てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2010年12月31日(金) 一年の感謝御礼

消防団の歳末警戒も最終日。詰め所で待機していると、ある市議候補予定者が挨拶にやって来た。いわゆる消防団まわりだ。自分は現役団員なのでやったことはないが、思えばここ十数年で恐らくは2人目のこと。

皆でワイワイやっているところに飛び込めば、必ずしも歓迎されるわけではない。むしろ嫌な顔をされることが多いはず。選挙にプラスかと言えばわからない。しかし政治活動としては大切であると思う。

さて年明けを目前にして二つの感覚がある。ひとつは頭の中。不思議と冷静だ。この3年数か月遊んでいたわけではない。一生懸命やったという点ではいささかの自負がある。ジタバタしてもしょうがない。

一方で夜落選する夢を見る。その後の浪人生活までオマケで付いている・・・。目覚めて「まだ選挙は終わってなかった」と胸をなでおろす。背筋が寒くなるほど怖さを感じている。

初心に立ち返るしかない。なぜ政治を志したのか。なぜ県議になろうとしたのか。なぜ民主党に入ったのか。なぜ日々街頭に立っているのか。理屈よりも思いを肝に銘じたい。

今の時代ほぼ全ての方が、生活や仕事に悩みと課題を抱えている。多くの皆様にとって、望みある一年となるよう祈念する。また政治家としてその為に全力を尽くしていく。

今年もお世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

●今日一日

【午前】
片付け&事務作業/自宅

【午後】
県政報告ビラポスティング活動/中央区内

【夜】
消防団歳末警戒(1-1)/中央区上溝


2010年12月30日(木) 事務所&自宅の片付け

片付けは嫌いでない。整理整頓と言うよりかは、ドンドンと捨てていく方。それでも一年経つと色々なモノが溜まる。

来年は県議4年間のまとめをする年。あわせて選挙もある。そこに向けて事務所と自宅を片付けた。

明日は‘県政レポート12月号’の、配布しきれなかった数十部をポスティング。更に元旦から始まる決戦に備えた準備である。

今年もあと僅か。皆様良いお年をお迎え下さい。

●今日一日

【午前】
一斉片づけ/事務所&自宅

【午後】
支援企業忘年会/南区古淵
事務作業/事務所

【夜】
ポスター貼り/中央区千代田
支援者主催忘年会/中央区相模原
市議主催忘年会/中央区相生
消防団(1-1)歳末警戒/中央区上溝


2010年12月29日(水) 良いオヤジ顔に

年に一度のミニ同窓会。それが今日12月29日だ。ご支援頂いている企業の顧問税理士を、たまたま同級生がやっており、同忘年会に一緒に参加した後、近くの居酒屋でしっぽりやる慣例?。

今日はもう一名の同級生も参加。最初はレモンサワー。そして焼酎の炭酸水レモン割りを十数杯。皆飲み過ぎである!しかし楽しい酒は時間が早く過ぎる。あっという間に午前1時をまわる。

明日もあるのでここまで。しかし向い側に座る同級生の顔は、すっかりオヤジである。いや当然自分も同じだろう。年をとるのは止められない。だからこそ喜んで重ねていきたいもの。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
行政相談対応(福祉)/中央区内
地域まわり/中央区内
市議主催忘年会/緑区中沢

【夜】
お通夜参列/南区古淵
支援企業忘年会/南区古淵
支援企業忘年会/中央区千代田
支援企業忘年会/中央区相模原
友人と忘年会/同


2010年12月28日(火) 新しい活動家をもっと

市民活動団体の忘年会に参加。日本全体と同じく、市内も景気が悪い。ゆえに余裕がなく、新規の活動家が出にくい現状とのこと。このご意見は色々なところで伺う。

この団体は発足準備会から参加している。結成してからもう十年以上が経つ。その分皆んな年をとった。今後のまちづくりを進めていく上で、もっと色々な人たちに出入りして欲しい。

狒衞聾境瓩紡个垢覺蕎陲蓮好き嫌いを超越している。まさに自分自身である。皆んなで良いまちにして行こう!

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内

【夜】
市民活動団体忘年会/中央区千代田
支援企業忘年会/中央区中央
団体有志忘年会/同


2010年12月27日(月) 逆風よりも励ましの声

あらかじめ予定していた訳ではないが、時間がつくれたのでJR相模原駅に立った。今年の街頭納めである。

民主党に対する逆風はすごい。しかしそれ以上に「頑張って」と声をかけて頂く。だからこそ国政の現状が情けない。泣けてくる・・。

菅さんが総理になったときも書いた。「菅さんらしくやって欲しい。」それでダメならしょうがないじゃないか。

今一度マニフェストに回帰すべき。至らない同士で足を引っ張り合うのではなく、相手の良いところを見つけ合える政治をやっていきたい。

●今日一日

【午前】
団体訪問/南区麻溝台
地域まわり/中央区内

【午後】
地域まわり/中央区内
街頭活動/JR相模原駅


2010年12月26日(日) 税金の無駄使い発見

消防団の歳滅警戒がスタート。初日はセレモニーがある。地元公民館に数十名の団員が整列し、消防団長と来賓から激励のお言葉を頂く。以前は市長が巡視したが、現在はこのような形態だ。

消防団は団員不足等により、段々と廃れていくのかもしれない。しかし地域のためにボランティアで参加している、多くの仲間たちの‘思い’は、何らかのカタチでまちづくりに活かしていきたい。

さて各詰所に一台ずつ、体脂肪計が配られた。素直にありがたいと思う。しかし裏に貼ってあるシールを見てびっくり。第三セクターが犹業瓩箸靴胴愼したものだった・・・。

狆男秒聴の福利厚生瓩箸いμ礁椶覆里世蹐Δ、この財源が税金であろうことを考えると、身近なところに無駄使いを発見した思いだ。「これって必要なの?」多くの団員が思うはず。

活動面でも福利厚生の面でも、消防団が抱えている課題は別にある。下からの声が上に届いていない!またこの体脂肪計。もし市が配布すれば「無駄!」とすぐ指摘を受ける。国レベルだから出来るのワザだ。

大きな間違いほど見つけにくい。また止めにくい。税金の無駄使いも一緒である。くどいようだがこの体脂肪計、果たして何人の団員が使うのだろうか。数か月を待たずしてホコリをかぶるはず。政治の責任を感じる。

●今日一日

【日中】
お休み

【夜】
消防団歳末警戒(団長激励)/中央区上溝

体脂肪計の裏側・・・


2010年12月25日(土) その前の小休止

冬の夜は寒い。暖房の付けっぱなしは基本的にしないが、さすがに寒くてやってみる。するとのどが渇く。かつヒリヒリと痛くなる。

風邪には色々な種類があると言う。私の場合は喉からくることが多い。腫れているときは感覚でわかる。

元来健康である自分が病気になることは、一重に体調管理の甘さから来ることが多い。「まずそうだ」と思ったら、一時の休養をとることも大事。

年末年始から来年選挙までは、休みなく活動を行うつもり。その前の小休止をとらせて頂いた。明日からまた頑張ろう!

●今日一日

終日お休み


2010年12月24日(金) 牾は径↓瓩鯲し過ぎ

市川海老蔵の報道が多い。有名人とはいえ酔っ払いのケンカ。ワイドショーならまだしも、ニュース番組で大きく取り扱うのは、行き過ぎでありあきれてしまう。

またその内容。記者会見をただ流しているだけで、報道機関として独自の調査をやっている気配はない。爐覆璽吋鵐になったのか瓩箸い真実を追い求める努力がない。まあどちらでもいいことだが・・・。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内

【午後】
お休み


2010年12月23日(木) 発言しない議員って一体

月例ミニ県政報告会を開催。テーマは議員定数について。少数精鋭の議会をつくることによって、行政に対する力を増し、かつ主権者からの信頼も得て行く。そのために大幅削減が必要だ。

一方「数や給料よりも不真面目なのが問題」「給料分働いてくれればそれでいい」など、定数よりも議員個々人の中身こそが問題というご指摘も。確かに委員会には遅れてくる。発言もしない。そんな議員が多すぎる。

その後は流れて有志の忘年会。このような不甲斐ない政治状況のなかで、それでも関心を持って頂いている皆様に感謝。その期待に応えられるよう、自分自身の精進を怠るまい。

●今日一日

【午前】
地域まわり/南区内

【午後】
ポスター貼り/中央区星が丘
行政相談(環境)/中央区田名
事務作業/事務所
街頭活動/アイワールド前
書類作成/事務所

【夜】
月例ミニ県政報告会(議員定数)/市民会館
同有志忘年会/中央区中央


2010年12月22日(水) 横浜市内の団体まわり

次期県議選に向けた推薦依頼で、横浜市内の団体を数件まわった。これまで継続的に付き合ってきた団体でも、改めて「ご支援下さい」と言うのは緊張する。

「ダメです」と過去言われた嫌な経験を思い出し、「今度こそは」と気合いを入れて場に臨む。結果は1カ月位を目途に出るらしい。粘り強く働きかけをしていきたい。

●今日一日

【午前】
団体訪問/横浜市内

【午後】
団体訪問/横浜&川崎市内


2010年12月21日(火) ‘何を言ったか’こそ

9月から続いた定例議会が最終日を迎えた。議案に対する討論は近藤大輔議員が担当。迫力ある演説だった。議員たるもの会議場の発言が第一である。そのことを改めて思い知らされた

さて県議会の役割は多い。その一つは“国に対する意見”である。今日は犹劼匹蘯蠹の地方負担瓩鉢爍圍丕个悗了臆鱈瓩砲弔い董国に対する意見書案を本会議に提出。私も提案者として署名した。

地方自治体としての立場を考え、国の将来を真剣に考えた提案だが、結果賛成少数で否決された。めげることはないつもりだが、それでも起立採決の瞬間はがっかりする。

二大政党制は緊張感が大切。互いに競いあってこそ良い結果が生まれる。ゆえに民主と自民が争そうのは本望。議論と対立が生まれるのは、決して悪いことではない。

一方で対話すら出来ない現状は、民主主義の危機であると言える。‘どの政党が言ったか’ではなく、‘何を言ったか’で勝負する議会にしたい。至らない者同士で足を引っ張り合うのは間違いだ。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
書類整理/県庁

【午後】
党県議団会議/県庁
本会議(補正予算他提案)/同
党県議団政務調査会/同
党県議団会議/同
本会議(討論及び採決)/同


2010年12月20日(月) 最初で最後のカラオケ賞

地域団体の忘年会。議会終了後に急ぎ地元に戻ったので、開会より約1時間半遅れての参加となった。

到着すると既にカラオケで大盛り上がり。順番に全員が歌うそうだ。また採点のうえ表彰もあるとのこと。

この会の忘年会は初めての参加である。皆さんに馴染むためにも、気合いを入れて唄わねば!

ということでノリのいい狆ー蠅砲靴笋れ瓠並田研二)を選曲。たまたま最後のトリになった。

大きな声で「壁際に寝返りううってえ」と元気よく斉唱。もちろん「ああああああ」は大きく手を振る。

採点システムが稼動。なんと92点。トップである・・・。自慢ではないが元来オンチの私は、過去カラオケで評価されたことがない。

今日の歌で覚えがあるとすれば、かなりの大声で唄ったことか。しかし初参加で優勝。感じが悪いかな。まあ良し。

カラオケで賞をもらうのは、恐らくこれが最初で最後だろう。しかし何故高得点だったのか。ナゾである。

●今日一日

【午前】
党県議団政務調査会/県庁
県民企業常任委員会調査会/同

【午後】
党県議団会議/県庁
団体訪問/横浜市中区
党県議団政務調査会/県庁
党県議団会議/同

【夜】
地域団体忘年会/中央区南橋本
飲食店パーティー/中央区相模原


2010年12月19日(日) 西東京市議会選挙

東京都西東京市で選挙が始まった。後輩が3期目の挑戦をしているので、友人と一緒に応援に駆け付けた。たまたまだが民主党所属の議員である。

千葉県松戸市・茨城県と民主党は負けている。・・・と言われている。しかし詳細に分析すると、自民党も議席は減っているし、民主党候補の`負け方’は単に党だけの問題ではない。

今の政治状況をどう考えるべきか。二大政党の支持率を足しても無党派層にかなわないことは、政党政治の危機であると同時に、まさに政治家個人が問われているのだ。

さて今日の友人は4年間、真面目に仕事をしていた。それは西東京の市民に少なからず伝わっているはず。だからこそ必ずや結果が出ると信じている。

●今日一日

【午前】
西東京市議選応援/東京都西東京市

【午後】
新規ポスター貼り/中央区上溝
打合せ(党)/中央区中央
入院お見舞い/南区東林間

【夜】
飲食店忘年会/中央区千代田
支援者主催忘年会/中央区横山

西東京市議選の街宣車内で手を振る候補者


2010年12月18日(土) `酒’を酌み交わす限界

忘年会も佳境である。元来ハシゴが苦手な私だが、下記の通り今日は4件お伺いした。誘って頂けるだけありがたいこと。

皆様の言葉と態度について、「嘘をつき続けた政治家は、もう何も言わなくていいよ。」そう感じるのは自虐的なのだろうか。

飲みながら色々話しても、一方通行であることを感じる。その傾向は最近段々と顕著になってくる。

酒を酌み交わしながら話すことが、究極の意見交換であるという時代も、もはや終わったのかもしれない。

本業の議会でどのような仕事をしているかを、しっかり伝える制度をつくっていかねば。そのために税金から報酬をもらっているのだから。

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所

【午後】
地域まわり/中央区内
中央商店街イベント/中央区中央
街頭活動/矢部スーパーオオゼキ
事務作業/事務所

【夜】
地元出身レーサー後援会発足式/中央区中央
支援企業忘年会/同
相模原ライオンズクラブクリスマス例会/町田市
支援企業忘年会/八王子市

地元出身レーサーを応援する会


2010年12月17日(金) 酒は相模原の方がいい

横浜市内の団体をまわった。日頃は県庁周辺しか行き来しないので、新たな景色が珍しく感じられる。

酒好きな私ゆえ「横浜でよく飲むの?」と地元で聞かれることもある。しかしそうでもない。

皆んなで行くのは決まった居酒屋。大きな宴会のときは、決まった中華料理屋が多い。

電車で帰る煩わしさを差し置いても、やっぱり相模原で飲むのがいい。何だかんだ言って、地元の方が安心する。

●今日一日

【午前】
団体まわり/横浜市内

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
打合せ/事務所
会合(地域)/中央区千代田
会合(後援会)/中央区中央


2010年12月16日(木) 再び県民企業委で質疑

県民企業常任委員会。先週に引き続いて質疑を行った。

★女性保護施設について
・施設の位置付けと性格はどのようなものか
・女性相談所との連携はどのように行われているか
・入所者の推移はどのようになっているか
・経年で入所者の特徴に変化はあるか
・入所者の精神的ケアについてはどのように行っているか
・入所に至った原因解決にどのように取り組んでいくか
・退所後のフォローをどのように考えているか
・近隣地域との連携をどのように行っているか
・職員体制の推移はどのようになっているか
・職員数の現状についてどう考えているか
・職員の充実が必要と考えるがどうか
・今後の女性保護施設の展望について伺う

★神奈川芸術劇場について
・県民ホールとの一体の管理とはどのようなものか
・県民ホールとの具体的連携とはどのようなものか
・県民ホールとの役割分担はどうなっているか
・NHKとの連携についてどう取り組んできたか
・NHKとの連携について今後の展望は
・自主事業と貸館機能のバランスについてどう考えるか
・自主事業の内容選定はどのように行うつもりなのか
・自主事業の集客の見込みは
・自主事業の広報を全県にどう展開していくのか
・自主事業の評価をどのように行っていくのか

★県営水道の鉛管の更新について
・更新の根拠はどのようなものか
・計画の概要はどのようになっているか
・更新の状況どうなっているか(計画の進捗率)
・横浜等他事業体の更新状況についてどうなっているか
・同じ地域(営業所)内における順番をどう付けているか
・利用者への周知はどのように行っているのか
・地域への周知はどのように行っているのか

●今日一日

【午前】
党県議団部会長会議/県庁
県民企業常任委員会/同

【午後】
党県議団県民企業部会/県庁
党県議団会議/同
県民企業常任委員会/同

【夜】
会合(地域)/中央区南橋本


2010年12月15日(水) 望年会の御礼

後援会の皆様による望年会。4年間とは早いものだ。いよいよ来年は選挙。しかし一人で出来ることは限られている。

支援者はまさに身内。信頼している。また当然のことだが、自分自身が先頭を走っていく決意。

●今日一日
【午前】
団体訪問/中央区田名

【午後】
街頭活動/市役所前交差点
団体訪問/緑区大山町
後援会忘年会準備/中央区中央

【夜】
後援会忘年会/中央区中央


2010年12月14日(火) 水源環境施策の見直し

安全環境の特別委員会。森林再生について議論が進んだ。水源環境保全税に関連する施策が来年見直される。

相模原市内には津久井湖・相模湖・宮ヶ瀬湖(清川)がある。地元選出議員として重大な関心を持って臨んでいく。

一方湖に流れてくる川の水は、隣の山梨県から多く流れている。神奈川県単独の取組みでは限界もある。

自治体同士の縦割りは、市町村よりも都道府県の方がひどい。道州制という極論に至らなくても、現状で出来ることは多くあるはず。

●今日一日

【午前】
団体訪問/横浜市中区
安全・環境対策推進特別委員会/県庁

【午後】
安全・環境対策推進特別委員会/県庁
障害サービス課と意見交換/同
事務作業/同

【夜】
会合(議会)/横浜市中区

今日の特別委員会では丹沢大山の再生計画が議題になりました


2010年12月13日(月) KYであるのかな

民主党に対する批判ならまだいい。現状は政治そのものに対する不信が頂点に達している。

相模原で政治活動を始めて14年。今が最も厳しいと認識している。原因は第一にに景気経済、第二に政権交代への失望。

そのふたつに私は責任のある立場だ。今後どうやって主権者に訴えを続けていくか、ここ数日にわたって深刻に考えている。

残念ながら‘特効薬’は思い浮かばない。しかし発する言葉の第一が「次の選挙よろしく」なら、今流の表現で言うとかなりのKYである。

日々の活動を全力で続けながらも、今何を成すべきか、引き続き真剣に考えていく。

●今日一日

【午前】
支援者ご親族告別式/中央区清新

【午後】
地域まわり/中央区内
事務作業/事務所

【夜】
相模原青年会議所委員会/中央区中央

青年会議所の委員会


2010年12月12日(日) 何故か日中はすいている

地元のスーパー前で街頭活動。最近は朝駅に立つ人が多い。場所の確保は基本的に早いもの勝ちなので、時既に遅く残念ながら撤退することも・・・。

しかし朝夕の駅頭については、今更ジタバタとしてもしょうがない。3年数ヶ月にわたり不定期ながら立ってきた。そのささやかな自負を持って堂々といよう。

一方何故か日中の街頭はやる人が少ない。駅を使い通勤される層と日中市内にいる層は違うのだから、その意味では双方とも行わないと、多くの主権者にメッセージは発信できない。

今月については以後以下の通り予定している。

・12月15日(水)12時〜 相模原市役所前
・12月18日(土)15時〜 矢部北口オオゼキ前
・12月23日(木)15時〜 アイワールド前

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所

【午後】
団体のつどい/町田市
街頭活動/富士見ヨークマート

【夜】
市議後援会忘年会/緑区橋本


2010年12月11日(土) 定数削減と年金廃止

親しくしている経営者の方から「議員定数の削減を訴えるべき」と指摘された。過去もずっと主張をしてきたつもりだが、余り伝わっていなかったと反省・・・。

確かに‘定数削減’に理屈を要らないのかもしれない。「皆んな大変なんだから、公務員が率先して減らそう。それを主張するならば、まず議員が隗より始めるだ!」これでいいのだろう。

但し念のため付け加えるならば、‘良い議会’をつくるのが本来の目的。少数精鋭の議会だ。4年間に1度も発言しないような議員が、残らないようにしなくてはならない。

また議員年金の廃止も訴えていく。幸い現政府はその方向で検討を進めている。ここで一気に廃止に持ち込む!未だ数少ない有志議員と一緒に、各方面に要請活動を行っていく。

●今日一日

【午前】
打合せ/事務所

【午後】
打合せ(党)/中央区中央
相模原地域大学公開講座/同
神奈川民社協会理事会/横浜市中区

【夜】
神奈川民社協会拡大理事会/横浜市中区
異業種交流会例会/中央区中央
会合(議会)/町田市


2010年12月10日(金) ‘空転’もまた良しの場合

朝鮮学校に対する経常費補助の件で、県民企業常任委員会が‘空転’した。
‘空転’とは会議が開けない状況を言う。長い休憩とも言える。今日は約3時間にわたった。

国会のように政策以外のテーマで‘空転’することは、まさに税金の無駄使いである。一方政策的な論点によって審議が中断することは、柔軟な運営を旨とすべき議会としてあっていい。

むしろ答弁に不服があるまま、会議を続行することの方がよくない。また行政側にとっても妙な答弁を強いられるよりも、一度持ち帰って行政幹部で再検討した方がいい。

人事議会などで長引くのは、退屈かつ情けない思いがするが、今日のような内容ならば‘空転’も悪くない。

●今日一日

【午前】
団体訪問/横浜市中区
県民企業常任委員会/県庁

【午後】
党県議団県民企業部会/県庁
県民企業常任委員会/同

【夜】
支援企業忘年会/中央区陽光台
支援者訪問/中央区千代田


2010年12月09日(木) 明日の質問案を作成

明日は県民企業常任委員会。夜事務所で数時間にわたり、資料と格闘し質問案をつくった。

結果以下のような流れとなった。一問一答形式なので、全くこの通りにはならないが、真剣に行政幹部と向き合っていくつもり。

1、茅ヶ崎市及び清川村の青少年施設について
・市町村との協議は整っていないのでは
・茅ヶ崎市との協議状況は
・清川村との協議状況は
・ご意見をどう受け止めていくのか

2、指定管理制度の見直しについて
・県民局としてどう関わり意見していくのか
・様々な施設の相違はをどう考えるか
・配点などに利用者の声をどう反映していくのか

3、国際言語文化アカデミアについて
・講座内容の策定手法は
・講座内容の選定にあたって教委との連携は
・講座内容の選定にあたって教委との協議は
・受講者の確保をどのような手法でするのか
・職員体制の検討における考え方は
・職員配置は外語短期大と類似か
・職員数について退職時の補充をどう考えるか
・講座の内容等によって職員数を変えていくのか
・事後評価の手法についての考え方は
・教職員に対する事後評価をどのように行うか
・外国籍県民に対する事後評価をどう行のか
・幅広い県民に利用されるような努力は

4、女性保護施設について
・施設の位置付けと性格はどのようなものか
・女性相談所との日々の業務連携は
・入所者の推移はどのようになっているか
・経年で入所者の特徴に変化はあるか
・入所者の精神的ケアをどのように行っているか
・入所に至った原因解決をどのように行うのか
・退所後のフォローをどのように考えているか
・近隣地域との連携をどのように行っているか
・職員体制の推移はどのようになっているか
・職員数の現状についてどう考えているか
・職員の充実が必要と考えるがどうか
・今後の女性保護施設の展望について伺う

5、芸術劇場について
・県民ホールとの一体の管理とはどのようなものか
・県民ホールとの具体的連携とはどのようなものか
・県民ホールとの役割分担はどうなっているか
・NHKとの連携についてどう取り組んできたか
・NHKとの連携について今後の展望は
・自主事業と貸館機能のバランスは
・自主事業の内容どう選定していくのか
・自主事業の集客の見込みは
・自主事業の広報を全県にどう展開していくのか
・自主事業の評価をどのように行っていくのか

6、人権施策について
・県の展開している人権施策の概要は
・人権問題の現在の特徴について
・障害者に関する問題の現状認識は
・障害者に関する問題への取組みは
・ホームレスに関する問題の現状認識は
・ホームレスに関する問題への取組みは
・ホームレスに関する問題の県施策の位置付けは
・人権施策全般の展望は

7、県営水道における鉛管の更新について
・更新の根拠は国の方針はどのようなものか
・更新の根拠は技術面でどのようなものか
・計画の概要はどのようになっているか
・計画の進捗率はどうなっているか
・横浜等他事業体の更新状況は
・同じ地域(営業所)内の順番付けはの手法は
・費用について利用者との分担のルールは
・利用者への周知はどのように行っているのか
・地域への周知はどのように行っているのか
・今後の取組みをどう考えているのか

●今日一日

【午前】
事務作業/事務所
地域まわり/全市域内

【午後】
地域まわり/全市域内
打合せ/中央区中央
資料作成/事務所
街頭活動/淵野辺駅南口

【夜】
質問作成(県民企業委)/事務所


2010年12月08日(水) 一般質問は終わったが

4度目となる一般質問を終えた。ご協力頂いた皆様に御礼申し上げる。質問の最後は「再び松沢知事と本会議で議論できることを期待している」と結んだ。知事に再出馬を促したというよりは、来期に臨む自分自身に向けた決意の方が大きい。

本会議終了後は一路地元相模原へ。年に1度の相模原地域連合の総会。お世話になった何名かの役員さんが退任されるので、挨拶のなかでこれまでの感謝と次期県議選に向けての決意を申し上げた。選挙は普通あえて「厳しい」と言うが、現状は誰が見ても本当に厳しい・・。

さてあさっては県民企業常任委員会で発言を予定している。明日は早速その準備。約1時間半にわたって担当行政幹部と議論を行う。県議会にて精一杯仕事をすることが、これもまた次期選挙に繋がると信じたい。

●今日一日

【午前】
質問作成/県庁
党県議団部会長会議/同
新聞各社写真撮影/同

【午後】
党県議団会議/県庁
本会議(一般質問)/同

【夜】
相模原地域連合総会/中央区富士見


2010年12月07日(火) ‘二元代表制’があきれる

明日本会議で登壇する。一括で質問し、知事から答弁を受ける。それに納得いかない点があったり、さらに議論を深めたい場合は、再び質問を行う。これが再質問だ。神奈川県議会では3回まで認められている。

さて今日一日。県庁内で「再質問はしますか?」「またその内容は?」複数の県職員から何回も聞かれた。

するもしないもわからない。だってまだ質問もをしていないし、その答えも聞いてはいない!明らかに事前調整が行き過ぎている。

過去にあった某議員の一般質問。傍聴に来られていた皆様が、冊子をめくりながら、その議員の発言をずっと聞いていた。

恐らくはその議員が前もって、‘読み原稿’を支援者に渡していたのだろう。一方で前列に座っている行政幹部も、ペラペラと同じくめくっている・・。

質問する側もされる側も紙を読んでいる。しかも互いにその内容を事前に知っている。二元代表制が聞いてあきれる。知事に親しみを感じ支持し、‘野党的’であることをためらう私でもそう感じる。

アマチュアならば笑い話で済む。しかし私たちはプロ。それで給料をもらっているのだ。

議会改革の最大のポイントはここである。わかりながらしらばってくれている人。いやわかっていない人の方が多いのかもしれない。

明日の質問は午後1時から。素直な気持ちでかつ真剣に、思うことを訴えていきたい。

●今日一日

【午前】
団体訪問/横浜市磯子区
質問作成/県庁

【午後】
党県議団会議/県庁
本会議(一般質問)/同
県庁改革課と意見交換/同


2010年12月06日(月) 小規模店舗に現れる結果

大和市内でホルモンを食べた。油っぽくて最近は苦手としていたが、美味しいお店だと良しかな。色々な種類を楽しんだ。

このお店はメディアに取り上げられた結果、一層お客さんが入るようになったらしい。今後の商売繁盛を祈念したい。

一方地元相模原市を見る限り、飲食店の状況は燦々たるもの。夫婦でやっているような小さな店でも、経営が行き詰まりバタバタと店を閉めていく。

大きな総合デパートやホームセンターを見てもしょうがない。政治の良し悪しは、地域にある小規模店舗に現れてくる。

経済対策は急務。いまだ官僚主導の域を出てはいない。超党派で合意形成し、大胆な対策を打つべきだ。減税はそのひとつとなり得る。

●今日一日

【午前】
地域まわり/中央区内
打合せ(党)/緑区東橋本

【午後】
友人と昼食/中央区中央
打合せ/事務所

【夜】
党支部役員会/中央区中央
党支部常任幹事会/同
会合(議会)/大和市


2010年12月05日(日) 久し振りの午前様(酒なし)

質問作成の最終段階。午後7時過ぎから作業をはじめ、先ほど何とか終了した。現在は午前3時40分。最近は酒を飲むと長持ちしないし、元々シラフで午前様はない。こんな時間に起きているのは、思いだせないくらい久し振りのこと。

何にこんな時間がかかっていたか。それは言いたいことをカットする作業だ。一般質問の持ち時間は30分間。そのなかで8つの主張と質疑を行うつもり。最初ワープロで打って読んでみたら、何と最初の2問で20分を越えている・・・。これではとても収まらない。

というわけで四苦八苦。余計な修飾語などを大胆にカットし、ギリギリ何とか収まった。さてこういうものは1日経つと、また違った視点で見えるようになる。明日とあさって改めて見直して、当日の昼までには完璧にしたい。まあ当たり前か。

●今日一日

【午前】
日帰り旅行見送り/中央
下九沢地域振興会/下九沢
横山地区防災訓練/横山
団体訪問/清新

【午後】
県政報告ビラ作成/事務所
市議候補予定者(緑区)激励会/中央
街頭活動/横山ツタヤ交差点
質問作成/事務所

【夜】
質問作成/事務所

質問、9割方完成です


2010年12月04日(土) 今こそマニフェスト回帰を

二大政党を推進した日本。しかし現在、民主・自民双方の支持率を足しても、無党派層を上回らない現状である。このことを政治家と主権者は深刻に考えねばならない。

来年迎える自分の選挙に限定すれば、民主党の支持率が下がっても構わない。下がるほど個人の評価になるのだから。それで問われるのは政治家として本望である。

しかしこのままではいけない。民主主義は政党政治以上の形態を見出してはいない。政党不信が多くなることは、政治全体の危機なのだ。今こそ「何故こうなってしまったのか」を考えるべき。

何よりマニフェストを軽視したことが、民主党政権最大の間違いである。昨年8月の総選挙を忘れてはいない。子ども手当・普天間移設・高齢者医療制度の廃止。これは主権者との約束である。

マニフェストを守った結果の失敗ならば、それは選択した主権者の責任である。政治の基本的な指針は公約であることを、今改めて政治に携わる人たちは考えるべきだ。

●今日一日

【午前】
幼稚園発表会/中央区下九沢
富士工業労組もちつき/淵野辺

【午後】 
支援者訪問/中央区上溝
事務作業/事務所
打合せ(党)/中央区相模原
街頭活動/星が丘OKストア前

【夜】
支援企業忘年会/緑区西橋本

つきたての餅は美味しかったです


2010年12月03日(金) マイナス採点は改めるべき

本会議の登壇を来週に控えて、最近は役所の職員と多く話している。私も人間だから好き苦手はある。これは相手方も一緒だろう。

自分の意見や問いに対して、例え否定でも、素早くはっきり返す人は好き。一方慇懃無礼と言うのだろうか、気を使う振りをして、結局何を言っているかわからない人はイマイチ。

そもそも質疑は議員がする。答弁側はただ正直であればいい。気を使ってもらう必要はない。結果として質問が‘上手く’いかなければ、それは議員の責任である。

職員が上司からそのことで責められる現状があるのなら、組織として改めねばならない。

●今日一日

【午前】
党県議団部会長会議/県庁

【午後】
党県議団会議/県庁
本会議(代表質問)/同
県庁改革課と意見交換/同
党県議団不妊治療応援チーム打合せ/同

【夜】
自衛隊関係5団体忘年会/中央区中央


2010年12月02日(木) 本会議で外したら終わり

我が民主党の代表質問は滝田孝徳議員。素晴らしい質疑だった。これは他党の議員も共有しただろう。思想信条の違い云々よりも、議員の発言はどうあるべきか、そのことの方が重要である。

しかし本会議の発言は怖い。議員100名近くと、それ以上の県職員がじっと聞いている。‘外せば’それで終わりである。来週水曜日に一般質問で登壇するが、何度やってもこれ程の緊張することはない。

質問にあたっての調査は終了した。訴えるべき主張も明確になった。あとは言葉の表現である。原稿作成という最終段階に入る。恐らくは任期最後の本会議登壇。悔いなきよう全力を尽くす。

●今日一日

【午前】
議会局政策調査課と意見交換/県庁

【午後】
党県議団会議/県庁
本会議(代表質問)/同
県民局及び企業庁から議案等の説明/同


2010年12月01日(水) 朝鮮学校に対する補助金

本会議で代表質問。朝鮮学校に対する県の経常経費補助に関し、知事曰く「自ら現場を見て判断する。外交と教育は別。」この考え方を支持する。中華学校やアメリカンスクールと同じ扱いを貫くべきだ。

朝鮮学校に通っているのは北朝鮮籍の子どもだけでない。何より政治のトラブルを教育現場に持ち込み、かつそのツケを子どもたちにまわすのは、良識ある大人として厳に慎むべきである。

一方で今の北朝鮮政府に対しては、一層厳しい発言を行っていくべき。この体制を転換させるというメッセージすら、国際社会と連携しつつ発信していいと思う。

●今日一日

【午前】
朝の街頭活動/淵野辺駅南口
県庁改革課と意見交換/県庁
地域保健福祉課と意見交換/同
障害福祉課と意見交換/同
交通企画課と意見交換/同

【午後】
党県議団会議/県庁
本会議(代表質問)/同

【夜】
会合(地域)/八王子市


てらさき雄介 |MAILHomePage