同じ空の下で。
DiaryINDEXpastwill


2005年02月16日(水) 人間の感情

人の感情は受け取るもの。

突然ですが、英語はこのことを明確に表していると思います。

例えば、I am excited.

日本語だと「私は興奮しています」(変な意味ではない)

能動の形です。

だけど、英語だと「excited」。

受身の形です。

つまり、こーいうことです。

皆さんは、「興奮してごらん」と言われて
興奮することはできないですよね?

出来たら変態です。ある意味。

だけど、エロビデオ、この前の日朝戦をみて興奮しましたよね?

つまり、人間の感情は中から自発的に湧き上がってくるのではなく、
何かから受け取るものだということです。

「原因」という単語を使ってもいいでしょう。

感情は原因があって初めて湧き上がってくるのです。

すばらしい試合を見れば興奮する。といった具合に。






感情は人から受け取るもの。

だからこそ、自分たち教員の言葉、行動は大切だと思います。

もちろん、教員だけではないでしょう。

友達同士、上司部下、親子。

しかし、発達段階にある子達と日々接する教員は、

彼らの「感情の原因」になることが日常なんではないかと思います。




最近、たまにいろいろと考えてしまうことがあります。



大阪のあの事件などを見ると余計です。。。







↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」





2005年02月02日(水) こんな解答

胃の調子がめっきり悪いTです。こんにちは。
生活を改善しようかと思い、昨日、久々に泳ぎました。
今日は絶好調です。(中畑並みに)


さて、前回に引き続き「こんな解答」シリーズであります。


今回のリーディングのテスト範囲に、
インドの独立運動の要人である、V.K.メノンという人物のお話が
含まれていました。


この「メノン」さんですが、大変、慈悲深く、
人間性に優れた人物で、、、うんぬん、かんぬん、、、、
というお話。


そんな文章を、まぁ、3週間ぐらいかけて授業でやったわけですよ。
一週間に5時間授業があるので、単純に15時間ぐらいね。
絶えず「メノン」。1日に20回以上は「メノン」。
「メノン」「メノン」「メノン」。。。。











なのに、なぜ解答用紙に、、、、












「メロン」と書いてあるんだっ!






あぁ、受験生よ・・・。







↑エンピツ投票ボタン。


「My Enpituに追加」




T |MAIL

My追加