てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2016年05月31日(火) 大きな昂揚感と緊張感、そして充実感

かながわ民進党を代表して本会議で質問。昨年の改選後も同時期に登壇した。1年振りである。神奈川県議会ではこれでも多い方だ。後ろで議事をつかさどるのは同じ会派の大村副議長。これも初めての経験である。

終わってみて実感した。やはり私にはこれしかない。昂揚感と緊張感。そして充実感。他の何をしている時よりも深く、大きい。議員をやっていられることに感謝。地元の皆様ありがとうございます。発言の概要は以下の通り。

1、日米地位協定の改定に向けて努力を
2、災害派遣精神医療チームの受入れ態勢構築を
3、富士山火災防災対策で市町村との連携を
4、地方創生新型交付金の活用を
5、政府関係機関の地方移転に反対を
6、子どもの貧困対策の拡充を
7、指定管理者制度の課題把握でサービス向上を
8、県立リハビリテーションセンターの人員不足解消を
9、県立高校の統廃合で住民との対話を

●今日一日

【午前】
代表質問最終検討/県庁
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(代表質問・意見書採決)/同

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


早速写真が出来上がりました


2016年05月30日(月) 松沢成文参院議員の出版記念を祝う会

松沢成文参議院議員の出版記念を祝う会に参加。今や氏も無所属の議員。大手を振って会いに行った。私にとって元々旧民主党入党の紹介者であり、県議1期目は知事としてもお世話になった。

政治は浮き沈みが激しい。何より4年に1回選挙があるので、長く続けることは難しい。県議会10年にして奇数年齢で真ん中から少し上。相模原市議会に至っては46名のうち、私の‘先輩’は既に7名しかいない。

そういう環境の中で互いの付き合いが途切れてしまう人も。しかし根は大切にし続けなければならない。人生の1ページを捨てたくはない。自分の過去を大切にしない人に将来はないとも思う。

藤井裕久先生、伊藤達也代議士、田中良杉並区長、松沢成文参議院議員、長友義樹相模原市議。今でも行き来出来る関係であるのは嬉しい。政治の世界は一寸先が闇。だからこそ強い決意で関係を保ちたい。

●今日一日

【午前】
連合神奈川政策委員会(環境・エネルギー)/横浜市中区

【午後】
次回代表質問検討/県庁
松沢成文参議院議員出版記念講演会/横浜市西区

【夜】
中央商店街協同組合総会懇親会/中央


地元商店街の懇親会でした


2016年05月29日(日) 人口透析をしている皆様の会に参加

腎友会の総会に参加。賛助会員になっているが、地元議員としてご紹介頂いた。人工透析をしている皆様で組織する会だ。相互の親睦にあわせて、政治行政に対する政策提言も行っている。

民進党でも県市単位で団体ヒアリングを行うと、必ず参加して頂き貴重なご意見を頂いている。1日おきに透析をする苦労は想像を絶する。いつ誰が同じ状況になるかわからない。社会全体で支援する必要がある。

私もこれまで幾度となく議会内外で発言してきた。特に重度障がい者に対する医療費等の助成や、大規模災害時の透析環境の整備は急務。幸い本年度は厚生常任委員長をつとめている。取組を強くしたい。

●今日一日

【午前】
神奈川土建定期大会/富士見
腎友会総会/同

【午後】
舞踊発表会/中央
地域まわり/南区内


舞踊も様々なスタイルがあります


2016年05月28日(土) 金子洋一参議院議員の街頭活動

参議院選挙が迫ってきた。繰り返しだが私は「金子洋一」さんを応援している。その街頭活動が相模大野駅であった。地元党支部が運営したので、本村衆議院議員はじめ多くの地方議員が参加。

私もマイクを持った。安倍政権は必要な施策を打っていない。中低所得層に対する社会保障を増大することだ。一定の財政支出なくして市民生活の改善はない。金融緩和は限界がある。既に実体経済が証明している。

衆参同日選挙はない様相だ。元々一緒にやることは問題と考えていたので、結果我が意を得たりである。その分参議院選挙に特化出来る。神奈川の戦況は厳しい。民進党結党後初の国政選挙。負ける訳にはいかない。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
金子洋一参議院議員街頭活動/南区相模大野
行政相談対応(福祉)/上溝


参院選は7月10日が投票日です


2016年05月27日(金) オバマ大統領の勇気と決断に敬意を

オバマ大統領が広島を訪れた。その決断と勇気に敬意を表する。また環境を整えた安倍政権に対しても同様である。日本と世界の歴史に刻まされる貴重な日となった。テレビの映像に感じ入った。

世界の軍事は核抑止力で均衡している。総量を段階的に削減していくには、最大の保有国アメリカの努力こそ必要だ。もちろん日本も被爆国として出来ることはある。核の非道を訴え続けることだ。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討/県庁
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(提案説明)/同
次回代表質問検討/同
かながわ民進党全体会議/同
かながわ民進党厚生部会/同

【夜】
会合(議会)/東京都港区


代表質問まであと4日!


2016年05月26日(木) 政策中心になれない政治の実態

月例ミニ県政報告会。来週火曜日に登壇する代表質問をテーマにした。その内容も去ることながら、質問者を決めるルール等もご報告。その後に意見交換。議員の一番大切な仕事が身近な人にも伝わっていないと実感。

政治改革とは何か。狎策で動く政治瓩鉢狎策が問われる選挙瓩鮗存修垢襪海箸澄Eたり前のように思われるが、現実は大きくかけ離れている。これは相模原に限らない。日本、いや世界共通の問題である。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討/県庁

【午後】
次回代表質問検討/厚木市
事務作業/事務所
相模原食品衛生協会総会懇親会/南区上鶴間本町
月例ミニ県政報告会(代表質問)/中央

【夜】
上記報告会参加者有志懇親会/中央
次回代表質問検討/事務所


食品衛生協会の総会懇親会です


2016年05月25日(水) 厚生常任委員会を「開催した」

厚生常任委員会が開催された。いや委員長だから「開催した」になるのだろうか。通知は私の名前で出している。就任後最初の委員会。開会直後に短くご挨拶。その後行政当局から幹部職員の紹介があった。

今日の議題は狃蟯瓢項について瓠J欸鯤〇禧匹了業全般について概要の説明を受ける。予算約3835億円、職員数約1690名の大所帯である。教育委員会と県警察を除けば、県組織のなかで一番大きい。

今後一年間委員会の議事進行を司る。新たな経験である。大任だ。地元で支えて頂いている市民をしっかり頭に刻み、相模原から少し遠い関内の神奈川県議会でつとめを果たしたい。

●今日一日

【午前】
厚生常任委員会正副委員長打合せ/県庁
厚生常任委員会(説明及び質疑)/同
次回代表質問検討/同

【午後】
団体訪問/横浜市中区
次回代表質問検討/県庁

【夜】
建設ユニオン多摩支部推薦議員懇談会/八王子市
会合(地域)/千代田


厚生委員長として初の委員会でした


2016年05月24日(火) かながわ民進党初の代表質問に登壇

代表質問を行うことになった。来る5月31日の午後3時位から。かながわ民進党初の登壇である。多くの市民と同僚議員の期待にしっかり応えたい。今後会派政調会と内容の最終検討に入っていく。

議員の仕事は多岐にわたる。個々人で力点も違う。私は何をおいても議会の公式発言だ。その中でも特に本会議は重い。議員と行政幹部職員の全員が出席している。一つひとつの発言が議場に響き渡る。

議場で議員が行うのは「演説」である。文章が上手く出来ているかは二の次。声の発し方で思いの伝わり方が違う。プロの舞台である。仮に聴衆が眠くなるようならこちらの負け。渾身の力を込める決意だ。

●今日一日

【午前】
行政相談(住宅)/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
事務作業/事務所
次回代表質問検討/同
街頭活動/横山

【夜】
上溝商店街振興組合総会懇親会/上溝


商店街総会懇親会に地元県議として参加


2016年05月23日(月) 市民から受けた3つの相談事

土地に関する相談を受けた。大きな内容である。「やってみます」としか言えなかった。私の知識では限界があるので、不動産のプロを連れて依頼者と現地へ。今のところ良い方向に行きそうだ。具体的になった段階で、改めて私の仕事が出てくるはず。

「防犯灯が切れている」と連絡があった。たらいまわしはいけない。市・自治会いずれの所有であっても最後まで取組もう。現地へ行くと珍しく県が設置した防犯灯だ。まさに私の仕事である。担当部署に連絡。1カ月以内の補修を約束してくれた。

お孫さんが3歳で初めて保育園に入りたいとのこと。いわゆる犖利き瓩呂靴覆ぁまた私がしゃしゃり出たから便宜が図られる訳でもない。一方で市民から見て役所の情報は不親切。よくわからない。依頼者に寄り添って説明することで、申し込みを検討する材料になればいい。

●今日一日 

【午前】
行政相談対応(土地)/星が丘

【午後】
行政相談対応(福祉)/上溝
大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会総会/厚木市
行政相談対応(施設)/横山
行政相談対応(子育て)/上溝

【夜】
相模原地域連合街頭活動/南区相模大野


市町村議の鳥獣対策を応援します


2016年05月22日(日) コミュニティ施設「ぶらっと上溝」がオープン

上溝地区に施設がオープンした。市の地域コミュニティ形成事業の一環である。貸館ではない。誰でもその場で気軽に立ち寄れる。その名も「ぶらっと上溝」。運営は社会福祉協議会が担っていく。

全市的に地域のコミュニティ施設が不足している。老朽化等により建物は減少。一方で高齢化により利用者は増え続けている。「施設が欲しい」「施設が壊されてしまう」「施設にスロープを付けてほしい」これまでも地元県議として多くの要望を受けてきた。

県と地域の関わりも変える必要がある。ともすると県政は頭の体操になりがちだ。職員自らが地域に入っていき、そこで聞いた声をしっかり積み上げていく。それが施策や予算になることが地方自治の本旨である。

●今日一日

【午前】
ぶらっと上溝開所式/上溝

【午後】
手づくりマルシェフェスティバルin淵野辺/淵野辺
相模原シティライオンズクラブ盲導犬募金/緑区橋本
次回代表質問検討/事務所

【夜】
消防団中央方面隊第一分団第一部後援会総会/上溝


今後も応援していきます


2016年05月21日(土) 民進党県連の結成大会

民進党県連の結成大会。先立つ所属議員会議で金子洋一参議院議員が新代表に選出された。久しぶりの選挙となったが、意欲ある人が複数いるのは良いことだ。密室談合の時代ではない。

他都道府県に比べると神奈川は発足が遅れた。しかしこれは旧民主・維新ともに議員の数が多いことにより、事前の段取りに時間がかかったため。悪いことではない。むしろ満を持してスタートが切れた。

来たる参議院選挙は厳しい。2名の公認候補をどのように勝たせるか。その道筋はいまだ見えていない。また「次回統一地方選挙」についても発言が出た。4選に挑戦するか未定だが、その心構えをする時期に来た。

●今日一日

【午前】
日産労連神奈川地協バーベキュー/横浜市金沢区
民進党神奈川県連所属議員会議/横浜市中区
民進党神奈川県連結成大会/同

【午後】
日産労連エルダークラブ相模ブロック幹事会/海老名市
地域まわり/中央区内

【夜】
消防団中央方面隊第一分団後援会総会/星が丘


改めて今ここから


2016年05月20日(金) 「やってみます」と言い切って欲しいものだ

議会運営委員会が開催された。代表質問で登壇することが正式決定。かながわ民進党で第一番となる。予定では5月31日の午後3時過ぎ。残された準備時間は少ない。

さっそく内容の検討に入る。行政からも色々話しを聞いた。しかしイマイチだ。日本の官僚組織は優秀。16年間の議員活動で実感している。しかし市民感覚に欠けている。私が日頃地元で聞く率直な意見に、正面から応えてはくれない。

「担当が違います」「予算が厳しいです」等々。何故言い訳をするのか。役所という組織の問題を感じる。「やってみます」と言い切ることから始まる場合もあるい。本会議場で直接黒岩知事にぶつけていきたい。

●今日一日

【午前】
かながわ民進党正副団長打合せ/県庁
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
相模原市選出超党派県議の会/同
次回代表質問検討/同

【夜】
明大校友会支部若手の会/緑区橋本
事務作業/事務所


会派政調会の曽我部久美子事務局長と


2016年05月19日(木) 厚生常任委員会委員長に就任

本会議で議長より厚生常任委員会委員長に指名された。常任委員会の委員長に就任するのは、県議会・市議会の16年間を通じて初めてのこと。謙虚にかつ力強く努めていく決意だ。

併せてそのあて職で、医療審議会委員・薬事審議会委員・感染症対策協議会委員・自然環境保全審議会温泉部会委員・食生活改善推進団体連絡協議会顧問に就任。各担当部局から順次内容の説明を受けた。

元々専門的な知識が必要な分野。一方で市民から聞く困窮の声は素朴である。委員長は党派中立が原則。それを徹底しながらも、対行政には毅然として向き合っていきたい。 最初の委員会は5月25日に開催予定である。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討/県庁
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(委員会委員指名等)/同
正副委員長会/同
次回代表質問検討/同

【夜】
市民のつどい/南区相模大野
会合(議会)/横浜市中区


すべての常任委員と正副委員長が指名されました


2016年05月18日(水) 幼稚園に対する支援は十分でない

相模原市幼稚園協会の教育大会。推薦議員として参加した。幼児教育の重要性は高まっている。特に教育機関である幼稚園の役割は大きい。県でも様々な支援を行っているが十分とは言えない。

県立高校の統廃合でも異議を唱えた。子どもの数が減るから学校を少なくするのは間違い。これまでが手薄だったのだから、今の体制を維持して充実した教育環境を整えるべき。

同じく少子化のなかで幼稚園の運営は厳しさを増している。手をゆるめたり施策を減少させてはいけない。子どもの貧困対策の視点からも、家庭の負担軽減に取組むべきだ。引き続き議会で主張していく。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/事務所
相模原市幼稚園協会教育大会/中央
行政相談対応(福祉)/市役所
行政相談対応(子育て)/同
次回代表質問検討/事務所

【夜】
会合(議会)/相模原
飲食店の6周年を祝う会/相模原


幼児教育は大切です


2016年05月17日(火) かながわ民進党から副議長を輩出

本会議場で正副議長選挙が行われた。かながわ民進党から大村博信議員(横須賀市)が副議長に当選。105名の定数のなかで98票という圧倒的な支持である。同じ会派の議員として本当に嬉しく思う。

ここに至るまで様々なことがあった。多くは語るまい。議会運営に一層重い責任を担うなかで、その労苦に報いていくしかない。議会改革は道半ばである。市民に開かれた県議会を目指して、引き続き努力していきたい。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
かながわ民進党正副団長打合せ/同
かながわ民進党役員会/同

【午後】
かながわ民進党全体会議/県庁
本会議(正副議長選挙)/同
次回代表質問検討/同
行政相談対応(交通)/同

【夜】
自動車総連政策懇談会/横浜市中区
会合(同)/同


夕刻からは自動車関係税制の懇談会です


2016年05月16日(月) 知った顔がいるだけで貴重な存在だ

ヤジと怒号の中で本会議が終わった。この件はいずれ改めて書きたい。その後急いで地元へ。新中央飲食組合の総会懇親会だ。厚生常任委員会の委員である。保健衛生はまさに仕事。現場の声を聞くことが出来た。

今や同業組合は維持が大変。わかりやすい「メリット」が求められる中で、助け合いの良き文化が失われてしまっている。この組合は総会懇親会、2次会とも会員の店を使う。年に一度でも嬉しいものらしい。

皆が疲弊している。果たして何の為の競争なのか。小さくてもいい。多少高くても。立派な料理でなくても。知った顔が店にいるだけで、そこは地域にとって貴重な存在だ。社会全体の価値観を変えねばならない。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
団体訪問/横浜市中区
次回代表質問検討/県庁
民進党県議団正副団長打合せ/同
民進党県議団役員会/同

【午後】
本会議(採決)/県庁
新中央飲食組合総会懇親会/小山

【夜】
下九沢地域振興会例会/南橋本


様々なご意見を伺いました


2016年05月15日(日) 政治の新陳代謝を市民が望むなかで

民進党青年局の全国研修会が横浜で開催された。「地元」ということもありお誘いを受けた。私が「青年」かは微妙だが、規約上は45歳までだ。

全国から集まった各級議員。知った顔が年々減っている。浮き沈みの激しい政治の世界。長く続けることは難しいのだろ。

これは一方で新陳代謝が図られているとも言える。市民はむしろそれを望んでいるのかもしれない。惰性に流されず進んでいきたい。

●今日一日

【午前】
消防団風水害対策図上訓練/上溝

【午後】
事務作業/事務所
行政相談対応(施設)/上溝

【夜】
支援者お通夜/南区古淵
民進党青年局全国研修会/横浜市西区


地元消防分署で訓練しました


2016年05月14日(土) 民進党地元支部の定期大会

民進党地元支部の定期大会。事実上の結党大会だ。旧維新から1名の市議を加えての再スタート。所属議員数12名は県内の民進党支部で一番多い。相模原から政権交代を目指して進んでいきたい。

集まった数百名の党員からも多くの発言があった。「アベノミクスの対抗軸を明確に。賃上げは中小企業に厳しい。すべての人に行きわたる社会保障の充実が求められている」同感である。さっそく取り入れたい。

地元を歩いているとまだまだ党の知名度はない。民主党が比較的根付いていた相模原だから、余計に今後の努力が必要になってくる。しかし後戻りは出来ない。自民党に代わり得る勢力をつくる。そのラストチャンスだ。

●今日一日

【午前】
民進党地元支部定期大会/富士見

【午後】
相模原市文化協会総会懇親会/中央
医療施設イベント/下九沢
打合せ(党)/厚木市
事務作業/事務所
行政相談対応(福祉)/上溝

【夜】
支援者訪問/弥栄
異業種交流会例会/高根
会合(議会)/町田市


ガンバロー三唱の音頭をとりました


2016年05月13日(金) 意見というより嫌がらせだなこれは

数日振りに事務所へ。ご意見、というよりかは嫌がらせのファックスが多数来ていた。全学連のビラでもあるまいし。試行錯誤も甚だしい。主たる原因が自分たちにあること認識していない。いやわかっていて隠ぺいしている。

この問題で議会が多くの時間を使っていることは、私自身も忸怩たる思いがある。市民から見てわかりにくいとも思う。早く終息に向かわねばならない。良識ある多くの議員はそう考えているはず。

一方でケジメは必要。元々議会における様々なルールは、少数の権利を保全するためにある。その少数の側がルールを率先して破ってはいけない。誰が間違ったのか。何が間違いなのか。ここは明確にしなければ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
行政相談対応(施設)/市役所
打合せ(参議院選挙)/中央
行政相談対応(福祉)/市役所
事務作業/事務所
来客/同
行政相談(子育て)/上溝
支援者弔問/田名

【夜】
市役所新規採用歓迎パーティー/町田市


逆効果だと思いますね


2016年05月12日(木) 今日もまた深夜である

今日もまた深夜である。議会運営委員会が断続的に開かれており、会派所属議員27名も全員待機。合間に報告や意見集約の全体会議を開催する。その主催と運営が私の役目である。

今起こっていることの把握が第一。政治家はそれぞれに利害と個性があり、一つの事象や一人の話を鵜呑みにしてはいけない。かえって誤った情報発信をしてしまう。私なりの情報網でしっかり確認する。

次はタイミング。県議27名を拘束するには理由が必要。呼び出しておいて、何もないでは済まない。また喧々諤々することにより、交渉が上手くいかなくなることも。このバランスと決断が非常に難しい。

そして意見集約だ。会議は結論を出すためにある。しかも与えられた時間は有限だ。丁寧かつ大胆に決定を下さねばならない。その責任は団長を補佐する私が、筆頭副団長として負わなければならない。

思うこと多々ある一日となった。仕事なので不謹慎化もしれないが、とても勉強になった。この経験を次に活かしていきたい。

●今日一日

【午前】
民進党県議団正副団長打合せ/県庁
民進党県議団役員会/同

【午後】
民進党県議団全体会議/県庁

【夜】
民進党県議団全体会議/県庁
会合(議会)/同


今日も深夜でした


2016年05月11日(水) 第二回定例会の初日は深夜になった

第二回定例会が召集された。本会議で知事より提案説明。また議会運営委員会が開かれ、常任委員会委員等の改選手続きが協議された。加えて次回代表質問に向けた会派内検討も始まり、朝から深夜まで目まぐるしい一日となった。

今日は多分遅くなるだろう。予想していたのでホテルを予約しておいた。最近の定宿は駅近くのアパホテルだ。何だかんだで県庁を出たのは朝の5時。それでも寝るまえにどうしても一杯やりたくて店を探す。しかしない。オフィス街は朝までやっている飲屋などないのだ。

ようやく1軒あった。ラーメンの日高屋。24時間営業である。ビール位あるだろう。そう思い入店すると予想外。この時間は半居酒屋になっていた。ホッピーが。ツマミのから揚げや枝豆も。数時間でまた会議が始まる。睡眠時間を確保しなければ。店にいたのは正味45分である。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討/県庁
正副団長会議/同
行相談対応(福祉)/同
民進党県議団正副団長打合せ/同

【午後】
民進党県議団役員会/県庁
本会議(提案)/同
介護保険課よりレクチャー/同
民進党県議団全体会議/同

【夜】
民進党県議団全体会議/県庁


深夜は深夜に。寝る前にビールを一杯


2016年05月10日(火) オバマ大統領の広島訪問を歓迎する

オバマ大統領が広島訪問を表明。恐らくは原爆に関する何らかの表明が現地であるだろう。今の段階で「謝罪」を求める必要はない。その決断を前向きに受け止めて、今後に繋げる努力を私たち自身がする必要がある。

個々の戦争における責任の所在をどう総括するか。日本は特有の‘唐連判状’理論でそのことを避けてきた。しかしそれではいけない。政治は人さまの命を左右するのだから。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討/県庁
行政相談対応(土地)/同
行政相談対応(施設)/同

【午後】
神奈川県戦没者追悼式/横浜市港南区
行政相談対応(交通)/県庁
行政相談対応(水道)/同
事務作業/同


謹んで戦没者のご冥福を祈念しました


2016年05月09日(月) 本を読み、映画を見る、大切なことだ

朝から夜まで相談ごとの多い一日だった。議員として担当外の話は、その道のプロを紹介した。私が受けた仕事は早速明日以降、県と市に働きかけていきたい。

気になっていた「ロクヨン」を見た。プロとは何か、改めて考えさせられた。後半が楽しみだ。中村トオルが言う「一ヶ月で慣れて、二か月で染まる、それが組織。」

ビクッとした。

だからこそ。本を読み、映画を見る。大切なことだ。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所

【午後】
街頭活動/市役所前交差点
行政相談対応(施設)/矢部
打合せ(地域)/富士見
行政相談(住宅)/千代田

【夜】
行政相談(福祉)/上溝


今日は多くの相談を受けました


2016年05月08日(日) 社民党など、野党共闘のつなぎ役として

社民党相模原総支部の定期大会に参加。昨年の選挙でご推薦を頂いた。非常に厳しい状況下で当選できたのは、「保守」から「革新」まで幅広い市民の支援を頂いたからだ。付き合いは信義にかけて継続していく。

また現在は野党共闘が求められている。私自身もそう考えている。その他推薦を頂いた生活の党を含めて、つなぎの役目を果たしていきたいと思う。これ以上現政権を継続させてはいけない。勝負のときは近い。

●今日一日

【午前】
上溝地区本町自治会防災訓練/上溝

【午後】
団体月例会/町田市
社民党相模原総支部大会/淵野辺
ポスター新規設置/上溝



2016年05月07日(土) 県立リハセンター新福祉棟の開棟式

県立総合リハビリテーションセンターの福祉棟がリニューアル。開棟式に県議会厚生常任委員として参列した。この施設は市民にとって重要。そのサービス向上をこれまで議会で取り上げてきた。

指定管理制度は問題がある。特に医療・福祉施設に適用することは、慎重に検討されるべきだ。「人がサービス」の分野で人件費を極端に減らすことは、本末転倒な結果をもたらすことがある。「

今日は純粋にお祝いしたい。しかし今後は違う。県が必要以上に重視する財政論に依らず、何より利用者の立場で発言を続けていく。機会はそう遠くない。多くのご意見を聞きながら、準備に勤しみたい。

●今日一日

【午前】
県リハセンター福祉棟開棟式/厚木市

【午後】
民進党熊本支部募金活動/淵野辺駅
地域まわり/中央区内
街頭活動/上溝交差点

【夜】
上溝地区石橋自治会新旧役員歓送迎会/上溝



2016年05月06日(金) 私の主張が民進党の政策になるように

来る参議院選挙は厳しい状況だ。内外の環境が未だ整っていない。一方で負けることは許されない。「選挙に勝つ」為につくられた民進党が、その初戦で敗れることは許されない。

さてどうするか。私は色々な立場を想定しながら考えている。もし党首だったら。本部政調会長だったら。県連代表だったら。総支部長だったら。もちろん県議としての役目も。

大きくは対立軸だ。何が安倍政権と違うのか。その主軸を定めなければ元も子とない。市民は生活が厳しい。少なくも私は訴えていく。私の主張が民進党の政策になるように。市民にわかってもらえるように。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
街頭活動/旧アイワールド前
地域活動/中央区及び緑区内

【夜】
会合(議会)/横山


「金子洋一」の政策を訴えました


2016年05月05日(木) 相模原で24時間の店は珍しい

噂の磯丸水産へ。前回は一杯で入れなかった。今日は午後2時過ぎ。それでも混んでいた。定番の貝をテーブルで焼いて食べる。一品当たりの値段は高くないが、楽しいので多く頼んでしまうのだろう。

相模原で24時間の店は珍しい。「大丈夫かな」と心配する人は多かった。何しろすぐ駅前。街の活性化にとっても大切な場所だ。開店した以上は定着して欲しい。少なからず貢献したい。飲み食いすることで。

●今日一日

終日お休み


自分で焼く貝は美味しい


2016年05月04日(水) 田中角栄元総理の銅像

田中角栄元総理。私が尊敬する政治家の一人だ。二十数年前に政治活動を始めた頃、既に氏は脳梗塞で倒れた後だった。一方で衆議院に議席はあり、信奉する人は非常に多かった。その政治手法は後々に影響を与え、特に選挙は氏のやり方が爐△襪戮運動瓩蛤でも信じられている。

朝に浦佐へ。上越新幹線で最も乗降客が少ない駅。確かに人気はない。駅構内にはシャッターの閉まったコーナーがある。みどりの窓口や売店が以前はあったらしい。在来線もある。その改札はスイカが使えない。駅員さんが一枚一枚スタンプを押す。昔懐かしい風景だ。

その駅前に銅像がある。手を上げた有名なポーズをとっている。「新潟3区1万2千名の寄付によって・・・」と書いてある。新幹線開通に合わせて建設された。氏がまだ健在で活躍している頃だ。上に屋根が付いていることに地元の愛情を感じた。雪で埋まらないようにだろう。

午後は旧西山町の田中角栄記念館へ。ネットで見る建物とは違う。近年建て替えられたらしい。ちょうど遺稿展をやっていた。奇しくも氏の誕生日。スタッフも大勢いて驚いた。歴史の継承は日本統一である必要はない。地域としてその一ページを語り継ぐのは素晴らしいこと。

●今日一日

終日お休み


屋根に地元の愛情を感じます


2016年05月03日(火) いつの日か違う場所で暮らす妄想

地方に来ている。相模原も人のことは言えないが、テレビで見る本当の田舎だ。何より田んぼの風景が珍しい。水はまだ張っていない。しかし雰囲気は良い。日本人のDNAに組み込まれているのかもしれない。

駅に電車は二路線。一つは1時間に1本。もう一つは1日に4本しかない。「走っている車両が来たら手を振ろう。」そんなポスターが微笑ましく貼ってある。途中実際に見ることが出来た。その走行はとてもゆっくりだ。

地元相模原は地方出身者でつくられた街。多くの人は戦後に仕事の都合でやってきた。かく云う私の父母もそう。振り返る場所があるということは、一体どんな感じなのだろうか。寂しいのか。良いものなのか。

私は相模原しか知らない。しかし先のことはわかならない。いつの日か違う場所で暮らすことはあるのだろうか。その時に相模原をどう感じるのだろうか。思考というより妄想か。少し考えてみた。

●今日一日

終日お休み


良い景色です


2016年05月02日(月) 指揮命令権のない議員の猩哭

交通関係の相談を受けている。依頼者のご指摘は至極ごもっとも。それを前提で役所にあたっている。一方で役所には役所の理屈がある。それを変えるのが私の仕事だが、残念なことに議員には指揮命令権がない。要望する、つまりお願いしか出来ないのだ。

だからこそ、ここが腕の見せ所。互いに人間。落とし所はある。最終的には役所が嫌う‘大騒ぎ’という手もあるが、依頼者に迷惑をかけては元も子もない。少し時間のかかる案件だ。同様のお困りごとを抱える方からも意見を聞き、粘り強くあたっていくしかない。

●今日一日

【午前】
街頭活動/JR相模原駅
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
行政相談対応(交通)/緑区西橋本
金子洋一街宣活動/中央区及び緑区内

【夜】
会合(地域)/緑区橋本


街宣車で「金子洋一」の政策を訴えました


2016年05月01日(日) 『金子洋一』の活動を力強く展開する

参議院選挙の日程が確定した。予定通り7月10日が投票日だ。最近『金子洋一』氏に対して、判的な意見を聞くことがままある。しかしそれがいい。本人の考え方がはっきりしている証拠だ。ウンでもスンでもない議員を政治家とは呼ばない。また何より、氏の経済政策は拝聴に値する。

情勢はとても厳しい。支持率が40%近い自民党ですら公認候補は1名。そこに民進党は2名擁立する。互いの底上げを図るためには、とにかく切磋琢磨して争うしかない。民進党神奈川県『金子洋一』の活動を、より力強く地元相模原で展開していく決意だ。

●今日一日

【午前】
団体訪問/清新

【午後】
打合せ(党)/藤沢市

【夜】
次回代表質問検討/自宅


頑張ります!


てらさき雄介 |MAILHomePage