江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2012年04月30日(月) 高速バスの事故は必然である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 4月29日早朝、関越道で東京ディズニーランドへ向かう高速ツアーバスが防音壁に激突して大破するという事故を起こして7人死亡、39人負傷という大惨事となった。このような事故が起きるのはある意味必然であるとオレは思っている。生身のドライバーが運転している以上、こうした事故を100%防ぐことは無理だ。交通事故は日本中の道路で日夜起きているのであり、死亡事故も毎日のように発生している。毎朝の通勤時にも何度か無惨な事故直後の現場を目撃したことがある。中央分離帯に突っ込んで大破していたり、電柱に激突して車体が完全に変形している現場を見たこともある。大型バスだからそうした事故が起きないと言うこともない。今回のようなツアーバスだから危険だったというわけでもない。大手の事業者の運行するハイウェイバスでも事故は起きる。2011年9月30日にはJRバス関東の青春エコドリーム号が新名神の鈴鹿トンネル内で追突して大破するという事故を起こしている。ドライバーがほんの一瞬居眠りするだけでたちまちこういう事故は起きるのだ。それを100%防ぐことなど無理なのである。

朝日新聞の記事を引用しよう。

関越道で高速バス事故 7人死亡 39人けが
 29日午前4時40分ごろ、群馬県藤岡市岡之郷の関越自動車道上り線で、高速バスが道路左側の防音壁に衝突する事故があった。高崎市等広域消防局と群馬県警によると、女性6人、男性1人の計7人が死亡し、39人が負傷。そのうち9人が重傷という。負傷者は周辺の複数の病院に搬送された。群馬県警は、バスの運転手らを自動車運転過失致死傷の容疑で調べる。
 群馬県警によると、亡くなった女性6人は20歳前後だという。負傷者には10代もいるという。現場は関越道上り線78.8キロポスト付近で、路面にタイヤ痕はなかった。バスには45人の乗客が乗っていた。運転手(43)もけがをしており、病院への搬送前、居眠りをしていたという趣旨の話をしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。
 バスは千葉県印西市の針生エキスプレスが運行。28日午後10時10分に金沢市を出発して、東京都内で新宿駅、東京駅を経由し、東京ディズニーランドに向かう予定だったという。
 同消防局によると、負傷者は、高崎市の国立病院機構高崎総合医療センター、富岡市の富岡総合病院、藤岡市の藤岡総合病院、前橋市の前橋赤十字病院、済生会前橋病院などに搬送された。
 前橋赤十字病院によると、同病院では4人を治療中。40代女性と50代女性はいずれも胸などを強く打って、意識がない状態だという。ほかの2人も顔や頭にけがをしているが、意識はあるという。亡くなった7人の遺体も同病院に運ばれた。
 この事故で、関越自動車道上り線の高崎インター(IC)―藤岡ジャンクション、北関東自動車道の西行き前橋南IC―高崎ジャンクションが通行止めになったが、正午に解除された。


 移動に100%の安全を求めるならば、これまで開業以来無事故である新幹線を利用すればいい。新幹線ならたとえ運転士が居眠りしてもケータイでメールを打っていても大丈夫だ。しかし高速バスならそういうわけにはいかない。

 クルマが通学の子どもの列に突っ込むという事故も防げないという点では同様だ。ただこれに関しては警察の責任は大きい。幹線道路の速度取り締まりは厳しいのに、住宅地の速度規制は緩く、しかもたいした取り締まりもないからである。オレの家の近所も実際のところはそうである。だから通学路を抜け道としてドライバーが利用するのだ。子どもが通学している時間帯は自動車を通行禁止にするなどの思い切った規制も必要である。

オレは住宅地を走るときは歩行者が一番怖い。もしも歩行者にぶつかられたらオレの一生はその時点で終わるかも知れない。だから住宅地や近所の商店街を走るときは絶対に歩行者にぶつからないように低速でそろそろ走るのである。学校の近くも同様だ。

 高速道路を走るときはパトカーが一番怖い。パトカーや白バイはオレのクルマの左後ろの死角に入ってそろりと近づいてくることが多い。だからオレは高速道路では左後ろにいつも気を配ってるのである。その次に怖いのは運転の下手そうなドライバーだ。不意に車線変更したり追突してきたり勝手に側壁にぶつかったりするクルマを避けるためには警戒するしかない。居眠りしているクルマは動きを見ていればわかる。そんなときは決して近づかないようにする。

 もちろんオレも時に運転中に眠くなることがある。そんな時は必ずクルマを駐めてコンビニで何か飲み物を買ったりして休憩する。旅行中など場合によっては仮眠することもある。事故が一度起きてしまってからでは遅いのだ。運転中に睡魔は突然やってくるのである。それを100%防ぐことなど無理である。100%の安全などこの世にはない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月29日(日) どうすれば理不尽な交通事故を無くせるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 観光客でにぎわう横断歩道に車が突っ込んだり、通学中の児童の列に車が突っ込むという理不尽な事故が立て続けに起きている。どうすればこのような事故を防げるのか。オレは常日頃からドライバーには2種類あって、絶対に事故を起こさないようにいつも気合いを入れて運転しているドライバー(たとえば筆者)と、もしかしたら事故を起こすかも知れないテキトーな運転をしているドライバー(多くの普通の人たち)が存在すると思うのである。後者の方々にどうやって気合いを入れさせるかということだが、それはなかなか困難なのだ。

 たとえば今は日本中の学校現場で居眠りが増えている。授業中に居眠りするヤツの比率はおそらく全国トータルで30%くらいになるのではないだろうか。偏差値の低い高校ほどその率は高く、また小学生や幼稚園児にも居眠りがあるという。これはどういうことかというと、がんばって起きて授業を聞こうということができなくなったからで、もちろんその原因は夜更かししてゲームとかをしているからなのだが、ゲームにはみんな気合いが入ってるのである。その反動で他の時間に寝るのだ。

 歩行者とクルマが接触するのは歩車分離がきちっとできていないからである。しかし日本中の道路でそれを完全に行えばおそらくその経費は天文学的な金額になってしまうだろう。そうなるとやはり事故を防ぐ方法というのは車に何らかの仕掛けを搭載する以外になさそうである。それなら少なくとも実現可能だからだ。

 オレの家の近所に住宅街を突き抜け幼稚園の前を通過する2車線道路があって、狭い脇道からの飛び出しもあるのでオレはそこをいつも時速30キロ以下、場合によっては20キロ以下でノロノロ運転するのが常なんだが、表示されているその制限速度は40キロである。オレがゆっくり運転してると後ろからクラクションを鳴らされることもある。もちろんへそまがりのオレはさらにゆっくりと走るだけである。そいつが追い越そうとすればオレは必ず道をゆずる。その先でそいつが人をはねればオレは一人の目撃者として「かなり飛ばしていましたよ!」と証言するだけだ。

 一方交通量も多く、歩道との境界には植え込みがあって中央分離帯もある4車線道路である地下鉄御堂筋線の上の通称「ときはま線」の新金岡駅の少し北側の区間もなぜか時速40キロ制限が存在する。この両者が同じ速度規制であるということはどう考えてもおかしいのである。オレは現在の交通速度規制というのは根本的に見直す必要があると思ってる。前者は30キロ以下にすべきだし、後者は60キロでもおかしくないとオレは思うのだ。

 もちろん後者が理不尽な40キロ制限になってるのは、その近くにある北堺警察署の方々がそこで速度違反の取り締まりを行うための陥穽として必要なのであり、それはすべて警察側の都合でそういう速度制限表示になってるわけでオレがたとえに使うのは不適切かも知れない。ただ、明らかにおかしいことは確かなのだが。

 住宅街を抜け道として車が通行するのは、住宅街であっても速度制限が40キロであったり違反の取り締まりがないからであり、もしもその制限速度が20キロで厳密にそれが守られていれば、つまり違反者が即検挙されてしまうような仕組みであれば、ドライバーはその抜け道を選ばないだろう。多くの「通学中つっこみ事故」というのはこうした道路で起きているのである。だから制限速度の見直しと、その厳重な取り締まりがまず必要であるとオレは思うのだ。ゆっくりとしか走れなかったら、事故の可能性は減るだけではなく衝突したときの被害も小さくなる。

 もっともそれでも暴走する馬鹿がいるわけで、それは今度はクルマの側になんらかの仕組みを搭載して対応するしかない。それが「規制区域内では速度20キロ(30キロ)までしか出せない」という仕組みを最初から組み込んでしまうことだ。新たに日本国内で販売するパトカー以外のすべての自動車にこれを搭載することを義務づけるのである。高速道路や歩車分離が完全にできている道路ではこのセンサーは解除されていくらでも高速走行できるが、住宅街に入ったことを車が感知するとたちまち速度が出せなくなるという仕組みである。幹線道路から脇道に入った瞬間にこうしたセンサーが働いて車が速度を出せないようにしてしまうのである。おそらく自動車メーカーは必死で反対するだろう。しかし人命を守ることが一番大切なわけで、反対するヤツは車を売るために人が犠牲になってもいいと考えてる外道だと認定すればいい。

 車は移動するときたいていの時間は幹線道路を走ってるわけで、そうでない脇道や住宅街の小路に入るのは出発時と目的地到着時のほんのわずかな時間だけである。だからこの仕組みを搭載してもそれほど不便になるとはオレは思わないのである。

 家の近所の住宅街をゆっくりと走りながらオレはいつも思うのである。「ここで40キロなんて誰が出すのだろう?」と。そんな速度で走れば子どもの飛び出し時には絶対に止まれない、そこを自転車のような速度でゆっくり走ったとしても別に家に着く時間がめちゃくちゃ遅くなるわけでもない。ゆっくり走るべき場所でゆっくり走らないことがすべての事故原因であるとオレは思うのだ。住宅街の中で道幅が狭くて一方通行にしてるような道路でなぜ厳しい速度規制を課さないのか。警察の速度違反取り締まりはなぜかいつも「速度を上げても全然問題ない幹線道路」で行われていて、高速走行が本当に危険な住宅街ではまず見かけないのである。理不尽な事故の起きる原因はそこにある。まず住宅地の速度規制を大幅に厳しくして、その上で手にスピードガンみたいな取り締まり機をもった婦人警官が住宅街の道を旋回して、そんなところを暴走している馬鹿をガンガン取り締まってほしいのである。それを数年続ければ、こういう事故が起きる可能性が激減するだろう。


追記:この意見に賛同して下さる方は上のツイッターボタンをぜひ押して下さい。多くの方が読んで下さると嬉しいので。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月28日(土) 無銭飲食+舞妓Haaaan!!!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは以前に「舞妓Haaaan!!! [Blu-ray]」という映画を見たことがある。そこには舞妓さんにメロメロになったオッサンが出てくるのである。もちろん現実世界にもそういう男がいたのである。一世一代の贅沢をするために30万円で豪遊した男が、その快楽を忘れられなくなって今度は無銭飲食で豪遊したという話である。読売新聞の記事を引用しよう。

舞妓遊びが忘れられず…豪遊150万円踏み倒す
 京都・祇園の高級ホテルに8連泊し、舞妓(まいこ)を呼ぶなど豪遊して飲食費など約150万円を踏み倒したとして、滋賀県警大津署は27日、谷野智行被告(34)(詐欺罪で起訴)を詐欺容疑で再逮捕した。
 発表によると、谷野被告は3月20日から、京都・祇園のホテルで、1泊十数万円の部屋に滞在。ホテルのプランを利用し、毎晩のように舞妓を呼んでいたという。28日朝に「コーヒーを飲みに出る」と外出したまま行方をくらませた。
 家出中だった谷野被告は、3月上旬、初めてこのホテルに連泊。この際、宿泊代など約30万円を現金で支払った。谷野被告は「金は使い果たしたが、舞妓を呼んでの遊びが忘れられず、もう一度泊まりたかった」と供述している。
 谷野被告は今月2日、大津市の飲食店で約4000円分を無銭飲食したとして詐欺容疑で現行犯逮捕され、所持金は9円しかなかった。
(2012年4月27日23時45分 読売新聞)


 今はホテルのプランを利用すれば「一見さん」であっても舞妓さんを呼ぶことができるのである。もちろんそれなりのゼニは必要だ。それにしてもこの男に宿泊料金を踏み倒されたホテルはなかなか太っ腹なのである。一週間も料金を請求せずに放置したのだから。オレが利用するようなビジネスホテルなら宿泊料金はたいてい先払いだ。それなら踏み倒されるなんてことはありえない。

 ホテルの宿泊料金を踏み倒した場合、「窃盗罪」ではなくて「詐欺罪」が適用される。ホテルが提供する商品は「サービス」という無形のものであり、それを仮にタダで利用したところで財物を奪ったことにはならないわけで、そうなると「ゼニを払う」といいながら払わなかったという「詐欺」が成立するという判断なのだろう。

 この無銭飲食男、逮捕されて仮に懲役刑になったとしてもおそらく反省などしないだろう。また出所してきては同じように無銭飲食したり舞妓さんを呼んで豪遊して捕まりそうな気がするのである。この男が「反省」などという殊勝なことをするとは思えないからである。ホテル側の自衛策としては、この谷野智行被告の顔写真を配布して「ゼニを先にもらわないと門前払い」を徹底するしかないのである。

 さんざんサービスを利用したり喰いまくった後で「実はゼニがない」と開き直る犯罪者は無敵の存在である。そういうクソ野郎はこれからどんどん増えるのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月27日(金) 火力でGO!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 関西電力は多奈川火力発電所を再稼働させようとしない。それはなぜか? いずれ原発がまた使えるようになるので無駄な火力に設備投資したくないと思ってるのである。しかし、今の状況を考えた時、それは果たして賢明な選択だろうか。オレは昨年の福島原発の事故をふまえて多くの国民が「脱原発」に気持ちを切り替えたという気がしているのだ。いくらコストが余計にかかっても、それは事故のことを考慮していないからであり、ひとたび事故になると原発のコストは無限大になってしまう。そう考えると、原発を再稼働させないという現状の選択もやむを得ないと思うのである。

 さて、原油は価格が高騰して供給が不安定だというが、それは中東の石油に依存しているからである。今ココで日本の石油資源を尖閣諸島の海底油田にシフトしたらどうなるのか。尖閣諸島の海域にはイランの埋蔵量に匹敵するほどの大量の原油が眠ってるという。そこがまぎれもない日本の領土である以上、今すぐに開発に着手すればいいのである。なにしろ日本は「もう原発が使えない」国になってしまったのだ。他のエネルギー源を手に入れないといけないのは国策にも合致する。

 尖閣海底油田が生産を開始すれば日本までの距離が近いために輸送コストが安くなる。途中で海賊に遭遇することもない。注意しないといけないのは中国の横やりだが、ここで日本が毅然とした対応をすることはとても重要だ。それは南シナ海での中国の暴虐外道なやり方に対しても警鐘を与えることができ、世界の国々に日本を支持してもらうために意味があるからだ。

 尖閣海底油田からガンガン生産してそれを日本中の火力発電所で使えるようになれば、もはや原発は不要になる。日本のエネルギー政策のためにも尖閣諸島はとても重要な場所なのである。絶対に中国にとられてはならないのだ。

 「共同開発」なんか絶対にしないでほしい。樺太の油田開発がどうなったかをみればそれが無意味であることはわかるだろう。日本はかなり出資したにもかかわらず、おいしいところはみんなロシアに持って行かれたじゃないか。ゼニだけだましとられて、結局樺太の原油はパイプラインでそのまま中国に運ばれようとしている。何のために日本が開発に参加したのかわからないのである。
 実用化できるかどうかわからないメタンハイドレートなんか今はどうでもいい。そんなことにゼニを掛けるヒマがあればすぐに尖閣海底油田のために投資するのだ。メタンハイドレートなんて尖閣油田が枯渇してから考えればいいのである。今は先に使える資源からどんどん使うだけのことだ。

 原発が再稼働できない今、日本政府は「火力でGO!」を旗印に積極的に尖閣油田開発に力をいれよう。これまですぐ目の前にあった油田になぜ手を出さなかったのか。それは売国政治家たちが中国に対して遠慮していたからである。自国の領海内で油田を掘削することに何の遠慮がいるのか。そんなこと全く気にする必要はないのである。もしも中国が横やりを入れてきても一切無視だ。周辺海域に自衛隊のイージス艦を配備し、沖縄のアメリカ軍も出動してもらって中国軍の攻撃に備えればいい。

 日本中に石油火力発電所を建設し、脱原発を目指す・・・単純なことである。しかもその原油は輸入しなくても自前で手にはいるのだ。いくらでも目の前の海底に眠っているのだ。使わない方がもったいないのである。

 とにかく「石油でGO!」である。エネルギー問題が解決して日本が世界有数の産油国になることで一気に景気は回復し、バブル崩壊後に失われた時間を取り戻せるのである。もう一度日本はバブルに湧くかも知れないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年04月26日(木) 詐欺スタンドはなぜ放置されたのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 2012年4月20日の日記 「 ハイオクが実はレギュラーだった!」でオレはハイオクと称してレギュラーガソリンを販売している詐欺スタンドのことを罵倒した。しかしそういう詐欺販売をしていたガソリンスタンドは日本中にたくさんあって、そのうち詐欺行為のバレたものが5年間で209軒もあったという読売新聞の記事を読んだ。全くもって言語道断の話である。まず新聞記事を引用しよう。

偽ハイオク、全国209のGSで…過去5年調査
 茨城県のガソリンスタンドがレギュラーガソリンを「ハイオク」と偽装した問題で、実際はレギュラーにもかかわらず「ハイオク」と称して販売していたガソリンスタンドが過去5年で全国で延べ209か所に上ったことが、経済産業省資源エネルギー庁のまとめでわかった。
 「ガソリン偽装」が広く行われている実態が浮かび上がった。
 同庁は毎年、全国約3万5000か所のスタンドでガソリンの品質を調査、2011年度までの過去5年間を累計した。レギュラーを「ハイオク」と称していたスタンドは11年度は延べ37か所。茨城県と岐阜県がともに延べ4か所ずつで一番多かった。表示の違いが分かれば、その都度、指導して是正させていた。
(2012年4月25日13時08分 読売新聞)


 この「指導して訂正した」っていったい何だ? 少なくとも被害を受けた一般ユーザーの損害はなんら回復されていないのである。それでどこが「指導して訂正した」なのか。その程度で済むのならばじゃんじゃん不正をして、後で「指導」を受ければそれでOKということになるじゃないか。少なくともその悪徳ガソリンスタンド名をすべて公表して、営業停止、詐欺容疑での経営者の逮捕、当該スタンドで給油したすべての車両に対しての賠償を行わせるべきではないのか。それとも経済産業省資源エネルギー庁は「そこまでやる必要なし」と思ってるのだろうか。

 どうせこの「指導した」とかいう連中はいずれ業界団体に天下りするつもりなんだろう。だからこうした不正には基本的に目をつぶるつもりなんだ。こいつらクソ官僚の考えてることは自分たちの利益だけである。オレがこいつらを監督する立場なら、実質お目こぼしのこの連中を全員更迭して退職金剥奪の懲戒免職、ついでに詐欺幇助で刑務所にぶちこむぜ。この連中のやった「お目こぼし」というのはそれくらいの重罪ではないのか。なんで誰も問題にしないのか。ふざけるなよと言いたいのである。

 高騰するガソリン価格のために、ドライバーたちは多くの出費を強いられている。日頃ハイオクを入れている人もレギュラーに変えたりして燃料費を節約しているかも知れない。ところがこのような「利益重視」の不正を横行させたままにしていいのか。少なくともこのような不正行為を行うスタンドを摘発してドライバーの利益を守ることは公益性に叶うのではないか

 またガソリン元売り各社にとって、系列下のスタンドのそうした行為はブランドイメージの低下につながる。そうした不正が起きないように厳重に監視を徹底する必要がある。もしも不正が起きれば系列からの除名はもとより、当該スタンドの経営者に対して損害賠償を請求すればいいだろう。

 全国で209カ所ということは大阪府にもその「詐欺ガソリンスタンド」は存在したかも知れない。もしかしたらオレは給油したことがあるかも知れない。オレはいつもハイオクを入れてるのでだまされてレギュラーを入れさせられたかも知れないのだ。なぜ経済産業省資源エネルギー庁はそのスタンド名の公表に踏み切らないのか。混乱が大きくなると思っているのか。公表しないことがかえって業界の信頼を失わせることであるとわからないのか。まじめに経営している他のスタンドの利益を守るためにも、その悪徳スタンドをすべて公表し、詐欺経営者はスタンドの入り口で土下座してドライバーに謝罪するべきである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月25日(水) 都民は尖閣購入を支持した!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 石原慎太郎都知事が表明した「尖閣諸島購入」に対して、都民の多くから賛同の意見が出ていたことがわかった。産経新聞の記事を引用しよう。

9割支持 都に4日で3500件、すでに寄付も 2012.4.25 01:29
 東京都の石原慎太郎知事が尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入構想を明らかにして以降、4日間で約3500件の意見が寄せられ、その約9割が賛成だったことが24日、都への取材で分かった。現金書留などによる寄付も届いており、賛同の声はさらに広がる勢いだ。
 石原知事が訪米し、ワシントン市内のシンクタンク「ヘリテージ財団」での講演で尖閣諸島の購入を表明したのは、日本時間17日未明。それ以降、20日までに都に寄せられた電話やメールを集計した。
 都民らの意見を受ける担当者によれば、特定の施策に寄せられる意見は批判や苦情がほとんどといい、「賛成の声がこれだけ多いのは珍しい」という。
 賛成の意見には「政府はあてにできない」や「石原知事にしかできない」「実現を祈っています」といった声が多く、反対は「国がやることを都がやらなくてもいい」「なぜ都民の税金で買わなければならないのか」などだった。
 知事発言を受けて、猪瀬直樹副知事は「都の予算で購入することになるが、都民や国民から寄付が集まれば、予算を抑えられる」と発言。これに呼応するように、短文投稿サイト「ツイッター」にも、「微々たるものだが協力したい」「年金生活だが尖閣購入のためなら寄付する」といった書き込みが相次いだ。
 すでに都庁には、現金書留などで寄付が約30件、数十万円寄せられており、こうした反響に猪瀬副知事もツイッターで「寄付の仕組みを詰めます。お気持ち(志)はそれまで“貯金”しておいてください」と呼びかけた。猪瀬副知事は「国民的盛り上がりが大きいのは東日本大震災以降、日本列島や国土への認識が強くなった結果」と分析。石原知事も「心強い。国を心配し愛してくれているんだと思う」と話している。
 国会内で23日開かれた地方議員の集会で、吉田康一郎都議(民主)が「日本国とその一員である都民に購入費の何十倍もの利益を生むと確信している」と表明するなど一部の都議にも賛同の声が広がり始めているが、自民、民主、公明の都議会主要会派は公式には「知事側から正式提案があるまでコメントできない」としている。
 知事側は早ければ、6月議会で購入目的について説明する方針。賛意を示している高木啓都議(自民)は「都議会は直接の当事者だが、政治、経済、マスコミ、国民全体が、この問題によって試されている」と話している。

 石原知事の尖閣諸島購入構想については、産経新聞東京本社と大阪本社にも24日現在、50件程度の意見が寄せられ、そのうち約9割が賛成意見だった。


 この尖閣諸島問題の本質は、れっきとした日本領なのに政府が妙に中国に対して遠慮しているということなのである。そこが日本の領土であり、周辺海域が日本の領海であり、そこに埋蔵されている地下資源が日本のものであることは言うまでもないのに、それを日本政府が世界に向かって発言しないのはなぜか。日本政府や外務省の中に、日本の国益ではなくて中国の国益のために行動するいわゆる売国奴たちがいるからである。彼らは日本の国益などどうでもいいのである。ただひたすら中国政府の機嫌を損ねたくはないのである。中国政府からどんな利益誘導があったのかはわからないが、そういうクソみたいな連中は「国益」ではなくて「私利私欲」で動いているのでもはやどうしようもないのである。そういう裏切り者たちはすべてオレは死刑にすべきだと思う。国家に対する反逆罪でも適用すればいい。

 そういう売国野郎の筆頭は誰かというと政治家の中ではやはりあの河野洋平であり、外務省関係者ではもと駐中国大使(2001〜2006)の阿南惟茂である。外務省には「チャイナスクール」と呼ばれる中国語研修組がいるのだが、その出身者たちはなぜかみんな日本の国益を無視して中国のために行動するのだ。阿南惟茂が中国へのODAの継続を熱心に主張していたのもその結果れである。阿南惟茂は退任後、新日本製鐵顧問を経て2009年7月より国際交流基金の中にある日中交流センターの所長に就任している。おそらく今も石原発言を巡って中国側をなだめるために奔走しているのだろう。

 外務省の連中が国益よりは私利私欲のために行動する実態というのは佐藤優さんの著書などに詳しく書かれている。なぜこんなことになってしまったのか。官僚というのはそういう組織なのである。日本の長い歴史の中で平安時代から現代に至るまで、官僚たちが国民のため、国益のために行動したことなどなかった。常に自分たち集団を守るため。自分たちの利益のためにしか行動しなかった。大量の天下りを受け入れる外郭団体や財団法人を作り、税金を浪費する巨大な仕組みを作り上げるために彼らは心血を注いできたのである。

 売国奴たちがいくら中国よりの発言をしてもとにかく一切無視だ。日本政府はすみやかに尖閣諸島に海洋地下資源開発のための調査団を送り込み、すぐに海底油田の開発に着手すべきである。これを放置すれば国家千年の悔いになるだろう。この海底油田を手に入れれば日本経済を活性化するために起爆剤になるのは間違いない。東京都が尖閣諸島を購入したのなら、その油田開発会社の筆頭株主が東京都ということにして利益を都民が享受できるようにすればいいのである。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
国家の「罪と罰」


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月24日(火) 無免許運転は死刑である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 無免許運転には二種類ある。一つはオレのような長年運転してきたドライバーが違反などで免許を取り消された場合である。もう一つは一度も運転免許をとったことのないドライバーによるものである。どちらも違反であることは同じだが、後者の方がより危険であることは言うまでもない。亀岡市で登校中の小学生と保護者の列をなぎ倒して2人+胎児を死なせ、多くのけが人を出した18歳少年(少年ということでこの名前は出ていないが、実名報道すべきだとオレは思うのである。起こした事故の責任の重さを考えれば)には厳罰を科すべきだとオレは主張する。朝日新聞の記事を引用しよう。

登校の列に車、2人死亡 無免許18歳運転 京都・亀岡
 23日午前8時ごろ、京都府亀岡市篠町(しのちょう)篠上北裏(しのかみきたうら)の府道で、集団登校中の小学生の列に無免許の少年が運転する軽乗用車が突っ込んだ。市立安詳(あんしょう)小学校の児童9人と引率していた妊娠中の保護者の計10人がはねられ、女児1人と保護者が死亡した。
 府警によると、死亡したのは、2年生の小谷(おだに)真緒さん(7)と松村幸姫(ゆきひ)さん(26)。松村さんのおなかの胎児(7カ月)も死亡が確認された。1年生の男児(6)、3年生の女児(8)が意識不明の重体で、残る6人も重軽傷を負っているという。
 府警は、運転していた亀岡市の無職少年(18)を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。少年は「一晩中走り、居眠り運転をした」と容疑を認めているという。現場にブレーキ痕は見当たらなかったといい、府警は容疑を同致死傷に切り替えて調べている。
 また、車には運転した少年のほかに、高校からの友人らという18歳の少年2人が助手席と後部座席に同乗していた。府警は、無免許の少年に自宅へ送るよう頼んで運転させたとして、京都府南丹市の大学1年生と亀岡市の専門学校生を道交法違反(無免許運転)の幇助(ほうじょ)容疑で逮捕した。
 現場の道路は緩やかな左カーブで、車道(幅4.5メートル)と歩道(幅1メートル)の間に段差がなく、午前7時から午前9時までは西向きの一方通行。府警によると、子どもたちは安詳小学校から南東約200メートルの道路北側の歩道を歩き、付き添いの松村さんは最後尾にいた。軽乗用車は子どもらと同じ西に向かって走り、列に背後から突っ込んだ。
 安詳小学校によると、被害にあったのは集団登校の1個班。校区内で午前7時半ごろ集まり、同8時ごろ学校に着く予定だった。近所の人が事故を知らせ、教職員10人ほどが現場に向かった。子どもたちは道路脇にばらばらに倒れ、頭や手足から血を流し、「痛い、痛い」と泣き叫ぶ児童もいた。教師らは「大丈夫やから。しっかり気を持って、頑張ろう」と声をかけ続けたという。
 湯浅吉則校長は「児童の安全・安心を願って集団登校をしていたのに、こんなことが起きてしまった。たまたま付き添ってくださった保護者の方も巻き込まれてしまった」と話した。
 現場は、JR山陰線の馬堀駅から南約800メートルの住宅と田畑が点在する地域。


 この暴走軽自動車を運転していた少年は「自動車運転過失傷害」の疑いで逮捕された。なぜこの罪状は、「危険運転致死傷罪」ではなくて普通に運転免許を持つドライバーと同じなのか。オレはまずそこに納得がいかないのである。「まだ免許を取得していない=運転技術が保証されていない」ということである。だったら運転することは危険であり、それを認識していながら運転したということは「危険運転」だったと認識すべきだ。なぜそうではないのか。少なくとも逮捕時点ではその容疑にしかできないにしても、すぐに「危険運転致死傷」に切り替えてほしいと思うのである。

 またこの無免許運転の原因は、同乗していた他の少年たちにも求められる。おおかたもと同級生なんかの悪友だと思うのだが、少なくとも友人たちは今回の加害者の少年の免許取得の有無については知っていたはずであり、その上で無免許運転を認めて同乗し、その運転に命を預けていたということは、言い換えればその無免許運転によって生じるあらゆるできごととに対して起きる責任を一緒に背負う覚悟ができていたということである。オレは絶対に無免許運転のヤツの隣になど乗りたくはない。他人の無免許運転になど命を預けられないからだ。しかし今回の同乗者たちはその無免許運転を背負う覚悟があったに違いない。そんなこと考えてなかったとしてもオレは勝手にそう判断したい。そしてこの事故の全責任はこの3人にあるわけで、もちろん未成年だから親も一緒に賠償するわけだ。家や財産を全て処分して、何もかもすべて賠償にあてて今回の被害者たちにお詫びしないといけないのである。

 暴走車両による事故が最近相次いで起きた。なぜかどちらも京都府で起きている。祗園の暴走事故は加害者も死亡しているが、今回の事故は軽いケガで済んでいる。オレはこのような事故の場合には「死刑」を適用してもいいと思うのだ。少なくとも事故に巻き込まれた遺族の感情を思えば、こんな事故を起こしたヤツは死刑にしてくれという気持ちだろう。過失にしろ故意にしろ、結果として多くの人を死なせた場合は責任があるというのがオレの考え方だ。「結果責任」である。そんなことになるとは思わなかったと主張しても、そんなことは予想不可能だったと言っても一切認めない。すべては結果によって判断すべきだとオレは考える。結果として2人+胎児(合計3人)を死なせたこの少年は3人に対しての殺人罪を適用すべきであり、それは十分死刑に相当する罪だとオレは思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月23日(月) XP搭載の中古パソコンでいいじゃないか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレはいまでもWindows XP を愛用している。Windows 7搭載のパソコンはまだ使ってないのである。もちろん今はXP搭載モデルは新品では買えないので、次に新品を買うなら7以外の選択肢はないのだが、あんまり7にはしたくないのである。というのはXPでできないことなどないと思っているからだ。おそらくオレと同じことを考えている方は多いのではないだろうか。

 そうするとXPモデルを入手するためには中古パソコンを買うということになるわけだが、新品の価格もかなり値下がりしているので中古のメリットである「激安」という価値はさほど期待できなくなってきている。しかしオレはあえて、「XPモデルが買える!」というメリットで中古PCの購入を勧めたいのである。

 オレがたびたび利用している通販ショップで、デジタルドラゴンという店がある。15インチ液晶搭載パソコンが1万円で買えます しかも永久保証&永久サポートという触れ込みで宣伝している店なんだが、古いパソコンはスペックが低くてダメだと思ってる方も多いはずだ。

 しかしこのデジタルドラゴンでは購入時に搭載するDVDドライブの種類やメモリの容量も自由に選べるのである。ちょっと豪華なスペックのパソコンがほしかったら17インチ液晶モニター付きでCore2DuoプロセッサにDVDマルチのドライブ、4GBのメモリが搭載されてXPのリカバリのCDも付属していて3万円以下で買えてしまうのである。もちろんネット閲覧とメールのやりとり程度ならそんなスペックは不要だ。CPUをやや遅くして、メモリはとりあえず2GBを確保して液晶は15インチでもいいということなら1万5000円も出せば十分だ。そして手元にすでに液晶モニターがある場合は本体のみを買えばいいのでメモリを2GBまで増設しても1万円以下で十分手にはいるのである。

 そんなに安くてもちゃんとリカバリCDが付属しているので、いつでも出荷状態に戻して再インストールが可能だ。使っていてHDDの寿命がくればそのパーツだけを大容量のものに換装すればいいのである。パソコン部品の中で基本的に消耗品と言えるのはHDDとDVDドライブぐらいだが、それらはいつでも新品に交換可能である。そう考えればこのリカバリCD付きの中古パソコンを買うことによってほぼ半永久的にXPパソコンが使えることになるのである。

 このデジタルドラゴンでは中古なのに安心の最大永久保証!欲しかった中古パソコンが見つかります。とお店のWEBサイトで宣伝している。保証がないということで中古パソコンの購入をためらう方も多いわけだが、この「永久保証」の言葉にオレはけっこう魅力を感じてしまうのだ。

 通販で中古パソコンを扱ってる店はかなり多い。検索すればいくらでもそういう店を見つけることができる。昔は中古パソコンを買うのに店頭で足で探したものである。しかし今はもうそんな時代ではない。その一方でかつては多くの中古パソコンを扱っていた「ソフマップ」も今は勢いを失った。オレが「ソフマップ」で販売される中古パソコンに魅力を感じなくなったのは、中古なのになんでこんなに高いのかと思うような価格がついていたからである。唯一のウリであった「激安」という価値を失えば凋落するのは当然だ。大阪・日本橋の一等地に何軒もの店を構えていたかつての人気店も、今は昔ほどの賑わいはない。ビックカメラの傘下になってしまった「ソフマップ」は、品揃えという点ではもはや「ヨドバシ」や「ヤマダ電機」に全く歯が立たない弱小店になってしまった。オタロードを歩く客が目指すのはもっとディープでマニアックな店である。

 パソコンがいくら進化してハイスペックになっても、パソコンを使ってやることが大きく変わるわけではない。今のスペックで十分だと思っている方は多いはずだ。もしかしたらまだWindows98でインターネットしている方もいるかも知れない。そんな方々にこそ中古パソコンは必要なのである。ぜひ一度、デジタルドラゴンのサイトを訪問してその品揃えの豊富さと安さを見てもらいたいのである。オレがどうしてその店で買うかわかるだろう。






↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月22日(日) 市民でない人は市会議員にはなれません!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

国会議員のセンセイ方はみなさん東京にお住まいでもOKなんだが、市町村議会の議員に関しては当該自治体への居住実態が必要なのである。落下傘候補がありなのは国会議員の世界であり、地方議員でそれをやるとちょっとまずいのだ。市長さんは別に市外に住んでいてもいいのだが、議員さんは他の街に住む人はダメなのだ。だから実際は住んでいないのに市会議員選挙に出れば、それは当選しても無効ということになるのである。読売新聞の記事を引用しよう。

女性タレントの家族「新座に移ったのは当選後」
 2月の埼玉県新座市議選で初当選したタレント立川明日香さん(27)が20日、市選管から「市内に居住の実態がなく、被選挙権は認められない」として、当選無効の決定を受けた問題。
 立川さんは取材に、「『ここに住んでいる』と住民票が表している。居住の実態がないとだめ、というのは疑問」と不満を口にした。
 立川さんは決定を不服として、県選管に審査申し立てを行う考えだ。
 公職選挙法は、市町村議は「引き続き3か月以上、選挙区内に住所がある」ことを被選挙権の要件とし、「住所」について最高裁は、生活実態が必要、との見解を示している。
 立川さんは昨年9月に東京都練馬区から新座市に転入したが、市選管は、水道が使用されていないことなどから、「成人女性が生活しているとは考えにくい」とした。
 市選管によると、立川さんの家族は、「新座市に移ったのは当選後で、それまで(練馬区に)一緒にいた」と証言したという。また、立川さんは「新座市には寝泊まりに行っていた。水道水は飲まない。トイレも行かない」と弁明したという。これについて、立川さんは記者会見で、「(事実関係については)弁護士と相談して対応する」と明言を避けた。
 他の市議らは、複雑な反応を見せた。亀田博子議長は「市選管が出した結論でありやむを得ない」と話し、26日の同市議会全員協議会で意見を求め、今後の対応を考えることを明らかにした。
 一方、立川さんが所属する市議会会派「市民と語る会」代表の高邑朋矢市議は「母親をしながら選挙を行い、芸能活動も続けてきた立川さんの努力が認められなかった。寝るために新座市に帰っていたということが生活実態にならないと判断され、残念」と話した。
(2012年4月22日00時04分 読売新聞)


 産経新聞の記事はこういう内容である。

新座市の立川市議「当選無効おかしい」と不満
 市内での居住実態がなく、当選は無効−。2月の埼玉県新座市議選で初当選した立川明日香市議(27)に20日、市選挙管理委員会が下した決定は、重いものだった。
 市選管によると、決定から21日以内に県選管に不服を申し立てなければ当選の無効が確定し、立川市議は失職する。申し立てがあれば県選管は審査の上で60日以内に結論を出すが、さらに不服があれば高裁に県選管を相手取り決定無効の訴訟を起こすことができる。
 産経新聞の取材に、立川市議は「都内に住む夫や義理の両親に子供を預けるために家を空けることもあった。自炊はせず風呂も外で済ませていたので、水道や電気もあまり使っていない。そのことで当選が無効になるのはおかしい」と決定への不満をあらわにした。
 市議会の亀田博子議長は「選挙から2カ月もたたないのに、こういう結果は残念だ」と話した。
 一方、同様の理由で市民から当選への異議申し立てがあった大山智市議(35)については、市選管は20日、「平成20年ごろから居住実態はあった」として申し立てを棄却した。


 オレはこの言い訳を読んでいて思ったのだが、実際には居住実態がない場所にただ単に「寝に帰っている」だけで風呂にも入らないしトイレも使わない方がよほど不自然で見苦しい言い訳である。

 それにしてもどうしてこの立川明日香議員は新座市で立候補したのだろうか。実際は練馬区で居住しているのならば練馬区で出馬すればいいのである。うがった見方をすれば議員であるという肩書きをタレント活動に利用するために、適当な自治体に家を借りてそこに住民票だけを移し、実際には住んでいないのに選挙に出馬したということなのだろう。実際には「寝に帰る」こともなく、住民票だけの偽装転入だったのだろう。住んでいればトイレにも入るし風呂も使う。どう考えても苦し言い訳であり、水道を使っていないという証拠をつかんで「住んでいない」と看破した市民の監視(というかストーキング)にはお見事と言うしかない。

 別に市会議員ではなくてもタレント活動で食べてるのならばそれでいいじゃないか。オレが納得できないのは、この立川明日香議員が「議員の身分であること」を自分のタレントとしての活動の一つとして利用しようと意図した部分である。実際にはろくに住んでもいないところを「住所」として届けていたことは地方議員の資格を満たさないことは明白である。

 練馬区で生活し、練馬区に生活の本拠があるのならば練馬で区会議員になればよかったのだ。地方議員というのはそういうものである。その土地で生活していない人間がその土地の行政に口を出そうとするのはいかがなものかと思うのである。

 彼女の言い訳の中の「『ここに住んでいる』と住民票が表している。」という部分には笑わせてもらったよ。住んでるかどうか、それは住民票ではなくて事実が答えることなんだよ。自ら偽装転居をバラしたような言い訳にオレは思わず笑ってしまったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年04月21日(土) 千葉のウンコ泥棒        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 

 
 食事中の方はいったん読むのをやめてくださるようにお願いします。後で読みましょう。あまりにも今日の日記はお下劣なので。



 突然顔にウンコをくっつけられたらどうするだろうか。あまりのショックに一瞬何も考えられなくなってしまうだろう。そのような想定外の事態に対して我々はなすすべもないのである。そこまで考えていたのだろうか。千葉県柏市、流山市周辺では最近、その手口を用いた「ウンコくっつけひったくり犯」が出没していたのだ。そのウンコ野郎は紙コップに入れたウンコを持ち歩き、狙った女性の顔にそのウンコをぶちまけて女性がひるんだスキをついてハンドバッグなどを奪っていたのである。朝日新聞の記事を引用しよう。

排せつ物を顔に…ひったくり未遂容疑で男逮捕 千葉
 自分の排泄(はいせつ)物を女性の顔に押しつけ、その隙にハンドバッグをひったくろうとしたとして、千葉県警は20日、同県柏市西原6丁目、自称無職茂内正太容疑者(26)を暴行と窃盗未遂の疑いで逮捕した。
 流山署の調べでは、茂内容疑者は18日、同県流山市江戸川台東3丁目の路上で、帰宅途中の20代の女性会社員に後ろから近づき、顔に自らの排泄物を押しつけるなどして、肩に掛けていたハンドバッグをひったくろうとした疑いがある。
 柏市や流山市では3月22日以降、20代前半〜30代半ばの女性ばかりを狙った同様の事件が7件相次いでおり、関連を調べている。


 この事件を通常の「ひったくり犯」と同じレベルで裁いてもいいのだろうか。顔にウンコをつけられた女性の被害感情は相当強いと思われる。この男に対して「死刑にしてほしい」と思ってる方もいるだろう。もしも被害女性が「死刑」を望むならば、それでもいいとオレは思うのである。顔にウンコをくっつけられることがどれほど屈辱的なことか。もしも誰かがオレの顔にウンコをくっつければ、オレは絶対にその相手を許さないだろう。殺意を覚えるに違いない。オレの顔にウンコをくっつけたヤツが走って逃げれば、オレはクルマで追いかけてそのまま後ろからはねとばすかも知れない。顔にウンコをくっつけられるというのはそれほどまでに激しい怒りを引き起こす行為である。

 通常の「窃盗罪」による裁きだけではなくて、この男にはなんらかのオプションの罰を与えたい。たとえば「ウンコ風呂」に入らせるとか、「ウンコパック」を顔にさせるとか、とにかくこの男の実行した犯罪に関係した罰を与えないとオレは納得いかないのである。

 このウンコ野郎、ひったくりが目的でウンコをくっつけたのか、あるいは自分の排泄物を他人の顔にくっつけたいという変態だったのか、そのあたりも裁判の中で明らかにしてもらいたいのである。無職のウンコ野郎、まさに文字通りの「クソニート」だったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年04月20日(金) ハイオクが実はレギュラーだった!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレの乗ってる三菱FTOはハイオクを入れないといけない仕様になっている。一度試しにレギュラーを入れてどうなるか実験してみたことがあるが、高速道路では若干アクセルを余分に踏み込まないと加速しないことに気付いた。運転していて微妙な差異にオレは気がついたのである。しかしそれは「意識して」レギュラーを入れたからわかったことであり、もしもずっとハイオクを入れていたならば、同じ現象が起きても「エンジンの不調」と思っただろう。ハイオクと称してレギュラーガソリンを販売していた詐欺スタンドが摘発された。どうやってバレたタのだろうか?

レギュラーを「ハイオク」、GSが偽装販売2年
 レギュラーガソリンを「ハイオク」と偽って販売したとして、消費者庁は19日、ガソリンスタンドを運営する「エム・ワイ産業」(茨城県龍ヶ崎市)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。
 同庁によると、同社は昨年末までの2年間、ガソリンスタンド「竜ヶ崎給油所」で、看板やガソリン計量器には「ハイオク」と掲示していたが、実際に販売したのは大半がレギュラーガソリンだった。
 この2年間で「ハイオク」と称したガソリン計7万4000リットルを販売。同スタンドでの昨年の平均小売価格は、「ハイオク」が1リットル当たり146円に対し、「レギュラー」は同131円だった。同社は「悪いことだと認識していたが、利益を出すためにやった」と釈明している。
(2012年4月19日20時05分 読売新聞)


 もしかしたらこのような不正をしているガソリンスタンドは日本中にいくらでもあるのかも知れない。そのガソリンがレギュラーなのかハイオクなのか、見た目ではわからないからである。

 オレの近所には超安売りのセルフのエネオスのスタンドがある。オレはいつもそこで入れてるのだが、そこが安すぎて一人勝ちしているせいで、近所のスタンドはかなり苦しいようである。そのスタンドの北側200mほどの場所に開業したスタンドは最初は安売りでがんばっていたがいつのまにか閉店していた。もちろんオレが入れてるスタンドもいつまでも安泰とは限らない。安売りはしてるもののその内情は火の車なのかも知れないのだ。便利な場所にあるので突然閉店なんてことになれば困る。今よりも2、3円高くなってもいいからちゃんと安定して稼いでくれよとも思う。先週にオレがハイオクを給油した値段は157円/Lだった。近隣の他のスタンドはすでにハイオクの価格はたいてい160円を超えている。だからかなり安いはずである。ただ、最近になって価格は下がりだしたと聞いたのでちょっと安堵している。

 考えたらレギュラーをハイオクと偽って売るなんてまだかわいいもんだ。あのお隣の国ならばそんな程度の不正じゃすまないだろう。下水から食用油を作ってしまう国である。きっとわけのわかならない混ぜものをして増量して売ってるだろう。そんなものを入れればクルマはどうなるのか。

 今回摘発されたスタンドに対する処分はあっても、これまで高いのを買わされてきた客への救済措置はあるのだろうか。オレはそれが気になったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月19日(木) この日記をスマホで読んで下さい!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 最盛期は一日のアクセス数1万を超えていたオレの日記も、最近は3000くらいになってしまった。こんな長文の日記を書く人はどんどん減り、人々はネットの上でつぶやき程度の短文を紡ぐようになり、もはやオレのようなスタイルは時代遅れになってるのかも知れないが、このままオレは枯れてしまうつもりはない。なんとかもう一度読者を増やしてオレの暴言を読んでもらいたいと思っているのである。だったらどうすればいいのか。 今、オレのまわりの人たちはどんどんケータイをスマホに変更していく。そしてオレの日記はスマホで読むと、パソコンで読んでいるように読めるのだがもちろんオレは携帯で読むためのアドレスも用意していて、そっちなら別にスマホではない携帯でもちゃんと読める。フルブラウザモードにしなくてもいいので余計な通信費もかからない。もちろん文字テキストだけでは味気ないという方もいるだろうし、時々オレが引用する写真とかを見るにはスマホの方がいい。

 携帯からオレの日記を読んでもらう方法は簡単だ。今からオレが貼り付けるQRコードを携帯の「バーコードリーダー」で読み取ってもらえばいいのである。まずこの暴言日記のコードを張ろう。

暴言日記



 スマホをふだん使ってる方はこれで十分だ。しかし、まだスマホではないケータイを使ってる方はうっかりこの http://www.enpitu.ne.jp/usr4/41506/diary.htmlをクリックしてしまうとかなり画面が重くなる。そのためにオレが用意してるのが、文字テキストだけ軽快に読めればいいという方のための携帯用アドレスである。これは日記の右上にもリンクが埋め込んであるのでこれまでにパソコンでご覧になった方もあるはずだ。


携帯用アドレス




 さて、せっかくこうしてQRコードを紹介したのだから、どうせならオレが気まぐれにニュースを貼ったり食い物の写真を貼ったり、本を紹介したりしている「大人の写真日記」のアドレスも紹介しておこう。そのQRコードはこれだ。

大人の写真日記



 最初に紹介した暴言日記がオレがもっとも力を入れている日記である、オレはブログランキングに登録しているが、オレの登録している部門の一位はチワワの日記である。オレの日記はなぜかそのチワワの日記に遠く得票数で及ばないのである。ブログランキング1位を目指すオレにとって、そのチワワは大きな壁なのだ。それで読者の皆様にお願いである。この日記のQRコードを写真にとって、多くの人に転送してもらいたいのである。そして「だまされたと思って読んでみなよ」とぜひ紹介してもらいたいのだ。

 オレはこれまでそういう卑怯な方法で読者獲得をはかるということをあまりしなかった。(全然しなかったというわけではない。)しかし、このまま読者が減ってジリ貧になるのはオレとしては耐えられないのである。もちろん読者の減少は「つぶやき文化の隆盛」などではなくて、単にオレの日記が面白くないからということなのかも知れない。しかし、オレの日記よりもはるかにつまらない芸能人の日記が多くのアクセスを集めてるのを見ると、オレには納得がいかないのだ。こんなに工夫して書いてるのにどうして認められないのかとオレは悲しいのである。

 オレの過去日記の中には、時間を掛けて丁寧に書いた力作がたくさんあるとオレは自負している。それらの過去日記がこのままネットの膨大な情報の中に埋もれてしまって忘れられるのが耐えられないのである。

 オレの日記には検索機能もついている。左上をクリックして日記目次を開くと検索窓が出てくる。そこでオレの過去日記の中から自分の興味のある単語で検索を掛けてみて、オレがそのテーマについて書いてるかどうかを探せばいいのである。そうして過去日記を読んでもらえるとオレも嬉しいのである。

 スマホで読む人が増えれば、かなり読者数は拡大可能だとオレは思っている。どうかみなさん、読者倍増にご協力をお願いします。おっと、今日の日記には全く中味がなかったぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月18日(水) 国が買うよりも石原慎太郎が買え!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 石原慎太郎都知事が尖閣諸島の購入を発表した動きにオレは拍手を贈りたい。中国の度重なる挑発に対して何の対処もできなかった腰抜けの日本政府とは違って、石原氏なら明確なメッセージを打ち出せるからだ。それと同時にこの購入発表は中国に対する「日本を舐めるなよ」という答えでもある。過去の歴史をねじ曲げて、平気でウソをつける中国という不誠実な国家に対して、世界は「NO!」を突きつけないといけない。チベットで侵略・虐殺をしたことを認めさせないといけない。そういう意味でオレは石原氏のこの動きを応援したいのである。

 読売新聞の記事を引用しよう。

尖閣4島の国有化ありうる…藤村官房長官
 藤村官房長官は17日夕の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)のうち個人が所有する四つの島について、必要があれば国が地権者から購入して国有化することもありうる、との考えを示した。
 東京都の石原慎太郎知事が訪問先のワシントンで16日午後(日本時間17日未明)、一部を都が購入する交渉を地権者と進めていると明らかにしたことを受けて発言したものだ。
 藤村氏は都の動きについて、「どういう情報があるのか様々収集している」としたうえで、国が同諸島の民有地を購入して国有化する可能性を問われ、「当然必要なら、そういう発想のもとに前へ進めるということも、十分ある」と述べた。
(2012年4月17日22時06分 読売新聞)


 石原氏の発言を受けてあわてて藤村官房長官は発言したが、そんな方針があるのならばとっくにしていないといけない。それにここで国に買わせればマイナスである。竹島を占領されてもなんにもできなかった腰抜け政府だ。国が購入して国有地にしたところでどうせ中国軍が上陸してくればなんにもできずに放置するのだろう。東京都が購入し、そこを東京都の飛び地として実際にさまざまな施設を建設して住民が生活するのが望ましいとオレは思うのである。

 中国の領土に関する発想は単純だ。南シナ海での動きを見ていればよくわかる。岩礁にすぎないようなところにむりやりに人を住ませて、「中国人が住んでいる」と領土を主張するのである。もうむちゃくちゃである。その発想から行けば沖ノ鳥島は無人島だから領海を主張できないというのである。このまま日本政府に任せて放置すれば、おそらく中国は尖閣諸島に強引に上陸して領土という主張を展開するに決まっている。だからこそ先手を打って日本人が居住しないといけないのである。

 中国政府との関係悪化を恐れて何にもしない政府ではなくて、今回東京都として尖閣諸島購入という動きをしたことはなかなか面白い作戦だとオレは思っている。腰抜けの政府ではなくて交渉の窓口が東京都になるわけだ。政府も国民も「得をすることなら平気でウソをつく」という属性を持つあの情けない幼稚な国家に、「世界のルールはこうなんだ!」と正しく教えてやるためにも今回の石原氏の行動は意義があるとオレは思っている。さて、あの嘘つき国家はどうするのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月17日(火) おじいちゃん危篤、タクシー代を!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 子どもを使って物乞いをさせたり、ひったくりをさせたりするのは貧しい国に多いパターンである。インドでは物乞いの子どもをわざと障害者にして哀れさを誘ったりするという。その背後には大がかりな組織があって子どもたちをあやつる大人がいるのだが、長崎のこの「寸借詐欺」もきっと背後に大人の組織があるのか、あるいはこの子の親がやらせているのだろう。朝日新聞の記事を引用しよう。

女児「おじいちゃん危篤、タクシー代を」 長崎で相次ぐ
 長崎市内で3月末以降、小学生とみられる女児から「おじいちゃんの入院している病院に行きたい」などと声を掛けられ、現金3千円を渡したという相談が長崎県警に相次いでいることが16日、わかった。
 浦上署によると、同市の平和公園近くで「女児にお金を貸したが、だまされたかもしれない」という相談が、これまでに3件あった。いずれも女児が「おじいちゃんが危篤で急いでいる。タクシー代を貸してほしい」「家に帰りたいが、お金がない」などと、高校生や大学生ら女性ばかりに声をかけたという。
 近くにキャンパスがある長崎大では、複数の学生が女児から声をかけられ、お金を渡したといい、同大が注意を呼びかけている。
 同署は、女児の背後で指示する大人がいる可能性もあるとみて調べている。


 まずこの事件、関与している女児が複数なのか単独なのかということを確かめる必要がある。その上でその女児の特定だ。被害の起きた場所から簡単に絞り込めそうな気がするのである。オレの憶測だが、働かないクソ親が自分の娘を使って「寸借詐欺」をやらせているというパターンである。

 しかし、最近の子どもは大人の想像を超えているので、遊ぶお金欲しさにこの詐欺を子どもが単独で思いついたということも否定できないわけではない。仮に親を捕まえてみたとしても、親が「指示はしていない」「子どもが勝手にやった」と主張し、子どもも親に因果を含められてそのように主張すれば誰も罰することができなくなる。

 もしもオレが小学生の女児から「家に帰るタクシー代を貸して」と言われればどうするだろうか。そこで「金はない」とはねつけることはきっとしないと思うのである。3000円くらいなら「別にあげてもいいか」とあっさり出しそうな気もするのだ。しかしそれが本当にせっぱ詰まった事情なのか、あるいはただの寸借詐欺なのか、その違いはきっとその時にいくつか質問することでオレは看破できると思うのである。

 もっともこうしてネットで話題になればきっと次の犯行は困難になるだろう。元締めの大人はまた別のやり方に切り替えるのかも知れない。



 どうやら犯人の女子中学生は捕まったようです。元締めはいなくて単独犯行でした。

「祖父が…」の寸借女児、中1だった…補導
 長崎市の平和公園周辺で女児による寸借詐欺とみられる被害が相次いでいた問題で、長崎県警浦上署は18日、同市内の中学1年の女子生徒(12)を詐欺の非行事実で補導したと発表した。
 発表によると、生徒は2日午後6時半頃、同市浜口町の路上で、女子大生(23)に「祖父が入院する病院までのタクシー代を貸してほしい」などとうそを言い、3000円をだまし取った疑い。生徒は金をだまし取ったことを認めているという。
 県警には1月29日から今月16日までの間、同公園周辺で女児に「家に帰りたいけど、お金がない」「財布を落とした」などと声をかけられたという相談が29人から寄せられ、うち18人が120〜5000円、計4万3280円を渡していた。同署で関連を調べている。
(2012年4月18日13時24分 読売新聞)



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月16日(月) 道路で寝るなよ迷惑野郎!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 道路はクルマが走る場所であり寝るところではない。沖縄では道路で寝てる人が多いということを聞いたことがあるが信じられない話である。酔っぱらって道路で寝てしまえばクルマにはねられても文句は言えないとオレは思うのだ。ましてやその道路が交通量の多い国道4号線ならなおのこと寝るような場所ではない。そこで寝た迷惑はオッサンがいたのである。読売新聞の記事を引用しよう。

車道で寝込む人発見!急ブレーキで追突事故2件
 12日午前2時50分頃、埼玉県越谷市南荻島の国道4号で、大型トラックの運転手が、車道に人が横たわっているのに気付き急停止した。
 後続のトラックなど4台も次々と急ブレーキをかけたため、車列の前後で2件の追突事故が起き、国道4号上り線が約3時間半、通行止めとなった。
 現場は片側2車線の緩い左カーブ。越谷署の発表によると、同市内の男性(62)が酒に酔って、中央分離帯から車道に頭がはみ出した状態で寝込んでいた。男性にけがはなかった。相次いで急停止した5台のうち、最後尾の大型トレーラーはトラックに追突した後、道路左側の電柱に衝突し、40歳代の男性運転手が両ひざに軽傷を負った。
 調べに対し、男性は「酒を飲んで記憶がなくなってしまった」と話しているという。
(2012年4月12日10時28分 読売新聞)


 道路に人が寝てることまでドライバーは予見不能である。今回の酔っぱらいは交通事故を引き起こしたのだがもちろんすべての事故の原因はこの寝たオッサンであり、賠償責任があるとオレは思うのだ。ドライバーにとってはまことに腹立たしいことである。とっさに急ブレーキを踏んで止まってくれた大型トラックのドライバーに高額の慰謝料を支払うべきである。命の値段と思えば当然だぜ。

 交通事故がクルマと歩行者の間で発生した場合、歩行者の方に重大な過失があってもクルマの方が不利に判定され、裁判でも賠償責任が発生するというのはオレは納得できない。信号を守らない無法者の歩行者とか、道路で寝てる者とかははねられても一切文句は言えないと思うのである。むしろドライバーに不快な思いを与えたという点で賠償義務を負うというのがオレの見解だ。

 今回の道路で寝ていた馬鹿、どんな賠償責任を負うのだろうか。オレはそれが知りたいのである。そして酔っぱらうときには飲み過ぎないようにということである。前後不覚に酔ってしまうとあとが大変である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月15日(日) 男子生徒にちゅーしたかった女教師        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 「セクハラ」というと男性が女性に仕掛けるものだと一般的に思われているがそうではない。女性が男性にセクハラする場合もしっかりとあるわけで、世の中には職場のそういう女性に日々襲われている男性がきっとたくさんいるのだろう。学校現場でもそういうセクハラはもしかしたらかなり多いのかも知れない。かくいうオレもセクハラの被害者であり、小学生の時に保健室で女のセンセイにパンツずらされて中味を覗かれ「あーらかわいいオチンチンね」と言われた悲しい記憶を持つ。その時はなんとも思わなかったのだが、今考えてみるとあれはセクハラ以外のなにものでもなかったのである。しかも「かわいい」とはなんたることか。たしかに小学生のオレのその部分は成人男性のものと比較すれば小さくてかわいいのかも知れないが、少なくとも教師にあるまじき発言だったと思うのである。でもまあそれも今となってはなつかしい思い出である。昔はそんなおおらかな時代だったのである。きっとそのセンセイも趣味で男子のパンツの中を覗いていたのだろう。

 40代の女性教諭といえば、高校生からみればお母さんのような年代か、それよりも少し下くらいだろうか。少なくとも恋愛対象ではないだろう。そんな相手からキスを迫られたらどんな気分になるだろうか。そういう事件があったのである。産経新聞の記事を引用しよう。

男子生徒にキス、「ちゅーしたい」メールも 女性教諭を懲戒免職 神戸市教委  2012.4.13 20:30
 神戸市教委は13日、市立高校の40代の女性教諭が男子生徒にキスするなどのセクハラ行為を繰り返したとして、昨年8月19日付で懲戒免職処分にしていたと発表した。
 市教委によると、平成22年7月〜23年6月、男子生徒を体育館の倉庫に呼び出してキスをしたり、携帯電話に「ちゅーしたい」などと書いたメールを送ったりしていた。昨年5月に別の生徒の保護者が通報して発覚。女性教諭は生徒が所属する運動部の顧問で、「励ますつもりが恋愛感情になってしまった」と話しているという。
 市教委はまた、教育実習で知り合った別の中学校の女子生徒に援助交際を求めるメールを携帯電話に送ったとして、市立中学校の男性非常勤講師(23)を昨年11月24日付で停職7日の懲戒処分にしたことも発表。この講師は同日付で退職した。

 
 運動部に所属する生徒がその顧問や監督に対して恋愛感情を持ってしまうという話はよく聞く。女子生徒が部の顧問や監督にあこがれるという場合である。そして、そういう部活動の指導者によるセクハラ事件も過去に起きている。女子バレー部の顧問が部員に「オレに忠誠を誓うなら裸になれるか!」と言って服を脱がせた事件も過去に起きている。まあそいつは教師というよりはただの変態だったのだろうとオレは思うのである。

 しかし、女教師が息子であってもおかしくない年齢の男子生徒に対して恋愛感情を抱き、体育館の倉庫でキスしたりするなんていうのはどうだろうか。その男子生徒はいやじゃなかったのだろうか。お母さんに抱きしめられてるような感覚でいたのだろうか。それを通報したのが別の生徒の保護者ということは、その場面は物陰から見られてたということなのだろうか。携帯電話のカメラで撮影されて動かぬ証拠が押さえられたのかも知れない。そうなるともうごまかすことはできないのである。

 自分のお母さんのような年齢の女教師から「ちゅーしたい」と迫られた男子生徒はいったいどんな気持ちだったのだろう。その女教師の好意をどんな質のものと受け止めたのだろうか。この件に関する生徒本人の見解をぜひともオレは聞きたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月14日(土) 本当にてんかんの発作だったのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 祗園の惨劇から一夜明けてさまざまな報道があり、事故の詳細が明らかになった。藤崎晋吾容疑者は、事故の当時もしかしたらてんかんの発作を起こしていなかったんではないかという見解も出てきた。警察は容疑を殺人容疑にして捜査中である。オレも今回の事件にはいくつか不審な点がある。朝日新聞の記事を引用しよう。

360メートルの惨劇、わずか30秒 京都の暴走事故
 京都市東山区の繁華街で歩行者18人が死傷した事故で、交差点に突っ込んだ軽乗用車は約360メートルの直線道路を時速50キロ前後で暴走し、わずか30秒ほどの惨劇だったことが京都府警への取材でわかった。
 府警によると、藤崎晋吾(しんご)容疑者(30)は12日午後1時ごろ、勤務先の呉服雑貨店の車で大和大路通を南から北へ直進。四条通に出る手前約170メートルでタクシーに追突した。その後、赤信号で止まっていた車3、4台の右側を猛スピードですり抜けた際、歩行者1、2人をはねたという。
 その直後、観光客ら約20人が交差点南側の横断歩道を青信号で渡っていたところへ突っ込み、渋滞する四条通の交差点を走り抜け、北側の横断歩道を歩いていた人も次々とはねた。二つの横断歩道で10人以上が被害にあったとされる。


 ここからはオレの憶測だ。藤崎容疑者は周囲から運転を辞めるように再三言われていた。それでも本人はその制止をきかずに運転し続けてきたわけで、最初の追突事故の時に「ああっ!やっちゃった」と頭の中がパニックになってしまったのではないだろうか。そこで彼はなぜかいったん車をバックさせてその場を離れてから、速度を上げて逃亡するという選択をしたのである。そして信号待ちで止まってる車の右側をすり抜けて交差点に突入して、赤信号を無視して逃走しようとした。そのときに横断歩道上を歩く歩行者がじゃまだったのでクラクションを鳴らした。

 もちろん緊急車両でもなんでもないただの軽自動車がものすごい速度で突っ込んできて、いくらクラクションを鳴らされてもとっさには逃げられない。ただ今回の事故で年配の方が大勢犠牲になってることから考えて、とっさに車を避けようと逃げることができた動きの敏捷な人は助かったのかも知れない。何人かの人を吹っ飛ばして車は四条通の交差点を渡りきってそのまま北上した。

 そう、クラクションを鳴らしながら交差点に突入し、止まってる車をよけてハンドル操作しながら暴走する・・・というのは、てんかんの発作で意識を失った人の行動ではない。つまりこの暴走はどう考えても「故意」なのである。もしもこの事件が「病気とは関係なかった」と結論づけられれば、てんかんの病歴のある人への免許証の交付を厳格化しようという動きにブレーキがかかることになるかも知れない。

 ただオレが重視したいのは今回の事故を警察は「殺人容疑」で立件しようとしていることだ。これは「自動車運転過失致死」や、「危険運転致死」ではなくて「殺人」であると認定しているのである。これは画期的なことである。過去の交通事故の中で悪質なものを「殺人」で立件していれば、そもそも「危険運転致死傷罪」なんて設置する必要はなかったのだ。飲酒して車運転してるなんて殺人じゃないですかと最初から裁判官が判断して、ドライバーを死刑にしておけばよかったのである。それを機械的に5年以下の懲役にしてきたことがそもそも大きな過ちだったのだ。

 今回の事件が「殺人」で立件されるならば、今もてんかんの病歴を隠して、あるいは危険を認識して車を運転している人たちははそれだけで「殺人未遂」に相当するということになる。警察はいくらでも逮捕することが可能になるのだ。病院に病歴を照会して、今も運転してるということになれば即座に逮捕できるのだ。

 ただやはりオレは今回の事件、てんかんの発作と言うよりはもっと別の要素があると思うのである。最後に電柱に激突した時、藤崎容疑者は自殺したかったのではないだろうか。その惨劇の責任を取ろうと彼は最後に電柱めがけて突っ込んだのではないかと。これもオレのただの憶測で、実際は車をよけようとして反対側の電柱にただぶつかっただけなのかも知れないのだが。

 京都観光に来ていて惨劇に巻き込まれ、犠牲になった方々がオレは哀れでならない。最近てんかんの発作を起こしたことがあってそれでも車を運転している人は、いますぐに運転を辞めてほしい。そうでないとあなたは「殺人未遂」で検挙されるかも知れない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年04月13日(金) この悲劇の責任は誰にあるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 てんかんの持病のある人が運転中に発作を起こして重大事故につながるという事例がたびたび発生している。診断した医師が運転禁止の命令を出しても、患者がその指示に従わなかったり、病歴を申告せずに免許証を更新していたりするのである。適切に薬を飲んでいれば防げたのに薬を飲み忘れたという単純な理由で重大事故を引き起こしたものもある。少なくとも今すぐに日本中で通院歴、発作歴のある人が実際に車を運転しているかどうかを調査すべきじゃないのか。もうこんな悲惨な事故は二度と起きてほしくないのだ。朝日新聞の記事を引用しよう。

京都・祇園の車進入、運転中に発作か 歩行者ら7人死亡
 12日午後1時すぎ、観光客らで混雑する京都市東山区の四条通大和大路の交差点に軽乗用車が突っ込み、横断歩道などの男女18人を次々とはねた。京都府警によると、女性5人と男性2人が亡くなり、残る11人も重軽傷を負った。
 車を運転していた、近くの呉服雑貨店勤務、藤崎晋吾(しんご)容疑者(30)=京都市西京区=もまもなく死亡した。府警は、藤崎容疑者が持病のてんかんの発作を起こした可能性があるとみて自動車運転過失致死傷容疑で調べ、容疑者死亡のまま書類送検する方針。
 府警によると、藤崎容疑者の車は大和大路通を北上し、タクシーに追突した後、赤信号の交差点へ進入。交差する四条通沿いの南北の二つの横断歩道を渡っていた歩行者らを時速50キロ前後で次々とはねた。車は交差点から約200メートル先の電柱にぶつかって停車。ブレーキ痕はなかったという。
 府警が勤務先の呉服雑貨店から事情を聴いたところ、藤崎容疑者はこの日午後1時ごろ、現場の南東約200メートルにある会社を出発。社有車で北西約2キロの配達先へ商品を届けに向かう途中だったという。
 親族によると、藤崎容疑者は大学生だった約10年前、バイクの自損事故で頭の骨が折れる大けがをした。昨年ごろから発作が起きるようになり、最近も月1回程度の発作があって通院。3日前の家族会議で、「車に乗る仕事なら辞めた方がいい」と忠告されていたという。呉服雑貨店の経営者は取材に「持病のことは全く知らなかった」と話している。
 府警によると、藤崎容疑者は2001年に運転免許を取得し、先月5日に更新していた。けいれんを起こしたり意識を失ったりしたことがある場合、自主申告を求められているが、藤崎容疑者は伝えていなかったという。
 藤崎容疑者が通院していた京都市内の病院の院長は、病名については「病状と事故が関係あるか警察が捜査しているので、我々からは言えない」としたうえで「車の運転はやめるよう、本人と家族に再三注意してきた」と話した。
 現場の交差点は八坂神社や南座がある祇園の一角にある繁華街。12日も花見の観光客らでにぎわっていた。横断歩道には靴やかばんなどが散乱し、警察官が通行を規制する中で救急車が駆けつけ、騒然とした。


 記事によれば病院側は「運転をやめろ」と指示していたという。それに従わなかったわけで本人に重大な過失があることになる。しかし、現行の法律には「医療機関の指示に従わなかった」だけで本人に罰則を与えるものはない。肝臓の病気のある人に「もうこれ以上お酒飲んだらダメですよ」と医師が言ったとして本人は全く従う義務はないのである。もちろんそれによって得る不利益を甘受するのは本人だからだ。ではてんかんの場合はどうだろうか。

 てんかんの発作による重大事故に共通するのはすべて「医師は運転禁止を指示」「本人は病歴を隠して免許更新」「勤務先はその持病を把握せず」である。もしも病気を知っていれば職場は決して運転させないだろう。知っているのに運転させたということになれば賠償責任が発生するからである。だったらどうずればいいのか。少なくとも「人をはねて死なせる可能性」の重大さは「運転する権利」よりもはるかに重視されるべきである。医療機関側は「こんな症状があるんだから運転はしないだろう」と通常考える。しかし患者の側はそうではない。のべつまくなしに発作が起きているわけではないので、ふだんの自分ならば大丈夫だと考える。そして病歴を隠して免許を取得したり更新したりするのである。

 もちろんてんかんの病歴があってもきちっと薬を飲んで発作を抑えて普通の日常生活を送っている人はいくらでもいるわけで、むしろ事故を起こすのがきわめて少数派なのだ。統計をとったわけではないが交通事故の発生率が極端に高いわけではないだろう。ただ深刻な事故だけが報道されて印象づけられているだけである。

 今回の事故に巻き込まれて突然命を失った方々の遺族の激しい憤りはどこにむかうのか。雇用者側には賠償責任はあるのか。事故を起こした本人が亡くなっている以上、賠償の請求先は勤務先か、運転を辞めさせなかった家族ということになるのだろうか。しかし30歳になろうかという男性の行動に対して家族の責任はどこまで及ぶのか。

 今からできることは日本中の医療機関に通達を出して、てんかんの病歴のある人の生活実態を調べ、警察にも情報を提供し、車の運転をしている場合はその事故歴を洗い出し、調査に応じないものには罰則を設けて対処すべきではないのか。事故が起きてしまってからでは遅いのである。つい先頃、てんかんの発作を抑える薬を飲み忘れてクレーン車を暴走させて子どもを死なせるという事故が起きたばかりじゃないか。なぜ警察は緊急の行動を起こさなかったのか。医療機関の守秘義務やてんかん患者の人権よりもももっと大切なものがある。それは無関係な市民の命を守ることである。こうした理不尽な事故で命を落とすことがどれだけ無惨なことか。

 かつてはてんかんの病歴のある人は免許取得ができなかった。それが可能になってどんな利益があったのか。そのためにこれまでに多くの人が事故に巻き込まれて死亡している。今からでも免許取得を禁止することはできないのか。少なくともここで優先されるべきは権利よりも第三者に決して迷惑を掛けないことではないのか。人を死なせる可能性がある権利などどう考えても理不尽である。

 多くのてんかん患者がその病歴を隠して免許を取得し、車の運転に従事している。そしてたびたび重大な事故を起こしている。踏切待ちをしていて発作が起き、踏切の前にいた高校生を線路内に押し出して死なせたという事故があったが運転者である医師は「事故は不可抗力」だと無罪を主張している。仮にそれを無罪にするならば、てんかん患者はいくら人をはねても何のお咎めもないということになってしまう。病気に対する差別や偏見をなくすためには通常の罰を受けるか、病気があるのに運転して事故を起こしたということで通常よりもさらに重い罰を科すべきなのである。それなのに裁判では開き直って堂々と「無罪」を主張するてんかん患者たちを知るとオレは激しい怒りを覚えるのだ。あんたたちはどれだけ迷惑を掛けるのかと。事故の犠牲者の一般市民だけではなくて同じ病を抱えたすべての人々に対してどれだけそれが迷惑なことか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月12日(木) 握手に大金を払う人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 たかが握手と思ってはならない。握手がゼニになり、ビジネスチャンスになるということに目を付けた人物がいるのだ。彼は違法ダウンロードが当たり前になってちっとも音楽CDが売れなくなったこの時代に、CDにアイドルとの握手券という付加価値をつけることで売り上げを伸ばしたのである。そしてその握手券という商品に群がる「悪」もまた発生させてしまったのだ。こうした犯罪の発生もある意味必然だったのかも知れない。朝日新聞の記事を引用しよう。

アイドル握手券めぐり少年4人逮捕 現金詐取や偽造容疑
 人気グループ「AKB48」の握手券を売ると偽り金をだまし取ったなどとして、警視庁は、17〜18歳の少年4人を詐欺容疑で逮捕し、11日発表した。
 少年事件課によると、東京都台東区のアルバイト店員(17)は2月、インターネット交流サイトに、AKB48メンバーとの握手券を「22枚譲ります」といううその書き込みをして、和歌山県の会社員女性(22)から約2万5千円をだまし取った疑いがある。
 握手券はCD購入の特典として得られるもので、同課は、店員が昨年11月以降、ほか14人から約30万円をだまし取ったとみている。被害者には未成年も多く、「たくさんの握手券を『まとめ出し』すれば、長く握手がしてもらえるので、ほしかった」と話している人もいるという。


 ネット上のこうした詐欺行為は必ず足跡が残る。ネット上に痕跡を残している以上、必ず突き止められて検挙されるのである。そんなことにも気がつかないほど馬鹿だからこういう犯罪に手を染めるわけで、まあ逮捕されたのは自業自得と言うべきである。

 事件の報道の中でオレが気になったのは
   
「たくさんの握手券を『まとめ出し』すれば、長く握手がしてもらえるので、ほしかった」

という部分である。 「ゼニを出せば長時間握手できる」というのは、もしかしたら性風俗店のサービスに限りなく近いのじゃないだろうか。その長時間というのがいったいどの程度なのかオレにはわからない。しかし少なくとも「1分間ずっと握ってる」ということではないだろう。「一瞬」→「5秒」くらいの変化だと思うのだ。そのために何万も使うのである。なんとぼったくりのサービスだろうか。改めてこの仕組みを考え出したヤツはすごいとオレは思うのだ。握手というタダでいくらでも準備できる元手のかからない商品を売りまくることで多くのゼニを生み出し、そのゼニに群がる多くの犯罪者まで作り出してしまったのだから。

 たかが握手を高額商品にするには「握手に価値がある」と思わせるアイドルが必要だ。そのアイドルを作り出した時点でこのビジネスは大成功である。

 オレが一つ危惧することは、握手するキモオタ連中の手はちゃんと消毒されてるのだろうかということである。たとえばそのキモオタが握手の少し前までトイレの個室でお気に入りのアイドルのことを夢想しながら自分の股間をいじりまくったとして、その手でそのまま握手に現れるなんてことはないのだろうか。そしてその「汚れた手」でしっかりと握手していくのである。すると次に握手する人は、前のヤツが汚した手を握ることになるのである。なんと不衛生なことだろう。だったら一回ごとにアイドルの側はアルコールスプレーで手を清めればいいのか。それこそ「キモオタとの握手は汚いから毎回消毒する」と思われて不評を買うに決まっている。

 この握手ビジネスがいつまでもつかわからない。アイドルたちもいつか卒業していく。アイドルグループには必ず旬の時期があり、そして寿命がある。メンバーの入れ替えという仕組みをとって延命させようとしてもいつかは売れなくなってしまうのである。それは歴史が証明している。

 どうすれば音楽CDを売ることができるのか。そもそも音楽CDという商品はまだ存在する意味があるのか。オレはそんなことを考えてしまうのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月11日(水) 日銀総裁のアホ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


震災から一年、ようやく復興需要も生まれ、製造業の業績も回復して日経平均株価も1万円を越え、このまま順調に上昇するかと思ったそのときになぜ欧州金融不安が再燃したのだろう。なぜ1ドル84円まで円安になったのにドルは急落したのだろう。先週発表されたアメリカの雇用統計の数値は大幅悪化だった。アメリカは順調に雇用が回復していたはずだったのに予想外の悪化のためにNYダウは急落した。ドルは再び下げて81円台である。しかし、ドルが下げてるのは円に対してだけであり、ユーロや他の通貨に対してはドル高なのである。景気悪化のリスク回避の円買い、ドル買いという流れになってるのだ。

 今このタイミングこそが日銀にとって円売り介入するチャンスであり、市場が予測していないからこそ劇的な効果を生むのに、日銀はなんと「何もしない」という答えを用意した。その無策のためにさらに一気に円高が進んだのである。

 ソニーやシャープという電機大手が巨額の赤字決算を発表して、工場の海外移転で円高を乗り切ろうとする。国内産業の空洞化がどんどん進み、さらに景気が悪化する。その悪循環を断ち切るには思い切った金融緩和政策しかないのである。ゼニをいっぱい市中に流通させて金余りを生み出すことしか方法はないのだ。

 なぜそんな政策を行わないのか。答えは簡単である。インフレになると金持ちが困るからである。インフレになるということはお金の価値が目減りすることであり、今現在でゼニをたくさん持ってる人たちの財産が減るのと同じである。景気が良くなって失業率が下がることを阻止したい人たちが居るのだ。それは景気に関係なく給料がもらえ、退職金や年金がもらえる公務員の人たち、そして官僚たちである。

 金融政策、経済政策にはサプライズが必要だ。「こんなことをするだろう」と予測を立てられれば世界の投資家やヘッジファンドはそれを利用してもうけるだけである。そういう連中に大損させ、市場からそいつらのゼニを巻き上げるような形で政策を打ち出さないといけないのだ。そうした戦略的な経済政策、金融政策が必要なのである。日銀は積極的に攻めないといけないのだ。
「円の価値がどんなに下がってもかまいませんよ。刷って刷って刷りまくって世界中に円を溢れさせてやりますよ」などとお馬鹿な発言をして世界を震撼させないとだめなのである。今円を買いポジで持ってる世界の投資家が、狼狽して手持ちの円を投げ売りするようにしないとだめだ。国が発行する国債は無制限に日銀が買うと宣言してやれよ。一気に100兆円くらいの円売り介入して世界中に円を溢れさせてやれ。

 「やっと株価が上昇し始めた!」

こう思って日経平均1万円回復という時期に株を買った人たちはみんな含み損になってしまった。再び1万円に戻っても、今度は買値にやっと戻って安心した人たちが「損をしたくない」と売ってしまうだけである。そこに壁ができてしまうのである。

 「日銀はそんなむちゃをするのか!」

 そういうサプライズがない限り、日本経済はいつまで経っても立ち直れないのである。そんなことにも気付かないボンクラが、日銀総裁なのである。頼むから無能なら無能らしく早くその地位を降りてほしいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館



2012年04月10日(火) 漂流がれきは誰が処理するのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 東日本大震災の津波で海に流出した大量のがれきが、一年以上の時間を掛けて北米大陸に流れ着くということがわかった。打ち寄せる大量のがれきは深刻な環境被害をもたらすかも知れない。これが中国や韓国、北朝鮮なら近隣諸国にどんな迷惑を掛けていても「関係ない」と開き直って知らんぷりなんだが、あいにく日本はアメリカやカナダに対して平身低頭謝るに決まっている。読売新聞の記事を引用しよう。

漂流がれき、秋に北米到達…来夏にメキシコへ
巨大地震
 東日本大震災による津波で海に流れ出したがれきについて、環境省は6日、太平洋上を東に漂流してハワイの北方を通過し、今年10月頃に米国やカナダの西海岸に到達するとの予測を発表した。
 洋上に流れ出ているがれきは約150万トンと見積もられており、人工衛星で撮影した画像と、海流や風などに流される速度を基に、同省で2013年6月までの漂流予測をまとめた。
 予測では、がれきは今年の10月頃に西海岸に到達した後、海流に乗って南下し、13年6月にはメキシコ周辺に到達する。
 米国などの西海岸周辺には約4万1300トン分のがれきがたどり着くと見ており、同省は今後、関係国と処理方法の協議を進める。
(2012年4月9日08時29分 読売新聞)


 このような自然災害の場合も、日本には国家として賠償する必要があるのだろうか。もちろん何もしないというわけにはいかないだろう。ある程度なのか、あるいは全額なのかはわからないが、日本がこのがれき処理に巨額の予算を組むことは確実である。それが日本人の考える隣人へのマナーであり、当然の対応だからだ。日本で起きた地震によって起きた海外の被害に対しては賠償しなければならないと日本政府は思っているだろう。

 しかし、このがれき処理、本当に日本がやらなければならないものなのだろうか。外国ではどんなふうに対応するのか。イラクやアフガニスタンで「誤爆」でいっぱいの人を殺しながらも全然責任を取らないアメリカ人は、おそらく自分たちのかけた迷惑は全て無視し、自国が受けた被害に対しては声高に騒ぎ立てるのだろう。お隣の無法国家とそういう点では本質的に変わらないはずだ。

 150万トンのがれきを処理するのにいったいどれだけのゼニがかかるのだろうか。オレには想像もつかないのである。日本政府が支出したそのゼニは、基本的にアメリカやカナダに流れることになる。がれきの迷惑料を支払わされるのである。またそのがれきに放射性物質が付着していれば、さらなる迷惑料をぼったくられるわけだ。

 震災復興にゼニがかかるだけではない。こうした外国での処理費用はすべて国外に持ち出しになってしまうわけで、国内の景気にも無関係である。それだけのゼニを国内で使えるのならばそれなりに復興需要が生まれて雇用も回復するだろう。しかしアメリカやカナダに賠償するゼニは払ったらそれで終了なのである。実にばかばかしい話だが、政府はあっさりとゼニを払うだろう。納税者としてはかなり納得できない決着なのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月09日(月) 英語の間違った勉強法教えます        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレがまだ公立高校に勤務していた頃、「試験に出る英単語」という参考書は受験生のバイブルと呼ばれよく売れていた。当時教えていたある生徒が「センセイ、この本の中に出てくる英単語はすべて覚えました!」と自信を持って語ったことを覚えている。彼はその勉強に半年を費やしたのである。というか、半年間の彼の英語の勉強というのはその中に出てくる英単語を覚えることに終始したのだ。その成果あって彼は受験したすべての大学に落ちて浪人した。それがいかに間違った勉強法であったかをその公立高校の英語教師たちは誰も彼に教えてやらなかったのである。

「構文がわかって、単語を知っていればどんな英文でも読める」

と自信を持って語る英語教師が多い。しかし、語学というのはそういうものだろうか。それはできるだけ短時間で効率的に英語学習を済ませようとするただの方便ではないのか。我々は言語を習得する赤ん坊のときに少なくともそんな方法で覚えては来なかったはずである。

 日本中の学校で英単語の小テストが行われている。その小テストのために生徒たちは短期記憶を膨らませて必死で英単語を覚え、終わった瞬間に一気に忘れる。そうして一冊の単語集の小テストを終えたときに最初の部分の単語はほとんど忘れているのである。人間の記憶というのはそういうものだからだ。その無意味な勉強のためにどれほど多くの時間が無駄に費やされていることだろうか。そして多くの生徒たちはその意味のない「徒労」を「勉強」だと勘違いしてるのである。そして「こんなに勉強してるのに成績が上がらない」と悩むのである。なぜそれが間違ったやり方であることを示唆してやらないのか。いや、なぜその間違ったやり方が日本中で行われているのか。日本の英語教育の根本的な欠陥はそこに存在するのである。中学高校と6年間勉強したのに成果が上がらないのはその無意味さに多くの生徒が気付いていないからである。

 オレが受験生だった頃、全ての勉強時間の半分くらいを英語の勉強に費やした。オレが最も多くの時間を費やしたた英語の勉強は「辞書を使って予習する」ということだった。「授業を受ける前にすべて理解してから授業を受ける」ということをオレは心がけたのである。50分の授業で進む内容を完璧に予習段階で理解するために、オレはノートにリーダーの教科書の全訳を作った。オレにとっての英語の授業というのは、自分が家で予習した内容が正しかったのかどうかを検証する復習の場みたいなものだったのである。オレが在籍した公立高校はその地域のトップ校だったのでかなり授業のレベルは高かった。だから進度もめちゃんこ速くて2学期には教科書が終わってしまう。その速さについていくために予習に3時間も4時間も費やすこともあった。オレにとっての英語学習の原点はその予習にあったのだ。

 オレが高校の3年間習った英語教師は、京大の仏文を出たN氏だった。彼はそのまん丸な顔から「タコヤキ」と生徒に呼ばれていた、N氏の授業は「教養拡大型」とも呼べる内容で、なぜ教科書の中味をこんなに膨らませて蘊蓄に富んだ内容にできるのかとオレはいつも感動していたのである。単語を説明されるときに氏はよくその接頭辞、接尾辞の意味、そしてラテン語の知識などを駆使して語源の話も多かった。「覚えなさい」ということはほとんど言わなかった。なぜそうなるのかという説明が中心だったのである。オレが学んだのは英語を「覚える」ことではなくて「理解する」ことだったのだ。オレはN氏の授業を受けることが本当に楽しみだった。だから常に完璧に予習しようと心がけたのである。そして京都大学文学部を出ればこんなすばらしい人になれるのだと強くあこがれたのだ。小松左京、高橋和巳、大岡昇平、オレが当時読んだ作家にも京大文学部出身者は多かった。

高校3年になって、回りのみんなが持っていた「試験に出る英単語」をオレも買ってみた。しかし、そこに出てくる英単語はほとんど知ってるものばかりだった。その時、オレにはこの参考書はいらないと思ったのである。買ったけど使わなかった真新しい「試験に出る英単語」は卒業してから後輩にあげてしまった。

 英語の正しい勉強法というのは、効率を考えないことである。短時間で成果を上げようと思わないことである。単語を覚えようとしないことである。膨大な量の英文をただ読み続けるうちに、速読力も単語力も自然に身に付くのである。ただそこに到達するまでには本当に長い時間が必要なのだ。本当に大量の英文を、それも必死で考えながら読むしかないのである。無理に単語を覚えなくても「この単語前にも出てきたなあ」「なんで覚えていないのだろう」という繰り返しがやがて知識の定着を生むのである。オレが当時使っていた辞書は、新しく引いた単語に赤線を引いていた。すると二度目に同じ単語を引いたときに、その単語は以前にも引いたことがあることを知るのである。するとより印象に残るのである。

 それだけ勉強しても上には上がいたのでオレは高校の時に英語の成績で学校で一番になれることはなかった。オレよりも英語のできた生徒たちは医学部に入ったり東大を出て銀行員になったり、医者のお嫁さんになったりした。なぜか英語の教師になったものは誰もいない。きっと英語だけではなくて他の教科もみんなできたからだろう。全教科がまんべんなくできる生徒の方が、基本的に英語一科目だけがよくできる生徒たちよりも英語の成績はよかったのである。

 オレは受験勉強によって英語の力を付けた。確かに英語の読み書きの力は受験勉強でついた。しかし、リスニングの力は不十分だった。オレはそのリスニング力を鍛えるのにどうしたのか。もちろん大学受験にはそれは必要なかった。当時の共通一次試験にはリスニングはなかったし、二次試験にもなかった。オレがその能力を必要としたのは27歳の夏である。ヨーロッパ放浪の旅に出たときだ。旅立つ前の半年間、オレはヒマがあったらずっと英語のテープを聴いていた。何種類かあったNHKの英語講座をみんな録音して、それを通勤の車の中で聴き、家で聴き、寝るときにふとんの中で聴いた。一日に5時間くらいは英語を聴いていた。すでに公立高校の教員であったオレは、授業のない空き時間にも他の教員の迷惑にならないようにヘッドホンで英語を聴いていた。疲れたら気分転換に英語の歌を聴いた。そこでもオレのやったことは受験勉強の時と同じだった。「効率を考えるな」である。ただどんな英語でもいいからとにかく聴きまくるということだったのだ。その結果、聴きながらその英文が字幕のように頭の中に流れるようになった。音楽を聴いても歌詞が聴き取れるようになった。オレは安心して旅立つことができたのである。

 今も日本中の多くの学校で無意味な英単語小テストが行われている。たいていの学校は明日が始業式なんだが、そうして一学期の授業が開始されれば、この不毛の英単語小テストがまた日本中の中学高校で行われるのである。

 どうしてもっと「考える」力を養成しないのか。なぜこんな無意味なことを続けるのか。おそらく教える側の教師も、その不毛のやり方を自分が受けてきたので何の違和感もないのだろう。

 受験生諸君にオレからのアドバイスだ。英単語なんか覚えるな、そんなくだらない勉強をするヒマがあれば英字新聞でも読め。海外の英文で書かれたサイトをネットで読め。ペーパーバックでも読め。分厚い英文解釈の問題集でもやれ。とにかくいろんな種類の文章をいっぱい読め。辞書を読め。気になった単語を引きまくれ。そしてその単語の用例の英文に触れろ。英和辞典よりも英英辞典を引いてみろ。そして首尾良く大学に合格してくれ。とにかく健闘を祈る。

試験にでる英単語―実証データで重大箇所ズバリ公開 (青春新書)

 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月08日(日) 地下シェルターは津波に対して有効か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 津波が来たら高台に逃げるのが正解だ。では近くにそうした高台がなければどうすればいいのか。ビルの屋上に逃げるのも一つの方法である。しかし、東日本大震災の大津波は3階建てビルの屋上まで呑み込んだ。そんなところまで誰も水が来るなんて思わなかったのである。
 東南海地震の津波予測の数値が、3・11を境にして一気に上昇した。高知県では30mを超える予測も出ている。そんな巨大な津波に襲われたらどうしたらいいのだろうか。その一つの解決法としてこんな記事を発見した。毎日新聞から引用しよう。

高知県:津波に「地下シェルター」検討…潜水艦技術を応用 毎日新聞 2012年04月06日 23時55分(最終更新 04月07日 01時14分)
 内閣府の有識者検討会が先月末に発表した南海トラフでの巨大地震の想定を受け、高知県は6日までに、沿岸部の住民が津波から避難するための「地下20件シェルター」計画についての検討会を発足させる方針を決めた。同県黒潮町で想定された最大津波20件高は34.4メートル。県は「確実に逃げるためには、これまでの津波避難タワーでは対応できない。空気などの課題は、潜水艦の技術を応用すれば実現性はあるはずだ」と説明した。
 同県の尾崎正直知事は6日、首相官邸で野田佳彦首相と会い、地下20件シェルター計画を紹介した。高知県内の想定最大津波高は黒潮町のほか、土佐清水市で31.8メートル、四万十市で26.7メートルなど。津波避難タワーは海抜12〜15メートルほどで30メートル超のタワーを建設するのは現実的に難しく、高台やビルのない沿岸部では「地下シェルター」が有効と判断した。


 もしもこの地下シェルターが実現するならばかなり安全性は高まるだろう。しかし、完全に水の侵入を防ぐことなど可能なのだろうか。そのあま水が一気に流れ込んだら避難した人たち全員が溺死してしまうことになる。どうやって水を防ぎ、強大な津波の圧力につぶされずに耐えられるのか。衝撃や圧力に耐えられそうな個人用の卵形のカプセルで漂流する方が生還可能性が高いような気もするのである。

 いっそ個人の家を地下住宅にできないものだろうか。地上には出入り口しかないようにしてしまうのである。そうすれば津波で流されることもなくなる。出入り口に水圧に耐えられるような、マンホールみたいなフタを設置して、地下室で数日暮らせるだけの水や食糧を備蓄すればいいである。

 もっともそうした津波防護シェルターを個人で建設する費用の莫大さを考えれば、高台への移転の方がはるかに安上がりであり、現実的な話である。そうなるとやはり地下シェルターは大きなものを自治体が設置してということになるだろう。

 今なら予算がおりやすい。高知県は今すぐに国に予算請求して「津波避難用地下施設」を研究・設置してもらえるように働きかければいいのである。しかし避難する際に、いくら安全と言われても地面の下にもぐることに対しての抵抗がありそうだ。そして、地震の衝撃で地割れとかが起きていた場合、施設の気密性が保たれるかどうかも疑問なのである。ひび割れた部分から大量の海水が流入すれば避難者全員が水死という悲劇が発生することになる。どうすれば気密性を保つことができるのか。そうした部分の検証も必要だろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月07日(土) 入学式にサクラが間に合った        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


「入学式の時にサクラの下で親子が記念写真を撮る」

 これは春の風物詩である。ただ、これがデフォルトなのは東京や大阪といった土地であり、弘前や札幌ではまだまだ開花は先なんだが、少なくともオレの暮らしている大阪ではそういうのがお約束だった。ところが今年はなかなか暖かくならなかったので梅が開花せず、そのために桜も間に合うのかとオレは不安に思っていたのである。

 毎朝、地下鉄の長居駅のところをクルマで通過する。交差点に面して小学校があって、そこに植えられた見事な枝振りの桜が少しずつ咲き始めた。この桜と、地下鉄新金岡のところの北堺警察署の桜と、その二つが少しずつ咲いていくのを眺めつつ、この二つの桜がオレにとっての「標準木」みたいなものなんだなと思うのである。

 オレは大阪近郊の桜の名所というのはほとんど行ったことがある。ランキング表に出てくるベスト10の場所はみんな知っている。そして、その中でどこが・・・と言われるといつも悩むのである。それぞれに気に入ってるからだ。

 その面積といい、本数といい浜寺公園の桜は素晴らしいと思う。しかし残念なことはここは無料バーベキュー場となってしまっていて、いつの満開の桜の下は肉が焼ける匂いが充満していることだ。浜寺焼き肉公園とでも改名すべきだろう。

 淀川の合流点付近にある背割堤の桜も素晴らしい。長い桜のトンネルの下を歩くあの散歩道は最高である。朝早めに行けば近くの河川敷の臨時駐車場にクルマを置くことができる。

 和歌山・紀三井寺の桜も素晴らしい。できればここは満開を過ぎる頃に行けばいい。寺が少し高台にあるので風が吹いて一斉に舞う花びらが空を埋めるのがなんとも言えないほど美しい。

 そうした見渡す限りの桜もすばらしいが、不思議なのはたった一本で圧倒的な存在感を示す桜も存在するということである。醍醐寺の枝垂れ桜の巨木の前に立つと、魂が吸い取られそうな恐怖感に襲われる。一生に一度でいいから醍醐寺には行くべきである。そして超ぼったくりの拝観料を払って、周囲を圧倒するあの枝垂れ桜の古木の前に立つべきだ。あの桜はお化けである。オレが今までに見たことのある最も恐ろしい桜である。

 自然の中の桜も素晴らしい。オレの記憶にあるのはかなり昔に見たことがある大宇陀の又兵衛桜だ。今はかなり周辺も整備されているのだが、高校生の頃にサイクリングでこの地を訪れて桜の前に立ったとき、オレはただもう呆然としてしまったのだ。なんなんだこの迫力は。長い距離を走ってやっとそこまでたどり着いた価値があったと思ったのである。今は道路も整備されてかなり行きやすくなってるようだが。

 そうした桜の名所には、高級なデジカメを持った大勢の素人カメラマンが押し寄せて無数の桜の写真を撮るのである。年配の方も多い。おそらく日本で最も多く撮られている花の写真が桜の写真であるとオレは想像する。
 今年はオレはどの桜を見ることになるのだろうか。いやそもそも出かける余裕があるのか。考えたら新学期の準備で忙しいんだぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月06日(金) 悪いのはどっちだ?ヤクザの方だろ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 生活保護の不正受給を受けているヤクザが、市の職員を恐喝していて、市の職員は怖くて言いなりになっていたという事件が起きた。この場合悪いのはヤクザであり、恐喝されていた市の職員はむしろ被害者だと思うのだが、さいたま市はこの職員を処分するという。その前にこのヤクザどもを全員市民に土下座させるべきだろう。クビに縄をつけて市役所の前にさらしものにして、「我々は市民の税金を食い物にしたカス人間です」と名札をつけて市民の前で一日中土下座させろよ。

市職員脅し、生活保護費受給…土下座もさせる
 さいたま市は4日、市職員3人が生活保護受給者の男2人に脅され、扶助費1万8980円を不正に支給していたと発表した。市は3人を厳正に処分する方針。
 市によると、3人は50歳代の男性課長と40歳代の男性係長2人。
 課長ら3人は、生活保護を受けていた、親類同士の男2人(53歳と43歳)に昨年5月頃から「水道料金が免除になるという説明がなかった。払った分を何とかしろ」などと不当に要求され、係長1人が自費で現金3万円を53歳の男に手渡すなどした。
 課長は同7月、埼玉県警浦和東署に被害届を出し、同署は男2人を同11月15日に恐喝容疑で逮捕した。
 捜査の過程で、課長らが公用車で53歳の男を病院に10回ほど送迎したほか、男が実際にはタクシーに乗っていないのに、病院まで乗ったとうその文書を作って市に提出し、タクシー代を扶助費として不正支給していたことが判明。市は今年2月に課長らを詐欺容疑で同署に告発していた。
 被害を届け出るまでに、係長1人が土下座させられ、53歳の男に10年分の水道代として27万400円を支払う念書を書かされたり、課長が43歳の男の水道料金1921円を肩代わりさせられたりしていたことも分かった。男2人が暴力団関係者のようなことをほのめかしたとみられ、課長は「精神的に追い込まれていた。早く相談すれば良かった」と話しているという。
 職員3人は、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使容疑でさいたま地検に書類送検されたが、3月30日付で不起訴(起訴猶予)となったという。市は「研修なども実施していたが、危機管理の対応を誤っていた。行政対象暴力や不当要求への対策強化も含めて再発防止に努めたい」としている。
(2012年4月5日11時37分 読売新聞)


ヤクザに脅されて言いなりになっていた市の職員を起訴猶予にしたのは当然だ。もっと早く警察に駆け込むべきだったのである。さて、問題は恐喝容疑で逮捕されたこのクソどもなのである。53歳と43歳なら年齢的に働けないということもないだろう。公用車で病院に送迎させるなどあつかましいにもほどがある。どうせたいした病気でもないだろうに、その医療費もまた公費から出ているのである。オレのようなまっとうな国民が納めた税金から出ているのである。こういうことは全くもって許せないのである。こいつらは人間のクズである、まっとうに働くような気持ちは全く持ち合わせていない社会の寄生虫のようなカスである。今必要なことはこの不正受給のヤクザどもの顔写真を公表し、日本中のどの自治体でも生活保護の申請を即座に却下することではないのか。もしもこの連中が弁護士同伴で市役所にやってくれば、こいつらのようなヤクザに味方する似非人権派の弁護士どももついでにカスの仲間ということで弁護士資格を停止してやることである。

 生活保護の不正受給をしている連中の中には多くのヤクザがいる。福岡県や大阪府には特に多いのである。市役所は弱者には門前払いをするのに、ヤクザには甘い。脅されればすぐに保護申請を受理してしまう。一度受給するようになれば医療費タクシー代使い放題なのである。どれだけ税金が無駄に浪費されていることだろうか。こういう不正に対してはやはり一罰百戒である。さいたま市はこのヤクザどもを市役所の前で市民に公開土下座させなければならない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月05日(木) 覚醒剤入ってるなんて知りませんでした        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 覚醒剤を密輸した連中が見つかったときになぜか「入ってるとは知らなかった」「荷物は頼まれて預かっただけ」と主張するケースが増えている。そしてそのウソも裁判員裁判ではなぜかまかり通ってしまうのである。オレはこういう言い訳をする連中は基本的に怪しいと思っている。スーツケースを他人のものとすり替えられて・・・なんていう場合と違って、れっきとした自分の荷物に覚醒剤が入ってるのである。それがなぜ「知らなかった」で済ませられるのか。こういう言い訳をする卑怯者は本当のことを言うまで刑務所にぶち込んでやれとオレは思うのである。

 もちろんこいつらはただの使い捨ての「運び屋」である。しかしこういう運び屋であっても重い罰を与えることで覚醒剤を水際で食い止めることにつながると思うのだ。少なくとも「無罪」なんて結論は絶対におかしいのである。


 読売新聞の記事を引用しよう。

覚醒剤密輸、英国籍の地質学者に逆転有罪判決
 アフリカのベナンから覚醒剤約2・5キロを密輸したとして覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)などに問われた英国籍の地質学者ロバート・ジョフリー・ソウヤー被告(55)について、東京高裁(金谷暁裁判長)は4日、1審・千葉地裁の裁判員裁判の無罪判決を破棄し、懲役10年、罰金500万円(求刑・懲役13年、罰金700万円)の逆転有罪判決を言い渡した。被告側は上告する方針。
 最高検によると、密輸事件で裁判員裁判の全面無罪を高裁が破棄したのは4件目。うち1件は最高裁で再び無罪となり、確定した。
 被告は2010年6月、成田空港で税関検査を受け、スーツケースから覚醒剤入りの包みが見つかった。被告は「メイドに荷造りを任せたので中身は知らなかった」と供述。1審は、「密輸組織が被告に事情を知らせずに運搬させ、何らかの方法で日本で回収しようとした可能性はある」などとして無罪を言い渡した。
(2012年4月4日23時16分 読売新聞)


 裁判員裁判の「密輸組織が被告に事情を知らせずに運搬させ、何らかの方法で日本で回収しようとした可能性はある」という判決理由の方がよほど不自然である。この地質学者もまた密輸組織のメンバーのような期がするのだ。

このような裁判で無罪や執行猶予付きにできる場合として、自分が誰に覚醒剤を渡す予定だったのかということをすべて正直に白状し、できるなら渡す相手を呼び出してもらって警察が捕まられるように協力する場合のみ認めればどうだろうか。自分の関わってる組織の情報を警察に売れば、無罪にしてやるという司法取引である。もちろん組織が報復のために裏切り者を消すかも知れないが、それは警察の知ったことではない。がんばって見つからないように逃げればいいのである。もっとも外の世界にいる限り必ず報復されるだろう。だったら捕まって刑務所にいる方が安全かも知れない。

 2.5キロの覚醒剤の末端価格はいったいどれほど巨額になることだろうか。それだけの量を扱える組織というのは潤沢な資金があって構成員も大勢居るのだろう。もしもその組織のはじっこの方で客や売人を逮捕して、そこから上に迫っていけないものだろうかとオレは思うのだ。
 日本一覚醒剤が消費されている街はまぎれもなく大阪だろう。橋下市長が大阪から覚醒剤を撲滅してくれることをオレは願っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月04日(水) 喫煙助役は懲戒解雇せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 地下鉄の駅構内は確か全面禁煙だったはずである。その禁煙の場所で隠れてタバコを吸っていた馬鹿のせいで梅田駅が長時間にわたって閉鎖されるという火事騒ぎが先日起きたところである。それでも注意を聞かずに喫煙していた馬鹿がいたのである。これは「うっかり吸ってしまった」というレベルではなくて「迷惑を掛けるためにわざと吸った」というレベルの悪意のある行為である。即座にこんな助役はクビにするべきだろう。

 読売新聞の記事を引用しよう。

橋下市長「ミスでなく故意犯」…駅で助役喫煙
 大阪市交通局は3日、市営地下鉄四つ橋線本町駅の男性助役(54)が、全面禁煙の駅構内で喫煙して火災報知機が作動し、列車に遅れが生じたと発表した。
 同局は2月に発生した御堂筋線梅田駅での火災を受け、各駅に禁煙の徹底を強く求めていた。橋下徹大阪市長は、助役を厳しく処分する方針を明らかにした。
 同局によると、3日午前7時45分頃、駅長室の自動火災報知機が作動。駅職員が同室内の休憩室を確認したところ、助役が喫煙していたという。一部の電車を止め、火災でないことを確認後、運転を再開。4本に最大1分の遅れが生じ、約1000人に影響した。
 助役は勤続36年。交通局の調べに、「室内で朝食を取った後、つい吸ってしまった」と説明したという。
 交通局では、1月に、停車中の長堀鶴見緑地線の車両内で運転士がたばこを吸っていたことが判明。同局は2月10日、地下鉄の駅構内を全面禁煙にすると各駅に通知した。しかし、御堂筋線梅田駅で清掃会社の作業員の喫煙が原因とされる火災が同22日に発生、禁煙の徹底を求める文書を改めて各駅に出していた。3月5日には同局の調査で、御堂筋線の6駅で駅員が喫煙していたことが判明している。
 橋下市長は市内で報道陣に、「ここまで(全面禁煙の徹底を)言っているのに、ミスではなく故意犯だ。服務規律の厳格化という市長のメッセージを明らかに無視している」と指弾した。(2012年4月3日21時43分 読売新聞)


 この助役は、橋下市長の指示だからこそ逆らってわざと喫煙したのである。小学生のガキがわざとセンセイに逆らって見せて悪ガキ仲間にアピールするように、この馬鹿助役は「オレは橋下の命令など聞かない!」というポーズをとって仲間うちで自慢したかったのかも知れない。超弩級の馬鹿である。

 地下鉄の構内は禁煙である。昔はどうだったのかは知らないが、今はとにかく禁煙なのである。それはお客さんも駅員も同じ扱いである。しかし一部の駅員はこっそりと隠れて吸っていたらしい。ところが2月22日に梅田駅の火災があって梅田駅が8時間くらい使用不能になった。あのときは多くの乗客が大混乱したのである。地下鉄というのはちょっとしたタバコの火の不始末でこんな大惨事になるのだ。それでなおのこと禁煙の徹底が叫ばれたはずである。しかし3月5日の調査では注意を聞かない駅員がいて喫煙していたことが判明している。そして新聞記事にある4月3日のこのトラブルでは火災報知器が作動してしまい、電車に実際に遅れが生じたのである。

 この馬鹿助役は故意にタバコを吸うことで火災報知器を作動させ、通常の電車の運行を妨害したのである。一種の無差別テロのようなものである。迷惑をかけられた多くの乗客の怒りを考えれば、クビにするだけではまだ不十分である。電車のヘッドマーク代わりに車両前部に据え付けて、一日中先頭車両でさらし者にして客に罵倒されるべきだ。どうだ、なかなか名案だろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月03日(火) 生きているミイラ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 「死体遺棄罪」の構成要件は作為的な場所的移動を必要とし、殺人犯が死体を現場に放置したにとどまる場合には本罪を構成しないという。しかし、犯罪の露見を恐れて死体を移動させたり隠したりした場合には「死体遺棄罪」が成立するのである。ただ、通りすがりに死体を発見してそのまま放置しても「死体遺棄罪」は成立しない。埋葬せずに放置した場合に「死体遺棄罪」に問われるのは親族などの埋葬義務者のみである。同居中の親族が自宅で老衰や病気により死亡した場合にそのまま放置すれば「死体遺棄罪」が成立する。しかし、「まだ生きている」と信じている場合は果たして罪に問えるのだろうか?

 読売新聞の記事を引用しよう。

ミイラ遺体に点滴、姉妹ら「生きている」と同居
 2日午前10時頃、東京都小金井市の住宅で、住人の安否確認のために立ち入った警視庁小金井署員と同市職員が、ミイラ化した遺体を発見した。
 遺体は、生きていれば88歳になる男性とみられるが、死後数年が経過しているという。同居していた長女(61)と次女(58)は同署に対し、「父はまだ生きている」などと話している。同署は3日に司法解剖を行い、詳しい死因を調べる。
 同署幹部によると、遺体は2階の和室で、ブルーシートがかけられた状態で発見された。一部が白骨化し、点滴や酸素吸入器が取り付けられていたという。目立った外傷はなかった。
 男性は医師で、自宅に併設された診療所で長年、診察を続けてきたが、数年前から姿を見かけなくなり、近隣住民が市に相談。市職員が訪問したところ、長女と次女に拒まれたため、2日、高齢者虐待防止法に基づき、署員と一緒に立ち入ったという。
(2012年4月2日23時18分 読売新聞)


 故人が開業医だったということは、受領していたのは厚生年金ではなく国民年金だろう。その場合は年金を詐取しようとしていたとしてもたいした金額ではないだろう。ただ、財産がかなりあった場合、遺族は死亡を届けなかったことで相続税の支払いを免れようとしたのかも知れない。いずれにしても死亡して連絡が取れなくなったときに、亡くなった男性の友人や交流していた人たちは不審に思わなかったのだろうか。オレはそういう疑問を感じるのである。あるいはもうほとんど交流はなかったということなんだろうか。

 今回のケースでは近所の方が「あのおじいさんはどうなったのだろう?」と不審に思って通報した結果、発見できたのである。これからも年金の不正受給を目的としたこのような事件はいくらでも起きるだろう。また、仮に不正受給だったとして罰則を与えるのに、それ以外に収入のなかった遺族からはどうやって賠償させるのか。それもまた疑問なのである。

 今回の事件の「生きているミイラ」に対して「死体」という認識があったのかどうか。それを明らかにしないとこれを「死体遺棄事件」として立件するのはかなり困難だろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年04月02日(月) 無駄遣いこそが税金の使い方なのである        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 500円の利益を出すのに1万円の経費を使うことは企業経営では許されないというか、そんなビジネスをするのはただの馬鹿である。しかし、地方行政の世界ではそんな馬鹿なことが堂々と行われているのである。これは車が走らない道路を造ることとか、人が乗らない鉄道を建設することとか、使い道のわからない意味不明のハコモノを作って維持費に無駄なゼニをさらに費やすとかいうふうにこれまでずっと行われてきたことである。そうやって夕張市も泉佐野市も大阪市も財政破綻してきたのである。そして市長も公務員もみんななんの責任も取らずに退職金をガッポリもらって辞めていったのである。任期があるということは、裏を返せば任期が終われば何の責任もないということなのだ。自らの施策の失敗の責任をとって腹を切るとか、私財をすべてなげうって賠償するとかいう首長は聞いたことがない。

 里山の自然が破壊されれば、そこで生活する獣たちはエサが不足して村里に下りてきては畑を荒らしたり家を襲ったりすることになる。それを防ぐにはどうすればいいのか。檻を設置して捕獲するというのが通常の方法なんだが、延々と数劼發虜瑤鮴瀉屬靴篤ってこれないようにするというなんとも贅沢な方法で獣の侵入を防ごうとしている自治体がある。読売新聞の記事を引用しよう。

年500万円の獣害被害に18億円かけフェンス
 関西電力の原発4基が立地する福井県おおい町は、電源立地地域対策交付金を使い、農作物への獣害対策として鹿やイノシシなどが生息する山間部と、集落との間をフェンスで仕切る工事を始めた。
 町内の全集落が対象で、総延長約160キロ、総事業費約18億円。ただ、全集落で農作物の被害が出ているわけではない上、被害額は年平均500万円程度で、「無駄遣いでは」との批判もある。
 フェンスは高さ2メートル。町内63か所の集落を山と遮断するように張り巡らせる。人が山に入れるように、開閉式の扉を所々に設ける。
 2015年度の完成予定で、11年度は約68キロ分の計7億3300万円を予算化。このうち国の補助などを除いた残りの2億8500万円を交付金でまかなう。
 同町は、総面積212平方キロのうち90%が山林で、残る平野部で米や麦、ソバなどを栽培。1990年頃から、獣害が出るようになり、町村合併後の2006〜10年度の被害は計約2500万円となっている。
旧大飯町時代の1994年から、町の補助と農家の負担で集落ごとにトタン板や電気柵を田畑の周囲に設置。ところが、柵を跳び越える鹿もおり、最近も被害は続いている。新たな対策を求める声も強く、町は「耕作を断念した人もいる。交付金を活用し、農業環境を整えたい」とフェンス設置に踏み切った。
 しかし、被害額の割に費用が莫大(ばくだい)で、町議の一人は「ある程度有効だろうが、被害のない地域にまで設置する必要があるのか」と話している。(2012年4月1日09時43分 読売新聞)


 小さな村に総延長160キロもの複雑に入り組んだフェンスを設置するのである。たかだか年間500万円の被害のために、18億円もかけるのである。なんと馬鹿げたことだろうか。その金額を定期預金で積み立てておいて年間1%の金利収入を得れば1800万円だから被害農家に補償しても十分におつりの来る金額である。ところがフェンスを設置するのに使えばすべて消えてなくなるのだ。しかも10年もすればあちこち壊れてきて今度は補修しないといけなくなってしまう。延長160キロのフェンスの補修費は年間で200万から300万はかかるだろう。無駄なモノを設置したために永遠の金食い虫になってしまうのである。こんな愚かな事業を推進しようとする大飯町には馬鹿しかいないのかとオレは思ってしまうのである。

 かつては過疎の町だったおおい町(大飯町が町村合併で発音そのままに「おおい町」tなった)も、原発を誘致したことがきっかけでゼニがあふれる町になってしまい、そのゼニで上水道に下水道、さらにはブロードバンド世帯普及率100%も達成してるのである。すべてを原発に依存して暮らしている町で、農業なんて基本的に町にとってどうでもいい産業なのである。そんな町で「動物の食害」を主張している連中というのはそのフェンス設置工事を請け負う業者の回し者に決まってるのである。背後関係を探ればきっと工事の受注に関してすでに密約が結ばれてるのだろう。田舎というのはそういう世界である。

 そうした愚かさというのは日本の田舎全てに共通する問題なのである。それにしてもこういうゼニは、もとはオレたちが搾取されてる電気代なのである。実に馬鹿馬鹿しいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年04月01日(日) 中国からのサイバー攻撃を許すな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 中国から仕掛けられるこのようなサイバー攻撃に対して、日本政府は公式にどのように抗議する意志あるのだろうか。政争に明け暮れる木っ端政治家どもはおそらく何も考えてはないだろう。もちろん仮に抗議したとしても中国政府は関与を否定し、その男が個人的にしていることだと主張するだろう。それは日本の巡視船に体当たりした漁民が実は人民解放軍の関係者であり、あの事件が軍によって仕掛けられた海上テロであったことを決して中国政府が認めないように、この件に関してもうやむやにされるに決まっている。しかし日本の国益が損なわれているのだ。こんな時に何にもできないことがオレは歯がゆくてしかたがないのである。

日本など標的のサイバー攻撃、関与の中国人特定
 【ニューヨーク=柳沢亨之】日本、インド両国の企業やチベット人活動家を標的とするサイバー攻撃が昨夏から相次ぎ、いずれも中国のインターネット企業の男性従業員が関与していることがわかった。
 30日付米紙ニューヨーク・タイムズが、セキュリティーソフト大手、トレンドマイクロ(本社・東京)の分析などを基に報じた。
 同紙によると、男性は中国ネット大手「騰訊(テンセント)」に勤める四川大学(四川省成都)の元大学院生。航空宇宙やエネルギー分野に関連する日本の複数の企業のほか、インドの軍事研究機関や船舶会社、チベット人団体などのパソコン計233台を攻撃した。
 いずれも、電子メールで各企業・団体の関心を引きそうなテーマの添付文書を送りつけ、パソコンに侵入する手口で、日本企業への攻撃では福島の原発周辺の放射線量データなどを記した文書が添付されていた。
 同紙は複数の専門家の話として、中国政府が外国の情報収集を目的としたサイバー攻撃を民間のハッカーに委託している可能性を指摘している。
(2012年3月31日19時18分 読売新聞)


 政府が何の対策も打ち出せないとき、これを解決可能なのはやはり「ゴルゴ13」のようなスナイパーを密かに派遣して、相手を仕留める以外にないのではないか。少なくとも合法的な形でこの問題を解決することは不可能なのだ。このサイバー攻撃の容疑者である元大学院生を国際手配したとしても、中国から出てこなければ捕まえようがないし、中国が逮捕に協力するはずがないのである。

 相手がそんな卑怯な手で来るのなら、こちらも負けずにサイバーテロを敢行して中国の機密を抜き取って2ちゃんねるに貼り付けるなどの報復措置も考えられる。もしもそういう事態になれば、中国政府はこれまでの自分たちの不法行為には全く触れずに一方的に日本政府を非難してくるだろう。いくら日本側が「これでお互い様、おあいこだよ」と主張しても、自分たちの不法行為はOKで、他からされることは許せないというお国柄だけにそれを口実に戦争を仕掛けられるかも知れないのである。

 まともじゃない隣国があると本当に困るのである。こんなことになるのなら、ちゃんと蒋介石を世界が支援して中国共産党を絶滅させるべきだったのであり、核攻撃で毛沢東を地上から消滅させようと考えたマッカーサーにはやはり先見の明があったというしかないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン