てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2017年01月31日(火) 地元相談の対処方針は早めに

地元で様々なご相談を受けた。真摯に話しを伺いながら、誠実に今後の私なりの対処方針を伝えた。出来ること、出来ないこと。しっかり話すことが肝要だ。依頼者も早めにわかった方が次の手が打てる。

これまでの経験上で最終的にトラブルになるのは、中途半端に対応してしまった案件が多い。初期の段階ではっきりした方が、互いにダメージが少ない。これは民間の経済活動でも同じだと聞いている。

●今日一日

【午前】
神奈川県感染症対策協議会/横浜市中区

【午後】
行政相談対応(教育)/事務所
行政相談(施設)/同
行政相談対応(交通)/相模原警察署
行政相談(福祉)/事務所
地域まわり/中央区内

【夜】
相模原環境衛生協会賀詞交歓会/中央
事務作業/事務所


午前中はこの会議でした


2017年01月30日(月) ありがたくも疲れた厚生常任委員会

厚生常任委員会が閉会したのは夜9時過ぎだった。普段は夜食に弁当を頼むのだが、バタバタしていてタイミングを見失った。とても腹がへった。皆もそのようだ。連れだって県庁近くの寿司屋へ行った。

生ビールと日本酒を数杯。珍しく酔っ払ってしまった。何だかんだと疲れていたのだろう。

委員長の役目は議事運営。イレギュラーな事態への対応。何より各議員の質問を「把握」することが大変だ。厚生分野について全てを知っている訳ではない。むしろ初めて聞く話も多い。

質問と答弁のピンとが合っているのか。一瞬たりとも気を抜けない。まさに頭と体を全力疾走している感じである。

しかしそのような経験が出来たのは委員長ゆえ。就任の機会を下さった皆様に感謝している。この1年間で学んだことは多い。残された任期は3カ月余り。集中して務めを果たす決意だ。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
厚生常任委員会正副委員長打合せ/同
厚生常任委員会(質疑)/同

【午後】
厚生常任委員会(質疑)/県庁

【夜】
厚生常任委員会(質疑)/県庁
かながわ民進党厚生部会/横浜市中区


県立津久井やまゆり園の事件を議題にしました


2017年01月29日(日) 重症心身障がい児者の介護体制

地元の相模原療育園を運営する社会福祉法人慈恵療育会が主催する公開シンポジウムに参加。支援者の方が声をかけてくれた。市議の皆さんは複数来ていたので、恐らくは案内があったのだろう。前半の医師による講演しか聞けなかったが非常に参考になった。

人工呼吸器や胃ろう等の医療的ケアを必要とする、重症心身障がい児者の介護がテーマである。最も重い障がいと言える。同じ相模原で共に暮らしていくためには、社会全体で支える仕組みと自治体の支援が不可欠だ。県としても出来ることは多くあるはず。

小児科医に対するアンケート結果を見た。重い障がいを持った児童の診察は可能だし、むしろありがたいとのこと。本人と家族からは、地域医療の敷居が高いとの意見も聞いていた。実態は違うようだ。また北里大学の研修医を相模原療育園で受け入れているのは画期的だ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
重度心身障がい児者介護シンポジウム/富士見
青山学院大学箱根駅伝優勝パレード/淵野辺
地域まわり/中央区内

【夜】
支援者経営新店舗オープン/町田市


参考になりました


2017年01月28日(土) 会合の写真は誰が撮っているか

横須賀市内で大村博信県議会副議長の賀詞交歓会。会派を代表して筆頭副団長としてご挨拶申し上げた。その時の写真を伊東康宏県議(横浜市旭区)が撮影し、メッセンジャーで送って下さった。

地元では友人スタッフが一緒の時はお願いすることもある。また今日のように同僚議員が気を遣ってくれることも。活動報告をする時には写真が必須の時代だ。これからも互いに協力し合いたい。

●今日一日

【午前】
月例ミニ県政報告会(少子高齢化)/中央

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
大村博信県議会副議長賀詞交歓会/横須賀市
JP労組さがみ支部新春のつどい/南区相模大野
支援者訪問/中央
事務作業/事務所


撮影ありがとうございます


2017年01月27日(金) この流れでは植松容疑者の‘思うつぼ’

厚生常任委員会を週明けに開催する。定例会期中以外の審査だ。守屋副委員長をはじめとする委員に相談して決めた。県立津久井やまゆり園の事件について、今審議しなければならないと考えた。

県当局からの情報収集によると黒岩知事は「全面建替え方針」と「そのスケジュール」を再考するとのこと。その理由は大規模入所施設の存在に異論が出たことによる。わからない。悪い意味でブレている。

施策を実行するにあたり、市民の意見を取り入れるのは当然。この件に限ったことではない。しかし今回の建て替えは犖従回復瓩澄障がい福祉のあり方を考える機会は別に設けて然るべき。

「大規模施設はいらない、時代に逆行している、津久井の千木良は山奥、実家に近いところに住んでこそ地域移行。」色々な人から意見を聞く。しかし何より大切なのは本人と家族の声。順番を間違ってはいけない。

繰り返し主張する。県立津久井やまゆり園の全面建て替えと、障がい者の地域生活移行は並立できる。‘二者択一’になっていること自体に問題がある。そこには福祉を軽視する財政論の影が見え隠れしている。

報道によると、植松容疑者は障がい者の存在を否定していた。事件の結果、入所施設の定員が減ってしまい、指定管理料等の予算に影響を与えてはいけない。奴が高笑いすることは絶対に許せない。

●今日一日

【午前】
厚生常任委員会正副委員長打合せ/県庁

【午後】
かながわ民進党厚生部会/県庁
行政相談対応(施設)/同
来客/同

【夜】
森繁之相模原市議新春のつどい/下九沢
相模原塗装協同組合新年会/中央
会合(地域)/相模原
事務作業/事務所


週明けの委員会に向けて打合せです


2017年01月26日(木) 新宿の美味しいシャブシャブ店

新宿に用があった。せっかく行ったのでシャブシャブを食べた。牛で1300円と昼にしては少し高級だ。しかしここのゴマダレは美味い。ポン酢がいらない位だ。「企業秘密」とネタは教えてくれない。

地元相模原でも色々な店がある。どうしても夜に酒を飲む店になってしまうっが、食事で都内の名店に勝てるところもある。一方で売り方は下手。私も含めて田舎ゆえなのだろう。巻き返しを考えたい。

●今日一日

【午前】
同僚県議ご親族告別式/小田原市

【午後】
支援者訪問/東京都新宿区
地域まわり/中央区内

【夜】
相模原シティライオンズクラブ例会/相模原
会合(地域)/同


美味でした


2017年01月25日(水) 政党間の共闘も人間同士の信頼による

社民党神奈川県連合の賀詞交歓会に参加。前回の県議選では推薦を頂いた。地元市議である金子豊貴男市議との関係による。母校明治大学の先輩後輩だ。主権者に向かってメッセージを発する以上は政策が第一。一方で人間同士の信頼関係は重要。

次期衆議院選挙における共産党との共闘が課題になっているが、無理があるのは頭でっかちになっていること。もっとベタな日本的な付き合いを積み重ねる必要がある。それが出来なければ破談になるし、仮に上手くいけば展望が開けるかもしれない。

●今日一日

【午前】
会派業務/県庁

【午後】
会派業務/県庁
事務作業/同
保健福祉局総務室と打合せ/同
県行政書士会賀詞交歓会/横浜市西区

【夜】
社民党県連合新春のつどい/横浜市西区
行政相談/高根
支援者訪問/弥栄
事務作業/事務所


交渉会派の団長会が県議会で開かれました


2017年01月24日(火) 懐かしの調布駅前で日本酒を

懐かしの調布で飲んだ。伊藤達也衆議院議員の秘書を2年半つとめた場所だ。京王線で橋本と新宿の中間にある。降りればターミナルと繁華街が広がっている。当時も行ったことのある日本料理屋の暖簾をくぐった。

20代前半にしては大人びた感じ。しかし今やしっくりとくる。シラスとエイヒレ、そして刺身を少々頂く。日本酒は高知・長野・新潟の三種混合だ。美味しくてしこたま飲んだ。しかし帰りはそう遠くない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
県エルピーガス協会賀詞交歓会/横浜市西区
相模原美容組合賀詞交歓会/南区上鶴間本町
学校法人中野学園評議員会/東京都中野区

【夜】
会合(地域)/東京都調布市


昼間は美容院の皆様と意見交換をしました


2017年01月23日(月) 地域医療の体制が危機を迎えている

相模原市病院協会の賀詞交歓会。厚生常任委員会委員長として当然に関心は深い。地域医療の発展は市民ニーズに適っているが、一方で現状を維持することも困難を抱えている。喫緊の対応が必要だ。

病院や医師の狒碓姚瓩僕蠅訐度は無理がある。仕事に対しては正当な報酬と待遇を与えなければならない。その原資は患者負担ではいけない。国県市の行政が責任を負うべきだ。政治の責任である。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
相模原市病院協会賀詞交歓会/南区相模大野


現場の皆様からご意見を伺いました


2017年01月22日(日) アメリカに「今のままで」と頼む必要はない

後藤祐一衆議院議員の国政報告会に参加。トランプ大統領について見解が述べられた。認識の大方は共有できた。今こそ日本にとってのアメリカとは何であるのか、政治が中心になって国民各層で考えていく時だ。

日米安保も締結時と今では国際情勢が異なる。また今後そのアメリカ自身の対応も変わってくると想定される。「今のままでいて下さい」と日本が頼むことが正しいのか。むしろ変化を求めるべきではないか。

●今日一日

【午前】
後藤祐一衆議院議員国政報告会/緑区中野

【午後】
後藤祐一衆議院議員国政報告会/緑区中野
事務作業/自宅


今後一層のご活躍を祈念します


2017年01月21日(土) 政治は人様の職業に大きな影響を与える

行政書士会の賀詞交歓会。以前より多くの政策要望を頂いている。またその職域拡大にも関心が高く、多様化する市民の行政需要に応えていくため、かながわ民進党としても前向きに対応している。

日本は法制度が緻密だ。勝手に始めて自己完結出来る職業は少ない。むしろ行政に縛られている場合も多い。だからこそ政治の責任は重い。必要なルールを守りつつも、不必要な規制を緩和する。取捨選択が重要だ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内
行政書士会相模原支部賀詞交歓会/中央

【夜】
事務作業/事務所



2017年01月20日(金) 次期統一地方選挙の話が出てきた

ある団体で次期統一地方選挙の具体的な話が出た。早いもので任期も折り返しに近づいている。地元相模原でも議員の雰囲気が年明けから変わった。新人候補者の話も段々と聞こえてくる。

過去6回選挙をした。多少の経験は積んだつもりだ。地方選挙は、投票日の半年前に7割方、年明け(選挙の3か月前)で8割、告示されると9割方は結果が決まっている。一方で僅差なので最後まで気は抜けない。

議会活動を最優先にしている。しかしそれは選挙を軽視している訳ではない。当選しなければ発言は出来ない。市民の期待を感じるほど、その責任を痛感する。勝負は既に始まっている。準備を怠らないようにしたい。

●今日一日

【午前】
団体訪問/東京都港区

【午後】
地域まわり/中央区及び県央地域

【夜】
支援者ご親族お通夜/南区古淵
相模原地域連合新春のつどい/南橋本
会合(地域)/同


背筋に緊張感が走りました


2017年01月19日(木) 相模原を“焼野原”にしてはいけない

エルピーガス協会相模原支部の賀詞交換会に参加。地元の中小事業者から様々な現場のご意見を伺った。感覚は私の考え方と共通するところが多い。みんな過当競争に翻弄されている。

人間は何故競争するか。資本主義は何故いいのか。それは互いに成長し合えるからだ。パイが増えて結果皆が潤うからだ。現在そうなっていないのは、制度設計をしている政治の未熟と言える。

「過当競争をやめよう」全回県議選のメッセージだった。大都市圏とはいえ、また地方部でもある相模原の状況は厳しい。言葉を選ばなければ、‘焼野原’に近づいている。もっと畑を耕そう。草を植えよう。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
行政相談対応(建設)/県庁
小田急多摩線延伸促進議員連盟要望活動/同上
事務作業/同上
小田急多摩線延伸促進市民協議会要望活動/同上
県LPガス協会相模原支部賀詞交歓会/南区上鶴間本町

【夜】
会合(議会)/相模原


引き続き頑張ります


2017年01月18日(水) 県立の障がい者施設は待機が多い

一、県立津久井やまゆり園は同規模で建て替える
一、障がい者の地域生活移行は、その上で別途施策を講じる
一、‘この機’による障がい福祉予算の削減はしない

そのように繰り返し主張してきた。しかしこの考えの賛同者は多くない。だからこそ、文章で直接いただいた下記のご意見は嬉しかった。今後の励みになる。少数は慣れている。今後も気合いを入れて臨む決意だ。

『私は神奈川県の住人で身内が障がい者施設に入所しています。

10月6日予算委員会での先生の定員減への警告に感動しました。定員減については施設を運営する共同会も、それが待機障がい者の入居機会の剥奪や職員の解雇になるのに一言も声にしません。家族会のアンケートも問題があります。今回の建て替えは犯人によるもので、老朽化や時代の流れの話ではありません。

犯人の犠牲になった19名が県立津久井やまゆり園で生き続けてこその再生だと思います。19名分の待機障がい者を入居させて、始めて亡くなった19名は浮かばれるのではないでしようか。県の建て替え基本構想の中間報告では、19名をコンクリートのかたまりの慰霊塔に押し込めようとしています。県は1人部屋にするから面積が足りないと言います。1月15日の会でも「3階にすれば解決する」との意見が出ましたが、県は答えませんでした。

先生だけが頼りです。』

●今日一日

【午前】
地域まわり/市外

【午後】
地域まわり/市外

【夜】
相模原市職員労働組合新春のつどい/南区上鶴間本町
事務作業/事務所


相模原市の現場職員と懇談しました


2017年01月17日(火) 挨拶は短く、とにかく短くだ

年明けから新年会が多い。せっかく参加したからには名前を紹介してもらいたい。一方で自らマイクを持っての挨拶は出来るならやりたくない。何故ならば宴席ほど難しく、かつ結果としてマイナスになるからだ。

政治家である以上はメッセージが必要。一方で参加者は、大方長い話しに飽きている。目の前で寝ている人もいる。

そこで改めて思う。人前での挨拶は、長くても起承転結の4段落。普段は起結の2段落だ。場をわきまえて言葉を発することに拘りたい。挨拶は短く、とにかく短くだ。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/橋本駅京王口
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
宅建協会相模北支部賀詞交歓会/富士見

【夜】
相模原地域連合街頭活動/鹿沼台



2017年01月16日(月) やはり相模原と横浜は圏域が違う

県議10年。慣れたとはいえ横浜は遠い。今日も労組の集いに参加するため、地元相模原と往復した。議会が続く日は泊まることも多い。時間こそ大切。往復4時間弱はもったいないと思う。

さて多くの市民にとってはどうか。同じく横浜という場所はピンとこないだろう。「新宿や渋谷の方が近い」と、よく聞く。実際の距離は違うのだが、生活の圏域がそうなっている。

県の必要性をずっと考えている。現在の区割りは実態に合っていない。一方でどこかで線は引かねばならない。国にやってもらう必要はない。地方自治とは自らで制度設計を考えることだ。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
事務作業/県庁
電機連合神奈川地協新春のつどい/横浜市中区

【夜】
ライオンズクラブ合同新年会/南区上鶴間本町
下九沢地域振興会例会/南橋本


横浜の会も多いです


2017年01月15日(日) 犲稠寄瓩砲老茲靴討覆蕕覆

大変お世話になった故細谷隣相模原市議のお通夜に参列。現細谷政幸県議の実父である。私は平成9年に相模原市議会議員選挙の補欠選挙に立候補した。候補者となったのは実力ではない。運が良かった。

市長選挙の立候補により欠員を生んだ長友義樹さんと、その推薦を受け止めてくれた当時の保守系市議団がいたことによる。まさに何もなかった。だから選挙公報には狄篩市議団瓩里名前を書いた。

亡くなられた故細谷隣市議も名を連ねてくれた。今私がここにある恩人の一人と言える。またその後の6年間は直接議会の中でお世話になった。改めてご冥福をお祈り申し上げる。

今相模原には首長・議員が62名いる。数えればその中で‘先輩’は8名しかいなくなった。もちろん気は滅入っていない。新たなチャレンジは既に頭に入っている。やりきる決意だ。

誤解を招くといけないので念のため。国政選挙や市長選挙に出るつもりはない。自分自身の政治人生にとって、もっと価値のあることだ。お世話になり、かつ鬼籍に入られた多くの人に報いたい。

●今日一日

【午前】
緑が丘1丁目自治会餅つき/緑が丘
元町自治会どんど焼き/上溝

【午後】
日金沢自治会どんど焼き/上溝
支援者新規店舗開店祝い/横山
中央3丁目自治会どんど焼き/中央
ノジマ相模原ライズ納会/富士見
後藤祐一衆議院議員国政報告会/厚木市
溝のだるま市/上溝
事務作業/事務所

【夜】
元市議お通夜/南区古淵
消防団(中央1−1)新年会/上溝


民進党のホープ、後藤祐一衆議院議員の報告会に参加


2017年01月14日(土) どんど焼きが出来ない世とは

風が冷たい一日だった。夕刻はどんど焼きに参加。会場は地元神社の境内。役割を終えた正月のお飾りが山のように積んである。30分程の滞在時間だったが、その間も次々と地元にお住まいの方が持ってくる。

子どもたちも楽しそう。団子を串にさして、火にかざして焼いている。理屈ではない。私も笑顔になる。まさに楽しい地域行事だ。もちろんその陰には、準備と運営をしている人たちもいる。

さて火を燃やせば煙が出る。その為か近隣のクレームで、最近はどんど焼きが減っている。地域の餅つきも‘自称’衛生上の理由でとん挫している。非常に残念なことだと思う。過敏なこと罪である。

圧力とは加える方よりも、それでめげる方に問題がある。一方で地域活動を真面目にやっている人たちに、そこまでの責任を課すことは出来ない。だからこそ政治行政の責任は大きい。その影響力を発揮すべきだ。

●今日一日

【午前】
上矢部自治会新春を祝う会/上矢部
地域まわり/南区内

【午後】
地域まわり/南区内
上矢部自治会どんど焼き/上矢部
事務作業/事務所

【夜】
異業種交流会例会/清新


寒い中お疲れ様でした


2017年01月13日(金) ‘しがらみ’かは政治家の力量だ

さがみビルメンテナンス協同組合の新年会。十年程前に尊敬する元市議の方からご紹介頂き、今日まで人間関係を積み重ねている。私は‘業界団体’のご縁が少なく、その意味では貴重な機会である。

さて協同組合は法律で認められた‘互助会’で、共同受注等の取組をしている。これは大切な取り組みだ。WTO云々という意見もあるが、イギリスのEU離脱に学んだ方がいい。

「寺崎は今やしがらみだらけ」と、最近また陰口を聞いた。支援者の期待に応えることを‘しがらみ’と言うならそうだろう。しかし真面目に働いている人の声を代弁することが、果たしていけないことなのだろうか。

また‘しがらみ’がないということは、支援者もまたいないのだろうと思う。政治は遠くの空を見ながら空想することではいけない。目の前にいる人にどう手を差しのべるか。その原点が重要だと思う。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内
湘北教職員組合旗開き/富士見

【夜】
さがみビルメンテナンス協同組合新年会/相模原
会合(議会)/同


地元県議としてご挨拶しました


2017年01月12日(木) 相模原青年会議所シニアクラブ総会

相模原青年会議所のシニアクラブ総会に参加。25歳で入会して定年の40歳まで過ごした。特に2000年度からの3年間は理事をつとめ、多くの経験をすることが出来た。今でも当時の仲間に助けてもらっている。

終了後は現役の賀詞交歓会に皆で参加。会員数150名以上。関東地区で3番目に大きなJCだ。若手経営者がこれだけ市内にいることに、改めて驚かされた。相模原のまちづくりに一層貢献されることを期待する。

●今日一日

【午前】
建設団体連絡協議会賀詞交歓会/富士見

【午後】
自衛官募集相談員会祝賀会/相模原
事務作業/事務所
地域まわり/全市域
相模原青年会議所シニアクラブ総会/南区上鶴間本町

【夜】
相模原青年会議所賀詞交歓会/南区上鶴間本町
会合(党)/町田市


OBにもバッチがあります


2017年01月11日(水) 地元三菱重工労組の賀詞交歓会

三菱重工労組相模原支部の賀詞交歓会。市内有数の大企業だ。ものづくり産業は苦境にあるが、その中でも実績が拡大している。地元の雇用や税収に良い影響を与えている。素晴らしいことだ。

相模原市は昭和30年に全国で初めて工場誘致条例を制定した。キャタピラ三菱・NEC・日金工・セントラル自動車・日産部品センター等々が立地し、そこで働く皆様が市内に移り住んできた。

県市はもっと緊張感を持つべきだ。企業誘致に膨大な税金を使いながら、一方で県外や海外への転出を止められていない。企業も市民。その悩みを聞きながら、丁寧に応えていく必要がある。

●今日一日

【午前】
支援者主催朝食会/中央
行政相談対応(建設)/県庁
事務作業/同

【午後】
かながわ民進党役員会/県庁
予算編成連絡会議/同
かながわ民進党全体会議/同
地域まわり/中央区内

【夜】
三菱重工労組相模原支部賀詞交歓会/田名
支援企業新年会/高根


ご支援ありがとうございます


2017年01月10日(火) 津久井やまゆり園建替えの公聴会

県立津久井やまゆり円の建替えについて、障がい者当事者団体の公聴会が開かれた。場所は横浜駅前の県民センター。数百人の皆様が会場いっぱいに溢れていた。やはり関心の高いテーマなのだ。

議会日程のため中座したが仄聞したところによると、大規模施設の新規建設に否定的な意見が多く出たとのこと。これは想定されたことであり、踏まえて県は全面建て替えを決断したと承知している。

私は県が進めている建替えの基本的な方向性支持している。障がい者の地域生活移行は別の政策によって推進されるべきもので、やまゆり園を小さくすることによってその実現を図るのは邪道である。

また「その分の予算を小規模分散機能へ」というご意見もある。夢はあるが現実的ではない。県の障がい福祉の実態を冷静に検証すべきだ。県が新たな中小規模の施設を複数建設し、また助成することはあり得ない。

その意味では私は一種あきらめている。とにかくも減らさないことだ。具体的には入所の定数と今後の指定管理料。また障がい福祉全体の予算である。族議員と呼ばれようが怖くはない。確信を持っている。

●今日一日

【午前】
街頭活動/東林間駅
県立津久井やまゆり園建替え公聴会/横浜市西区
かながわ民進党正副団長打合せ/県庁
かながわ民進党役員会/同

【午後】
県幹部との新年顔合わせ会/県庁
かながわ民進党全体会議/同
行政相談対応(交通安全)/同
会派業務/同
厚生常任委員会正副委員長打合せ/同
かながわ商店街大賞表彰式/横浜市西区
行政相談対応(建設)/県庁

【夜】
県教職員組合旗開き/横浜市西区


多くの方が参加されていました


2017年01月09日(月) 私の議員活動も狎人瓩魴泙┐

成人式に参加。テレビでは大暴れの映像が流れているが、ここ相模原は厳粛な雰囲気で式典が進行された。今日の対象者は平成8年4月1日から平成9年3月31の」に生まれた人。

さて私が初めて相模原市議になったのは平成9年1月25日だ。今年でちょうど20年。節目の年となる。議員の仕事は結果で評価されるべき。10周年の決意を語る場はつくっても、その狃砲き瓩楼貔擇靴覆ぁ

一方で長くなっていることで気を付けなければならないことはある。慣れてしまうのだ。一昨年の県議選で3期目の当選をした時にも思ったこと。議会や地域の慣例に必ずしも捉われず、また新たな挑戦をしていきたい。

●今日一日

【午前】
団体新年祭/南区相模大野

【午後】
事務作業/事務所
成人式/中央
支援者弔問/上溝
街頭活動/市役所前交差点

【夜】
民進党地元支部常任幹事会/富士見
会合(議会)/中央


ご成人おめでとうございます


2017年01月08日(日) 民進党は大坂夏の陣に至っている

中央区横山地区のどんど焼き。お世話になったダルマさんのお焚き上げをお願いした。一番良い位置に鎮座させて頂き、見事に炎に包まれることが出来た。ご配慮頂いた地域の皆様に感謝申し上げる。

その後も炎は大きく上がる。じっと見ながら大坂夏の陣を連想する。最後をどう迎えるか。そのことを考えている自分がいる。もちろん死ぬつもりはない。人生はこれから。考えているのは民進党のことだ。

改めて宣言する。例え厚生労働大臣にしてくれると言っても、目の前に1億円の現金を積まれたとしても、決して自民の側にまわることはない。痩せ我慢ではない。一度しかない人生を悔いなきようにしたいから。

一方で「もはやここまで」と思うことも。二大政党の構想が露と消えるならば、私の政治活動もそこで閉じよう。真田幸村の心境である。しかしまだ残っている。小さくても力強い望みが。

●今日一日

【午前】
友人ご親族告別式/東京都東大和市
相模原市消防出初式/弥栄
相模原市ダンス協会理事会/富士見
横山地区どんど焼き/横山

【午後】
SD連盟成人ドッチボール大会/緑区下九沢
神奈川土建相模原支部旗開き/富士見
団体新年挨拶/町田市
街頭活動/古淵駅

【夜】
支援者ご親族通夜/南区古淵
会合(地域)/緑区西橋本


ダルマさん、ありがとうございました


2017年01月07日(土) 基地返還は現場の雇用維持が前提

全駐労という組織がある。米軍基地で働く日本人の労働組合だ。相模原市内には「相模補給廠」「キャンプ座間」「相模原住宅」と3つの基地がある。その返還と縮小は長く県と市の基本方針だ。

一方でそこでの給料で生活している人たちがいる。特に基地は政治の議論が大きく影響してしまう。権力を持つ人は、そこにまで思いを馳せるべきだろう。雇用が失われては本末転倒になってしまう。

私が脱原発を安易に言わないのも同じ理屈。原子力発電所に関係して生計を維持している人は多い。政争に持ち込むのは簡単だが、代替策を保障することなく止めろというのは、責任ある政治とは言えない。

●今日一日

【午前】
大野北地区賀詞交歓会/鹿沼台
全駐労さがみ野支部相模分会餅つき/矢部
小山地区賀詞交歓会/相模原

【午後】
星が丘地区賀詞交歓会/星が丘
田名地区賀詞交歓会/田名
光が丘地区賀詞交歓会/並木
医師会・歯科医師会・薬剤師会賀詞交歓会/富士見
上溝地区賀詞交歓会/上溝
会合(地域)/同


多くの新年会に参加しました


2017年01月06日(金) 公務を蔑ろにして選挙運動はしない

貴重な経験をした。厚生常任委員会委員長として2つの会に参加したのだ。県議会を代表してご挨拶する機会も頂いた。特にありがたかったのはその後である。酒を飲みながら開会から閉会まで色々な話が出来た。

神奈川県食生活改善推進団体連絡協議会と神奈川県食品衛生協会の賀詞交歓会だ。ともに地元相模原では付き合いがある。しかし県レベルの会に参加するのは初めてだ。新たなご意見やご要望を聞くことが出来た。

議会で役職に就くことにより、地元で過ごす時間は確実に減る。今日も選挙区内で某自治会連合会の新年会があった。しかし公務を蔑ろにして選挙運動をすることを、少なくとも私の支援者は喜んでくれまい。

自ら課すルールがないと、議員は日々を全う出来ない。そのバランスを崩して、いなくなった人達も知っている。20年前に初めて市議になった時から変わっていない。「議会活動最優先」である。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/JR相模原駅
特別養護老人ホーム餅つき手伝い/下九沢
相模原商工会議所新年賀詞交歓会/南区相模大野

【午後】
県食生活改善推進団体連絡協議会新年の集い/横浜市中区
事務作業/県庁
保健福祉局と打合せ/同
連合神奈川新春のつどい/横浜市中区

【夜】
県食品衛生協会賀詞交歓会/横浜市中区


ありがたいことです


2017年01月05日(木) 問題意識を共有する市民は多い

政令市になって6年が経った。今でも相模原市の賀詞交歓会は一箇所で開催される。悪いことではない。一方でここより大きな会場はない。これ以上参加者が増えた場合は、行政区毎になるのかもしれない。

相模原の将来が心配だ。ここ最近その念が強い。皆が仲の良い街。政治的な対立の少ない街。そういう所が大好きだ。しかし世の流れは甘くない。人口減少の時代がすぐそこまで迫っている。

発想の転換が必要だ。誰かの足を引っ張ることではなく、前向きな議論を始めなければならない。問題意識を共有する市民は多い。今日も改めて実感した。連携して取組んでいく。

●今日一日

【午前】
相模原市賀詞交歓会/富士見

【午後】
街頭活動/中央
地域まわり/緑区及び中央区内
支援企業新年会/相模原
事務作業/自宅


私も市民なのに何故か猴萇亅甍靴い任


2017年01月04日(水) 麻薬犯の罪が軽すぎる

麻薬の罪が軽すぎる。初犯の使用なら大方は執行猶予が付く。芸能人はしばらくするとテレビに出てくる。早速清原元選手がインタビューに答えているのを見て驚いた。示しが付かないことこの上ない。

さてこれまで“不幸”な場面に遭遇してきた。自分自身の責任ではない事態で、大きく人生が狂った人達に会った。しかし麻薬犯の多くは違う。自ら手を染めている。飲酒運転と一緒。ミスではなく確信犯だ。

タイのバンコクで日本人在住者向けの新聞がある。麻薬で終身刑になった同じ日本人の手記が載っている。連載物で何度か読んだ。「安易だった。決してやらないように(要約)。」

また県内でも興味本位で手を染める青少年が後を絶たない。自らを傷つけることは誤り。結果として人様も傷つくのだから。ここまで蔓延したからには、司法の裁きをより厳しくするべきだ。

●今日一日

終日お休み


2017年01月03日(火) 自治会の新年会で担い手不足を考える

自治会の新年会がスタートした。どうしても重なるため参加は限られるが、積極的に出向いて、対話したいと思う。地域の担い手不足が深刻な状況だ。その解決策を引き続き模索していきたい。

自治会、消防団、民生委員等。当事者たちの悩みは深い。政治行政もその限界に気付いている。頑張っている人たちに、「もっと頑張れ」と言っている。制度を改革してこなかった政治の責任は大きい。

一例を挙げよう。私は消防団員を20年近くやっている。ご多分に漏れず新規勧誘は限界にある。それもそのはず。多くの市民は、消防団の存在意義に疑問を持っているのだから。その根本を変えるしかない。

入るか入らないかの爛瓮螢奪鉢瓩鯆謬瓩垢襪海箸聾続Δある。しかし地域生活こそが人間社会に必要だということを、人口減少の時代に改めて考えていくことは出来る。相模原のような住宅都市でも可能なはずだ。

大分以前のこと。「24時間戦えますか」のCMが流れていた頃だ。評論家の佐高信氏が講演で言っていた。日本は経済で欧米に勝って当然。仕事・家庭・地域、その2つを蔑ろにして仕事だけやっているのだから。

私も反省しなければならない。話が少しそれた。何だかんだと言っても、みんな地域で生活している。その恩返しを少しずつでも、多くの人がするようになれば、より笑顔の社会になるのではないか。

●今日一日

【午前】
青葉地区自治会連合会賀詞交歓会/青葉
事務作業/事務所

【午後】
街頭活動/星が丘OKストア交差点
地域まわり/中央区内

【夜】
会合(地域)/相模原



2017年01月02日(月) 正月に街宣車で市内をまわる

正月に街宣車で走る。「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」とマイクで話す。誰がいつから始めたのだろうか。相模原では藤井裕久先生が元祖という話もあるが、記録がある訳ではないので確かめようもない。

本村衆議院議員から街宣車を拝借し、午前中に中央区内を流した。2時間半しかないので、大通りをかろうじて1周というところ。広い相模原市内はとうてい及ばない。それでも家の中で聞いていて下さる方はいる。毎年後日に若干の反応がある。

●今日一日

【午前】
街宣活動/中央区内
街頭活動/グッデイプレイス前

【午後】
地域まわり/緑区及び中央区内
事務作業/事務所

【夜】
会合(議会)/田名


当然窓は全開です


2017年01月01日(日) 元旦の今日一日

年が明けた。最初のイベントは一般社団法人実践倫理宏正会の元朝式。朝5時から開催される。毎年この会から一年がスタートする。猴萇亅甍Щ△發△襦赤間衆議院議員、本村衆議院議員、私、臼井市議会議員、沼倉市議会議員という順だ。人数がいるので短くが基本。

その足で立正佼成会相模原教会の元旦参り。お世話になった前教会長が退任されてから初の集会参加となる。住まいのある上溝支部の皆様をはじめ、長くご支援頂いている。市議選のライバルであるにも関わらず、「寺崎をよろしく」と紹介して下さった故宮崎昇市議のことは忘れない。

そして横山公園のラジオ体操。いつもに増して人が多い。第二までしっかりやると体がほぐれる。気持ちいい。私はたまにしか来ないが、毎日やっている方は健康に良いはず。県も健康寿命日本一の施策を打っているが、行政に言われるまでもなく市民は取り組んでいる。

車で少し寝た。昼からは相模川の高田橋下で寒中水泳大会。入水している議員もいるが、私は遠慮して応援に徹する。2歳から80歳までの皆さんが、寒そうかつ楽しそうにバシャバシャしている。参加者もそうだが、元旦から準備をされている水泳協会の皆さんには頭が下がる。

午後からは県外で暮らしている友人と新年会。正月ということで相模原に戻ってきている。しかし元旦かつ昼間から営業している飲み屋さんが見つからない。断腸の思いで八王子へ。今日はこれまで。ということで日本酒をしこたま。帰宅と就寝は午後8時だった。お休みなさい。

●今日一日

【午前】
神社まわり/中央区内
事務作業/事務所
(一社)実践倫理宏正会元朝式/中央
立正佼成会元旦参り/清新
年頭ラジオ体操/横山

【午後】
街頭活動/上田名交差点
相模川寒中水泳大会/水郷田名
友人と新年会/八王子市


街頭始めは上田名交差点でした


てらさき雄介 |MAILHomePage