水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
2018年は月に2回は更新したい。


2016年09月15日(木) 桜庭一樹『じごくゆきっ』

女子高生と高校教師の駆け落ち──ですが、その先生が24歳の女性教師だと、話は違ってきます。

桜庭一樹『じごくゆきっ』は、うーん、よくわかりません。

ふと、自分の高校時代を振り返れば、先生とふたりだけの思い出など全くなく、小さな世界で3年間を過ごしたような気がします。
まして、先生をちゃん付けで呼ぶなんて……衝撃的……。

それでも、この小説を読んだおかげで、高校時代に思いを馳せたのですから、本を読むのは良いものです。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加