てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2008年04月30日(水) ガソリンの列

何故所属する党に意見するか。それは私も直接責任を負っているから。もちろん党に対してではなく、最も大切な主権者の皆様に対してだ。

支持率に象徴されるように、最早自民党に政権担当能力はない。しかしそれでも政権交代出来ないのは、我が党の言動に主権者が不信を感じている故。

今日も国会議員の多くは、きっと永田町にいるのだろう。それは仕事だからいい。しかし地域に思いを馳せる想像力は欲しい。ガソリンスタンドは大渋滞だ。

満タンに入れても1、2千円の差だが、それでも切実と考える生活をどう考えているのか。先月値下げで今月値上げ?!そこに至った党利党略に、改めて異議を唱える。

小沢党首も言っている。「妥協すべきはするが、国のカタチに直結することは貫く」と。ならば基本である道路特定財源の一般財源化で合意すれば、その後は話し合いが出来たのではないか。

繰り返す。党利党略を捨てねばならない。それを主権者は望んではいない。自民党云々ではない。狢梢佑鯤僂┐襪覆蕕泙瑳分から畆匆饋佑箸靴導悗峇靄椶任呂覆い里。

【今日一日】
1100報告書作成/自宅
1330書類整理/事務所
1900上溝地域のまちづくり提言書説明会/上溝
2030支援者訪問/上溝
上記上溝地域の会議風景


2008年04月29日(火) 祝日の県庁

祝日だが県庁へ行った。どうしても必要な書類整理があったためだ。裏口の守衛に挨拶し、控室の鍵を受け取る。

議会は誰も来ていなかったが、他部署は何人か仕事をしている様子。お疲れ様です!

県民サービスに直結する部署は、土日・祝日も窓口を開けるようにすべきだ。

【今日一日】
日中私用
1630書類整理/県庁
県庁舎


2008年04月28日(月) 県議会情報コーナー

県庁の1階ロビーに‘議会情報コーナー’がオープンした。端末からは議会の制度や議事録など、詳細な情報を見ることが出来る。またその上には選挙区別に議員の顔写真が掲示してある。

県庁を訪れた県民が、よく足を止めて見ている。良いことだ。装置としては大したことはないが(すいません・・)、結果県民の関心が集まっているので“当たり企画”と言える。

些細なことでも情報公開になる。単に難しい言葉を並べるだけでなく、県民がどういう切り口で県議会を見ているか、その視点にあわせていくことは必要だ。

【今日一日】
1000挨拶まわり(数軒)/市中部
1400行政相談(福祉)/事務所
1510支援者打合せ/富士見
1600PC打ち/事務所
議会情報コーナーの端末


2008年04月27日(日) 有志による政策議論

次期衆議院選挙に向けて、有志で政策を話し合った。党にはマニフェストがあるし、候補者本人の考え方もある。

しかし国政はテーマが幅広いため、どこに重点を置くかを決めておく必要がある。また大勢で運動をしていくため、ある程度のメンバーで意思統一もしなくてはならない。

\治・行財政改革
教育・社会保障改革
4超・外交政策改革
ち衞聾驚楼萓策

以上4つに絞りながら、それぞれに詳細な項目をつくることにした。いまだ議論の途中だが、近日中にはパンフレットにまとめる予定だ。

【今日一日】
1100書類整理/事務所
1210新舞踊舞台挨拶/富士見
1400上溝壮年ソフトボール大会閉会式/下溝
1600次期衆院選政策打合せ/東淵野辺
ソフトボール大会


2008年04月26日(土) ゴミの最終処分場

生活すればゴミが出る。それを焼却すれば灰が残る。技術の進歩やリサイクルの促進で、量は年々減ってはいるが、完全に無くなることはない。

その焼却灰を最終的に埋めるのが、今日第二整備地区が竣工になった最終処分場だ。そこに埋められた灰は自然に還らないまま、半永久的に地中に有り続ける。

挨拶のなかで市長も言っていたが、これを機会によりリサイクルを進め、最終的に残る廃棄物をゼロに限りなく近づけていく努力は必要だ。

最近特に気になるのが宴会の料理。パーティーなどもそう。ひどい時は半分位が残飯になっている・・・。自省しながら、訴えていきたい。

【今日一日】
 930相模原地域メーデー/麻溝台
1100廃棄物最終処分場竣工式/麻溝台
1210支援者訪問(打合せ)/富士見
1300支援者訪問(入党手続き)/千代田
1400NPO法人さがみはら市民会議総会/富士見
1545書類整理/事務所
1700打合せ/中央
1830本村賢太郎総合選対結成式/相模原
2015消防団1−1後援会総会/星が丘
2130会合/相模原
最終処分場の穴


2008年04月25日(金) 民意の‘縮図'

終日地元活動だ。行政相談・支援者訪問・党活動など、一日ではやり切れない分量があった。横浜など‘都会’出身の議員には理解出来ないかもしれない・・・。

いつも批判ばかりしているが、我が党小沢一郎代表にも名言がある。「選挙区は民意の縮図」。確かにそう信じなければ、やっていけない面もある。またそれが真実なのかもしれない。

今日聞いた意見を、自分なりに斟酌し、今後の県政活動に活かしていきたい。

【今日一日】
 850支援者訪問/上溝
1000報告書作成/自宅
1210支援者訪問/富士見
1245書類整理/事務所
1400支援者訪問(入党手続き)/上溝
1610NPO(環境)役員・小池義和市議と意見交換/市役所
1810支援者と面談/清新
1930池谷健市議他知人と会食/相模原


2008年04月24日(木) 強敵と戦う友人

市内のビジネスホテルに宿泊し、午前中は大阪府庁舎に来た。荘厳な感じの建物だ。

神奈川県では現在、県立病院の独立行政法人化について検討している。その参考とするため、既に移行を実現した大阪府立病院の運営について説明を受けた。

午後は新幹線で都内に直行。党福岡8区山本剛正氏の励ます会に参加した。10年来の友人だ。1年半程前に、同じ場所で壮行会を開いて以来だ。

彼が今戦っているのは、自民党の麻生太郎代議士。かなりの大物である。その主張には異議あるところが多いが、国民的人気があるのは事実。厳しい戦いだ。

しかしそれでも挑戦する人がいる!そうでこそ世の中が変わる。ご指導頂いている先輩の言「一人では何も出来ない。しかし一人から始めないと何も変わらない。」

必勝を期して頑張って欲しい。私も出来る限り応援していく。

【今日一日】
1000大阪府立病院の独立行政法人化について/大阪府庁
午後大阪から移動
2000党福岡8区山本剛正氏励ます会/東京都新宿区


2008年04月23日(水) 超党派で大阪へ

県外調査に来ている。下の写真向かって左から、松尾崇(県政・大志/鎌倉市)・長田進治(自民/海老名市)・私・井手拓也(民主/藤沢市)と、超党派のメンバーだ。

今日のテーマは2つ。まずはユニバーサルスタジオジャパンについて、その設立経過と市からの出資について話を聞いた。場所は大阪市役所内だ。

当初は第三セクターとして運営していたが、なかなか経営が上手くいかなかたそう。現在は外資系などからも出資を募り、純粋な民間企業として経営をしている。

既に行政としての役割は終わったとの見解から、今後は出資など財政上の関係を整理してとのこと。しかし聞くにつけ、この施設がもたらす経済・雇用面での波及効果は図りしれない。

過去多くのテーマパークを見てきたが、中途半端な施設はほとんどが経営破綻している。やるならこれ位の規模にすべきだが、立地条件やまちの‘実力’を考えると、大阪市だからこそ上手くいったのだろう。

次は、高齢者の社会参加を取り扱っている、大阪市立いきいきエイジングセンターに行った。各行政区ごとに老人センターがあるそうだが、それとは別の位置づけで運営されている。

指定管理者制度のもと、老人クラブ連合会受託しており、その役員から丁寧に説明を聞いた。かなり立派な施設だ。日々開催している高齢者向け講義が、ほとんど定員一杯なのはすごい。

公共施設における最低限の基準は、狢燭使われること瓠その意味では合格なのだろう。しかし次の基準は、犖果が現れているか瓩澄今後課題が多いとの率直な説明だった。

夜は食事をしながら(当然自費)意見交換を行った。それぞれ会派が違うので、悩み?など言い合って有意義だった。

【今日一日】
(県外調査)
午前中大阪へ移動
1330USJへの出資と経営改善について/大阪市役所
1530いきいきエイジングセンターの運営について/大阪市北区
大阪市内泊
参加議員全員で


2008年04月22日(火) 死刑判決と制度

光市母子殺人事件の差し戻し審で死刑判決が出た。

死に値する罪はあると思う。今回の事件もそうだろう。従って判決が死刑であったことは理解出来るし、またそうあるべきだったのかもしれない。

しかし死刑制度自体について是非を問われれば、いまだ結論が出ずに悩んでいる。

「誤審の可能性は常にあるのではないか」
「国家に人を殺す権利が本来あるのか」
「殺人という意味では犯人と同じ行為ではないか」
「生きていることを否定される命は存在しないのではないか」

司法当局はもっと情報公開をすべき。あえて議論させないよう、執行を含む情報を秘匿している。

被害者のご冥福を改めてお祈りする。失われた命は戻らないが、同様の犯罪が繰り返されないよう、今回の裁判と判決を教訓として活かしていくべき。

そして忘れてならないのは、今この時も世界中でまさに‘国家’によって、今回の事件と同じく理不尽に、多くの人々が命を奪われていることだ。

命の重さと尊さを何時も忘れずに、明日からも政治家として頑張っていく。

【今日一日】
 900調査活動/県庁
1300党県議団1期生と団長との懇談会/横浜市中区
1600打合せ(衆院選関係)/東淵野辺
1645書類作成/事務所
1900月例ミニ県政報告会(社会保障について)/市民会館
2030PC打ち/事務所
ミニ県政報告会


2008年04月21日(月) 総務政策常任委員会

総務企画改め、総務政策常任委員会が開催された。閉会中審査だ。5月に委員が改選になるので、今日が実質的に最後の質疑になる。

(道州制について)

〇ビジョン懇談会中間報告を読んだ感想は
〇‘グローバル化’を前提にしていることの見解は
〇広域行政体としての県の限界をどう考えているか
〇国と道州の役割分担についてどう考えるか
〇債権の発行を道州で自主発行としてあることについての見解は
〇県として道州制について国に意見すべきでは

(指定管理者制度について)

〇指定管理者制度開始以来数年間の制度自体の評価と課題は
〇純粋な民間の企業や団体を積極的に使っていくべきでは
〇そのためにどのような取り組みを考えているか
〇実績の評価についての基本的考え方は
〇県民に対して指定管理についての情報を一層提供すべきでは

(米軍基地について)

〇過去と現在の脱走兵の情報は
〇脱走兵の情報提供について今回の事件前と後の日米両政府の違いは
〇同様の事件が続くことについて率直な感想は
〇地位協定のみならず安保条約についても課題を訴えるべきでは

【今日一日】
 810会合(議会関係)/横浜市西区
 945質問最終調整/県庁
1030総務政策常任委員会/県庁
1910会合(党関係)/横浜市西区


2008年04月20日(日) ‘てるて姫’を歩く

住まいの近くに‘てるて姫’に関する場所がある。数年前に市が散策ルートとして再整備した。

中途は何度も行き来したことがあるが、青年会議所事業の準備をするため、端から端まで数キロを全て仲間と歩いた。

改めて歩きながら見渡してみると、かなりいい雰囲気であることに気付く。普段市内の移動は、ほとんどが車だ。しかし歩いて見る風景こそ、本当の意味で大事かもしれない。

【今日一日】
終日相模原青年会議所例会/市内全域
青年会議所例会(子どもたちと竹とんぼをつくる)


2008年04月19日(土) とても美しい寺院

ある団体の機関誌を読んでいたら、数ページにわたりインド関連の記事があった。そこにアムリトサルの黄金寺院瓩写っていた。

学生時代にパキスタン・インドを旅したとき、たまたま立ち寄った場所だ。日本では余り映像が出ないので、とても懐かしくびっくりした。

旅の目的が別にあったので、元々立ち寄るつもりはなかった。しかし国境を陸路で越えるには通過する街なので、せっかくだからと一日のみ滞在した。

宿のおじさんから「是非行ってみな」と勧められ、リクシャーに乗って数十分かかった記憶がある。

そこは大きな壁に囲ってあるので、外から中を見ることは出来ない。しかし門を入った瞬間に見た光景。今でも海外で見た建造物で、一番美しいのはここと思っている。

渡航自粛地域に指定されている(後で知った)ので、今は旅をするに相応しい場所ではない。平和が訪れたら、今一度と思っている。

【今日一日】
 930富士工業労組新歓ボーリング大会/相模原
1200同昼食会/氷川町
1450世界平和女性連合支部‘春のつどい’/相模大野
1730相模原青年会議所委員会/上溝
ボーリング大会(始球式もやらせて頂きました)


2008年04月18日(金) イラク派遣の違憲判決

「航空自衛隊の空輸活動は憲法9条に違反する。多国籍軍の武装兵員を戦闘地域のバクダットに空輸するものについては武力行使と一体化した行動」

昨日名古屋高裁が出した見解だ。原告の訴え自体は認められなかったが「趣旨は達せれらた」と控訴しない方針とのこと。

一方政府も勝訴だったため控訴できず、裁判自体は終わりとなる。しかし首相は「問題ない」と派遣続行の判断を下した。

私が自衛隊の派遣に異議を唱えているのは、いわゆる違憲だからという理由ではない。そもそも必要性が薄いし、今後の国益にも反するとの判断だ。

しかし裁判所の判断に対して「それはそれ」という、余りにも軽い政府の態度はいかがなものか。派遣続行だというなら、それなりの説明が必要ではないか。

【今日一日】
 900支援者訪問/上溝
1050シュタイナー学園教育展/千代田
1200杉村康之府中市議と昼食/中央
1245書類整理/事務所
1400行政相談(福祉)/富士見
1430支援者訪問/青葉
1600党総支部議員団会議/市役所
1750書類整理/事務所
1900支援者・先輩・長友克洋県議と懇談会/中央


2008年04月17日(木) 相違を‘隠さない’責任

高校の同級生にお笑い芸人がいる。先日久しぶりに会って話をしたら、芸能事務所は最近2極化の傾向にあるらしい。

経済界の元締めである銀行をはじめ、多くの企業や団体も統合を進めている。進む先は2極化、そして独占だ。

社会のあり方も同様で、貧富の格差がはっきりしてきている。政治手法も小泉流の「白か黒か」が流行っている。さて政党はどうだろうか。やはり同様だ。

ここではっきりさせたいのは、2大政党制とは、爍欧弔里澂畧党がある状態を言うのではない。政権を争う基軸政党が、爍欧聴幣絖畭減澆靴討い襪海箸澄

民意が多様である以上、政党もまた多くあっていい。これは2大政党に所属しているからこそ肝に銘じて、少数政党や会派の声に耳を傾けねばならない。

また党内についてもそう。最近まわりから「くどい」とも言われるが、政党の党議拘束のあり方は、あくまで組織を維持しうる最低限度でいい。

党内の意見を内部において封殺するのではなく、違う意見が存在することを、そのまま主権者に対して提示するのが本来の責任だ。

自由に採決して仮に常に賛否半々になってしまうのなら、そんな面子で政党を組んでいること自体が間違いだし、大体7割くらいの整合性があればいいのではないか。

さて主権者の意見は年々多様化している。それこそ価値観や物事の判断基準が、十人十色になってきている。政党の2極化とは、むしろ逆の方向だ。

民主党が真の政権党になるためには、統制を強める方向で進むよりも、逆により多様な民意を集約出来る組織を目指すべきだ。

この意見は最早少数だが、だからこそ変えずに訴えていきたい。

【今日一日】
午前中党県議団政務調査会/栃木県日光市
1600調査活動/県庁


2008年04月16日(水) 禁煙条例

「公共的施設での禁煙」を明記した条例を制定すると、改めて松沢知事が記者会見で明らかにした。今後議会に提案していくとのこと。

6月定例会に向けて作業を進めるが、推進する立場で意見を言っていきたい。しかし賛成だからこそ、懸念についても検討しなくてはならない。

そもそも対象となる犖共的施設瓩箸呂匹海。病院や学校が入ることは、最早異議が少ないと思うが、飲食店まで含めてしまうことはどうか。ここは考慮が必要だ。

本来は喫煙者の自主的なマナーによって、受動喫煙を防止するのが筋。公権力の介入は最終手段だ。嫌煙家の前では遠慮するとか、大勢の前では吸わないとか手法はあったはず。これが自然に行われていれば、極論に至らなかったと思う。

感情的な賛否それぞれの意見を聞いているが、議員としては条例のメリットとデメリットを冷静に検証すべきだろう。

【今日一日】
終日党県議団政務調査会/栃木県日光市


2008年04月15日(火) ネコの遺骸と犹纏

某市役所で働いている方と話をした。

イヌやネコなど動物の遺骸があると、市民からの通報によって引き取りにいくとのこと。その人の本来業務とは余り関係ないが、行政サービスの一環でたまたま分担になっているらしい。

同様のことを、相模原市は保健所で扱っている。通報受けと指示は行政だが、仕事自体は民間に委託している。道路などで不慮に死んでしまった動物だけでなく、飼われながら死んだペットも区別なく引き取りにいく。

ペットは基本的に有料だが、たまたま敷地内で死んだ動物は無料だ。「野良が死んでいる」と言われ遺骸を引き取りにいったら、しっかり棺桶に入っていて、しかもよく似ている同種の‘遺族’がすり寄っていたらしい。

一体2500円の引き取り料を取られるのが、きっと嫌だったのだろう・・・。不正云々というよりも、微笑ましさと逞しさを感じるエピソードだった。これは問題発言?

ちなみに遺骸は引き取られた後、これまた民間の業者に渡される。そこで火葬及び埋葬をする。特に要望がない場合は合同葬になる。

特にオチはないが、とにかく犹纏瓩力辰和膵イだ。故に今日一番印象に残った。

【今日一日】
 830報告書作成/自宅
1300事務作業/事務所
1400現地調査(県有財産関係)/富士見
1530事務作業/事務所
2000消防団定期整備/上溝
消防団定期整備中(詰所にて)


2008年04月14日(月) 来年度への引き継ぎ

昨日の敗戦から一夜が明けた。気を取り直して頑張ろう!

党県議団政務調査会で、引き継ぎ作業を始めた。5人のメンバーで1年間仕事をしたが、ついに5月の任期切れが目前となった。

以下が本年行ってきた作業だ。

・代表質問、一般質問の調整
・本会議における討論の調整
・予算委員会、決算特別委員会の調整
・陳情、請願、意見書、決議案の調整
・議員提出条例についての他会派との調整
・ロースクール(政策法務学校)の企画運営
・党県議団ホームページの設置と維持管理
・プロジェクトチームの進行管理
・市町村、各種団体からの予算要望ヒアリングの実施
・予算要望取りまとめ合宿の企画運営
・予算要望書の作成と県知事への提出
・政務調査費に関わる事務全般
・県内、県外調査の企画実施
・部会長会議、拡大部会長会議の開催
・連合神奈川との意見調整
・時事通信サイトの導入と管理

今後個々の業務について、課題を整理し来年度の政務調査会担当者(5月中旬に決定)に申し送りする。党県議団として一貫性を保てるよう、最後まで責任を持って対応していきたい。

【今日一日】
 815調査作業/県庁
1000党県議団ロースクール(第3回)/県庁
1330党県議団政務調査会/県庁
1830県議有志で懇談会/横浜市中区
党県議団ロースクール


2008年04月13日(日) 党県連大会での発言

民主党神奈川県総支部連合会の定期大会が開催された。昨年度の活動報告と参議院選挙の総括、そして本年度の事業と予算について審議の上決定された。

大会の最後には、県連代表の選挙を行われた。神奈川では初めての試みだ。138票対139票という僅差で、応援した浅尾慶一郎氏は敗れた。思うことは多くあるが、‘敗軍の将兵を語らず’だ。

不遇の時こそ、真の友が出来るという。私もそうだった。敗者とその陣営が党内で受けるであろう‘罰’は、私も政治家として決断した結果なので覚悟している。

ただそれでも、友であり同志である浅尾慶一郎氏を、今後も引き続き支援していく決意は変わらない。

さて大会活動報告の質疑時間に、かねてから感じていたことを発言した。当選後初の定期大会だからこそ、多少波風が立っても言わなくてはと決意した。

以下発言内容(議事録を確認していないので1字1句この通りではない)

「14区総支部の寺崎雄介です。ただいま提案のありました2007年度活動報告について、執行部の皆さん、特に壇上にいる国会議員の皆さんに意見を申し上げます。

 総支部長の選任についてです。現在民主党の総支部は、単に衆議院選挙対策のための支部ではなく、地域住民との接点として非常に重要な位置づけであります。従ってその代表たる総支部長の選任は、衆議院候補者を決めるという以上の意味を持ちます。

 現在当14区においては本村賢太郎総支部長を中心にして、党員一丸となって次期総選挙に向けた取り組みをしています。12月の総支部長決定から間もなくして、その体制をつくることが出来たのは、一重に現総支部長を私たち自身が選んだという自覚がもてるからです。並立ではありましたが、私たちの推薦した通りの決定を、県連と本部がしたことには感謝しております。

 しかしながら過去においては、当14区でも地元から推薦した人物を、県連も本部も選んでくれなかったことがありました。その際も意見を申し上げましたが、とりつくしまもありませんでした。

 神奈川県内でも全国でも、同様のことにより党の地域活動に悪影響を及ぼしている場合が少なからずあります。今後は地域総支部の意見を重視し、その検討と決定をされることをお願い申し上げます。

 また本人がいらっしゃる前で恐縮ですが、4区の公認問題についてです。県連の決定したことについて、小沢一郎さんをはじめとする他の地域の方々から違う意見が出来ることはあり得ることですし、権限が本部にある以上は、出された見解について理解しなくてはとも思います。

 しかしながら新聞報道にもありましたように、県連所属の国会議員が本部からの意見徴収に対して、県連決定と違う意見を具申したことについては、憤りを感じております。

 私は県連常任幹事会のメンバーでは残念ながらありませんが、それでもその決定は遵守しております。 国会議員の皆さんは、私たち地方議員とは比べものにならない位、影響力があるということを自覚頂いて、以後言動を行って頂くよう要望いたします。

 最後になりますが、次期衆議院選挙においては、県内18選挙区すべてで勝利出来るよう全力を尽くしてまりいます。」

【今日一日】
1130報告書作成/事務所
1500党県連定期大会/横浜市西区
1845書類整理/事務所
党県連大会


2008年04月12日(土) 若手士業の仲間と

相模原で仕事をする若手士業(一級建築士・行政書士・司法書士・社会保険労務士・税理士・弁護士・不動産鑑定士)十数名で、‘ひばり会’という会をつくっている。私も爛ブザーバー瓩箸靴禿初から参加している。

今日久しぶりに皆で集まり、ワイワイと酒を飲みながら情報交換をした。大分長くいたが、仕事柄だんだんとまじめな話に。規制緩和とグローバリゼーションの流れで、各業の仕事分野が変わってきているとの認識だ。

しかし皆社会的に影響が大きいプロであることを自覚しているので、自らの職域云々という狭い視点での意見はない。むしろ弁護士などに顕著な傾向として、士業としての仕事能力が低下していることに危機感を持っていた。

資格の持つ意味には、それを持っていることによって、依頼者が安心出来るという側面がある。しかし一番大事なのは仕事の結果。それが資格に値する内容であったときに、初めて社会的な信用が出来てくるのだ。

「これでも弁護士?という位のレベルに最近よく会う。」友人の弁護士からそう聞いたとき、背筋が寒くなるような危機感を覚えた。今一度、仕事の有り様を業界と政治で考え直し、それに値する資格制度と、その後の運用を考えるべきだ。

【今日一日】
1000報告書作成/事務所
1300ひばり会(若手士業の会)花見/相模原
1900八社会(異業種交流会)例会/富士見


2008年04月11日(金) 党県議団HPが完成

猝閏臈沺Δながわクラブ瓩ホームページが完成した。県議会は会派中心に運営されており、それぞれが情報発信することは大切だ。

とりあえず議員の紹介などから始めているが、本会議での質問も見れるようになっている。広告会社ではなく党支援者による手作りだが、かなり上手く出来ていると思う。

都度皆で話し合って掲載記事を決めていくが、ホームページは更新こそ大切だ。担当(政務調査会・5月まで)の一人として、今後も内容について考えていきたい。

【今日一日】
 930調査/国会図書館(東京都千代田区永田町)
1300挨拶まわり/衆参議員会館(同)
1710会合(党関係)/横浜市西区
1930支援者と会食/中央〜田名


2008年04月10日(木) 中学校給食について

党県議団の1期生で牴甲硫餃瓩箸いΣ颪鬚弔っている。メンバーは11名いるが、毎回持ち回りで興味あるテーマについて意見を発表して、それについて皆で議論をする。

今日は曽我部久美子議員(横浜市戸塚区選出)の番。テーマは中学校給食について。既に相模原では一部導入が決まったが、横浜では何とゼロパーセントの現状。

「予算がない」は通用しない。何故なら県内でも、中小自治体ほど実施率が高い。政令市に必要な都市機能とは交通や病院だけでなく、給食を含む教育分野にもあるはずだ。

さて給食制度については、制度自身が抱える問題点もある。それを踏まえても、今再び必要性が高まっている。これは子育て支援という、大人向けの施策というだけではない。

栄養のバランスが悪い子ども、朝ご飯を食べないこどもが急激に増えているのだ。経済大国にして情けない話だが、現実に可哀想な子どもが増えている。食育という社会全体の取り組みが求められる。

県として出来ることは何か。仲間の議員と一緒に考え、行動していきたい。

【今日一日】
 800会合/横浜市中区
 900温知会(党県議団1期の会)例会/県庁
1015連合神奈川政策委員会(福祉)/横浜市中区
1230党県議団会議/県庁
1810学校法人中野学園会議/東京都中野区


2008年04月09日(水) 県議会は県庁内に

県庁新庁舎に県議会はある。議場も含め5階〜9階まで。各会派ごとに控室(執務室)があり、その面積は議員数に比例して割り振られる。民主党・かながわクラブは7階。自民党に次ぐ広さだ。

その控室はー耕骸次´会議室 1接室と区分されており、その他議会局から派遣されている職員のスペース、またコピーやファックスがあるコーナー、更には打合せ用の会議机もある。

議員個人には、机とロッカー更にはパソコンが貸与される。しかし机に向かっている時間は少なく、むしろ控室や県庁内をあちこち移動している。他会派の部屋に行くこともある。

今日のように閉会日は来る議員も少ないので、ゆっくりじっくり仕事が出来る。しかし開会日になると、一気に36名がやって来る。かなりバタバタした雰囲気だ。

さて神奈川県議会に限らず、大なり小なり役所内には議会フロアがある。またそこには議員の仕事場も。全国比較では神奈川は狭い方だが、それで不自由を感じたことはない。

【今日一日】
 800政務調査費報告書作成/自宅
1230調査活動/県庁
1400会合(党関係)/横浜市西区
1700挨拶まわり(数軒)/市南部
1800書類整理/事務所

党県議団執務室と私の机


2008年04月08日(火) 交通違反に例外を

連合神奈川の政策委員会に参加した。テーマごとに分かれて開催され、今日は「地域産業・中小」がテーマだ。あわせて関連する交通問題なども議論された。

特に話題になったのが駐車違反について。福祉関係の車両なども取り締まりの対象になっているため、もう少し融通が利かせられないかということ。確かに地域でもよく聞く意見だ。

さて対策。参加議員からも発言があったが、県警としては法を遵守するしかない。逆に警官が現場において、勝手に判断することは許されない。政治が責任を持って法を改正するか、あるいは法の解釈や運用を変えるしかない。

さて駐車違反の例外で考えられるのは、上記福祉関係や配送関係、その他葬儀の車両などもある。許可制などにして、例外を柔軟に認めるべきだ。

【今日一日】
 700駅頭活動/南橋本駅
1000明大中野八王子中・高校入学式/八王子市
1330事務作業(PC)/県庁
1500連合神奈川政策委員会(上記)/横浜市中区
1750事務作業(書類整理)/事務所
明大中野八王子中・高校(母校)入学式
*遠く壇上の向かって右端に座ってます


2008年04月07日(月) 浅尾慶一郎氏を支援

当地神奈川14区の本村賢太郎衆院予定候補と、私自身の支援者のお宅をまわった。彼とは過去2回選挙を戦いながら、今は自然な気持ちで一緒に行動している。「以前の友は今日の敵」は願い下げだが、「以前の敵は今日の友」は大歓迎だ。

その最中に、今月13日に予定されている党県連代表選挙について、いくつかの電話やメールがあった。私は既に浅尾慶一郎氏の支援を明確にしているが、それでも双方から依頼と確認があるのは、やはり選挙というものか。

ふと思い起こした。初めて浅尾慶一郎氏と会ったときのこと。市議に初当選した翌年の1998年、今から10年前ほど前のことだ。当時の私は党籍なし。新進党解党後、民政党(当時あった)か自由党か迷っていた頃だ。

所属会派は、市議会最大の犹埓クラブ瓠B臠召自民系の議員だった。参院選挙があり、先輩から「今度自民候補の会があるから来てみなよ。」と、ありがたくも誘って頂いた。しかし反自民でいきたいと考えていたので、丁重にお断りした。その後新人の浅尾慶一郎氏(旧民主党公認)を、自らの意志で応援しようと決めた。

初めての会ったのは、告示日に行われた出陣式。市内西門に設置された事務所前だった。参加者議員は、当時全くお付き合いがなかった労組系の議員と、同じく共闘関係にあった公明党議員のみ。26才かつ組織なしの私は、かなり浮いていただろう。

今県議として、党県連代表に浅尾慶一郎氏を応援していることは、過去歩んできた道にいささかの自信を持たせる。しかし自らの非力を痛感することも多い。決して満足することなく精進していきたい。

【今日一日】
1000上溝小学校入学式/上溝
1130事務作業(書類整理)/事務所
1340上溝中学校入学式/上溝
1530本村賢太郎氏連れ回し/市中部
(1800まで)
1830党総支部常任幹事会/市民会館
2030相模原青年会議所委員会/中央
母校上溝小学校入学式


2008年04月06日(日) 見知らぬ人から

相模原最大の爐気らまつり瓩如会場内を挨拶をしながらまわった。冠婚葬祭政治は否定しているが、議会をはじめ本業に差し支えない範囲なら、どんどん行けばいいと思う。またまつり自体は大好きだ。

さて色々な分野で市民活動をされている方は、テントや出店を出している。またそういう方には、仕事柄知っている方が多い。田舎町(卑下しているのではなく自慢で普段言っている)なので、誰がどの議員を応援しているかなども意外にわかるが、それでもワイワイと飲めるのがまつりの良さだ。

特に嬉しいのは、見知らぬ人から声をかけてもらえること。市内にポスターを貼っているので、単に顔を知っているというだけの方もいるが、「選挙のとき駅で見て入れました。」「あなたには本当に期待しています。」など言って頂くと身が引き締まる!

1票の価値は誰でも一緒。民主主義はその原則を崩してはいけない。しかしその1票がより犹廚い里海發辰伸瓩發里任△襪覆蕕弌△修里燭瓩亡萃イ蕕覆てはと、やはり人間なので思ったりもする。

午前と夕は住まいのある地域で、2つの自治会総会にも出席した。とても暖かい気持ちになれた一日だった。

【今日一日】
1000上溝地区久保自治会総会/上溝
1230相模原市民さくらまつり挨拶まわり/中央
1815支援者お通夜/相模原
1900上溝地区日金沢自治会総会/上溝


2008年04月05日(土) 党県連代表選挙

さくらまつりだ。ご挨拶まわりは明日にして、報告書の作成などを事務所で行った。

すると昼過ぎ頃、党関係者から矢継ぎ早に連絡あり。今月13日開催の党県連大会にて、初めて県連代表を選挙で決めることになっていたが、その候補者が定まってきたようだ。

立候補届出は明日なので、最終的に候補者が出そろった段階で、自らが支援する人を明らかにしたい。またその人が代表となれるよう、県内で運動をしていきたい。

しかし職業病か。今日この件で話した皆さんは、「大変だ!」と言いながらどこか楽しそう・・・。街中で街宣車の音を聞くと、ワクワクしてくると言っていた先輩もいたが、そこに至ればまさに猊足瓩澄

今後2週間は、県内色々な揉め事がおきるだろう。しかし民主主義に選挙は必須。色々な課題があるからと言い訳をしながら、皆でシャンシャンで決めるより、堂々と名乗りを上げた候補者が選挙を戦う方が良い。

今回の県連代表選挙では、党が抱えている課題を真正面から捉え、かつ真剣な議論が戦われされるよう望む。私も代議員のひとりとして、真剣に向き合っていく。

【今日一日】
1000相模原市民さくらまつり/中央
1130事務作業(報告書作成)/事務所
(1930まで)
途中まつりに来られた支援者が複数事務所に来訪


2008年04月04日(金) 在日米兵の殺人事件

横須賀市でタクシー運転手が殺害された事件で、在日米海軍の脱走兵が逮捕された。憤りを覚えるとともに、日米両政府の対応に抗議する。

殺害現場の車中からこの軍人のクレジットカードが発見されたとき、県基地対策課と話をしたが、自治体には脱走兵出たという情報すら入ってなかった。

これは県当局を責めてもしょうがない。政府の責任でしかるべき情報は、しかるべきカタチで自治体にも流すべきだ。県に連絡があり県警が捜査していれば、事件前の身柄拘束も可能性はあった。

知事は、謝罪に訪れた米軍幹部に対して、日米合同委員会内に自治体の意見を反映させる組織を設置すべきと表明。日本政府に対しても、同様の申し入れを行っていく方針だ。

連日県の基地担当から、この件についての経過報告がファックスで送られてくる。見るにつけ腹立たしい限りだが、再発防止の具体策を自治体としても真剣に考えるときだ。

【今日一日】
1000事務作業(報告書作成)/自宅
1430現地調査(道路)/上溝
1530行政相談(道路)/市役所
1600事務作業(書類作成)/事務所
1700後援会打合せ/事務所
1930友人と会食/相模原


2008年04月03日(木) 「靖国」上映中止問題

映画「靖国」の上映中止が相次いでいる。県内でも上映予定だった横浜のある映画館が延期を決めた。映画を見た人の評価を聞くと、それほど政治的でなく、むしろ神社の存在を知らない人向け程度らしい。

上映中止については、大いなる危機感を持っている。民主主義を維持するために必用不可欠なのは、思想・信条、そして言論の自由だ。それが安易に失われている。

さて誰が悪いのか。右翼の街宣を問題にする人もいるが、これは的外れな議論だ。右翼も右翼で多少威圧的であるが、自らの意志を表明しているに過ぎない。

最大の責任は映画館にある。現在はテレビが主流だが、映画もまた言論機関の一員だ。仮に映画館イコール貸館論に立ったとしても、いかなる放映も毅然とするのがプロの姿勢だろう。

猊埖の事態甅爐客様と周辺に迷惑が瓩覆漂任發蕕靴い海箸鮓世辰討呂い襪、では具体的にどんな悪影響が想定されるかは語られていない。面倒くさいから逃げているのだ。

さて現在の日本社会には様々な問題がある。しかし先人たちが創ってきた社会制度は、なかなか上手く出来ているものが多い。あとは制度を活かして、それぞれの人が責任を果たしていくかが重要だ。

映画館経営者は、今一度自らの社会的責任を自覚すべきだ。利益についてもそう。仕事を維持発展させるために利益を出すのであって、利益のために仕事をしているならメディアとして失格だ。

それでも上映を行う映画館に敬意を表するとともに、それを皆で支えていく社会でありたい。

以前先輩から聞いた、ある哲学者の言「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利には賛成だ。」

【今日一日】
1200事務作業(書類整理)/事務所
1830打合せ/富士見
1900会合/富士見


2008年04月02日(水) 何の税が高いか

税負担は総じて下げるべきだ。高齢化だから高負担だ、という前提が何故かある。しかし社会保障の各種制度を有機的に結びつけ、絶えず無駄を省いていけば、中負担高福祉は実現出来ると信じている。

さて税の話。ガソリン税は果たして高いか。そうは思わない。もちろん安い方がいいだろうが、小沢党首の言うように納税者に還元するに相応しいのは、消費税と住民税と考える。

ここで改めて税のあるべき姿を検討し、その税率を再考の上決めていくべきだ。もちろん政府も政官財によるゆがみを捨てること。民主党も選挙目当ての戦略を止めること。

国と地方の税配分を、大胆に改めるべきは言うまでもない。また国保や年金など、財政上中途半端におかれている社会保障制度も、この際は税に一元化すべき。

あとは透明性確保と事後評価だ。この点でも政治の責任は大きい。使ってしまえば致し方なし・・・、では税の使途が向上していかない。神奈川県においてもも、現状あるチェックの仕組みを活かせるだけで大分違うはず。

国政の道路財源議論に拘ることなく、「何の税が高いか」あるいは「もう少し高くてもいいのでは」など、多くのご意見をお寄せ頂きたい。税の配分こそまさしく政治。それを上手くやるのが政治家の仕事だ。

【今日一日】
休暇


2008年04月01日(火) 革新たる自負を持って

まずは言葉の定義。牾弯鍬瓩箸廊牾很伸瓩鯡椹悗垢海函

ほとんど聞かれなくなったが、「あなたは保守か、あるいは革新か?」と問われたら、間髪いれずに「革新です!」と応える。

確かに日本においては、牾很伸瓩箸いΩ斥佞龍舛は悪い。旧共産圏のレーニンや、全共闘などをイメージするからだろう。

また牾弯鍬瓩箸いΔ函△海譴泙慎貅匆馘泙離ぅ瓠璽検ΑΑΑ私に言わせれば、日本に真の牾弯鍬瓩育たなかった責任は彼の党にある。既得権益に固執して、結果組織維持に悪戦苦闘する姿は、まさに猜歇薛瓩任△辰燭里世蹐Α

過去を振り返ってみよう。日本の歴史において、活躍したと言われる多くの人材は、その時代においてまさに牾弯鍬瓩任△辰拭0貳峭イな高杉晋作はそのナンバー1!。

またNHKのプロジェクトXもそうだ。上から言われたことを「はいそうですね。」とやっていた主人公が1人でもいたか。既存の価値観を覆したことで、日本の戦後もまた創られてきたのだ。

世界を考える政治家でありたい。最近特にそう思う。より良い社会を目指して県議をやっているが、世界の平和と繁栄なくして神奈川だけ良くなる時代ではない。

ヨーロッパに目を転じれば、NATOの新規加盟について、大国の利害調整が行われている。日本において爛曠轡絖瓩爛クシン瓩が問われていた時代の、まさにその負の遺産に苦しめられているのだ。

最早欧米のみが先進ではない。かつて発展途上国と言われた国々にも、日本が吸収できる価値観や技術は多くある。そして良い意味で、日本に誇りを持とう。自己改革をしてきた歴史があるのだから。

そして足下。そのためにも政治を正して行こう。革新政治家のひとりとして、常に挑戦し続けていく!

【今日一日】
休暇


てらさき雄介 |MAILHomePage