てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2013年05月31日(金) 足を引っ張る無様な姿

相模原市選出県議8名で爐気みの会瓩魴訐している。地元課題について共同して取り組むための組織。相模原市等から受けた県あて要望について、これまでも党派を超えて連携してきた。

議員は元々個人事業主としての趣きが強い。党が同じでも個々人単位。まして党派が違い、かつ選挙では敵同士となれば、その関係を良好に保つことは極めて難しい。むしろ仲が悪い方が一般的。

一方で国政で展開される‘足の引っ張り合い’に主権者は飽き飽きしており、その改善が図られないことが政治不信の一因にもなっている。私たち地方議員はより市民に身近。無様な姿をさらすことはしたくない。

幸い8名の議員全員が趣旨を共有しているので、これまで表立ったトラブルは起きていない。また地元からも「全員一緒の方が頼みやすい」と評判もまずまず。今後も連携を深めたい。

●今日一日

【午前】
自民党県議団PTヒアリング/県庁
次回代表質問検討/同

【午後】
次回代表質問検討/県庁
相模原市選出県議の会/南区県合同庁舎

【夜】
田名地区公共交通整備促進協議会/田名


2013年05月30日(木) エルサレム駅からバス

以前に比べ寝て夢を見ることが多くなった。ぐっすり寝れていないのか。あるいは起きて見る夢が少なくなっているのか。

★第一シーン
どこかの国にいる。連れも一人。性別は不明。帰国間際にプールサイド。ふと気が付くと旅行バックがない。荷造りは終了しているので、持ち物ほぼ全てが入っている。どうしよう。プールに落ちたかな。のぞいてみたが見つからない。幸いパスポートは持っている。よしもったいないけど捨てていこう。

★第二シーン
エルサレムの駅。警備が厳重。政府高官が駅前広場で軍事訓練を行っている。電車が来る。しかしすごい勢いで出発してしまい乗り遅れる。駅前にバスがある。しかし路線がわかならい。運転手が地図を見せてくれる。イスラエル全土をまわるとのこと。スカンジナビア半島もコースに入っている。バスが出発。私が身振り手振りで訴える。「南北線に乗りたい。清澄白河のバス停に行って欲しい。ほら地図のここにある。」

★第三シーン
空港のそば。飛行機が超低空で飛んでいる。着陸待ちが多いのだ。ビルすれすれで危ない。

ここで目が覚めた。様々な要素が入り乱れていた。その深層心理はどのようなものか。単に海外へ行きたいだけかな。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内
行政相談対応(下水道)/緑区若柳

【午後】
街頭活動/市役所前交差点
地域まわり/中央区内

【夜】
さがみビルメンテナンス協同組合総会/相模原
事務作業/事務所

清澄白河駅は南北線ではありません。大江戸線と半蔵門線です。


2013年05月29日(水) 代表質問に責任を負う立場

次回代表質問は、長友よしひろ議員(相模原市緑区)と松本清議員(横浜市泉区)が行う方向で、現在会派内で検討を進めている。質問者本人の主張も取り入れながら、基本的には会派として合意形成をしていく。

不詳政調会長として責任を負う立場。ということで連日県庁で検討作業に取り組んでいる。県政は幅広い。特定の分野に偏ることなく、全般をチェックすることも大事。含めて頭を悩ませている。

当然私自身の考えも盛り込んでいく。‘役得’である。選挙区は社会の縮図。地元相模原で聞いている多くの声は、県内幅広く通用すると信じている。しっかり反映させていく。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討/県庁

【午後】
次回代表質問検討/県庁

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2013年05月28日(火) 藁の楯

ストーリーに興味があった。最後まで面白く見れた。大沢たかおと藤原竜也は良し。山崎努も含蓄ある感じ。一方松島菜々子は演技負けしていた。映画とテレビはやはり違う。

一見すると‘犯罪者の命を守るべきか’を問うシーンが多い。しかし恐らくは‘プロのあり方とは何か’こそテーマだったのではないか。主人公が個人的な考え方をこえて、職務に忠実であり続ける姿は感動的だった。

●今日一日

【午前】
会議(党)/横浜市中区

【午後】
次回代表質問検討/県庁
事務作業/同

民主党神奈川県連の事務所は関内駅から徒歩5分です


2013年05月27日(月) 医療審議会の初会合

3日前のことである。黒岩知事より委嘱を受けて、‘神奈川県医療審議会’の委員に就任した。早速に事務局がやって来て、「週明け月曜日に会議が開かれる」とのこと。

既に会派内の会議も入っていたが、公式会議の案内ゆえに是非もない。審議会は医師や薬剤師など‘医療を提供する者’、及び私たち‘医療を受ける者’、その他様々な分野の専門家で構成されている。

日本では福祉と医療を同じ役所で扱う。神奈川県でも保健福祉局が統括する。しかしその中身はかなり違う。どちらかと言うと、医療の方が専門性が高い。しかし市民にとって大切であることに変わりはない。

今日の議題は以下の通り。盛りだくさんだった。「国際的医療人材養成」について、いくつか質問と意見を申し述べた。議員が行政の内部会議に出る難しさはあるが、せっかく頂いた貴重な機会である。大切にしたい。

・診療所の決定
・医療法人部会委員の選任
・地域医療再生計画
・国際的医療人材養成
・風しん非常事態宣言
・新型インフルエンザ等対策
・マイカルテ実証実験

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/千代田区永田町

【午後】
次回代表・一般質問検討会議/県庁
神奈川県医療審議会/横浜市中区
小田急多摩線延伸促進議連総会/町田市

【夜】
小田急多摩線延伸促進議連懇親会/町田市
支援者訪問/陽光台
会合(地域)/中央

医療審議会に参加。重責に身が引き締まります。


2013年05月26日(日) 約1700人の人口透析患者

人工透析患者さんの有志による‘腎友会’の定期総会に参加。これまでも議会で‘災害時透析患者支援マニュアル’など、必要な課題を取り上げてきたが、様々なお話を聞いて一層力を入れる決意を持った。

隔日で透析をしなければ命を保てない。技術によって支えられている分、いざという時の不安は限りなく大きい。「水がなくなったら」「電気が止まったら」。死に結びつく事態になる。

困っている人を救済する。互いに助け合う制度をつくる。これが政治の目的である。県は財政難を理由に障害福祉を削減しているが、本末転倒の誤った判断と言える。しっかりしたセーフティネットをつくろう。

●今日一日

【午前】
神奈川土建定期大会/富士見
腎友会総会/同

【午後】
市議主催バーベキュー大会/緑区大島

相模原市には約1700名の人口透析患者さんがいます


2013年05月25日(土) 地元では響かないが重責

報告が遅くなった。民主党県議団の政調会長に就任した。その名の通り政策責任者である。議員が政策をやるのは当たり前。ましてや会派内の役職は正直伝わりにくい。ゆえに余りアピールしていない。

しかし重責である。議会内人事・定例会の発言者・その内容・議案の審議と採決・等、挙げればキリがない決断を求められる。いまだ県庁全体を見渡す余裕はないが、任を与えてくれた仲間の期待に応えいきたい。

政治改革とは何か。政策を以て議会が動き、政策を以て選挙を戦う。それを実現することだ。せっかくの機会である。目指していく。恐らく修羅場もあるだろうが、くじけないことが肝要と信じる。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
ライオンズクラブ募金活動/橋本駅
会合(地域)/緑区橋本


2013年05月24日(金) 厚生常任副委員長に就任

厚生常任委員会の副委員長に就任した。厚生分野で頑張りたいと決意していたゆえ、指名して下さった議長ほか同僚議員に改めて感謝したい。県議7年目で正副委員長は初めて。プレッシャーとワクワクが半分ずつかな。

何の為に議員になったか。何の為に役職を受けるか。全ては政策実現を実現することで、目指す社会に近づきたいから。その思いを胸に刻み頑張りたい。もちろん‘委員長を補佐する’という基本も忘れない。

●今日一日

【午前】
健康診断/横浜市中区
事務作業/県庁
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(委員等の選任)/同
正副委員長会議/同
打合せ(議会)/同
打合せ(党)/横浜市中区

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2013年05月23日(木) 対抗軸としての責任

相模原地域連合の皆様による活動。牧山ひろえを伴い橋本駅で街頭活動。足を止めて下さる方は少ないが、それでも一生懸命に訴え続けるしかない。

いまだ再生途上の我が党。演説にもお詫びがまじる。攻めこそ肝要の選挙にとってこれは痛い。しかし開き直るのも不可。

安倍政権は支持出来ない。一方みんなや維新は自民党の対抗軸にはなり得ない。他には任せられない責任があるのだ。

●今日一日

【午前】
保健福祉局よりレク(インフルエンザ対策)/県庁
行政相談対応(環境)/同
民主党県議団役員会/同

【午後】
民主党県議団全体会議/県庁
本会議(正副議長選挙)/同
民主党県議団役員会/同
民主党県議団全体会議/同
打合せ(議会)/同
代表一般質問打合せ/同
保健福祉局よりレク(障害施設)/同

【夜】
相模原地域連合街頭活動/橋本駅北口


2013年05月22日(水) 幼稚園児のとき、最初の一冊

幼稚園協会の教育大会。県議を代表してご挨拶。幼稚園のお遊戯会で「牛若丸と弁慶の五条大橋の決闘」をやった。そのとき両親が買ってくれた本が「みなもとよしつね」人生最初の一冊だ。

それから日本の歴史が好きになり、その後世界の歴史が好きななり、更には政治経済にも興味を持った。今政治家であることと無縁ではあるまい。幼稚園教育が人生に影響あることを、自分自身の体験を交えて話した。

県は幼稚園に対して様々な支援を行っている。財政難のなか削減もささやかれる。しかし幼児の教育に係る予算に手をつけるとは、余りにも世知辛い大人の都合ではないか。県も当事者のひとりである。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内
支援者ご親族告別式/橋本
事務所備品片づけ/南区当麻

【午後】
幼稚園協会教育大会/橋本
支援者お見舞い/町田市

【夜】
労働者福祉協議会総会/中央
遊技場組合懇親会/南区上鶴間本町

五条大橋の決闘


2013年05月21日(火) 商店街活性化に向けて

中央商店街協同組合の親睦会。初めてお招きいただいた。事務所を近くに出していることから、賛助会員として入会した故だろう。会場は会員さんのレストラン。盛会だった。

ホームセンターや大規模小売店は、収支の状況によって即撤退する。赤字のまま数年粘ることはしない。一方地元商店は他に行き場がなく、また生活と一体化している。どちらを守るべきかは一目瞭然。

特に今後は高齢化。経済のパイは増えない。いつまで地域にいてくれる。街づくりに参加してくれる。そういう皆さんを大切にする政治でありたい。県も商店街活性化条例を制定した。具体策を採ることが求められる。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/上溝駅
民主党県議団役員会/県庁

【午後】
民主党県議団全体会議/県庁
本会議/同
打合せ(党)/横浜市中区
民主党県議団政務調査会/県庁

【夜】
中央商店街協同組合親睦会/中央

中央商店街のゆるキャラ‘こけ丸’のプリン


2013年05月20日(月) ポスターの効果

ポスターの撤去要請が市土木事務所からあった。地主さんに許可をとって貼ったのだが、付けたフェンスが市の所有だったらしい。なるほど。気が付かなかった。恐縮である。

あちこちに貼らせて頂いていると、色々なお話しが舞い込んでくる。「やっぱりとって」「もう民主は嫌」「最近見かけないから剥がして」など・・。一方「寺崎さんの顔見れていいね」とも。含めて感謝。

元々ポスターそれのみで支援が広がるとは考えていない。あくまで知名度を上げる一つのツール。基本は個々人に直接お会いするしかない。最初に会った方から「ああポスターで知ってるよ」と言われれば良しだ。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/淵野辺駅北口
事務作業/事務所
打合せ(党)/緑区東橋本
ポスター撤去/上溝

【午後】
打合せ(党)/横浜市中区
事務作業/県庁

【夜】
下九沢地域振興会例会/南橋本


2013年05月19日(日) 政策実現という役得

毎日色々な仕事をしている。休まない訳ではないが、まあ頑張っていると思う。下記‘今日一日’でご報告している通りだ。

さて市議時代から数えて17年目になる(含浪人4年間)。議会内外で役職に就いたため、恐らく本年度が一番忙しくなるだろう。

体調管理も万全を期したい。風邪でもひいて1日休めば、それだけ周りに迷惑がかかる。また政治家としての信頼にも係る。

一方役得も大事。別に何かが欲しい訳ではない。立場を有効活用して自分の政策実現につなげていくこと。頑張ります。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり/中央区内


2013年05月18日(土) 参議院議員選挙に向けて

牧山ひろえ参議院議員の事務所開き。場所は関内駅のすぐ近くだ。党所属議員や支援者で盛会だった。来る参議院選挙は党の存亡をかけることになる。まして4人区の神奈川で議席を落とす訳にはいかない。

さてその上でだ。参議院とは何か。良識の府と呼ばれている。もとより主権者の意思表示にそれ程違いはなく、院ごとに違った判断をしろと言う方が無理。選挙制度を工夫するしかない。

2院制は存続すべき。国の意思集約手続きは一定複雑な方が良い。だからこそあるべき姿を模索すべき。職能代表よりも地域代表、例えば各都道府県ごと議席数を統一するか、最初から各自治体の首長等が兼務する方式もある。

衆院選挙よりも政党選挙の色合いが強い現在の参院選。その中に身を置きつつ、どうもあるべき姿でないと気になる。もちろんそれで手が緩まることはないが。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(地域)/横山
牧山ひろえ事務所開き/横浜市中区

【午後】
打合せ(議会)/横浜市中区
会議(党)/同

【夜】
会合(地域)/千代田

牧山ひろえ事務所開き


2013年05月17日(金) 不用意に人を傷つけるな

西村眞悟衆議院議員が問題発言し、維新の会から除名される見通しとなった。例え非公式な飲み話であったとしても、このような表現を使うのは下劣である。政治家として言語道断。

しかしこれは橋下氏にとって決定的なダメージ。先日の‘慰安婦’発言も撤回しておらず、加えて石原共同代表が擁護する始末である。もはや個人的な話では済まない。党としての総括を求める。

さて政治家のメッセージとは、果たしてどのようにあるべきか。聞いた人を出来るだけ暖かくするものであって欲しい。その為には、不用意に人を傷つけない配慮が必要である。今回の件を反面教師にしたい。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(環境)/県庁
厚生常任委員会/県庁

【午後】
県議会民主党役員会/同
県議会民主党全体会議/県庁

【夜】
事務作業/県庁
会合(議会)/横浜市中区


2013年05月16日(木) 主張と謙虚のバランス

5月の人事に伴い会派内人事が内定した。正式決定後に詳細をご報告するが、これまで与えられた職を断ったことはない。精一杯頑張っていく。

元より一人では何も出来ない。会派内外の議員から協力を得る必要がある。堂々と自説を主張しながらも、謙虚になるタイミングは違えないようしたい。まあこのバランスが難しいのだが。

さてあと1週間人事を行い、その後は旧6月定例会へと移っていく。知事から多くの提案が出てくるはず。引き続き気合で臨んでいく。

●今日一日

【午前】
打合せ(議会)/横浜市中区
県議会民主党役員会/県庁

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議/同
県議会民主党全体会議/同

【夜】
県議会民主党全体会議/県庁


2013年05月15日(水) 中華料理屋さんのラーメン

打合せを兼ねて中華街で昼飯を食べた。チャーシューメンと小ライス。ラーメン専門店に入ることは多いが、中華料理屋さんのラーメンは違った趣きがある。

スープ然り麺しかり。そして今日はチャーシューだ。集めの燻したものが出てきた。かなり美味しい。ライスも進む。大好きな‘異国の味’がした。いまや国民食のラーメン。レパートリーの多さを楽しめる。満足。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
打合せ(議会)/横浜市中区
事務作業/県庁

【夜】
会合(議会)/横浜市中区

中華街は昼でも賑やかです


2013年05月14日(火) 黒ひげ危機一髪の真相

ゲーム犢ひげ危機一髪瓩凌秦蠅鯤垢い拭H爐話に閉じ込められている。海賊として悪事を働き捕まっている。

これまではブスっとナイフを刺すと、「イタっ」と飛び出しているのかと思っていた。しかし違った。ナイフは彼を縛っている縄を切っていたのだ。

ナイフが縄にヒットすると、それが切れて飛び出し逃げる。これがゲームの設定である。仲間が助けにきたという話なのかも。

しかも当初は飛び出したら勝ちのルールが、いつの間にかそれが負けとなった。そちらの方が盛り上がるのが理由らしい。

知って面白い小ネタだった。ちなみにメーカーに確認はしていない。真偽を問われても責任は持てない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/南区及び中央区内

【午後】
行政相談(環境)/陽光台
地域まわり/中央区内
上溝商店街振興組合総会/上溝

【夜】
上溝商店街振興組合懇親会/上溝

これからも頑張れ!


2013年05月13日(月) ‘誓約書’の内容も知らずして

選挙で公認を得るにあたって、民主党は‘誓約書’にサインするのが必須。公党の手続きでは当然のこと。しかし私自身この内容通りに出来ているか忸怩たる思いもある。それでも日々目の前に、文を置いて活動している。

今日ある所で話題になった。某人曰く「〇〇は‘誓約書’に違反しているからケシカラン!(要約)。」確かに〇〇は‘誓約書’の5項目のうち、ひとつに違反している。その点問題はある。

しかし指摘した人物をはじめ、その他の民主党員が‘誓約書’の大部分を遵守しているとも思えない。組織やカタチは党として大事だが、もっと大切なこともある。政治家はそのバランスを考えるのが必須。

せっかくなので以下‘誓約書’の全文を披露する。別に非公開でないので構うまい。

1、民主党が掲げる基本理念及び政策の実現に全力で取り組みます。
2、民主党の規約にもとづき、県連及び総支部に所属して所定の党員を毎年5月末に登録すると共に支援者の拡大に努力します。
3、民主党が進める各種活動に積極的に参画すると共に、幅広い市民参加のネットワーク作りに取り組みます。
4、政治倫理に反する行為、党の名誉を傷つける行為、党が定める規約に反する行為は絶対に致しません。
5、当選後は、民主党の基本理念及び政策を議会活動に反映し推進するため全ての党公認議員と共に、民主党を呼称する一つの会派を結成して行動します。

さてどうだろうか。政治家として一番大切なのは「1」、党という組織として一番大切なのは「4」。誓約書の内容も知らずして、他人を攻撃するのは間違いである。まずは自分を見つめて欲しい。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
民主党県連役員会/横浜市中区
民主党県連常任幹事会/同
打合せ(議会)/県庁

【午後】
打合せ(議会)/県庁

【夜】
民主党支部役員会/中央
民主党支部常任幹事会/同
会合(後援会)/同
事務作業/事務所

誓約書原文。皆んな持ってるのかな?


2013年05月12日(日) 社会保障改革こそ

本年度県連の役員になり、初の党務に勤しんでいる。当面は参院選対策。まさに神奈川民主党の存亡をかけた選挙になるだろう。仮にここで敗れれば、地方議員や党員の動揺はピークに達してしまう。

神奈川選挙区は定数4。自公で2議席は固い。残る2つを民主・維新・みんなで争う構図。みんなは元々神奈川で強く、更に松沢前知事の擁立を検討している。かなり優位だろう。すると残りは1議席。維新との勝負だ。

さて戦略は。「民主党とは何であるか」を訴えるしかない。現在の状況では他党や政権を批判したところで、かえって火に油を注ぎ逆効果になってしまう。まずは自分自身を確立することだ。

維新が「統治機構」みんなが「行政改革」ならば、民主党はまさに一丁目一番地である「社会保障改革」を掲げるべき。あるべき姿を訴えれば、結果として安倍政権に対するアンチテーゼになっていく。

消えた年金はいまだ解決していない。後期高齢者医療制度は存在している。生活保護の切り下げが行われている。民主党政権時の至らなさもあるが、だからこそ解決に努力する責任もある。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
団体行事/町田市
打合せ(党)/横浜市中区
支援者訪問/相生


2013年05月11日(土) 地元上溝の皆様に感謝

自治会の懇親会。年度切り替えにあわせて新旧役員30名ほどで開催された。最近は政治関係者を敬遠する自治会も多いが、ここは毎年お招き下さっている。ありがたく感謝している。

話題は地域の諸課題。近くにさがみ縦貫道のインター、JR相模線の複線化、小学校の通学路確保等。ざっくばらんな雰囲気で、楽しくかつ為になるひと時だった。

上溝は相模原の中で古い地域と言われる。人間関係が複雑かつ一定確立しているので、時にもどかしさを感じない訳でもない。しかしだからこそ3バンのない私が、十数年にわたり政治活動を続けられたのだろう。

これからもプロとして地元の議員として、責任を持って近隣住民と向き合っていく。地域に生かされていることを肝に銘じながら。

●今日一日

【午前】
相模原市文化協会総会/富士見

【午後】
団体行事/南区
打合せ(党)/横浜市中区

【夜】
上溝地区石橋自治会懇親会/上溝
会合(議会)/相模原


2013年05月10日(金) 市民会館の休館に伴って

相模原市民会館が改修のため、約半年にわたり休館となった。例年・例月の会合で利用していた団体は、代替場所の確保に苦慮しているとの話を聞く。

かく云う私もそう。「月例ミニ県政報告会」のメイン会場だった。次回はけやき会館を予約出来たが、相応しい場所はそれ程多くない。さてどうしたものか。

相模原は各地域に公民館がある。しかし県政報告を含め政治活動は禁止されている。民間施設や喫茶店では会費を取らざるを得ない。また毎月同じ場所の方がわかり易い。

さて公共施設は大型のものがドーンとあるより、小さいものをたくさんつくった方がいい。地域のコミュニティ形成が重要な今、その投資を惜しむべきではない。民間の建屋を借り上げてもいい。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/JR相模原駅
事務作業/事務所
団体行事/清新

【午後】
宅建相模北支部総会・懇親会/中央

【夜】
宅建相模北支部総会・懇親会/中央

市民会館はしばらくお休みです


2013年05月09日(木) 役員等のなり手を広げる

相模原商工会議所が40周年を迎えた。式典にお招きいただいた。資料には現商工会議所議員の名簿が付いている。

ひとり一人名前を見る。7割方は知っているかな・・・。これは16年に及ぶ政治活動の‘成果’とささやかな自負。

一方でこれはメンバーの固定化も意味している。どの団体も役員等のなり手不足に苦慮している。市内最大の商工会議所も同様だ。

裾野を広げねばならない。政治行政で取り組めることもある。人口が増加している。政令市にもなった。その中身をしっかり詰めねばならない。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
相模原商工会議所40周年/中央
地域まわり/中央区内

【夜】
ライオンズクラブ例会/相模原


2013年05月08日(水) リニア駅決定はまだ

連合神奈川の政策委員会に参加。テーマは経済・産業。リニア中央新幹線の駅設置について話題に上る。地元選出議員は私だけだったので、現状についてご報告した。

JR東海は未だ正式に駅位置を決めていない。「橋本」は県市の意向として固まっているが、最終的には同社の経営判断となる。今秋あたりの決定と聞いている。しかしそれも見込みでしかない。

さて駅が橋本に決まった後、色々なことが動きだすだろう。駅をどうまちづくりに活かすか。ここが基本である。本来なら既に構想があって然るべきだが、駅設置の話だけが先行してきた傾向がある。

メリット・デメリット双方あるのだから、より踏み込んだ議論を県議会でも行っていきたい。財政に与える影響も軽視できない。また駅が出来れば即街が栄えるという単純な話でもない。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/淵野辺駅南口
事務作業/事務所
打合せ(党)/中央

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/県庁
連合神奈川政策委員会(経済・産業)/横浜市中区

【夜】
飲食店3周年祝いの会/相模原
会合(地域)/矢部

淵野辺駅で街頭活動です。


2013年05月07日(火) 議会モードへの切り替え

午後県庁に寄った。いくつか仕事が溜まっていた。ほとんどが継続案件だが、新たな仕事もいくつかある。まずはその整理をつけねば。

第二回定例会は5月16日の招集。必要な準備もまだある。4月は基本的に地元・地域モードだった。そろそろ議会モードに切り替えねばなるまい。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/県庁

【夜】
会合(団体)/横浜市中区

来週から第二回定例会が始まります。


2013年05月06日(月) 大人の方が面白い漫画

大人の漫画がある。子どもがダメという訳ではないが、大人の方が面白く感じるはず。その一つが「寄生獣」だ。

大分以前に単行本を買って読んだ。今回は2回目。アイパッドのアプリを試す為にダウンロード。全10巻の半分を一気に読んだ。

ネタばらしはしまい。是非読んで頂きたい。全面から溢れる怖さと悲しさに感動を覚える。また最初から最後まで話がブレないのも良し。

●今日一日

終日お休み

読んでみて下さい。


2013年05月05日(日) ミナミは日本一の繁華街

お休みで大阪に来た。ホテルパックは何故か飛行の方が安い。羽田空港までと中は手間だが、離陸すれば到着まであっという間。

これまで全国色々な所に行った。仕事でもプライベートでも。繁華街で一番大きいのはミナミだろう。その内容もバラエティーに飛んでいる。

異文化を見るのが好き。珍しいものを食べるのが好き。だから旅が好き。国内でも堪能できる場所がある。感謝。

●今日一日

終日お休み

グリコは現在です。


2013年05月04日(土) 焼き鳥屋でカッポリと飲む

旧知の方と一杯やった。横浜にお住まいだが‘会場’は相模原。互いに縁ある焼き鳥屋さんだ。酒もツマミも相変わらず上手い。結果たくさん消費。

サシ飲みの半分は政治の話。憲法から政党まで多岐に及ぶ。感覚や思想は違う気もするが、以外に一致する意見もある。不思議なものだ。

さて県議会として4年の任期も折り返しを過ぎた。言い方を変えれば統一地方選挙まで2年になった。自然に選挙の話も出てくる頃合いだ。

社会は一層の混迷を深めている。価値観も多様化し移り変わりも激しい。一方政治家として背骨が通っているかも問われる。難しい現在だ。

これからも色々なことがあるだろう。互いの元気と一層の雰囲気を約束し合いお開きになった。まあ同じ県内。またカッポリ飲みたいもの。

●今日一日

【午前】
地域まわり&ポスター張替え/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
会合(地域)/弥栄


2013年05月03日(金) 相模の大凧まつり前夜祭

相模の大凧まつりの前夜祭が開催された。会場は磯部の公共施設。車で30分程かかるが喜んで参加。ハッピを着た地元住民と、近隣からの来客で盛会だった。

街ぐるみで大きな凧をつくり上げる。この作成に約半年かかる。また当日も大人数で引っ張る。風等の都合で上がらないときもある。その分上手くいった時の感慨はひとしお。

天保年間から続いている。言うまでもなく江戸時代だ。当時相模原は旗本領。幕府の半直轄地である。当時の農民が何を思い凧を上げたのか。歴史マニアとしては想像するのも楽しい。

さてまつりや文化。行政の支援は必要だが、一線をひくことも重要。深く関わるとマイナスになる。江戸・明治・大正・昭和・平成と続いてきたのは、時の国家体制や政治に迎合しなかったから。このまつりが参考になる。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
打合せ(党)/横浜市中区
さがみの大凧まつり前夜祭/南区磯部

【夜】
会合(議会)/緑区橋本

橋本駅ビルの旧緑区役所。今後に向かって工事してました。


2013年05月02日(木) 96条の‘先行改正’に反対

憲法96条の改正が話題になっている。反対である。これが9条第二項を目指した‘先行改正’であることに加え、元々三分の二という規定に全く違和感を感じない。

元々民主主義とは合意形成の手続きである。過半数はその目安でしかない。テーマによっては満たなくても良しとする場合もあるし、憲法のように重要な事項ではより多くの同意が必要にもなる。

しかし不思議なものだ。謙虚に低姿勢に安全運転を行ってきた安倍政権だが、ここに来て急速に‘独自性’を発揮しつつある。主権者に選ばれた以上結構なこと。牙とツメを隠す方が問題。

あとは対決するだけ。民主党は改正反対で集約を図るそう。賛成である。期待している。党内には改憲派も多い。しかしここは我慢してもらいたい。96条の‘先行改正’反対。その一点で今はいい。

●今日一日

【午前】
地域まわり&ポスター張替え/中央区内

【午後】
地域まわり&ポスター張替え/中央区内

【夜】
会合(議会)/相模原


2013年05月01日(水) 支援者のお心に感謝しつつ

支援者のお付き合いで山梨へ。自分が行きたかったんだとのこと。しかし実際は私を休ませようとのお心遣い。本当にありがたいことだ。ならば元気に楽しませて頂こう。

さて山梨県は近い。相模原市に隣接している。中央高速を走ると山、山、山。日本が山国であることを実感。しかし綺麗だ。主に植林なのだろうが、緑は人の心を和ませる。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
会合(後援会)/山梨県

【夜】
会合(後援会)/山梨県


てらさき雄介 |MAILHomePage