てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2008年05月31日(土) テンション維持のため

医龍2'をDVDで見た。全6巻のうち5巻まで。貸し出し中の6巻のみ残っている。

面白い。漫画も好きだが、また別の趣がある。人の命を軽く描写しているのは気になるが、爛廛輅瓩箸靴討藁匹そ侏茲世蹐Α

主人公のように、自らの意志と能力で犹纏瓩鬚垢襪海箸、人の幸せに繋がるのではないか。そう考えている。

そう言っている割に、自分でも我を見失うことはある。波というのだろうか。数ヶ月に一度諸事に取り紛れて、「自分の犹纏瓩浪拭それはどこに?」という感じなる。

もちろんすぐに復活するが、その瞬間には、忙しいだけが能ではないことを実感する。そう言えば数ヶ月前に2〜3日休んだきりだ。

6月議会は一般質問を行うし、厚生委員としての初議会だ。全力で取り組み、議会閉会後には、数日休みをとってみよう。

【今日一日】
10:00 神奈川民社協会総会/横浜市磯子区
13:30 JR東労組集会/横浜市鶴見区
16:30 明治大学校友会相模原支部総会/中央


2008年05月30日(金) 2つの評議員会

2つの評議員会に出席した。

まずは神奈川県公園協会評議員会だ。県議会から2名出向している。自民1、民主(私)1だ。

行政機関などに議員を出向させることが、「2元代表制にそぐわない。」と言う人もいる。例えば相模原市議会は、私の在職中に出向を禁止した。

しかし根本的には、「地方議会も議院内閣制にすべき」と考えている。その意味では行政の内部に、積極的に入っていくべきだ。

今日のような特殊法人は、存廃について別の角度での議論もあるが、今ある団体の経営に携わるのは必要なことだ。

ただ出ている以上は、責任を持って発言すべき。党県議団では、昨年と同じ団体に出向させる方針を採ったので、今後は内部の事情を、一層把握していきたい。

さて夜は、学校法人中野学園の評議員会だ。母校は八王子高校だが、中野高校も同じ経営母体になっている。卒業生枠での参加だ。

基本的にボランティアだが、「生きてきた歴史を大事にしたい」との思いで、昨年当選後に引き受けた。今日で3回目の会議だ。

決算書を審議したが、学校法人の会計は素晴らしい・・・!。行政は基本的に赤字だし、企業でも借り入れがないことは少ない。しかし‘担保にしている財産なし’との事務局の説明だった。

一方行政と同じ点もある。‘お客さん’が減っていくことだ。母校の学校法人はその事に気付き、色々な対策を考えている。しかし今だ甘い行政に、一層の緊張感を持たせねばならない。

【今日一日】
 9:30 県公園協会評議員会/横浜市中区
12:45 打合せ(政治団体関係)/県庁
14:00 河川課と意見交換(小池義和市議同席)/県庁
14:30 スポーツ課と意見交換(同)/県庁
15:10 行政相談(同)/県庁
15:45 打合せ(事務所関係)/横浜市西区
18:30 学校法人中野学園評議員会/東京都中野区
21:30 PC打ち/事務所[


2008年05月29日(木) 行政相談のこだわり

この仕事をしていると、多種多様な相談を受ける。一般には“陳情”とも呼ばれるが、私は“行政相談”と言っている。

少なくとも常時2〜3件、多いときには10件くらい重なることもある。市議時代に比べて件数は増加しているが、内容は市役所管轄のことが多い。自らの活動範囲は広がりながら、行政上は地方分権が進んでいる証拠だ。

犢埓相談瓩鮗けるにあたっては、かなり厳しく自らを律しなければならない。自らのこだわりを持っておく必要がある。そうしないと結果、悪しき陳情屋になってしまう。

まずはその名の通り、行政に関わることしか取り組まない。受けはするが、税金・家庭・不動産などの相談は、信頼出来るその道のプロを紹介することにしている。

よく知らないことについて、適当なアドバイスをすれば、結果困るのは依頼者の方だ。出来ないことは「出来ない」というのも大切。

また権力の濫用はしない。浪人中はともかく今は現役の議員だ。与えられている権限は爛襦璽襪鮗蕕蕕擦覘瓩燭瓩砲△襪里任△辰董↓爛襦璽襪鯒砲蕕擦覘瓩燭瓩砲△襪里任呂覆ぁ

もちろん行政のルールが間違っている場合は、そのルール自体を変えるという要望はある。これはまさに政治家の仕事だ。

またルールがないにも関わらず、慣例や前例によって住民に不利益を及ぼしていることは、運用のなかで是正を求めることもある。

以上のようなスタンスだが、すべてのご相談に誠意を持って対応するので、ご遠慮なくお申し付け頂きたい。

【今日一日】
10:15 調査活動(一般質問準備)/県庁
11:00 要望活動(福祉関係・支援者同行)/県庁
12:00 支援者来訪/県庁
13:00 調査活動(一般質問準備)/県庁
15:30 知人訪問/東京都新宿区
19:30 書類整理/事務所


2008年05月28日(水) 禁煙条例の報告会

第13回になるミニ県政報告会で「禁煙条例」を扱った。皆様関心が高く、それぞれ発言を頂いた。

以下、主なご意見だ。

・健康増進法があるのでいいのでは
・飲食店規制は厳しすぎる
・段階的でいいのでは
・路上喫煙とポイ捨てはひどい
・高齢者施設での喫煙権もある
・喫煙権と嫌煙権でバランスをとるしかない
・店自らに判断させ表示を義務付ければいいのでは
・条例制定前に出来ることがあるのでは

参加者の過半数は非喫煙者だったが、比較的条例に慎重な意見が多かった。今後党県議団にて意見調整に入るが、頂いたご意見はしっかり伝えていきたい。

*次回ミニ県政報告会
  6月21日(土)午前11時〜12時 市民会館会議室
  テーマ「政令市移行のメリットとデメリット〜PART2〜」

【今日一日】
13:00 挨拶まわり(数軒)/市中部
15:00 打合せ(党関係)/東淵野辺
17:00 報告会準備/事務所
19:00 月例ミニ県政報告会(第13回)/市民会館
ミニ県政報告会


2008年05月27日(火) 党活動は公務か

狎党活動の位置付けは?瓠政治家としての‘仕事'であることは間違いないが、県民の税金から報酬を頂いている議員の役割として、果たしてその内に含まれるだろうか。

本来的には公務ではないのだろう。しかし今や選挙も政党色が強まり、議会内会派も政党ごとに組織される。政策についても党の拘束を受け、また党を通じて県民に情報提供も行う。

その意味では「政党活動にも一部公務的要素が入ってきている。」が正確な表現か。これが今後どう変わるかはわからない。

またどう位置づけるべきかを考えるのが、わたしたち政党に所属する現役議員の役割だろう。

【今日一日】
 9:30 党総支部議員団会議/市役所
12:00 党総支部打合せ/東淵野辺
13:00 要望活動(道路関係・自治会役員同行)/相模大野
15:00 私用(映画鑑賞・ランボー)/橋本
17:00 事務作業/事務所
18:30 会合(党関係)/中央
21:00 会合(別の党関係)/相模原


2008年05月26日(月) 少数のマニフェスト

党県議団ロースクール(政策法務学校)が開催された。第5回目となる。今日のテーマは爛泪縫侫Д好鉢瓩砲弔い董A甍霤賃膤マニフェスト研究所の研究員から話を聞いた。

講演終了後に質疑応答があったので聞いてみた。

(寺崎質問)
「首長や政権党はマニフェストを達成できるが、少数会派では条例や予算を通すことが出来ない。そのような立場での主権者に対する責任をどう考えるべきか。」

(研究員答)
「選挙の結果少数になってしまうことはある。それでも条例をつくる努力をして、その経過をしっかり主権者に説明すること。何故出来なかったのかという説明を、具体的にしっかりすることが責任の取り方だ。」

昨年の統一地方選挙でも、党神奈川県連は‘神奈川スタイル’というマニフェストをつくった。次回選挙ではより具体的な政策を、より確かな根拠のもと提示しなくてはなるまい。

幸い県議会は第一党の自民と、私たち第二党の民主が拮抗している。勝利して過半数を取ることが目標ではあるが、それが果たせなかったからと言って、それで捨ててしまうような安易なマニフェストではいけない。

民主主義は積み重ねだ。マニフェストという言葉自体、いまだ定着しきったとは言えない。ひとつひとつの選挙で、党や候補者がそれを大切にしていくしかない。

【今日一日】
 6:45 街頭活動(党衆院本村賢太郎と合同)/JR相模原駅
 8:30 FAXニュース送信作業/事務所
 9:30 要望活動(公園関係)/市役所
10:00 支援者訪問/市中部
10:45 挨拶まわり(数軒・小沢一郎秘書同行)/市中部
14:15 打合せ(事務所関係)/横浜市西区
15:00 党県議団ロースクール/県庁
17:00 6月議会一般質問整理/県庁
18:10 要望活動/横浜市中区
20:00 支援労組幹部と懇談/鹿沼台
党県議団第5回ロースクール


2008年05月25日(日) 2度目の一般質問

来たる6月定例議会で、一般質問を行うことになった。6月30日(月)午後1時からの予定だ。昨年初当選の議員で、2度目の本会議登壇は初めて。気合い!で臨んでいきたい。

今のところ下記のように考えている。

〜衞聾兇寮令市移行について
∋唆反橋修噺外転出企業について
社会的弱者の救済について

他にも取り上げたいテーマは多くあるので、今後の調査で‘候補’が変わるかもしれないが、その際は都度ご報告していきたい。

【今日一日】
 8:00 PC打ち/自宅
14:30 障害者団体勉強会/東京都港区
(角尾彰央・渡辺良一両市議に同席)
21:00 事務作業/事務所


2008年05月24日(土) デイのボランティア

お世話になっているアビリティーズ協会が、市内でデイサービス施設を運営している。その旅行会が行われることになった。

この会を紹介して頂いた二木栄一市議と一緒に、横浜市鶴見区にある環境エネルギー館にて、車イスを押すボランティアをした。

多くの高齢者施設で、このような旅行会が行われていることは、かねてから知っていたつもり。でもやはり!自ら現場に触れてみることは大事と痛感した。

厚生常任委員としての発言は、学者の理屈ではいけないと思う。県民の生活に密着した素朴な声を、プロとして政策に変えていきたい。

【今日一日】
14:00 高齢者施設ボランティア参加(兼調査)/横浜市鶴見区
車イス乗降装置付きの車


2008年05月23日(金) 厚生常任委員に

厚生常任委員に就任した。所属委員会は会派(党県議団)内で調整するが、昨年の総企に続いて希望通りの所属だ。

「社会保障こそ最重要課題。」最近はっきり言っている。思いだけでなく、具体的政策提案を積極的にしていきたい。

過去1年間でも、会派内会議で県立病院の独立行政法人化について、また予算委員会で重度障害者の医療費助成について、それぞれ取り上げたことがある。

今後は加えて、児童養護施設の運営・低所得者対策・ホームレス支援などについても、しっかりした調査を行い、行政施策のあり方を質していきたい。

尚本年度は特別委員会にも所属することになった。食の安全・安心に関する委員会だ。これも県民注視のテーマなので、機会を活かして発言していきたい。

【今日一日】
10:00 打合せ(事務所関係)/横浜市中区
12:30 党県議団会議/県庁
13:00 本会議
14:40 6月定例会一般質問打合せ/県庁
15:40 党県議団会議
19:20 本会議
20:15 同僚県議有志にて懇談会/横浜市中区


2008年05月22日(木) 新事務所オープン

先日もご報告した通り、すぐ近くに事務所を移転した。本日支援者の皆様にお手伝い頂き、無事引越しが完了した。正式には明日オープンとなる。

☆新事務所:相模原市中央3−6−6 トーエイビル205
  TEL:042−751−3016(変わらず)
  FAX:042−751−3017(変わらず)

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

地図←こちらをクリック

【今日一日】
10:00 打合せ/県庁
17:00 引越しの片付け/新事務所


2008年05月21日(水) ‘雰囲気’!?

警察に逮捕されても失職しない。それくらい議員の地位は重い。しかし皆どれだけ自覚しているのだろうか。

先日も尾崎行雄の言葉を書いた。辞世の句を懐に抱いて登壇した話だ。今や大げさと思うかもしれないが、そんなことはない!

地方分権の時代、県政は警察や医療を管轄し、市政は福祉を担当する。地方自治の誤った選択によって、結果失われた命を何度も目の前で見たことがある。

「大勢の前では言いにくい」???

「手を挙げにくい雰囲気がある」???

「どうも面倒くさくなった」???

それで発言しないのなら、政治家を辞めた方がいい。議員とは職業かもしれないが、政治家とは生き方であるべきだ。

繰り返す。地方自治は今や人の生き死にを左右する。その覚悟を持って欲しい。‘政治家’であるならば。

【今日一日】
 8:00会合/横浜市中区
10:00支援者訪問/横浜市中区
12:00打合せ/県庁
12:30党県議団会議/県庁
13:00本会議/県庁
15:50党県議団会議/県庁
19:00引っ越し準備/事務所


2008年05月20日(火) まさに‘原点’に

事務所を移転する。新しい場所は、実は最も古い場所。11年前の市議補欠選挙で借りた部屋だ。まさに原点に帰る心境。

人間誰でも一言で言えない思いがあるのだろうが、振り返って本当に狄А垢吻瓩海箸あった・・・。

一度しかない人生だから、そこで起こったこと全てを財産としたい。特に知己を得た方々のことは、どんな関係になっても忘れまい!と思う。

正確には22日に引っ越して、23日にはオープンする。是非お立ち寄り頂きたい。

【新事務所】
(住所)
〒229−0039 相模原市中央3−6−6 トーエイビル205
(電話)
042−751−3016(変わらず)
(FAX) 
042−751−3017(変わらず)

【今日一日】
午前中休暇
13:00諸手続/市役所
14:30引っ越し準備/事務所
18:00打合せ(党関係)/東淵野辺
20:00引っ越し準備/事務所
(翌日午前1時過ぎまで。今日も遅い・・。)


2008年05月19日(月) 会派役員決定

民主党県議団の新役員が決まった。選出経過には会議で意見を言ったが、一部取り入れて頂き、最終的には全会一致で確認した。

今後は団長他役員を全力で支えていく決意だ。特に副団長に抜擢された塩坂源一郎議員は、昨年初当選した同期。盛り上げていきたい。

【団長】 

計屋珠江(横浜市港北区)

【筆頭副団長】 

茅野誠(横浜市磯子区)

【副団長】    

安藤慶(秦野市)

【副団長】  
  
塩坂源一郎(横浜市港南区)

【政調会長】 

吉田大成(川崎市麻生区)

【同副会長】 

斎藤建夫(藤沢市)

【総務会長】  

北井宏明(横浜市戸塚区)

【議会運営委員会】  

平本敏(横浜市瀬谷区)

【同コメンテーター】   

竹内栄一(横浜市神奈川区)

【ロースクール担当】 

福田紀彦(川崎市宮前区)

(紹介は人数が多いので党県議団HPをご覧下さい)

あさっては役員以外の役割分担も決まる。さて希望通りの所属委員会に入れるか・・・。乞うご期待!

【今日一日】
 8:00会合/横浜市中区
 9:30打合わせ/県庁
10:00打合わせ/県庁
10:30総務政策常任委員会/県庁
12:30党県議団会議/県庁
(以後断続的に23:00まで。遅い・・。)


2008年05月18日(日) 基本にして究極

政治活動の犂靄椶砲靴撞羔豊瓩修譴街頭演説だ。

今日はアイワールド前で演説をし、支援者の方にビラを配って頂いた。結果かなりの枚数になった。感謝申し上げる。

長い時間マイクを持っていると、時として頭がボーッとしてくることがある。その時はしっかり休憩すべき。気合いのない演説は聴取に失礼だ。

また「誰も聞いてないけどね・・。」なんて言いながら、演説をしている議員や候補者は論外。売名行為ならタスキでもかけて、ただ立っているだけにして欲しい。

人数の大小は、場所や時間で違うが、間違いなく聞いている人がいる!事実であり信念だ。その人たちに語りかけるのだ。

議会の発言は無論のこと、マイクを持つ以上は街頭も真剣さが大切。相模原市津久井地域出身である尾崎行雄の言を紹介したい。

「正成が陣に臨める心もて我は立つなり演壇の前」

【今日一日】
11:30報告書作成/事務所
13:30家庭倫理の会講演会/富士見
15:00街頭演説&ビラ配り活動/アイワールド前
16:30訪問(ポスター貼り)/東橋本
17:15片付け/事務所
18:30支援者と懇談/鹿沼台


2008年05月17日(土) 国防本来の情報

自衛隊OB&OGで構成される狢睛Р餃瓩痢講演会と懇親会に呼んでいただいた。現役将校はじめ、多くの方と意見交換が出来た。

さて自衛隊には大きく分けて3つの仕事がある。

々駛
∈匈
9餾欟力

△鉢については、マスコミにも取り上げられるし、自衛隊自身も積極的に広報している。しかし一番の基本である,砲弔い討蓮極端に情報が少なくなる。

安全保障のあり方については、もっと多くの主権者に関心を持って欲しい。そのためには現状についての情報を、政治の責任として伝えなくてはならない。

また相模原市は3つの米軍基地がある。市是で全面返還を言っている割に、関係者でも基地の詳細を知っている人は少ない。

最後に、現在の日本の安全保障政策について、多くの異論反論を繰り返している私を、心よく招いていただいた関係者皆様に感謝を申し上げたい。

現地現場で話を聞くことは政治の基本。今後も参加していきたい。

【今日一日】
 8:30小田原市長選挙応援/小田原市
13:00田名地区公共交通整備促進協議会総会/田名
14:30隊友会県北支部講演会及び懇親会/座間市
17:30党支部街頭活動/相模大野駅
18:20笠浩史党県連会長と支部所属議員との懇談会/相模大野


2008年05月16日(金) 狡未犬覘甦尭

選挙を戦うと、多くの支援者と狡未犬覘瓩海箸出来る。その一体感と連帯感は、言葉では言い現せない程だ。

しかし当選後、議会へは1人で行く。そこには、同じように戦ってきた議員たちがいる。

党や会派が同じでも、選挙はあくまで個人名。仕事の仕方も人によって違うし、あくまで個人商店の共同組合という感覚だ。

市議時代を通じて、テーマごとに友情や敵対が生まれ、多くの離合集散を私も経験してきた。

今日のこと。「仲間と一緒に仕事をしている」と、強く実感できる瞬間があった。ここまでの感動は、過去初めてのことだ。

特に昨年4月に初当選した同志に助けられた。支援者皆様には申し訳ない話だが、前回落選したことによって同期になったのだ。

ただ残念なことに政治はそれだけではない。「政治は対話」であるはずなのに、「政治は権力闘争」という人がいる以上は、また離合集散も繰り返されるかもしれない。

しかし今日の感動を胸に刻み、今後も頑張っていきたい。

【今日一日】
 9:00党県議団1期生の会勉強会(補助金行政)/県庁
12:30党県議団会議/県庁
13:00本会議/県庁
13:30永年勤続議員お祝いの会/県庁
16:00党県議団会議/県庁
(継続的に2130まで)
22:30議員有志にて懇談/横浜市中区


2008年05月15日(木) 地下そば伝説

「県庁旧庁舎地下に、そば屋(通称地下そば)がある。」この都市伝説を何度か聞いた。

議員はもちろん職員でも、行った人をほとんど聞かない。ある50代の行政幹部曰く、「二十年前くらいに行ったなー。今もあるの?」

初当選後1年を経て、ついに自ら確認する時が来た。議会は新庁舎だが、昭和初期建設の旧庁舎に入り、会談で地下に降りる。

鉄パイプむき出しで電灯も暗く、じめっとした雰囲気、まさに地下という感じだ。倉庫も管理する法務文書課以外、行政の部署は見当たらない・・。

しかし何となくいい匂いが漂ってくる。これはまさにそばをゆでている匂い。しばらく歩くと、そこに入り口を発見した。

店の名前はそのまんま「食堂」。メニューは、そば・うどん・おにぎり・いなりだ。260円のかけそばに、プラス20円でネギをトッピングして食べた。

美味しい!お店の方に聞いてみると、午後2時まで営業しているとのこと。また来よう。

【今日一日】
 9:10事務所引越し準備/事務所
13:00調査活動/県庁
15:00連合神奈川政策委員会(地域産業・中小)/横浜市中区
18:30市行政幹部・議員有志と懇談/橋本
地下そば入口


2008年05月14日(水) 幼稚園の大会

選挙で推薦を頂いた団体は、労組以外では三つしかない。その一つが相模原市幼稚園協会だ。市議時代からのお付き合い。初めて立候補する際、母校(園)に挨拶に行ったのがきっかけだ。

今日は年に一度の教育大会があった。新しく採用となった先生など、数百名が参加していた。仕事柄女性が圧倒的だが、男性教諭も数名散見された。

幼稚園・小学校・中学校・高校・大学・各種学校とある。それぞれ個性を活かした教育が求められるが、行政がその相違を言うのは大体マイナスの時だ。「幼稚園は義務教育ではないから・・・。」などは典型。

また幼保の関係でもそう。「保育園は福祉、幼稚園は教育」と、行政上の縦割りは、園に通っている子どもからすれば関係ない話。

幼児教育の重要性は、社会共通の認識になっている。多くの課題解決に向けて、しっかり取り組んでいきたい。

【今日一日】
朝箱根町から帰相
11:15支援者と打合せ/事務所
13:30相模原市幼稚園協会教育大会/市民会館
16:00党市議数名と情報交換/市役所
18:40相模原塗装組合懇親会/市民会館
19:00後援会役員会/市民会館
20:15スタッフと打合せ/事務所
後援会役員会


2008年05月13日(火) あと10日の不思議

政令市移行についてだ。昨日県の担当と話をしたが、事務委譲については協議がほぼ終わり、残りは‘NPO法人の認証’と‘温泉掘削の認可’の2件のみ。

そして市にとって移行のデメリットとなる県債の委譲については、まだ県市で詰めた協議は公式に行われていない。私自身いまだ公式には、その金額案を聴いていない。

しかしだ。「あと10日くらいで市長と知事のトップ会談で決着が付く」との噂がここ数日流れている。色々探ってみると、どうも信憑性のある話のよう。

これでいいのだろうか。しかし市長が腹を固めた時点で、少なくとも市議会に対しては金額を報告し、臨時議会でも開いて議論すべきだろう。また市民と責任を共有するため、この件に限定した住民説明会も実施すべきだ。

知事と会うのは、その後でもいい。県市基本協定は、年末までに締結すれば、手続き上は間に合う。ならばこの大きな課題については、少なくとも数ヶ月の時間は取るべきだ。

【今日一日】
12:00書類整理/事務所
12:30支援者訪問(ポスター貼り替え)/上溝
13:30LPガス協会相模原支部総会/麻溝台
16:00小田原市長選挙応援/小田原市
18:00宅建協会相模北支部懇親会/箱根町
小田原駅でビラ配り


2008年05月12日(月) 正義より平和を

大いなる陰謀を見た。前から思っていたことだが、やはりトムクルーズは悪役がいい。また演出も良く、全体の完成度も高い。是非ご覧頂きたい。

主人公である米上院議員の部屋に、ルーズベルトの言狎亀舛平和かなら、迷うことなく正義を選ぶ瓩飾ってある。

私なら「迷うことなく平和を選ぶ」だ。政治の役割は‘一つの正義’を決めることではない。‘複数の正義’を認め合う社会をつくることだ。

平和を戦争がない状態と定義するならば、それは政治の強い決意によって実現出来る。現に日本はこの60年間戦争をしていない。それを誇りとすべきだ。

世界平和実現に向けて、引き続き努力していきたい。

【今日一日】
10:00書類整理/県庁
10:30生活援護課と意見交換(自立支援関係)/県庁
11:10政治団体書類届け出/県庁
11:30市町村課と意見交換(政令市関係)/県庁
18:00党地方議員フォーラム懇親会/東京都新宿区
21:30大渕健新潟県議と懇談/東京都墨田区
党地方議員フォーラム


2008年05月11日(日) 国際金融の講演

連合神奈川の推薦議員で会をつくっているが、今日はその研修会を箱根町のホテルで行った。

テーマは犢餾歸な金融の動向と日本の方向性瓠F餡鬚なと思ったが、証券会社役員の講師が、とてもわかりやすく解説と持論を述べていた。

「日米の経済状況は言われているよりも遥かに良好」「グローバル化は皆を豊かにしている」とのこと。後段は異論あり!だが、データの上で過去最高の数値を上げている分野があるのも事実。

一方「所得が需要に結びついていない。これが日本経済最大の問題。」は共有できる。その原因に牾丙広瓩魑鵑欧討い拭このスーパー金融マンをしてそう言わせる位の実態なのだろう。

さてここから先はまさに価値観だが、日中の経済関係をして「労働力の不等価交換」と言い放ち、「それ故日本にチャンスあり」はまさに帝国主義の発想。何とこの著者は「新帝国主義論」という本も書いている。

グローバル化による国際分業体制は、今後地球規模での新たな可能性を生むだろう。しかし同じ人間同士の労働力が不等価になっていることは、今後世界平和実現のために解決すべき課題だ。

リアルな現状分析に感銘しながらも、この現状を放置してはいけないと、更に決意させられる講演だった。

【今日一日】
 9:00小田原市長選挙応援/小田原市
15:30連合神奈川議員団会議研修会/箱根町
小田原市長選挙出陣式


2008年05月10日(土) 11夜連続で

手帳を見てみると、何故か夜から予定が埋まっていく。昨日から11夜連続宴会が始まった。体には気を付けながら飲んでいるが、とにかく誘って頂けることはありがたい。

自分なりにルールを決めている。最低1時間ほどは席にいることだ。それ以上の無理なかけもちはしない。犲膰⊆圓箸琉娶交換瓩箸いΥШЯ鮑廚慮饗Г鯤したくはない。

「やあやあどうも」で去っていく議員は、結果的に主権者の政治不信を生むだけと思う。そうなってしまう時は、参加を断る勇気も必要だろう。

【今日一日】
10:00支援者訪問(数軒)/市中〜南部
15:00事務作業/事務所
18:00上溝地区石橋自治会歓送迎会/陽光台
20:00異業種交流会‘八社会’例会/富士見


2008年05月09日(金) ‘同上’ではダメ?!

関係する政治団体に、住所などの変更が生じたので、県庁内の選挙管理委員会で手続きを行った。

途中私の氏名と住所を続けて3回書くところがあり、氏名のみ記載し、住所は二つ目以降‘同上’にした。

嫌な予感がしたので、「これでいいですか?」と念のため聞くと、「いいですよ。」とのこと。すべて手書きなので約1時間がかかり、終了後に議会の控え室に戻った。

その後会議が行われ、終了後デスクに戻ると、狒挙管理委員会から電話あり瓩離瓮發。早速かけると、‘同上’ではやはりダメなので、書き直しに来て欲しいとのこと。「後日また行きます。」と答えた。

しかしどうだろうか。私は県庁が職場なので、いつでも行くことが出来るが、多くの県民にとって横浜市中区日本大通は、とても遠い場所ではないか。

平日昼間しかやっていない役所だから、結果仕事を休んで来ざるをえないし、ましてや今回のように再度と言われても、それは難しいはずだ。

もちろん役所にも間違いはあるので、そのことをほじくって云々はすまい。しかしもっと根本の、何故‘同上’ではいけないのか。その理由が定かではない。

デジタル化の時代に、そもそも何十枚もの書類を出すのも問題だし、間違いを二重線とハンコで訂正するなどは、時代遅れかつ不効率なやり方だ。

政治団体の書類は、ある意味関係者のみかもしれないが、他多くの届け出も、いまだこの様な体裁をとっている。制度をつくっている政治の責任は大きい。

さっそく改善を提案していきたい。

【今日一日】
 9:45支援者訪問(数軒)/市中部
11:00事務作業/事務所
12:00行政相談(警察関係)/西橋本
13:40政治団体関係書類届け出/県庁
15:00党県議団ロースクール(下記写真)/県庁
18:55上溝地区自治会連合会歓送迎会/陽光台
21:00会合/相模原
第4回ロースクール(前岩手県議会事務局の方より議員提出条例について経験談を伺いました)


2008年05月08日(木) 海に浮かぶ街

昨日に引き続き県外調査だ。朝一番で福岡市役所へ行き、2つのテーマについて説明を聞いた。

一つ目は、福岡市と北九州市の連携について。お隣の政令市同市で、長年にわたり多くの交流をしているそうだが、企業や観光客誘致ではライバル関係とのこと。それはそうだ。しかし2日間の感想としては、前向きの都市間競争が出来ているようだ。

二つ目は、湾を埋め立て建設中のアイランドシティ瓩砲弔い董4覿箸世韻任覆住宅地も整備されており、何と子どもが通う小中学校まで完成している。巨大な街がこの前まで海だったとは・・、人間の限りない業を感じさせられた。

福岡市は年に1、2万人口が増えている。どこもそうだが土地がないので、その対策としての意味合いが大きいとのこと。しかしいずれは人口減に転じる。

人ごとではない。神奈川県も相模原市も、その時に備える発想が必要な時だ。

【今日一日】
 9:30福岡市役所にて調査
(福北連携及びアイランドシティの整備)
11:00アイランドシティ現地調査
16:05福岡発飛行機で羽田へ
20:00書類整理/事務所
海に出現した‘アイランドシティ’


2008年05月07日(水) 北九州市で調査

北九州市に県外調査に来た。小池義和、二木栄一相模原市議も一緒だ。始発のバスから電車など乗り継ぎ、羽田発朝8時半の飛行機に乗った。

午前中は、到着したまさに北九州空港にて実地調査。新しい空港をつくる際に、北九州市と福岡県が出資している。神奈川県も、現在工事中の羽田空港拡張に補助金を出しているので、説明の中身はその参考にもなった。

その後レンタカーを借りて一路市内へ。午後は北九州市役所内で、子育て支援について先進施策を聞く。北九州市は、子育て支援について政令市ナンバー1と評価を受けている。それに相応しい多くの取り組みが行われていた。

役所の仕事は縦割りになりがちだが、福祉や教育などの分野を犹勸蕕騰瓩箸いΕーワードでくくっており、進行管理を担当部署がしっかりやっているとのこと。

更には特徴的施設である、市立ふれあい交流プラザを見に行く。子どもや親同士が交流出来るだけでなく、子育てに関する悩みが相談出来る、いくつかの分野のプロも配置されている。

また施設内には、家庭内における子どもの危険箇所について、模型や人形をつかって啓発するコーナーがある。(下記写真)。そんなに大きくない施設に、多くの要素を詰め込みすぎではとも思ったが、利用率が高いのはそれだけでも素晴らしい。

政令市に相応しい‘都市機能’とは何か。改めて考えさせられた。

【今日一日】
(終日北九州市にて県外調査)
10:30北九州空港にて調査(空港建設と運営)
14:00北九州市役所にて調査(子育て)
15:30北九州市立つ育てふれあい交流プラザ現地調査
夜福岡市内泊

北九州市役所にて調査・左から私・二木市議・小池市議

北九州市立子育てふれあい交流プラザ(上記)


2008年05月06日(火) パンダもいいが

中国の胡錦涛国家主席が来日した。パンダの貸与はありがたいが、それで重要な政治課題を忘れる訳にはいかない。

真の日中友好を築くことは、自らのライフワークだと思っている。そのためには、日本も過去の総括をしっかりする必要がある。そして先の小泉総理のような、誤った歴史認識に基づく行動も慎むべき。

しかしだ!それとチベットの話は別。かつての日本の外交軍事が間違っていたのと同じ理由で、中国共産党のやっていることは許すわけにはいかない。オリンピックに関して、世界中で起きている批判と抗議を日本もしっかり受け止めるべきだ。

さて公式会談で福田総理は何を話すのだろうか。もちろん触れ方には冷静さが必要だが、言うべきことは言っておく必要がある。もし近い将来に中国の体制が変わったとき、振り返って恥ずかしくない日本の対応であって欲しい。

今や最大の貿易相手国は中国。文字通り狎擇辰討眄擇譴覆き甦愀犬築き上げられつつある。そのことを自信としてもいいだろう。オリンピックの開会式に行くのもいい。しかしだからこそ、毅然と言えることがあるのではないか。

【今日一日】
11:30知人告別式/東京都墨田区
17:00名簿整理&PC打ち/事務所


2008年05月05日(月) ダイエット告白

「痩せたね」と最近言われる。その通り。実は生まれて初めてダイエットをした。何となく気恥ずかしかったので黙っていた。

元来見てくれは全く気にしないが、せっかく議員として仕事を与えていただいたので、健康については気を付けようとの思いからだ。

2ヶ月前は95キロ前後をさまよっていたのが、現在は何だかんだで大体85キロくらい。実に10キロの減量だ。

しかし大したことはしていない。唐揚げやトンカツを食べない。ご飯は大盛りにしない。日本酒は控える・・・。飲んだ後にラーメンは食べない。

それでしてこの減り方。いかに無駄に飲食していたかの証明だ。今は休止中でリバウンドのみ気を付けている。

しばらくしたらベスト体重の80キロ(医者曰く)に挑戦してみたい。

【今日一日】
17:30知人お通夜/東京都墨田区


2008年05月04日(日) 20年という歳月

近所の居酒屋さんが20周年を迎えた。馴染みの客で集りお祝い会を催した。

この店は元々父の行きつけだった。一緒に飲む時も全てここ。最近は私に狢綢悗錣雖瓩靴討い襪、政治活動でも皆さんに大変お世話になっている。

酔っぱらいながらも、開店当時のことを色々聞いた。その前は八百屋か豆腐屋だったらしいが、皆すっかり忘れて思い出せない。移り変わりは記憶の彼方に。

自分を思い起こしてみる。政治活動は18歳で始めた。さ来年で20年だ。目指すべき社会の実現がほど遠いことを考えると、時間の流れの速いことに焦ったりもする。

しかし議員として職にある以上は、当然に言い訳は通用しない。狷は冷静に心は熱く瓩箸いΕ廛軅鎖世粘萃イ辰討い。

【今日一日】
12:00居酒屋さん20周年/上溝


2008年05月03日(土) 政調費自主公開!

政務調査費の使途について、このホームページ上で公開することにした。選挙時に「1円からの領収書公開を訴えます!ダメなら自分のものは自主公開します!」と訴えた。

1年間取り組んだ結果、条例改正を実現し、すべての領収書を提出することになった。しかし情報公開請求は手間もかかるし、説明責任という意味では一層の努力も必要だ。

この自主公開に対して、どんなご指摘が出るだろうか。楽しみだったりもする。狎治活動とはどうあるべきか瓩修留扮鵑硫歛蠅蓮⊆膰⊆圓箸竜掴世侶覯未らしか導き出されないのだから。

【今日一日】
13:00事務作業/事務所
14:40行政相談(福祉)/麻溝台
17:00大凧まつり式典/磯部


2008年05月02日(金) 消防団員として

この日記は過去の記載も見れる。第一回はタイトルが表示されているが、テーマは消防団についてだった。

今日退団した友人は小学校の同級生だが、私が入団した前年に持ち回りの部長をしていたから、実にその後10年間も活動したことになる。

非常時の備えとは言いながら、果たしてしっかり役割を果たせるのか。団員である自分自身が不安を感じている。

新入団員の募集については、最早自治会に頼るのは限界だ。行政が直接力を入れれば・・と思うこともあるが、現状に至っては部(地域)の合併も検討しなくてはなるまい。

いまだ現役団員として籍をおいている以上は、現状の問題点について行政に訴えていきたい。

【今日一日】
 9:30支援者訪問/横山
11:00報告書作成/事務所
11:45支援者訪問/富士見
15:00打ち合わせ/東京都新宿区
22:00消防団友人退団祝い/上溝


2008年05月01日(木) 小田原市長選挙

小田原市長選挙が行われる。5月18日が投票日だ。現職は引退するが、新人として豊島きよし前県議が挑戦することになった。

民主党・かながわクラブの先輩であり、僅か1年だが大変お世話になった方だ。期間中は何度も応援にいくつもりだが、今日は事前の手始めで応援演説をした。

先日も消防広域化について小田原市に調査に行ったが、県西部の拠点としてその位置づけは今後も増していくだろう。市町村合併についても、協議の中心になっていくはずだ。

統一地方選と外れているので、低投票率にならないかが心配だ。政策パンフにもあった多くの政策課題を提示しながら、小田原市民の関心を集められるよう努力していきたい。

【今日一日】
1000書類整理/事務所
1030小池義和・二木栄一市議と打ち合わせ/市役所
1300小田原市長選挙応援/小田原市
1800書類整理/事務所
小田原駅頭にて応援演説


てらさき雄介 |MAILHomePage