ。

次は同じく駅前の名店街。焼き物の「憲」。客は自分ひとりだけ。15年やっているらしい。残念ながら、余り会話が通じない。それでも1品だけと思い、軟骨焼きを頼んだら、これがかなりの絶品だ。七輪で焼く。豚の喉だ。本当に美味かった。このオヤジさん恐るべし。

その後、少しウロウロした。光っている看板がある。スナック「green」だ。ドアを開くと若い女性スタッフがいる。苦手だ。しかし入った以上はしょうがいない。ここも客は自分のみ。早速、先輩の名前を出した。すると80歳近いマスターが言う。最初の選挙は応援した。この店にも来ていた。結局思い出話をして、しばらく飲んでしまった。

ホテルに帰ろうと歩いていると、お好み焼き屋さんがある。その名は「でんねん」。腹が減った。常連らしき人が数名と、焼いてくれる女将さん。ここでも湯沢に来た理由を言った。「おお、まもるの後輩か。」先輩を下の名前で呼んでいる。明日の葬儀にも参列するそう。貴方の仕事は何かと聞かれたので、「同業」と答えると、そうは見えないとのこと。帰り際に、いぶりがっこをくれた。「まもるの為に来てきれた」と言う。・

帰り道で泣いてしまった。飲み過ぎたんだろう。繰り返しだが、この街は初めてだ。来てよかった。先輩は街に愛されていたんだな。相模原も「都会」ではないが、だいぶ違う。

●今日一日

【午前】
選挙立候補届事前審査/市役所
相模原中央支援学校幼稚部・小学部・中学部卒業式/弥栄

【午後】
相模原から湯沢へ


美味しく頂きます


2019年03月18日(月) 街宣車なんて初めてが当たり前

党県連の街宣車をまわしている。海老名市の県議選候補予定者「舘としこ」さんが、「街宣車に乗ったことがありません」と言う。

告示まであと僅かなのに大丈夫かと思ったが、確かに普通の市民は街宣車なんて縁がないだろう。それはそうだよな。

●今日一日

【午前】
海老名県政担当「舘としこ」街宣活動/海老名市

【午後】
相模原市南区市政担当「仁科なつみ」街宣活動/南区内
相模原市南区県政担当「小林大介」街宣活動/同
県議選立候補書類事前審査/市役所

【夜】
下九沢地域振興会例会/下九沢


互いに、頑張ろう!


2019年03月16日(土) あれから一年が経った

あれから一年が経った。月日とは不思議なものだ。彼との記憶はより鮮明になって来るが、悲しいと思う気持ちは和らいでくる。だから人間は生きていけるのだろう。

夜は偶然にも高校のプチ同窓会。八王子のレストラン。後輩が多かったので、ほぼ初対面という感じ。それでも楽しかった。しこたま飲んでしまったが、悪い酒ではない。

●今日一日

【午前】
社交ダンス練習/富士見

【午後】
小田急多摩線延伸・上溝駅設置促進協議会総会/上溝
友人墓参り/新宿区

【夜】
高校有志同窓会/八王子市


2019年03月15日(金) 机とロッカーを片付けて

「また会おう。」そう言って別れた。控室から退出する議員を見送るたびに、その方との思い出が頭をよぎった。同じ部屋で仕事をしてきた。楽しいことや苦しいことを共にしてきた。ケンカもした。

卒業式などで挨拶する時、いつも言うことがある。後ろを振り返る必要はない。思いを残すこともない。ここでリセットだ。ひたすら前に進んで欲しい。今日も団長として、同じ気持ちだった。

そして私自身も、机とロッカーを片付けた。それがケジメである。激動の4年間を一緒に過ごした同志、そして県議会と県庁の協力者に感謝する。ありがとうございました。さようなら。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
本会議(討論及び採決)/同

【夜】
事務作業/事務所


撮影時に、ウルッときました


2019年03月14日(木) なぜ審査場所が分かれるのか

過日も書いた通り、選挙の立候補届を初めて自分で書いている。すると極めて役所らしい、形式主義に陥った書類の束だ。またその中で選挙広報の提出だけが、県庁で受付となっている。先日その理由を問い合わせてみたが、納得のできる回答ではなかった。

私のような現職はいい。県庁に来ているから。しかし新人で、かつ県内でも遠方の方は大変だ。訂正箇所があったら、往復するのだから。地方議員の成り手が不足している。現役で働いている人が立候補しやすいように、小さくてもできる改革があるはずだ。

●今日一日

【午前】
団長会/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
行政相談対応(教育)/横浜市中区
選挙公報事前審査/県庁

【夜】
打合せ(議会)/県庁


2019年03月13日(水) 選挙公報が完成した

選挙公報の最終打ち合わせ。写真と所属政党以外は、前回とほぼ同じ内容になった。候補者が私という同じ人間なのだから当たり前か。また我が国の政治状況も、余り変わってはいないし。

市民は何を基準に投票する候補者を選ぶのか。永遠のテーマである。これがわかれば候補者はやりやすい。しかし謎であるところに選挙の醍醐味がある。

一方で、どのツールが重要なのかは、過去いくつかの調査で明らかになっている。最も大きい判断材料が、新聞折込で入るこの選挙広報だ。限られたスペースに思いを込めて。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内


2019年03月12日(火) 行政幹部よりも長く座っている

振り返れば4年間、厚生常任委員会に所属した。委員の任期は1年と決まっているので、これだけ長いのは珍しいほうだ。そのメリットはいくつもあったと実感している。

課長等の役職者は、大体2、3年で交代する。都度その紹介を、私は委員会で受けてきた。議員が1年で変わってしまえば、逆にこちらの自己紹介から始めなくてはならない。

向こうよりも先に、かつ長く席に座っている。そのことによって見える景色がある。委員会は会派の人数により割り振り、あとは会派内でリストをつくっていく。来期の会派運営に申し送っておく。

●今日一日

【午前】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
正副団長会/同
厚生常任委員会(質疑)/県庁

【午後】
厚生常任委員会(質疑及び意見発表及び採決)/県庁


2019年03月11日(月) 勤労統計不正の県に与える影響

予算委員会の2日目だ。立憲民主党・民権クラブ県議団からは、赤野たかし議員(横浜市青葉区)と青山圭一議員(川崎市多摩区)が発言した。国の勤労統計の不正について、県としての認識と対応を質した。職員費に関連すること以外は、県施策に影響はないとのこと。まずは安心だ。

基礎的な数字の把握や記録は、行政機構の基本的な役目だ。少なくとも過去において、霞が関はそれが出来ていたから、市民から一定の信頼を得ていたのだと思う。しかしそれがおかしくなっている。結果として影響が少なかったら、まあいいだろうとはならない。政府に猛省を求める。

●今日一日

【午前】
予算委員会/県庁

【午後】
予算委員会/県庁


2019年03月10日(日) 定数17に25人以上が出る激戦

相模原市議選が激戦になっている。中央区選挙区は定数17に、25人以上が立候補する様相だ。立憲民主党と、党派をこえた友好議員の当選に向けて、全力を尽くしていきたい。

いつも市議会本会議の質問項目をチェックしている。事前にホームページで公開される。これをじっと見てみると、地域で何が問題になっているのか、またそのことに個々の議員がどう向き合っているのか、概要がわかる。

政令市になったからこそ、市議会議員との連携は大切だ。その為には選挙を共に乗り越えて、信頼関係を構築することが肝要だ。県議選と同じ日程だからこそ、しっかりコラボしていきたい。

●今日一日

【午前】
森繁之市議事務所開き/上溝

【午後】
団体月例会/町田市
自衛隊入隊・入校者激励会/中央


2019年03月09日(土) 大規模開発は一旦立ち止まって

支援者に誘われて橋本の公民館まつりに参加した。さて公民館は駅ビルの上に入っている。ここに移転新設する際には、地域から反対意見が出たのを覚えている。駐車場やバリアフリーの観点から、使いにくいという声を今も聞くことがある。

今相模原市長選挙で、私が支援するもとむら賢太郎氏は、「大規模開発は一旦立ち止まる」と言っている。大賛成だ。工事が大きいほど、着手したら途中で変更がきかない。真に利便性の高い施設とは何か、その議論が第一だ。財源は後からついてくる。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
橋本公民館まつり/緑区橋本
打合せ(党)/海老名市


2019年03月08日(金) 二十歳の誕生日

子供の二十歳の誕生日。私は特に何もしていない。しかし眼前にその大きな体を見ると、やはり親として感慨深い。

二十歳。自分で振り返った時に、よく覚えている。彼もまた、今のことを記憶し続けるのかもしれない。

今後も飾るつもりはない。寺崎雄介という人間の生態を、余す所なく見せていく。それが大切だと信じている。

●今日一日

【午前】
予算委員会/県庁

【午後】
予算委員会/県庁

【夜】
事務作業/事務所


2019年03月07日(木) 見て見ぬ振りは責任の放棄だ

行政は縦割りが酷い。何故こうなってしまうのか。「他部署との連携」がテーマになり、その担当者が設置されるくらい、とにかく権限の外に発想が及ばない。

児童虐待事件を聞くたびに残念になる。個々のケースに向かい合っている職員は、自分自身が過酷な状況に追い込まれている。一方で周りは、それをわかっていて見ぬ振りをしている。

仮に現場で解決できなければ、政治を突き上げて欲しい。それも税金から給与をもらっている、仕事の範疇ではないのか。

●今日一日

終日地域まわり


2019年03月06日(水) 秋田県議会議員大関衛先輩

訃報を聞いたのは、今日の午後である。今は夢の中か。いや、隣にいる同僚議員は選挙の話をしている。どうも現実のようだ。実感が湧かなくて、早めに自宅に戻った。過去の手帳を引っ張り出してみた。

手帳というものを持った、最初の一冊。1990年のものだ。明治大学に入学した年、そして雄弁部に入部した年だ。

4月14日、雄弁部新勧企画、1:00〜2番教室、と書いてある。恐らくここが、最初の出会いのはずだ。2学年上だった。秋田選出の国会議員の学生秘書をされていた。いつもスーツを着ていた。

いつだったか、私は言った。「国会議員に会ってみたい。」すると先輩は聞いた「寺崎はどこだっけ?」「相模原です。」と答えた。「では藤井裕久さんを紹介しよう。」すぐにそう言われたのを覚えている。

振り返ればそれが政治活動のスタートである。私は18歳だった。

その翌年、1991年の手帳を開いてみる。もう一つ、忘れるはずもないことがある。7月25日〜8月7日、NSA台湾、と記載がある。自民党の関連団体だった全国学生交流会(NSA)の主催による、学生数十人の台湾研修ツアーだ。実施の数か月前に、先輩から誘って頂いた。「おい寺崎、タダで台湾に行けるぞ。どうだ?」もちろん即答。「はい。お願いします!」

現在一緒に暮らしている息子、その母親とはこのツアーで出会った。

卒業後は、遠方だったこともあり、お付き合いはそれ程なかった。しかし秋田という単語を聞けば、先輩のことを思い出していた。何度か、超党派の議員研修会等で、ばったり顔を合わせたこともあった。

藤井裕久先生と、息子の母親。私の人生で大切な出会いが、先輩によってもたらされたことを、直接伝えたことはない。感謝している。どこかで、そう言っておけばよかった。

先輩が、死を迎える直前まで、前のめりであったことを信じて疑わない。

明治大学雄弁部OB、全関東学生雄弁連盟元委員長、秋田県議会議員大関衛先輩。享年50歳。ご冥福をお祈りする。

ありがとうございました。

●今日一日

【午前】
ともに生きる社会推進特別委員会/県庁

【午後】
行政相談対応(教育)/県庁
ともに生きる社会推進特別委員会/県庁

【夜】
事務作業/事務所
打合せ(選挙)/南区内


普段は見ない、過去を見てみた


2019年03月05日(火) 立候補の書類を初めて書いてみた

立候補書類の事前審査。初めて自分で行ってみた。一枚一枚、自分で書いてみた。なるほど、極めて役所らしい書類である。

その一つ一つに意味がない。「間違いがないように」という守りのために、同じようなことを何枚も書いて、ひたすらハンコを押していく。

しかし目の前にいる市の職員を責めてはいけない。公職選挙法をつくっているのは政治。つまり私自身の責任である。改革が必要だ。

●今日一日

【午前】
立候補時提出書類事前審査/中央

【午後】
打合せ(党)/千代田区


2019年03月04日(月) 清川村の煤ケ谷診療所について

厚生常任委員会で質疑を行った。概要は以下の通りである。

1、県立煤ケ谷診療所について
・診療所の意義について
・清川村との協議について

2、津久井やまゆり園の再生について
・地域住民との合意形成について
・千木良園舎の名称とモニュメントの設置について
・芹が谷園舎の発注方式について
・防犯対策について
・再生に向けての決意について

3、ヘイトスピーチ対策について
・被害者の相談体制について
・法務局との連携について
・ネット上の差別書き込みのモニタリングについて

4、かながわDV防止・被害者支援プランについて
・相談体制について

●今日一日

【午前】
厚生常任委員会(質疑)/県庁

【午後】
厚生常任委員会(質疑)/県庁

【夜】
行政相談(施設)/横浜市中区
会合(党)/同


2019年03月03日(日) 反省はあるが後悔はしていない

「大きな流れに、身は任せない。自分で決めて、自分で進む。来期は、まさに新しい道を創る。」

後援会に開催して頂いた総決起大会&新春のつどいで、そう決意を申し上げた。

この4年間、紆余曲折があった。反省点は多くある。しかし後悔はしていない。自分で選んだ道だから。

私は現在、政治的に厳しい状況にある。だからこそ、今日来て頂いたに感謝している。まさに牘天の友瓩澄Iず勝って、そのご期待に応える決意である。

●今日一日

【午前】
本村賢太郎市長候補予定者事務所開き/中央

【午後】
てらさき雄介総決起大会&新春のつどい/富士見


あとは進むのみ


2019年03月02日(土) 七つの会議

七つの会議。悲しい物語である。コミカルな表現も多々用いられていたが、それを上まわり悲しさが込み上げてくる。真相が明らかになった犖譱芦餤牒瓩慮緘召蓮⊃匹てウルっとしてしまった。

最後に主人公が言う。日本人にとって会社と藩と同じ。簡単には辞められない。辞めることは負けること、そんなDNAが受け継がれている。

不祥事や隠ぺい等の社会問題は、日本の企業文化のみに原因がある訳ではない。終身雇用や年功序列は良いことなのだ。グローバル化で崩れてきたが、最後の一線は守っていく必要がある。

●今日一日

【午前】
実践倫理宏正会朝起会/中央
後藤祐一衆議院議員春のつどい/南区南台

【午後】
本村賢太郎市長候補予定者新春のつどい/中央


2019年03月01日(金) 精勤賞と皆勤賞の生徒が三分の二

母校明大中野八王子高校の卒業式。卒業にあたって様々な表彰があった。その中で目を見張ったのは、精勤賞と皆勤賞の生徒たち。両方合わせて、何と三分の二の生徒が対象だった。6か年皆勤というツワモノも多くいる。

私は違った。休むこと、遅刻すること多数。さて友人たちはどうったのかな。以前はみんなそんな感じだった気がする。まあ真面目になっているのは良いことだ。しかし卒業して自由になって、急にガクッとこないかな。変な心配だ。

●今日一日

【午前】
明大中野八王子高校卒業式/八王子市

【午後】
地域まわり/中央区内


てらさき雄介 |MAILHomePage