てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2013年04月30日(火) 市民会館もネット予約を

県庁で事務作業。大量の書類をひたすらコピーする。どれも大事な中身なので慎重を期しながら。約4時間をかけて終了。さずがにゲンナリした。

ITの時代。しかし役所はいまだに紙が多い。行政や議会の内部で済む話ならまだしも、市民に対して不便をかけている面もある。

例えば相模原市民会館。以前に比べれば用紙の記入など、簡略化された部分もあるが、いまだにネット上の申し込みや支払いは出来ない。

以前指定管理者に話したことがる。「システム改修の予算がない」とのこと。実際その通りなのだろうが、納税者に対して「カネがない」は禁句。

パソコンやネットが使えない市民に対しては、しっかりセーフティネットを確立すればいい。原則はペーパレスであるべき。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
打合せ(党)/横浜市中区

【午後】
事務作業/県庁
打合せ(党)/横浜市中区

【夜】
会合(議会)/横浜市西区


2013年04月29日(月) 日本の祝日は趣旨を明確に

昭和天皇の誕生日である。言うまでもなく昭和の折は「天皇誕生日」と呼ばれていた。平成になって「みどりの日」になった。年月の経過するにつれ段々と趣旨が忘れられている。

その他も日本の祝日はわかりにくい。体育の日は「東京オリンピック記念日」に、勤労感謝の日は「新嘗祭の日」と命名した方がいい。その上で祝日にするかの是非を論じればいいのだ。

●今日一日

【午前】
実践倫理宏正会朝起会/中央

【午後】
泳げ鯉のぼり相模川/水郷田名
世界平和女性連合総会・講演会/町田市
事務作業/事務所

【夜】
会合(議会)/星が丘

1200匹の鯉のぼりです。


2013年04月28日(日) カラオケ大会参加の流れ

なぜ議員がカラオケ大会に行くのか。市民から素朴な疑問の声を聞くこともある。「歌好きなの?」「何しにいくの?」「???」という感じだ。その経過についてご報告したい。

先月ある支援者から電話がかかってきた。
支援者「私の友達がカラオケ大会を主催するの。その日空いてる?大勢集まるから顔出せば。」
寺崎「ありがとうございます。大丈夫です。先約があるので長居は出来ませんがよろしくお願いします。」
支援者「わかったわ。また電話するね。」

数日の後に再び電話が。
支援者「大丈夫だって。頼んだら舞台で挨拶させてくれるって。しっかり名前と顔をアピールしてね。」
寺崎「ありがとうございます。当日楽しみにしております。」

カラオケに限らず趣味の会等に参加するのは、大体このような流れになることが多い。しかし詳細は現地に行くまでわからないことも。今回もそうだった。

そして本日会場のあじさい会館へ。すかさず‘会の正式名称’‘主催団体’‘支援者の知合いのお名前’を確認。ここを間違えると大変だ。

舞台では市民有志によるカラオケと舞踊が次々披露される。盛り上がっている。その間に私の挨拶を入れてくれるという。ついに順番が。すかさずマイクを持ち舞台真中へ。

「こんにちは。地元中央区選出の県議会議員の寺崎雄介です。本日はカラオケ舞踊発表会のご開催おめでとうございます。イベントを通じて地域を盛り上げて頂いていることに、市民のひとりとして主催者・参加者皆様に感謝申し上げます。お陰様で県議として7年目を迎えることになりました。日頃地域で伺っている声を、しっかり県政に届けるよう全力で頑張ってまいります。今日一日が楽しい日となりますようご祈念し、ごあいさつといたします。寺崎雄介でした。ありがとうございました。」

まあ内容はない。さし障りない挨拶だ。しかしこの雰囲気で政治演説をするほは逆にKY。短く終わらせるのがコツと心得ている。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地元サークル主催カラオケ・舞踊大会/富士見
地域まわり/中央区内
行政相談対応(地域)/事務所
事務作業/事務所

【午後】
会合(党)/相模原


2013年04月27日(土) メーデーで激励あいさつ

相模原地域メーデーに参加。アベノミクスの効果から各企業の賃上げは一定功を奏している。この点率直に歓迎したい。

伴って今後上がってくる物価について、その対策をしっかりとれるのか。ここが勝負になってくる。

さて主催者から「民主党は健全な野党して再生を」と激励あり。いまだ我を見失っているが、まずは地歩を固めること。長期間の構想でいい。

●今日一日

【午前】
相模原地域メーデー/弥栄

【午後】
資料作成/事務所
月例ミニ県政報告会(県の重点事業)/市民会館

相模原地域連合主催のメーデーに参加しました


2013年04月26日(金) 信じるところに従って

来る第二回定例会に向けた準備。進行中の話ゆえ内容は書けないが、集まった議員同士で真剣に討議を重ねた。5月16日の開会日には一定の結論が出ると思う。その際に改めてご報告したい。

さて同じ部屋で仕事をする議員仲間。国会議員と違った個室ではない。明るく湧き合い合いと行きたいところだが、互いに背負っているものが多くある。その為辛い瞬間がおとずれることも。

私は元来争いごとが嫌い。適当にニコニコしていれば敵も出来ない。しかしそんなことの為に政治家になった訳でもない。まして今は現職の県議。地元で頂いている期待こそ大切にすべきだ。

議会の年度代わりである5月は最も極端だが、普段でも議会内において様々なやり取りがある。例え少数であっても孤立しても、かつ周りから非難を受けようとも、信じるところに従って進んでいきたい。

●今日一日

【午前】
県議会民主党役員会/県庁
県議会民主党全体会議/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁

【夜】
会合(議会)/横浜市中区


2013年04月25日(木) 連合神奈川政策委員会

連合神奈川の政策委員会に参加。‘政策制度要求’を取りまとめるため、毎年この時期に開催されている。今日のテーマは環境・エネルギー。県の施策も話題に上ったので、先輩議員と共に現状をご報告した。

電気自動車、太陽光発電、そして最近の水素。色々なメニューが並ぶが今ひとつインパクトがない。それはエネルギーのベストミックスに向かう工程が示されていない故。

またブレもいけない。知事にそのつもりはないのだろが、傍から見れば大風呂敷を広げ、結果行く先がなく収束しているよう。先に向かって拡大していくよう工夫が必要だ。今後とも議会で発言していく。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/県庁
連合神奈川政策委員会(環境・エネルギー)/横浜市中区
事務作業/事務所
街頭活動/JR相模原駅

【夜】
ライオンズクラブ例会/相模原

ライオンズクラブの例会で摂食・嚥下障害の講演を聞きました。


2013年04月24日(水) 山口拓都議の決起集会

東京都議選の投票日は6月23日に決まっている。参議院選挙の前哨戦と報道されるが、より重要なのは日本最大の自治体東京の今後。隣接する神奈川にも多くの影響を与える。

今日は山口拓都議の決起集会に参加。会場は三軒茶屋の駅前ビル。溢れんばかりの大盛会だった。党本部から細野豪志幹事長も激励に駆けつけ、来るべき選挙が重要であることをアピール。

さて会場内には堂々と民主党のマークが。非常に潔い。すがすがしい気分になった。浮動票の多い世田谷では、掲げる不利の方が大きいだろうが、政治家としての意地が随所にかいま見れた。

全回都議選で民主党は大勝。しかしその後崩れた。離党者や離団者が相次いだ。中には党だけでなく選挙区も変えて、再び選挙に出る不届きものもいるそう。まったく情けない。選挙が就職活動になっている。

さてこの都議選では信じる数名の候補を応援する。必ずしも党派に依らないが、いずれも政治家として信頼できる人物。上記山口拓氏もその一人。期間中は言うに及ばず、事前からしっかり周知していきたい。

●今日一日

【午前】
地域まわり&ポスター張り替え/中央区内

【午後】
事務作業/事務所

【夜】
山口拓都議決起集会/世田谷区

頑張れ山口拓都議


2013年04月23日(火) 自治会連合会の歓送迎会

夜は上溝地区自治会連合会の新旧会長歓送迎会。自治会の業務は多岐にわたり、かつ年々その量が増している。一方で会長など役員のやり手は少なく、責任感ある人に過重の負担がかかっている傾向だ。

更には自治会の加入率自体も低下。世帯の半数に満たない地域もある。防犯灯の維持管理も行っていることを考えると、市民のなかに不公平な状態が生じている。

さて対策。県市の役割は大。一定の周知はしつつも、「あくまで任意の自治団体」と一線をひいている。しかし現状に危機感を感じれば、もっと踏み込んだ対応が必要だ。すなわち行政が自治会への勧誘を行うべき。

転入窓口に来て新住民に「相模原では基本的に自治会に加入してもらっています。」と言えばいい。どちらでもいいではなく「加入するのが基本」とはっきち打ち出す。結果は大分違ってくるはず。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
地域まわり&ポスター張替え/中央区内

【夜】
上溝地区自治会連合会新旧歓送迎会/陽光台
青年会議所中央区部会/相模原
会合(党)/同

地元自治連の皆様と一杯


2013年04月22日(月) 羽田、相模原、関内、藤沢

早朝羽田に着いた。12時間の飛行機。少ししか寝れなかったので、さずがに眠く疲れている。相模原の事務所に戻り、1週間たまった書類を確認した後、自宅でしばらく就寝した。

午後からは地元飲食組合の総会。経緯あり発足し本日が第一回目。来賓を含めて盛会だった。議員としての経済活性化は元より、イチ市民としてもお役に立ちたい。

そして関内。党県連の打合せ。初の党務ゆえ不明の点も多い。他役員や先輩諸氏に教えてもらいながら、低迷を続ける党勢を神奈川から回復するよう頑張りたい。

その後は藤沢。プライベートな宴会。疲れを忘れて楽しい時間を過ごすことが出来た。店員に「相模原から来た」と伝えると、「ああ遠いですね」とかえってくる。そうでもないのだが。

さて仕事とはいえ、1週間にわたり海外にいた。しばらく議会は開かれないので、その分地元活動を今日から行いたい。まずはポスターの張替え・・。白くなっている所が大分ある。

●今日一日

【午前】
早朝羽田空港着
事務作業/事務所

【午後】
新中央区飲食組合総会・懇親会/中央

【夜】
会合(党)/横浜市中区

地元飲食組合の第一回総会


2013年04月21日(日) 飛行機12時間で映画を4本

パリから羽田まで12時間はさすがに長い。往路は半分寝ていたので何とかなったが、帰りは映画をしっぽり4本も見ることに。

1、レ・ミゼラブル
映画館で見た。2度目である。機内の非常に小さい画面だが、それでも感じ入る。本当に良い映画だ。

2、テルマエ・ロマエ
映画館で見るほどではないが、まあテレビドラマとしてなら楽しめる。最初は笑えたが、後半真剣な展開になったのがツマラナイ。

3、大奥〜永遠〜
将軍綱吉が女性という設定。菅野美穂が演じる。狭い大奥を舞台にしている。映像は綺麗。ストーリーはもう少し凝ってもいいのでは。

4、アルゴ
この頃は疲れてきたが字幕に挑戦。単純なストーリーだが迫真の描写である。アメリカ映画の面白さが詰まっていた。イランの扱い方は偏見かな。

●今日一日

パリから羽田へ移動(12時間)


2013年04月20日(土) 富の収奪による繁栄

先日出会ったイギリス在住の日本人が言っていた。「この国には富の蓄積がある。戦争に勝ち続けたのと関係ある。」

ロンドンの街は数百年同じ街並み。重厚かつ豪華なつくり。「綺麗だなー。」と自然に声が出る。だから観光客も多い。

一方でアフリカ諸国はどうか。今でも多くが貧しい。理由のひとつは植民地支配による富の収奪。アジアや南米の一部でも見られる傾向だ。

安倍政権は村山談話の見直しをほのめかしている。その内容は明らかにされていないが、植民地支配と戦争の贖罪を軽くする方向だろう。

日本は戦争に負けた。その後に総括が行われた。それは問題なのだろうか。素直に悪いことを悪いとするのは自虐ではあるまい。

勝った側は今でも「正しかった」と言い続けている。戦争、植民地支配、奴隷労働、空襲、原爆投下。すべて悪いことなのに。

●今日一日

【午前】
工業・科学技術館訪問

【午後】
事務作業等


2013年04月19日(金) オードセーヌ知事主催昼食会

オードセーヌ県を訪問。以前より神奈川県と経済交流があり、松沢成文前知事も数回訪問。今日も副議長他幹部が丁寧に対応して下さった。また近隣経済人を集めての昼食会も開催して頂いた。

まずはフランスと同地域の自治制度についてレクチャー。県市の2層制に限らず地域の自主性に委ねられている。一方国と地方の分担という意味では、非常に限定的な仕事しか行えず、分権のレベルでは日本が進んでいる。

また「仕事は来るけどカネが来ない。」とぼやく。これは日本と同じ。党派に限らず国と対峙する構造が出来ている。違うのは公選知事とは別に、中央派遣の‘県令’がいること。しかもオードセーヌでは隣の建物。

色々な話を聞くうちに感じたことはイギリスと同じ。フランスの自治体とは行政組織でありコミュニティ。むしろ後者が優先。地域ごとの文化を大切にする為の行政組織という感じである。

昼食会では日本の対仏投資や神奈川の立地について質問があった。また原発事故を踏まえてのエネルギー政策についても。フランスは原発を産業として捉えており、日本の動向に強く関心を持っているとのこと。

次回は日本でお会いすると言葉を交わし、短い時間のオードセーヌ訪問を終えた。有意義な時間だった。日本の地方自治制度は良く出来ており、やはり運営する人の問題であるとここでも実感。

●今日一日

【午前】
オードセーヌ県議会でレクチャー

【午後】
オードセーヌ県知事主催昼食会
アルベールカーン博物館・日本庭園を訪問

フランス・オードセーヌ県議会場


2013年04月18日(木) イギリスの地方自治

自治体国際化学会でイギリスの地方自治制度についてレクチャー。長年専門的に研究してきた内容を聞く。イギリスは民主主義の手本と言われている国。実際はどうであるのか興味深かった。

基本は議院(議会)内閣制。議会の多数派が行政を掌握する。市長や知事をはじめ警察関係の業務まで担当。政党政治が進んだ一例と言える。

首長の直接選挙も可能だが、制度導入にあたって住民投票を行い、結果否決された例が多い。

また国と地方の関係においても、中央集権と地方分権が行ったり来たり。スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの自治も絡み、権限や財源面では日本より進んでいるとは言い難い。

特にスコットランドは、イギリスからの独立を問う住民投票が数年後に予定されている。独立を推進する自治政府は、既に国としての体制を整備している。伝統ある王国と一言では済まない複雑さがある。

「イギリスとアメリカの違いは愛国心を強要するかどうか。」ガツンとくる言葉だった。アメリカはその成り立ちから愛国心を求める。しかしイギリスは階級社会でありながら実際は違う。とにかく庶民が強い。

それが地方自治の制度や運営にも反映されていると実感。都道府県と市町村の2層と決まっておらず、そのあり方も地域で決めている。これは自治体という行政制度を越えたローカルコミュニティが既に存在している証拠。

日本も江戸時代までは地域主権だった。そういう主張もある。確かに一理ある。通貨を法を各藩ごとにつくっていた。当時のコミュニティは既に崩れているが、何らか参考にできることがあるかもしれない。

その他にも多く学ぶことがあった。日本の地方自治は本当におくれているのか。制度を変えることによって前に進むのか。以前から感じている疑問に少し答えが出たかもしれない。

明日以降フランスでも同じく地方自治の話を聞く予定。その後にしっかりまとめたい。

●今日一日

【午前】
自治体国際化協会でレクチャー

【午後】
ロンドンからパリへ

ユーロスターでパリに向かいました


2013年04月17日(水) 欧州三菱重工で感じたこと

欧州三菱重工を訪問した。ヨーロッパ全域をテリトリーとし、同社の多彩な商品の販路を開拓している。役員から聞く話は‘プロジェクトX’の世界そのまま。高い技術力と海外駐在員が日本経済を支えていると実感。

特に発電事業には力を入れているとのこと。イギリスは洋上風力発電を増設する計画で、その受注に向けて技術開発を行っている。またその実験機は神奈川県横浜市内で既に稼働中。

昨日のレクでも感じたことだが、欧州は‘難しい’土地である。EU圏とはいえ国ごとに文化は違い、イギリス以外は英語が通じない。またそれぞれ独自の技術を持ち、かつドイツという大国もある。

「アジアよりアメリカより難しい」その言葉には重みがあった。日本は原発事故からエネルギー政策が迷走中。神奈川県も太陽光に特化せず、風力等も取り入れて、エネルギーのベストミックスを目指すべきだ。

●今日一日

【午前】
対イギリス経済投資省でレクチャー

【午後】
源吉兆庵ロンドン店を訪問
ジャパンセンターを訪問
欧州三菱重工でレクチャー

欧州三菱重工を訪問


2013年04月16日(火) 神奈川県ロンドン駐在事務所

早朝発の飛行機でロンドンへ。5泊7日の県外調査である。8時間の時差があり昼前にヒースロー空港に到着。迎えの車でホテルに荷物だけ置き、その足で日本貿易振興機構(ジェトロ)のロンドン事務所を訪問。

神奈川県の駐在事務所のスペースもこの中にある。専門家から英国事情のレクチャーを受ける。特に明日から訪問する対日投資関係や発電事業については念入りに。国同士の関係とは経済が基本と痛感。

さて今回の渡欧。第一の目的は英仏の地方自治制度の調査である。日本では道州制など‘制度論’が盛んだが、果たして先進的と言われる欧州の自治とはどのようなものか、実際に見聞きしたいと考えたのだ。

貴重な経費と時間を使っての行程。しっかり調査を深めるのは無論のこと、県議会の活動に活かせるよう、日本に多くのモノを持ちかえる決意だ。

●今日一日

【午前】
イギリスへ移動

【午後】
JETROロンドンでレクチャー
・イギリスの経済
・日本食の普及
・再生可能エネルギー

ジェトロ・ロンドンの事務所。神奈川県の駐在事務所もこの中にあります。


2013年04月15日(月) 人生初のゴルフコンペ

人生初のゴルフコンペに参加。事前の練習は3回しか行けなかったので、結果は言うに及ばずだ。しかし景観も天気も良好で、一日楽しく過ごすことが出来た。

主に平日。またほとんど丸一日かかる。今後それほど参加出来ないだろうが、一定お付き合いの幅が広がった気がする。それには練習。少なくとも空振りしないレベルまで。

●今日一日

【午前】
小池義和市議後援会ゴルフコンペ/緑区長竹

【午後】
小池義和市議後援会ゴルフコンペ/緑区長竹

【夜】
下九沢地域振興会例会/下九沢
会合(議会)/横浜市中区

初めてのゴルフコンペ


2013年04月14日(日) 鎌倉市議選が告示

鎌倉市議選が告示。関係ある候補者の陣中見舞いに伺う。定数26に43人が立候補し大激戦。乱戦ほど現職有利が一般的だが、前例が通用しない昨今の状況もある。

ポスターを見渡す。気になった候補をネットで調べる。いやどうも。本当に議員としてやる気があるのか、単なる就職活動ではないか、疑問に感じる候補者も多い。少なくとも一見ではそう感じる。

一方で立候補者は多い方がいい。街に関心ある人が多い証拠のひとつ。最終的には主権者が的確な判断をすると信じている。無投票や出来レースの選挙では、それこそ選ぶ側の責任も問われる。

どのような立場であろうとも、意欲と能力ある候補者の当選を祈る。神奈川を良くするためには、県内それぞれの街が良くならねば。相模原の地から出来る限りの支援を行っていく。

●今日一日

【午前】
鎌倉市議選陣中見舞い/鎌倉市

【午後】
鎌倉市議選陣中見舞い/鎌倉市

【夜】
会合(後援会)/千代田

鎌倉市議選が始まりました


2013年04月13日(土) 地元まわりの一日

地元DAY。午前中はお世話になっている企業の新歓ボウリング大会&昼食会。毎年お招き頂いている。昨年より多くの採用があったとのこと。景気に対する期待感だ。ここは素直に喜びたい。

午後は議会と党の打合せ。昨年度をもって党支部幹事長を退任したが、いまだ引き継ぐ業務も残っている。また第二回定例会に向けた情報交換も少々。出来るだけ外を周りたいが打合せに時間を費やしてしまった。

夕刻からは地元自衛隊父兄会の総会。その名の通り自衛官が身内にいる市民会。安全保障?よりも地域の話題で盛り上がった。‘軍縮’を訴えている私を輪の中に入れて頂ける皆様に心より感謝。

最後は異業種交流会の月例会。入会後15年が経っている。大変失礼な言い方だが、皆様本当に年をとられた。しかし毎月元気に酒を飲んでいる。かつ政治経済についても喧々諤々。こうありたいもの。

●今日一日

【午前】
企業新入社員歓迎ボウリング大会/相模原
同昼食会/氷川町

【午後】
打合せ(議会)/古淵
打合せ(党)/古淵
事務作業/事務所

【夜】
自衛隊父兄会総会/横山
異業種交流会例会/富士見

ボウリングで自己ベストい147を出しました


2013年04月12日(金) それでもドブ板を否定する

永田町で党の打合せ。数年前にリニューアルした議員会館は立派な建物である。以前は執務室も狭く、来客が廊下待ちということもあった。さずがにそれではと現在の仕様に。

国会議員の待遇が時として問題になる。高額な歳費、公設秘書、JR等パス、発言の免責や不逮捕特権等。しかしどれもそれ自体は問題ない。国権の最高機関を運営するに必要なら、惜しみなくその経費は皆で負担すべきだ。

しかし今の国会議員。会って話すと残念なことが多い。良くも悪くも‘普通の人’だ。国家を預かる風格など言うに及ばず、何を言っているか不明の人すらいる。残念なことだ。

小選挙区制は選挙を熾烈にした。いとも簡単に当落が変わる。ここ数回の選挙で日本人すべてが目にしたことだ。候補者がそれに立ち向かう唯一の武器は、いわゆる‘ドブ板’選挙しかないと言われている。

それは正しいのか。否。小沢一郎氏の言う‘選挙区は社会の縮図’論は一理あるが、議会すら軽視して冠婚相愛をホイホイは本末転倒。地方議会も同様の傾向がある。

議会の仕事を正確に主権者に伝える。しっかりやっている人を当選させる。サボっている人は落選させる。政治改革とはつまるところそれだけのこと。しかしなかなか辿り着かない。

かく云う私もそう。勝ち続けるために‘ドブ板’をやっている。しかしやりながらも言い続ける。これは正しくない。これでは政治は良くならない。変えられるのは主権者の皆さんしかいない。

●今日一日

【午前】
支援者訪問/都内

【午後】
打合せ(党)/都内

参議院議員会館で打合せです


2013年04月11日(木) さらば赤のキューブ

先日議連でタイに訪問した際、自家用車で成田空港に行った。途中調子が悪くなったものの、時間がなかったので駐車場に放置。

帰国後エンジンをかけるがどうもダメ。ネットで調べると近くに日産の販売店がある。早速持ち込む。開店前だったので書き置きと名刺を残し、すごすごと電車で相模原に帰る。

翌日電話があり「冷却水が漏れています。修理はかなり高額になるのでお勧め出来ません。」とのこと。元々10万円で譲って頂いた車。愛着はあるが廃車を決断した。

そして今日、諸々の書類を携えて再訪問。ハンコを押してサインする。これでお別れだ。荷物を片づける。一昨年の選挙を共に戦った同志‘赤のキューブ’。お世話になりました。ありがとう。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(産業)/上溝
行政相談対応(福祉)/横山台

【午後】
私用(車配車手続)/千葉県成田市

【夜】
会合(議会)/静岡市

さらば赤のキューブ


2013年04月10日(水) 学びもあったが大変だった

定例の議会運営委員会。あわせて県議会民主党の全体会議が開かれた。議会の年度は5月が基本。現体制の業務はもうすぐ終わる。しかし会派の仕事は骨が折れる。対内的な取組が多いのでストレスも溜まる。

仕事が一部の議員に偏っている。議会の発言ならば誰を差し置いてもやらせてもらいたいが、それ以外は皆で公平に分担するのが正しい。そこに当選回数や年齢は関係ないはず。皆同じく選挙で選ばれているのだから。

しかし過重とも思えた本年度の中で、政治家として色々な勉強をすることが出来た。‘詰めをきっちりすること’‘慎重にまわりを見渡すこと’等、自分の改善すべき点も再確認出来た。さて来年度はどうなることか。

●今日一日

【午前】
県議会民主党役員会/県庁

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
都道府県議会制度改革推進議連役員会/同
産業労働局よりレクチャー(産業・雇用)/同

【夜】
会合(地域)/中央


2013年04月09日(火) 「移動したばかり」はない

午後の県庁は比較的ゆったりした雰囲気。落ち着いて仕事が出来た。様々な事務作業を行った後は、地元で頂いている行政相談に対応する。主に担当課と電話でやりとりした。

県庁の職員は優秀。しかし官僚である。話の内容が言葉遊びに聞こえる時もある。難しい問題だからこそ相談しているのだから、「無理」ならそれなりに次善の策を考えて欲しいもの。

また4月は人事異動。「移動したばかりなので」と言い訳するのも相変わらず。事情はわからないでもないが、言葉に出してはいけないはず。民間への問い合わせではあり得ないこと。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/横浜市中区

【午後】
事務作業/県庁


2013年04月08日(月) 県立上溝高校の入学式

ご近所にある県立相模原高校の入学式に参加。会場の体育館は新入生と保護者でいっぱい。来賓としてご紹介頂いた。

上高は耐震化のため校舎を建て替えている。いまだプレハブが多い。子どもたちにとっては学生生活は3年間しかない。出来るだけ早く完成するよう、議会としても努力が必要。

さて不肖私、初めて政治を意識したのは高校生の時。東欧革命や天安門事件に衝撃を覚えた。激動の世界情勢を実感した。翻って日本の政治は、リクルート事件などで情けない状況だった。

それから20年以上が経った。いまだ世界は混迷を続けているが、インターネットの普及、EUの結成、国連の役割増大など、世界平和に向かって前向きな要素もある。

一方日本はどうか。経済の基礎である技術力、そして学力も残念ながら低下している。政治もまた相変わらず。前向きな議論が出来ない議会。議会での仕事が評価されない選挙。改善どころか悪くなっている。

高校生に将来の夢を問うたとき、「政治家になりたい」と言われるようにしなければ、政治の今後もまた良くなってはいかない。

●今日一日

【午前】
県立上溝高校入学式/上溝

【午後】
打合せ(党)/千代田区永田町

【夜】
市川佳子県議パーティー/川崎市幸区

市川佳子県議のパーティー


2013年04月07日(日) 一日相模原で気持ち良し

相模原市最大のイベント、市民桜まつりが挙行された。暴風雨との事前情報もあったが、結果として快晴のまつり日和。

あちこちのテントに挨拶まわり。また所属するライオンズクラブのイベントを手伝う。夜は懇親会で楽しく日本酒。

一日相模原にいることが出来た。とても気持ちがいい。最近地元とそれ以外のバランスが崩れている。もっと地元にいたい。そうしよう。

●今日一日

【午前】
上溝地区久保自治会総会/上溝
横山地区加藤原自治会花見/下九沢

【午後】
相模原市民桜まつり/中央

【夜】
ライオンズクラブ懇親会/小町通


2013年04月06日(土) 12年で初めての党務

民主党神奈川県連の定期大会で、新たに設置された『幹事長代行』に就任した。これまで県連の役目はすべて断ってきたが、信頼している滝田孝徳新幹事長の補佐なので受領。

相模原・14区支部の仕事は〝地元活動〟に分類していたので、純粋な党務は入党以来12年で初めてである。

最後に自分自身で判断に至ったのは、昨年の総選挙から考えていた“決意”。今は申し上げられないし、そのような事態にならないことを願っている。

ともかくも与えられた責任を全力で果たして行く。まずは参議院選挙、そして再来年の統一地方選挙だ。

●今日一日

【午前】
打合せ(党)/横浜市中区
党県連常任幹事会/同
党県連定期大会/同

【午後】
相模原市民桜まつり/中央
キャンプ座間桜まつりレセプション/座間市

県連大会で壇上に立ちました。


2013年04月05日(金) 未熟故まわれていない

なかなか地域をまわれない。段々イライラしてきた。4月になればと意欲を持っていたが、上手く時間のやりくりが出来ていない。未熟故だろう。

改めてスケジュールを組み直そう。また自分にプレッシャーをかける為に、何かイベントを企画しようと思う。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
行政相談対応(環境)/上溝
行政相談対応(医療)/富士見

【夜】
打合せ(党)/横浜市中区


2013年04月04日(木) 主権回復の日式典は必要ない

4月28日に�主権回復の日�式典を、天皇臨席のもと開催するとのこと。各党派から様々な意見が出ている。

この日を節目にすることは了。目くじらは立てない。我が国の主権が一部回復されたのは事実。。またあわせて政府が一定の見解を示すのも当然。

しかし大げさに式典を開催する必要はない。その背景にある考え方に懸念を抱く。沖縄県・小笠原・北方領土、同じ日本人として、もっと思いやりのある対応はできないものか。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
連合神奈川政策委員会(行財政)/横浜市中区


2013年04月03日(水) 犇力議員畚任にあたって

県庁に来客。ある組織から犇力議員畚任の依頼を受けた。これまでも長くお付き合いしており、その要望事項は私の政治信条と相違がない。ゆえに快諾した。

さてこのような話は難しい。今日のように「はい。よろこんで。」といく場合ばかりでもない。ある地元の団体から犖槎筬畚任の依頼を受け、周辺に与える影響等を考慮し、結果お断りをしたこともある。

選挙をどうように戦うか。それは政治活動全般を左右する。勝たねば元も子もないが、一方で勝てばよいという訳でもない。ここが政治の難しいところ。少なくとも都度慎重に検討することが大切だ。

今混迷の時期。だからこそ原点を忘れてはいけない。議員は住民全体の代表者。いかなる組織団体からもご意見は聞く。しかしその代弁に終始しては本末転倒。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
来客/同
行政相談対応(文化)/同

【午後】
連合神奈川政策委員会(教育・平和・人権)/横浜市中区

【夜】
支援者ご親族お通夜/南区古淵


2013年04月02日(火) 久々にヒットの党本部方針

次期参議院選挙について、維新を含む野党‘共闘’を転換し、全選挙区に独自候補を立てる。そう党本部が決定した。

久し振りのヒットである。遅きに失したとはいえ、この方針を全面的に歓迎したい。毅然とした態度で臨むことこそ、復活に向けた第一歩と信じる。

私自身はずっと言ってきたことだが、みんなや社民はまだしも、維新との連携など出来るはずがない。元々勘違いしていたのだ。

また今の民主党に問われているのは、爐△覆臣は何者なのか瓩箸いΔ海函B湘泙髪勝垢垢訌阿法⊆分自身を確立することが肝要。

いまだ安倍政権の支持率は高く、参議院選挙は厳しい状況だろう。しかし事態を短期的に見てはいけない。もっと長くだ。

細野幹事長談「自民・維新で改憲発議の3分の2を取らせない。(要約)」これも良し!もっと早くスタンスをはっきりすべきだった。

日本は孤立していないし、諸外国から軽蔑もされていない。また平和は幻想ではない。‘安易な改憲派’は、どのような社会を目指しているのか。

民主党には役割がある。再認識。すると俄然やる気が出てきた。一朝一夕でいくとは思わない。踏ん張っていく。

●今日一日

終日お休み


2013年04月01日(月) 国後島は想像より近くに

北方領土を見たかった。その機会がついに訪れた。国後島は想像より近くに見えた。いまだ寒さも残る季節。観光客もいない。視察地である野付半島を含め寂しく思えた。

映画「樺太1945年夏 氷雪の門」の上映禁止はソ連からの圧力だった。どうも日本政府は以前から、ある一部の国には強気に出れないらしい。中韓と欧米への対応が違い過ぎる。

尖閣や竹島がメディアを賑わしているが、以前に比べ北方4島が話題に上ることは少ない。領土問題すら流行り廃りという時勢に疑問を感じる。毅然と返還交渉に臨むべきだ。

●今日一日

終日お休み

国後島は想像より近くに見えました


てらさき雄介 |MAILHomePage