てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2012年02月29日(水) 雪景色

大雪である。2件地元でアポがあったが、ともにキャンセルの電話がかかってくる。久し振りにゆっくり出来そう。

午前中は自宅。来る予算委員会の質問を練った。午後はバスで(車が走れないので)事務所へ。たまった名刺や名簿のチェックと入力を行う。

しかし久しぶりの積雪。学生時代はよく降り、相模線や横浜線が停まった。運転する車がスリップし、ガードレールにぶつけてしまったことも・・。

四季は日本の基礎。文化や伝統、常識や生活習慣は、春夏秋冬に裏付けられている。雪が降らなくなれば、いずれ日本人の何かが変わるのだろう。

●今日一日

【午前】
質問作成(予算委員会)/自宅

【午後】
名簿整理/事務所


2012年02月28日(火) 政治テーマよりも大切な施策

常任委員会が始まった。第一回定例会(旧2月議会)の場合は、計4日間にわたり質疑が行われる。

今日は議案並びに報告事項の説明が、午前10時30分から午後3時まで行われた。いささか長い。この時間を質問にあてたいもの。

知事が進める太陽光発言や、震災がれきの受け入れ問題など、とかく政治テーマが注目される。

委員会を傍聴に来る新聞記者の中にも、その話が終わると、そそくさと部屋を後にする人もいる・・。

しかし違う。短期的な波にのまれることなく、継続して取り組む施策にこそ
、住民にとって大切な場合が多い。だからこそ続いている。

議員に対する質問の答弁も、特定の課長に偏る傾向があるが、すべてまんべんなく対象にする努力も必要。留意しつつ今後に臨みたい。

●今日一日

【午前】
環境農政常任委員会/県庁

【午後】
環境農政常任委員会/県庁

【夜】
会合(議会)/居酒屋・南区古淵
会合(党)/居酒屋・相模原

相模川上流の桂川。水源環境保全は重要な施策です。


2012年02月27日(月) 障害者福祉総合法(仮称)

民主党県議団の‘医療・福祉プロジェクトチーム’。その座長をつとめている。メンバー有志で、霞が関の官僚から話を聞いた。

‘障害者自立支援法を廃し、新たな法制度を確立する(要約)。’前回総選挙における党マニフェストである。

その進捗状況と、神奈川に及ぼす影響を確認。参加した県議は8名。セッティングは、本村賢太郎衆議院議員がしてくれた。

1時間という限られた中で、かなり充実した説明と意見交換が出来た。この成果を県政に持ち帰りたい。

私が直接聞いたのは以下の2点。

1、「障害者の地域生活移行には課題が多い。国として目安を付けるイメージはどのようなものか?」

2、「これほど大規模な法改正は周知も必要。どれ位の時期に国会でケリを付けるつもりかのか?」

障害福祉は大切。政治本来の目的であるからだ。現在審議されている県予算案を含め、今後もしっかり取り組んでいく。

●今日一日

【午前】
打合せ/喫茶店・東京都品川区
ビザ申請/ミャンマー大使館・同
厚生労働省よりレクチャー(障害者施策)/衆議院会館・東京都千代田区

【午後】
田名飲食店組合50周年記念式典/料理屋・田名

衆議院議員会館のロビー。厚生労働省の担当者から、‘障害者総合福祉法(仮称)’の検討状況を聞きました。

午後は地元飲食店組合の50周年記念。大宴会でした。


2012年02月26日(日) 熱海へ

お世話になっている団体のつどいに参加。会場は静岡県の熱海市にある美術館。新横浜から新幹線で約30分。意外に近いもの。

さて現地で出会った何人かに「観光客はどうですか?」と聞くと、「一時期はひどかったが、最近は比較的賑やか。」とのこと。

以前は相模原市内の各種団体でも、総会や忘新年会で訪れることもあった。しかし現在は少ない。

温泉は無論、目の前に広がる海も素晴らしい。この風情は外国人にも喜んでもらえるはず。県境を越えた静岡だが、神奈川からも応援していきたい。

●今日一日

【午前】
団体主催‘議員のつどい’/静岡県熱海市

【午後】
団体主催‘議員のつどい’/静岡県熱海市

お世話になっている団体が運営する美術館を見学しました


2012年02月25日(土) 愛川町にある祖父母の墓

父方の祖父と祖母は、ともに私が生まれる前に亡くなっている。ゆえに思い出はない。顔も写真で知っている程度。

ともに九州の出身。しかし経緯あり墓は神奈川県愛川町にある。不孝で申し訳ないが、久し振りに墓参りと掃除に行った。

すると墓石は奇麗。管理人のお陰か。いや違うのかな。線香の跡が残っている・・・。誰かが来ているのだろう。

さて私は身長183cm。一方身内に大きい人はいない。父母、妹、更には親戚。そして私自身の子も。以前は不思議に思ったこともある。

しかし数年前に父から聞いた。「じいさん(父の父)は180cmあった。死んで火葬したとき、当時では大き過ぎて、骨が骨壺に入りきれなかった。」

その時、隔世遺伝であったことを実感。上でも述べた通り、残念ながら思い出はない。しかし大きな体には感謝している。ありがとう。

●今日一日

【午前】
月例ミニ県政報告会(来年度県予算)/市民会館

【午後】
打合せ(私用)/愛川町
メガソーラー設置予定地現地視察/同
衆議院議員後藤祐一‘春のつどい’/同
祖父母墓参り/同
事務作業/事務所

県がメガソーラーの設置を決めた愛川町の予定地


2012年02月24日(金) 前原誠司氏の判断は間違い

民主党の前原誠司政調会長が、記者会見から産経新聞を締め出した。政治信条は違えど、若手ゆえ期待もしていたが残念である。

確かに現在のメディアは問題が多い。‘真実の報道’という本旨を忘れ、政府や自治体の‘大本営発表’を垂れ流す。かつ商売的側面を優先し、誇張や虚飾を多く用いる。腹が立つこともしばしば。

一方で、国家や権力を監視する役割を担うメディアが、政権党に批判的になるのは当然。その結果として言い過ぎるのは致し方ない。イチイチ目くじらを立てるのは大人気ない。

ましてや前原氏は政権与党の政調会長。まさに国家権力そのもの。「言うだけ番長」の表現が気に入らなかったらしいが、実は多くの主権者が同氏と民主党に感じていることだ。

ふと田中角栄元総理の言葉を思い出した。自らを悪く書く週刊誌への評価。「彼らも商売なんだ。俺の悪口を書くと売れるんだ。嬉しいことじゃないか。」

ここまで太っ腹でいられるかと言われれば、実は私も自信はない・・・。民主党政権もそうだろう。

しかし前原氏には思い出して欲しい。氏は2世でもなく、金持ちでもない。だから経験があるはずだ。

‘例えクレームであってもFAXや手紙が来ると嬉しかったこと’

‘例え罵詈雑言でも街頭で話しかけられると嬉しかったこと’

一連の判断について謝罪と撤回を行うことを、同じ民主党員として期待している。

●今日一日

【午前】
県議会民主党正副団長打合せ/県庁
県議会民主党部会長会議/同
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(一般質問)/同
県議会民主党予算委員打合せ/同

【夜】
会合(地域)/スナック・中央
書類作成(県政報告)/事務所

予算委員会が行われる県庁大会議場


2012年02月23日(木) 相模原南警察署の移転

本会議で一般質問。民主党からは浦道健一議員(横浜市港南区)と山下昌一朗議員(相模原市南区)が登壇。

山下議員は地元相模原の課題について取り上げた。「相模原南警察署の移転を視野に入れつつ、県高相合同庁舎の再整備を考えて欲しい。」との主張。

同感である。相模大野の一等地に位置する同合同庁舎は、今や数少なく残った県の土地と施設である。県として行える住民サービスに資するべきだ。

財政厳しいからと言って、安易に民間売却することは本末転倒。「選挙区は中央区だが、地元は相模原全域。」そう肝に銘じて取り組んでいく。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
本会議(一般質問)/同
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(一般質問)/同

【夜】
会合(議会)/東京都内

相模原南警察署


2012年02月22日(水) 一般質問者を増加

今議会より一般質問者の数を増やした。これまで通り午後は4人。加えて午前中に1人が行う。今日がその初日。

さてやはり代表質問より一般質問の方が面白い。党だ会派だと言ったところで、政治を志した動機はそれぞれ。地域も違う。

また選挙も‘個人名’で投票される。背景に党を抱えながらも、しっかり自分自身を持つことが大切。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(一般質問)/同

【夜】
会合(議会)/東京都内


2012年02月21日(火) 3区とも接しているのは町田

リサイクルゴミについて講演を行った。ご支援頂いている団体の主催で、座談会といった雰囲気である。

町田市議と合同であり、参加者も相模原・町田市民がいたため、冒頭‘町田と相模原の関係’について触れようと思った。

身近であることは間違いない。一方どのような例を挙げると、皆さんにピンとくるか迷った。そして浮かんだのは‘市町村境’の話。

寺崎「相模原市と町田市は隣同士。さて相模原市はいくつの市町村と接しているかわかりますか?」

皆様「わかりません。いくつかしら。(参加者女性多し)」

寺崎「実は11の市町村と接しているんですよ。」

皆様「ええ。そんなにあるかしら。」

寺崎「はい。…田市、八王子市、檜原村、ぞ緻邯仰、テ算崑次
山北町、Ю鏡鄲次↓┛川町、厚木市、座間市、大和市です。」

皆様「ああ。聞いたことない名前のまちもあるわ。」

寺崎「その中で、相模原の緑区・中央区・南区3つすべてと繋がっているのは町田だけなんですー。」

ふと思い付いたにしては、我ながらいいネタと思った。しかし11の自治体と接している。改めて相模原は大きいまちである。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(福祉)/党支部事務局・東淵野辺
団体主催‘リサイクルゴミ勉強会’で講演/町田市

【午後】
市危機管理室と意見交換(震災)/市役所
事務作業/事務所
支援者ご親族弔問/ご自宅・田名
地域まわり/南区及び中央区内

【夜】
岸浪孝志市議‘新春のつどい’/企業施設・陽光台

岸浪孝志市議‘新春のつどい’


2012年02月20日(月) 行政組織はスッキリと

県議会の代表質問で長友克洋議員(相模原市緑区)が登壇。新たに設置した緊急財政対策本部について、その位置づけを確認するための質問。

行政は‘○○本部、△△会議’が好き。カタチから入る習性がある。曰く「部局横断の取り組み」らしいが、元々同じ建物で仕事をしているのだから、普段から情報交換をしていれば足りるはずだ。

新たな組織をつくれば仕事も増える。またタームイズマネー。会議などで時間も多く取られる。日常の住民サービスに支障が出ていると感じる。

行政改革の要諦は、組織をスリム化にすること。スリムとは、‘大きいか小さいか’だけではない。‘スッキリしているかどうか’も大切な視点。

●今日一日

【午前】
書類作成(予算案並びに総合計画の評価)/県庁
県議会民主党正副団長打合せ/同
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同

【夜】
下九沢地域振興会定例会/企業施設・南橋本


2012年02月19日(日) エチオピアで学校を運営

エチオピアで行われているNGO活動について、現地の報告を聞くことが出来た。大好きな海外ネタゆえ楽しみにしていた。

既に王政が廃止されているが、日本の天皇家に次ぐ長さを誇っていたまた。今上天皇も新婚旅行で訪れている。

さてエチオピアは貧しい。その脱却にはまず教育が重要。子どもを労働から解き放ち、将来に向けての教育を受けさせるのだ。

このNGOも学校を運営している。また長く学校に通い続けさせるために、費用面での‘里親制度’もつくっている。

差別と貧困をなくしたい。世界平和実現のために。日本の国際援助も、その視点を組み入れるべきだ。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
世界平和女性連合活動報告会/レストラン・相模大野
事務作業/事務所

エチオピアでの行われているNGO活動の報告を聞きました


2012年02月18日(土) 月1回のバスケットボール

バスケに行った。月1回くらいしか参加出来ていないが、それでも初回よりは体が大分楽。疲れはするが痛くはならない。

しかしシュートが入らない。元々上手い方ではないが、更にダメになっている。ボチボチ楽しむ趣旨に変わりないが、それでもコボすと悔しいもの。

何とか月2回は行きたい。こういう時間のやり繰りも、仕事人としては重要なはず。頑張ります!

●今日一日

【午前】
上溝公民館まつり/上溝
ダンススポーツ競技大会/市総合体育館・南区麻溝台

【午後】
書類作成(記念誌挨拶文)/事務所
本村賢太郎衆院議員‘新春のつどい’/けやき会館・富士見
後藤祐一衆院議員‘春のつどい’/ラクアルオダサガ・南区南台

【夜】
運動(バスケ)/相模台中学校・南区相模台

上溝の公民館まつり


2012年02月17日(金) ‘神奈川’には行かない

この議会は長い。予算案などを審議するためだ。来月23日の会期末までは、連日県庁で缶詰め状態になる。

横浜は遠い。距離だけでなく感覚も。都内の方が身近に感じるほど。ふと相模原が‘懐かしく’なる。やはり相模原こそ故郷である。

さて県は観光振興に力を入れている。「行ってみたい神奈川」を目指すと知事は言う。

しかし違う。「行ってみたい」のは「神奈川」ではない。横浜であり鎌倉であり、その他の魅力ある地域だ。

外国旅行でもそう。例えば神奈川県の友好都市である中国の遼寧省。「遼寧省に行きたい」と思う日本人がいるだろうか。いないはず。

行きたいのは大連や瀋陽という街であって、「遼寧省」という行政単位ではない。他の国でも同様だ。

神奈川とは、それぞれの地域を支える枠組みであって、故郷そのものではない。その視点を基本に据えて、県議会で全力投球していく。

●今日一日

【午前】
県議会民主党正副団長打合せ/県庁
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同
医療・福祉プロジェクトチーム全体会議/同
国に対する意見書案作成/同
事務作業/同


2012年02月16日(木) 景気、円高で苦しむ製造業

年に一度の会合。製造業に携わる労組関係者と、ざっくばらんに一杯やるのだ。酒の効用もあり、一層親しくお話しが出来る。

民主党政権に対する厳しいご意見。県政に対するアピール不足のご指摘。そして不景気に加えて円高に苦しむ現状、等々。

経済運営は政治の責任。地方自治体で出来ることは少ないが、県内経済の活性化に向けて対策を主張していきたい。

●今日一日

【午前】
県議会民主党正副団長打合せ/県庁
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(代表質問)/同
行政相談対応(住宅)

【夜】
会合(党)/居酒屋・相生

菊名駅に貼ってありました


2012年02月15日(水) 東京新聞の橋下徹氏評

本日の東京新聞朝刊。1面「筆洗」に橋下徹氏の評が出ていた。以下がその全文である。

▼橋下徹大阪市長が代表を務める「大阪維新の会」の政治塾への応募者が三千三百二十六人に達したという。応募したのは現役の官僚や弁護士、医師、大学教授、地方議員の面々

▼現職の民主党の国会議員もいたというから驚きである。この中から次期衆院選の候補者が選ばれるだけに、橋下人気に便乗したいという思惑が透けて見える

▼維新の会は、次期衆院選の公約となる「維新八策」の骨子も発表。既成政党からすり寄られるほど存在感が大きくなった橋下市長だが、大阪市の職員に実施している「思想調査」の内容はあまり大きく報じられていない

▼市職員の組合活動を徹底的に調査し、実態を解明するという名目だ。アンケートの中身を読んでいて怖くなった。活動に誘った人物や特定の政治家を応援したことがあるかなど、組合活動を詳細に問う質問がずらりと並ぶ

▼職場で選挙が話題になったことがあるか、組合に加入しないと不利益があると思うか、組合にはどんな力があると思うか‐など計二十二項目。任意の調査ではなく、市長の業務命令なので、記名の回答を拒否したら処分の対象になるという

▼「中央集権型の政治を変える」という橋下市長の意気込みと手腕には、期待したい気持ちはある。しかし、いくら問題の多い役所としても、密告を奨励するアンケートを強行する人権感覚には慄然とする

以上

圧倒的な橋下人気。メディアでも提灯記事が多い。そのような中で、この記事を掲載した東京新聞に敬意を表したい。

‘橋下市長の意気込みと手腕には、期待したい気持ちはある’という部分を除いて、全く同感である。

今求められているのは‘暖かい改革’だ。

●今日一日

【午前】
議案説明会/県庁

【午後】
震災ガレキに関する意見交換会/県庁
行政相談対応(住宅)/同
議案説明会/同

【夜】
事務作業/事務所
会合(地域)/和食屋・清新

控室の一端にある、各議員の地元名産品など


2012年02月14日(火) 第一回定例県議会が開会

県議会第一回定例会が始まった。来年度県一般会計予算をはじめ、多くの条例を含む議案が審議される。

1、提案説明
2、代表質問
3、一般質問
4、常任委員会
5、特別委員会
6、予算委員会
7、討論
8、採決

以上のような流れで進んでいく。環境農政常任委員会や予算員会の質問に向けて、日々様々な準備を行っているところ。

また座長をつとめる‘医療・福祉プロジェクトチーム’の活動も、この議会で一定の区切りを付けねばならない。

3月23日の会期末に向けて、全力疾走で取り組んでいく。

●今日一日

【午前】
県議会民主党正副団長打合せ/県庁
県議会民主党役員会/同

【午後】
県議会民主党全体会議/県庁
本会議(故田島信二議員追悼行事)/同
事務作業/同
本会議(提案説明)/同
議案説明会/同
県議会民主党予算委員打合せ/同

【夜】
同僚議員と懇談/飲食店・横浜市中区

今議会で審議される来年度県予算案


2012年02月13日(月) 参議院は必要であるはず

「参議院はいらない」という声がある。大阪維新の会も次期衆議院選挙の公約に‘廃止’を掲げたそう。かの政党らしい主張である。意志決定のスピードを重視したのであろう。

しかし国権の最高機関である国会の意思決定は、一定の時間をかけること自体にも意味がある。‘早く’よりも‘間違いなく’、その担保である制度が必要。スッキリ!を安易に求めてはいけない。

一方で現在の参議院は、本来の在り方を失っている。衆議院を通過した案件が、与野党の構図からくる数によって、半ばノーチェックで可否が決められている。その有り様は変えねばならない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
行政相談対応(工事)/清新
会合(地域)/焼肉屋・千代田

【夜】
事務作業/事務所

向かって右が参議院です


2012年02月12日(日) FMさがみ、新春のつどい

今日はふたつ大事なテーマがある。

まず最初。午前9時からFMさがみ‘新どうなる明日の相模原’に出演。小池義和市議の配慮である。久方ぶりのトークだった。県政の報告や、最近の政治について思うところを述べる。

すると視聴者からFAXが来た。そう大分前のこと、長友県議(当時市議)と番組をやらせてもらった時も、同じくして下さった緑区(の中の旧津久井町)の方だ。

当時と政治信条に違いはないが、一方この方を訪ねなかったことは、今思えば自分自身を情けなく思う。素直に反省している。近日中に挨拶に伺いたい。FAXありがとうございます。

さて午後からは‘新春のつどい2012’。選挙後ということもあり、参加者数に不安があったが、お陰様で多くの皆様に来て頂いた。改めて御礼申し上げる。

今日訴えたことは正直な考え。これまでの感謝、今後の決意、民主党員である覚悟など。忙しい中ご参加頂いた皆様に感謝。また日頃応援下さっている各級議員の皆様も加してくれた。勇気付けられた。

●今日一日

【午前】
FMさがみ‘新どうなる明日の相模原’出演/同局・相模原
打合せ(新春のつどい)/けやき会館

【午後】
新春のつどい2012/けやき会館
事務作業/事務所

‘新春のつどい’の会場、相模原市けやき会館


2012年02月11日(土) 神奈川県医師会64周年

神奈川県医師会の64周年記念懇親会に参加。会場は横浜市中区内の医師会館。県内各地区からの参加者(医師)と、国会議員・県議など来賓で盛会だった。

「医者は儲かっている」というイメージがあるが、その通りなのは実に一部の人たち。少なくとも私が知っている医院や病院は、かなりキツイ経営状況である。

さて日々伺うご意見は、医療に関することも多い。だからこそ、その担い手を確保し続ける努力は必要。一方で医療費の増大は事実。そこに無駄があるならば、現場の皆さまのご意見こそ伺いたい。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
資料作成(新春のつどい)/事務所
県医師会64周年記念懇親会/同会館・横浜市中区

神奈川県医師会の64周年記念です


2012年02月10日(金) マニュアル君「ボタン押して」

夜の会合が終了。あさっては‘新春のつどい’。当日配布する資料を作成するため事務所へ向かう。

既に日本酒を飲んでいる。シラフでは‘はかどらない’と思い、缶チュウハイを購入すべくコンビニへ。

するとレジの店員が「このボタンを押して下さい」と言う。「は?何ですか?」と聞き返すと、「未成年がどうかの確認ボタンです」とのこと。

え!?という顔をしていると、店員が「皆さんに押してもらっています。おじいちゃんもです。」そうのたまう・・・。

ああ俺の嫌いなマニュアル君だ。

‘ピクっと’きたが、ここで文句を言っても仕方ない。「そうですか」と潔くボタンを押す。しかし悲しい。‘おじいちゃん’に、未成年かを確認しているとは。

もちろんルールが悪い。しかしそのルールを変えられるのは、実はこの店員しかいない。現場で客と接している人こそ、この不毛さと煩わしさを知っているのだから。

今しばらく待ってみよう。それでも変化なき場合は、しかるべく意見を言ってみたい。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
市議と打合せ(施設)/市役所
地域まわり/中央区内

【夜】
異業種交流会例会/和食屋・富士見
資料作成/事務所

これから‘新春のつどい’当日の資料を創ります


2012年02月09日(木) 21世紀政治フォーラム

私の政治資金団体‘21世紀政治フォーラム’の収支報告書を、神奈川県選挙管理委員会あてに提出した。

さて政治資金と言うと、小沢一郎氏の件が話題になっている。しかし多くの地方議員にとって、‘献金’はとても少なくケタが明らかに違う。

それでも昨年は選挙の年。いくばくかの貴重なご寄附を頂いた。1円の単位から正確に計上し、法律に従い適正に届け出を完了した。

県庁では一般に公表されているし、私の事務所でもコピーを公開している。よろしければご覧頂きたい。

*「21世紀政治フォーラム」とは
明治大学雄弁部で所属していた勉強会(チーム)の名前。狎治倫理瓩鉢犒鯀瓦糞腸饑民主主義瓩粒領がテーマだった。初心を忘れないため、自らの政治資金団体に、勝手ながら名前を拝借している。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/県庁
政治資金団体の収支報告書提出/同
市町村行政課よりレクチャー(パスポートセンター)/同
行政相談対応(廃棄物)/同
民主党県議団・予算委員打合せ/同

【夜】
会合(議会)/和食屋・横浜市西区

県選挙管理委員会に21世紀政治フォーラム(政治資金団体)の収支を報告しました。


2012年02月08日(水) 同僚県議の‘新春のつどい’

同僚議員から会合のご案内を頂くことがある。議会や地元の日程がない限りは、これまでも出来るだけ参加してきたところ。

その議員や後援者皆様に対する激励。そして他の議員の会が参考になる為だ。結果として県内色々な場所に行けるのもありがたい。

今日は横浜市港南区選手の浦道健一県議と、川崎市幸区選出の市川佳子県議の会に参加。双方とも多くの参加者で盛会だった。

さて次の日曜日は自分自身の“新春のつどい”。ご参加頂いた皆様に、しっかり活動報告が出来るよう、今から頭を使いじっくり考えたい。

P.S.夜半に旧知の店へ行ったら、学生時代の友人と偶然会った。嬉しかった。それぞれの道を進み、いずれまた逢いまみえたい。

☆てらさき雄介新春のつどい2012

(日時)2月12日(日)午後2時〜
(場所)相模原市立けやき会館
(会費)2,000円・当日受付にて申し受けます

*お誘い合わせのご参加をお願い申し上げます。

●今日一日

【午前】
行政相談対応(保健)/飲食店・清新

【午後】
打合せ(新春のつどい)/定食屋・上溝
打合せ(新春のつどい)/事務所
行政相談対応(保健)/飲食店・清新
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所
神奈川民社協会・理事会/宴会場・横浜市中区

【夜】
神奈川民社協会・新春のつどい/宴会場・横浜市中区
浦道健一県議・新春のつどい/公共スペース・横浜市港南区
市川佳子県議・新春のつどい/公共スペース・川崎市幸区

浦道健一県議(港南区選出)新春のつどいでご挨拶の機会を頂きました

市川佳子県議(川崎市幸区)新春のつどい


2012年02月07日(火) 「それは出来ない」と言う勇気

来年度予算案について行政から説明を受けた。予算規模は昨年度と余り変わらない。一方で収入は減っている・・。

収入が減っているにも関わらず、支出の増大を目指す政治に、今こそ‘喝‘を入れねばならない。消費税の議論をするなら尚更だ。

しかし支出を減らすことは、キレイごとではない。すなわち役所の仕事を縮小するのだ。つまり対市民に向けた業務(サービス)が減るのである。

もちろん議員定数の削減は必至。しかしこれは‘議会と議員の質と能力の向上’を目指す為。それほどカネが減らせる訳ではない。

色々ご要望を頂くが、「それは出来ません」と言うことが求められている。今週末の‘新春のつどい’で決意を述べるが、今後の政治家はここが重要になってくる。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
民主党県議団正副団長打合せ/同
正副団長会議(知事より来年度予算の概要説明)/同

【午後】
民主党県議団役員会/県庁
民主党県議団全体会議/同
来年度予算の説明/同
東北地方震災ガレキに関する説明/同
イノベーション総合特区の説明/同
予算委員会打合せ/同
各種作業(議会・党・他諸々)/同

とても久し振りに‘都こんぶ’を食べました


2012年02月06日(月) 新宿ゴールデン街のチャコ

また訃報である。一昨日の夜、明大雄弁部の同期から電話があった。「チャコのマスターが亡くなった。」とのこと。

そうか。今更ながら、マスターの年齢は知らない。しかし老人ではなく、まあ元気な中年といった感じだった。

学生時代からの馴染みで、今でも年に1〜2度は飲みに行っていた。新宿ゴールデン街のバー風スナック?だ。

さて本日昼から行われる葬儀に参列すべく、新宿区内のある斎場に向かった。場所は比較的すぐにわかった。

到着すると、あれ!?そう言えば苗字を知らない・・・。受付にいた係りの人に「新宿で飲み屋をやっていた‘ヒロシ’さんの葬儀はありませんか。」と聞く。

すると「ああ。午後1時から火葬になります。」「そのまま‘ヒロシ’さんのお名前です。」とのこと。

恐らくは身内というよりも、チャコのお客さんが設えたのであろう。ご冥福を祈り合掌した。

さて火葬に立ち会おうか迷った。最後に一目顔を見たいという気持ちもあるが、‘死に顔’より‘生きていた時の顔’を記憶に残したい。

これまでの経験によると、最期に立ち会うことも善し悪し。悩んだが、そのまま立ち去ることにした。

ご冥福を祈る。マスターはいくつだったのだろうか。結局聞かずじまいの別れだった。

●今日一日

【午前】
事務作業/県庁
行政相談(環境)/企業・横浜市西区

【午後】
友人ご葬儀/斎場・東京都新宿区
地域まわり/中央区及び南区内
民主党神奈川県第14区総支部役員会/市民会館

【夜】
民主党神奈川県第14区総支部常任幹事会/市民会館
会合(議会)/居酒屋・中央

ご葬儀に向かう前、店に寄ってみました。‘チャコ’ありがとう。


2012年02月05日(日) 橋下・石原新党に興味はない

「政治を変えたいなら、民主党を辞めた方がいいよ。」

「橋下さんもいいし、石原さんも新党を創るらしいね。」

最近よく言われる。もちろん民主党の為に政治をやっている訳ではない。また‘終の棲家’と決めたこともない。今後様々な決断をすることを、現段階で否定することはしない。

しかし15年も相模原で政治活動をしていて、いまだ「橋下、石原・・・」と言われることは、一重に自分自身の力不足である。基本的な信条を理解してもらえていない。残念かつ猛省。

2月12日の‘’てらさき雄介新春のつどい’で詳細を述べるつもりだが、、橋下氏の‘大阪都’は間違いだし、何よりその背景にある思想に違和感を覚える。

石原氏に至っては言うまでもない。その考え方が一定の背景にある自民党だからこそ、私は反自民の必要性を感じて民主党に入ったのだ。彼をして真の愛国者とは思えない。

確かに今は混沌としている。「スッキリしたい」と思うかもしれない。しかしそれは違う。情報化社会のなかで十人十色の考えを持つに至った現在、ある一人の‘指導者’に頼ってはいけない。

もどかしくても周り道でも、例え答えに時間がかかっても、周知を集める努力が求められている。繰り返しだが‘橋下・石原新党’に興味はない。もし結成されれば争うしかない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区及び南区内

【午後】
地域まわり/中央区及び緑区内


2012年02月04日(土) 立川らく太改め‘立川志獅丸’

明治大学校友会の新年会。その第一部で落語を聞いた。OBである立川らく太。昨年亡くなった立川談志の孫弟子にあたる。今年前座から二ツ目に昇進し、改め立川志獅丸となる予定。

さて‘てんしき’という古典落語を聞いた。実は昨年も同じ演題。しかし面白い。オチがわかっているのに本当に面白い。元々落語は狷韻献優伸瓩任客を沸かせる。まさに芸である。

●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区&緑区内
明治大学校友会新年会/料理屋・緑区橋本

【夜】
相模原消防団1−1新年会/居酒屋・上溝

明大OB・立川らく太さんの落語を聞きました


2012年02月03日(金) 緒方拳の遺作‘風のガーデン’

‘風のガーデン’をDVDで見た。お世話になり若くして最近亡くなった方がいらっしゃり、またこのドラマの主人公も40代半ばという設定でもあり、色々考えながら身につまされた。

中井貴一の演技は相変わらず素晴らしい。若手も負けずにやっていたのもいい。そして何よりも本作品が遺作となった緒方拳。クランクアップの数日後に、主人公と同じくガンにより永眠している。

報道によると本人も自覚していたとのこと。普通なら鬼気迫る演技となるのだろうが、まさに幼少時代に必殺仕掛人で見た格好良さのままだ。プロとはこういう人のことを言うのだろう。

ある人が言っていた。「死を意識しながら生きることが大切。」。未だ遠い感覚を持ちながらも、誰にも自分にも必ずやってくる。「あの世ってあるのかな?」と、ふと家で一人になったとき考えないでもない。

しかしその時がいつかわからない以上は、人生を使いきるべく全力を尽くすしかない。

●今日一日

【午前】
行政相談(施設)/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
長友克洋県議新春のつどい/けやき会館
友人と会食/居酒屋・中央他

長友克洋県議‘新春のつどい’


2012年02月02日(木) 色あせた選挙前の2連ポスター

「ポスターが色あせている」との通報を受け、貼りかえるべく早速現地へ向かう。

そのポスターを見て愕然となる。古いも何も昨年選挙前に使用した、本村衆議院議員との2連ポスターだ・・。

そのままになっていたらしい。申し訳ない。お宅はご不在だったので、丁重にお詫びの書き置きを残す。

そしてポスター。更には干からびていた板も新しくした。ああ何故かすがすがしい。職業病かな。


●今日一日

【午前】
お休み

【午後】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内
打合せ(団体)/町田市

【午後】
支援者の叙勲を祝う会/ホテル・南区上鶴間本町
友人と会食/居酒屋・中央
支援者訪問/ご自宅・横山台

新しい板とポスターに貼り替えました


2012年02月01日(水) デモで埋め尽くされても

「日本の総理にはスピリッツがある」

「何故そう思うのですか」

「自分の間違いを認めてすぐに辞めるから」

「・・・・」

今回の行程中に交わした、あるタイ人との会話である。ちなみに「タイの首相はデモで埋め尽くされても辞めてくれない」と続く。

向こうの庭は良く見えるのだろう。

●今日一日

バンコクから相模原へ移動

タイ出国前に両替残で飲んだ缶ビール


てらさき雄介 |MAILHomePage