水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
2018年は月に2回は更新したい。


2006年01月24日(火) 東野圭吾『栄光の証言』

遅ればせながら、東野圭吾さん、「容疑者Xの献身」で直木賞受賞
おめでとうございます。『栄光の証言』も、面白かったですよ。

あ、この日記について、、、更新がストップしていた間もたくさんの方に
ご訪問いただき、ありがとうございます and 申し訳ありません。
今年もどうぞよろしくお願い致します・・・(←遅すぎ。。)

そこで、『栄光の証言』、主人公が哀れなのです。東野風せつなさ。
ぱっとしない中年男が、偶然、ある殺人事件の目撃者になり、その
証言を手がかりに、犯人が捕まります。45歳の恋人もいない彼は、
一躍、会社で時の人に。目撃談を話す彼を、今まで相手にしなかった
会社の人たちが取り囲み、話を聞きたがり……。
まるで、ヒーローになったかのような錯覚に陥ったとき、彼は重大な
ことに気づくのです。

気づいたのなら、すぐ、警察に知らせれば良いのに、人生初めての
栄光ですから、手放したくないんですね、、とんでもないことに!

ブラックな後味は、ラスト1行で救われました。
「闇に香るもの」(新潮文庫)、第三話。視覚が呼ぶ錯覚に、へぇ〜。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加