てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2013年02月28日(木) 県立相原高校の移転先

一般質問の最終日。八木大二郎議員(自民)が県立相原高校について取り上げた。移転先について「職業訓練大学校跡地」と知事が答弁。今後教育委員会と調整するとのこと。

広大な土地を有する農業高校が駅前にある必要性は少なく、また実際まちづくりの支障になる可能性もある。致し方ないと判断する。一方基本方針が示された以上は焦る必要はない。

リニア構想自体に不確定要素も多い。また橋本に駅を設置することも正式ではない。何より近隣地域と相模原市の構想が定まっていない。時間をかけて丁寧に検討する必要がある。

●今日一日

【午前】
県議会民主党役員会/県庁

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(一般質問)/同
都道府県制度改革推進議連役員会/同
事務作業/同


2013年02月27日(水) カラオケは自分のことを

ご無沙汰をしているお店に顔を出した。カラオケスナックである。まあ1曲は唄わねばならない。たまたま客は私1人。お店の方も「好きなのでいいよ。」と言って下さる。

そこで挑戦したのは‘現代東京奇譚’。桑田佳祐である。タイを舞台にした映画“闇の子どもたち”の主題歌。人身売買を扱った内容の濃い映画で、歌詞もそれに合わせてかなり重い。

余り上手くは唄えないが、好きな曲は気持ちいい。明大雄弁部で演説とカラオケの違いを先輩から教わったことがある。演説は聞いている相手のことを、カラオケは自分のことを第一に考えるべき。含蓄あり。

●今日一日

【午前】
本会議(一般質問)/県庁
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(一般質問)/同
県議会民主党全体会議/同

【夜】
会合(地域)/千代田


2013年02月26日(火) 知事の退職金は廃止を

本会議で一般質問。知事他特別職の退職手当について発言があった。その主張は「一般職と同じレベルに」と切り下げを求めるもの。

私は一昨年の本会議で同じく取り上げ、少なくとも知事分の退職手当は、制度自体を廃止すべきと訴えた。

4年で4千万以上という金額も問題だが、自ら志願して選挙に出る人に退職金はいらない。もちろん私たち議員は一円ももらっていない。

●今日一日

【午前】
本会議(一般質問)/県庁
県議会民主党政務調査会/同
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(一般質問)/同

【夜】
県議会民主党厚生部会/県庁
支援者と会食/横浜市中区
会合(議会)/同


2013年02月25日(月) 酒を飲めないイメージかな

「寺崎さん、イメージ違ったわー。」ほぼ初対面の方に言われた。

「はあ、どんな感じですか?」恐る恐る聞く。

「いやあ、お酒を飲む人には見えなかった。」

・・・・。「趣味は旅と酒くらいですから。」

実はよくこんな会話をする。元来それほど酔っ払う方ではない。猜僂吻畛笋鮓た人は少数のはず。しかし気を付けねばならない。通じるのは相手も飲んでいる場合。

一体どれほど酒を飲んできたのだろうか。まだまだ飲めるのかな。しかし最近思う。酒を止めようかな。そうすれば違う人生が待っているのかな。まあ無理かな。少なくとも当面は。

●今日一日

【午前】
県議会民主党政務調査会/県庁
県議会民主党部会長会議/同
県議会民主党役員会/同
県議会民主党全体会議/同
本会議(補正予算提案)/同
厚生常任委員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
厚生常任委員会/同
保健福祉局からレクチャー/同
行政相談対応(福祉)/同
行政相談対応(医療)/同
行政相談対応(産業)/同
行政相談対応(建設)/同

【夜】
岸浪孝志市議‘新春のつどい’/陽光台
会合(地域)/星が丘


2013年02月24日(日) 珍しく浪人中の話をした

本村賢太郎‘中央区・新春のつどい’が開かれた。冒頭に来賓として挨拶の機会を頂いた。以下その要約である。

「今からちょうど十年前。市議を辞職して県議選に立候補した選挙。落選しました。余り話したことはありませんが触れたいと思います。

浪人中の4年間。一番大変だったのは、次に向けて自分のモチベーションを維持することでした。元々地盤・看板・カバンなし。ポスターをつくるカネがない。それが何とかなってもシールを買うカネがない。それが何とかなると、今度は貼る板がどうにもならない。年末にお誘いいただく忘年会も、会費が払えず会を制限するしかない。そんなことの繰り返しでした。

また自分は浪人。活動を縮小せざるを得ない。一方でいずれ戦うべき相手は現職。更に強くなっていく。その差が開いているのではないかという焦りもありました。しかし四年間を何とかやり切ることができたのは、私自身の多くの支援者のお陰でした。

今日お集まりの皆様は、本村賢太郎さんを中心になって支ている方ばかり。何とぞ一層のご支援をお願い申し上げます。また私自身も本村さんの支援者の一人として、今後も全力を尽くす決意です。

昨年の総選挙。投票日の12月16日を忘れないようにしましょう。胸に刻みましょう。そして次は必ず勝ちましょう。ともに戦っていくことを決意しご挨拶にかえます。」

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所

【午後】
上溝公民館まつり/上溝
本村賢太郎後援会‘春のつどい’/富士見
行政相談(教育)/同
地域まわり/緑区内

【夜】
会合(議会)/相模原

本村賢太郎氏‘春のつどい’が開催されました


2013年02月23日(土) 組織より理念や政策が大切

民主党は自分を見失っている。政敵からは「元々自分がなかったんだろ。」と指摘される。いや多くの主権者から見てもそうなのだろう。

一方で海江田代表はじめ執行部は狒反ニ廟鎰瓩防死。その方向性も極めて内向きに見える。結果として支持率は低下の一途を辿っている。

守るべきは党の組織ではない。元々政党は存続すること自体に意味はない。掲げる理念や政策が大切なのだ。

先般綱領が確定した。中途半端な表現もあるが、つくって良かったと評価している。今まさに個人が問われている。組織ではない。自分自身なのだ。

狎験莠圻瓩鉢狷く者瓩領場にあるか。その為に猝着や既得権益と戦う甍媚屬あるか。すべての党員は自問自答すべきだ。

仮に違うなら致し方ない。堂々と別の道を行けばいい。大切なものを軽んじながらの「一致結束」を主権者は望んでいない。

●今日一日

【午前】
上溝公民館まつり/上溝
民主党神奈川県連臨時大会/横浜市西区

【午後】
資料作成/事務所
地域まわり/中央区内
月例ミニ県政報告会(県財政)/中央

【夜】
会合(議会)/横山
支援者訪問/相模原

しし鍋を頂きました


2013年02月22日(金) 代表質問で本会議登壇

代表質問で登壇した。以下がその項目である。また質問の最後に述べたことを記したい。

「世の中も、地方自治体も先行き不透明な状況になっています。そのような中で、県政の運営において‘強さ’を求める声も聞きます。しかし神奈川県は福祉先進県として‘優しさ’をもって県民と寄り添う。そのような県政運営を知事はじめ行政当局に強く求め質問を終わります。」(原稿ないので一字一句この通りではありません)

★質問項目
‐磴い者虐待防止 
⊂児がん対策
受動喫煙防止条例
げ雜邉找謀の認証制度
タ斉狎逎侫ルハーモニーの補助金
Υ超アセス手続きの見直し
大規模災害時における県庁の業務継続計画

●今日一日

【午前】
代表質問最終チェック/県庁
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同

【夜】
本会議(代表質問)/県庁
会合(議会)/横浜市中区

本会議の登壇者は県庁ロビーに掲示されます


2013年02月21日(木) TPPの方向性を支持する

安倍総理がアメリカへ発った。日本の首相として堂々たる訪米であって欲しいと期待している。巷の話では‘TPPの交渉参加’と‘辺野古沖への機能移転’が手土産らしい。

沖縄の方はいずれ述べるし異論もある。しかしTPPの交渉参加には賛成である。野田政権は結果を出すに至らなかったが、実現に向けて着実に取り組んでほしい。

日本は貿易立国。ましてや食料も多くが輸入。そのことだけ捉えても断れる筋合いではない。またここまで枠組みが形成された以上は、国際社会からの孤立こそ恐れるべきだ。

アメリカからは早くも自動車の例外化を含め、具体的なボールが飛んできているという。だからこそ早くテーブルに着く必要がある。今のところ安倍政権の支持率は高い。参加に反対する人と対話するチャンスである。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/上溝駅
県議会民主党役員会/県庁

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同

【夜】
本会議(代表質問)/県庁
会合(議会)/横浜市中区

朝の上溝駅前通り


2013年02月20日(水) 役所の仕事を減らす算段

ここのところ連日議会である。神奈川県は政令市・中核市等が多く、その分市町村との分担という意味では、他の都道府県に比べ扱っている事務量は少ない。

しかし国と地方を比較したとき地方全体の仕事は増えており、そのことが県予算や条例・規則などに現れてきている。結果として県議会の会議時間も年々増加している。

一方で国の仕事も増えている。「行政需要の拡大」と役所は言うが、実際その通りになっている。このままでは国・県・市がパンクするか、あるいは増税しか選択肢はなくなる。

野田政権の消費増税は間違いだった。明確に審判は下った。その前にやることがある。しかしどちらにしろ近い将来、今のままでは財政は破たんする。これも事実。

私は増税の道は採らない。役所の仕事自体を減らす方向に舵を切るべきだ。税収が減っているのに予算が増える。それを「積極予算」と評価するようではいけない。予算を減らすクセを付けなければ。

あさって登壇する代表質問でも、県が出している神奈川フィルハーモニー管弦楽団への補助金について、それが多額であることを踏まえて再検証すべきと発言する予定。

●今日一日

【午前】
代表質問作成/県庁
議案説明会/同
蓄電推進課と意見交換/同

【午後】
議案説明会/県庁

【夜】
行政相談(福祉)/星が丘


2013年02月19日(火) 第一回定例会が開会

県議会第一回定例会が始まった。来年度予算をはじめ多くの議案が審議される。本会議の冒頭に知事から提案理由の説明があった。

まずは2月22日の代表質問。そして4日間にわたって開かれる厚生常任委員会だ。また全ての政策決定に政調会メンバーとして関わっていく。

会期は35日間に決定。年度最後の議会でもある。地元で頂いているご意見を大切にしつつ、最後の一日まで気を抜かずに頑張る決意だ。

●今日一日

【午前】
県議会民主党政務調査会/県庁
同部会長会議/同
同役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(提案説明)/同
議案説明会/同
行政相談(福祉)/同
子育て3法他勉強会/同

【夜】
事務作業/事務所


2013年02月18日(月) 国政に一喜一憂し過ぎ

2月22日に県議会6年目にして初めての代表質問を行う。一般質問議員個人の思いを主張する場と認識しているが、代表質問はその名の通り『県議会民主党を代表して』登壇する。

昨年末の総選挙で敗れてから、とにかく我が党全体に元気がない。県議会内もそう。今や県政は課題山積。ためらっている暇はない。国政が関係ないとは言わないが、余りにも敏感なのは本末転倒。着実に取組むしかない。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/JR相模原駅
地域まわり/中央区内

【午後】
支援者告別式/清新
次回代表質問検討会議/県庁

【夜】
支援者ご友人お通夜/緑区久保沢
下九沢地域振興会例会/南橋本


2013年02月17日(日) タイ王国の政治家と一杯

昨年市議やJC時代の友人とタイを訪問した際、多くの政治・行政関係者に世話していただいた。うち数名が来日し会食することに。

対中関係が難しくなっている中、東南アジア諸国との連携は重要。その意味では安倍総理が就任後、真っ先に歴訪したのは正解と言える。

ゆっくり酒を汲み交わせる絶好の機会。地方レベルで出来る交流をしっかり積み重ねたい。

●今日一日

【午前】
団体理事会/富士見
星が丘地区自治連30周年記念式典/星が丘

【午後】
星が丘地区自治連30周年記念祝賀会/星が丘
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所
(一社)相模原市観光協会設立記念式典/緑区西橋本

【夜】
タイ王国の政治家と会食/都内

星が丘地区の自治会連合会が30周年を迎えました


2013年02月16日(土) 千木良にチケット1枚を持参

3月3日(日)午後2時〜けやき会館で開催する爐討蕕気雄介新春のつどい瓩六前受付も行っている。私自身がチケットをお願いする場合もあるが、時として後援会の口座に会費を振り込んで頂くことも。

先日通帳を記入してみると、会費分2,000円の入金がある。旧相模湖町の方からだ。区割りにより挙区でなくなり数年経つが、今でもご支援頂いていることに感謝である。早速チケットを持って訪問。

お宅は千木良。せっかくなので相模湖駅の方から迂回し、一時市内のドライブを楽しんだ。あいにくご不在だったが、丁重に書き置きを残す。当日お会い出来るのが楽しみだ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
行政相談(福祉)/中央
地域まわり/中央区内

【夜】
相模原市議結婚パーティー/相模原

旧相模湖町の若柳トンネル


2013年02月15日(金) 自由な活動は150夜かな

昼間仕事をしている方には夜会うしかない。また居酒屋さんやスナックなどの支援者は、そもそも夜しか訪問することが出来ない。

しかし1年は365日。毎日飲んでも365回しかない。うち半分は議会やお呼ばれする地元の会。さすがにたまには休みもする。すると夜を自由な活動に使えるのは大体150日程度か。

今日はご無沙汰した‘夜の支援者’4軒を訪問。一杯やりながら近況を報告。あわせて狄圭佞里弔匹き瓩里願いもする。

最後には多少ヘロヘロになったが、「よく来たな」と言って頂けたのは嬉しい。ちなみに友人をひとり付き合わせてしまった。感謝。

●今日一日

【午前】
行政相談(福祉)/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
地域まわり/中央区内


2013年02月14日(木) 提出議案の説明を受ける

来週19日から第一回定例会が始まる。予算・条例案など提出議案の説明を受けた。分量が多い。やりがいがある。

まずは代表質問の準備を完了させること。続いて厚生常任委員としての取組。加えて震災対策特別委員会も開かれる。

余り先の方を妄想せずに、目の前の仕事を着実にやっていこう。ひとつひとつ。一歩一歩だ。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討会議/県庁

【午後】
予算及び条例案説明会/県庁

【夜】
地元飲食店イベント/中央


2013年02月13日(水) 原爆ドームを間近に見て

現在鎌倉市は世界遺産登録を申請中。県としても様々な支援をしている。その先進事例を調査するため、同僚議員と広島県にやってきた。

対象は宮島と原爆ドーム。広島県庁で担当者から当時の話を伺う。市との連携が何より重要とのこと。この点神奈川県と鎌倉市も関係は良好だ。

そして原爆ドームと平和祈念公園を訪問。思えば身近でまじまじと見るのは初めてのこと。非常に重い空気を感じたのは私だけだろうか。

アメリカは原爆の投下を「正しかった」と公言して憚らない。昨今ウヨク的な人も増えたが、何故この点を抗議しないのか不思議。対米従属も甚だしい。

非核三原則を遵守し、世界に向かって核廃絶を主張する。その責任が日本にはある。ブレずに逃げずにまい進していく。

●今日一日

終日県外調査(世界遺産登録)/広島県内

平和の希求こそ政治の目的


2013年02月12日(火) 障がい者等の虐待防止

県立リハビリテーションセンターにおいて、職員による入所者に対する性的事件が発覚した。まさに暴力であり言語道断。厳しく対応したとの報告だが、これが氷山の一角でないことを願う。

今後は議会としてチェックすることも重要。次回定例会の中で取り上げられないか検討している。昨年秋には障害者虐待防止法が施行された。県にも多くの事案について報告が上がっている。

弱い立場に置かれている人が、理不尽な目にあってはいけない。1件も見逃すことがないよう、県当局に厳しく申し入れていく。

●今日一日

【午前】
支援団体訪問/横浜市磯子区
県議会民主党役員会/県庁

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
次回代表質問検討会議/同

【夜】
横浜から広島へ


2013年02月11日(月) 常に市民すべての視点で

昨年来の狃擺埜郢佞陵楡停止瓩亡悗錣觀錣如洞ζ’し、これまで以上に私自身も医師会との関係が深まった。地元相模原でも日々連携して行政にモノを言っている。

しかし厚生常任委員会でも言ったが、「すべては医療を受ける県民のため」。県議としての視点は、目の前に見える支援者やイチ団体ではなく、あくまで市民すべてに向かって開かれるべき。

県議として6年目を迎えた。他にも様々なお付き合いが広がっている。政治家としての原点を変えるつもりはない。また自分を見失ってはいけないと、日々の活動で肝に銘じている。

●今日一日

【午前】
NPO法人サーラ10周年記念式典/緑区橋本

【午後】
団体支部‘新春のつどい’/中央
県医師会65周年記念懇親会/横浜市中区

【夜】
事務作業/事務所


2013年02月10日(日) 維新との選挙協力は反対

夏の参議院選挙に向けた取組が進んでいる。多くの一人区で自民に議席をとらせないため、野党間の協力を求める声も少なくない。民主党も執行部を中心に、他党にアプローチを始めているとの報道。

話し合い自体は否定しない。しかし日本維新の会との選挙協力は反対である。過日の衆議院で平沼赳夫氏が行った代表質問は、私の許容範囲を明確に逸脱している。まだ自民の方がマシのレベルだ。

また昨年総選挙の惨敗は深刻。参院選までの半年程度で“再生”させるのはドダイ無理。足りないところを総括するのに一年。そこを改善するのに三年から五年。最低それ位の時間を覚悟しなければなるまい。

民主党に今問われているのは『立ち位置』。一定の幅は確保しつつも、その中心線をはっきりさせるべき。目の前に一喜一憂して、余計フラつくようなことがあってはいけない。それこそ主権者への背信行為だ。

●今日一日

【午前】
団体のつどい/町田市

【午後】
私用


2013年02月09日(土) ここもマニュアル君なのか

大手コンビニチェーン。酒を買う時に爍横虻舒幣絅椒織鶚瓩魑劼鵬,気擦襦「私が未成年に見えますか?」と聞くと、「お年寄りにも押してもらってます」とのたまう・・・。このような人をマニュアル君と呼んでいる。

さて先日某旅行代理店の店舗を訪問。4月に予定している視察の航空券について、その他の事項を含めて諸々相談。2月10日に振込で支払う旨を約束し予約。口座の書いてある請求書をもらう。

そして昨日8日の夕刻、円満に振込を完了した。しかし先ほど急にメールが入る。「10日は金融機関が休みなので、直接店舗で支払うか、またはコンビニでの手続きが必要」とある。

早速店舗に電話。「昨日既に振込んだ。週明けには入金されているはず。すると「こちらで確認が取れないと発券できない」と言う。「ならば証明に振込レシートをファックスする」と返しても、「それではダメ」の一点張り。

余りにもマニュアル君なので腹が立ち、「だいたいからして10日までの振込とは、まさにその日までに手続きをすることであって、週明けの口座入金は一般的なことではないか。」と指摘。

しかしまたしてもノレンに腕押しのマニュアル回答。「先日打ち合わせした時に言えば最初からそうしたのに、既に振込では間に合わない前日になって、メールで知らせるとは何事」と更に見解を述べた。

ちなみにこの会社。大手では出来ないサービスと価格を売りにして、十数年前から急成長を遂げ、今や日本有数の旅行代理店になっている。また私は決して一見さんではない!利用すること数十回。お得意様の部類に入るはず。

後日に返金されるとしても、二度支払うのはどうしても腑に落ちない。そこで「私に落ち度はない。しかしケンカしてもしょうがないので、次善の策を考えて欲しい。」現在そう依頼中。

こちらも妥協するつもり。マニュアル君でない柔軟な回答を期待している。

●今日一日

【午前】
支援者訪問/上溝
加山俊夫市長後援会‘新春のつどい’/富士見

【午後】
市民活動サポートセンター10周年記念イベント/中央

【夜】
市民活動サポートセンター10周年記念イベント/中央

市民活動サポートセンターが10周年を迎えました


2013年02月08日(金) 日本人の叡智を結集して

中国軍艦のレーザー照射。まずもって中国共産党に猛省を促したい。専守防衛に徹している自衛隊だが、万が一にも発砲されれば反撃せざるを得ない。そうすれば取り返しのつかないことになる。

さてその上で日本外交の現在はどうか。尖閣諸島をめぐる緊張関係は中国の対応に端を発しているが、それに油を注いだのが東京都の保有問題。その流れで‘まだマシ’な国有化をすることになった。

元々その土地が都、国、民間その他いかなる所有形態であろうとも、領土を守るのは国の責任。ならば完全に実行支配している尖閣諸島を、何故あえて公有化する必要があったのか。

領土保全以外の目的。すなわち中国に対する外交姿勢の転換にこそ、石原前都知事他の目論見があったのではないか。コトの流れを時系列的に見れば、そう考える方が適切だろう。

今まさに政治の真価が問われている。政府同士の緊張関係はいずれ国民感情になる。そうなっては将来に過根を残す。武力によらない国際紛争の解決。日本人の叡智を結集すれば、必ずや出来ると信じている。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(土地)/事務所
地域まわり/中央区及び南区内

【午後】
地域まわり/中央区内
面会/中央

【夜】
長友克洋県議‘新春のつどい’/富士見


2013年02月07日(木) 自殺対策基本条例(仮称)

相模原市議会民生委員会主催の‘市民との意見交換会’が開かれた。テーマは自殺対策基本条例(仮称)。内容もさることながら企画自体にも関心があったので、県議ではなくイチ市民として参加した。

机を四角く並べて会議風に、前に民生委員の議員が座り、委員長が司会進行をつとめている。市民から出る意見や質問には、各議員がそれぞれ答えている。メモを取りながらじっと聞いていた。

この条例は議員提案条例として、来る3月定例議会で審議される方向とのこと。民主・自民・公明・みんな・共産・無所属の委員がいる委員会なので、まさに党派を越えた取り組み。

神奈川県議会でも民主党として、前の任期中に「不妊治療支援条例」を提案した。審議の結果継続審議で廃案となったが、その時に学んだことは多い。残り2年の任期中にどのような対応をとるか。今後の検討である。

●今日一日

【午前】
次回代表質問検討会議/県庁

【午後】
小田急多摩線延伸協議会の要望立会/県庁
優良衛生技能者及び従業員表彰/横浜市中区
地域まわり/南区内
打合せ(後援会)/中央

【夜】
市議会民生委主催‘市民との意見交換会’/市役所

地元の皆様が要望活動で県庁までお見えになりました


2013年02月06日(水) ちょい飲みフェスティバルで

‘矢部・淵野辺ちょい飲みフェスティバル’に参加。事前に購入した各店舗の共通券を使って、基本的には1軒1杯でハシゴを繰り返す。友人達と4軒をまわり飲むこと十数杯。‘ちょい’ではなくなったが楽しかった。

実行委員会は完全ボランティア。商店はあくまで協力者。理想的な姿である。寒いなかビラを配っていた皆様に敬意を表する。また昨日は「街がパンク」したそう。成果も素晴らしい。

さて淵野辺駅周辺は青山学院大学の進出により、以前より利用人口自体は増えている。一方で当初期待したレベルには及んでいない。ここは中央区の拠点のひとつ。県市もまちづくりに一層力を入れるべきだ。

●今日一日

【午前】
元市議ご親族告別式/緑区橋本
支援者ご親族弔問/緑区下九沢
事務作業/事務所

【午後】
地域まわり/中央区内
次回代表質問検討会議/県庁

【夜】
浦道健一県議‘新春のつどい’/横浜市港南区
矢部・淵野辺ちょい飲みフェスティバル/淵野辺

ちょい飲みチケット


てらさき雄介 |MAILHomePage