てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2012年08月31日(金) 伊藤達也事務所のOB・OG会

伊藤達也事務所のOB&OG会。大学卒業後2年半にわたり、当時新進党の伊藤代議士には、秘書としてお世話になり修業をさせて頂いた。残念ながら現在は落選中で、次期総選挙には自民党から立候補の予定。

一方で今日参加した元秘書には現職・前職の議員も多く、自民・民主・維新・生活と幅広い。しかし伊藤達也さんに、再び国政で働いてもらいたいという強い思いは、皆んな一緒である。

さて私の事務所には3枚のポスターが貼ってある。1枚は私。2枚目は地元の本村賢太郎衆議院議員。そして伊藤達也さんである。民主党にポリシーを持っているが、党派だけが政治の真実ではあるまい。

今や政党が流動化し、選挙の当落も目まぐるしい。だからこそ日本と世界に必要な人には、激流に流されず働き続けて欲しい。これは主権者多くの思いでもある。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(医療)/市役所
行政相談対応(福祉)/同
打合せ(議会)/同

【午後】
打合せ(地域)/横山
支援労組まわり/横浜市及び川崎市内

【夜】
伊藤達也事務所OB&OG会/東京都調布市

事務所にポスターが貼ってあります


2012年08月30日(木) ‘まつり会館’以外の手法で

上溝夏まつりの実行委員会。自治会・商店街など、地域の幅広い各種団体で構成されている。私も地元議員として末席に加えて頂いている。今日はその第3回の会議を兼ねた反省会があった。

久しぶりに2次会までご一緒する。飲めば飲むほど本音も出る。今後の上溝地域と夏まつりについて、互いに意見をぶつけ合った。私も自分なりの考えを正直にお伝えした。

伝統文化の保存には、政治は一定の距離を保つべき。市行政も同じ。補助金や会場の安全確保など後方支援は充実すべきだが、一方でカネと人を掲げて前面に出ることはよろしくない。

さて市議時代に反対した‘まつり会館の建設’について、今でもご質問やご意見を頂くことがある。表現方法や発言に至る経過は反省しているが、基本的な考え方は今でも変わっていない。

税を使って記念碑的につくっても、そこに人が入らなければ、かえって施設を中心に街が空洞化していく。マイナスになる危険も多い。これまで全国の自治体でそういう地域を見てきた。

不詳私もこの街で育ち、この街でこれからも生きていく。愛郷心は他の皆さんに勝るとも劣っていないつもり。今後もしっかり地に足を付けて、上溝地域とまつりの発展に努力していく決意。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/番田駅
事務作業/事務所
日中の街頭活動/横山地区

【午後】
行政相談(医療)/中央
地域まわり/中央区内
行政相談(福祉)/星ヶ丘

【夜】
上溝夏まつり実行委員会反省会/上溝
同有志2次会/同

上溝夏まつりは、神奈川で一番大きな神輿まつりです


2012年08月29日(水) 福岡県の先進施策を調査

福岡県福祉労働部から福祉人材の活用と雇用対策について話を聞く。両者をミックスしている施策は全国でも珍しい。

雇用対策は時として国から交付金がくるが、大概が街路公園整備や清掃などがメイン。雇用が成立してもその場限りが多く、継続的雇用という視点で問題になってきた。

一方で福岡県は対象を福祉人材に特化し、無資格の失業者を派遣方式で暫定雇用し、その後仕事をしながら資格を取得させる。最終的な正規雇用へとつないでいく。

驚くべきこそに、過酷な介護の現場であるにも関わらず、派遣された方の半数が正規雇用に辿り着いている。

‘自己責任論’‘本人のやる気がない論’がいかに安易かわかる。少なくとも半数の人は、行政が生みだした機会によって結果を出したのだ。

薄く広く政策を打つよりも、ある分野に特化することが重要。神奈川県にとって多いに参考となった。

●今日一日

【午前】
福岡県議会でレクチャー/福岡県
(福祉人材の確保施策)

【午後】
福岡医療短期大学を視察/福岡県
(口腔介護の教育)
同系列の老人福祉施設視察/同
(口腔介護の現場研修)

【夜】
福岡から相模原へ
事務作業/事務所

福岡県議会の会議室。福祉人材確保と雇用対策についてレクチャー。


2012年08月28日(火) 行政主導では上手くいかない

長崎大学病院と現場の外科医院を訪問。医療情報共有システム‘あじさいネット’について話を伺う。

大学病院など基幹病院の医療データを、中小のかかりつけ医が共有することによって、重複した治療や検査を省けるというもの。

患者さんの負担も少なく、その分医療保険会計の支出も減る。また病院や医師同士の連携も深まっていくとのこと。

元々は小さな地域から始まった取組が、今や長崎県をほとんど網羅している。利用する相互にメリットがあったからこそ。

「成功の秘訣は」と聞く。すると「行政主導ではないこと。」・・・。含蓄ある言葉である。果たして神奈川県は。

●今日一日

【午前】
相模原から長崎へ移動

【午後】
長崎大学病院を視察/長崎県
(医療情報共有システム)
かかりつけ医の現場を視察/同
(医療情報共有システム)

【夜】
長崎から福岡へ移動

現場の外科医院で現状を伺う


2012年08月27日(月) 予算・施策要望とりまとめ

県議会民主党の予算・施策要望書をとりまとめる。その第一回全体会議。各常任委員が集まり討議する。

しかし厚生と総務政策の常任委員会も開催されることに。致し方ないので掛け持ちとなり、残念ながら少しの時間しか参加できなかった。

さて議員はそれぞれ関心が違う。全てを分野を網羅するこは困難ゆえ、知識や理解に濃淡が出来る。その穴を埋める貴重な機会。

今日出された意見を集約し、改めて来週月曜日に全体会議。そこで内容をほぼ内定させる。その後若干の手を加えて、秋には黒岩知事あて直接提出。

知事と議会の議論は加熱している。これはいいことだ。一方で互いに言葉を通じさせることも重要。国会の悪い真似をする必要はない。

ゆえに要望書は的確でありながら、かつ冷静な出来上がりにしたい。政務調査会会長代行としての決意である。

●今日一日

【午前】
予算・施策要望書取りまとめ会議/県庁
県議会民主党厚生部会/同
厚生常任委員会/同

【午後】
厚生常任委員会/県庁
行政相談対応(建設)/同
代表・一般質問検討会議/同
県議会民主党政務調査会/同

【夜】
支援者弔問/緑区大島
支援者訪問/相生
会合(地域)/中央


2012年08月26日(日) 下九沢御嶽神社の獅子舞

緑区下九沢御嶽神社の祭典。2つの目的があって赴いた。ひとつは近隣のお宅で行われる宴会。ずうずうしく毎年飛び込みで参加している。本日も様々な情報交換が出来た。

もうひとつは獅子舞。友人が中に入って舞っている。主催者曰く「これまで関わってきた数十年で一番暑い・・。」確かに暑い。衣装にくるまっている人は言うに及ばずだ。

約30分で終了。裏口でお面?をとると息が上がっている。最後まで通した4名の方に感謝と敬意を表したい。地元の伝統芸能を受け継いでいくこと。政治では出来ない偉業である。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所

【午後】
地域まわり/中央区内
下九沢御嶽神社祭典/下九沢
会合(議会)/同

下九沢御嶽神社の獅子舞


2012年08月25日(土) 愛川町の工業団地と比して

休み明けは地元から。8月最後の週末はイベントが盛りだくさん。昨年は震災で自粛した田名の花火も盛会だった。

さて最後の会合でお会いした方と流れて2次会へ。場所は愛川町。工業団地の中にある飲み屋さん。

夜はほどんど行かない地域なので、小旅行をしているようで不思議な感じ。周辺で働いている方々で混んでいた。

愛川町は財政が比較的豊か。その要因は工場等が納める税金。一方相模原の工業団地は苦境にある。

半世紀前に決めた都市計画の限界が来ている。工業は工業で住宅は住宅で、今一度線を引き直す時だ。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
さがみリハビリテーション病院夏まつり/下九沢
みたけ保育園盆踊り/南橋本
ポスター張替え/中央区内

【夜】
田名納涼花火大会/水郷田名
会合(田名)/田名
上溝鳩川自治会盆踊り/上溝
横山地区ふるさとまつり/横山台
会合(地域)/横山

ポスターを張替えました


2012年08月24日(金) 船中八策は問題多し

大阪維新の会。興味も関心もない。ましてやなびくことなどあり得ない。その理由は橋下徹氏に対する違和感だけではない。漏れ伝わってくる同会の政策‘船中八策’の中身だ。

これほど賛成できる項目が少ない公約も珍しい。「統治機構を変える」ことで政治は良くならない。総理がコロコロ変わるのは議院内閣制だからではない。県が州や都になっても行政サービスは上がらない。

また私が最も重要視する社会保障政策は、書かれている分量が少なく、内容も具体策も乏しい。年金の積立方式や生活保護の縮小など論外。運用上の問題を極大化し過ぎだ。改革ではなく改悪と言える。

更に地方交付税の廃止には明確に反対する。確かに大阪はいいだろう。いや神奈川も‘得’をするかも。しかしそれが国のあるべき姿なのか。地方部を都市部が支えるのは当然のこと。

その他もある。元々の価値観が違い過ぎる。一方テレビではオンパレード。私が地道に人に伝えても、その情報は限られている。しかし決してあきらめない。民主党の再生も。

●今日一日

終日お休み


2012年08月23日(木) ザルを皿に、そしてバケツに

消費増税の一部を公共事業にまわそうという主張が、最近にわかに沸き起こってきた。言語道断である。

福祉と借金返済に使う。これは民主党のみならず自公も含めて、国民に約束したことではないか。いや、自民党はしていないのかな・・。

消費増税に慎重だったのは、いくら税金を取っても、使い方を改めないとザルに水と思ったから。政治は実際そういう使い方をしている。

まずはザルを皿にする。一層強化してバケツになれば完璧。どこまで水を入れるかは、その先に議論すればいいことだ。

さて消費増税は既に内定した。最終的には経済動向を踏まえて、時の政権が判断することになる。それまでに改めねばならない。

●今日一日

終日お休み


2012年08月22日(水) 最近飲みに行ってない

最近飲みに行ってない。仕事以外では皆無と言っていい。時間がまったくない訳ではないが、わざわざ出かけていく気がない。

また朝の街頭活動は、可能な限り毎日やるつもりので、前日の夜は早めに就寝。これも大きな理由だろう。

すると不思議。段々と誘われなくなる。これも寂しいもの。当面は難しいが、9月も10日を過ぎれば若干は・・。行ってみようかな。

●今日一日

終日お休み


2012年08月21日(火) 何故アベンジャーズが

アベンジャーズを見た。余り面白くなかった。アメリカでは歴代3位らしいが、日本ではそれほど伸びまい。何しろ物語が全くない。

確かに映像は凝っているが、今やSFXには慣れている。並大抵では惹きつけられない。

先日見たトータル・リコールはまだマシ。しかしシュワルッツネッガーの前作より良い程度。途中ひとヒネリあったが、もう二度三度欲しかった。

さて次。邦画はあなたへ。前者はプロメテウスかな。前者は間違いないだろうが、後者は若干不安。くどいがSFXではそれほどビックリしない。

●今日一日

終日お休み


2012年08月20日(月) 党支部ゼロ街頭実施中

民主党地元支部で“ゼロ街頭”を実施している。10日・20日・30日に市内各区で一斉に行う。今日の中央区は上溝駅。担当して約1時間マイクを握った。

評判の悪い時ほど街頭に立つべき。“効果”がヒシヒシと伝わってくる。知名度を上げるのは2次的な話。あくまで結果。目的は主張を伝え続けること。そこを勘違いしてはいけない。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動(党支部一斉活動)/上溝駅

【午後】
地域まわり/中央区内

朝の上溝駅。日差しがキツいです。


2012年08月19日(日) ‘都構想’制度論の限界

月例のミニ県政報告会。橋下大阪市長や大阪維新の会という政局的話題ではなく、その最大の主張である‘大阪都構想’をテーマにした。

東京23区の多くが‘市と同等の位置づけ’を目指しいる今、何故あえて市を解体して特別区をつくるのか。動機に不明な点が多い。

しかし維新の会の‘圧力’に負けて、国会は‘大阪都’を認める法改正に着手している。一方議論が制度の本質に至っているとは思えない。

「地方分権だから、大阪府民がいいって言ってるんだから、好きにさせればいい。」という見解には立たない。

道州制も大都市制度も、国全体を左右すること。富の再分配も地方交付税を通じて行われているのだ。

また‘都構想’はあくまで制度論。大阪府の運営に問題点があったとしたら、それは果たして制度が悪いのだろうか。いや問題は人にこそある。

●今日一日

【午前】
ファミリードッチボール大会/田名
消防団警備(上溝本町防災訓練)/上溝
月例ミニ県政報告会(大阪都構想)/市民会館

【午後】
後援会役員会/市民会館
事務作業/事務所

【夜】
家庭倫理の会懇親会/中央
上溝石橋自治会盆踊り/上溝

快晴のなかドッチボール大会

地元防災訓練に消防団員として参加


2012年08月18日(土) 飲みのプロが集う店

昼に雷と豪雨。予定されていたイベントがずれ込み、結果として夜がタイトになった。しかし最低限は周りきることが出来た。

ある盆踊りに行くと、「雄介、この後飲んでいけよ。」と言われる。この方は父の代から通っていた居酒屋のお客さん。

多少酔っ払いながら店を訪れると、いつもの面々が揃っており、気持よく歌ったり飲んだりした。

さてこの店には飲みの‘プロ’が多い。皆かなり酔っているのに乱れない。最早ロレツがまわっていない人も、態度はきちんと話している。

また政治に厳しいご意見を頂くこともある。しかしズバッとハッキリと。長くなったり絡まれたりすることは稀。

1時間ほどで失礼したが、とても嬉しい時間だった。多くの方に支えられていることも再確認。頑張ります。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
支援者主催バーベキュー/横山

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
光が丘地区ふるさとまつり/光が丘
中央地区ふるさとまつり/富士見
上溝豊原自治会盆踊り/上溝
上溝石住自治会盆踊り/同
支援者訪問/上溝


2012年08月17日(金) こどもから‘質問取り’

青年会議所神奈川ブロックが主催するハイスクール議会。107名の高校生が‘議員’として県庁に集まった。有意義な事業だ。

今日は開会式。今後2日間にわたり‘委員会’と‘本会議’が開かれる。率直な意見を聴ければ、県政の今後にもプラスになるはず。

さて十年程前に相模原市議会で‘こども議会’があった。市議として傍聴した。すると子どもの質問に対して、行政幹部が下を向いて答えている。

事前に原稿をつくっているのだ・・。何と行政が生徒の学校を通じて、事前に‘質問取り’をしていたと聞き、あきれつつも改善を求めた。

まさか黒岩知事に限ってそのようなことはあるまいが、やってきた高校生たちが夢を持って帰れるよう、臨場感あるやりとりを期待している。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/南橋本駅東口
ハイスクール議会開会式/県庁
行政相談対応(環境)/同

【午後】
地域まわり/中央区内
支援者訪問/星ヶ丘

【夜】
飲食店イベント/上溝

高校生議員が集うハイスクール議会の開会式


2012年08月16日(木) 小倉橋の灯ろうに夢を

小倉橋の灯ろう流し。元々は家族や祖先の御霊を弔う行事だが、灯ろうには様々な願いが書き込める。

6つ枠があった。まず「世界平和」と書いた。ここ数日も平和を阻害する言動が、愚かな人たちによって為されている。自戒を込めて書いた。

さて皆んな何を書いているのかな。さりげなく周辺を見渡してみる。すると「世界平和」「世界の恒久平和」「人類の平和」などが多い。

安心した。世界平和は妄想ではない。近い将来実現できるかもしれない夢。追い求めることに自信を持てた。感謝。

●今日一日

【午前】
震災対策調査特別委員会/県庁
行政相談対応(環境)/同

【午後】
防災警察常任委員会(委員外委員)/県庁

【夜】
小倉橋灯ろう流し/緑区葉山島

旧城山町の灯ろう流し。世界平和を祈りました。


2012年08月15日(水) 心静かに冥福を祈る

67回目の終戦記念日。敗戦の日とも言える。先の大戦で亡くなられた方々に、改めて感謝と哀悼の意を表したい。

二度と同じ過ちを繰り返さないよう、今後も全力で取り組んでいく。戦争の根絶と平和の実現は、政治に課せられた大きな責任。

今日のところは政治、戦争論は止めよう。日本人として、人類のひとりとして、心静かに冥福を祈る。命あることに感謝して。

●今日一日

【午前】
県政レポートポスティング活動/中央区内
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
県議会民主党厚生部会/県庁

【夜】
藤野神社祭礼(盆踊り)/緑区小渕
会合(議会)/相模原

自ら作成した県政レポートをポスティング。

中央線に乗って藤野駅へ。‘かながわのまつり50選’藤野のまつりに参加しました。


2012年08月14日(火) 県議として悔いのないよう

朝の街頭活動はJR相模原駅。お盆休みということもあり、通勤らしき方は半分くらいか。その他レジャーや家族連れの方など。

駅に立つと一日元気。不思議なものだ。また時々頭をよぎる悩みも解消され、自分の考えと行動に自信が持てるようになる。

更には多くのご意見を伺うことも。今日も‘災害時の透析患者に対する支援’について、ご通行の方からお話しを聞いた。

議会でこの問題を取り上げていることを知り、かつわざわざ声をかけて下さった。政治家冥利に尽きる。感謝である。

残された任期は2年と8ケ月。長いようで短い。県議会議員として悔いのないよう、自分自身を信じて全力で活動を続けていく。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/JR相模原駅
支援者と朝食/中央
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
打合せ(後援会)/中央


2012年08月13日(月) マニュアルは大切だが

公共交通機関の関係者から、震災関係についてご意見を伺った。行政の担当者にも同席いただいた。昨年の3月11日。電車やバスの運行者は、乗客の安全確保に総力を挙げ、結果被害を最小限に抑えることが出来た。

「マニュアルは大切だが、自分自身で考え判断できるようにしなくてはいけない」との主張は、経験に基づく言葉だけに非常に重い。確かにその瞬間、その場でしかわからないこともある。

県は地震災害対策推進条例(仮称)の制定に取り組んでいる。有意義であり良い中身になるよう、議会でも様々な議論が行われている。一方でこれはマニュアルでしかない。その限界を知ることも大切だ。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/東林間駅
行政相談対応(震災)/県庁
事務作業/県庁

【午後】
予算・施策要望書(厚生分野)取りまとめ/県庁

東林間で朝の街頭活動。この場所は選挙区外ゆえ久し振りです。


2012年08月12日(日) 解散の日付がそんなに重要か

解散の時期をめぐって、国会とメディアは盛り上がっている。もはや1年と決まっている任期なのに、何故「早く」とか「遅く」とか騒ぐのだろうか。何月何日に解散するかなど、まさにどうでもいい話だ。

むしろ国会議員として与えられた職責を、一日一日精一杯果たしていくことこそ、主権者がもっとも望んでいること。与野党もしっかりテーブルについて、着実に施策と予算で成果を上げていくべき。

メディアも悪い。今報道すべきは消費増税が与える影響や、今後必要な社会保障政策。3党合意の「近いうち」がいつかなど、色々憶測してもしょうがない。総理しかわからないことなのだから。

幸い県議として仕事が山積している。国会のニュースを見ていると腹が立つばかりでなく、時として目の前の仕事に悪影響を与えてしまう。関係ないとは言わない。しかし関わり合っている暇がない。

明日からは、来年度に向けた予算・施策要望を黒岩知事あて提出すべく、その案文を厚生分野を中心にまとめていく。地方政治は地味かもしれないが、大切な仕事だと信じている。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
県政レポート作成/事務所


2012年08月11日(土) 地に足を付けている方こそ

地元の支援者が勲章を受章された。市内のホテルで開催された祝賀会に参加。長年のご功績に敬意と感謝を申し上げる。

マイクを持たせて頂いたので、氏が経営されるお店に、幼少時から行っていたことを話した。

3・11以降、‘絆’が見直されている。地に足を付けて頑張っている方こそ、地域のなかで報われねばならない。

今後ますますのご健康と、ご商売繁盛を祈念しつつ、ご期待に全力でお応えしていく決意。

●今日一日

【午前】
事務作業

【午後】
支援者の叙勲受賞を祝う会/相模大野

叙勲受賞をお祝いする会に、地元県議としてお招き頂きました。


2012年08月10日(金) 相模原駅北口の跡地利用

朝の街頭活動をするため駅へ行ったら、“もとむら賢太郎”の青い旗が立っている。せっかくなので一緒にやろうと思ったら、臼井貴彦市議がマイクで既に演説している。

2人以上いてもしょうがないので、同駅北口で別に実施することにした。JR相模原駅は南口の方が圧倒的に乗降客が多い。また北口駅前には広大な米陸軍相模総合補給廠がある。

既にこの基地は一部返還が決まっており、今後の跡地利用についても協議が始まっている。これだけ大きな土地が駅前であく。この機会を活かして市民の福祉向上に資する計画を立てるべきだ。

人口減少時代。外から人を寄せようと考えても、それは結果失敗する可能性が高い。その意味でコンベンションセンター案には反対だ。外ではなく足元の市民が望むこと。その視点こそ重要。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/JR相模原駅北口
事務作業/事務所
団体のつどい/清新

【午後】
地域まわり/中央区及び緑区内
県政レポート作成/事務所
会合(地域)/相模原

【夜】
会合(地域)/相模原

同基地の西門ゲート


2012年08月09日(木) 県政レポートに四苦八苦

連日街頭で活動している。だいたいマイクで演説しているが、ご通行の方から政策資料を求められることも。また駅によっては最初から音を出さず、ひたすらビラを配ったりする。

犖政レポート瓩虜鄒に取りかかった。元々PCは不得意かつ創作のセンスもない・・・。かなり四苦八苦だ。事務所で数時間費やしたが、残念ながら完成に至らなかった。

しかし政治活動を機敏に行っていくには、簡単なレポート位は自分で打てねば。そう自覚している。思いと主張がしっかり伝えられるよう、明日もまた真剣に机に向かいたい。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
行政相談(雇用)/富士見

【午後】
昼の街頭活動/市役所前交差点
行政相談(医療)/中央
地域まわり/中央区内
県政レポート作成/事務所

【夜】
シティライオンズクラブ例会(ゲスト参加)/相模原

相模原准看護学院の実習室


2012年08月08日(水) 地震災害対策推進条例

地震災害対策推進条例(仮称)の説明を行政当局から受けた。いまだ骨子案の段階だが、いくつか質問や意見を申し述べた。今年中の知事提案と議会の議決を目指している。

災害対策は喫緊の課題。出来つつある議会と行政のカベや、内部の党派対立など、不毛な要素は取り除かれるべき。幸い良い流れで推移している。今後も震災対策特別委員として意見を言っていく。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/橋本駅南東口
行政相談(震災)/横浜市西区
行政相談対応(震災)/県庁
事務作業/同

【午後】
震災対策特委・防災警察委合同会派勉強会/県庁
支援団体等まわり/横浜市中区内
事務作業/同

【夜】
会合(議会)/横浜市神奈川区


2012年08月07日(火) 市外をまわっても出会いが

多摩市〜厚木市〜愛川町とお世話になっている団体を訪問。市外ゆえ余り多くは伺えないが、それでも最低年に一度はと思っている。

実際足を運べば様々な出会いがある。「いや実は住まいが相模原の上溝なんだ。」「この前駅で見かけたよ。」等々。

ある会社では十数年ぶりの方とお目にかかる。当時の思い出がフツフツと蘇ってきた。なるほど人の縁とは色々なところで繋がっている。

多くの皆様に支えられていることに、改めて気付かされ感謝した一日だった。ありがとうございます。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/淵野辺駅南口
事務作業/事務所
打合せ/調布市

【午後】
支援団体まわり/多摩市・厚木市・愛川町
県政レポート作成/事務所

秘書時代にお世話になっていた調布駅前の天神通り


2012年08月06日(月) 友人の誕生日パーティーで

友人の誕生日パーティー。2次会まで盛り上がった。比較的最近知り合った仲間たち。楽しい時間を過ごすことが出来た。

今日は休肝日である。ウーロン茶とノンアルコールビールを飲んでいた。すると全員で?乾杯することになり、ついにテキーラグラスがまわってくる。

どうしようかな。これで飲まないのも付き合い悪いし。また美味しそうに見えるし・・・。3杯のみグイッといった。やはりオイシイ。

自分自身はもうすぐ41歳。40越えなので最早1つも2つも変わりないが、一方で先が少なくなっているもの事実。今を精一杯生きていこう。

明日は淵野辺駅で朝の街頭活動。頑張ります。

●今日一日

【午前】
実践倫理宏正会・平和祈念朝起会/中央
朝の街頭活動/相模大野駅
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
相模線複線化等促進期成同盟会総会/富士見
地域まわり/中央区内
打合せ(党)/富士見
民主党地元支部役員会/市民会館

【夜】
民主党地元支部常任幹事会/市民会館
友人バースデイパーティー/中央

相模線の複線化を進める会


2012年08月05日(日) S.C.相模原の勝利

地元のサッカーチーム‘S.C.相模原’の応援に行った。1対0で勝利した。関東リーグ1位をキープ。Jリーグを目指して弾みがついた。

さて有志皆さんが「地元にJリーグチームを」と始めた取り組みも、年々成果が表れており、今日も観客席は応援する市民が大勢きていた。

しかし勝負ごとは結果が大切。期待に応えて、勝利し続けることを期待している。及ばずながら地元選出県議として応援していく。

●今日一日

【午前】
千代田連合夏まつり/千代田
事務作業/事務所

【午後】
支援者写真展訪問/千代田
‘SC相模原’試合応援/麻溝台
相生栄自治会夏まつり/富士見
橋本七夕まつり竹飾りコンクール/橋本

【夜】
老人ホーム盆踊り/上溝
横山商栄会盆踊り/横山
相模原駅前自治会夏まつり/相模原

試合会場は市内麻溝の競技場です。


2012年08月04日(土) 選挙区外、東林間のまつり

‘東林間サマーわあ!ニバル’に行った。たまたま式典のタイミング。ご配慮で紹介もして頂いた。この祭りは南区で行われる。今や中央区選出県議である私は‘部外者’。しかしだからこそ参加した。

先日緑区の某所で旧知の方から「寺崎さんは前は見かけたが、最近は全く来なくなった。何だかんだ言っても、所詮は選挙運動だったのね。(要約)」と言われた・・・。かなり厳しい指摘だった。

この方の言う通り、実際は選挙運動である。選挙に落ちては何にもならない。中央区が選挙区になったからには、その中をまわることこそ重要とも思う。しかしだ!心のどこかに「それは違う!」と響いている。

元々自分はどうだったのか。「一部の人の代弁はしたくないので、後援会の類はつくりません。」「新住民の声を大事にしたいので、地域のイベントは優先順位が低いです。」「地元への我田引水はしません。」

確かにそう言っていた。プロセスと表現方法に稚拙な面はあった。しかし今日まで基本には変わっていない。現実と思想との狭間にある‘悩み’を捨てては、私が議員をやっている意味がなくなってしまう。

さて冒頭に戻る。選挙運動の為だけに、まつりをまわっている訳ではない。そのことを多くの人にわかってもらいたい。故に東林間まで赴いた。今後も緑区・南区、出来る限り訪れたい。そして多くの声を聞きたい。

●今日一日

【午前】
田中慶秋衆議院議員イベント/横浜市金沢区

【午後】
行政相談(教育)/中央
大野北銀河まつり/鹿沼台
田名地区ふるさとまつり/田名
東林間サマーわあ!ニバル/東林間

【夜】
上溝日金沢自治会みこし会反省会/上溝
上溝元町自治会盆踊り/同
陽光台虹が丘自治会盆踊り/陽光台
横山南部4丁目自治会盆踊り/横山
南橋本自治会夏まつり/南橋本
事務作業/事務所


2012年08月03日(金) 福祉国家の実現に共鳴して

神奈川民社協会という団体に所属している。巷では‘旧民社党に所属していた議員の会’と言われるが、所属の地方議員で‘民社党’時代を知っている人は実際は少数。

ちなみに私は、日産自動車でサラリーマンをやっていた父の縁と、同会が掲げている‘福祉国家’と‘民主社会主義’の実現に共鳴し、現在まで会員また理事として活動をしている。

今日はその拡大理事会があった。民主党政権の幹部もメンバーで、現在の国会情勢について話を聞いた。また県政の重要課題である准看護師の養成についても、政府の方向性を詰めて議論。有意義な時間だった。

日本の政党は、基本的に議員による政党。まさに国民が参加する組織にはなっていない。その割には、議員同士の連携もイマイチ。国会と地方議会の意思疎通を、もっと密度を濃くやっていかねばならない。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
事務作業/県庁
行政相談対応(ダム)/同
神奈川民社協会理事会/横浜市中区

【夜】
神奈川民社協会拡大理事会/横浜市中区


2012年08月02日(木) 労働者と生活者の声

相模原地域連合との政策懇談会。地元の課題についてご意見を頂く。各職場で働く組合員の、まさに率直なご意見を聞いた。

交通、福祉、教育、etc・・。労働者であり生活者である視点が、ふんだんに盛り込まれていた。この率直な声を活かしていく。

●今日一日

【午前】
私用

【午後】
相模原地域連合政策懇談会/南橋本

【夜】
相模原地域連合政策懇談会/南橋本

労組幹部と政策の意見交換会


2012年08月01日(水) 消費増税法案は焦らずに

消費増税法案の採決日をめぐって、与野党で駆け引きが行われている。与党は「20日」を主張し、自民党は「8日」という。今のところ妥協案は見い出せていない。

果てさて。大切なのは審議を尽くして結論を出すこと。特例公債法、解散総選挙、代表・総裁選の日程、云々云々。別の話をごちゃまぜにするから、元々不透明な政治がより解りにくくなる。

この法案は問題点が多い。国会内は無論のこと、国民世論のなかでも十分な理解が深まっていない。提案した民・自・公の3党は、国民に対してこそ誠意を持った対応をすべきだ。

従って採決を焦る必要はない。元々増税時期はだいぶ先に設定してある。政局的な要素で数日を誤って、今後将来にわたって禍根を残してはいけない。じっくり時間をかけた議論が必要である。

●今日一日

終日私用


てらさき雄介 |MAILHomePage