てらさき雄介の日記
DiaryINDEXpastwill


2008年02月29日(金) 総企委員会2日目

総務企画常任委員会2日目だ。民主党からは齋藤建夫議員が、会派を代表して質疑を行った。

テーマは多岐にわたったが、財政健全化と人材育成マスタープランについては、県政すべての基礎となる重要な課題だ。

また羽田空港と成田空港を結ぶ新交通について、県として初めて調査費を付けたことも取り上げた。関心深いテーマだ。

自民党からも何点かあった。道路特定財源については、最もな主張もあった。しかし政令市については、賛否を別にしてかなり的が外れていた。

委員会室には所管部分の県庁幹部が5、60名勢揃いしているが、質疑に対応するのはほんの数人だ。せっかく通告制度を採用しているのだから、発言者のみ出席すればいい。

常任委員会は、総務企画・防災警察・県民企業・環境農政・商工労働・厚生・建設・文教の8つある。全て同時開催なので、他委員会を傍聴することは出来ない。別日開催については、今後の議会改革のテーマだろう。

【今日一日】
(以下場所すべて県庁)
 900調査活動
1030総務企画常任委員会
(1700まで)


2008年02月28日(木) 総企委員会1日目

本会議での代表・一般質問が終了し、今日からは委員会での審議となる。第一日目は議案の説明だ。

予算案も含まれているので、所管の総務部と企画部だけで一日かかる。両部長はひたすら議案書を読むのだが、ずーっと聞いているだけは正直疲れる。

会派向けの説明会も行うし、議会全体の議案説明会もある。重複する部分も多いので、議案に沿って読むだけなら省略でいい気もする。

議員はプロなのだから、当日はいきなり質疑でもいい。必要に応じて、各自調査すればいいのだから。

【今日一日】
1030総務企画常任委員会/県庁
(1630まで)
1630調査活動/県庁
1900民主党県連パーティー/横浜市中区


2008年02月27日(水) 小田原市現地調査

小田原市へ現地調査に行った。朝上溝から相模線に乗り、海老名で小田急線に乗り換え、小田原駅で小田市職員と10時に待ち合わせた。

最初は城下町ホールについてだ。まずは建設予定地小田原城のお堀端にあり、既に更地で鉄板で周辺を囲ってある。また現在使っている市民会館のホールも見せてもらった。

その後小田原市役所内で、同建設の経過について意見を聞いた。これは県企業庁の地域振興事業の一環でもあり、今後の県市協働のあり方について考えさせられた。この件では県側の対応に不備もある。今後機会を捉えて発言していきたい。

昼の時間帯は、県立おだわら諏訪の原公園に行く。管理委託は評議員をしている県公園協会だ。3期整備で完成する事業だが、現在はまだ1期整備中。展望コーナーから見る景色は県内有数だろう。

午後は消防の方に話しを聞く。県(国)が進めている消防本部の統合推進化計画についてだ。同地域は犖西消防本部瓩箸靴禿合となっているが、現在は小田原市消防本部をはじめ、全部で5つの組織からなっている。自治消防の原則が失われないよう、統合のデメリットも認識しながら進めるべきだ。

さて相模原のことはある程度認識しているつもりだが、他自治体のことになると実感がない分入ってくる知識も少ない。今日のようなことを積み重ねていきたい。それが巡り巡って地元の利益にもなると信じている。

【今日一日】
1000小田原市視察/小田原市
1600行政相談(小池市議同行)/相模原市役所
1730党支部打合せ(政策関係)/東淵野辺
小田原市城下町ホール建設予定地


2008年02月26日(火) 少数意見は大切

本会議だ。議会基本条例をつくるための特別委員会が設置された。相模原選出の長谷川久美子議員が「議会のルールは大会派だけで決めるべきでない」と反対討論を行った。その通りだ。

民主党県議団としても、どんなカタチであっても少数会派も枠組みに入れようと皆で話し合っているし、超党派会議でも現に主張している。議会の基本ルールを決める話だから尚更だ。

思えば市議会時代は少数会派だった。それでも総括質疑も一般質問も、申し訳ないくらいガンガンさせてもらった。それが地方議会の良い点だと思う。

二大政党の陰に隠れた意見を、柔軟に取り入れられる存在でありたい。

【今日一日】
1230民主党県議団会議/県庁
1300本会議/県庁
(1840まで)
1900民主党県議団予算委員会打合せ/県庁
2000県総務部・企画部との懇談会/横浜市中区


2008年02月25日(月) 初心を本会議で

上手な演説は牴山抬瓩里茲Δ吠垢海┐襪噺世ΑL欧なる犹匱蕷喚瓩任呂覆爛ラシック瓩里茲Δ砲澄

その意味で、今日本会議で一般質問した榎並正剛議員(自民党・横浜市保土ヶ谷区選出)は見事だった。

私は明大雄弁部出身だが、榎並さんは日大雄弁会だ。当時2学年上の怖い先輩だった。上下関係が厳しい世界だったので、かなり飲まされた記憶も・・。今日演説を聴きながら、党派をこえて本当に嬉しく思った。

議員生活のなかで、「初めて政治を志した頃、どう考えていたのだろう。」そう思うことがある。大切な思いを忘れずに頑張っていきたい。

【今日一日】
 830事務作業(書類整理)/事務所
1220民主党県議団会議/県庁
1300本会議/県庁
(1830まで)
2000会合/新宿区


2008年02月24日(日) 通勤ルート

住まいは上溝だ。通勤ルートを改めて紹介したい。3通りある。

ー宅→(自家用車)→相模原駅→(電車)→県庁・・・3割

⊆宅→上溝駅→(バス)→淵野辺駅→(電車)→県庁・・・5割

自宅→(自家用車)→県庁・・・2割

どちらにしろ、自宅から県庁までは2時間弱かかる。朝から会議の時は無論、昼ごろから始まるときも早く県庁に向かっている・・・。

自宅から県庁までの時間は、同じく自宅から都内までの時間と変わらない。相模原に住む勤労者の多くが、電車に乗って遠く通勤していることを忘れないようにしたい。

しかし夜遅くなることもある。サウナや安いビジネスホテルに泊まっているが(自費)、雑寝でもいいので宿舎が欲しいと正直思う。それも贅沢なのだろうか。

【今日一日】
1130事務作業(FAX・メールニュース送信)/事務所
1400本村賢太郎次期衆院候補予定者連れ回し/市中部
1800会合/東淵野辺


2008年02月23日(土) 道路特定財源の報告会

第10回目のミニ報告会を行い、十数名の方にご参加頂いた。テーマは狷始特定財源瓩砲弔い董時節柄多くのご意見を頂くことが出来た。

改革派と呼ばれる首長でも、暫定税率廃止の話になると「道路がつくれなくなる」と言う。これは松沢知事も同じだ。

確かに駆け込みのように廃止をすれば、地方財政に穴が開くのは事実だが、そんなことを言っていたら税制改革は出来ない。

さて昨日ある場所で小泉元総理が「一般財源化でもいいではないか」と発言しニュースになっていた。自民党にも同様の意見は多い。

民主党も突っ込んで主張をすべき。それは一般財源化によって、道路の総予算を削減するということ。「つくり続けるけども一般財源化」は、理屈上矛盾はしないが、それでは余り意味のない改革になってしまう。

さてこの暫定税率の廃止と道路特定財源の一般財源化は、ねじれ国会のなかで合意を果たし得る絶好のテーマと思う。与野党の誠意ある議論に期待する。再び大連立派が台頭してくる前に・・・。

【今日一日】
 930上溝公民館まつり開会式/上溝
1100第10回ミニ県政報告会/市民会館
1400長友克洋県議狄圭佞里弔匹き瓠燭韻笋会館
1500挨拶まわり(数軒)/市全域
1630事務作業/事務所
1800支援者のお店2周年記念/千代田


2008年02月22日(金) 首相官邸を訪問

今日は印象的なことが二つあった。

ひとつは、伊藤達也代議士(現総理補佐官)に会いに行ったことだ。良くお会いはするが、今日の場所は何と首相官邸。以前の古い建物には数回入ったことがあるが、現在の新しいのは初めてだ。

さて官邸と言えばまさに政府中枢。敵?本陣という訳でもないが、かなりドキドキした。しかし国会と同じく税金で運営されていることは間違いない。納税者の一人ととして堂々と犖学瓩靴拭

総理補佐官室は余り広くない。隣の秘書室も狭くて可哀想。大事な仕事をしているのだから、もっと大きな執務室でいいと思う。そんなところだけ妙にケチるのが日本は不思議だ。

ふたつは、小池義和市議に誘われて参加した松木謙公代議士の新年会。小沢一郎を信奉する一新会メンバーである点は気になっていたが、話を聞いて今後是非応援したい!と思った。

政策の話も良かったが、何より師であった藤波孝生元代議士のことを、逝去した現在でも大事にしているのは立派。冷酷をもって常識とする政治の世界では珍しい人物だ。

少しノスタルジーになったので、学生時代から馴染みの新宿の店で小池義和市議と一緒に2次会、3次会(ここまで)と流れた。たまには都内もいい。政治の用事でも。

【今日一日】
1000現地調査/新宿区
1300私用
1615伊藤達也総理補佐官と面会/首相官邸
1645衆参議員会館挨拶まわり/千代田区
1830松木謙公代議士新年会(小池義和市議と)/港区
補佐官室入り口


2008年02月21日(木) 代表質問2日目

民主党と自民党は議員数が多いため、代表質問をふたりに分けて行う。昨日の一人目が約1時間で、今日の二人目は約30分(質問のみ)だ。

神奈川区選出の竹内栄一議員が登壇した。独自の教育観を踏まえた質疑だった。経済格差が広がっているなかで、県立高校をより充実させるべきという意見はもっともで、昨年9月に行った私の一般質問とも通じる。

代表質問は今日で終わりだが、

提案

代表質問

一般質問

常任委員会

特別委員会

討論及び採決

という流れで定例議会は進んでいく。まだ最初の段階なので、気を抜かずに頑張っていきたい。

【今日一日】
1000民主党県議団政務調査会/県庁
1045民主党県議団部会長会議/県庁
1320民主党県議団会議/県庁
1340本会議/県庁
1900藤井裕久代議士他と懇談/横浜市中区


2008年02月20日(水) 代表質問1日目

代表質問が行われた。民主党からは団長の手塚悌次郎県議が登壇。1時間40分にわたり県政運営について知事の姿勢を質した。

懸案の道路特定財源の扱いについては、民主党の基本政策をあくまで訴えた。しかし先日の菅VS東国原の討論もそうだが、各地の首長の態度はやみくもに道路財源のみを求めているように見える。確かに宮崎県東部の幹線整備は必要かもしれないが、それを以って他多くの無駄な道路を了とするわけにはいかない。

他の項目は以下の通りだ。過去数度代表質問を見てきたが、毎議会で行われることもあり、項目立てが一般質問と重複することも多い。それが悪いとは思わないが、県政全体を縦ではなく横で捉える総括的質疑も別に必要と感じる。

・地方分権改革について
・知事のインド訪問を踏まえた今後の経済交流について
・税収見通しを財政健全化について
・地球温暖化対策について
・がん対策の推進について
・神奈川県国民健康保険団体連合会について
・税制に関する県民周知について
・食の安全安心について
・食育について
・県警察ヘリコプターの24時間運用について

【今日一日】
 830市地域医療課と意見交換/市役所
 900事務作業(書類整理)/事務所
1215民主党県議団会議/県庁
1300本会議/県庁
(1815まで)
1900民主党県議団1期生有志懇談会/横浜市中区


2008年02月19日(火) 党県連パーティーのお願い

民主党県連のパーティーがあり、議員にはチケットが割り当てられる。県議は一人20枚。一枚5000円だから計10万円だ。

本来ならお一人お一人に販売すべきなのだろうが、高価なことと開催地(関内)も相模原から遠いこともあり、正直後援会にお願いしかねている・・・。

資金パーティーの必要性は感じているし、議員が率先して販売すべきなのも当然。しかしそういう手法に違和感を感じる県民市民も多い。

それでも企業団体献金が少ない野党民主党には、多くの方々の薄く広い浄財が頼りなのも事実。もちろん有効に使われているかは、お願いする私たち議員が党内チェックをしなければならない。

「どなたかチケットをご購入頂けませんでしょうか。当日は事務所スタッフが段取りして、皆様を会場までお連れいたします。

本部から党首クラスの来賓もまいりますし、当然ある程度の飲み食いも出来ます。よろしくお願い申し上げます。」

日時 2月28日(木)午後6時30分より
場所 ロイヤルホールヨコハマ
会費 5000円(チケットは寺崎事務所でお求めください)

【今日一日】
1030支援者告別式/清新
1330事務作業(書類整理)/事務所
1600党支部打ち合わせ/東淵野辺


2008年02月18日(月) 唐辛子の産地

議会中だが狹眇瓢勠瓩力叩L覯餽膸間まで少しあったので、1時間弱近くの飲み屋で一杯やっていた。

前のカウンターに珍しいものがある。普通に売っているサイズの狹眇瓢勠疉咾世、産地に注目した「東京都小笠原村硫黄島産」とある。

店主に聞いてみると、硫黄島には普通に生えているとのこと。日本でも他国でも、南方の緯度が同じくらいの場所にはあるらしい。

興味を示したので、店主がお土産に分けてくれた。そして次の会合の場所で、一粒ずつ皆で食べてみると・・・辛い!小粒でもビビビッとくる。

うん?生えている?どんな風に?意外に知らないものだ。普段使っているもの、食べているものが、どこでどんな感じにつくられているのか。

そういうことこそ、皆知っているべきだし、学校などでも教えて欲しいものだ。

【今日一日】
(以下場所すべて県庁)
 930調査活動
1030議案説明会
1230民主党県議団会議
1300議案説明会
1800会合/都内


2008年02月17日(日) ふたつの悲しいご葬儀

お二人の悲しいお知らせがあった。

お一人は出身幼稚園の副園長さんだ。幼少の頃からお世話になった方。この仕事を選んでから、特に色々な面倒を見て頂いた。ご近所でもあったのでご納棺にも立ち会った。

またお一人は津久井の方。中でも過疎化が進んでいる集落にお住まいで、選挙前に泊まり込みで活動に行った際、近くの食堂で夜中まで色々な話を聞かせて下さった。

ご冥福を心よりお願い申し上げる。

【今日一日】
1400支援者ご納棺/上溝
1730支援者お通夜/城山町


2008年02月16日(土) 藤沢市議補選応援

藤沢市議補欠選挙の応援に行った。午前中は電話かけなど、午後は街宣車に乗車した。

一緒に乗ったのは、藤沢市選出の齋藤健夫県議と井手拓也県議。ともに尊敬する素晴らしい議員で、車中でのカラスも個性的で勉強になった。

さてあわせて行われている市長選挙に一言。民主党はどの候補も推薦・支持しなかった。それもひとつの選択肢だろうが、もっと説明が必要ではないか。

有力2候補の陣営に、党所属議員が分かれているのは聞いていたが、今日駅で出くわしたまた別の候補の応援演説を、ある地域の民主党衆院候補がやっていた。

事情通は状況を理解できるかもしれないが、純粋に民主党を応援して下さっている藤沢市民から見れば、わかりにくいことこの上ない。

誰も応援しないなら、そのことを説明する責任がある。また分裂選挙になったのなら、そのこともまた説明しなくてはならない。

かく言う私たち相模原の民主党も、過去市長選挙では失敗を繰り返してきた。何故ならば市長選挙は、最もしがらみが厳しい勝負。負けたダメージも大きい。

次期相模原市長選挙をどうするかは、ひとえに現市長の市政運の結果による。第一義には市議会の仲間が決めることだが、私も煙たがれながらも意見を言っていきたい。

つい話が飛躍した。戻そう。懐かしい方と、またネット上で知っていた方と、今日藤沢でお会いすることが出来た。やはりどこでも行ってみることが大事。

【今日一日】
 900藤沢市議会補欠選挙応援/藤沢市内
(1600まで)
1800本村賢太郎狷酩新春のつどい瓠疹緜甦嵋楪
1915大沢洋子市議狄圭佞里弔匹き瓠振極


2008年02月15日(金) いよいよ2月定例議会

いよいよ2月定例議会が始まった。今後1ヶ月半の日程はかなりキツいが、これが本業なので気合いを入れていきたい。

出番は予算委員会。来月中旬に連日開催され、私も会派を代表して質疑を行う。既に準備を始めているが、35分の持ち時間精一杯発言する!

さて昨年の初当選後、会派の役割分担で狎務調査会瓩離瓮鵐弌爾砲覆辰拭37名のうち5名のチームだ。同僚議員に怒鳴られたりするほど、かなり真剣に皆仕事をしている。

議会の人事は5月が区切りだから、この役割については今議会で最後。悔いなきよう(既にあるが)がんばりたい。

しかし今日開催の議案説明会はどうか・・?。配布された文書を読むだけならば、それぞれの予習でいい気もする。現に参加者は少ない。他行政の説明手法という点は、議会改革のテーマになるかもしれない。

【今日一日】
(以下場所すべて県庁)
 930会派あて請願・陳情整理
1000民主党県議団政務調査会
1040民主党県議団拡大部会長会議
1215民主党県議団会議
1300本会議
1430議案説明会
1600請願相談(司法関係)
1700民主党県議団政務調査会作業
(1800まで)


2008年02月14日(木) 嬉しいニュース

自公政権の限界については何度も書いた。しかし福田政権の評価については、過去記載して来なかった。人に聞かれても「まだわからない。」と言ってきた。

それは時間が短いからだ。小泉総理のときも1年過ぎたあたりから、「これはひどい」と感じてきた。今回も同様だ。人を小ばかにした態度は好きではないが、過去の言動からは共通もモノも感じる。

さてそんな中だが、昨日伊藤達也代議士が社会保障担当の総理補佐官になった。2年半秘書として仕えた方だ。今でもいいお付き合いをさせて頂いている。

政界再編のなかで現在は違う政党に所属しているが、党派をこえて日本のために頑張ってもらいたい。私もこの機会を活かして、お会いした際は意見をどんどん言っていきたい。

【今日一日】
1000県自然環境保全審議会自然保護部会/横浜市神奈川区
1200党県連訪問(池谷健市議同行)/横浜市中区
1300出納課と意見交換(同)/県庁
1500市会計課と意見交換(同)/市役所
1700事務所模様替え整理/事務所
1930相模原青年会議所例会/けやき会館
2030小池義和市議と会食/相模原


2008年02月13日(水) 市議会の議案に異論あり

市議会民主クラブの議案説明会に参加した。基本的には市議皆さんの仕事だが、県政推進の上でも大いに参考になる。またかつての感覚が、フツフツと沸いてもくる。

さて議案のうち一つに?だ。小学校の校庭で遊んでいた近所の中学生が怪我をした。その賠償が専決処分の承認というカタチで提出されている。金額は少ないが、根本的な部分に大きな問題を感じた。

正確に書くと、場所は富士見小学校、近所の中学生が校庭内のバスケットゴールを使い遊んでいた。リングにぶらさがったら倒れてしまい、手に軽傷を負った。その治療費を教育委員会として(税金で)賠償するのだ。

さて過失がなければ賠償はない。聞くところによると、安易に誰でも校庭に入れたというセキュリティー?の甘さと、ぶらさがると倒れてしまうようなゴールを設置したところが過失なのだとか・・・。

しかし校庭は誰でも遊べるように、常に開かれているべき。また学校においてあるバスケットゴールは、ダンクシュートは出来ないつくり。ぶらさがれば当然リングが曲がるか、あるいは倒れるかだ。

またこの中学生は授業でなく、放課後に勝手に入って遊んでいた。これは明らかに行き過ぎの保障である。かつても同様の怪我などはあったのだろうが、普通は親も本人も申し出たりはしない。時代の流れとは言え情けない話だ。

更には軽傷で済んだからいいものの、生命に危険が及んでしまった場合、当然賠償も多額になる。そのときはどうするかのか。誤った前例をつくるべきではない。市議会での議論に期待する。

また当然仲間の議員を含めて、関係者には意見を言っていく。相模原に住む市民のひとりとして、相模原選出の県議会議員として。

【今日一日】
1100事務作業(書類整理)/事務所
1300市民から相談/淵野辺
1400行政相談(外交関係)/事務所
1500市議会民主クラブ議案説明会/市役所
(1730まで)


2008年02月12日(火) 定例議運の日

毎月10日(土日の場合は前後する)は、定例で議会運営委員会が開催される。その日にあわせて各種会議や打合せを一気に行い、今後の議会に備えるのが通例。今日も色々な会があった。

さて議会運営委員会には、交渉各会派から数名の委員が出ているが、内容としてはその名の通り犁腸颪留娠牒瓩鯱辰傾腓Αいつ定例議会を開催し、その中に本会議や委員会をどう組むか、更にはそこで何の議題を取り扱うかまで決める。

思想信条の違う会派(政党)が互いに納得して会議を進めるためには、この議会運営委員会が大きな役割を果たさねばならない。国会のような無様な姿にならないため、念入りに合意しておくのは必要なことだ。

今後は議員提出の条例案も多くなってくる。互いの立場が入り乱れることもあるが、議会はあくまで対話をする機関なので、妥協しながらも一定の結論を出せるような工夫が必要だ。

もちろん議論の中身など合意に至る経過を、しっかりと主権者に明らかにしていくことは前提となる。情報公開と説明責任も果たせるように、制度設定を含めて努力していきたい。

【今日一日】
(場所全て県庁)
 800民主党県議団政務調査会作業
1000民主党県議団政務調査会
1050民主党県議団部会長会議
1230民主党県議団会議
1330民主党県議団政務調査会作業
(1830まで)


2008年02月11日(月) セーフティーネットの構築を

過日も書いた堺東駅でのマラソン街頭中の話だ。ホームレス救済のため発刊しているビッグ・イシュー瓩箸い雑誌がある。それを売っていた方が声をかけて下さり、マイクは他に渡して数十分話をした。

その方は自称ホームレスと言っていたが、何と名刺を持っている・・・。つまり住所があるので、文字通りのホームレスではない。お住まいは西成あいりん地区で、毎日失業手当をもらいながら、このアルバイトをしているそうだ。

演説のなかで「社会的弱者救済!」と言っていたので、アドバイスをして下さったのだが、その方曰く「政治家のいう救済は当てにならない。」「弱者も生きているので、意外とたくましいものだ。」「しかし日本はダメになりつつある。」etc.

この雑誌売りの光景は都内でよく見かけるが、相模原では全く見たことはない。しかし行政と話しをすると、相模原市内でもホームレスは多い。かつて公園のベンチに寝っ転がれないような立て板を設置した際、その冷酷さに憤りを感じ市役所に文句を言ったことがある。

働けるのに働かない人は、皆さんの税金で救済はできない。当たり前のことだ。しかし働きたくても働けない人は?働いても家族を養えない人は?誰でもそうなる可能性がある以上、最低限のセーフティーネットはしっかりひくべきだ。

【今日一日】
1100地元歌手カラオケ大会/富士見
1130立正佼成会相模大野支部新年会/中央
1400党神奈川16区後藤祐一集会/城山町城山


2008年02月10日(日) 岩国市の敗戦にめげず

岩国市長選挙で米軍基地増強に反対する現職候補が敗れた。政府の兵糧攻めが効いたのだろう。また地方選挙とは言え、民主党も対応が中途半端だった。

“アメとムチ”を政府が使い始めたのは、そんなに昔のことではない。元々国の権限である基地政策に、地方自治体が意見を言い始めたのに、政府はかなり焦ったのだ。

本来ならば、地方自治体に対して説得の労を惜しまず、結果基地で割をくってしまう分は、国が自治体に助成をしていく。それがあるべき順番だ。しかし相模原市の例を見ても、政府の態度は傲慢でこそあれ謙虚さは見えない。

前から言っているが、爛▲瓮螢が軍事的に日本を守っている瓩箸いΔ里聾諺曚鵬瓩ない。過去納得する説明を、多くの政治家から聞いたことはない。核の傘に入っているという抽象的な話くらいだ。

しかし基地の被害は現実的なもの。神奈川県内でも深刻だ。基地が今あることは事実として認識しているが、段階的であっても削減の方向でアメリカと協議を進めるべきだ。

岩国市の敗戦にめげることなく、基地を抱える多くの自治体は、毅然として政府に意見してもらいたい。かくいう私自身も、頑張って発言していきたい。

【今日一日】
日中大阪府堺市より帰相
1600事務作業(書類整理)/事務所
1800本村賢太郎猖棉新春のつどい瓠燭韻笋会館


2008年02月09日(土) 現地での聞き取り調査

今日も堺市にいる。かなり多くの方に「政令市になってどうですか?」と聞いた。政治関係者とも話したが、そうでない市民の声に特に注目した。

「余り変わらない」
「有名になった」
「ランクアップしたようで人に市名を言いやすくなった」
「市庁舎まで建て直すことはない」
「議員のレベルは変わらない」
「元々大阪府という認識は堺市民は薄い」
「区割りになって市議が狭い感覚になった」
「大阪府から独立すればいいのに」
「商店街の下降傾向は続いている」
「堺は中心点がないのが辛い」
「湾岸への企業誘致がうまくいきそう」
「知名度があがり人や企業が来るようになった」
「行政区名が狹貔焼酲稔瓩覆里魯札鵐垢ない」
「次は国から権限が欲しい」
「相模原?政令市?本当!?」
「制度は制度で大事なのはそれを活かせるか」
「区割りになって堺の一体感が薄らいだ」
「借金を引き受けたのに大阪府はまだ赤字だ」
「市横断の交通がないと活性化は出来ない」
「何十年も言っていたほどのメリットは感じない」
「メリットもデメリットも実感できないのは何故?」
「公務員の名誉欲だった気がする」
「議員の給料はまさか上がってないよね?」
etc.

生の声を聞くことは為になる。ネットでも同様の項目は出るが、それ以上の実感を得ることが出来た。視察の醍醐味だろう。

上で挙がった項目には、相模原でも恐らく言われるだろうこともあり、そうでもないだろうこともある。政令市は今ある中では良い制度だ。しかしあくまでそれを活かせるかどうかだ。

【今日一日】
政令市調査&党大阪16区森山浩行応援/大阪府堺市
1830福岡政行氏講演会/同堺市民会館


2008年02月08日(金) 始発から終電までin堺東駅

大阪府堺市に来た。目的は2つ。ひとつは政令市になり、堺がどう変わったか。色々な人の話を聞き、実感として理解するため。ふたつは友人森山浩行の応援だ。大阪16区の党衆議員候補予定者だ。

さて森山浩行は明大雄弁部の後輩。2年半ほど前に堺市長選挙に出たとき、1週間ほど泊り込みで応援に来た。結果は惜敗だったが、今回党より依頼があり衆議員候補者になった。

別の後輩が秘書をしているので、数週間前に「そちらに行くから何でもするよ。」とあらかじめ言っておいた。すると数日して「始発から終電まで駅にずっと立つのでお願いします。」と返答あり・・!。

という訳で南海堺東駅頭にて、朝5時5分から夜中12時23分までマラソン街頭演説会をした。日中はそうでもないが、朝と夕はとても寒い。途中交代で休憩も入れたが、足はパンパンになった。声は不思議と大丈夫。

さて今‘マラソン’と書いたが、普通この種のイベントは‘リレー’を使う。○○リレートーク開催!という感じだ。しかしリレーは大勢のこと。今日は森山と私しか(たまに後輩の秘書)弁士がいない。しゃれで‘マラソン’か。しかし気合で一時もマイクを切らなかった。

しかし人が多い駅だ。平日なのに絶え間なく通る。ついでに「2大政党制について」街頭アンケートを実施するが、数十人の方々が記入して下さる。また語らいも多くできた。

選挙期間中は同様にガンガン駅に立つ人もいるが、日常活動でここまでやることは余りない。私も初めての経験だ。見ている人は見ているので、今後も継続することを望む。頑張れ森山浩行!

明日は来堺ひとつめの目的である、政令市に関する聞き取りなど調査結果について、ご報告し私の考えも述べていきたい。

【今日一日】
朝5時5分〜夜中12時23分
民主党大阪16区森山浩行街頭演説会/南海堺東駅
(途中多くの皆様と政令市に関する対話・調査)
堺東駅頭(開始後10時間経過したあたり・・・)


2008年02月07日(木) 2月議会に向けて

2月議会は年4回の定例会のうち、最も会期が長い。また議案数も多い。議会人事は5月が区切りなので、政務調査会メンバーとしては最後の議会でもある。

皆忙しい身なので、県庁に集合したときに、一気に色々な打ち合わせをする。連日ダラダラとするより効率はいいが、それぞれ仕切る議員は大変そうだ。

知事から提案される議題で、最も中身が多く重要なのは、やはり平成20年度予算案だ。知事を交えた予算委員会で、数日をかけて集中的に審議する。私も委員として質疑に立つ予定だ。

また所属する総務企画常任委員会には、懸案だった知事の特別秘書設置条例が提案される。知事の政務を補佐する秘書は県政運営上必要だが、神奈川では初なので、議論に時間はかかるだろう。ひょっとしたら朝方まで・・・?。

3月後半の会期末まで、全力で取り組んでいきたい!

【今日一日】
(場所すべて県庁)
 930民主党県議団議会改革PT政調費チーム会議
1030予算案及び条例案説明会
1230民主党県議団会議
1300企画部より予算及び報告事項説明
1400民主党県議団議会改革PT議会制度チーム会議
1600代表質問項目調整(2月議会)
1800県立病院課に要望
夜大阪府堺市へ(泊)


2008年02月06日(水) 横田滋さんご夫妻の講演

党支部で主催して獸巴很簑蠅亡悗垢襪弔匹き瓩鮃圓辰拭F睛討横田滋さん、早紀江さんの講演と、映画「めぐみ」の上映だ。

準備段階から盛況を実感した。それほど宣伝はしなかったが、日々事務所あてに問い合わせがあった。他の政治的集会では余りないことだ。

私は司会を担当した。お客様の真剣さがヒシヒシと伝わってきた。家族がテーマなので、ほとんどの方が身に詰まされていたようだ。

小泉総理の数少ない功績は、金正日に拉致を認めさせたことだ。それから時間がかかっているのは残念だが、粘り強く交渉を続けて、必ずや被害者を奪還しなくてはならない。

独裁国家北朝鮮に対峙するためには、逆に日本が民主主義国家である自覚こそ大事。それは政府のみならず、国民一人一人がこの問題に関心を持ち、それぞれが少しずつでも行動することだ。

さて「かつて日本も朝鮮に同じことをしたではないか。言う資格があるのか。」という主張が日本国内にもある。かつての戦争責任を強く自覚すべきという私に対しても、「拉致被害者奪還とは、いつもと言っていることが違うのでは。」という指摘も。

しかし何も矛盾していないのだ。国家的な関与があったかは議論があるのでここでは触れないが、確かに日本人は朝鮮半島で許されざることをした。日本人による拉致も、多くの証言通りあったのが事実だろう。

拉致はそのこと自体が悪いのだ。誰がやったかの問題ではない。かつて日本がしたから、北朝鮮に言えないという理屈は変。かつての日本の行いを反省し繰り返さないためにも、北朝鮮に対して毅然とした対応をすべきなのだ。

また昨今愛国心云々と政府は言うが、あえて強制しなくても国家が真剣に国民を守りさえすれば、自然と生まれ出てくるものだ。他国に拉致されたとき、真剣に助けてくれない国と政府に、果たして愛国心を言う資格があるのか。

武力以外のあらゆる手段を使って、拉致被害者を早期に奪還すべきだ。経済制裁も強化していい。“対話”と“圧力”は大事だが、かなり“対話”の方に偏っている気がする。日本人の奪還は、アメリカでも中国でもない、私たちの日本が負っている責任なのだ。

【今日一日】
午前中都内より帰相
1200事務作業(名簿整理)/事務所
1245本村賢太郎次期衆院候補予定者連れ回し/市北部
1600「拉致問題に関するつどい」準備/杜のホールはしもと
1700同街頭活動/橋本駅北口デッキ
1800「拉致問題に関するつどい」/杜のホールはしもと
2030池谷健市議と会食/橋本


2008年02月05日(火) 調査は一定のお金がかかる

日々県政について、多くの問題意識がわく。解決に資するヒントが都内にあったので、午後から夜間にかけて調査してまわった。

本や資料を呼んだり、ネットをたたくだけが調査ではない。現場を改めて確認したり、色々な仕事をする人から話を聞くことも、時として重要な示唆を与えてくれる。

昨今政治と金の問題から、議員活動の幅を狭める議論もあるが、それは結果的に主権者のためにならない。それが不正や私服を肥やすことでないならば、ある程度は広く許容していくべきなのだ。

さて今日都内へ行った交通費と、帰れなくなったことによる宿泊費は、政務調査費から支出しようと考えている。もちろん領収書をすべて公開し、最終的な判断を納税者にゆだねるつもりだ。

【今日一日】
1000“新春のつどい”お礼の電話かけ/自宅
1145事務作業(書類整理)/事務所
1200支援者訪問/富士見
午後調査/都内(泊)


2008年02月04日(月) 党組織のあり方

民主党の組織について。まず本部がある。かつても書いたが高圧的とすら感じるくらい、色々なことがトップダウンで下りてくる。国民ひとりあたり250円を基準にしている、政党交付金が主な運営原資だ。

そして総支部だ。これは衆議院選挙区単位でもうけられている。私の所属するのは神奈川14区総支部。地域に根付く党支部を目指すならば、衆議院選挙を基準にするのではなく、市町村などの行政区を単位にすべき。運営経費は党員からの党費と、定期的な本部よりの交付金。

神奈川県連というものある。基本的に本部からの連絡は直接総支部に来るので、県連はあくまで総支部の連絡調整機関だ。また地方選挙などについては、県内のメンバーで選対を設置することもある。資金パーティーも催すが、基本的には議員からの寄付で運営されている(県議は1ヶ月3万円)。

さて政党は自由に結成できる。党交付金に関連して、一時期政党の何たるかを定義する狎党法瓩魑瓩瓩覦娶もあったが、私は必要ないしつくるべきでないと考えていた。

各国でも政党のあり方は様々。今やっている大統領選挙の候補者選びを見てもわかるが、アメリカは政党自体が大統領選挙をいかに行うかという視点でつくられている。

良いところは参考にすべきだが、日本は日本型の政党をつくればいい。そして日本のなかでも、他の政党と民主党はまた違っていいのだ。まだ新しい政党だから、その点はあるべき方向をまだ目指せる。

ひとつ挙げるとすれば、地域の独自性をいかに担保するか。究極には「神奈川民主党」「岩手民主党」など、それぞれがマニフェストを持って、地域の現場で取り組める体制をつくるべき。

今後の地域主権時代を目指すにふさわしく、まず自らがそれを実践しなくてはならない。前回県議選では、狄斉狎逎好織ぅ覘瓩箸いζ伴の公約を出した。これをより詰めた内容にしていかねばならない。

【今日一日】
1000お礼電話かけ/自宅
1300党支部打ち合わせ/中央
1500お礼まわり&電話かけ/市全域
1830党支部常任幹事会/市民会館
2030党支部有志で懇親会


2008年02月03日(日) 雪の中のご参加に感謝

後援会主催の‘新春のつどい’が行われた。雪が深々と降っているなか、三百五十名をこえる(よくふかす議員がいますが、偽りない実数をご報告します)方々にご参加頂いた。

神奈川16区(相模原市南部と津久井地域も選挙区)から衆議院に挑戦する後藤祐一氏に、「雪が降ってもご参加頂ける方は真の友」と言って頂く。

また本村賢太郎次期衆院候補を、初めて支援者の皆様にご紹介出来た。厳しい意見も出るかなーと心配していたが、すでに仲間であると、温かい雰囲気にして頂いたことも感謝。

さて懸案の挨拶では、以下のことを真剣に訴えた。

一、今年の抱負
・2月議会の特別秘書設置条例に関連して、首長が政策実現をしやすい役所の体制づくりを推進する。
・秋から施行の重度障害者の医療費助成削減について異議を唱えるとともに、社会保障の一層の充実を訴える。

一、政治姿勢
・政策中心の政治活動を行う。
・公務員たる自覚を忘れず、謙虚な姿勢でやっていく。

一、次期衆議院選挙について
・本村賢太郎氏候補の紹介。
・新テロ特措法に明確に反対するとともに、国政に対する意見を訴えた。

2月15日からは、いよいよ予算議会が始まる。精一杯頑張っていきたい。

【今日一日】
1000立正佼成会相模原教会‘節分会’/清新
1200‘新春のつどい’準備/けやき会館
1400後援会主催‘てらさき雄介新春のつどい’/けやき会館


2008年02月02日(土) 嬉しい機会を頂きました

ご支援頂いている労働組合の春闘に向けた会議があり、その冒頭を30分お借りして県政報告を行った。機会をつくって頂いた組合執行部の方々に感謝している。

会議は職場からの代表者約20名ほどで行われていた。普段参加する会には珍しく、ほとんどの方が私より若い・・・。柄にもなく緊張してしまった。

テーマは「政令市」を選んだ。ほか2月議会に臨む姿勢も申し述べた。選挙前だけマイクでがなっても、主権者の特に若年層はしらけるだけだ。短い時間でも重ねていきたい。

早速反省。テーマの選定だ。子育てとか、企業年金とか、より身近な問題の方が良かったかもしれない。次回以降に活かしていきたい(また機会を頂ければだが)。

【今日一日】
1030事務作業(資料作成)/事務所
1130日産労連エルダークラブ‘新春のつどい’/上鶴間本町
1300富士工業労働組合会議にて講演/淵野辺
1400支援者訪問/中央
1430事務作業(イベント準備)/事務所
1900明治大学校友会相模原地域支部新年会/橋本


2008年02月01日(金) 何を発信すべきか

あさって2月3日、後援会主催の‘新春のつどい’が開催される。今まで準備をして頂いた支援者の皆様、そして当日お越し頂ける皆様のためにも、何としても成功させねばならない。

この種の会は参加人数が大事だが、それについては後援会の皆様を信頼し、ほとんど全てお任せしている。私でしか出来ない最も大切なことは、会のなか私の挨拶で‘何を発信するか’だ。

しかしこれは容易ではない。議会での質疑もそうだが、原稿なしでするには、逆にそれゆえの準備時間もいる。今日はそれに費やしたい。

「改めてですが、ご案内申し上げます。当日は大勢様による、立食形式の報告会&パーティーです。当日のご参加をお待ち申し上げております。気合いで臨みます!」

日時 2月3日(日)午後2時開会
場所 けやき会館 5F大樹の間
会費 2000円(パーティーでの飲食代実費です。当日受付にて申し受けます。)
内容 県政報告&懇親パーティー

【今日一日】
終日構想


てらさき雄介 |MAILHomePage