てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2011年01月31日(月) まずい兆候が出た

横浜駅近くで自動車総連の賀詞交歓会。途中で退出して市病院協会の同じく賀詞交換へ向かう。

会場は相模大野のホテル。宴会場に入ると背筋が冷やっとする。そして数分後にくしゃみ。まずい・・・。

議会と地域に仕事が多くある今、風邪をひいている場合ではない。万全を期してこの会も途中で退出。

そして速攻自宅に帰る。まずは風呂をセット。そして厚着。更に液体風邪薬カコナールを飲む。

入浴は約20分間。今は出て日記原稿を打っている。これからふとんを3枚かけて寝るつもり。お休みなさい。

●今日一日

【午前】
地域まわり/南区及び緑区内

【午後】
党県議団不妊治療応援チーム会議/県庁
党県議団政務調査会/同
行政相談対応(環境)/同
事務作業/事務所

【夜】
自動車総連賀詞交歓会/横浜市西区
市病院協会新年賀詞交歓会/南区相模大野


2011年01月30日(日) 小沢一郎氏の強制起訴

小沢一郎氏が近く強制起訴される。民主党最大の実力者が刑事被告人となることは残念。党員として責任を痛感している。

‘衆愚政治’という言葉は嫌いである。主権者は常に正しい。そこに疑問を持ったならば、私は恐らく政治をやめるだろう。

小沢一郎氏に主張があるのはわかる。理屈を積み上げれば正論もあるし、この裁判は無罪になる可能性が高い。

しかし問題はそんなことではない。年間数億円の献金を集め、都内の豪邸に住んでいる。それ自体に疑問を持たれているのだ。

官僚の天下りが問題なのと一緒。ここに政治家は気づくべきだ。‘政治はカネがかかる’という幻想を取り除かねばなるまい。

●今日一日

【午前】
上溝骨董市/上溝
事務作業/事務所

【午後】
市民主催カラオケ大会/富士見
支援企業新年会/上溝


2011年01月29日(土) 県政の情報を伝えたい

富士工業グループユニオンの春闘研修会に参加。参加者のほとんどは私より若い。会議の冒頭に県政報告の時間を頂いた。ありがたいことだ。

主権者にとって遠く感じられるであろう県政。その情報をお伝えしようと、来年度予算の骨格について報告した。

日常の政治活動で頂くご意見のうち、約5割〜7割は国政や党に関すること。残りのほとんどは市政について。

県政に関わるご意見はゼロに近い・・。しかし市民は県民税を納めている。「主権者の関心が集まらない政治は良くならない。」そのことを肝に銘じて、今後も県政の情報をお伝えしていく。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
打合せ/同
行政相談(環境)/同

【午後】
富士工業グループユニオン春闘研修会/淵野辺
書類作成/事務所
相模原青年会議所例会準備/南区上鶴間本町

【夜】
会合(地域)/淵野辺
会合(議会)/東京都町田市


2011年01月28日(金) 一体いつまでかかるのか

荷物があった為、県庁へ車で行く。往復とも道路が混むのは覚悟の上。その原因のひとつは東名高速の横浜・町田インター周辺。

その対策として国道246号の2重立体交差が計画されている。工事をしている気配はあるが、待てども待てども完成にはほど遠い。

一体いつまでかかるのか!民間のマンションなら気づかない位の短期間で建つ。何故公共工事はこんなに時間がかかるのか。

実は‘わざと’なのである。早く工事をあげるという発想が、現在の公共事業にはない。役所もまたそれを求めない。

必要な工事はたくさんある。一方予算は少ない昨今。だからこそ決定した公共事業は一気に仕上げ、その分浮いた経費を別にまわしていくべきだ。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
打合せ/県庁
事務作業/同

【夜】
故元市議お通夜/南区古淵
会合(地域)/南区相模台


2011年01月27日(木) 宮城のフェスティバルに

セントラル自動車労組の会議に参加。冒頭にごあいさつの機会を頂いた。相模原の工場は3月末で停止し、今後は宮城県大衡村の新工場で製造が行われることになる。

推薦のお礼をし、産業振興の主張をした最後に「必ずや当選して、今後は宮城で行われるであろう御社のフェスティバルに、また参加したい。」そう申しあげた。

党も労組も組織。しかしきっかけがどうであっても、振り返れば組織を越えた個人の繋がりによって、自分自身は多く助けられてきた。4月10日に向けての活動も同じある。

多くのご温情を各方面から頂いている。感謝に耐えない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
県エルピーガス協会賀詞交歓会/横浜市西区
事務作業/事務所
セントラル自動車労組評議員会/緑区大山町

【夜】
相模原塗装協同組合新年会/中央
事務作業&打合せ/事務所


2011年01月26日(水) 厳しく判断されるとき

事務所に来客。子ども手当てや外国人参政権について、数十分にわたり意見交換。楽しくかつ有意義な時間だった。

その方曰く「飲み会などで仲間同士政治の話をすると、どうもヒステリックになる。(要約)」

確かに私も父から「飲んで政治と宗教の話はするな」と教えられたもの。果てさてどうしてこうなったのか・・。

日本人は大きな声で政治を語らない。しかしそれは意識が低いことを意味しない。自分のなかでじっくりと冷静に考えている。

そして選挙のときに、集中して意思表明がなされる。現在のような経済状況だからこそ、政治もまた厳しく判断されるはず。

これから県政でやりたいことが多くある。4月10日以降のことを、あれこれと夢見る。

果たして私は生き残れるのだろうか。いやそれを決めるのは私ではない。主権者の皆様だ。

真剣に訴えること。これしかない。まだまだと反省する日々だからこそ、あと2ヶ月は徹底的に街頭に立っていきたい。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
食品衛生協会賀詞交歓会/緑区橋本
来客/事務所
地域まわり/中央区内

【夜】
相模原地域連合新春のつどい/南橋本


2011年01月25日(火) 故人を弔問して

昨日書いた故人のご自宅を弔問した。ご遺体に対面し手をあわせ、少しの時間ご遺族とお話した。

本日は政治的主張はやめる。改めてご冥福をお祈り申しあげるとともに、ご遺族のお心やすからんことを祈念する。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内
故人弔問/南区東林間

【午後】
地域まわり/中央区内
団体訪問/緑区大山町
面会/事務所

【夜】
地域まわり/中央区内


2011年01月24日(月) ありがとうございました

地域をまわっていたら、ある訃報の連絡が入った。とてもお世話になった方が亡くなったのだ。

悲しいので詳細は省くが、いくつかの思い出がよぎる。某所で酒を飲んだこと。某所で酒を飲んだこと。そして某所で酒を飲んだこと・・。

市議会でご一緒もしたが、不思議と夜の思い出が多い。そう言えば麻雀も何回かやった。残念ながら負けた記憶も。

伺えば74歳とのこと。その人生が長いか短いかはわからない。それを語る資格もない。ご冥福を祈るばかりである。

しかし大切な方が亡くなる度に思うこと。人生はある日突然終わってしまうのだ。これは誰でも同じこと。

だからこそ今を生きたい。悔いのない人生を送りたい。自分にとってそれが政治を全うすることなのか、迷う瞬間もない訳ではない・・・。

しかし期待してくれる人が少なからずいる以上、それに応えることは至福であることも間違いない。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
団体との政策懇談会/中央


2011年01月23日(日) 横須賀で父の縁

大村博信県議の賀詞交歓会に参加。場所は同議員の選挙区である横須賀市内のホテル。‘来賓’として紹介を頂いた。

乾杯のあと歓談していると、ある方が声をかけて下さった。何と私の父と友人だと言う。そう父も日産の社員だった。

「お父さんは元気」と聞かれる。「はい」と答える。横須賀に来ることは年に何回もないが、縁というのは繋がっていると実感。

またいわゆる2世議員でなくても、身内には助けられているものだ。片道2時間かけても、横須賀に来て本当に良かった。

●今日一日

【午前】
山下昌一朗事務所開き/南区東林間
踊りの会新年会/星が丘

【午後】
相模原ライズ納会/相模原
事務作業/事務所
大村博信県議賀詞交歓会/横須賀市


2011年01月22日(土) 票にならないかもだが

各種団体の新年会が多い。選挙運動で行っていると思われがちだが、実はこの種の会合は余り‘票’にならない。

それでも参加する動機は二つ。ひとつはそこでしか出会えない人から、面と向かって様々意見を聞けること。

また‘地元の’県議として、また‘民主党の’県議として、行かねばならぬという責任感である。いないことが申し訳ない。

どんな団体でも役員さんは大変。それぞれ相模原に良かれと思い、仕事の時間を割いて活動している。だからこそ敬意を持って接するべき。

また宴席は楽しいのも事実。ほとんど一緒に酒を飲む(但し昼はダメ)ので、それによって仲良くなれる。近隣友好の精神が発揮される。

今後とも積極的でありたい。しかし体は疲れることもある。先輩方は休養方を会得しているのだろうが、いまだその域に達しない私である・・。

●今日一日

【午前】
党支部選挙対策委員会/東淵野辺
月例ミニ県政報告会(子ども手当)/中央

【午後】
団体新年会/中央
加山市長後援会新春のつどい/富士見
事務作業/事務所
行政書士会賀詞交歓会/中央
事務作業/事務所

【夜】
JP労組賀詞交歓会/南区上鶴間本町
消防団(1-1)新年会/上溝
支援者訪問/同


2011年01月21日(金) 隣町の山梨県道志村

事務所近隣に会社を構える経営者十数名で新年会。場所は山梨県道志村にあるセントラル自動車の保養施設。相模原の隣町である。

津久井の三ヶ木から青野原、青根を抜けて約1時間と少し。山道をくねくねと走っていく。すると小高い丘に立派な建物がたっている。

セントラル自動車の宮城移転によって、この施設もあと数カ月で閉鎖するそう。その後は解体作業に入るとのこと。

ひとつの企業が動くということは、大勢の人たちに影響を与えている。何度も言っていることだが、改めて移転が残念でならない・・。

さて会では楽しく酒を飲んだ。2次会の途中で会場をあとにしたが、頂いたご意見はしっかり受け止め、残り少ない任期のなかで取り組んでいきたい。

●今日一日

【午前】
私用

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
会合(地域)/山梨県道志村


2011年01月20日(木) 2人の辞退者、政治も末

4月に予定されている統一地方選挙について、候補予定者の出所進退に関わる呆れたニュースが入ってきた。書いていいか躊躇したが、心底怒りを覚えたので、個人名は省きながら指摘したい。

ある人。相模原市議選に挑戦すべく、民主党に公認申請していた。数日前に辞退の連絡があった。それはいい。無所属でやるもの選択のひとつ。そう受け止めていた。しかし何故か大和市議選に変った。しかも政党はみんなの党。

だったら最初からみんなの党に頼めばいい。例え思想信条は違ったとしても、その道を貫く人を否定しない。また市議選に出るのに、その‘市’自体を変えることはびっくり。今後「大和を変える云々」と、どの面下げて言うのだろうか。

恐らくは、‘議員’になりたいだけだったのだろう。彼は「相模原を良くしたい」と言っていたので、かなりのフォローをこれまでしてきた。一度は自分の会で挨拶までさせた!。自らの不明を恥じるばかりである。

さてもう一人。伊勢原市の県議候補予定者。今は市議だが鞍替え出馬を予定していた。しかし立候補を取りやめ、再び市議選の公認をとった。何故民主党はそれを認めるのか。

しかも止めた理由は「勝てなそうだから(要約)」。あいた口が塞がらない。立候補を表明してから数か月も活動していれば、少なからず支援者が出来たはず。目に見えないところでも、多くの期待を受けていたはずだ。

その皆様にどう申し開きをするのか。また私も彼が大変そうだと思って、(数名だが)伊勢原在住者にお願いをしていた。途中で止めるなら最初から手を挙げるな!世も末である。いや政治が末なのか。

今までは政治家はプロであるべきと主張してきた。税金から報酬を出すことによって、納税者に対して重い責任を負わせる為だ。

しかし選挙が‘就職活動’に成りつつある現状は、政治を良くすることに逆行する。議員のボランティア化。今までは否定してきた話だが、真面目に検討せざるを得ないかも。

●今日一日

【午前】
台風9号の被害に関する合同調査会/県庁

【午後】
行政相談対応(交通)/県庁
台風9号の被害に関する合同調査会/同
子ども家庭課と意見交換/同

【夜】
基幹労連新春のつどい/横浜市中区


2011年01月19日(水) 体中の血がぐるぐると

淵野辺駅で街頭活動。ご通行の方から「うるさい!政治を真面目にやってからしゃべれ!」と怒鳴られる。ご指摘に理解出来る点があるだけに、一瞬自分が情けなくなる。ああ‘ジブンハヤクニタッテイルノカナ・・・’。

しかしすぐに復活。ふつふつと今の政治に怒りが湧いてくる。マイクの演説もハイテンションになる。約1時間犖民との約束2011瓩鯀覆┐拭またボランティアの方にビラを数百枚配って頂いた。

狠がやっても変わらない瓠その言われると、体中の血がぐるぐるまわる。「私が変える。」真面目に信じている。決して不遜とは思わない。この決意で任期を全うしていく。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区及び南区内

【午後】
地域まわり/中央区内
街頭活動/淵野辺駅南口

【夜】
事務作業/事務所
支援企業忘年会/緑区橋本
会合(地域)/清新


2011年01月18日(火) 年齢制限のある組織

青年会議所(JC)の委員会に参加。JCは40歳で退会と決まっている。25歳で入会して十数年、ついに今年が‘卒業’の年となった。

最初の5年間は理事もつとめたりして、かなり活発に活動していたものだが、その後は選挙の落選をきっかけにスリープ状態に。

数年後に再び当選し復活を模索するも、結果なかなかついていけずに、今までなまくら会員でやってきた・・。

しかし今年で最後となると、「出来るだけ出ようかな」と思うもの。JCで友人もたくさん出来た。また何より会の雰囲気が大好きである。

さて担当は毎年変わるのが通例。初めて総務委員会に所属。今日の会議では約2時間にわたり、今月末に行う賀詞交歓会について検討した。

年齢制限がある組織は良い。いや普通の仕事も定年はある。ないのは議会だけ。議員にも多選の弊害はある。

県議会での期数は少ないが、政治活動を始めてはや14年になる。自らを戒めねばなるまい。

●今日一日

【午前】
書類整理/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
街頭活動/上田名交差点
地域まわり/中央区内
宅建協会相模北支部賀詞交歓会/富士見
地域まわり/中央区内

【夜】
県電力総連賀詞交歓会/横浜市中区
相模原青年会議所委員会/中央
事務作業/事務所


2011年01月17日(月) 創ってみたい条例がある

条例を創るという議員本来の仕事を、一度も経験していない人の方が多い。かく云う私も2度目のこと。

一度目は市議会議員をやっていた時。行政提案の情報公開条例に修正案を出した。ほんの何条かだったが、同僚議員と精一杯考えた。

そして今。不妊治療支援条例(仮称)である。2年ほど前から検討していたので、趣旨がぶれることは最早あり得ない。

一方文章をどう創るかは難しいもの。メンバー数名で「ああでもない」「こうでもない」と、数時間にわたって真剣に議論した。

採決の結果はわからない。党利党略盛んな昨今。自民党とその仲間が過半数を占めている以上は、私たちの提案が通る可能性は少ないのかもしれない。

しかしこの経験を無駄にはしない。必ずや当選したいと言う先には、来季に向けた夢がある。創ってみたい条例があるのだ!その為にも今を一生懸命頑張ろう。

●今日一日

【午前】
熱海から県庁へ移動
党県議団不妊治療応援チーム会議/県庁

【午後】
党県議団不妊治療応援チーム会議/県庁
支援者訪問/横浜市西区
事務作業/事務所

【夜】
下九沢地域振興会例会/南橋本


2011年01月16日(日) 反首長より大事な責任

阿久根市の変について。首長の方針に議会が反するからと言って、即敵対関係になるのは間違い。例えば名古屋市も、4月に予定されている市議選を、何故3月にする必要があるのか。税金の無駄である。

一方で世論の首長優勢・議会不信の傾向を弁護は出来ない。二元代表制下において、議会と行政が対峙すべきところを、過去の因習で慣れ合いになってきた結果である。その多くは議会側の責任。

議会と行政は意見が違ってしかるべき。しかし実際そうなったら政治が動かなくなる。日本型の民主主義が成立していないのだ。これは昨今始まったことではない。

さてある団体から次期選挙向けのアンケートが届いた。‘温かい’ニュアンスの文章ではなかったが、何より主権者からのご質問なので、真剣かつ謙虚にお答えした。

【問】「二元代表制において常に与党的であることをどう思うか(要約)。」

【答】「答えなし。」「注釈:‘与党的か’‘野党的か’は議員の自由であり、二元代表制に拘束されるべきでない。また自分は松沢県政に‘与党的’なので、その施策に連帯して責任を負うべく、神奈川県議会に議院内閣制を導入するこを目指している。(要約)」

恐らくは地方分権を支持しているであろう団体が、既存の枠組みに囚われ‘二元代表制’を前提に、地方議員候補予定者あての質問をしていた・・。今や皆んなでその発想を変えることが必要。

●今日一日

【午前】
ダンス協会理事会/富士見
支援者ご親族告別式/座間市
団体新年会/清新

【午後】
行政相談(環境)
千代田自治会連合会新年会/千代田

【夜】
さがみビルメンテナンス協同組合新年会/静岡県熱海市


2011年01月15日(土) 精神障害に関する研修会

先月のこと。道路で街頭演説していたら、ある方が声をかけて下さった。障害者の親御さんとして、障害福祉に関するご意見と、精神障害に関する研修会のビラを頂いた。

それが今日行われた。場所は市中央区内の公共施設。数十名の参加者だった。残念ながら少しの時間しかいれなかったが、資料もかなり勉強になる内容だった。

障害者の地域生活移行は目指すべき方向。一方少なくとも相模原の現状を見るにつけ、まだまだ解決すべき課題が山積している。

また精神障害に関わる施策は特に遅れており、政令市移行により精神保健福祉が市の役割になったとは言え、爍馨祿屋貘劉瓩鯡椹悗靴深茲蠢箸澆蓮県としても取り組んでいくべき。

人間誰でも他人のことはわかりにくい。どこまで行っても想像の域を出ない。だからこそ政治家は常に、当時者の声に耳を傾けるべき。

引き続き障害福祉の充実につとめる決意だ。様々な現場の声をお聞かせ願いたい。お待ちしている。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内
支援者ご親族弔問/上溝

【午後】
障害福祉団体主催研修会/中央
上溝だるま市/上溝
街頭活動/上溝ダイエー前
上溝地区自治会連合会賀詞交歓会/星が丘

【夜】
会合(地域)/富士見
異業種交流会例会/同
事務作業/事務所

上溝だるま市


2011年01月14日(金) 議員に礼は不要です

ある新年会に参加。某信号機が猜蘯嵎離瓩砲覆辰燭海箸髻◆峪崎議員が頑張ってくれた」と、主催者から昨年に続きお礼を言われる。

ご配慮はありがたいが、一方で困っている自分もいる。何故なら猜蘯嵎離瓩鮗存修靴燭里蓮∋実として私ではないのだから・・。

決定をしたのは県警察。工事をしたのは業者さん。そして原資は税金なのである。私は他の議員と一緒に、県警に意見を言っただけ。

仮に私が自分のポケットマネーでやったことなら、それは感謝されて然るべきかもしれない。

しかしくどいようだが、議員が実現する施策は、全て税金によって行われている。むしろ「納税者皆様に感謝」と言うべきなのだ。

更にもう一つ。学校の隣にある危険な交差点の信号を猜蘯嵎離瓩砲垢襪海箸蓮県議として取り組むべき、まさに‘仕事’なのである。対価は税金から給与(報酬)というカタチで既に頂いている。

さて何故議員に「ありがとう」という市民がいるのか。過去それを求めてきた政治‘や’が存在するからだ。今後改革すべき因習だろう。

ちなみに私は自分の仕事でないことを、安易に引き受けるような無責任なことはしない。しかし‘仕事’はどんどん欲しい!お礼は一切要りません。「お前仕事だからやれ!」と、どしどしお話を頂きたい。お待ちしている。

●今日一日

【午前】
私用

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
後援会拡大役員会/中央
星が丘地区自治会連合会新年会/星が丘

美味しかった豆あじ


2011年01月13日(木) 県民との約束2011

犖民との約束2011瓩鮑鄒。来期に向けた活動の基本方針である。地方議員が公約をつくる際に、「必ずやる」言い切ることは、予算の編成権がない以上は嘘となる可能性が高い。

だからこそ前回の選挙と同じく、牋焚爾寮策を必ず4年間で訴える瓩箸靴拭「それでは弱い」というご指摘もあるが、選挙の公約は主権者との契約。正直な記載が求められる。

以下が原文である。

「以下に掲げた政策について、神奈川県議会において、また相模原市議会・国会・民主党への働きかけを通じて、4年間の任期中にすべてを訴えることをお約束いたします。」
                                  
★社会保障改革 〜誰もが安心して暮らせる社会を実現します〜

々睥霄垰楡澆忙抉腓魍搬腓靴泙后F段麺楔醢型優曄璽爐簣型擁欸鮖楡漾軽費老人ホームを増やします。介護福祉人材の待遇改善に向けて、県として支援の枠組みをつくります。

↓狆祿科〇磴鮨篆覆垢訃鯲祗瓩鮴定します。障害者(児)の自立支援を拡大します。重度障害者の医療費助成と在宅手当は、県として改めて制度を確立します

M楔邀惺擦凌契澆範卦牴修靴森纂砲硫築を進めます。学区については、本人と保護者の意見を尊重します。スクールバスを大幅に増車します。学校の運営を地元自治体や地域と連携して行います。

け愾阿箴規模の保育所に対する支援を拡大します。義務教育過程での保護者負担を軽減し、共働き時代に相応しい保育サービスを充実します。幼稚園と保育園それぞれに対する支援を拡大します。

ゼN堵颪高額となるガン治療や新薬など、高度・先進医療に対して助成を行います。また小児救急医療を充実し、中学生までの医療費を軽減します。相模原を含む県北地域に救急医療センターを整備いたします。

★相模原改革 〜より良いふるさとを次の世代に引き継ぎます〜

(椴Ψ柿衞倭躪臺箋訃魁複複卅衞聾怯慄迷Α砲諒峇塒縦蠱呂法近隣住民の意見を真摯に受け止めつつ、医療や福祉など市民生活に直結する施設を建設します。

⊂田急多摩線の相模原→市役所周辺→上溝→田名方面への延伸を促進します。一方で税金による地元負担を減らすべく、国・県・事業者と真剣な協議を行います。

政令市のメリットを住民が実感できるよう、市へ移譲された行政サービスを、質量とも一層充実させてまいります。区役所の機能を充実させ、地域住民の声を市政に反映します。

★議会改革 〜「隗より始めよ!」信頼される議会を目指します〜

“言しない議員、本会議や委員会に出てこない議員、居眠り常習の議員は必要ありません。これこそ税金の無駄使いです。狆数精鋭瓩竜腸颪鯡椹悗靴董議員定数を大幅に削減いたします。

∋前に質問と答弁を‘調整’することは、役所とのなれ合いであり、議会の行政に対するチェック機能を失わせています。原稿の読み合いをやめさせて、真剣な議論を行ってまいります。

C亙議員年金制度を廃止します。志を持って立候補し、選ばれ、仕事をしている議員に、特権的な年金制度は必要ありません。議員は給料を稼ぐ手段や、名誉職であってはなりません。

★行政改革 〜税金の無駄使いと借金のつけ回しは許しません〜

‘始公社や住宅供給公社など、必要のない県主導第三セクターは廃止します。県高級官僚の天下りを禁止し、その赤字に税金は投入させません。県有施設の維持管理を民間企業やNPO法人へまかせます。

¬蟻未併纏はやめさせます。議員や意識のある行政職員で、県版犹業仕分け瓩鮃圓い泙后その過程を県民に対して明らかにします。本当に必要なところに予算が使われるよう、議員としてのチェック機能を果たしてまいります。

人口減かつ高齢化のなかで、税収の右肩上がりはあり得ません。毎年の予算編成で赤字の借金を積み重ね、子どもや孫たちに、これ以上ツケをまわすことは許されません。次の世代に責任ある財政運営を行います。

(今後現場の声を一層伺いながら、内容を検討し続けてまいります。)

●今日一日

【午前】
地域まわり/緑区&中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
政策資料作成/事務所

【夜】
打合せ/事務所
会合(党)/東京都内


2011年01月12日(水) 公式な来年度予算説明

平成23年度の県予算について、行政から第一回の公式な説明があった。4月に知事選が実施されることから、政策的判断は改選後の知事に委ね、今回は骨格予算としての編成である。

詳細な内容は今後知事の決済を得た上で、来月上旬に改めて説明されるとのこと。これまで主張してきた施策が、果たして盛り込まれているか。また財政難の折り、余計な仕事が計上されていないか。

この審議が任期最後の仕事となる。県議選に向けた活動もあるが、それはあくまで私事だ。議員としての職責を全うした者こそ、次期も県政に参画出来ると信じたいもの。

●今日一日

【午前】
地域まわり/緑区&中央区内
相模原商工会議所賀詞交歓会/中央

【午後】
予算編成連絡会議/県庁
事務作業/同
トラック関連6団体賀詞交歓会/横浜市港北区
エルピーガス協会賀詞交歓会/南区上鶴間本町

【夜】
ライオンズクラブ合同新年例会/上鶴間本町
相模原青年会議所新年総会/中央
会合(議会)/同


2011年01月11日(火) どちらにしろ議会なのだ

県幹部との新年初顔合せ。県庁12階のスペースで、会費1000円で簡単な宴会。昼間の開催ゆえ9割方はノンアルコール。

さて知事を見ていて思ったこと。主権者から直接の選挙で選ばれることは、政策実行の視点で重要なである。

地方議会への議院内閣制導入を主張しているが、一方で議長を決めるように持ち回りで首長が選ばれたら、それこそ目も当てられない結果となってしまう。

どちらにしろ議会の能力向上が課題なのだ。役所に文句を言う資格があるのか。主権者から信頼を得ているか。謙虚に見つめなおすべき。

●今日一日

【午前】
党県議団会議/県庁

【午後】
県幹部との初顔合わせ/県庁
党県議団政務調査会/同

【夜】
党支部役員会/中央
党支部常任幹事会/同


2011年01月10日(月) 都会を目指すことはない

地元歌手主催のイベントに参加。壇上でご挨拶の機会を頂く。こういう場はなかなか難しい・・・。「これからも音楽・文化の発展云々・・・」とフツウに話した。

さて定員約400名の会場は一杯。大したものだ。友人知人を頼ってチケットを売ったのだろう。地縁血縁?義理人情。そういうものが会場に溢れていた。しかしこれもまた良し。

明大雄弁部の後輩が栃木県真岡市で市議をやっている。キャッチは猝椹悗察一流の田舎まち瓩澄そう政令市になったからと言って、無理して都会を目指すことはない。今ある良さを伸ばせばいいのだ。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
地元歌手主催イベント/富士見
会合(党)/中央
事務作業/事務所


2011年01月09日(日) 各企業の自主防災組織

消防出初式に参加。集まったのはプロの消防本部と消防団だけではない。市内各企業の自主防災組織も参加している。

会場をウロウロしていると、某大手自動車会社の消防車がある。車内には旧知の方が。何人かで市長の観閲に向かうとのこと。

災害対策は行政の仕事。一方市内の各企業等の組織が、自主的な活動することは、念には念をという意味で大切なこと。

カネを出すだけが支援ではない。ボランティアで努力している方々への感謝を、地域でしっかり持てるような意識の醸成が必要だ。

●今日一日

【午前】
消防出初式/弥栄
横山地区どんど焼き/横山台

【午後】
ダンス協会賀詞交歓会/富士見
上溝地区日金沢どんど焼き/上溝
街頭活動/星が丘OKストア
打合せ/事務所

【夜】
会合(地域)/千代田
会合(地域)/相模原

消防出初め式


2011年01月08日(土) それでも投票所には

各地区の賀詞交歓会に参加。ちなみに全て飛び込みである。それでも毎年行っていると、段々と馴染んでくるもの。遅れて会場に入ると「今年は来ないのかと心配したよ」との声。ありがたいことだ。

今日も民主党に対して厳しいご意見が。ほぼごもっともな内容であり、真摯かつ謙虚に受け止めている。自分に出来ることはそう多くないが、国政に対して意見していく姿勢は、今後も変えずに頑張っていく決意。

さて次期統一地方選挙。投票率が心配である。民主と自民を足しても、支持率は無党派層に及ばない。一方少なくとも都道府県議の選挙は、今や政党の公認候補者ばかり。

しかしそれでも投票所に行って頂きたい。主権者の関心なき政治は良くなることがない。県議・市議・知事・市長という4つの公職を、4月10日には一度に選ぶことが出来るのだ。

自らの勝利とあわせて、投票率の向上も目指していく!

●今日一日

【午前】
大野北地区賀詞交歓会/鹿沼台

【午後】
田名地区賀詞交歓会/田名
星が丘地区新年会/星が丘
光が丘地区賀詞交歓会/光が丘
医師・歯科医師・薬剤師会合同賀詞交歓会/富士見

地域の新年会で獅子舞


2011年01月07日(金) 中小企業への直接支援

建設関連9団体の合同賀詞交歓会に参加。経済状況が厳しい折り、市内企業は大変な状況だ。爛灰鵐リートから人へ瓩陵念はこれからも重要。しかし公共事業のすべてを否定しているわけではない。

道路やダムに偏っていた中身を、変化させることこそ必要なのだ。街のバリアフリー化や高齢者施設の建設など、更に増やしていくべき公共事業も多くある。

また一部大手ゼネコンに事業を発注することにより、それが地元の中小にまわって、更に現場の職人さんの給与になるという循環は、残念ながら過去のものとなった。

これからは地元中小企業への直接投資だ。事業費の上乗せや税制上の優遇、更には融資制度の拡充など。狹喘罎波瓦れない當樟榲な支援策を講じていくべき。

●今日一日

【午前】
建設業関連団体賀詞交歓会/富士見

【午後】
地域まわり/緑区&中央区内
UIゼンセン同盟賀詞交歓会/横浜市中区


2011年01月06日(木) 海員組合の旗開き

海員組合の旗開きに参加。昨年議会の仕事を通じて知合い、初めてご案内を頂いたのだ。ありがたいこと。

その名の通り海員さんの労働組合。普段は船上や港湾で働いている皆さんだ。政策要望もその分野に特化したことが多い。

日本は船に対する規制が、税を含めて多いため、日本籍の船舶が持ちにくいそう。日本企業が運航している船が、実は外国籍のことも多いとのこと。

またフェリーの運航や港湾について、県や市あての要望も、党県議団あてに頂いている。国・県・市分担しながら取り組んでいきたい。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
田名地区的祭/水郷田名
地域まわり/中央区内
連合神奈川新春のつどい/横浜市中区

【夜】
海員組合旗びらき/横浜市神奈川区

田名の的祭


2011年01月05日(水) 政治が誇るべきこと

相模原市主催の賀詞交歓会。爛献礇サの衛星はやぶさ甅狎蝶悗箙餝惘,留愿銑瓩話題に出る。相模原の誇りと言う。

しかしこれらは相模原が創り出したものではない。それぞれの努力がすべてであって、結果所在地が相模原であっただけ。

日本一介護が充実している街。日本一障害者が自立できる街。日本一いじめや不登校が少ない街。政治の誇りとはこうあるべき。

●今日一日

【午前】
相模原市賀詞交歓会/富士見

【午後】
街頭活動/税務署前交差点
地域まわり/中央区内
打合せ(後援会)/緑区橋本

【夜】
支援企業忘年会/緑区橋本
会合(後援会)/上溝


2011年01月04日(火) 他党議員に感謝

同じ党の議員よりも他党の方が仲良しなのは、一般にも多くあることだし、かく云う私もその傾向があると思う。

これは悪いことではない。同じ党で話が出来るのは当たり前。政治で必要となる他党との対話には、普段からの人間関係が重要になるのだから。

思えば次期選挙に向けても、多くの他党議員に世話になっている。自分が民主党内で人気がないこともあるのだろうが、一方で素直に皆様に感謝する日々である。

その期待に応えるためには、まず選挙で結果を出して、そのに党派を越えた発想を持ちつつ、相模原のために活動していくしかない。

●今日一日

【午前】
街宣活動&挨拶まわり/中央区内

【午後】
小山地区新春のつどい/中央区向陽町
街宣活動&地域まわり/中央区内
市議主催新年会/中央区横山
打合せ/同
事務作業/事務所

【夜】
会合(地域)/中央区千代田

小山地区新春のつどい


2011年01月03日(月) 街宣車を使ってまわる

昨年末に完成した街宣車を使って、相模原市の中央区内をまわった。車は軽で小型だが音は悪くない。

午後は橋本アリオの前で演説。やはりハンドマイクよりも気合が入る。県政報告というよりも、もはや選挙モード全開という感じ。

さて三が日も関係なく仕事している皆様と、この正月も何人かお会いする機会があった。「大変ですね。」と声をかける。

すると「仕事があるだけありがたい。」と返ってくる。その通りである。為すべきことがある。それがどれだけ幸せなことか。

この3年数か月の間で、自分の肌身にしみている。明日からもまた、これからもずっと、政治という仕事に全力投球していく。

●今日一日

【午前】
街宣活動&挨拶まわり/中央区内
青葉地区自治会連合会賀詞交歓会/中央区青葉

【午後】
街宣活動&挨拶まわり/中央区内
街頭活動/橋本アリオ前
街宣活動&挨拶まわり/中央区内


2011年01月02日(日) 県政報告ビラに約1時間

県政報告ビラの1月号を作成した。ソフトはパブリッシャーだ。A4の裏表で約1時間というところ。

元々酒を飲んだらキーボードは打てない。また日中はそもそも事務所にいない。結果として朝の時間が多い。

さてこのビラを街頭で配っていると、色々なご意見を頂くことがある。主張自体を変えることはしないが、なるほど確かに・・・、表現方法などで未熟な点はある。

少しずつでも進化しなければ。最近はそう強く感じている。残されたところ2月号と3月号のみだ。

●今日一日

【午前】
県政報告ビラ作成/事務所

【午後】
支援者宅新年会/中央区田名
街頭活動/アイワールド前
地域まわり/中央区内

政治活動用の街宣車が完成


2011年01月01日(土) 鳥屋、青野原、そして又野

新年の挨拶まわりだ。スタートは旧津久井4町。最初は鳥屋、次は青野原、そして又野へと移動。

4月の選挙は区域が違う。だからこそ最初にまわりたかった。津久井の山を見ると、不思議と前回の選挙を思い出す。改めて初心を肝に銘じたい。

午後は南区をまわる。車がすいていたこともあり、予定していた数十軒を無事訪問。

夜は支援者と一杯。元旦からやっている居酒屋さんもある。お客さんは大勢来ていた。これも個性ある商売なのだろう。

さて何だかんだと言いながら、ついに年が明けてしまった。悔いなき日々を送るよう、一層気合を入れていきたい。


●今日一日

【午前】
神社等まわり/中央区内
地域まわり/緑区

【午後】
水泳協会主催の寒中水泳大会/中央区田名
地域まわり/南区

【夜】
支援者と会食/中央区千代田

寒中水泳大会


てらさき雄介 |MAILHomePage