てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2018年07月31日(火) 神奈川を日本一の福祉先進県に

月例のミニ県政報告会。第132回目となった。今日は8名の市民にご参加いただいた。任期も残り1年を切ったことにより、ここまでの公約に対する取り組みをご報告した。

前回の選挙公報とリーフレットは、「日本一の福祉先進県にする」がキャッチだった。振り返れば、その前の選挙も、またその前の選挙も大枠は変わっていない。私の政治家としてのライフワークと言える。

津久井やまゆり園事件は突発的に見えるが、その背景に差別優生思想がある以上は、日本社会が責任を問われるテーマでもある。福祉の対象は限定されない。誰もが助ける側、また助けられる側になり得る。

神奈川は大分以前「福祉の先進県」と言われていた。以前予算委員会で黒岩知事に「今そう言われない現状をどう考えているか」と聞いた。「よく調べてみたい」との回答だった。

原因はわかっている。県単独の施策が減っていること、現場の声に耳を傾けて制度がつくられないこと、行政マンの対応が通り一辺倒になっていること。等々による。いずれも改善は可能だ。引き続き取り組んでいく。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
月例ミニ県政報告会(公約報告)/市民会館
会合(後援会)/中央
事務作業/事務所


2018年07月30日(月) 蓮舫氏が党首を辞めて1年か

この日記を書き込む際には、パスワードと日付を入れる必要がある。誤って「2017年」7月30日と打ってしまった。すると蓮舫氏が民進党の代表を辞任した、その感想を述べた文章が出てきた。

そうかまだ1年前なのか。遠い昔のことのようだ。色々あるが、それでも何事もなく月日を重ねるよりはいい。刺激的であるし、変化にどう対応するか考える分、自分自身も成長出来ている気がする。

来年の今頃はどうなっているだろうか。4月には選挙もある。議員でなくなっている可能性も。また仮に当選したとしても、安定した活動をするのは難しいだろう。まったくどうなるかわからない。一寸先は闇だ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
会合(議会)/中央
事務作業/事務所


2018年07月29日(日) 議員になる前はイベントに興味なし

上溝夏まつりの本宮。昨日の宵宮は台風で中止となった。私の記憶する限り初めてのこと。安全が第一。この決断は正しいと思う。命をかけてまでやる話ではない。まして子どもたちも来る。

さて午前中は消防団で神輿の警備。午後は他地域のまつりと労組のレセプション。夕刻また上溝に戻り、式典と近隣のあいさつまわり。最早これまでと自宅に帰ったのは夜10時くらいか。

振り返れば議員になる前は、イベントごとに興味はなかった。自分の成人式も行かなかったくらいだ。しかし普段は人通りのない場所も、こういう日は溢れかえる。賑やかなのが好きなのか、あるいはその反面で寂しいのか。

とにかくも、まちづくりにとって人の動きは大切。家に籠っていてはお金もまわらない。おかげ様で今は飽きるくらい、多くのまつりに行っている。100%仕事だが、それでも大分楽しめるようになった。

●今日一日

【午前】
消防団活動(上溝夏まつり警備)/上溝

【午後】
JP労組さがみ支部レセプション/富士見
地域まわり/中央区内

【夜】
地域まわり/中央区内


暑かったです


2018年07月28日(土) 自堕落な一日を過ごそう

台風により一切の行事が中止になった。気合を入れて迎えた週末だったが、結果やることがなくなった。これも僥倖。せっかくの機会なので、何も考えずに自堕落な一日を過ごそう。

午前中は洗濯と掃除。2時間ほどで終わってしまう。テレビをつけると、ろくなものをやっていない。パソコンは仕事モードになってしまうので却下。いつものサウナJNファミリーに行く。

人工温泉と薬湯を少々。その後は上で漫画を読む。カイジの沼パチンコ編を読破。イマイチかな。Eカードの方がいい。あとはエスポワールのジャンケンか。そして初めてウシジマくんを手にとった。

有名な作品なので何となく知っていたが、なるほど長期連載だけのことはある。面白い。救いのない起承転結。登場人物のほどんどが悪。人をだまし裏切る。本当の主人公であるカネを中心に物語が進行する。

10巻ほどで今日のところは勘弁してやった。帰り際にいつもの相鉄ローゼンで買い物。そして早めの晩御飯だ。普段は余りしない家飲みだ。ビールと缶チュウーハイ。つまみは適当につくった。

子どもは試験中。部屋に籠って勉強しているが、気を遣わせてはいけない。寝てしまおう。時刻は22時30分。まずまずの休みだった。無為にして時の価値知るオッサンかな。

●今日一日

終日お休み


2018年07月27日(金) タッカンマリのスープは最高

韓国食事の最終日はタッカンマリだ。簡単な料理だが、日本ではなかなか食べられない。鶏が高いせいかもしれない。韓国では安い方の料理だ。

鶏1羽を丸ごとぶつ切りにして鍋に入れる。そこにネギとジャガイモと砂肝が普通。煮えた後は唐辛子かマスタードのタレにつける。ニンニクを入れない人はいないが、どれくらいかはお好みだ。

鶏自体はそれほど特徴はない。目を見張るのがスープだ。飲んでよし。締めはラーメンかご飯を入れる。鍋全部が無くなるまで美味しく食べられる。

●今日一日

終日所用


2人で1羽くらいですね


2018年07月26日(木) 焼肉は一人旅には向かないが

韓国と言えば、言わずもがな焼肉である。牛と豚の両方がある。残念なのは量が多いので、一人旅には向かないこと。誰かと一緒に行った時は、一度は訪れる。最近はマジャンドン市場か、ドラム缶焼肉、初めて行った明洞近くの豚カルビ屋もいい。

韓国は焼肉屋に限らず、すべてが専門店である。焼肉屋に刺身はないし、刺身屋に焼肉はない。鶏鍋屋に海鮮鍋はないし、その逆も然り。すなわりその店では同じものを食べ続けることになる。その1品が上手いかどうか。焼肉屋も常に問われるので、当然に肉の品質や漬け込みはいい。

●今日一日

終日所用


豚カルビのみそ漬け


2018年07月25日(水) 韓国の刺身はヒラメがいい

今日から3日間。閑話休題で好きな韓国料理について書きたい。初日の今日は刺身である。日本で食べる上手い刺身とは趣向が違う。同じ基準ではかれるものではない。あくまで現地仕様で臨むのが肝要。

大方は生簀から好きな魚を選んで捌いてもらう。私はヒラメが好きだ。中くらいの大きさで5千円くらい。エンガワはたまらない。生ニンニクと唐辛子を挟み、コチュジャンや醤油をつけて食べる。

刺身屋の特徴は一緒に出てくるおかずの多さ。よく行く中央市場では、焼き魚や
生ガキ等、10品以上にもなる。なかなか食べきれないが、いずれもおかわりも自由だ。

●今日一日

終日所用


ヒラメの刺身


2018年07月24日(火) 泊まって朝早く帰るのがいい

昨日は山梨県に宿泊した。早く寝たので朝5時半に目が覚めた。朝食は6時から大丈夫とのこと。レストランで美味しくいただき、そのまま車に乗り相模原へ戻る。1時間半くらいだろうか。

泊まって朝早く帰る。もったいないようだが、仕事の付き合いはこの方が楽。翌日も皆んなで一緒では疲れてしまう。各々が時間を有効に使える。私は個人主義者、そして自由主義者なので尚更だ。

●今日一日

【午前】
所用

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
相模原地域連合街頭活動/古淵駅


2018年07月23日(月) テレワークを推進しなければ

この暑さだ。気象庁も「災害レベル」と言っている。その中で体を壊さない為には、働き方改革が重要になってくる。テレワークを推進しなければならない。

県行政も取組んでいるそうだが、成果は目に見えてこない。もっと勇気を出してチャレンジすればいい。政策会議を顔を合わせないでやればどうなるか。議員に対するレクチャーをネットでやればどうなるか。内部ですら成功しなければ、市民に対しては難しくなる。

やれば出来る。やってないだけだ。地域の小さな団体でも意思疎通の手法は進化している。ライオンズクラブや消防団ですら、今はライングループの連絡が当たり前。その他、手法を駆使すれば十分に可能だ。

●今日一日

終日所用


2018年07月22日(日) さずがに昼行燈はもう通用しない

立憲民主党神奈川県連合が主催する、西日本豪雨災害支援の募金活動。横浜駅西口の高島屋前で、所属議員と多くの党員で行った。まさに猛暑。きつかったが、多くのご通行の方にご協力頂いた。

入党して約5か月。その前から騒ぎは起きていたので、含めればもうすぐ1年だ。現在は立憲民主党・民権クラブ県議団の団長、及び立憲民主党県連合の役員になっている。隔世の感とはこのことだ。

一連の事態をすべて受け止めきれているとは言えない。だから重い。しかし受ける責任は、他の誰でもない、私にある。わかっている。さすがに昼行燈はもう通用しない。返り血と怨念怨嗟。覚悟して本気でやるか。

●今日一日

【午前】
立憲民主党県連合街頭活動/横浜駅西口

【午後】
行政相談(環境)/富士見


事務局が大量の水を用意してくれました


2018年07月21日(土) 行って飲まないのは辛いかな

体が疲れているので、禁酒日かつ、早く家に帰ろうと考えていた。するとお誘いの連絡が2つ入る。さてどうしたものか。行くべきか行かないべきか、それが問題だ。昼くらいまでは行かない方に傾いていた。

しかし横浜から相模原市内に入ったあたりで考えが変わった。行こう。元々欠席すると返事していた会を合わせて、結果3軒のハシゴとなった。誘われるうちが華だ。まあしかし、行っても飲まなければいいんだが。

●今日一日

【午前】
JR東労組横浜地本横浜支部定期大会/横浜中区

【午後】
事務作業/事務所
打合せ(党)/中央

【夜】
支援者訪問/淵野辺
市議主催イベント/相模原
会合(地域)/同


2018年07月20日(金) 大本が違う参議院選挙の制度変更

非常に奇妙な選挙制度が導入された。参議院議員の定数を6増やし、比例代表選挙に特定枠を導入するという。市民は理解しないし、出来ないだろう。安倍政権と自民党はしっぺ返しをくらうはず。

元々は1票の格差を正すために、徳島と高知、鳥取と島根を合区したこと。一方の県から議員が出られないことになり、「地域の声が届かない」という名目を付けて、現職議員の落選に保険をかけたのだ。

大本が間違っている。徳島選挙区から出ている参議院議員は、徳島県の代表ではない。これは衆議院も同じ。「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する」憲法第43条の規定である。

どうしても選挙区の代表者にしたいなら、憲法を改正して、国会の位置付けを変えるしかない。「国会議員は、それぞれ選出された選挙区の代表者として、その役割を担う」さしずめこんなところか。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/東京都千代田区

【午後】
会合(議会)/川崎市川崎区

【夜】
会合(議会)/川崎市川崎区


2018年07月19日(木) 大王製紙の元社長と同じ懸念

カジノは徹底反対。百害あって一利なし。ここまで強引に進める意図がわからない。「依存症対策」って何んなの。依存性になるからカジノは儲かるのに。冷静になったら、皆んな賭けないでしょう。

さてネットに大王製紙元社長の意見が出ていた。カジノで身を打ち崩して、更に背任で刑務所に行った人だ。氏は、日本のカジノは上手くいかない言っている。その懸念とポイントは私と一緒だ。

中途半端だから。元々健全なカジノなんてない。規制を強くすれば客が減り、胴元が儲からなくなる。では日本でマカオのような狷旦茘瓩鬚弔れるか。無理だろう。最初から止めた方がいい。

●今日一日

終日所用


2018年07月18日(水) 86歳でここまで飲める人を知らない

藤井裕久先生のお誕生会。お世話になった地元相模原の各級議員が参加した。会場は洋風レストラン。メインはステーキだ。

先生お好みの焼酎がなかったが、幸い冷酒が小さい瓶で数本あった。そのペースの速さ。正味2時間で全てなくなってしまった。ちなみに加勢は少ない。私もハイボールで失礼した。

先生は86歳になられた。私もご高齢の方と多くお付き合いしているが、ここまで酒を飲める人を知らない。私の40年後だ。果たして元気で飲める状態だろうか。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内
打合せ(党)/中央
事務作業/事務所

【夜】
会合(地域)/千代田
会合(議会)/同


素晴らしいことです


2018年07月17日(火) 全軒とも居酒屋である

同僚議員とハシゴ酒。しこたま飲んだ。議員は料亭か高級クラブと市民から誤解を受けるが、おかげ様で全軒とも居酒屋である。

同じ部屋にいるものしかわからない雰囲気と連帯感。そして来年の選挙に向けて勝利して欲しいと願う気持ち。忌憚なく話をすることが出来た。

●今日一日

【午前】
立憲民主党・民権クラブ県議団ヒアリング/県庁

【午後】
所用

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2018年07月16日(月) この暑さでエアコンが壊れた

暑い。本当に暑い。元々気温には鈍化な方だが、ここまでくるとさすがに暑い。タイやフィリピンをこえてインド熱帯レベルに達していると感じる。

しかも自宅のエアコンが壊れた。リモコンなのか本体かわからない。管理会社に連絡するも、業者から後で連絡させますと呑気な話だ。子どもの部屋に別途着いているのが救い。本当に凄かったら冷機をわけてもらおう。

何よりお年寄りや体の悪い方は大変だ。くれぐれもお気をつけて欲しい。時々は無理をしないで涼しい場所へ。コンビニ、スーパーどこでもある。

●今日一日

【午前】
会議(党)/横浜市中区

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
会合(議会)/相模原


2018年07月15日(日) これでは立候補しにくいな

臼井貴彦市議(中央区・立憲民主党)の市政報告会に参加。中高バスケ部の同級生だ。早いもので2期目の任期もあと数か月。亡き友のために何としても3選を果たし、市民のために働いて欲しいと願っている。もちろん私もだが。

さて相模原の市議選は苛酷になった。区割りと相対的定数減で得票ボーダーが上昇。中央区では4,000票を獲得しないと勝利は望めない。私がやっていた時は3,000票位だったし、何より全市域が選挙区。苦手な地域や層を外してもやりようがあった。

それ故か、回を追うごとに志願者が減っている。緑区や南区も同様だ。膨大な資金力か、集票が望める組織のバックか、はたまた何かないと立候補ができにくい状況だ。最初から地盤・看板ある人は少なく、結果政治が一部の人に限られる傾向となる。

これを解決する手段は2つある。1つは選挙制度を変えること。そして2つは。政党がしっかりと幅広く候補者を発掘することだ。現職議員の互助会サロンになってはいけない。アメリカのように候補者を決めるための予備選挙をやってもいい。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/事務所
臼井貴彦市議市政報告会/中央
地域まわり/中央区内

【夜】
自衛隊家族会相模原座間地区会総会/横山


盛会でした


2018年07月14日(土) 安らかな死はあるのだろうか

『あずみ・幕末編』を全18巻まで一気に読んだ。面白くも悲しい話だった。主人公が刺客なので殺陣は多いが、すべての死を決して美化しない。高邁な武士や敵の強い刺客も、切られた後に、驚き、嘆き、凄まじい形相で死んでいく。

さて死とはどのようなものだろう。最期の瞬間が安らかだったのか、どれだけ苦しかったのか。考えてもわからない。父と友人を無くしてからは、ほぼ毎日それを考えている。その場にいなかったので尚更だ。安らかな死が、あるのかもわからない。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区

【夜】
会合(地域)/相模原


2018年07月13日(金) これまで11年間の反省を含めて

会派団体ヒアリングの2日目。朝、県議会の控室に来ると犇気瓩少しおかしい。それとなく聞いてみると、不届きな同業の来訪者がやって来て、我が会派の採決に文句を言って帰っていったらしい。

腹が立つ。何かあれば責任者である私に直接言えばいい。言いやすい人に言っている時点でアウト。また大切な同僚議員に対して、ウダウダと圧力を加えるのは容認出来ない。しかも議員の生命線である選挙の話を出すのがイヤラシイ。

さて対象の案件。旧優生保護法下の強制不妊手術について、国に対して真摯な対応を求める意見書案が、「共産党」「かながわ国民民主党・無所属クラブ」「公明党」の3会派からそれぞれ提案された。

まさに人道的なテーマである。党派間で色々な諍いはあるが、ここに持ち込んではいけないと考えた。そして私は厚生委員会で、立憲民主党・民権クラブ県議団を代表して、その全ての案に賛成した。

すると後日、「何で共産党の案に賛成したんだ!」と言ってくる外野がいる。繰り返しだが、人道的なテーマである。故に国会では、立憲・自民・共産含めて、すべての党派で議連をつくって対応している。永田町の方がまともではないか。関内日本大通の世界が異常なのだ。

腹の立つ顛末について、本来ならば、互いに政治関係者なので遠慮する必要はない。しかし今日のところは、団体及び氏名の記載は惻隠の情をもって控えておく。まあこの種の嫌がらせは1年半も続いている。こちらは構わないが、もう止めた方がいいと思うよ。

しかしここに至ると、基本的な価値観の違いを認識せざるを得ない。私自身の、これまで11年間の反省を含めてそう思う。民進党の分裂は残念だった。その上で立憲民主党が出来て良かった。市民に堂々と向き合える。感謝している。

●今日一日

【午前】
立憲民主党・民権クラブ県議団ヒアリング/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団ヒアリング/県庁


2018年07月12日(木) 左翼系から右翼系まで

会派のヒアリング。民進党が分裂、会派もまた。人数も少なくなった。それでも多くの皆様にご参加頂いた。まさに切実なご要望であると受け止め、頂いたお話は確実に県当局に伝えていく決意だ。

さて私は左翼系から右翼系まで幅広く付き合いがある。そのことに矛盾は感じない。議員が主権者を選ぶことは僭越だし、それはあってはならない。私たちは選ばれる側であることを忘れてはいけない。

だからどこでも行く。どの団体とでも話す。私自身の主張はどの場でも変わらないが、あとは先方が判断することだ。繰り返しだが、こちらから間口を狭めることはしない。ヒアリングはあと2日行う。

●今日一日

【午前】
立憲民主党・民権クラブ県議団ヒアリング/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団ヒアリング/県庁

【夜】
相模原シティライオンズクラブ例会/相模原
同2次会/同


2018年07月11日(水) 共産党・ネット・大志・横浜緑に感謝

第2回定例会の最終日。すべての議案の採決が行われた。立憲民主党・民権クラブが提案した犖文書管理の徹底甅犇疑Πの働き方改革瓩亡悗垢覦娶書案は、賛成少数で否決されてしまった。

言いたいことはあるが、書けばグチになる。会派の責任者として、それは情けない。控えよう。しかし数日前にこの日記で書いた通り、「解決より対決」が基本方針であることに変わりはない。今後も続けていく。

さて提案が否決されたのは、私の団長としての力不足による。その中でも、リスクとマイナスを背負って、決断してくれた同僚議員に感謝したい。任期も残り9か月。その最後の日まで共に歩んでいきたい。

また我が会派の提案に賛成して下さった、日本共産党・神奈川ネットワーク運動・大志会・横浜緑の会の皆様に御礼申し上げる。採決は議員のまさに命。嬉しかった。このことは忘れない。

●今日一日

【午前】
団長会/県庁
立憲民主党・民権クラブ県議団正副団長打合せ/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
本会議(討論及採決)/同
行政相談対応(交通安全)/同

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2018年07月10日(火) イチ県議会議員に権力なんてない

政治は権力闘争と言う人がいる。しかし私は違うと思う。世界平和の要諦は対話。利害調整でも何でもいい。喧嘩しないで如何に収めるか。それが大切だ。

こういう話をすると、「寺崎も権力闘争やってるじゃないか」と、特に最近議会の内部で指摘を受ける。勘違いしている。皆んな冷静になった方がいい。元々イチ県議会議員に権力なんてない。だから権力闘争は発生しない。

ケンカが好きな人が多いこともあるのだろうが、これからも専守防衛の原則でいきたいと思う。自ら仕掛けることはしない。

●今日一日

【午前】
立憲民主党・民権クラブ県議団正副団長打合せ/県庁

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2018年07月09日(月) NECアメニティプラザ

地元相模原のNECアメニティプラザが8月で閉店する。思い出の多い場所だ。今日の下九沢地域振興会を以てお別れとなる。

初回は忘れもしない15年前のこと。落選した初めての県議選で、相模原地域連合の会合に初めて呼ばれた。この時、南橋本にこの施設があるのを知らなかった。以後は地域の会合でもお世話になった。

宴会をしたい。スポーツをしたい。集まりたい。しかしその場所がない。そういう声が多い。民間任せにしないで、行政も取り組む必要がある。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【夜】
下九沢地域振興会定例会/南橋本


ありがとうございました


2018年07月08日(日) ベアの低迷は構造的な問題だ

お世話になっているJR東労組横浜地本の定期大会。私と同じく来賓の立場で参加していた某労組役員の挨拶が印象的だった。

その労組は経営者との春闘を経て、18年振りに月300円のベースアップを獲得したそう。「細やかな成果だが、ベースアップ自体を知らない組合員も多いため、今後に繋がる」とのお話。

ちなみにこの企業は中小ではない。数千億の決算規模を持っている。それでもこのような状況だ。アベノミクスの結果は見る影もない。

日本は明治初期の国づくりを欧米に学んだ。改めて謙虚な姿勢で、その良さを取り入れる必要がある。日本より長く休暇をとっていながら、平均年収が高い国は多く存在する。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
JR東労組横浜地本定期大会/箱根町


挨拶の機会を頂きました


2018年07月07日(土) 西郷どんの今後の楽しみ

西郷どん。録画して毎回見ている。いよいよ革命編だ。2つの点に注目している。一つは薩摩藩の動向。いつどのような協議と決定を経て、討幕方針に転換したのか。私自身の長年の謎である。真相は究明の仕様がない。だからこそその描き方が楽しみだ。

二つは西郷さんの変化。今までの満面に人がいい西郷さんでは、強大な徳川幕府は倒せない。西郷・大久保・岩倉は権謀術数の限りを尽くしたと、かの司馬遼太郎は書いていた。特に討幕は最終段階に至るまで、軍事ではなく政治闘争の趣きが強い。楽しみだ。

●今日一日

【午前】
行政相談(施設)/共和
社交ダンス練習/同

【午後】
市民サマーダンスフェスティバル/南区麻溝
事務作業/事務所
相模原市自治会連合会大会/中央

【夜】
元県議お通夜/南区古淵


2018年07月06日(金) 厚生委員会でヘイトの質問

厚生常任委員会で発言。過日の代表質問で立憲会派として取り上げたヘイトスピーチについて。その詳細を確認した。

まずは京都朝鮮学園裁判の認識。ヘイトスピーチは公共の福祉に反し、憲法が保障する表現の自由をこえていることが確認できた。

また県の人権政策に関する懇話会で対策を検討するとのこと。その際にはヘイトに関する専門家を新たに加えることを提案した。

●今日一日

【午前】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
厚生常任委員会(質疑)/同

【午後】
立憲民主党・民権クラブ県議団全体会議/県庁
打合せ(議会)/同

【夜】
厚生常任委員会(意見発表及び採決)/県庁


2018年07月05日(木) 大きな風呂で無理なくストレッチ

地元相模原では有名なJNファミリーの会員になっている。月会費で入り放題。今日は夕方と夜に2回行った。

いつも長い時間はいない。短ければ15分、長くても30分くらいか。サウナは余り入らない。目的は3種類ある大きな風呂。

手足を伸ばす。そして腰を浮かしてウネウネする。固まっている時はボキッといったりする。無理なくストレッチが出来る。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/事務所

【夜】
小田急多摩線延伸促進協議会総会/中央


会員証


2018年07月04日(水) 牛の肉じゃがに驚く

夜は都内で会合があった。その後一人で錦糸町で一杯やった。チューハイと肉じゃがを頼む。すると肉が牛だ。自分でつくったことはないが、豚肉が相場だと思っていた。驚いた。

調べてみると東西で違うらしい。東日本は豚肉、西日本は豚肉が多いそう。その意味では私の認識は必ずしも間違っていなかった。今日も色々あったが、一番印象に残った犹件瓩世辰拭

●今日一日

【午前】
次回厚生常任委員会準備/県庁
来客/同

【午後】
神奈川県内広域水道企業団議会臨時会/横浜市旭区
・議会運営委員会
・本会議
・広域水道常任委員会

【夜】
会合(地域)/東京都墨田区


美味しかったです


2018年07月03日(火) 女学生の対応に心があらわれた

相模原シティライオンズクラブの献血応援活動。青山学院相模原キャンパス内に献血車を置き、横で「献血しませんかー」と通る人を誘う。

ここに来るといつも感心する。学生さんがとても協力的だ。列が途絶えることがない。「初めてだけど体重制限は大丈夫か」「痛いですか」等々、不安ながらも高い関心を持ってくれている。

ある女学生。身体の小さいその人は、一人で列に並んで献血をした。数時間後、誰かと一緒にまたやって来た。「友達を連れてきました」と言う。偉いな。自分は昔どうだったかな。ライオンズの仲間でそう話した。

●今日一日

【午前】
相模原シティライオンズクラブ献血活動/淵野辺

【午後】
相模原シティライオンズクラブ献血活動/淵野辺

【夜】
会合(地域)/相模原


昼は学食でした


2018年07月02日(月) 解決より対決

なぜ立憲民主党を選んだのか。市民から問われることが多い。長く説明できるときは、いくつか政策を申し上げるが、時間がないときは「私は反自民ですから」と答えている。

非自民という言葉も一方である。これは全く意味が違う。うまく話し合いをしながら実現する革命なんてあり得ない。権力は決して移譲されない。奪取するしかない。解決より対決だ。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(建設)/市役所

【午後】
事務作業/事務所
行政相談対応(福祉)/上溝

【夜】
立憲民主党相模原議員団会議/中央
会合(党)/同


市役所で市民相談の対応


2018年07月01日(日) 酔っ払ったらお金を使おう

淵野辺料飲サービス組合の総会懇親会に地元の県議として参加。元々はバー組合だった。組合をつくるほど多くのバーがあった地域ということ。確かに淵野辺北口は今でもその面影を残している。

さて飲食店は押しなべて苦境にある。関内のような一見市街地でも、「数十年で一番大変」と店主は言う。確かに飲み会は少なくなった。また使う値段も安い。今や3千円会費が当たり前。負のスパイラルだ。

私が以前から主張している都市計画の見直しに加えて、少なくとも仕事で飲み食いする必要がある人は、可能な限り地元の飲食店を使おう。そして酔っ払った時は、気持ちよくお金を使おう。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/事務所
来客/同
淵野辺料飲サービス組合総会懇親会/淵野辺
支援者見舞い/南区北里


てらさき雄介 |MAILHomePage