てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2018年11月30日(金) 無理をしない補給廠の跡地利用とは

全日不動産の懇談会。“相模総合補給廠の跡地利用とリニア再開発”について、参加した議員がそれぞれ考え方を述べた。

無理をして、余りにも多くの人を集めようという計画は、それこそ無理がある。外需をあてにするのではなく、市民の内需を喚起するような利用にするべき。今現在、相模原には多くの人が住んでいる。

その為には、市民が望む施設を整備する必要がある。福祉・医療・スポーツ・教育・産業等、日頃の地域活動の中で「こんな施設が欲しい」という声を聞く。それを着実に整備することだ。無理はいけない。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/千代田区

【午後】
事務作業/県庁
団体訪問/横浜市西区
全日本不動産協会相模原支部政経懇談会/相模原

【夜】
会合(議会)/相模原


2018年11月29日(木) 横浜地域連合の総会に団長として

横浜地域連合の総会に参加。会派を代表してご挨拶した。

「私は相模原の選出ですが、お招きいただき感謝しています。立憲民主党・民権クラブ県議団は、議員17名で組織する県議会の第二会派です。

その17名のうち、実に12名が横浜市選出の議員であり、会派としての政策の協議や、様々な意思決定にあたっては、横浜市民、そして横浜地域連合の皆さまから頂いているご要望を、十二分に受け止め、その反映に努力しているところです。〜以下省略〜」

以上、嘘偽りはない。人数が多い方が声は通りやすい。横浜市12名、川崎市3名、平塚市1名、そして私の相模原市1名。結果としてそうなった。このままでいいとは思わない。

全県的な課題を把握することが出来るように、空白の地域に同志を増やさなければならない。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(子育て)/市役所

【午後】
地域まわり/中央区内
横浜地域連合総会/横浜市中区
支援者経営店舗オープンセレモニー/田名


会派を代表しての挨拶は難しいです


2018年11月28日(水) ともに生きる社会推進特別委員

第三回定例会も後半になった。黒岩知事から議案の提案があった。会期末は12月21日。本会議が7日、常任委員会が2日、特別委員会が1日開催される予定だ。限られた今任期。精一杯やっていく。

さて新たな役目が加わった。ともに生きる社会推進特別委員会の委員である。本日、議長から指名された。他会派議員の辞職により、立憲の枠が1つ増えたもの。これで昨年に続いて、同委員に就任となる。

元より強く関心を持っている分野。2年半前の津久井やまゆり園事件をきっかけにつくられた憲章。私も当時の会派を代表して、策定作業に加わった。普及啓発を進める具体策について、委員会で発言していく。

●今日一日

【午前】
団長会/県庁
行政相談対応(公園)/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
本会議(提案等)/同
事務作業/同
資料作成(報告会)/事務所
行政相談対応(子育て)/同

【夜】
月例ミニ県政報告会(高齢化社会)/中央
会合(地域)/千代田


2018年11月27日(火) 帰ってきたヒトラー

帰りの飛行機で“帰ってきたヒトラー”を見た。国内線なのでディスプレイはない。キンドルにダウンロードして持参した。基本はコメディーだが、製作者なりのメッセージも込められている。

日本も今に至る大きな影響を受けた。ナチスドイツと同盟を結んだことを以て、大日本帝国は悪の「枢軸国」であったと総括された。世界の戦争博物館に行くと、ヒトラーと東条英機が並んでいることも多い。

経済の低迷、失業者の増加、移民の増大。今のヨーロッパも同じだ。日本もまた。安易に外国人を受け入れれば、いずれトラブルがおこる。それは憎悪に変わり、排斥を主張する政治勢力が台頭する。歴史に学ぶ必要がある。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
沖縄から相模原へ移動

【夜】
打合せ(選挙)/中央
会合(地域)/同
事務作業/事務所


2018年11月26日(月) 奇麗な海と悲しい詩

11月も終わろうとしているのに、ふりかかる日差しがとてもきつい。喪服を着ていると汗が流れてくる。空は快晴。そして眼前は群青。絵に描いたような奇麗な海だ。

「島の果て、世の果て、この丘」そう刻んだ碑が、ここ摩文仁の丘のふもとにある。その上には狄斉狎遒療祗瓩鬚呂犬瓩箸垢襦各都道府県や地域の戦没者を慰霊する施設が並んでいる。

今年も県主催の南方諸地域戦没者追悼式に参列した。神奈川県から出征し戦死された、四万八百名のご冥福を謹んで祈りつつ、世界平和実現の決意を新たにした。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
神奈川県南方諸地域戦没者追悼式/糸満市


ご遺族も多数参列されていました


2018年11月25日(日) 小さな島や地方の山村は財産

プライベートで、離島フェア2018を訪れた。沖縄県と鹿児島県内の各島が、その名産品をはじめ様々なブースを出している。石垣島のテントでは知人に巡り合うこともできた。またその他にも興味深いものを見聞きした。

小さい島は、それ故に産業が少ない。農業や水産業、またその加工品に頼るしかない。どこまでいっても効率では劣る。しかしそこを捨てていいのか。違うと思う。小さな島や地方の山村は財産であり、かつ私たちと同じ人が生活している。

日本そのものも島国ではないか。資源がない。内需だけでは維持できない。一方で輸送コストは高い。それらの困難を乗り越えて、経済大国になったのだ。ともに知恵を巡らせて協力し合えば、全土くまなき均衡ある発展は可能である。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
離島フェア2018訪問/那覇市


特産品の販売と飲食がメインでした。


2018年11月24日(土) 今回はワルツになった

社交ダンスの練習は半年ぶりだ。来年春の発表会に参加するため、そろそろ準備に入らなければならない。前回はタンゴだった。今回はワルツとのこと。人にもよるのだろうが、私はこちらの方が難しく感じる。

元々音感とリズム感がない。身体もかたい。ワルツの滑らかな動きが出来るのだろうか。付き合いでやっているからこそ、自分を追い込まないと上達しない。練習期間は約4か月。予定を差し繰って可能な限り参加しよう。

●今日一日

【午前】
社交ダンス練習/富士見

【午後】
沖縄県へ移動


2018年11月23日(金) 洗濯機を買った

洗濯機を買った。1年半前に息子がやって来たとき、「洗濯機が汚い。きれいにならない。」と言われた。どうもその後、それに馴染んでしまったようで、何も言われなくなった。

しかしずっと考えていた。新しいものを買おうと。近所のノジマ電機に行ったのは数か月前。自宅に入るサイズに限界があり、間口等の寸法を測ってきてと言われた。それが面倒くさくて、しばらくの時間が経った。

そして先般、改めて買いに行った。特段に変わったオプションは必要ない。何より容量だ。男二人分、いかに回数を少なく選択するか。それを第一に考えた。納品はあっけない。既存の撤去を含め、正味10分位だった。

見ると、色々なスイッチがある。洗濯にもバージョンがあるらしい。まずは使ってみるか、また取扱説明書を見てみるのか。多分前者になるのだろうな。明日から沖縄。帰ってきたら試してみる。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
打合せ(選挙)/中央
事務作業/事務所


ふふふ


2018年11月22日(木) 酒無しの議員生活はあり得ない

今年最初の忘年会。箱根の旅館で盛大に開催された。浪人中からのお付き合いなので、大方の参加者は知っている。それ故か、また泊まりということもあってか、それなりに酔っ払ってしまった。

酒とは不思議だ。頭と体が麻痺する。身体にも良くない。社会的なトラブルが起きることもある。しかしそれでも禁止の議論は出てこない。かつてのアメリカの禁酒法は、どうやって運用したのだろうか。

受動喫煙禁止条例を県議会で審議していた頃。酒は全く飲まないが、タバコを多く吸う、その案に反対の先輩がよく言っていた。「酒で人生を壊した人は多いが、タバコではない。」

しかしそれでも、このままがいい。酒が飲めなくても、それなりに楽しく生きていける気はする。一方で、議員は続けられないかな。何故ならば、政界関係者の多くは、シラフで話が出来ない。

●今日一日

【午前】
正副団長会/県庁
団長会/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/同
行政相談対応(公園)/同
打合せ(選挙)/横浜市中区

【夜】
福祉法人忘年会/箱根町


宴会料理です


2018年11月21日(水) 横浜市旭区にある水道企業団の本会議場

神奈川県内広域水道企業団議会は横浜市旭区にある。企業団の建物内、その3階がスペースだ。約50年前に建設された。ちょうど県庁新庁舎と同じ頃。それ故か、議場の雰囲気もどことなく似ている。

空間を贅沢にとっていること、待機スペースが多い所等々。お金があった時代のものだと思う。一方で、今や県内の自治体は財政がとても厳しい。当局や議員は、それが解っているようで実は解っていない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内
打合せ(選挙)/中央

【午後】
地域まわり/中央区及び南区内
広域水道企業団議会
*広域水道常任委員会
*議会運営委員会
*本会議


贅沢な本会議場です


2018年11月20日(火) 枝が隣の土地にはみ出している件

「県が管理する土地から木の枝がはみ出している。」知人から連絡があった。現地に行ってみると確かにそうだった。しかも交通の妨げになっている。これは良くない。急ぎ解決しなければならない。

これが県議の仕事かと言えば、制度上は違うだろう。法律で規定された役目ではない。一方で、現実にこの案件を解決できるのは自分しかいない。県の出先が廃止された政令市だから。尚更だ。

まずは担当セクションの特定。実はこれに時間を要する。役所の組織は担当外のことに関心がない。その後、週明けには本格犖鮠牒瓩澄数ある議員から私を選んでくれたことを後悔はさせない、

●今日一日

【午前】
支援者主催朝食会/中央
打合せ(党)/都内

【午後】
打合せ(党)/都内


だいぶ、はみ出しています


2018年11月19日(月) 知事や市長はとても出来ない

黒岩神奈川県知事。昨晩の閉会式で一緒だった。私は相模原に帰るため空港へ。そこでばったりお会いした。同じく朝の便で公務のため、シンガポールに向かうとのこと。お元気だ。本当に敬服する。

首長は大変だ。予定を自分で決められず、四六時中見られている。かつ議会から様々な指摘を受ける。選挙というよりも、在任中の4年間に苦労がある。私はとても出来ない。だからこそ、期待できる人を応援したい。

●今日一日

【午前】
ハノイから相模原へ移動

【午後】
ハノイから相模原へ移動

【夜】
下九沢地域振興会例会/下九沢


2018年11月18日(日) H.I.Sハノイ支店

H.I.Sハノイ支店のハノイ支店にお世話になった。ベトナム人の神奈川観光について、詳細なレクチャーを受けた。今や日本有数の旅行会社である。創業者は「日本のトーマスクックを目指す」と言っていたそうだが、ネットの要素を加えて既にそれを越えている。

19歳の時に中国を訪れた。入りと出が香港だった。その航空券をH.I.Sで買った。定かな記憶ではないが、確か新宿のどこかのビルの一室に行った気がする。お金を払い、紙カーボンの航空券をもらった。確か6万円くらい。今とそれ程変わらない値段だ。

●今日一日

【午前】
かながわフェスタinハノイ会場視察/ハノイ市

【午後】
HISハノイ支店よりレクチャー/ハノイ市

【夜】
かながわフェスタinハノイ閉会式/ハノイ市


2018年11月17日(土) かながわフェスタINハノイ

神奈川県主催の海外イベント、「かながわフェスタINハノイ」にやって来た。自治体外交や企業誘致については、これまでも多く議会で発言してきた。現場を見ようと思った。定例会中、かる選挙まで半年を切っているが、予定を差し繰って何とか都合をつけた。

今日は開会式。場所は良し。設営も良し。もう少し小規模かと思ったが、かなり大規模だ。恐らくベトナム政府の支援を受けているのだろう。やっただけの効果はあると思う。しかしイベントはあくまで一過性のもの。私も黒岩知事も、永遠ではない。その後をどうするか。継続性なくして友好関係は保てない。

●今日一日

【午前】
かながわフェスタinハノイ開会式/ハノイ市

【午後】
AIS株式会社視察/ハノイ市
多摩川電子会社ハノイ視察/フンイエン省

【夜】
技能実習生送り出し機関役員と夕食/ハノイ市


会場にあった神奈川県の広報パネルです


2018年11月16日(金) 本多勝一氏の著書を思い出した

ハノイ便は多く飛んでいるので、予約を先延ばしにしていた。するとエコノミークラスが満席になってしまった。仕方なくプレミアムエコノミーに座る。前後の幅が少し広い。その他のサービスは変わらない。しかし値段は高い。

本多勝一氏の猊郎い覆訐鎖性瓩鮖廚そ个靴拭3慇源代に読んだ。新幹線にグリーン車があるが、それは「一等車」ではないか。実質格差をつけているのに、それを覆い隠すための名称ではないのか。そう書いてあった。

高い座席が広い。それはわからないではない。しかしその飛行機の採算はどうか。エコノミーの席を広くしたら、本当に儲からなくなるのか。利用者はわからない。選択肢がないのだから、言いなりになるしかない。そういう視点で感がる私は、少なくとも資本主義者ではないのだろう。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
打合せ(議会)/県庁

【午後】
ハノイへ移動


2018年11月15日(木) 2019年4月7日

県議会議員選挙の日程が決まった。2019年4月7日だ。翌週の14日だと思っていたが、天皇退位の都合で前倒しになったとのこと。逆算して告示は3月29日。あと4か月後である。

党の事などで、人の選挙の話を多くしているが、自分のことを余り詰めて考えていない。そろそろ具体的な準備を始めなければ。さすがにまずい時期になった。印刷物の手配や選対の結成等に、とりかかろう。

元より現職議員にとって、選挙は4年間の総決算である。私なりにやってきたつもりだが、果たして市民からどう見えていたのか。どう評価されるのか。怖いものだ。しかしこればかりは致し方ない。

●今日一日

【午前】
水源環境保全課よりレクチャー/県庁
行政相談対応(福祉)/同

【午後】
打合せ(議会)/県庁
事務作業/同

【夜】
所用/横浜市中区


2018年11月14日(水) この機を逃してはいけない

安倍総理とプーチン大統領が会談した。日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速すると合意。北方領土の返還と平和条約締結が、一歩前に進んだことを歓迎したい。互いに長期政権。その効果が現れていると実感。

政治家は決断するのが仕事。何だかんだと言い訳をしながら、先送りを続けるのは無責任だ。北方領土は国の問題であると同時に、4島出身者の人生にも大きく関わる。残された時間はそう多くはない。

また日米同盟を結んでいるからこそ、逆にロシアとの友好関係は大切だ。日本外交の基本はあくまで全方位。この機を逃してはいけない。この点では現政権を応援したい。与野党の協力が必要だ。

●今日一日

*神奈川県内広域水道企業団議会
広域水道常任委員会県外調査

【午前】
独立行政法人水資源機構早明浦ダム視察/高知県土佐町

【午後】
独立行政法人水資源機構早明浦ダム視察/高知県土佐町
相模原へ移動


2018年11月13日(火) 全県1事業体の水道企業団

香川県広域水道企業団の本部と浄水場を視察した。狒憾1事業体瓩鯡椹悗靴董∈G4月に発足。全国一番新しい水道企業団だ。神奈川県内は、歴史的に水が豊富ではない。将来の供給体制に対する不安も大きいとのこと。

水道は市町村の仕事になっている。しかし広域化することによって、経営効率のみならず、災害時などの対応も図りやすくなる。神奈川の現状は、既に広域化されているとも言えるが、県として問題意識は持ち続けるべきだ。

●今日一日

*神奈川県内広域水道企業団議会
広域水道常任委員会県外調査

【午前】
高松へ移動

【午後】
香川県広域水道企業団本部視察/高松市
同御殿浄水場視察/同


大正2年から稼働している浄水場です


2018年11月12日(月) 広域水道常任委員会で発言

県内広域水道企業団議会の11月定例会が始まった。最初は議会運営委員会。副委員長として規則改正について発言。また議事日程の協議と決定を行った。その後、本会議が開かれ企業長から提案説明があった。

更に、広域水道常任委員会も開催。まずは民間企業に移譲した旧丹沢荘の開業時期が未定との報告に対して、経過を質問した。周辺地域や山北町と連携して、早期に地元の期待に応えられるよう求めた。

また水道施設の老朽化と耐震化対策。相模原浄水場改修をはじめ、多くの工事が発注されている。構成団体や利用者にとって、水道は最も重要なライフライン。特に災害時の期待と関心は高い。着実な進捗を求めた。

●今日一日

【午前】
団体訪問/横浜市南区
事務作業/県庁

【午後】
県内広域水道企業団議会
*議会運営委員会
*本会議
*広域水道常任委員会

【夜】
事務作業/事務所
来客/同


2018年11月11日(日) 千代田自治会連合会の50周年

千代田自治会連合会の50周年記念式典。この周辺は旧地番が上溝だった。半世紀前に「千代田」と名付けられ、その後、多くの方のご尽力で地域が発展してきた。改めて敬意を表し、感謝申し上げたい。

一方で課題もある。上段の一戸建てが多い地域は、転出入が少ないので人口が高齢化する。土地も空きが少ないので、集合住宅も新しく立ちにくい。激しい高齢化によって、コミュニティ維持の人材も不足している。

基礎である自治会のあり方も考え直す必要がある。半ば公的な役割を担いながらも、加入率は年々低下している。会員と非会員の不公平感も増している。しかし政治は、その抜本的な対策を採っていない。

●今日一日

【午前】
千代田自治会連合会50周年記念式典/富士見

【午後】
所用


地元県議としてお祝いを申し上げました


2018年11月10日(土) 藤野駅と相模湖駅へ

相模原地域連合の街頭活動。協力議員として応援に駆け付けた。場所は藤野駅と相模湖駅だ。2007年の県議選、旧津久井4町を含む相模原全市が選挙区だった。この駅にも度々立った。

政令市移行により中央区に押し込められたが、このたった1回の選挙をやって良かったと思っている。同じ地元であることを、今でも強く実感できる。人口が少ない地域にこそ、政治は手を伸ばす必要がある。

●今日一日

【午前】
上溝ふくしまつり/上溝

【午後】
相模原地域連合街頭活動/藤野駅及び相模湖駅
介護・医療事業所交流会/富士見

【夜】
事務作業/事務所


たくさんビラを取って頂きました


2018年11月09日(金) 弱いもの同士がもたれあっても

「野党は一つにまとまるべき。」という意見がある。しかし地元の実感としては、この声は少ない。「何党でもいいから、しっかりやれ。」がほぼ大勢だ。

組織を強くする為には、何より個人が強くならなければならない。組織同士の協力関係も然り、弱いもの同士がもたれあっても、それこそ強大な敵には立ち向かえまい。

今は、それぞれが足腰を鍛える時。吹き荒れている暴風雨に飛ばされないよう、やせ我慢をして踏ん張る時だ。

離合集散は甘い蜜かもしれない。しかしそれを食べてしまったら、また同じ失敗を繰り返すことだろう。不幸は市民だ

●今日一日

【午前】
私用

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
消防団秋季火災警戒/上溝
支援者訪問/相模原


自宅でパンを食べるのは久し振りです


2018年11月08日(木) 百歩譲って完全目的税かな

引き続き、消費増税に反対である。増税しておいて、その同じ税金で犒糞ぢ从瓩箸亙鬚譴襪靴ない。経済が動いていない時に税率だけ上げても、実入りは少なく、むしろ税収全体を下げてしまう可能性もある。

何より、対であるはずの政策効果が実感できなければ、多くの納税者は理解のしようもない。「財政再建」だって、これまで政治が使い込んできたツケだろう。経営者である政治家と官僚の責任はどうなるのか。

百歩譲って消費税を上げるなら、完全目的税にするしかない。カネに明確な色を付けるのだ。年金でも医療でも、子育てでもいい。しかし一般財源に入れてしまえば、元の木阿弥。これまでの繰り返しだ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
相模原シティライオンズクラブ例会/中央
支援者訪問/同
事務作業/事務所


所属するライオンズクラブの誕生日例会です


2018年11月07日(水) ワークライフバランス

午前中、永田町の国会周辺で打合せがあった。ちょうど前日から伊東に滞在している。時間こそ最も大切だ。早く行き来する為に、往復とも新幹線を利用した。

行きは朝だった。通勤らしき人が多く乗っている。そうだ。高額の定期代、かつ2時間程の時間を使って。ようやく職場にたどり着く労働者は多い。大変としか言いようがない。

日本の国民一人あたりのGDPは、必ずしも高くない。欧米ではより高い国が多い。しかも休暇休養は多く、労働時間は短い。同じく高齢化に悩む中で、労働生産性を社会全体で高めている。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/千代田区

【午後】
お休み


2018年11月06日(火) 3重課税とのご意見を聞く

森林環境譲与税が導入される。国税である。神奈川県は10年前から、独自の水源環境保全税を採用している。横浜市ではみどり税がある。2重、3重の課税ではないとのご意見を聞く。

全て住民税に乗ってくる。市民税の明細をよく見ると、それぞれが取られているとわかる。それぞれに違いがあり、それぞれが必要と行政は言う。しかし工夫がない。自然環境保全は総合的なもの。これに使っていいとか悪いとか、細かいヒモが付いていること自体がナンセンス。

また国、県、市とも役所だ。市民から見れば、同じく税金を払う相手。どこが担当するのか話し合いをして、税も一元化した方が、効率よくかつ効果的な政策が打てるのではないか。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【午後】
お休み


2018年11月05日(月) 一部事務組合の議会をモデルとして

神奈川県内広域水道企業団議会の11月定例会が始まる。今日は事前に当局からレクチャーを受けた。広域水道常任委員会と議会運営委員会に所属している。地元相模原に関連すること等を質問する予定だ。

一部事務組合の議会は、構成や議員の選出方法が様々。この議会の場合は、構成団体(出資団体)である神奈川県・横浜市・川崎市・横須賀市、それぞれの議会から選ばれる仕組みだ。私は去る5月に開かれた県議会本会議で、議長から指名されて就任した。

さて都道府県という存在は、その在り方を変える必要がある。特に3つの政令がある神奈川県はそう。議会もまた同じである。県独自の事業が減っている中で、それでも残っていくのは市町村間の調整機能。ならば最初から、各市町村の代表者が議員になればいいのではないか。

わざわざ市民の投票による選挙を行わなくても、各市町村の議長や副議長があて職でなるとか、行政の側から副市長が出てくるとか、仕組みは色々と考えられる。法の壁があるにしろ、新しい構想を巡らせることは大切だ。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/横浜市中区
事務作業/県庁

【午後】
打合せ(議会)/県庁
県内広域水道企業団よりレクチャー/横浜市旭区

【夜】
立憲民主党相模原議員団会議/中央
会合(党)/同
事務作業/事務所


企業団は来年、創立50周年を迎えます


2018年11月04日(日) 茅ヶ崎市議会補欠選挙の応援

茅ヶ崎市議会補欠選挙は11月18日が投票日である。立憲民主党県連合で、『藤本けいすけ』公認候補予定者の街頭演説会を開催した。場所は茅ヶ崎駅前。相模原から車で40分と近い。少しだけマイクを持った。

補選の議席は1。そこに何と6、7人も出馬するらしい。来年4月の本選挙に予定していた新人が、こぞって名乗りを上げたのだろう。併せて市長選もある。高い投票率で、新しいかじ取り役が決まることを願っている。

●今日一日

【午前】
本村賢太郎衆議院議員後援会イベント/横浜市金沢区
市民文化祭ダンスフェスティバル/富士見

【午後】
行政相談(福祉)/茅ヶ崎市
藤本けいすけ茅ヶ崎市議補選候補予定者街頭活動/同
事務作業/事務所

【夜】
会合(地域)/鹿沼台
会合(地域)/相模原


電車だと上溝から53分かかります


2018年11月03日(土) みんなあつまれIN相模女子大学

県立津久井やまゆり園の事件を繰り返さない為に、県行政と議会の協働で爐箸發棒犬るかながわ憲章瓩鮑定した。

県はその普及啓発の為、イベントを企画した。前回は横浜の赤レンガ倉庫だった。厚生委員会で一貫して主張したのは、横浜の一か所で開催しても広くは周知されない、各市町村のイベント等にコラボして、こちらから出かけていく必要がある、ということ。

県当局も真摯に受け止めてくれ、本年度は複数回の開催となった。そして今日、地元相模原で開催された。場所は相模女子大学構内。同校の学園祭に併せている。実はここに入るのは初めて。

会場は少し奥まった場所だったが、県内の障がい者関係の事業所と、相模原市役所も協力してくれていた。これが大事である。今日この場所でやっていたことは、少しづつでも確実に伝わっていく。それが地域というものだ。

●今日一日

【午前】
上矢部自治会大運動会/上矢部

【午後】
チャリティダンススポーツフェスティバル/南区麻溝
みんなあつまれin相生祭/南区相模大野
事務作業/事務所

【夜】
会合(議会)/相模原


大学という場所も良かったです


2018年11月02日(金) 東京ガスの研究開発施設を視察

東京ガスの研究開発施設を視察した。ライフラインの一翼を担っているので、防災対策にかなりの力を入れている。ガス管の性質から、地震の場合のガス漏れチェックまで、企業として多くの投資をしていると実感した。

公共と民間の線引きは難しい。しかしその線を引かなくては、政治の仕事もまた明確ではない。私なりの結論。民間の不採算部門を背負うのが公共。研究開発は直結する利益が見えにくい。公共がもっと支援する必要がある。

●今日一日

【午前】
団体訪問/横浜市中区

【午後】
東京ガス労働組合友好議員懇談会/横浜市鶴見区
*同社横浜テクノステーション視察

【夜】
相模原地域連合政策懇談会/田名
会合(地域)/相模原


最先端の研究に感服しました


2018年11月01日(木) 法華経のお話

とても良い話を聞いた。法華経には犹誘貳苦(要約)を度する瓩判颪い討△襦その「度する」の意味についての解説だった。生きている以上は四苦八苦を無くすことは出来ない、それを乗り越えて渡るのが肝要とのこと。

なるほど。仏教の勉強は余りしていないが、確かにそれはそうだろう。どんな人でも必ず年をとるし、病にもかかる、そしていずれ死んでいく。そんなに遠いことではない。私だって、既に折り返しは過ぎている。

●今日一日

【午前】
団体周年行事/清新

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
支援者訪問/相模原


てらさき雄介 |MAILHomePage