てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2008年06月30日(月) 再質問決行!

一般質問で再質問を決行した!何だそんなことかと思われるかもしれないが、神奈川県議会は基本的に皆さん再質問をしない。

「言いたいことがあるなら1問目で言え。」が理由らしい。逆に相模原市議会では、「言いたいことは2問目で言え。」と教えられた。そのいずれを選択するかは、議員の自由意志によるべきだ。

今日の一般質問では、「いい答えが出ればそれでおしまい。不満があれば再質問」と淡々としていたが、結果後者の方になってしまった。しかし再質問の結果、知事の考えがより深く解った。

知事に再答弁させることを懸念する猴薪洵甬聴もいる。しかし明らかに杞憂だ。私の見る限り、知事は再質問時の方が楽しそう・・・。松沢さんのキャラが如何なく発揮されている。

その意味でも、役所の書いた文章を読み合うような議会では、やはりダメ!ということだ。二元代表制に相応しい、緊張感ある議会にしていかねば。

明日は厚生委員会での質疑。引き続き頑張っていく。

【今日一日】
 9:00 一般質問整理/県庁
12:00 党県議団会議/同
13:00 本会議/同
19:45 同僚議員と懇談会/横浜市中区


2008年06月29日(日) ボーリング大会

後援会のボーリング大会だ。相模原駅前のボーリング場で、1フロア貸し切りで約100名。日曜日の日中、また雨のなか、ご参加頂いた皆様に感謝している。

「ここも禁煙条例の検討対象か」などと思いながら、皆様との会話も楽しんだ。また厚生委員会に所属したゆえの期待も頂いた。社会保障に課題が集中していることを、改めて実感した。

終了後は皆で一杯、といきたいところだったが・・・、明日は大切な一般質問当日だ。既に犇吻瓩皚犹讚瓩盻侏莨紊っているが、後は瞑想的にイメージを膨らませるのみ。

市議時代から何度やっても、本会議での発言は緊張する。いつかも書いたが、尾崎行雄が言ったように‘正成が陣に臨んだ決意を持って'、明日登壇したい!

予定は午後1時から。県議会のホームぺージで中継する。お時間頂けたら、是非ご覧ください。

【今日一日】
12:00 後援会主催爛棔璽螢鵐安膕餃瓠秦衞聾
15:00 支援者と会食/富士見
17:00 一般質問整理/事務所
ボーリング大会
本村賢太郎衆院候補予定者(右)も来賓で参加


2008年06月28日(土) 外国映画ベスト10

先日の日本映画版に続いて、今日は外国映画ベスト10を発表したい。10という数字に意味はない。お勧め作品を厳選した結果そうなった。

・ゴッドファーザー(1〜2まで)
/日本映画ベスト1に「駅STATION」を挙げたが、それを上回る。つまり現在世界最高の映画。しかしパート3は必要だったのか。そこに疑問は残る。パート1と2をあわせてご覧ください。

・スパイゲーム
/アクションでは1番だ。余り期待しないで映画館で見たその衝撃は忘れられない。DVDで何回も見たが飽きてはいない。

・俺たちに明日はない
/そう、既に気が付かれた方もいるだろうが、元来狎亀舛量J瓩主人公の物語は好きではない。その原点を植え付けられたのがこの作品。

・マトリックス(1〜3まで通しで)
/これは世界的に大ヒットしたので皆さんも異論はないだろう。SFXという意味で以後それ以上の作品は出ていない。3作を完全に一つの作品にしているのも珍しい。全部通しでご覧ください。

・アマデウス
/今更言ってもしょうがないが映画館で見るべきだ。今音響設備もよくなっているので再上映を期待する。ミュージカルなど音楽基調の映画は余り好きではないがこの作品は例外。

・ライムライト
/チャップリンの最高傑作であるだけでなく、モノクロとしても最高の作品。

・シュリ
/韓国映画の世界出世作。以後韓国映画を大分見たが、これ以上の作品は出ていない。顔が同じだからだろうか。悲哀という意味で映画の中に入っていける。 

・ヒート
/悪役のデニーロは凄い。アルパチーノも警官らしくなくていい。銀行強盗シーンとしても映画史に残るもの。

・シンドラーのリスト
/上映時間が少し長いのが残念。その時代の重みとナチスの怖さをモノクロで表現しているのも見事。スピルバーグが名監督である証明となった映画。

・ベンハー
/ローマを扱った映画は最近もある。しかし闘技場もコロセウムもSFXが目に付く。しかしこの映画がハリウッドに残したものは大きいだろう。日本でもいつの日か世界が認める大作をつくってみたい。

【今日一日】
13:00 支援者訪問/上溝
14:00 相模原地域大学公開講座
16:00 ボーリング大会準備/事務所


2008年06月27日(金) 同僚議員の示唆

一般質問が行われた。そこは、まさにプロの世界。身内のひいきで云々はあり得ない。しかし今日行われた仲間の質疑は、実に見事なものであった。

まずは松本清議員(横浜市泉区・民主党)。当選後初登壇だ。驚いた。本人は「人生初めて」と謙遜していたが、そのセンスは素晴らしく、何より知事から、前向きな答弁がすべての質問に対してなされた。

地方分権改革のなかの、都市計画についての課題は、まさにその通り!神奈川のように市街地が連続している場合、市町村のみでその区分けをすることは、必ずしも適当ではない。今津久井で課題になっている線引きを含め、広域行政体として一定の責任が県にはある。

また他会派ながら、志を同じくする松尾崇議員(鎌倉市・無所属)も登壇した。市議時代から、県内にその名前が響き渡っていたので、かなり期待していた。その名に相応しい発言だった。

「学校給食は米飯を基本とすべき。」は、私も以前から主張している。減反を進めながら、パンを輸入している。しかも子どもに食べさせるために。大いなる矛盾に憤りを感じる。

文部省の指針は、週3回の米飯給食実現。しかし神奈川は平均2回少しと、47都道府県で最下位の数値。

戦後の困難期に、アメリカをはじめとする国際社会が、日本の子どもたちを助けてくれたことは忘れない。感謝している。だからこそ、今一度日本の食文化を大切にし、後世に伝えていくべきだ。

【今日一日】
12:15 党県議団会議/県庁
13:00 本会議/同
20:30 友人と会食/中央


2008年06月26日(木) パチンコ屋さんの会

パチンコ屋さん(相模原遊技場組合)の懇親会に参加した。初めてのことだ。招かれた趣旨は、恐らくは犇惘貍鯲祗瓩砲弔い董ΑΑΑ

党県議団として、いまだ意見集約はしていない。現段階では、それぞれの立場で、多くの県民意見を聞くことにしている。

持論は変わっていない。「受動喫煙防止は重要であり、条例制定には賛成である。しかしそれで生活している方々に対しては、一定の配慮をする必要がある。」

推測の域を出ないが、恐らくは知事も同じ考えだろう。今議会には所属する厚生委員会に、中間報告がされる予定だ。質疑も行うつもりだ。

正式な条例提案は12月議会になる方向。時間はまだあるので、関係者皆様のご意見を引き続き伺っていきたい。

【今日一日】
14:00 書類整理/事務所
18:00 相模原遊技場組合懇親会/上鶴間本町
21:00 党関係調整/事務所


2008年06月25日(水) 会派付きの職員さん

神奈川県議会では、8人以上の‘交渉会派'に職員が付く。

36名の民主党・かながわクラブでは、議会局総務課所属の正規職員2名と、忙しさにあわせて派遣される非正規職員が3名だ。

市議会では普通会派付きの職員はいないので、現在は非常に助かっているし、本来的には必要な人材配置である!

一方人件費は税金から出ているので、職員に有効に仕事をしてもらうためには、議員と会派のセンスが厳しく問われてもくる。

昨年は政務調査会に所属していたので、必然的に職員に色々お願いすることも多かったが、本年度は余りコミュニケーションしてない気がする。反省・・・。

「議員定数を大幅に削減して、その分公設秘書を!」は持論だが、そこまでいかなくても、今後は議員の政策立案を補佐するスタッフは必須だ。

その理解を主権者にしてもらうためにも、政策立案に関心ない議員を淘汰する必要がある。

【今日一日】
 9:00 一般質問作成/県庁
(企業誘致室、市町村課、子ども家庭課と意見交換)
12:15 党県議団会議/同
13:00 本会議/同
18:15 党厚生委員と関係行政幹部との懇談会/横浜市中区
20:45 同2次会/同
会派控室入り口にある職員さんのデスク


2008年06月24日(火) 本会議の開会時間

県議会本会議は午後1時開会が原則だ。ちなみに相模原市議会は午前9時半だった。県庁まで数時間もかかった、大分昔の名残りらしい。

昨年超党派の検討会で、犖畫庵羈催瓩砲弔い撞掴世気譴燭、結果現行通りとなった。

午後開会が必ずしもダメだとも思わないが、一定の問題があるのも事実。それは遅く始めることによって、だいたい会議終了が夜になってしまうことだ。

多くの職員を拘束するので、残業代などの経費がかさんでしまう。更により問題なのは、会議に対する集中度が弱くなってしまうことだ。

会期自体を廃止して、日々小分けにして会議をすべき。その方が時事にあった議題について、集中的、効果的に議論することが出来る。

「県幹部をそんなに拘束できない」との意見もあるが、それは、総員の出席を求めずに、議題に関係ある人のみ召集すればいいことだ。

【今日一日】
 7:00 駅頭演説/南橋本駅
 8:30 書類整理/事務所
 9:30 党総合支部議員団会議/市役所
12:10 党県議団会議/県庁
13:00 故倉田仁県議追悼式/県庁
14:00 本会議
(19:10終了、休憩中に一般質問調整)
20:00 同僚議員と夕食/横浜市中区


2008年06月23日(月) 津久井の‘線引き’

津久井地域の‘線引き’が課題になっている。合併後の「一体化したまちづくり」との観点から、再来年までの‘線引き’を模索する市行政と、「合併時の話と違う」という反対の皆さんとで意見が分かれている。

過去の記録を確認すると、確かに合併時に市は、「10年くらいの時間をかけて」と言っている。それは事実なので、仮に方針転換したならば、それなりの説明を、地権者だけでなく市民全体に行う責任はある。

もうひとつ市行政の問題がある。今日も市議会建設委員会を傍聴したが、「‘線引き’と政令市移行は基本的には関係ない」という見解を述べている。これは変だ。

政令市を目指すのは、市にとって非常に大きなテーマだ。屁理屈で「関係ない」ではなく、堂々と「政令市移行のため」と何故言い切れないのか。どちらにしろ移行後は、法の規定により‘線引き’が必須になるのだから。

しかしだ。合併したのに‘線引き’を行わないという爍瓜圍伽度論瓩郎里襪戮ではない。個々の箇所については、‘線引き’のなかで、引き続き調整区域として残しておけばいいのだ。

一方、反対の皆さんが言う「聞いてない」は、余り多く言い過ぎるとおかしい。私は任意合併協議会の検討委員会に参加したが、そのなかでも‘線引き’については、課題として話合われていた。

さて市議会あて提出されている‘線引き’の凍結と留保の陳情には、多くの津久井地域住民の署名がある。かなりの数だ。このことについては、過去の意見集約に不備があったと言わざるを得ない。

最終的に継続審議となったが、市議会として適当な判断だろう。夏に出る素案には「地域の声をしっかり入れる」と、市は繰り返し委員会で答弁していた。それを見てからでも遅くはない。

【今日一日】
10:00 後援会‘ボーリング大会'準備/事務所
10:30 挨拶まわり(数軒)/市中部
13:00 小池義和市議と打合せ/市役所
13:30 市議会建設委員会傍聴/市役所
15:30 一般質問作成/事務所
17:30 てらさき雄介後援会3役会/事務所
19:00 支援者お通夜/東京都調布市
21:00 一般質問作成/事務所


2008年06月22日(日) ‘詞’は出来たが

来る6月30日に行う一般質問だが、珍しく少々悩んでいる。項目も、それを通じて言いたいことも、その切り口も決まっている。

しかし演説の流れ、お客さんとの立ち位置、トーンがいまだ定まらない。音楽に例えるならば‘詞’は出来たが、肝心の‘曲’が浮かばないのだ。

スランプ?繊細さに欠ける私に限って、まさかそんなことはないだろう。しかし今日も事務所でパソコンとにらめっこしていたが、結果実りは少なかった。

本会議での登壇は、そう何度も機会はない。残り1週間しかないが、明日からはより詰めて、いい‘曲’になるよう頑張りたい!

【今日一日】
終日 一般質問準備/事務所


2008年06月21日(土) 根を切らない

故倉田仁議員のお見送りをした。いまだ言葉もない。痛恨の極みである。昨日のお通夜、今日の告別式をお手伝いをした。

ある議員が言っていた。「失ってはいけない人を・・・。」現実的な話として、党県議団も党県連も、まさに要を失ってしまったのだ。

懸案は山積している。昨年一年間、身近でご指導頂いた一人として、不詳私も全力で取り組んでいきたい!

夜には、伊藤達也代議士事務所のOB&OG会が行われた。実は第一回の開催で、幹事をつとめた。代議士も参加し、懐かしい面々と話しが出来た。

犧を切ってはいけない甓甬鄒犬てきた歴史を大事にしたい。人間関係においても先方から切られない限りは、どんなに細い糸になっても繋ぎ止めておきたい。

政治をやっていると、多くの先輩に出会う。政治家同士の親分子分関係は否定しているが、兄貴分と呼んでいる人はいる。

松沢成分知事や藤井裕久代議士、田中良都議などがそう。そして伊藤達也代議士も。「政治家になりたい!」というだけの私を、快く秘書として迎え入れてくれた恩は忘れない。

かつて伊藤達也代議士が首相補佐官に就任した際、それに対する期待を書いたら、我が党関係者から文句が来た。もちろん明確に反論した。決して情だけではない。下手な‘原理主義’はやめよう!

民主党だって自民党だって、いい議員もダメな議員もいる。志ある議員同士が連携して、ダメな議員と戦っていく。それが何故いけないのか。

今日のOB&OG会、宴会冒頭に幹事として挨拶したが、46歳にして既に首相補佐官。大臣も経験している。そう遠くない将来に「内閣総理大臣になって頂きたい。」そう願っている。

【今日一日】
11:00 故倉田仁県議告別式/横浜市港北区
13:45 同僚議員有志にて昼食/同
18:00 伊藤達也事務所OB&OG会/東京都新宿区
21:00 同2次会/同


2008年06月20日(金) 宮城県大衡村

セントラル自動車(本社相模原市)の移転地を視察した。

今月30日に行う一般質問で犂覿箸慮外転出防止瓩鯀覆┐襪、そのきっかけは同社の県外移転がショックだったことだ。

他にも近年、県内の企業が多く移転しており、一方で企業誘致に多額の税を支出していることとの整合性が問われている。

また相模原市に限らず、京浜工業地帯など県内に企業が立地したことにより、人口が増え続けてきた経過がある。その基本を忘れてはいけない。

さて移転地は、宮城県黒川郡大衡村だ。仙台駅からレンタカーで行ったが、約50分で村役場に着く。担当者から話を聞き、現地をじっくり見学した。

村内あちこちに犂新泪札鵐肇薀觴動車様瓩硫C破襪あった。また村役場内には爛札鵐肇薀觴動車推進本部瓩設置されており、常勤で2名の職員が作業にあたっている。

現地の敷地醸成も進んでおり、驚くべきは既存の工業団地を、同社の移転に向けて大幅に作り変えていること。あわせて県道の敷き直しも実施中だった。

更には東北自動車道のインターを、工場から1〜2分のところに新設する。これも既存の建設を、数年間前倒しするとのこと。

数十年前、同社をはじめとする大規模工場を相模原に誘致するとき、市は条例までつくって努力した。また県も一定の支援をした。

初心を忘れてはいけない。良し悪しに関わらず、都市間競争は増している。人口がいまだ増えているという‘油断’を捨てて、今一度出来る努力をしていくべきだ。

今回は時間が短く、ハード面しか見れなかったが、次回改めてソフト面での対応を調査に行きたい。

【今日一日】
10:00 大衡村役場にて調査/宮城県黒川郡大衡村
(セントラル自動車工場整備推進本部より)
10:45 移転用地視察/同
12:26 仙台発新幹線で東京へ
15:10 一般質問作成/県庁
18:00 故倉田仁県議お通夜/横浜市港北区
村役場に横断幕
役場内の推進本部
移転予定地にて


2008年06月19日(木) 6月定例議会開会

6月定例議会が開会となった。会期は7月10日までの22日間だ。

団会議室にも本会議場にも、先日ご逝去された倉田仁県議の席に献花がある。ご冥福をお祈りしながら、会期中全力を尽くしていく。

来る6月30日には一般質問を行う。過日もご報告したが、若干ニュアンスが変わった点もあるので、今一度記載したい。

1、相模原市の政令指定都市移行について

・ここまで県市で取り組んできた経過と、そこで見えてきた課題は何か。含めて知事の総括を聞く!

・県債償還金の県から市への委譲について、交渉に臨んでいる知事の基本姿勢を聞く!

・県市で大方の合意が整えば、今後は国と県市の交渉となる。県の果たす責任は大きいと考えるが、知事の認識を聞く!

2、企業の県外転出防止について

・企業の県外転出について、県として実態をどのように把握しているか。またそのことについて、どう認識しているか知事の見解を聞く!

・企業の県外転出に関わるマイナスの効果について、具体的数値として把握する必要があると考えるが、知事の見解を聞く!

・企業の県外転出を防止するため、積極的な取り組みが必要と考えるが、知事の見解を聞く!

3、児童に関わる課題について

・児童養護施設を新規で設置に向けて、課題は何であり、どう解決しようと考えているか、知事の見解を聞く!

・虐待などにより子どもと隔離させられた親に対して、県として厳しい再教育を行うべきと考えるが、知事の見解を聞く!

【今日一日】
 9:30 次期衆院選打合せ/中央
12:00 党県議団会議/県庁
13:00 本会議/県庁
14:15 議案説明会/県庁
16:00 党県議団政調会(質問調整)/県庁
終了後 東京経由で仙台へ(泊)


2008年06月18日(水) 市議との連携

相模原市議会の皆さんと懇談した。まさに超党派のメンバー。一杯やりながら、将来の相模原について話をした。

相模原は政令市を目指し、現在県市で調整をしている。課題は多くあるが、デメリットを解消しながら、より良い移行を実現していきたい。

そのためには市民の声を聞くのが第一。加えて現場で仕事をしている市議との連携も不可欠。

幸いかつて在籍していたので、いまだ活きている人間関係もある。また市議会民主クラブのみならず、志ある皆さんと日々話しをするよう心がけてもいる。

今後はいまだ親しくない市議とも、接点が持てるよう粘り強く努力したい。

【今日一日】
12:00 書類整理/事務所
15:00 市議有志と懇談会/城山町中沢
21:30 同2次会/東橋本


2008年06月17日(火) 訃報

倉田仁県議がご逝去された。昨年の初当選後、党県議団の政調委員になったが、その会長として大変お世話になった方だ。

体調を崩されていることは知っていたし、最近入院されていたことも薄々気づいていた。しかしまさか、そこまでの状況とは、言葉が出ないほどショックである。

昨日夜議会の同僚と一杯やっていたとき、「先ほど亡くなった」と連絡を受け、しばらくの間言葉なく泣いてしまった。皆同じ思いだろう。

また議会内の存在も大きく、他会派からも信頼されていたので、党としてのダメージも図り知れない。

昨年日々仕事を一緒にしたので、思い出は多くあるが、昨今珍しい真の親分肌だった。怒鳴られたこと数回、ほめられたことたくさん。

泣きながら思い出していたのは、先々月に政調会全員で、プライベートの温泉旅行に行ったこと。倉田会長は奥様も同伴されていたので、普段聞けない色々な話をすることが出来た。

命は限りあるもの。そのことを再認識した。今きている人間として、その重さと責任を強くかみ締め、あさって19日から始まる6月定例議会に臨んでいきい。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。ありがとうございました。

【今日一日】
10:00 打合せ(党関係)/東淵野辺
10:15 本村賢太郎街宣活動/市南部〜中部
15:00 党県議団厚生部会/県庁
16:30 医療課と意見交換(後期高齢者医療制度)/県庁


2008年06月16日(月) 議会改革先進県

日記の更新が遅れてしまった。言い訳すると、大変ショックなことがあった。詳細は明日の日付で書く。生きている者の責任を認識し、改めて精一杯活動することを誓う。

さて今日は党県議団のロースクールだ。明大雄弁部の先輩でもある水谷正美三重県議より、先進的と言われる三重県の議会改革について話を聞いた。政治キャリアは私とそんなに変わりないが、お話もとても上手く、内容も参考になるものばかりだった。

質疑応答では狷鸞臉党化における討議拘束のあり方甅犖朕佑伐馭匹琉銘峇愀賢瓩砲弔い董∋論を述べながら講師の意見も聞いた。議員同士ということで、他同僚からも多くの質問が出た。

昨年党県議団の政調会メンバーとして、このロールクール発足に携わったが、毎回面白い!当たり企画と言える。先輩曰く「昔はこんなのやらなかった・・・」は議会が進化している証だろう。

現在は‘入門編'。数ヶ月の内に‘実践編'に入る。どんな分野のどのような条例をつくっていくか、まだ自分の中でも定まっていないが、県民に対して自身を持って提案できる内容にしたい。


【今日一日】
 9:00 一般質問調整/県庁
(市町村課・企業誘致推進室・子ども家庭課)
11:00 政務調査費ソフト研修/県庁
13:30 県議団政務調査会/県庁
15:00 県議団ロースクール/県庁
17:15 打合せ(事務所関係)/横浜市西区
18:00 上記ロースクール講師と懇談会/横浜市中区
20:30 同僚議員有志にて懇談会/横浜市中区


2008年06月15日(日) 歩いたからこそ

事務所から、最寄のJR相模原駅までは微妙な距離だ。ゆっくり歩いて15分、バスに乗るほどではない。

党県議団政調会長であり、タックル仲間(犖政・市政にタックル瓩鬟ャッチにしている松沢知事を慕うメンバー)でもある、吉田大成県議の会に参加すべく新百合ヶ丘に向かうことになった。

事務所を出てぼちぼち歩いていると、16号交差点でクラクションが鳴った。支援者の方が車から手を振っている。「どこ行くのー?」「新百合でーす!」という感じだ。

駅近くなったところで、目の前から旧知の方が。以前食事などご一緒したことがあるが、かなり久しぶりにお会いした。「今はNPO活動などもやってるの。元気にしてた?」「はい、お蔭様で!」と短い会話。

そして駅のエレベーター少し前で、親しくしている人とも会う。県知事とも接点がある方で、お子さんが私の母校に通っている。「今は市の〇〇で働いているんだけど、来年の指定管理に向けて作業してるの。色々難しいわね。」「そうですか、何か役に立つことがあったら言ってください!」

歩いたからこそ、今日出会えた皆様だ。車とは違った風景を見れるのもいい。少し痩せたせいか体も軽く、その分歩くのも苦ではない。今後も留意したい。

【今日一日】
10:00 立正佼成会議員報告会/清新
12:00 さがみはら鹿児島県人会総会・懇親会/富士見
14:00 名刺整理/事務所
18:00 吉田大成県議‘薫風の集い’/川崎市麻生区


2008年06月14日(土) 食の意識改革を

クールビズ・マイ箸・ペットボトルのリサイクルなど、成果は別にして意識改革が進んでいるものがある。民主主義社会においては、法などルールの前提になる牋媼鵜瓩海十斗廖

その意味では、‘食'についても考えるべき。仕事柄、宴会やパーティーに多く参加するが、大体の会で多くの残飯が出てしまう。今日参加した2件ともそうだった。

世界的に食糧不足だが、日本も例外ではない。まだお金があるから買うことも出来るが、現在食べているもののほとんどが輸入品。自給率向上には、そもそもの無駄を減らす取り組みも大切だ。

【今日一日】
14:00 明大八王子高校卒業生の会/八王子市
19:00 異業種交流会‘八社会'例会/富士見
母校の学生食堂(今日の懇親会場)


2008年06月13日(金) 湘南新宿ライン

横浜から新宿へ行くのは、JR湘南新宿ラインが便利だ。数年前に出来た路線。それ以前は東海道か京浜東北で品川、そこから山手線というルートだったが、今は直通で行ける。

今日もその快速に乗ったが、停車駅は横浜→大崎→渋谷→新宿だ。正味28分!で到着した。線路も最短の横須賀線沿いのため、電車待ちも少なく速く走れる。

政治と電車の話題になると、よくありがちなのが「ここに駅をつくります。」という類。また相模原も経験したが、快速や特急を「この駅に停めます。」というもの。

かつての京王特急もそうだが、停車駅が少ないことが便利な場合もある。ましてや通勤で、日々都内などに通っている人は尚更だ。乗客動向とその希望を踏まえた運営にしなくてはならない。

JRは民営化されたが、公共サービスであることに変わりはない。政治もワガママではなく、より建設的な関わりをしていくべきだ。

【今日一日】
 9:15 本村賢太郎氏と挨拶まわり/横浜・川崎市内
15:30 支援者訪問/東京都世田谷区
20:00 党衆院大阪16区森山浩行氏と懇談/東京都新宿区


2008年06月12日(木) 日本映画ベスト11

旅・酒(最近そうでもない)・映画、私の3大趣味だ。

映画についてこの日記で論評することもあるが、その名の通り趣味でしかない。面白かったかどうかというだけだ。しかし最近色々なところで新作評など聞かれる・・・。

という訳で、過去のお勧め映画を披露しよう。特に順番を付けてはいないが、何度見ても面白いと思うものばかり。

今日はまず日本映画から。

・駅 STATION
 /言葉が出ないほど。必ずご覧ください!
・203高地
 /大作。自分が日本人であることを再認識させられる。
・新幹線大爆破
 /世界最高レベルのサスペンスアクション。
・生きる
 /私の人生にも大きな影響を与えた作品。
・いま、会いにゆきます
 /ラブストーリーは余り・・・だが、これは別格だ。
・バトルロワイヤル(1・2合わせて)
 /巷の評価が低いのが不思議。
・八墓村
 /最近の陳腐なホラーが情けない。
・おろしや国酔夢譚
 /知名度はないが間違いなく傑作。
・ルパン3世・カリオストロの城
 /宮崎駿は好きだがこれが一番。
・東京裁判
 /すべての日本人に一度は見て欲しい。
・半落ち
 /低予算でも面白く!日本映画の今後を期待させる。

間違いないのは以上11作品か。色々考えてみたが、これ以外になると少し落ちる。

ビデオがDVDに変わっても、映画という文化は無くならなかった。嬉しいことだ。

今日一日】
13:00 挨拶まわり(十数軒)/市全域


2008年06月11日(水) 党県連政調委員に

民主党県連内に政策調査会がある。本年度(5月から)そのメンバーになった。昨年党県議団で政策を担当していた故だろう。

今日は第一回の会議。狄斉狎酥妊泪縫侫Д好鉢瓩鮑鄒することについて、方向性と中身を話し合った。衆議院選挙で使用するためのもので、それを神奈川らしく解釈する中身にしていく。

そのためには、県内各市町村の話も聞かねばならないし、18小選挙区の候補者の意向も大事になる。かなり大変な作業だが、政治家冥利に尽きる仕事なので、精一杯取り組んでいきたい。

★政策調査会メンバー
大井康裕(会長:県議)
堀添健(事務局長:川崎市議)
鈴木裕二(県議)
中山大輔(横浜市議)
早稲田夕季(鎌倉市議)
井上裕介(藤沢市議)
寺崎雄介

【今日一日】
12:00 支援者訪問/上溝
13:00 行政相談(福祉)/富士見
13:30 事務作業/事務所
18:00 党県連政策調査会/横浜市中区
20:15 青年会議所委員会/橋本
22:00 支援者訪問/上溝
何故か関内にタイのトゥクトゥクが


2008年06月10日(火) 上郷開発の問題点

党県議団の1期生で、月一回勉強会を行っている。11名の議員持ち回りで、それぞれ関心あるテーマについて‘発表’することにしている。

今日は塩坂源一郎議員(横浜市港南区選出)の順番。横浜市栄区内の上郷開発について、その問題点を具体的に聞かせてもらった。

この開発は、法律上の課題はクリアしているが、中身を聞くとひどいもの。市街化調整区域内で開発を認めてしまえば、悪い意味での前例になってしまう。

最終的には県の判断だが、大政令市横浜ゆえ、市の決定は大きな持っている現在都市計画手続き中だが、何とかそこで止めねばならない。

人口減少時代に、市街化区域を増やすことの是非。貴重な自然環境を破壊してしまうこと。市街地開発の旧態依然としたルール。問題は多い。

県議としての責任は、当然に全県に及ぶ。しっかり問題点を把握し、対策を皆で話し合っていきたい。

【今日一日】
 9:00 党県議団1期生勉強会/県庁
11:00 県政功労者表彰受賞式/県庁
12:20 党県議団会議/県庁
15:10 一般質問調整/県庁
19:00 支援団体幹部・行政関係者と懇談/中央


2008年06月09日(月) 県病院事業庁

党県議団の厚生委員で、病院事業庁と意見交換を行った。最初に主要事業について説明を受け、その後ざっくばらんな質疑応答という流れだ。

「県立病院なんてあったの?」と、思われる方も多いのではないか。現に私もよくは知らなかった。相模原に無いからだろう。

現在以下6つの病院がある。足柄上病院を除いて、いわゆる紹介状持参の専門病院だ。

・足柄上病院(松田町)
・こども医療センター(横浜市南区)
・精神医療センター(横浜市港南区)
・がんセンター(横浜市旭区)
・循環器呼吸器病センター(横浜市金沢区)
・汐見台病院(横浜市磯子区)

病院事業庁の仕事は、まさに“命”に直結する。採算性のみ重視してはいけない。しかし何と昨年度は、2億7400万円もの経常黒字を計上している。公立病院イコール赤字という時代ではない。

既に指定管理者に委託している汐見台病院を除き、ほか全ての病院を独立行政法人化することを知事は表明している。基本的方向性は賛成だが、メリット・デメリットは冷静に検証されねばならない。

【今日一日】
10:00 支援者訪問/上溝
11:30 要望活動(福祉)/海老名市
15:00 病院事業庁と意見交換/県庁
18:00 議員・行政幹部有志と懇談/横浜市中区
病院事業庁と意見交換(委員会室にて)


2008年06月08日(日) 福祉現場で働く人

お世話になっているデイサービス施設が3周年を迎え、関係者により開催されたお祝いの会に呼んで頂いた。

先般も、県保健福祉部から報告を受けたが、福祉施設では働く人の定着率が低い。結果、量・質的にもサービス低下が懸念されており、早急な対策が必要となっている。

元々大変な仕事。肉体的な辛さは覚悟している人が多いが、それでも・・という限界はある。しかもその割に報酬(給与)が低いことも問題。誰でも生活が前提だから、それが苦しくなるような体系ではいけない。

介護保険制度が始まったとき、多くの施設は経営難に陥り、各種の援助を行政に求めた。今も楽ではないが、当時よりはマシになっている。しかしそこで働く個々人までは、まだまだ目が行き届いていない。

政治がいかに施設整備を行っても、肝心の狄有瓩いなくては、ソフトこそ重要な福祉現場において、利用者にとって良い結果は生まれない。

現場の視点を大切にして、今後厚生委員会で発言していきたい。

【今日一日】
10:30 支援者訪問/上溝
11:40 デイサービス3周年記念の会/橋本
15:30 事務作業/事務所
デイサービス3周年祝


2008年06月07日(土) 中井町の決断

中井町長が、県西部2市8町の合併から離脱する意向を、記者会見にて示唆した。小田原市周辺地区よりも、秦野市・二宮町と「生活圏が近い」ことを理由にしている。

大分前だが、相模原市と町田市の合併と政令市移行を、青年会議所活動の一環で研究したことがある。比較的前向きな意見が多かった相模原市民に対して、町田市民の関心は余り集まらなかった。

その際にある人が言った「皆東京の方を向いている。」は、今でも頭の中にしっかりと刻まれている。相模原から東京の方を向いたとき、そこには町田市が視野に入る。しかし町田市から東京を向くと、相模原は後ろになってしまう。

電車は、今でも狆紊雖甅牴爾雖瓩班集修気譴襦E堝發箍I佑剖个瓩暴个討い襪箸いΑ⊃住の位置関係のみならず、他多くの生活スタイルが狆紊雖畍きになる傾向がある。

この発想を変えていくことが、地方の活性化に繋がっていく。平成の大合併において、県内唯一合併を経験した相模原市民としても、今後の県西部の動きに注目していきたい。

【今日一日】
12:00 自衛隊父兄会県央支部懇親会/中央


2008年06月06日(金) 綾瀬で起きた火事

綾瀬市内の障害者施設で、死傷者が出る火事が起こった。消火機器の設置に関連して、そこが‘住居'か‘福祉施設'かが問題になった。

‘住居'よりも‘福祉施設'の方が基準は厳しい。実態としては中間とも言える爛哀襦璽廛曄璽爿瓩世、消防庁は後者、行政は前者のスタンスを採っていた。

昨日の段階で、行政も‘福祉施設'との認識に立った。今後は同様の施設について、現状把握を含め対策を練らねばならない。

しかし公立や大手社会福祉法人などは、消火機器の設置が比較的易しかもしれないが、善意のボランティアで運営されている小規模施設などは、それで経営が成り立たなくなる可能性もある。

「障害者施策は、社会で全て責任を持つべき。」が持論だが、その中で行政がどこまで関わるべきか。あるべき姿を惰性を越えて、関係者皆で考えねばならない。

障害者個々人の人生に行政が関わるのは、丁寧かつ慎重にしなくてはならない。しかし今回のような、生命の安全に関わる部分は、まさにセーフティーネットの一部だろう。

今後積極的に発言していきたい。

【今日一日】
休暇


2008年06月05日(木) オバマ氏の勝利

オバマ氏が勝った。それを期待しながらも‘多分無理だろう'と、この日記に書いたことがあるが、予想は見事に外れてしまった。

今後は共和党との決戦になる。マケイン氏も、イラクからの撤退を明言しているが、G8からのロシア排除など不穏な施策も打ち出している。

同じ名前だからという訳でもないが、民主党オバマ氏の勝利を期待している。オバマ政権になると、経済が保護主義化するのではと、懸念している人もいる。

しかしそれはグローバル化が進むなか、反動で言われていること。民主・共和両党の基本政策の違いとは言いにくい。これは日本も同じ傾向だろう。

任期4年の大統領。その候補者を選ぶ段階で、これだけの時間とエネルギーを費やす。‘揉める'ことを恐れずに、その先にある成果を求めているのだ。この点は日本も真似るべきだ。

【今日一日】
終日私用


2008年06月04日(水) 食の‘正論'と‘愚論'

町村官房長官の「減反政策見直すべき」は正論。

生産価格の調整は必要だが、その手段として田んぼをつぶすのは安易。ましてや世界的食料不足のなか、国際社会により役立つ手法もある。

さて愚論の方。NEWS23の特集だ。

食料価格の高騰により、学校給食が影響を受けているとのこと。これが給食費の値上げに結びつくのは問題だし、その点をニュースとして切り口にするのはいい。どんどんすべき。

しかし爛僖鵑硫鷽瑤減ってお米になってしまう甅狃毅臆鵑離妊供璽箸1回になってしまう瓩函⊃執鏥い貿困犇技佞魃任垢里呂いがなものか。

そもそも給食の主食は、原則お米であるべき!パンでなくてはいけないと、今だに言う学校現場は問題だ。それこそ減反しながら、パンを出している異常さを、教育行政は認識すべきだ。

またデザート程度の話なら、子どもに「食料価格が高騰して1回になった」と説明するもの、それこそ教育ではないか。

真実を追究するメディアの役割は、その背景に‘何故伝えるか'の信念があってこそ。硬派で期待する番組だけに、今後はもう少し考えて欲しい。

【今日一日】
11:00 挨拶まわり(十数軒)/市全域
17:30 PC打ち/事務所
19:00 支援者と会食/千代田
新事務所で作業するスタッフ


2008年06月03日(火) 初の厚生部会

党県議団では、所属委員会ごとに‘部会'を設置している。私は厚生委員なので、従って厚生部会となる。今日が第一回目の会議だ。

所管は保健福祉部と病院事業庁だが、今日は保健福祉部各課から、本年度主要事業について説明を受けた。またそれぞれについて、活発な意見交換も行った。

多くあるので、一つだけ取り上げよう。薬務課から受けた話。昨年薬事法が改正され、薬剤師がいなくても、店で薬を売れるようになった。

もちろん一定の条件はある。調剤する薬はダメ。まさに市販で売っている牋貳稔瓩量瑤里漾また薬剤師に変わり、所定の試験に受かった猗稜篌圻瓩鯏垢貿枌屬靴討かねばならない。

その試験は都道府県ごとに行われ、神奈川では8月中旬に第一回を予定している。難易度は国の指針により、‘受験者の7割が合格出来る'レベルに設定される。

「薬剤師の試験を簡単にしたと解釈していいか。」と聞くと、担当は「似て非なるものと考えて欲しい。」とのこと。確かに7割合格は簡単かもしれない・・・。

牋貳稔瓩量瑤鯒磴Δ箸、店の薬剤師に相談することは少ない。その意味では有名無実化していたのも事実。しかし命に直結する課題だけに、この規制緩和の行く末は、県としてもしっかり検証する必要がある。

★厚生部会メンバー(=党県議団の厚生委員)
安斉義昭/横浜市南区選出
吉田大成/川崎市麻生区選出
福田紀彦/川崎市宮前区選出
寺崎雄介

【今日一日】
 9:00 事務作業/事務所
11:30 子ども家庭課と意見交換/県庁
13:00 党県議団厚生部会/県庁
(保健福祉総務課・危機管理担当課・地域保健福課・福祉監査指導課・障害福祉課・健康増進課・子ども家庭課・高齢福祉課・生活援護課・医療課・生活衛生課・薬務課と意見交換)
22:00 PC打ち/事務所


2008年06月02日(月) 間違っている!

議員の仕事は様々だ。発言する機会もそう。その中で、今年度は犖生常任委員瓩箸靴董∋間の多くをかけようと決めている。

他をおろそかにする訳ではないが、社会保障政策について腰を据えて学び、出来るだけ多くの場所で発言していきたい。

今日も非公式だが、障害者施設を見学した。現場を見るたびに明確になるのは、「格差が拡大している」ということ。そしてその大半は「自己責任ではない」こと。

いつも言っていることだが、金は生活するための潤滑油。なければ干上がってしまうが、多くありすぎても故障の原因となる。

しかし今の社会は‘多く稼げる人’ほど評価が高い。ましてや人を図る最大の基準が、そこに集約されてしまっている。

結果どうなるか。金を稼げない高齢者や障害者は、‘お荷物'として扱われてしまう。間違っている!私の基本的価値観だ。また同じ思いの人は多いはずだ。

明日は同僚議員と一緒に、県行政の厚生関係部署と、数時間みっちり意見交換を行う。6月19日には定例議会が始まる。気合いで臨んでいきたい。

【今日一日】
 9:00 障害者授産施設見学/平塚市
12:30 支援者訪問/富士見
14:00 要望活動(支援者同行)/海老名市
15:45 事務作業/事務所
18:30 党支部常任幹事会/市民会館
党支部常任幹事会(挨拶する本村賢太郎代表)


2008年06月01日(日) 消防団の発言

床屋は決めている。消防団の友人がやっている店だ。髪を切りながら話をしたが、彼の所属部(同じ上溝でも9部ある)はついに、役職のローテーションが2周目になったらしい。

かくいう私の所属部も、今の部長は2年続けてやってくれている。その後はいない・・・。では先頭に戻して2週目に出来るのか。既に40代半ばを数える先輩に頼むこと自体無理。

毎年自治会から、行政に対して要望を行う。その中に‘消防団'について、新たな項目が入った。OBなども加えて新たな組織構成をし、見回りなどは役割分担できないかというもの。

それが上手くいくかは分からないが、現状を打開するためには、多くの意見を出し合うことが大切。

職場が県になったことや、現役消防団員の市議が増えたこともあり、正直このテーマの発言は控えてきた。しかし現場を見ている以上の責任もある。今後は具体的に対策を考えて、実現できるよう取り組んでいきたい。

【今日一日】
18:00 山下昌一朗市議‘薫風の集い'/上鶴間本町
20:00 消防団定期整備(1−1)/上溝


てらさき雄介 |MAILHomePage