chipperの日記

2004年01月31日(土) 来ても来なくても


二週連続でリバプールの試合が生放送で見れる!
と狂喜乱舞したのも束の間、結局スコアレスドローでした。
オーウェンは怪我から復帰したものの未だ得点なし。
チームの勝利は勿論のこと、彼の活躍を早くみたいものです。

つうか、今日は勝ってもおかしくない試合だったのになぁ。
相手キーパーの神がかり的なファインセーブで、
ことごとくゴールを狙ったシュートは弾き飛ばされてました。

やっぱり、ダービーともなると互いに譲れないものがあるんでしょうね。
いつもなら「スコアレスドローかよ!つまらん!」と思うところですが、
今日はけっこう攻めていたし、まぁいいかという感じです。


サッカーと言えば、Jリーグにイルハンが来る!…らすぃ。
ヴィッセル神戸がオファーを出したらしいんですが、
交渉は上手くいってるんだかいないんだか…よくわからん。
カフーの前例もあるし、「行くよ!」と仮にイルハンが言っても信用できなさげ。
でもイルハンを獲ろうと考えたこと自体が凄い気がします。

あともっと凄いのが、浦和レッズのロナウジーニョ獲り。
何でも三ヶ月間の短期レンタルで、浦和は1億5000万円を出すそうな。
何故にロナウジーニョ何だろう?どうせならオー(以下略)
でも1億5000万円じゃ来ないだろうな(ぼそっ)



2004年01月30日(金) まだまだ遊べそう


すべてを超えし者を倒した者は一体何者なんだろうか?

つうわけで、約一時間半かけて、ついに「すべてを超えし者」を倒しました。
ここまで辿り着くのも一苦労だったので、この戦闘は少しズルをさせてもらいました。
まず、命のロウソクというアイテムを使い、敵を死の宣告状態にします。
255からカウントが始まり、1ターン行動する毎に数字が減っていき、
0になったらいくらすべてを超えし者でも死にます。

ユウナにリレイズをかける→99999のダメージ→生き返る→またリレイズ
これを永延255回繰り返した末に「超人の証」をもらいました。
FF爾任いΔ箸海蹐痢屮メガの証」みたいなもんでしょうか。
別に貰ったからといって何かの役に立つわけじゃなし。

スフィア盤も一回りしてしまったし、これ以上鍛えても倒す敵もいないし。
(すべてを超えし者に真っ向勝負するなら話は別ですが)
-2をやるに当って、もう一度シンをぶっ飛ばしてみるのも面白いかも。
多分、ほとんど瞬殺に近い状態になるでしょうけど。


あと、やれることと言ったら、これぐらいか…

・キャラクターを極限まで育ててみる
・オーバードライブのタイプを全種類集める
・リュックの調合リストを完成させる
・ジェクトのスフィアを全部見る(アーロンに陣風を覚えさせる)



2004年01月29日(木) 英語のほうがしっくりくるかも


なんとなくゲームがやりたいなーと思いつつも、新作ゲームを買うお金もない。
仕方がないので手持ちのソフトの中からFF召鬚笋襪海箸砲靴泙靴拭
そういやまだ「すべてを超えしもの」を倒してなかったので。

すべてを超えしものを出現させるために、ひたすらモンスターを捕獲。
トンベリと鳥類のモンスターの捕獲率が何故か悪く、
結局捕獲するだけで三時間ほどかかりました。嗚呼、疲れた。
今日はとりあえずここまでで終了。
武器・防具の改造&訓練所のモンスター撃破はまた明日。

ふと合計プレイ時間を見ると、156時間でした。
なんつう半端ない数字だろう(上には上がもっといると思いますが)
今まで色んなRPGやってきたけど、一番時間をかけているかもしれない。


ちょっと前にちらっと書きましたが、
来月にFF-2のインターナショナル版が出ます。
今までFFシリーズのインターナショナル版は手をつけなかったんですけど、
これはかなり欲しい。久しぶりに新品で買いたいくらい。

なんでもラストミッションというのがついてくるらしく、
FF召離薀好肇┘團宗璽匹拝めるそうです。
あとティーダやアーロンと戦えたり、アニキが仲間になったりとまさに至れり尽くせり。
個人的にはリュックが出てりゃ何でもいいのですが、おまけ要素に惹かれます。



2004年01月28日(水) これはギャグか何かか?


先日、友人からハマーン様が漫画化されているという話を聞き、
その題名・大まかな概要を教えてもらい、早速購入する意思を固めました。
「機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像」という漫画だそうで、
帰りにU野駅の本屋で探すも見つからず。アマゾンで検索したら、あった!ありました!


ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047135119/249-7579042-4170727


このピンクのツインテールの美少女は誰ですか?
まさかこれがあのハマーン様だなんて言わないですよね?
だって、Zのハマーン様はもっと死んだ魚のような目をしてますよ。
そんで、ZZのハマーン様は全体的に浮いた雰囲気を醸し出してますよ。

結論:これはハマーン様ではない


この謎の美少女が誰なのか確認するためにも、この漫画を買おうと思います。
後ろの金髪の美少年の確認も同時に行う予定です。
ま、冗談はさておき、シャアのエゥーゴ入りの謎を解消させたいので、
本屋で見かけ次第、購入したいと思います。



2004年01月27日(火) 仲間由紀恵尽くし


口頭試問のプレッシャーから解放されたので、
年末・年始に撮り溜めたビデオをまた一気に見ました。
今日見たのは「LOVESONG」と「溺れる魚」
どっちも仲間由紀恵が出てます。うひー!(←何)


「LOVESONG」は見る前からなんとなく眠くなりそうな予感がしてました。
まず、題名が題名だし、きっと仲間由紀恵と伊藤英明が
出会って恋して云々というストーリーなんだろうと思ってました。

まぁ、当らずも遠からずといった感じでしたが、
見る前から「どうせ…」と思っていた自分が恥ずかしくなりました。
これはそういう話の映画ではなかったなぁと。
うまく言えませんけど、これは恋の映画だと簡単に言える代物ではありません。
もっと純粋なもの・もっと複雑なものを描いているような気がします。

映画の隋所に尾崎豊の曲が使われていたり、
時代背景が80年代の後半だったりと、特にターゲットしている年代がありそうです。
個人的には夢を失って、それで自分も見失ってしまった伊藤英明にちょっと共感。
陰陽師の時とは一味も二味も違っていて、見直しました(←オイ)


「溺れる魚」は一言でいうと、面白かった。
二言で言うと、すげー面白かった!

監督・堤 幸彦 キャスト・仲間由紀恵、椎名桔平、窪塚洋介

このキャスティングを見れば大体察しはつきますが、
「トリック」に繋がる要素がかなり感じられます。
妖術使い役で何故、椎名桔平がオファーを受けたのかもこれで納得。
この映画で既に堤監督と面識があったのですね、桔平ちゃんは。

ストーリーは所謂、刑事物。
でもケイゾクというより雰囲気はまるでトリックです(変な日本語)
物語の後半に街のど真ん中で銃撃戦が繰り広げられるのですが、
この怒涛の展開・前代未聞の銃撃戦には笑いました。
人が次々と死んでいく惨劇の描写なのに笑うなんて不謹慎極まりないのですが、
ここにはギャグの要素がいっぱい。きっと監督も撮ってて楽しかったに違いない。

友情出演・特別出演で野際陽子や宍戸錠が出ています。
こちらもちょい役ながらかなーり良い味出してます。
これでもか!これでもか!っていうくらい見所満載の映画でした。
今まで見てなかったのが悔やまれるほどです。



2004年01月26日(月) やったぜ!オレはやったぜ!


今日は口頭試問の日。私の順番はかなり早めでした。
8時に家を出たのなんてえらく久しぶり。
前日早めに寝ようと思っていたけど、結局眠れず徹夜でゴー!でした。

どんなこと聞かれるんだろう?
ちゃんと答えられるんだろうか?
答えられなかったら、卒業できないんだろうか?
などという疑問がグルグルと、終始頭の中を駆け巡ってました。

が、終わってみたら、これって口頭試問っていうんだろうか?と新たな疑問が…
卒論のことに対して、確かに聞かれました。
アドバイスというか鋭い指摘(ツッコミ)も頂戴しました。
でも、最後の5分くらいは人生相談でした。
卒業後の進路について聞かれ、色々励まされてしまいました(笑)←笑うな!

なんかしみじみと教授から「頑張れよ」なんて言われるとは夢にも思わなかったので、
思わず泣いてしまいそうでした(泣かなかったけど、うるっとはきた)
進路の決まっていない人は皆、同じように進路について聞かれたみたいです。
先生も心配してくれてるんだなぁー(←そりゃあ…)


口頭試問が終わった後、寝不足のくせに久々に遊んだので、
帰りの電車ではもうへとへとのへろへろでした。
間違えて一つ手前の駅で降りてしまうくらい。
言わずもがな、実話ですよ〜。どこまでもアホやなぁ。



2004年01月25日(日) こいつぁびっくり!


ずっと前に録画した「機動戦士ガンダム0083〜ジオンの残光〜」を見ました。
ガンダムの時間軸で見ると、一年戦争終結から三年後の世界。
Zガンダムが始まるまでの空白の七年のちょうど真ん中辺りの時期。

「機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー」を劇場公開用に
再編集したものが、この「ジオンの残光」だそうで、
どうりで登場人物が知らない人ばかりだったわけだ。
知らなくてもそれなりに見れましたけど、よくわからなかったところもいくつか。

ジオンの残党VS連邦軍にアクシズがちょこっと絡んできたので、
「おっ!ハマーン様出る?」と期待してたのですが、出たのはほんの一瞬でした。
しかもあの出方は意味がよくわからなかった。
この頃のハマーン様ってどこで何してたんだろう?シャアとまだ一緒だった頃?

これ見て、Zの世界で何故ティターンズが台頭してきたのかがわかりました。
へぇ、そういうわけだったのね。でもわかったのはこれぐらい。
あとは何かよくわからん。これは「スターダストメモリー」のほうを見ないとなぁ。


今、平行してファーストも見ているので、
MSの描かれ方の違いに思わずぎゃふん!(死語)という感じです。
これが同じガンダムだろうか?つうくらいに違いすぎる。
まぁ、違うのは当たり前ですが、昔のガンダムは人間っぽく見えます。

あとファーストのハロには足があります。
これも最初見た時はけっこうな衝撃がありました。
二頭身じゃないドラえもんを見た時の衝撃と同じくらい。



2004年01月24日(土) やることはちゃんとやった上での話


今週の木曜にスターオーシャン3のディレクターズカット版が発売になりました。
そのことを知った直後は正直、買わねぇよと思っていたのですが、
CMを見て、公式サイトを覗いたら、即買うことを決意。

いや、私ではなく、弟がね。
あんた、今月末に発売されるポケモン買うんじゃなかったんかい!
と私の説得も聞かずに、奴はわざわざ電車に乗ってソフトを買いに行きましたよ。

「なかった〜」と言って肩をがっくり落として
帰ってきた様を見て、腹抱えて笑ったのですが(←鬼か)
なんだか可哀想に見えたので、しょうがなくアマゾンで注文してあげました。
24時間で届くそうです。最初からこっちにすりゃ良かったのに。


ついでに、アマゾンのゲームストアをチェックしてみると、
なんとGBAでアイスクライマーが出てる!ゼルダの伝説も!
しかもお値段1,700円。安い!でも、売り切れ。がびーん!
思わず私も財布片手に外に飛び出しそうになりましたよ。

DQ垢眸売が決定したし、
FF-2インターナショナルも出るし、
これから忙しくなりそうだなぁ。



2004年01月23日(金) DQ犬忙てる…鴨


Vガンダム、34話まで見終えました。
宇宙からまた地球に舞い戻ってきました。

私は地球の引力に魂を引かれた人間ですが、
やっぱ、宇宙での艦隊戦のほうが見ていて面白い。
これは地球で戦争する=地球を汚染=見たくないという
単純で劣悪な感情から発する考えなのかもしれません。

宇宙に上がってからの中盤の話はけっこう面白かったです。
簡単にキャラクターが次々と戦死していくのではなく、
その遺志を受け継いで戦う者の姿がちゃんと描かれているのが、
序盤で感じたやりきれない感じを払拭しているかなと。

あと基本的に味方側の人間は女子供と老人(+犬+ハロ)なので、
最初はそれに対して悲壮感みたいのがあったけれども、
今ではそれも感じなくなりました。皆、立派に戦っているしね。
っていうか、思いのほかフランダースとハロが大活躍です。
ガンダム見て初めてハロ、欲しい!と思いました(笑)


あと17話ほどで終わりですけど、どんなラストになるんだろう?
皆、幸せになれればいいなぁとこの時期になるといつも思います。
多分、ラスト2話辺りでバンバン死んでくんだろうけど。



2004年01月22日(木) 早とちりでした


まずは下記の記事をお読み下さい。

ttp://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/headlines/20040121-00000020-spnavi-spo.html



サッカー日本代表


6月にイングランド代表


おぉ!ついに日本もイングランドと親善試合を!!!
ドイツに引き続き(決まったのはドイツが先だが、ドイツ戦は12月)
イングランドとも試合日程を組むとは日本のサッカー協会もやるなぁ。
グッジョブ!ナイス!よくやった!感動した。

と、ひとしきり喜びを一瞬のうちに噛み締めまくった私ですが、
よく見ると…ん?何?


アウエー戦


ってことは…どういうこと?え?オーウェン、日本来ないの?
意味ねーーーーーーー!!!(いや、意味なくはないが激しく落胆)
多分、日テレ辺りがテレビ放送してくれると思うので、まぁいいか。
でもできれば、こっちに来て欲しかったなぁ(←贅沢言うな!)



2004年01月21日(水) 水戸黄門は7人いた(今日のトリビア)


昨日の夜からリニューアルへ向けての作業を始めたら、気付けばもう朝でした。
真夜中というのは妙にテンションが上がるもんで…(そういう人種もいるんです)
「ちょっとやろうかな」がいつの間にか「っしゃあ!やったるでー!」になるわけです。

お陰でリニュ作業は今のところ順調です。
本当は今すぐにでもできるくらいなんですけど、一応もう少し時間をかけようかと。
リニューアルとは言っても単なる倉庫化に留めるつもりだったんですけど、
某ビルダー活用サイトを拝見し、目から鱗がボッロボロ!

へぇ、壁紙固定ってこうするんだぁ。とか、
へぇ、メールフォームってこう作るんだぁ。とか、
へぇ、フレームってこうして使うんだぁ。とか、

( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

もう「へぇ」の嵐ですよ(ってか、このAAが使いたかっただけ)
管理人歴2年とは思えない知識の浅さ・意識の低さに愕然としましたけどね。
なので、今回のリニュにはスタイルシートをちょっと使ってみました。
付け焼刃で勉強しただけなので、実際には色々不都合も出るかもしれません(汗)

でも味気ないリニュをするよりは多少向上心の見られるほうがいいかなと。
ま、単に私がやりたかっただけのことなんですが。
最近こっちに執心してばかりで、現サイトのほうが疎かになってますが、
もうしばらく待って頂けると嬉しいです。



2004年01月20日(火) 五十歩二百歩


昨日予定通りにレポートを提出し(一番乗りでした)
口頭試問の日までは時間的余裕ができたので、
弟の地理のレポートをお金を取って引き受けるという
およそ年長者らしからぬ悪行を働いてしまいました(汗)

だって、「お金くれたらやってもいいよ」て冗談で言ったのに、
弟ったらマジでお金持ってくるんだもーん(←「もーん」じゃねぇ!)

金欠の今、背に腹はかえらねぬ。寝る子には逆らえぬ。
というわけで、ついつい引き受けてしまいました。
金持ってくる弟も弟ですが、それを受け取る私も私だ…


まぁ、レポートと言っても、新聞の中から注目した記事を切り取り、
その記事の要約と自分の感想を書くというもの。
このテのことは「任せろ!」ってなもんです。

んで、弟の選んだ記事は、新成人の成人式での振舞いについて。
今年も各地で羽目を外した新成人が色々やっちまったようで。
そういうのは成人としての自覚が足りない!とか、
式を運営している側も式自体を改めて考え直すべき!とか、
そういう在り来たりなことを適当に書いたのですが、

私と騒動起こした新成人って全然変わりないんじゃ…

と、ふと思ったら、どこまでも凹めました。
じ、自覚はあるんだけど、実感がないんだよぉぉぉ〜!


ふぅ、やれやれ。



2004年01月19日(月) 敏感肌


毎日寒いッスね(←冬ですから)
私は重度の寒がりなので、家にいる時でもトンデモナイ格好をしてます。
とても人様にはお見せできない、人として終わっている格好です。
室内にいる時でさえこうなのだから、外に出る時は重装備です。
勿論、見えない部分で(人目は気になるもんで)

今日も寒くなるんだろうなぁと思い、厚手のセーターを着ていきました。
防寒面でこのセーターはばっちりだったのですが、
帰宅して、早速風呂に入ったら、鎖骨のところが痛い。しみる。
なんだぁ?と思って鏡で見たら、真っ赤になってました。

おそらくこれはセーターのせいだと思われます。
今までこんなことはなかったのだけれど、もしかしてアレルギーか何か?
暖かいので冬場は重宝していたセーターなのですが、
こうなったからには、ちょっと着るのを控えないと…


他にも脇腹が無性に痒くなったりと、冬場は何かと肌のトラブルで大変です。



2004年01月18日(日) 今年最初の感動


週末は例の如くスポーツ観戦。
サッカーもバレーも週末に試合があるんでね。
でも今日特に注目したいのは女子バスケ
五輪のアジア予選・対韓国戦がBSで放送されてたんで見ました。

見たのは途中からなのですが、試合はすでに第4セットを終え、延長戦に突入したところ。
残り1分もない状態で両者とも一歩も引かないモノ凄い緊迫した雰囲気。
手に汗握る試合というのはこういうのを言うんだろうなぁと思いました。
しかもオリンピックの出場権がかかってる試合ですから、
その重要度というのは私には計り知れないものがあります。

結局、再延長戦までもつれ込み、81-72で日本が勝ちました。
これまでの女子バスケの戦いを知らない私でさえちょっと感動しましたよ。
一応バスケ経験者でもありますけど。


この調子でサッカーとバレーもアテネ行きを決めてくれればと思います。
今までオリンピックにはそれほど興味もなかったのですが、
今回はむちゃくちゃ楽しみしてる自分がいます。
オリンピック期間中は毎日寝不足になるだろうなぁ。



2004年01月17日(土) あの人のイニシャルは…


今日もレポートに励む一日でした。
おかげで月曜に提出できそうな予感。いい感じだ。

レポートはどれも日本語に関することなんですが、今日やった問題で
「身近な日本語の中で文法的におかしいと思われる言葉を挙げ、問題点を分析せよ」
みたいな感じのものがあったのですが、いきなりそんなこと言われても…
ただ挙げよだったら簡単なのですが、分析となると難しい。

そこで、ネットで色んなサイトを見て周り、色々参考にしようと思ったのですが、
大体最初のほうに引っ掛かるサイトというのは、「ら抜き言葉」を扱ってる場合が多い。
確かに日本語の乱れ=ら抜き言葉みたいな流れができちゃってますけど、
このレポートを出した先生曰く「今にら抜き言葉主流になるでしょう」とのこと。

先生がんなこと言っていいのか?とも思いますが、
文法的にああだこうだ言っても、言葉は生き物なので
文法も自ずと変わってくるというのが先生の持論のようです。

おかげでら抜き言葉を分析することは却下。
分析できなくもないけれど、論理的に実証するのは無理かと(私の頭脳では)
色んなサイトを回り情報収集することはできましたが、かなり疲れました。


ところで、H/Kって何のことだかわかりますか?
何かの言葉の省略形なんですが(今どきの若者はわかるでしょう)

これは「話は変わって」の話のHと変わってのKをとって作られた言葉だそうです。
多分、中学生・高校生辺りの女の子が手紙を書く時なんかに使うのかな?
ちなみに私は日頃まったく使いません。最近知ったばかりです。
しかも、最初ハマーン・カーンの略?と思いました(爆)
私がH/Kを使う時はハマーン様を指すのだと思ってください。いや、多分使わないけど。



2004年01月16日(金) 明日は雪です


昨日出題されたレポートをやっていて、気が付けば朝でした。
ゲームをやって徹夜、ビデオを見て徹夜というのはよくあるのですが、
勉学に励んでいて徹夜というのは珍しい気がします。

だから明日雪が降るんじゃ…Σ( ̄□ ̄;

おかげで、レポ一つは書き上げることができました。
もうちょっと膨らませたり、推敲しなきゃならないのですが、
いつも締切間際までやらない自分としては異例のスピードです。
土日でもう一つやって、月曜に出せたらベスト。


眠い目を擦りながら、午前中のうちに地元の図書館へ。
去年から借りっぱなしだった本をやっとこさ返却してきました。
平日の午前中の図書館というのは、とっても静かで好きです。
いつも込み合ってる雑誌コーナーもガラガラだったので、
思う存分バックナンバーを読み漁ってきました。

他にも色々借りたい本を見つけたんですけど、
どれも分厚かったり、上下巻に分かれていたりで、借りる気になれず。
結局、また京極夏彦の本を借りてしまいました。
京極さんと言えば、直木賞取りましたね。
芥川賞の話題の陰に隠れてしまって、世間の注目度はイマイチのようですが…



午後はこたつで泥のように眠りました。
今夜は普通の時間に寝よう。絶対。



2004年01月15日(木) 早い仕事も良し悪しなわけで


ようやく今日から学校が始まりましたー。
つっても、来週の月曜に行ったら、授業はもう終わり。
あとはレポートと口頭試問だけ(←これが一番の難問だが)

レポートの課題が今日出されました。
提出日は12日後。ついでに言うと、口頭試問の翌日です。
去年からずーっと心にしまってたんですけど、一言言わせて下さい。

もっと早く出してよ、先生!

普通、休み前に出題、んで年末にレポやって、年明け提出だと思うんですが…
そんなに難しいレポートでもないけれど、時間を取られるのが嫌です。
ま、たとえレポートがなくても、口頭試問に関してはほとんど何もやらないと思われますが。


帰りがけにちょっとした買い物をしました。ほんの千円ぐらいの買い物です。
んで、帰宅したら以前注文していた本が届いてました。
注文から配達まで三週間はかかると事前に言われてたんで、
思わぬ早さにびっくり(一週間で届いた)

はっと気付くと財布の中身がヤバイ…(※代引)
親を何とか説得して、本代を立て替えてもらいました。
あーぁ、無駄遣いしなきゃあ良かった。



2004年01月14日(水) 今年もダラダラと


今日はこの寒い中、初詣に行って来ました。
なんかもう思いっきり時期を外した感があるのですが、
新年早々人込みを歩くのよりは全然マシです。

去年と同じ神社に行ったのですが、去年はちょうど仕事始めの時に行ったらしく、
めちゃくちゃ混んでて行列がずら〜っとできてたんですが、
今日はそんなことはなく、適度に人の姿を確認できるくらいで、
のんびりゆっくりと参拝&散策することができました。

願い事は3つしてきました。
・まず、自分のこと
・次にオーウェン&リバプールのこと
・最後の一つはひ・み・つ☆(←殺)

そこから派生したものを含めれば確実に3つ以上の願い事をしているわけで、
たかだか5円のお賽銭でどれだけ効力があるのかは疑問です。
まぁ、どれか一つでも叶えばいいなぁみたいなー。

おみくじを引いたんですが、去年と同じ小吉でした。
慎みと自戒の気持ちを忘れずに日々精進しろみたいなことが書いてありました。
とどのつまり、あんま調子乗んなよってことですね。
あと、あまり新しいこととかやらないほうがいいみたいです。


そっかぁ、リニュはおあずけかー(←オイ!)



2004年01月13日(火) そろそろ返却催促の電話が…


休みに入る前「年末年始はこたつでガンガン本を読もう」と思っていたのですが、
実際、年末になると大掃除やら年賀状で忙しくてそんな暇もなく、
年が明けたら明けたで今度はそんな気力もなく…
図書館から意気込んで借りてきた本の山が寂しく部屋にあるだけ。

ってのも、やっぱりマズイので(返却期限はとうに過ぎてる)
せめて一冊読んでから返そうと思い、京極夏彦の「絡新婦の理」を読みました。


所謂、京極堂シリーズの第5作目なのですが、とにかく殺人的に厚い。
内容も題名通り蜘蛛の巣のような作りになっていて、階層的且つ複雑。
登場人物いっぱい。ついでに真犯人もいっぱい(笑)
私が探偵役なら泣いて逃げ出したくなるようなストーリーです。

どうでもいいことですが、このシリーズを読む時、
自分の中で登場人物を実物の人物に当てはめ、それをイメージしつつ読んでます。
例えば、京極堂こと中禅寺秋彦は篠井英介さん。
京極堂の妹・敦子は友達の妹に同じ名前のコがいるので、そのコ。
京極堂の友人、いさまやこと伊佐間一成は本文の描写から勝手に森鷗外。
他の登場人物は私の想像を絶するようなキャラばかりなので放棄(←オイ)

それにしても、役者さんに友人の妹、明治の文豪って…
どんなキャスティングなんだよ!

以前、京極堂関連のサイトさんをいくつかふらふら〜と遊びに行って、
そこで描かれている登場人物のイラストとマイイメージのあまりの違いに愕然としました。
じぇ、ジェネーレーションギャップというよりこれはカルチャーショックに近い。



2004年01月12日(月) 世間ではそれをヒキコモリという


今日はちょっと買い物に出かけました。電車を使っての外出はなんと新年初!
下手したら丸々二週間家にこもりっぱなしだったのかと思うと、
軽く眩暈を覚えます(しかもそれが全然苦じゃないところが…)
根っからの出不精もここまで来ると末期的です。

何年か振りにユニクロで買い物をしました。
冬物の在庫処分らしきセールをやっていたので、
ほぼ半額のコートだのフリースだのを物色し、購入。

今年はマイクロフリースなるものを売っていたのだな、知らんかったよ。
手触りが昔飼っていたハムスターを彷彿とさせ、
忠吉さんを撫でる榊さん宜しくひとしきり撫で回してました(←怪しい奴)


あと、古本屋にも寄って、ひたすら中古CDを物色。
洋楽CDが充実してるのはいいけれど…だから古過ぎるんだってば!
スキャットマンのアルバムが充実してても嬉かないよ(泣)
事前に店の場所をチェックしたりしていただけに、かなり落胆しました。

このまま手ぶらで帰るのも悔しいので、オアシスのアルバムを購入。
何故だかオアシスはどこの中古店でも何枚かはあるんだな。
洋楽と雑誌類が充実している古本屋に行きたいなぁ。
今年は都内のブック○フ全部チェックする心積もりです!



2004年01月11日(日) アニメ化熱望


連日のサッカー話、どうもすみません(汗)
別にとりわけて書くような波乱万丈の毎日を送っているわけではないので、
どうしても自分の気になることばかりになってしまいます。

普通の日記を書こうにも「今日は夕方の4時に起きました」みたいな
トホホ〜な内容ばかりになってしまうし(ちなみに実話です)
昼夜逆転生活どころか、このままいくと三年寝太郎になってしまう…


それはそうと、オコジョさんの7巻を親の部屋で発見。
アニメが終わってしまったので、まだ連載してたのかと妙に感慨深かったです。
あー、オコジョさんを読むと心が安らぐなぁ。
ただの動物虐待ギャグ漫画(語弊有り)なのに不思議だ。

特に良かったは巻末の書き下ろし漫画。
ぽたぽたのオコジョが賢くなる玉をゲッツ&ターン
(※本当にそういう題名。えらくうろ覚えですけど)
ハリーポッターとダンディ坂野を足して2で割ったにしても、
到底シラフの状態では考え付かないような素敵な漫画でした。

いつもぽたぽたと体から液体(分泌物?)を垂らして困っているオコジョさんと、
歯が伸びすぎて困っている歯ぁ前オイーのネズミのお話。
ってか、歯ぁ前オイーってハーマイオニー?
このネーミングセンスは流石です。


とにかく、またテレビ東京でオコジョさんが見たいなぁ。
別に日曜夜のフジテレビでもいいけど。
「オレはアニマル王になる!」を合言葉に全国津々浦々の
動物たちに闘い挑むコジョ・ピースなんてどうッスか?



2004年01月10日(土) 私はサロンパス派


今日もリバプールは何とか勝ちました。1-0で(しかも相手のオウンゴール)
テキストライブでの観戦だったとはいえ、リロードする度に心臓バクバクでした。
あまり楽しいものでもありませんが、それでも見てしまうのが哀しいサポの性…
まぁ、辛勝ながらこれで2連勝だし、オーウェンも復帰したし、こっからこっから!


今日は久しぶりにVリーグの放送もあったのですが、
こっちのほうはすげー熱戦が繰り広げられていて面白かったです。

1位の久光製薬と2位東レの対決はフルセットまでもつれて、
結局久光が勝ったんですけど、最終セットのジュースは見てられませんでした。
でもある意味、リバプールの試合とは真逆の心持ち(最後は絶対勝つだろうという)

私の勝手なイメージですが、久光製薬はプレミアに例えるとマンUって気がする。
優勝経験が何度もあって、ベテランが揃った組織力で勝負のチームってところがなんとなく。
んで、東レは昨シーズンのエバートンっぽい。
若手を主力に闘い、技の未熟さ・経験の浅さは拭い切れないけど、パワーと勢いでせめる!

NECはアーセナルかなぁ。すごいタレント揃いなんだけど、
チーム全体としてはイマイチ好きになれないところが(笑)
リバプールっぽいチームはないような気がします。強いていうならJT?
まぁ、あくまで私個人の勝手なイメージですので、聞き流して下さい。


結局、バレー見てる時でもサッカーのことを考えてるんだなぁ(末期的)



2004年01月09日(金) 赤いものが大好きです


部屋の模様替え?も着実に進み、おかげで部屋が赤一色になりました。
色彩イメージでの赤は人を興奮状態にさせる色らしく、
部屋で使用する色にはあまり向いていないのですが、私はとっても落ち着きます。
なんたって、赤はリバプールの色ですから。

やっとの思いで組み立てた棚の一番上は宣言通りに(9/17の日記参照)
リバプールグッズ陳列スペースとなりました。
ここにはこれまで買い集めたマグカップやマフラー、帽子、ぬいぐるみ等の
リバプールに関連したものからオーウェン関連の書籍・DVDがあります。

一方、壁には先日購入したカレンダーの他にでっかいフラッグが飾ってあります。
このフラッグがけっこう気に入っている品でして、
これがあるのとないのとでは部屋の印象が随分違います(そりゃあ…)
棒を差し込む穴があるので、大漁旗のように振り回すことも可能。

でも一番気に入っているのはこれ。



マイケル・オーウェン 24歳



コリンシアンフィギュアのプロスターズXL・オーウェンモデルです。
箱に入っているので、これがけっこうでかくて25cmほどあります。
最初は買うのが躊躇われたんですが、1467体しか作られないことを聞いて購入しました。
似ているんだか似ていないんだか…その微妙さが気に入ってます。

あとグッズで欲しいのはタオルとクッション。
それと最近新発売されたストラップキーホルダー。
これでますます部屋が赤く気持ち悪くなることは確実!



2004年01月08日(木) 何神に祈れば…


今朝方、リバプールの試合があったのですが、
時差の関係で日本では6時キックオフだったので、
いくら最近生活リズムが乱れている私でも、ここは睡眠を取らざるを得ませんでした。
スカパーが見れる環境だったのなら、多分徹夜を決行していたと思いますがね。

なんと言っても、今日の相手は大型補強で
第二のレアル・マドリーなんて言われているチェルシー。
昨シーズンの最終節で負けて、CL出場権を逃し、
今シーズンも開幕戦でホームで負けた、まさに因縁の相手です。

今日は相手のホーム、つまりアウェイの試合だし、
おまけにチェルシーのホーム・スタンフォードブリッジではもうずっと勝ててないし…
こりゃ勝てる気がしねー!と半ば諦め気分で眠りに就いたのですが、
起きてから早速ネットでチェックしてみると、0-1で勝ってましたー!ひゃっほう!

どんなミラクルが起こったのかは後ほどのハイライトで確認するとして、
(多分、いつものつまらない退屈なリアクションサッカーでしょうが)
オーウェンがベンチ入りしていたのが一番嬉しい!
試合には出なかったみたいですけど、次の試合で出場するかな?


あと、今季のリバプールは本当に呪われている気がします。
この試合でGKのデュデクが負傷。控えのカークランドもその前の試合で負傷していたので、
第3キーパーが出場したとか。なかなかお目にかかれませんよね、普通。
リバプールとは関係ないけど、オーウェンの恋人(まだ奥さんではない)ルイーズさんが
乗馬の最中に落馬して骨盤だかどこかを骨折したらしいし…

オーウェンとリバプールのチームメイトには厄払いすることをお奨めします。
私も初詣に行った際にはここらへんのことを神様によぅくお願いしておきます。



2004年01月07日(水) 暗っ…暗いよ!


Vガンダム、15話まで見ました。
ようやくウッソ(主人公)が宇宙へと旅立ちました。
これで俄然面白くなってきた…かな?
でも宇宙に旅立つまでの話が何だかやりきれませんでした。

宇宙に行くにはマスドライバーというレールのようなものを使用しなければならず、
このマスドライバーは昔からある言わば「人類の歴史的遺産」のようなもの。

その周りで様々な戦闘を繰り広げるというお約束の戦闘シーンがあるのですが、
この戦闘中に敵の攻撃によってマスドライバーの土台が破損。
ある人物がMSを使って土台を支え、何とか大事には至らずに済むのだけれど、
その人は敵の攻撃によって死んでしまう…(人だけ死んで機体はそのまま)


とにかく、Vには至るところにやりきれなさが漂っている気がします。
主人公が成長するため・生き延びるためだけに周りの人間が死んでいくような…
いくらアニメとは言え、こういう展開にはちょっと首を傾げます。
あまり人気がないのもそういう部分にあるのかなと思ったり。

∀のあとに見たから余計にそういうふうに感じるのかもしれません。
とりあえず、最後までは見ますけど、簡単にキャラクターに思い入れできないし、
ストーリーもそんな楽しいものでもないので、ちと見るのがツライです。



2004年01月06日(火) 元気があれば何でもできる!


急遽、今週末にまたMOUS試験を受けることになり、
初詣の予定を頼み込んで延期してもらい、
今、猛烈な勢いでテキストを読み返しているのですが、
これまで教わったことが全然頭に入っていないことに愕然としています。

何故、頭に入っていないのかというと、
上級コースになって難しくなったというのもありますが、
授業がいつも土曜の午前中にあるので、
いつもヘロヘロの状態で授業を受けているからに他なりません。

徹夜明けの状態で聞いた授業は何回もあり、
そういう時に限って試験で出そうなところばかりやるもんだから、もう大変。

マクロって何?サブ文書ってどうやって出すの?
フォームの挿入ボタンがどこにもなーい!
ってな具合でパニック状態です。

ええ、全部自分が悪いんですけどね。
検定料がバカにならないほど高額なので(大体1万2千円)
一発で受からないと親から何言われるかわかりません。
あと三日で何ができるかわかりませんが、できることはやろうと思います。



2004年01月05日(月) シンプルプラン


日記の更新が不定期で申し訳ない(汗)
原因は私の生活リズムが不規則なせいにあるわけで…


気力が途切れないうちに終えてしまおうと、
今日もリニューアルの作業をせっせとしてました。
おかげで大方のページは完成し、あとは新コンテンツを作るだけ。

ここでぶっちゃけてしまいますが、新コンテンツというのは
前から言っていたアニメの感想です。
「なぁんだ…」という落胆の声が聞こえてきそう(笑)
他にもあと1つくらいはコンテンツを作りたいなと思っているのですが、
こっちはコンテンツというよりネタ墓場、いや置き場になりそうッス。

それとトップページをどうしようか、今、悩んでいます。
今までは画像を大きく使ってきましたけど、
このやり方だと時間が経てば経つほど、容量を食ってくるし。
かと言って、何もないのは少し寂しい気もするし。

色々凝ってみたい気もしますが、結局は杜撰な作りになることは確実ですので、
あまり期待せずにリニューアルされる日をお待ち下さい。



2004年01月04日(日) ぬか喜び


今日はリバプールの試合放送(生)がありました。
しかもこの試合でオーウェン復帰!と聞き、
こりゃ新年早々縁起がいいね!と浮かれまくってたら、

いないじゃん…

ピッチどころかベンチ入りさえしてないし。
やっぱり怪我の状態が思ったより芳しくなかったのか、
今日の相手はディビジョン3(つまり格下)だから大事を取ったのか、
そこらへんのことはわかりませんけど、とにかく残念でなりません。

同じく怪我で本日復帰したキューエルが髪を坊主にしていて、
激しくオーウェンにクリソツだったのがせめてもの救いでした。

「あ!オーウェンがボール持った!…なんだ、キューエルか」
「お!後半からオーウェン投入?…やっぱし、キューエルか」
「よっしゃー!オーウェンがPKゲット!…ちっ、キューエルかよ!」

という具合に試合中、随時間違えっぱなしでしたがね。
肝心の試合は0−2で無難に勝ちました。
いくら格下とは言え、負けられない試合だったので冷や冷やモンでしたけど。


ようやく部屋にオーウェンとリバプールのカレンダーを貼りました。
リバプールは去年と同じ机の脇の壁に貼って、
オーウェンのは散々悩んだ末、ドアを開けた時にちょうど死角にくる位置にしました。
明らかに家族の目から隠蔽しようという意図が見え見え…
バレた時の言い訳は「ちゃうねん」で通そうと思います(←通らないだろ)



2004年01月03日(土) そのうちより今のうち


リニューアルはそのうち…

なんて悠長なことはいってられなくなりました(汗)
いつの間にかサイトの容量が8MBにまで達してしまい、
残り2MBなんて半年持つかどうかもわかりません。

なので、今日は停滞していたリニューアルの作業を少しやりました。
ちよクエ・ちよえもん等の文章レイアウトを整理したのですが、
作業していくうちに自然に読み返しちゃったりするわけで…
なんつうか二年も続けているわりにこれだけかと思う反面、
けっこう色々書いてたんだなぁ〜とも思ったり。

一向に完結する気配がないですけど、起承転結で言えば、
「承」のところまでは書き終わっているので、あとは気力で頑張ろうかと。
今年中に「転」までいけばいいんだけど(←嘘でも「結」って言えよ!)


それからリニューアルを機に、新しいコンテンツも少し増やそうかと。
つっても、あまり誰かの役に立つようなものにはならないと思います。
自分がやりたいからやるという感じ。
まぁ、それはこのサイトの存在意義にも繋がっているわけですけど。

早ければ今月中、遅くても来月いっぱいにはリニューアルできると思います。
リニューアルと言えば聞こえは良いですけど、単なる簡素化ですので。
やれば気持ち的にすっきりすると思うので、なるべく早めにしたいです。



2004年01月02日(金) 今頃、羊を見た


相変らず、正月の番組は面白くない。
なんだか今年は今以上にテレビ番組への関心が薄いです。
どうせだからと、今日は撮り溜めたビデオから「羊のうた」を見ました。

羊のうたは前から気になっている漫画なのですが、それを映画化したもの。
大抵は原作を読んでから映画を見たりするのですが、
今回は原作をまったく読まずに見てみました。

上書き専用のビデオに撮っておいたんだけど、消してしまうのが惜しいくらい。
つうか、いっそのことDVDにダビングしようかと思ってます。
それぐらい面白いと思いました。


単純に言ってしまうと、所謂「吸血鬼モノ」なんですけど、
映画に使われている背景がとっても良い。
一番好きなのは主人公が住む家(日本家屋)
外の世界から完璧に隔離された場所としてすごくマッチしてたと思う。

あと、町並みもすごく良かった。
あんなところに行ってみたいなーと自然に思わせられる感じで、
個人的にはトトロのメイとさつきが越してきた土地を連想しました。
行ったこともないのにやたら懐かしくて、時間の経過がゆっくりしてるようなところ。
ロケ地は長野らしいんで、行こうと思えば行けそうだけど。

原作知らないんで、キャストの良し悪しはわからないけれど、
不自然さは感じませんでした。ラストの終わり方が不自然だったくらい。
あれは原作がまだ終わってないから、ああいう終わり方にしたんだろうか?
ちょっと気になるんで、原作のほうも是非読んでみたいなぁ。



2004年01月01日(木) 太っ腹〜な正月


あけました〜!ビバ!2004年!

ってか、初っ端から日記遅れるっていいのか!?それで。
まぁ、代わりにトップ画像は間に合ったので、
良いということにしておいて下さい。


結局、昨夜から一睡もしないまま、新年を迎えてしまいました。
深夜運行の電車に乗って、成田山に初詣にでも行こうかと思ったりしたのですが、
寒いし人込みスゴそうだし、やっぱやめたー!と新年早々からやる気のなさ全開。
サイトの更新とビデオ鑑賞をしているうちにあっという間に朝になってました。

朝食は勿論、おせち。
私はおせちと餅が好きじゃないので、正月の食事は陰鬱としてしまうのですが、
今年のおせちは家で作ったものではなく、なんと外部発注!
和風と洋風の二種類あって、とっても豪華。

食べてみると、うまい!(←おせちにしては)
そして、値段を聞いて驚愕しました。
てっきり3千円、高くても5千円だろうと思っていたら、
和風は8千円、洋風は1万2千円だそうな。

合わせて2万円。
あまりに高いと思ったので、この散財をどう思うか隣にいた弟に聞いてたら、
「年に一回のことだし、いいんじゃない?」だとさ。
何、そのブルジョワ思考…それとも私が貧乏臭い思考回路なのか!?


 < 過去  INDEX  未来 >


chipper