chipperの日記

2002年10月30日(水) 今、GBAが熱い!


アドバンスのソフトを買ってしまいました。
ブレスオブファイア。中古で2千円だったもので。


プレイするのは初めてだけど、なんだか懐かしーという気分になります。
ドラクエとはまた違うほのぼの感。
ひらがなだらけのアイテム名。
行き着く先々で頼まれるお使い事。


FFなんかやってると、逆にこういうのがすごく新鮮に感じる。
難しいことなんて何にもない。


やー、アドバンスは良いねぇ。
プレステ並に画面が綺麗だし(角度によって自分の顔がたまに写るのが不気味ですが)
これからの寒い時期は布団の中でも手軽にできるし。
もっとRPGがどんどん移植してくれればいいのにと思います。


ドラクエの垢鉢困△燭蝓△匹Δ茵(と言われても…)



2002年10月29日(火) いてーよ〜


目がいてー!
最近右目がやたらと充血します。今日も真っ赤。
目薬さしたり、アイボンで目を洗ったりしてるんですが、効果はイマイチ…
まぁ、毎日パソコンに向かったり、テレビに噛り付いてたりするわけだから、
充血するのも頷けるんですけどね。
でも何故に右目だけ?コンタクトが合ってないのか?


目が痛いことと言えば、電車の車両内の広告が全部ベッカムなのも、
かなり目が痛かったです。
好きな人にとってはたまらない空間なんだろうなぁ。
もしこれがオーウェンだったら、まず間違いなく
剥がして持ち去ります(※それは犯罪です)
いや、逆に恥ずかしくて乗ってられないかも。
ずっと顔がニヤけてそうだ。




と昨日ここまで書いたのですが、あまりにも目が痛すぎて、
あげることができないまま、眠ってしまいました。
今日はそれほどでもないです。
あー、アイマスクが欲しいなぁ。



2002年10月27日(日) 持ってますか?


あー、なんだかゲームボーイアドバンスで新しいソフトが欲しい今日この頃。
元気ですかぁーーー!?(何故に猪木?)
昨日の試合、リバプールが勝ったので、私は元気です。
小学校の頃毎朝やった健康観察をやってほしいくらいです。


えー、オーウェンがゴールを決めました(PKだけど)
宿敵アーセナルは負けるし、あぁ、もうなんていうか最高だね。
自分の第二の故郷はリバプールに決めました。


で、アドバンスですよ。
弟が「星のカービィ」を買ったので、ちょっくらやらせて貰ってます。
今更だけど、改めてアドバンスって画面綺麗だよなぁって思う。
なんかソフト欲しいねぇ。RPGがいいなー。
中古でいいのがあったら買おうかな。
面白いのがあれば、是非教えて下さい。


FF機Ν兇皀▲疋丱鵐垢飽椰△気譴覆いなぁ
と思ってたらPSに移植されるみたいですね。うわ、欲しい〜。
FF召梁格圓盻个襪箸…うわ、マジかよ!?
個人的にはあと真・女神転生3とかスタオー3も気になるところ。


そんな感じで、ゲーム熱がふつふつと沸いてきました。



2002年10月26日(土) 元気がないのは


うー、寝過ぎました。頭、痛いです。
目が覚めたら昼の3時でした。これまた、イタいです。


せっかく起きたというのに、ぼうっと過ごし、
夕飯食べたら、また眠ってしまいました。
あーいたたたぁ…。あーいたたたぁ…(フェードアウト)


なんだかサッカーの試合がないと死んだようになるなと思いました。
何をしてもつまらないというか、早く試合の日が来ないかと心待ちにする日々。
実は今日も、試合があるにはあるんですけど、スカパーに入ってないんで見れない。
試合結果を待つ身です。もうウズウズしてます。


そんなで勝ったら狂喜乱舞し、負けたらフテ寝。
これもスポーツの秋っていうのかなぁと思ったり。
いや、言わない言わない。不健康すぎる秋だ。


この時季が一年で一番好きだったりするんですけどね。
寒空の下、チャリ漕ぎながら、空に浮かぶ満月にうっとり酔いしれてたりします。
いつかこのまま事故りそう。
まぁ、それはそれで…(いいのか?オイ)


そんな感じで明日は元気(ハイテンション)かもしれない。



2002年10月25日(金) うん、普通


今日は特にサッカーの試合もなく、ゆとりがあったので、
友人から借りたZガンダムのDVDを見ました。

なんて書くと、サッカーの試合のある日は忙しいみたいな感じですけど、
そんなことはありません。いつだって暇です。


まぁ、それはそれとして、ガンダムですよ。Zですよ。
ドラゴンボールで言えば、ドラゴンボールZ
セーラームーンで言えば、セーラームーンSみたいなものですか?
違ってたらすいません。語れるほど詳しくはないので。


フォウが身を挺して、カミーユを宇宙に向かわせたとこまで見ました。
見ていて、なんとなく「すごいよ!マサルさん」でマサルが投げた
「とし子は今、アメリカ人男性マイケル・スペクター氏と結婚し…
“とし子・スペクター”という名前に続く第3弾!!」



とし子、宇宙へ――――!!!


というどーでもいいコマを思い出しました(ほんとどーでもいいな…)
こんな自分はまだまだガンダムにはまりきれてないのかも。
いや、はまってしまっても困るのだけれど。
これ以上、ザクやらハイザックやらマリンザクやらを買う余裕はなかとです。
(何故にザクばかり)


どうやら最近はSEEDというニューシリーズも始まったようですが、
上記のアニメのように中だるみして、尻すぼみにならないようにしてほしいです。
私的にはシャアさえ出てれば、それで良し!です。
だって、赤いからね。



2002年10月24日(木) 普通っていいなぁ


いい加減まどろっこしいので、普通の口調で日記を書きます。
「毒舌で行こう!」のコーナー(なのかもうよくわからんが)は
当初週2回ぐらいの予定だったのになんでこんなに頻繁に書いてるんだろう?


ま、それはそれとして、オーウェンですよ(来たか…)
昨日チャンピオンズリーグでハットトリックを決めたことはお伝えしましたが、
そもそもチャンピオンズリーグとは何ぞや?という方もいると思います。
正直、私もよくわかりません(爆
ただヨーロッパにある強豪クラブチームが戦って、
その頂点を決めることなんだなぐらいの認識です(間違ってはいまい)


と言っても、いきなり何十もあるクラブチームが戦うわけではなく、
まず予選リーグというものを行います。
まぁ、ここらへんはW杯と同じですね。
グループリーグを戦って上位2チームが決勝トーナメントに進めるわけです。
(正確に言えば、1次リーグ→2次リーグ→決勝トーナメントです)
今はこのグループ1次リーグを戦ってるわけです。


さて、オーウェンの所属するリバプールはグループBで只今、2位です。
このまま行けば、2次リーグへ進むことができますが、
次に戦う相手がスペインのバレンシア。その次がスイスのバーゼルです。
グループリーグは総当りでホームとアウェイの2回戦うのですが、
前回リバプールはバレンシアにこてんぱんにやられ、格下のバーゼルとも引き分けでした。


何が起こるかわからないのが、フットボール。
うむむむ…。
大丈夫だとは思いつつも、内心はらはらしてしまいます。


次のバレンシア戦はリベンジの意味合いも込めて楽しみですが、
個人的にアイマールとオーウェンが試合をするのが楽しみだったりします。
いや、テレビ放送はないんですけどね。
WOWOWは全試合放送するとかいっときながら、全然する気配ないし。
いや、WOWOW入ってる友人にビデオ録画を頼んでる自分が文句を言える
義理ではないのは十分承知ですが。


アイマールはアルゼンチンの選手なんですが、最近けっこう気になってます。
W杯のイングランド対アルゼンチン戦は録画したビデオを持ってるのに、
彼のためにDVDも買っちゃおうかななどと考えていたりします。
っていうか、アルゼンチン、いいです!
気付くの遅すぎかもしれませんが。
ヴェロン、シメオネ、そしてサビオラ。
う〜ん、いいなぁ。


これから、ヨーロッパはイングランド。
南米はアルゼンチンを応援しようかな。


などと書きたいことだけ書いて今日終わり〜。
あ、普通の日記なんで勿論オチはありません。



2002年10月23日(水) 幸せの瞬間


全国のスポーツ(特に野球)ファンの皆様


私は皆様方に謝らねばいけないことがあります。


今まで私は、巨人が勝ったと言って狂喜乱舞したり、


阪神が負けたと言って、意気消沈する人達を見て、



野球ってそんなに面白いもんかね〜



と思っていました。


つまり、スポーツの素晴らしさというものがわかってなかった大バカ者だったのです。


駄菓子菓子、いや、だかしかし!


今の私にはスポーツがどれほど素晴らしく、人々の魂を打ち震わすのに十分なものか


ようやく理解することができました。



いやぁ、スポーツって本当素晴らしいものですね




来るぞ、来るぞぉ〜。
タグ濫用の心の叫びが(笑)



オーウェン、ハットトリック達成!

チャンピオンズ・リーグ2位だぁ!!


まだ予選だけどね。



2002年10月22日(火) いいもの


神楽「ゆかり先生〜」

ゆかり「何よ、またあんたなの?帰ってって昨日も言ったじゃない」

神楽「そんな邪険にしないで下さいよー。今日はいいもの持ってきましたから」

ゆかり「なになに?いいものってシャネル?グッチ?それともエルメス?」

神楽「それはですね…、ジャーーーーン!!!これです」

ゆかり「ん?何これ?SOCCER STARってサッカーの雑誌じゃない。
     もう私、サッカーはうんざりだわ…」

神楽「それがこれはただのサッカー雑誌じゃないんですってば。ほら中を見て下さいよ」

ゆかり「何よ〜、もうしつこいわね…ってこれ、ベッカム様じゃない!?」

神楽「そうですよ。ベッカムの巻頭グラビア&インタビューから始まり、ほら次のページは…」


ゆかり「イルハ〜〜〜〜〜ン!」

神楽「その他にもトッティやらデルピエロやら、いい男がいっぱい載ってますよ」

ゆかり「本当だっ!うわっ、こいつぁたまらん!」

神楽「(良かった。これでまたサッカー話が思う存分できる)」



ゆかり、鑑賞中


ゆかり「ねぇ、神楽」

神楽「何スか?」

ゆかり「このカーンってのはいい男なの?」


………


神楽「そりゃあ、もうとびっきりの」






もみあげ、最高!



2002年10月21日(月) ワンダーボーイ


神楽「こんばんはッス」

ゆかり「げ!神楽じゃない」

神楽「げ!とはなんスか。せっかく来たのに」

ゆかり「だって、またリバプールがどうとか言うつもりなんでしょ?」

神楽「そりゃ、勿論そうですよ!」

ゆかり「お願いだから、帰ってよ…」


神楽「昨日、リバプールが首位に立ったという話をしましたけど、
    実は1点差の2位にアーセナルというチームがいるんです」

ゆかり「なんか聞いたことあるわ。確か無敗記録を更新中とか」

神楽「そう、このアーセナルは30試合無敗の記録を更新してたんですけど、
    先日の試合でエバートンと対戦して負けちゃったんです」

ゆかり「記録更新ストップね」

神楽「しかもその試合で逆転ゴールを決めたのが、
    エバートンのルーニーという選手で、なんとまだ16歳なんですよ」

ゆかり「うわっ、若っ!」

神楽「今週の木曜に17歳の誕生日を迎えるらしいんですけど、
    これまでプレミアゴールの最年少記録だったオーウェンの記録まで
    ルーニーという選手は塗り替えてしまったんです」

ゆかり「うかうかしてられないわね」

神楽「とりあえず、アーセナルを下してくれたことには感謝ですけど、
    オーウェンの記録を塗り替えていくのだけは勘弁してほしいなぁ」



………


神楽「ところで、先生」

ゆかり「何?」

神楽「先生が16の頃ってどんなんでした?」

ゆかり「あー、あのころは…」




ゆかり「荒れてたわね」



♪ちっちゃな頃から悪ガキで〜



2002年10月20日(日) たとえ一夜の夢でも




神楽「来たぁぁぁ!!」



榊「どうかした?」



神楽「リバプールがプレミアで
    ついに首位に立った!」



榊「そうか、おめでとう(汗」





ありがとう、神様!



2002年10月19日(土) 気分爽快


ゆかり「う〜、最悪っ」

にゃも「いきなり、何よ」

ゆかり「今日、歯医者行ったんだけどさぁ」

にゃも「あー、この間の虫歯、ちゃんと治療に行ったんだ」

ゆかり「それでね、前に治療してるガキがダダこねてうるさいし、
    それでやたら待たされるし、虫歯は痛いしで、散々だったわよ」

にゃも「子供は歯医者が嫌いだもんね。仕方ないよ」

ゆかり「でも、私はあんなに泣き叫んだりはしなかったわよ」

にゃも「へぇ〜」

ゆかり「歯医者行って泣くのってみっともないって思わない?たとえ、ガキでもさ」

にゃも「う〜ん、大人だとちょっとみっともないって思うけど、子供はなぁ…」

ゆかり「歯医者如きで泣いてたら、これから先の人生どれだけ泣きを
    みなけりゃいけないと思ってんの?」

にゃも「いや、そんな先まで見据えなくても」

ゆかり「人生はそんなに甘くないのよ!せいぜい歯医者で泣くがいいわ」

にゃも「あんた、言ってること滅茶苦茶」



にゃも「そういやさ」

ゆかり「ん?」

にゃも「管理人、ついに虫歯の治療終わったんだって」

ゆかり「歯医者ネタもこれで終わりね」

にゃも「ネタ切れだね」






人生って素晴らしい



2002年10月18日(金) すれ違う二人


神楽「ぐわ〜、なんでだぁ、どうして勝てなかったんだぁ!」

榊「何の話?」

神楽「あ、榊!この間のサッカーの試合のことだよ。引き分けなんて、あれはないよな」

榊「うん、せっかく勝ち越してたのに」

神楽「そうそう、これでもう決まりだ〜って思ってたのによぅ」

榊「中盤が良かっただけに引き分けは勿体なかった」

神楽「まったくだよ、マケドニア相手に引き分けとは思わなかったなぁ」

榊「えっ、マケドニア?」

神楽「うん?どうした、榊?」

榊「ジャマイカじゃなくて?」

神楽「はぁ?EUROの予選になんでジャマイカが出てくるんだよ」

榊「ゆーろ?」

神楽「そう、EURO2004の予選の話だろ。イングランドVSマケドニア戦」

榊「いや、私はてっきりキリンチャレンジカップの日本VSジャマイカ戦のことかと…」

神楽「キリンチャレンジカップってなんだぁ?やっぱ、ユーロだよ。
   イングランドだよ、なっ、榊!」

榊「…うん」







二回目はイマイチ…



2002年10月17日(木) 手抜きで行こう!


ゆかり「さぁ、今夜も手抜きで行くわよ!」

にゃも「いや、趣旨が変わってるって」



ゆかり「そういや、教習所物語がようやく完結したわね」

にゃも「っていうか、長すぎだよね」

ゆかり「私はもうちょっと続けても良かったかな」

にゃも「えっ!ゆかりにしては珍しいこと言ってるー」

ゆかり「なんてったって、ゆかりちゃん初主演作品だからね!」

にゃも「あー、そういうことか(私は終わってホッとしてるけど)」


ゆかり「でね、新連載を始めるに当たって、ネタを考えてきたわよ!」

にゃも「新連載なんて初耳なんだけど…」

ゆかり「まずは、『すごいよ!ゆかりちゃん』
    これはジャ○プ系のハイテンションギャグストーリーよ」

にゃも「(私はフーミンなのか…?)」

ゆかり「次はね〜、『最終兵器ゆかり』」

にゃも「(ある意味、正しいが無理だろ、それは)」

ゆかり「更に、『ゆかりの碁』」

にゃも「(パロるにもほどってもんがあるよ)」



ゆかり「今、ざっと考え付いたのはこれくらいね。どう?にゃもはどれがいい?」

にゃも「どれも嫌だし、どれも無理」




いや、言ってみただけ…



2002年10月16日(水) わかる人だけわかって


弟とFF召鬚笋辰討董交わした会話の一コマ



弟「ソーニャ(キャラクター名)は仲間にできないんだって」

私「へ〜、そーにゃんだ」



………



弟「サムいよ」

私「そんにゃあ〜」






嗚呼、麗しきバカ兄弟
言ってろ…



2002年10月15日(火) 事実


いきなりですが、私、今日(正確には昨日)






ビビアン・スーを見ました。





とっても可愛かったです。





ま〜、その、なんだ…



それだけの話だ



2002年10月14日(月) 若年性健忘症


ゆかり「あ〜、う〜」

にゃも「出だしからいきなり何なのよ?一日ぶりなんだから、もっとちゃんとしなさい」

ゆかり「う〜ん……」

にゃも「もしもーし、ちょっと聞いてる?」

ゆかり「あー、ダメだ!やっぱり思い出せない!!」

にゃも「だから何?」

ゆかり「あ、にゃも、いたの」

にゃも「最初からね。で、一体何が思い出せないの?」

ゆかり「あぁ、実はね、今日スマスマを見てたら、
    エンディングで『チェッチェコリ』の話になったのよ」

にゃも「チェッチェコリ?」

ゆかり「そう、知ってる?」

にゃも「いや、初耳だけど」

ゆかり「♪チェッチェコリ チェッコリッサ リ サッサ マンガン…ってやつなんだけど。
    小学校の運動会とかに使われたりする曲なの」

にゃも「あー、なんか聞いたことあるかも。で、それの何が思い出せないの?
    よく知ってるじゃない?」

ゆかり「んー、それがね〜、いつ・どこで聞いたのか思い出せないのよ」

にゃも「はぁ?だから、小学校の運動会で聞いたんじゃないの?」

ゆかり「いや、小学校でそんな曲は使われなかった。
    もっと最近になってテレビで聞いた覚えがあるんだけど…
    あー、もう全然思い出せない!」

にゃも「その歳でもうボケが始まってるなんて」

ゆかり「ボケとは失礼ねっ。せめて若年性健忘症って言ってちょうだい」

にゃも「いいのか?それで」


ゆかり「さっきから頭の中で『♪チェッチェコリ チェッコリッサ リ サッサ マンガン…』
    が延々とぐるぐる回ってる〜」

にゃも「ずいぶんと重症だね」



あ!

もしかしたら…

NHKの「わんパーク(幼児向け番組)」で聴いた記憶が…



ゆかり「思い出したけど、なんかすっきりしないわ」

にゃも「試合に勝って、勝負で負けたような感じだね」




これで眠れる



2002年10月13日(日) 英国かぶれと大和魂


※今日は連休中なので、ゆかりとにゃもの二人はお休みします。

神楽「というわけで、うちらが代わりだ。行くぜ、榊!」

榊「うん」


神楽「早速だけどさぁ、榊は今夜のサッカーの試合見たか?」

榊「見たけど…、日本は残念だったなぁ。あともう一押し欲しかった」

神楽「はぁ?何のことを言ってるんだ?」

榊「えっ、何ってアジア大会の日本VSイラン戦のことだけど」

神楽「何言ってんだよ〜。今夜行われたサッカーの試合と言えば、
   EURO2004予選・イングランドVSスロバキアのことに決まってるだろ」

榊「いやっ、それは昨日の再放送だから正確に言えば、今夜行われた試合じゃ…」

神楽「そんでさー、もうベッカムのフリーキックはすごかったぜ。
   一瞬オーウェンがヘッドで決めたかと思ったけど」

榊「………」

神楽「前半は押され気味で一失点してたから、どうなることかと思ったけど、
   結果的にはベッカム・オーウェンが得点を決めて勝ったから良かったな!」

榊「………」

神楽「ん?榊、どうした?」

榊「いや、なんでもない」

神楽「すぐに今度はマケドニアとの試合もあるから、こっちも楽しみだな」

榊「(今度は日本VSジャマイカ戦だ。黄金のカルテット…楽しみ)」





日本、チャチャチャ〜



2002年10月12日(土) デンタルケアー


ゆかり「うー、歯が痛い〜」

にゃも「もしかして虫歯?」

ゆかり「もしかしなくても、虫歯よ〜」

にゃも「昨日、酔っ払って、歯を磨かないまま眠るからよ。
    そんなことじゃ、ここの管理人のことはもう笑えないね」

ゆかり「うぅ〜、うっさいわね〜。歯に響くでしょ」

にゃも「それに管理人はあと1回で完治だって、すっごい喜んでたよ」

ゆかり「えっ!マジ!?まだ通ってたの?」

にゃも「二ヶ月かけて歯医者通いよ。ゆかりもそうならないうちに早く行きなさい」

ゆかり「あ〜ぁ、誰か歯医者に行かなくても虫歯が治るような薬を発明しないかなぁ?」


にゃも「(相変わらず、人の話聞かないんだから…)
    いい?ゆかり。そんな都合のいい薬は絶対できないんだからねっ」

ゆかり「そんなのわからないじゃーん」

にゃも「ったく。…そうだ、ゆかり、パタリロって漫画知ってる?」

ゆかり「カリメロ?」

にゃも「パ・タ・リ・ロ。あんた、わざと言ってるでしょう?」

ゆかり「はいはい、常春の国の話ね。そのパタリロがどうしたっていうの?」

にゃも「パタリロの漫画にね、こんな話があるのよ」



にゃも「ある日、パタリロはとっても画期的な歯磨き法を開発するの。
    その方法とは頭蓋骨を取り外して、ダイレクトに歯を磨くというものなのよ」

ゆかり「画期的なのはいいけど、そんなことしたら、死んじゃうじゃない」

にゃも「いいのっ、パタリロなんだから」

ゆかり「あっそう」

にゃも「それでパタリロはこの新発明を世界歯周病撲滅友の会で発表することにしたわけ」

ゆかり「世界歯周病撲滅友の会?胡散臭い会ね〜」

にゃも「もし、これが学会で発表されたら、どうなると思う?」

ゆかり「世界中の虫歯に困ってる人間の何割かは助かるかもね」

にゃも「そう、それにこれから虫歯になる人の割合はぐんと減ることになるかもしれない」

ゆかり「死者も多数でるかもね」

にゃも「だから、そのことはとりあえず置いときなさいってば。
    ところが、その論文を学会に送った矢先にパタリロは何者かに襲撃されるの」

ゆかり「それが世界歯周病撲滅友の会の手先だったとうオチね」

にゃも「そういうこと。つまり、世界歯周病撲滅友の会というのは表向きの顔で、
    裏では虫歯の患者が減らないように、新しい予防法を闇へと葬り去る
    悪徳歯科医の集団だったの」

ゆかり「ふ〜ん」

にゃも「ふ〜んじゃないでしょ!なんか言ったら、どうよ」

ゆかり「そんなことを本気にしてるなんて、にゃももまだまだね」

にゃも「なっ!私だって本気にしてるわけじゃないわよ!
    ゆかりが歯医者に行かなくても済む方法なんて、夢みたいなこと言ってるから…」

ゆかり「それにねえ、にゃもの言ったことを教訓とすれば、結局『歯医者なんて信用できない』
    ってことになると思うけど?」

にゃも「……あ!」







だから、どうした?



2002年10月11日(金) 働く女


ゆかり「今日は特に書くこともないわね〜」

にゃも「そうだね。最近の日記はちょっとネタ切れかな」


………


にゃも「そういやさ、余談だけど」

ゆかり「何?」

にゃも「最近、ちょっとだけ日記のカウンターの回りがいいんだよね」

ゆかり「ふぅん、そうなの?」

にゃも「少ないときは一日5ヒットぐらいだったからね。それと比べたら、かなり増えたよ」

ゆかり「ねぇ、それって私たちのおかげじゃない?」

にゃも「どうして?」

ゆかり「きっとこの『毒舌で行こう!』のコーナーが人気出てきたのよ。
    そうよ!そうに違いない!」

にゃも「どこからその自信が出てくるんだか」


ゆかり「ねぇ、こうなったら、それなりの褒賞をもらわなきゃよね?」

にゃも「う〜ん、なんでそうなるのかは置いといて…
    確かにこのまま無償で続けるのはちょっと真心がないよね」

ゆかり「そうそう、真ん中に心と書いて『愛』がないわよ!
    ちょっと!どーなってるの?管理人!!」



………



ゆかり「あ!今、天からの声が聞こえてきたわ」

にゃも「(また勝手なことを…)で、何だって?」

ゆかり「ゆかりちゃんはとってもよくやってるから、ご褒美に
谷崎ゆかりの華麗なる一日(SS)を書いてくれるって」

にゃも「またそんな法螺を」

ゆかり「法螺じゃないわよ。あ!にゃもにも何か書くって言ってるよ」

にゃも「え?なになに?」←嬉しそう

ゆかり「にゃもにはね、黒沢みなもの不幸な一日だって」

にゃも「読む前からどんな内容だかわかる気がする」





一日50ヒットいったらね
あ、ありえねぇ…



2002年10月10日(木) 秋の夜長


ゆかり「はぁ〜、今日は疲れたわ」

にゃも「じゃあ、さっさと終わらせちゃおう」


にゃも「ところでさ、そろそろ秋の新ドラマが始まるよね」

ゆかり「っていうか、もう始まってるのもあるわね」

にゃも「そうね。ゆかりは何か見ようと思ってるのはある?」

ゆかり「う〜ん、そうねぇ。最近、ドラマって全然見ないんだけど…
    あ!『ナイト・ホスピタル』は見ようかと思ってるわ」

にゃも「へぇ〜」

ゆかり「あとはね〜、まだ先の話だけど、次の大河ドラマ『宮本武蔵』は外せないわね!」

にゃも「ふ〜ん」


………


にゃも「ねぇ」

ゆかり「何?」

にゃも「ゆかりって仲間由紀恵、好きなの?」

ゆかり「へっ?なんで?」

にゃも「だって、どっちのドラマにも出てるじゃない」

ゆかり「ん〜、まぁ、好きというか…ほら、似てるじゃない?」

にゃも「誰と誰が?」

ゆかり「あたしと仲間由紀恵が」

にゃも「どこらへんが?」

ゆかり「えーと、髪型とか」



にゃも「うん、確かに髪の長さは似てるわ」





連ドラ、楽しみ〜



2002年10月09日(水) 私だって


ゆかり「一日ぶりね」

にゃも「うん、昨日は日記書くの忘れてたし」

ゆかり「日記を忘れて、ユースケ・サンタマリアの『アルジャーノンに花束を』
    を見るのはいいこと?悪いこと?」

にゃも「わ、悪いことじゃないの?(なんで聞き方がマシューなのよ)」

ゆかり「そうよね〜『アルジャーノン』にユースケ・サンタマリアはないわよね〜」

にゃも「えっ!論点はそこなの!?」


にゃも「この二日間の間に色んなことがあったよね」

ゆかり「あー、ノーベル賞の受賞ね」

にゃも「そうそう、さっきもニュースでやってたけど、また誰か受賞したんだって?」

ゆかり「田中耕一って人がノーベル化学賞を受賞したのよ」

にゃも「前にも誰か受賞したよね?」

ゆかり「ちょっと前に受賞したのは、ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊教授よ」

にゃも「へぇ〜」

ゆかり「な、なによ」

にゃも「ゆかりもそういうことは一応知ってるんだね」

ゆかり「一応とは何よ。これぐらい社会人として常識でしょ」(ふんっ)

にゃも「いつも常識ない行動をするのは誰よ」


ゆかり「それでさぁ」

にゃも「ん?」

ゆかり「この小柴って教授、大学時代は成績悪くって、卒業もビリだったんだって」

にゃも「ふ〜ん、それで教授になって、果てはノーベル賞だなんて凄いわね」

ゆかり「そうね」


………


にゃも「ねぇ」

ゆかり「何?」

にゃも「ちなみに、どこの大学だったの?」

ゆかり「東大理学部」

にゃも「別にそれならビリでもいいよね」

ゆかり「私ならビリでもいいわ」




ビリでもいいじゃん



2002年10月07日(月) 気持ちを新たに


にゃも「今日からは通常営業ね」

ゆかり「何?これ仕事なの?じゃあ、ギャラちょーだい、ギャラ!」

にゃも「営業ってのは言葉のあやよ。これはボランティアだからギャラはありません」

ゆかり「チェッ、なーんだ。やる気失くすわね〜」


にゃも「ということで、今日の話題は何にしよっか?」

ゆかり「ん〜、あ!あれでいいんじゃない?」

にゃも「何?」

ゆかり「小室哲哉・KEIKO、電撃再々婚」

にゃも「もう小室はいいよ」

ゆかり「そうね、もうお腹いっぱいって感じよね。
    じゃあ、アジア大会とかは?」

にゃも「わっ、珍しい〜。ゆかりの口からアジア大会なんて言葉が出るなんて」

ゆかり「何よー、言っちゃあいけないわけ?」

にゃも「いや、いけなくはないけど、珍しいなと思って。
    だって、ゆかり、スポーツ嫌いそうじゃない」

ゆかり「嫌いよ。するのは好きだけど、見るのは嫌い」

にゃも「じゃあ、何でアジア大会なんて言うのよ。興味でもあるの?」

ゆかり「別にないけど、ちょっと…ね」

にゃも「何よ、なんだか意味深」

ゆかり「ん〜、聞きたいの〜、にゃも?」

にゃも「(くっ、なんかムカつく)お願い、話して」

ゆかり「しょうがないなぁ。ま、例によって管理人の話からなんだけどね」

にゃも「ふんふん」

ゆかり「ほら、よく全国大会とかに出場すると駅や学校に
    垂れ幕が飾られたりするじゃない?」

にゃも「うん、飾られるね。『祝!○○高校・卓球部 全国大会出場』とかね」

ゆかり「そう、それで管理人がよく歩く道にもそういう垂れ幕が下がってたのよ


第14回アジア大会出場


こんな具合に」

にゃも「ふぅん。で、一体何の競技?」

ゆかり「管理人も気になって、歩きながら見たわけよ



第14回アジア大会出場




カヌー部


カバディ部



って書いてあったわ」

にゃも「なんて言うか、随分とまた…」

ゆかり「マイナー競技よね」

にゃも「でもさ、スポーツの競技に優劣はないはずよ」

ゆかり「そう、参加することに意義がある」



………


ゆかり「ところでさぁ」

にゃも「ん?」

ゆかり「カバディって何?」

にゃも「全然わかんにゃい」




がんばれ〜



2002年10月06日(日) 復活の呪文


とも「今日はゆかりちゃん達に代わって、うちらが担当するぜー!」

暦「夜中なのに、元気だな、ともは」

とも「あたしはいつだって、元気だぞー!
   たとえ新しく買ったパソコンがなかなかネットに接続できなくてもな」

暦「あぁ…、そのせいでけっこうブルーになってたしな、管理人」

大阪「バカとはさみはネットしたらダメなんやで〜」

暦「突然出て来て、ワケわかんないこと言うなよ」

大阪「ワケわかんないことないで。管理人はバカやからネットできへんねん」

とも「うわっ!今日の大阪、やけに毒舌だな」

大阪「そや、ここは『毒舌で行こう!』の外伝やで」

とも「よし!じゃあ、遠慮なくいっちゃうか!」

暦「フォローできる範囲で頼む」



暦「でも、なんでネットに接続できないんだ?
  これまでもちゃんと自分で設定してきたはずなのに」

とも「人という生き物はね、常に情報を吸収し忘却してゆく生き物なのだよ」

暦「トコロテン式頭脳を持ったともにだけは諭されたくないんだけど」

大阪「もう4年も前のことやから、すっかり忘れてたんや。
   でもな、ついさっきちゃんと接続することができたんやって」

暦「へぇ〜、良かったね。さぞかしネットも楽しいだろうな」

とも「よみみたいに調子に乗って、今日はパソコンでDVDを見たんだって」

大阪「うちらのDVDやで〜」

暦「へぇ、確かにそれは調子に乗ってるな…
  って、私がいつ調子に乗った?」

とも「乗ってるじゃん、夏休み中とかさ。
   ま、それはそれとして…」

大阪「管理人はようやく復活したで〜」

暦「いや、けっこうズルズルと生き延びてたけどな」





これからもよろしゅー
たのみまんがな〜



2002年10月05日(土) おしゃれ泥棒


にゃも「実はね、ゆかり…」

ゆかり「何よ、真剣な顔しちゃって」

にゃも「昨日までの日記では黙ってたんだけど…」

ゆかり「だから、何?」

にゃも「うん、あのね、実はもう


新しいパソコンを購入したらしいよ」

ゆかり「ふぅん、良かったじゃない。で、昨日あれこれ書いたけど、結局何にしたの?」

にゃも「日立のPrius 570C」

ゆかり「へぇ、Priusかぁ〜。ってあんまり聞いたことないわね」

にゃも「っていうか、デスクトップだよ、買ったのは」

ゆかり「あれ?ノートを買うんじゃなかったっけ?」

にゃも「うん、そう。元々、家族で使う用にデスクトップは買おうって話だったんだけど…」

ゆかり「あ、わかった!それ用に買ったのに、自分で使いたくなったんでしょ」

にゃも「備後」



………



ゆかり「で、決め手は何だったわけ?」

にゃも「何でもディスプレイがめっちゃ綺麗らしいよ」

ゆかり「昨日あれだけ見た目じゃないって言ってたくせに」






すげーきれいうっとり…



2002年10月04日(金) 放課後キャンパス


ゆかり「新しいパソコン、どこのを買うつもりなの?」

にゃも「んー、まだ決め兼ねてる様子だけど」

ゆかり「じゃあ、ソニーにして。VAIOがいいわ。そんで日曜に貸して」

にゃも「…あんたさぁ……」

ゆかり「何よ?」

にゃも「さりげなく原作ネタやるのやめてくれる?それにソニーはダメよ」

ゆかり「なんでよー」

にゃも「見た目にダマされちゃダメよ。
VAIOはね、周辺機器もソニーの商品にしないと使えないの」

ゆかり「うわー、商売上手」

にゃも「ジャパネット高田のほうが随分良心的よね」



………



にゃも「まぁ…」

ゆかり「ん?」

にゃも「一度は使ってみたいよね」

ゆかり「電車の中とかでね」




パソコンは見た目じゃない…

そう、見た目じゃない…

見た目じゃないんだ、コンチクショウ



2002年10月03日(木) あふれだす煮汁



ゆかり「でもさー、よくよく考えれば、新しいパソコンが買えるんだから、
     結果的には良かったんじゃない?」

にゃも「まぁ、本人もそう思うようにしているみたいだけど」

ゆかり「何か不満でもあるわけ?」

にゃも「不満というか、色々弊害があるみたいだよ」

ゆかり「ふぅん、例えば?」

にゃも「今まで使ってたソフトが使えなくなる。これはかなりイタイよー」

ゆかり「じゃあ、ホームページビルダーも使えなくなるの?」

にゃも「今のパソコンは皆、XPだからね。XP対応のソフトじゃないと使えないから、
     まぁ、ビルダーも使えないでしょうね。新しいバージョンを買わないと」

ゆかり「更に出費がかさむわけね」

にゃも「それにフォトショップも使えなくなるから、もう画像の加工は無理ね」

ゆかり「父よ、さらば…か」

にゃも「いや合成とかしなければ大丈夫みたいだよ。文字入れるのは他のソフトでもできるし」

ゆかり「つまり今までファミコンで遊んでて、それが壊れたから今度はプレステ2を買ったら、
     ファミコンのソフトが使えなかったってこと?」

にゃも「うまい例えなんだかよくわからないけど、そういうこと…かな?」

ゆかり「融通か効かないわねー」

にゃも「それはもう」





ビルのバカ。脳。小鳥。



2002年10月02日(水) エリーゼのゆううつ


ゆかり「おひさ〜」

にゃも「そうだね、4日ぶりかな」

ゆかり「案外復帰まで早かったわね」

にゃも「いや、まだ完全な復帰じゃないみたいだよ」

ゆかり「どういうこと?」

にゃも「パソコン壊れたって言ってたけど、何とかまた起動できたみたい」

ゆかり「案外しぶといわね」

にゃも「でもね、立ち上げる時、変な機械音が鳴り続けてるんだって」

ゆかり「大丈夫なわけ?」

にゃも「いや、もうダメでしょ」

ゆかり「っていうか、そもそも、なんでパソコンが壊れたわけ?」

にゃも「ウーロン茶、こぼしたらしいよ」

ゆかり「うわっ、バカねー」

にゃも「すぐに拭いたんだけどさ、それでキーボードがおかしくなったんだって」

ゆかり「へぇ〜」

にゃも「普通に『あ』って打とうとしても、表示されなかったり、
     かと思ったら、『m』を打つと『あ』って出たり」

ゆかり「完全にイカレてるわね」

にゃも「でも今はそんなことないみたいだよ」

ゆかり「何?直ったわけ?」

にゃも「さぁ?本人も何がなんだかわからないみたいだけど。
     でもね、新しくパソコンは買うみたいだよ」

ゆかり「そうね、それがいいわ」





自分史上最大悲劇クスン…



2002年10月01日(火) 博愛博


ゆかり「台風の影響で停電にならないうちに、さっさとやっちゃうわよ!」

ちよ「こんにちは〜」

ゆかり「あれ?ちよちゃんじゃない。にゃもは?」

ちよ「黒沢先生なら、大雨のせいでこっちに来れないそうです」

ゆかり「ダラしないわね〜。で、今日のネタふりはちよちゃんなわけね」

ちよ「はい、宜しくお願いします!」ペコッ



中村一義の4thアルバム「100s」は傑作!



ちよ「この間、ついに中村一義さんの4枚目のアルバムが出たんですよ〜」

ゆかり「あのね、ちよすけ。ここは毒舌でしゃべるコーナーなのよ。もっとけなしたり…」

ちよ「中村さんは本当にもう『天才』ですね!
    これまではそんなに精力的に活動してなかったんですけど、
    今年は3枚のシングルを連続でリリースしたり、ツアーをしたり、
    なんとこのアルバムを引っさげて、またツアーをするそうですよ」

ゆかり「だからさ、もっと嘲笑めいたしゃべりを…」

ちよ「11月19日の新潟をかわきりに、最終日には日本武道館でライブをするそうです。
   すごいですね〜♪」

ゆかり「わかった。もういいわよ…」(諦め)

ちよ「管理人さんも相当行きたがってるみたいです」

ゆかり「あら、一緒に行く人いるわけ?」

ちよ「多分、いないんじゃないですか?」



………



ゆかり「誰か〜」

ちよ「心の優しい方、12月17日の武道館、一緒に行ってあげて下さい」




っていうか、もうすでに
チケット入手、不可能


 < 過去  INDEX  未来 >


chipper