てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2017年02月28日(火) 石原前都知事の吊るし上げについて

石原前都知事が責められている。絶大な人気を博した在職時を考えると隔世の感がある。しかし氏の都政運営は当時から大きく問題を抱えていた。今更という気もする。政治は流行り廃りではいけない。

さて世界の国々の一部は、前の為政者を吊るし上げる。現在の権力者は、そのことで地位を確保する。しかし日本人は余りそのような手法を用いてこなかった。今回の件は珍しい事例と言える。

また納税者の都民が関心を持つのは当然だが、まったく関係もないであろう人から、多くの意見が出ているのは不思議だ。自分たちの街に大切な政治テーマはあるだろうに。テレビに影響され過ぎだ。

とにかくも爐△箸里泙弔雖瓩任△襦在職中の首長と議員こそ厳しくチェックするべきだ。神奈川県知事や相模原市長、また私も同じです。遡って責任をとらせようとても、実質的には難しい。

●今日一日

【午前】
厚生常任委員会正副委員長打合せ/県庁
厚生常任委員会(報告及び説明)

【午後】
厚生常任委員会(説明及び質疑)


前向きな議論を期待します


2017年02月27日(月) 仮居住先のひばりが丘学園を視察

県立津久井やまゆり園の建替えに伴い、その仮居住先がひばりが丘学園に決まった。横浜市港南区にある。機能が新年度から平塚市に移転することになり、その跡地と建物を利用することにしたのだ。

既に補正予算で改修工事が行われており、その状況等を確認するために厚生常任委員会で現地調査を行った。実際現場を見ることは課題把握に重要だ。県庁からバスで向かった。20分と少しで着いた。

建物は老朽化している。特に外見が良くない。行政施設は必ずしも華美である必要はないが、住居として利用するからには一定の配慮が必要だ。その他にもやまゆり園と比べると劣る点がある。

4月の入居以降も必要に応じて手を入れる必要がある。また何より早期にやまゆり園の建替えを完成させ、元も生活に戻れるようにしたい。明日から始まる委員会で議論が深まるよう、委員長として努力していく決意だ。

●今日一日

【午前】
厚生常任委員会県内調査
*県立ひばりが丘学園視察/横浜市港北区

【午後】
打合せ(議会)/県庁
予算委員会準備/同
政治資金団体収支報告書提出/同

【夜】
支援者経営コンビニ開店セレモニー/緑区下九沢


仮とはいえ大切な住まいです


2017年02月26日(日) 日曜の今日一日

日曜の今日一日。比較的早くに起床。本を読んだ。村上海賊の娘。率直に言って面白くない。かつ読みにくい。なかなか進まない。次の本を何冊か買ってしまっている。早く完読しなければ。

その後は朝食。自炊である。とは言っても納豆ご飯。この世で一番好きな食べ物だ。小さい頃から変わらない。消費期限を数日過ぎたものが良い。発酵の具合でかなり臭くなっている。

午前中は毎月開催しているミニ県政報告会。現在県議会に提案されている来年度の県予算をテーマにした。11名の方にご参加頂いた。多くのご質問やご意見をいただく。受け止めて審議に臨みたい。

終了後は上溝公民館まつりへ。昨日に続いての参加である。館内ではサークル毎に日頃の研究発表。外では子どもたちが大喜びの出店が並ぶ。私も玉こんにゃくとフランクフルト、そしてすいとんを頂いた。

光が丘小学校で鼓笛隊の35周年記念演奏会。メンバーは減っているとのこと。親御さんたちでつくる育成会が努力されている。地域コミュニティの維持に重要な貢献を果たしている。応援していく。

緑区へ移動。長友よしひろ県議の新春のつどい。参加者で知った顔は少ない。恐らくは旧津久井4町の皆様だ。相模原は広い。団体自治はそれ程心配していないが、住民自治に不十分さを感じている。

民進党地元支部の街頭活動。本村衆議院議員、京島県議会議員、小田市議会議員、石川市議会議員と一緒にビラを配った。党の支持率は低い。しかしめげていても仕方ない。前向きに活動するだけだ。

相模原駅経由で帰宅する。駅前にご無沙汰している店がある。ご支援頂いている。夕食で少し寄った。ビール1本と日本酒を2号。つまみはシャコとイカゲソだ。幸せを感じる瞬間。まさにおっさんだ。

バスに乗り10分。日金沢下停留所に到着。降り立つと自治会長とばったり。これから自治会の役員会とのこと。日曜の夜に。頭が下がる。私も予算委員会の準備をしなければ。

●今日一日

【午前】
資料作成/事務所
月例ミニ県政報告会(来年度県予算)/中央

【午後】
上溝公民館まつり/上溝
光が丘鼓笛隊35周年記念演奏会/光が丘
長友よしひろ県議新春のつどい/緑区城山
民進党地元支部街頭活動/橋本駅
支援者訪問/相模原

【夜】
予算委員会質問作成/自宅


鼓笛隊の子どもたちは真剣でした


2017年02月25日(土) 相模原ローターアクトクラブの同窓会

相模原ローターアクトクラブの同窓会に参加。ここまで大がかりな会は知る限り初めてだ。幹事をつとめてくれた皆様に感謝する。

27歳の時に友人の誘いで入会した。30歳が定年。3年間だけ過ごした。短い時間だったが、今に続く多くの友人を得ることが出来た。むしろ現役時代よりも狢感鉢畍紊乏茲ていると思う。

子ども連れのメンバーも多かった。年月の経過を実感する。さて私自身も生活の転機が訪れそう。人生色々あるものだ。

●今日一日

【午前】
上溝公民館まつり/上溝
地域まわり/中央区内

【午後】
春の市民ダンスフェスティバル/南区麻溝
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
相模原ローターアクトクラブOB&OG会/相模原


新しくポスターを付けて頂きました


2017年02月24日(金) 介護保険法に基づく特定施設の大会

神奈川県特定施設研究大会に参加。厚生常任委員会委員長としてご挨拶申し上げた。以下その要約である。

「本日は介護保険法に基づく特定施設の皆様が集まり、相互の情報交換と研究を行う有意義な会であり、介護分野を所管する厚生常任委員会を代表してお祝いを申し上げる。

介護保険制度は元々民間事業者の参入を前提としてつくられた。しかし高齢化により需要が増えているにも関わらず、現場は多くの困難を抱えていると地元相模原でも声が聞こえてくる。

介護人材は慢性的に不足している。施設を運営する法人も厳しい経営状況に追い込まれている。政治がサポートしなければならない。今日の大会で出たご意見を、しっかり伝えて頂きたい。」

●今日一日

【午前】
介護特定施設研究大会/横浜市中区
厚生常任委員会準備/県庁

【午後】
所用/東京都新宿区
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所
支援者お見舞い/富士見

【夜】
支援者ご親族お通夜/南区古淵
会合(議会)/矢部


開港記念館に多くご参集でした


2017年02月23日(木) 相模原市議の協力は県議の前提だ

岸浪孝志市議の新春のつどいに参加した。毎年のように盛会だった。学ぶところが多くある。県議会議員として役目を果たすにあたって、その基本的な視点は3つあると考えている。

第一に、県民の声を反映すること。これは全県に暮らす皆様が対象になる。私の議員報酬は県民税から出ており、それは遠く箱根町や三浦市の人たちも払っている。「全県を考える」視点だ。

第二に、県行政の運営に責任を持つこと。知事の領分と思われるが、今や議会も連帯責任を負う必要がある。これは「専門的な能力を持つ職業政治家」としての視点である。世の中に多くある皆様の仕事と同様だ。

第三は、地元相模原の意見を主張すること。選挙区が市町村や行政区ごとに分かれていることは、その意見を代弁するという意味による。選挙の票は地元から得ている。「地元を代表する」視点である。

さてその第三である「地元を代表する」仕事は、相模原市議会議員の皆様の協力なくしてあり得ない。住民に最も身近である議員だからこそ、敏感に何が必要かを捉えている。密接な連携が必要だ。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(土地)/県庁
行政相談対応(交通)/同
正副団長会/同
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(一般質問)/同

【夜】
岸浪孝志相模原市議新春のつどい/田名


ご盛会おめでとうございます


2017年02月22日(水) 横浜市南区は生徒の1割が外国籍

横浜市南区の居酒屋で一杯やった。近くには有名な横浜橋通り商店街がある。長い屋根付の通りだ。様々な種類のお店が並んでいる。その中で最も目を引いたのが牾姐饋誉賤冑堝飴梱瓩隆波帖

同区の小学校は生徒の1割が外国籍とのこと。外国人在住者が他の地域に比べて非常に高い。だからこそ成立つ商売もあるのだろう。恐らくは他にも生活に身近な様々な分野の仕事があるはず。

神奈川県は長く国際交流を推進し、外国籍県民との共生を目指してきた。国同士の関係は時として悪くもなるが、だからこそ草の根で友好を深めることは大切だ。引き続きその重要性を主張していく。

●今日一日

【午前】
本会議(一般質問)/県庁
かながわ民進党正副団長打合せ/同

【午後】
かながわ民進党役員会/県庁
かながわ民進党全体会議/同
本会議(一般質問)/同


相模原ではやっていけませんね


2017年02月21日(火) 昼の弁当は有名な勝烈庵でした

本会議の日は皆で弁当をとる。昼に外出する暇がないためだ。毎回色々な種類を担当者が選ぶ。会派27名分を運んできてくれる業者であることが前提。また余り極端なメニューでは全員の理解を得られない。

今日は有名な勝烈庵だった。豚・海老・ホタテが入っている。全体的に量は多めだが、少ないよりもいい。しっかり食べて午後からの会議に臨む。食事は元気の源。とても大切だ。好き嫌いのない私でもそう思う。

●今日一日

【午前】
教育・スポーツ振興対策特別委員会打合せ/県庁
住宅計画課よりレクチャー(マンション支援)/同
本会議(一般質問)/同
厚生常任委員会正副委員長打合せ/同
かながわ民進党正副団長打合せ/県庁

【午後】
かながわ民進党役員会/同
かながわ民進党全体会議/同
本会議(一般質問)/同
資料作成(次回ミニ報告会)/同

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


美味しかったです


2017年02月20日(月) 南橋本駅前交番の建設予算

中央区下九沢地域の振興会。自治会・商店街・福祉施設・教育施設など、幅広い分野の皆様と懇親を深めた。県政報告の時間をいただいたので、いよいよ建設予算が上程された南橋本駅前の交番設置について申し述べた。

今開会している議会で審議されており、仮に認められれば夏頃には建設が始まる予定だ。正式な開設は年明けから春にかけて。地域の利便性が向上することは疑いない。今後は担当エリアについて検討が始まってくる。

ローカルな各地域ごとに様々な課題がある。相模原市、中央区とひとくくりには出来ない。市民の声を丁寧に伺っていく必要がある。都度しっかり対応していく決意だ。国会や市議会の仲間とも連携していく。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/緑区及び中央区内
田名飲食店組合総会懇親会/田名
事務作業/事務所

【夜】
下九沢地域振興会例会/南橋本


飲食店組合の懇親会です


2017年02月19日(日) 小池都知事に対するチェック機能は

民進党地元支部の街頭活動。古淵のイオンとイトーヨーカドーでマイクを持った。所在地は相模原市南区だが広域からお客さんが来ている。町田市等の東京都からも多いはずだ。

小池百合子知事と都議会の関係についても所見を述べた。知事が議会に理解者を増やしたいと思うのは当然。むしろ踏ん張る必要があるのは議会の方だ。二元代表制で知事与党は存在意義が薄い。

そもそも小池都知事はよくわからない。橋本徹氏には都構想があり、小泉純一郎氏には郵政民営化があった。小池氏はいったい何を実現しようとしているのか。その人気が高いからこそ、チェックする議会の責任は大きい。

●今日一日

【午前】
資料整理/自宅

【午後】
地元歌手主催カラオケ大会/富士見
小学生スーパードッチボール大会/南区麻溝
民進党支部街頭活動/古淵イトーヨーカドー前


マイクを持ちました


2017年02月18日(土) 原発政策をめぐる混乱について

原発政策をめぐって党内が混乱している。党本部執行部が「2030年ゼロ」を目指したいと表明。これまでの「30年代ゼロ」から前倒しを模索している。その行程表をつくりたいとのことだが、やってみてダメだったでは済まない。どれくらいの‘勝算’があるのだろうか。

民進党の支持率が低いのは、原発政策がその主要因ではない。現に再稼働を進めている安倍政権は評価が高い。主権者は別の視点で政党をチェックしている。産業用エネルギーの確保、関連雇用の継続、立地自治体の運営、等々課題は多い。残り13年で達成することは難しい。

含めて民進党はどのようなメッセージを発信するべきか。3つの要諦があると考えている。

1、市民生活に身近な課題を取り上げること 
2、批判ではなく自ら提案すること
3、政権時の反省を踏まえること

今回の件はいずれにも合致していない。一日地元をまわってみればわかる。市民が何に困っているか。何を政治に求めているか。介護・医療・子育て・交通・治安・等々。その声に従えばいい。自分たちが何をやりたいかではない。市民何をして欲しいかだ。勘違いしてはいけない。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内
本村賢太郎衆議院議員淵野辺後援会新年会/淵野辺

【夜】
支援者訪問/淵野辺
事務作業/事務所


本村さんの会に参加しました


2017年02月17日(金) 臨時財政対策債は破たんしている

本会議代表質問の3日目。かながわ民進党からは松本清議員(横浜市泉区)が登壇。会派所属議員27名の意見を集約しつつ、多岐にわたる分野で黒岩知事に論戦を挑んだ。

私は財政論に対する関心が薄い。一方で臨時財政対策債は地方にとって重要な問題。地方交付税は自治体の独自財源。国による猜篏瓩任呂覆ぁそれが一方的に削減されている。

松本議員は「通常の債権と別枠で返済がされるよう国に求めるべき」と提案。知事も同様の見解を示した。民進党は国政で野党。しかしその立ち位置を活かすことも出来る。

●今日一日

【午前】
かながわ民進党正副団長打合せ/県庁
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同
打合せ(議会)/同

【夜】
打合せ(議会)/県庁
支援者訪問/中央
事務作業/事務所


1週間ぶりの事務所。書類が溜まってました。


2017年02月16日(木) 桜木町駅前で‘ともに生きる’街頭活動

県立津久井やまゆり園の事件を受けて、「ともに生きるかながわ憲章」を議会で議決した。その一環として議会内にワーキングチームが設置され。今後の具体的な取組が検討された。

今日は朝の街頭活動だ。まさに議員らしい発想。桜木町駅前に超党派の議員が集まって、同じく県議会で作成した「ともに生きる」ビラを配布する。私も厚生常任委員会委員長として参加した。

共生社会を目指す取組に必殺技はない。地道な活動を積み重ねることが肝要。日頃向き合っている市民にどう理解して頂くか。世知辛い社会風潮だからこそ、優しさと思いやりが求められている。

●今日一日

【午前】
共生社会を目指した県議会街頭活動/桜木町駅
かながわ民進党正副団長打合せ/県庁
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同

【夜】
相模原シティライオンズクラブ例会/町田市
会合(地域)/相模原


仲よくも真剣に配りました


2017年02月15日(水) 保育士不足の対応が急務

本会議で代表質問が行われた。かながわ民進党からは滝田孝徳議員(川崎市中原区)が登壇。多岐にわたるテーマを取り上げ、黒岩知事はじめ行政幹部と議論を行った。

中でも保育士不足の対応は重要だ。定員に余裕があっても働き手がいないことで、児童を受け入れることが出来ない保育所がある。私自身も地元相模原で同様の声を聴いている。

東京都では職員ひとりあたり数万円の補助を実施している。神奈川も独自の支援策を講じるべきだ。「カネがない」では済まされない。共働きを前提にした制度設計が求められている。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同
打合せ(議会)

【夜】
会合(議会)/横浜市中区
会合(議会)/同


お疲れ様でした


2017年02月14日(火) 国籍や出身地を障壁にしない

日朝友好親善のつどいに初めて参加した。会場は大和駅から歩いてすぐの建物。酒と料理を楽しみながら懇親を深めた。人間同士の付き合いは大切だ。また楽しい。国籍や出身地を障壁にしない。まして政治的な主義主張を持ちこむつもりもない。有意義なひと時だった。

これまでも「北朝鮮と仲よくするのはけしからん」と批判を受けたことがある。別に北朝鮮と仲よくしている訳ではない。私は一貫して朝鮮労働党と金正恩の体制を認めていない。その転換を心から願っている。仲よくしたいのは今目の前にいる皆様だ。同じ神奈川県民だ。

さて県政課題である朝鮮学校の補助金について。学費補助という新たな制度を提案した行政当局と、その予算を認めた県議会の判断は正しかったと信じている。その後状況は変わってしまったが、再開に向けて努力したい。妙案はまだない。しかしだからこそ智恵を絞っていく。

●今日一日

【午前】
議案説明会/県庁
行政相談対応(警察)/同

【午後】
行政相談対応(農業)/県庁
議案説明会/同
相模原市選出超党派県議の会/同
かながわ民進党厚生部会/同

【夜】
日朝友好親善のつどい/大和市


珍しい仕出し料理でした


2017年02月13日(月) 動物保護センター建替えの方針転換

第一回定例会がスタート。黒岩知事より議案の概略説明があった。課題となっていた県立動物保護センターの建替えについて、全額寄付を予定していたものを「県費充当も検討したい」と初めて表明。

昨年度の厚生常任委員会で「路線の変更」を主張した。元々同センターは県の必置施設。寄付を取り入れるのも悪くないが、一方でそれは税金の二重取りとの批判を受ける。今回の方針転換を歓迎したい。

その他にも提案された来年度県予算案と条例案には、これまで取組んできたことが多く盛り込まれている。必要十分な内容化。一方で無駄がないか。会期40日間でしっかりチェックしていく決意だ。

●今日一日

【午前】
打合せ(議会)/県庁
行政相談対応(警察)/同
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(提案)/同
議案説明会/同

【夜】
支援者ご親族通夜/南区古淵
事務作業/事務所


いよいよ始まりました


2017年02月12日(日) 屋台のクジラにやられてしまった

朝からお腹の調子が悪い。体もだるくなってきた。胃を中心に何か悪いものが広がっている感じ。食あたりに違いない。原因はわかっている。釜山の屋台で食べたクジラである。

釜山最大の繁華街である西面。ロッテデパートの裏手にはテント付きの屋台が並ぶ。その一番端に爛潺鵐くじら瓩判颪い討△訶垢あった。元来初めての経験が好きなので早速入った。

寿司ネタケースにクジラの燻製がたくさんある。美味しそうだ。口に入れても良し。腸詰らしきものまである。チャミソルを流し込みながら、しこたま食した。しかし2日後にダメージが出るとは。

ちなみにこの屋台にはもう一つの談がある。ぼったくりだったのだ。通常の倍以上の値段をふっかけられた。全額は払わなかったが、久しぶりにやられた感じ。含めて安易だった。慣れは怖い。反省。

●今日一日

【午前】
来客/事務所

【午後】
岸部都県議早春のつどい/横浜市南区
飲食業生活衛生同業組合支部賀詞交歓会/緑区相原

【午後】
飲食店イベント/小山


これにやられてしまった


2017年02月11日(土) 県医師会の69周年記念祝賀会

公益社団法人神奈川県医師会の創立69周年記念祝賀会。例年は公共施設での開催が多かったが、今日は横浜市内のホテルが会場だった。県議会からは厚生常任委員会のメンバーと各会派の代表者が参加していた。

来年度は現行の県保健医療計画の最終年。その後に向けて改定作業も行われる。医療サービスは現場の医師なくしては成り立たない。そのご意見をしっかり承るのは基本である。今日も様々伺うことが出来た。

●今日一日

【午前】
釜山から神奈川へ

【午後】
神奈川県医師会創立69周年記念祝賀会/横浜市西区

【夜】
事務作業/事務所


盛大でした


2017年02月10日(金) 朝鮮通信使歴史館は希少かつ貴重

朝鮮通信使歴史館を訪問した。政府や自治体による半日プロパガンダが強い韓国で、日韓友好の歴史を展示するこのような施設は希少かつ貴重である。地下鉄と徒歩で現地に向かった。

この場所は通信使が日本に向かう前、安全祈願を行った社の跡地である。館内には日本語が話せるスタッフもいる。またその他にも職員が。研究者だろうか。子ども向けの3D映像も制作されていた。

「隣国同士で250年も争いがなかったのは世界でも稀」そのようなアナウンスが流れていた。なるほど韓国側でもそう思っているのか。かねてより江戸幕府を評価しているが、この点でも実績を残している。

●今日一日

終日所用


多くの日本人に訪れて欲しいです


2017年02月09日(木) 在釜山日本領事館前の慰安婦像を見る

タイトな日程での釜山訪問。今回の第一の目的は牋岼舵愾瓩鮓ることである。在韓日本大使の一時帰国に結びついた事件。マスコミでは論評が盛んだが、何よりその現物が見たいと思った。どのような場所に建っているのか。どのように扱われているのか。

地下鉄の駅を出ると目の前が日本領事館だ。大きな塀がある。警備する警官がいる。一目でわかる。その時点では像の存在を確認できない。しかし「通り沿い」と聞いていたので、このどこかにあるはずだ。領事館前を横切るようにゆっくりと歩いていく。

あった。それ程大きくない像が建っている。しかもしっかり基礎が打ってある。政治的なテーマは別にしても、そもそも公道に建造物を設置していいのだろうか。「反日有理」ということか。横断幕はひとつだけある。ハングルはわからないが、恐らくは賛同する内容だろう。

さて人。管理者らしき1名がいるのみだ。通行人と話をしていたが、併せて2人以上の人影はない。大勢が集まっている雰囲気は見られない。どちらかというと関心は低い印象だ。最近では像を撤去するべきとの意見が、徐々に韓国内でも出てきている。そうあって欲しい。

●今日一日

終日所用


撤去の日は近いと信じたい


2017年02月08日(水) 初めての成田空港第3ターミナル

釜山便は羽田から飛んでいない。成田でネットと叩くと何と2万円のチケットがある。LCCの済州航空である。その出発は第3ターミナルだ。不肖これまでその存在を知らなかった。

一般車の乗り入れは出来ない。第2ターミナルからシャトルバスを使う。直線で約600メートルなので、通路を歩いて行くことも可能。建物は簡易である。しかしさすが日本。いい加減な内容ではない。

チェックインカウンターも良し。フードコートも充実している。出国もすいていている。飛行機までは歩きだが、それも距離は短い。手狭である分、逆に便利かもしれない。機会があればまた是非。

●今日一日

【午前】
相模原から成田空港へ

【午後】
成田空港から釜山へ


使いやすかったです


2017年02月07日(火) 県優良衛生技能者・優良従業員表彰

神奈川県優良衛生技能者・優良従業員表彰に参加。厚生常任委員会委員長としてお祝いの言葉を申し上げた。理容・美容・クリーニング・調理師など、食品衛生と生活衛生分野の功績者が対象だ。

一貫して中小事業者の保護を訴えてきた。特に専門的な技術を持つ皆様は地域に貴重な存在だ。相模原の人口も減り始める。大規模店舗やチェーン店は撤退してしまう。県としても支援しなければならない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
県優良衛生技能者・優良従業員表彰/県庁
行政相談対応(福祉)/座間市


おめでとうございます


2017年02月06日(月) 最も狒茲き瓩多い議会が始まる

定例議運と会派の団会議が開かれた。騒がしい一日だった。議会や会派の業務に取組みながら、地元市民からの相談に対応した。定例議会は年に3回ある。そのうち来週からの第一回定例会が最も狒茲き瓩多い。

それもそのはず。最も重要な議案である来年度の県予算を審議するからだ。各議員や提案する行政にコダワリがあり、そのぶつかり合いが起こるの。政治家同士として極めて真っ当である。逃げはしない。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(教育)/淵野辺
正副団長会/県庁

【午後】
かながわ民進党正副団長打合せ/県庁
かながわ民進党役員会/同
次回定例会準備会議/同
かながわ民進党全体会議/同
行政相談対応(警察)/同

【夜】
打合せ(議会)/県庁
行政相談対応(教育)/同
資料作成(報告会)/同


タブレットが議会で貸与されました


2017年02月05日(日) 来年は明治と青学で優勝争いを

明治大学相模原支部の新年会。参加者の中で二番目に若いということで司会進行の役目を仰せつかった。しかし学友とは不思議なものだ。当時一度も会ったことのないメンバーが一緒に酒を飲んでいる。選挙でも「同じ明治だから」というだけでご支援も頂いている。

愛校心は強い方だと思う。中高も明治の付属校。大学では雄弁部で酒を飲み政治を語った。そして卒業後も今日に至るまで、仕事でもその名に大変お世話になっている。箱根駅伝で青学が優勝したのは地元議員として喜ばしい。一方で上位に浮上してこない我が母校に忸怩たる思いもある。

●今日一日

【午前】
団体支部新年会/清新

【午後】
民進党地方議員フォーラム全国世話人会/東京都千代田区

【夜】
支援者ご親族通夜/緑区久保沢
明治大学校友会相模原支部新年会/緑区橋本
事務作業/事務所


残念ながらノンアルコールでした


2017年02月04日(土) 法曹関係者と市民の交流促進

弁護士会相模原支部主催のイベントに参加。法曹関係者と市民の交流促進がテーマだった。「弁護士を紹介してくれ」と頼まれることがある。これは飛び込みで相談しにくいということを物語っている。それ故に当事者の皆様が主体的に活動されていることは素晴らしい。

さて今政治に順法精神が求められている。集団的自衛権の行使や共謀罪の件は、これまで積み重ねてきた法解釈を軽視している。アメリカの入国禁止令に連邦裁判所が「ノー」と判断し、結果トランプ大統領も従っているとのこと。日本も司法に期待する。もちろん政治家として責任は感じている。

●今日一日

【午前】
社交ダンス練習/中央

【午後】
地域まわり/中央区内
弁護士会サミットin相模原/南区上鶴間本町

【夜】
飲食店イベント/相模原
会合(地域)/同


数百人の市民と一緒に司法を考えました


2017年02月03日(金) 今や文民が平和を脅かす時代だ

厚木基地を視察。日米で共同使用している広大な基地だ。今日は海上自衛隊の建屋に入ることが出来た。日本の防衛に尽力して頂いている現場の皆様に、改めていち国民として感謝申し上げたい。

さて壁に爍儀鵜瓩掲示してある。「憲法を守り」「政治活動を行わず」。自衛官は常にそのことを強く意識しているのだ。政治がしっかりしなければ。今や文民が平和を脅かしている時代だ。

●今日一日

【午前】
日産労連議員団研修会/厚木市
・アミューあつぎ視察

【午後】
日産労連議員団研修会/綾瀬市
・厚木基地視察

【夜】
事務作業/事務所


名前は厚木基地ですが、大和市と綾瀬市にあります


2017年02月02日(木) 世界最高水準の技術力が近くに

日産テクニカルセンターを視察した。父が勤めていた場所である。外から見たことはあるが、中に入るのは初めてのこと。世界中に展開する車の開発を行っている工場だ。その秘匿性は高く、もちろん写真も厳禁。

その一端を垣間見ることが出来た。日本の技術力は本当に素晴らしい。車1台にかかっているコストと努力は膨大である。この水準を維持するためには、教育段階からの投資が必要だ。政治の役割も大きい。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
日産労連議員団研修会/厚木市
・日産テクニカルセンター視察
・役員講話

【夜】
県立リハビリテーションセンター労組定期大会/厚木市


県内で最も従業員数が多い工場です


2017年02月01日(水) 少女に平然と嘘をつく国家体制

この少女は嘘を付いていない。最後のシーンで流した涙は、まさに子どものそれであった。だからこそ残酷だと思った。

彼女には真実を知る術がない。。嘘をついているのは北朝鮮政府だ。彼女は嘘をつかれているのだ。そして嘘に気付いた大人たちに対しては、力と暴力で引き続き少女に嘘をつけと迫る。

「楽しいこと」や「好きなこと」が「わからない」と、正直に少女は言った。この体制は長くはない。そう信じている。

●今日一日

終日お休み


かの指導者は決して太陽ではない


てらさき雄介 |MAILHomePage