江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。

2006年08月31日(木) オレの掲示板を破壊したのは誰だ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 昨日の日記、「何もせずに2000円を手に入れる方法」の趣旨に多くの方から賛同をいただきありがとうございました。おかげさまで楽天カードの申し込みをたくさんいただき、楽天に大きな打撃を与えることができました。みなさまに感謝いたします。なお6000ポイントのチャンスのある締め切りは8/31までですが、それ以降でも2000ポイントはゲットできます。

 オレのサイトの常連さんが集う掲示板、「EXAの部屋・ゲストルーム」の書き込みが8月30日午後10時30分頃、すべて消失するという事件が発生した。オレは余りのショックに何も手につかないほどである。

 オレは掲示板への迷惑書き込みをしょっちゅう削除していたし、迷惑行為に対しては厳重に対処するということを宣言していた。アダルト宣伝書き込みからは一回につき10万円徴収するということを掲示板の注意事項に書いていたくらいである。一日に何度もアクセスする自サイトの常連用掲示板で、オレは自分がしたはずの最新の書き込みが消えているのでなぜか気になってもう一度画面を更新してみた。すると、目の前でどんどん書き込みが削除されていくのである。オレはあわてて管理画面に入ってPWを変更した。しかし、ハッキングした犯人はその間もずっと削除を続けていたのである。

 もはやオレにはなすすべもなかった。数分後、過去の掲示板書き込みはすべて消失し、犯人は最後に犯行声明に当たる書き込みを一本残していた。それは掲示板を開くといきなり不快な大きな音が出るものだった。オレはその犯人の書き込みを削除し、そしてグーグルで検索してそこに残っていたキャッシュファイルで最新の掲示板の内容を保全した。そのキャッシュをHTML保存すればあとでどこかにUPすることで読むことは出来る。また、アクセス解析を取り付けているのでそこから犯行の行われた時間にアクセスしていた者のIPアドレスを確認し、それもいちおうテキスト保存した。警察に被害届を出すときは紙に印刷した形でないと受け取ってくれないかなと思ったからである。

 今回オレが受けた掲示板荒らしは、「不正アクセス禁止法」の規制対象となる。この不正アクセス禁止法というのは、「ID・パスワードの不正な使用」や「そのほかの攻撃手法」によってアクセス権限のないコンピュータ資源へのアクセスを行うことを犯罪として定義するものであり、他人のID・パスワードを奪取・盗用して、その者になりすましてアクセス認証を越える行為はこれに含まれる。おそらく犯人はオレの掲示板のPWを何らかの方法で手に入れて(おそらくは多くの文字列を試行することで手に入れたのだろう)管理画面に入り込み、そこで書き込みの削除を行ったに違いない。この犯罪の罰則は1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科されるとなっている。

 もちろんオレは警察に今回の被害届を出すわけだが、それだけでは腹の虫がおさまらない。犯人はもちろん住所氏名が明らかになり、社会人なら会社を懲戒解雇されるだろうし学生なら退学処分などの罰を受けるだろうが、それだけではオレの気分が治まらないのだ。それは、掲示板の書き込みというのはオレのサイトに来てくれる常連さんたちがオレと一緒に築き上げたものであり、それを台無しにされるということの精神的ショックは計り知れないものである。だからオレはそれに対して正当な慰謝料を要求しようと思っている。

 今回の件では民事訴訟を起こして、1億円程度の慰謝料を要求するつもりでいる。もらった慰謝料は掲示板に参加していた常連さんの間で均等に配分したい。今からその分け前にあずかろうとして掲示板に参加しても遅いのだが。あくまでこれまでに参加していて今回のイタズラで自分の書き込みを消されるという被害にあった方たちだ。オレはやられたことは100倍にしてやり返す主義だ。今回の被害を絶対にオレは放置することはない。二度とこの犯人がネットの世界で生きていけないように、とことんケジメをつけさせてやるぜ。この馬鹿野郎、100回死にやがれ!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←掲示板荒らしに重い罰を与えることに賛成の方はぜひ投票をお願いします。

2006年08月30日(水) 何もせずに2000円を手に入れる方法        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去にエネオスカードについて触れた日記一覧


 オレはかなりの枚数のクレジットカードを持っている。数えてみたことはないがたぶん10枚くらい持ってるはずだ。その中で年会費を払っているのは新日本石油のエネオスカード(1250円)、OMCカード(525円)くらいである。年会費無料のクレジットカードが多い中で会費を払ってまでこの両者を使ってる理由だが、OMCカードはただダイエーの駐車料金が2時間無料になるから持っているのである。エネオスカードの場合はロードサービスがついていてJAFに入る必要がないことと、ハイオクガソリン換算のポイント付与率が2%を越えるので、他のカードと比べてはるかにお得だからである。

 そんな便利なカードをぜひオレのサイトで紹介してじゃんじゃん入会させて紹介手数料を稼ぎたいと姑息に考えたオレはエネオスカードのアフィリエイトに申し込んだのだが、なんと先方はオレのサイトを調べて、いくつかのページに「アダルト」な内容があるということで承認してくれなかったのである。なんということだ。新日本石油株式会社のアフィリエイト担当者にとって、オレのサイトは公序良俗に反するアダルトサイトだったわけである。問題にされたのはオレの書いた文芸評論のチョコレート革命試論なんだが。入り口に「アダルトコンテンツ」を含みますと書いてるものの中味はまじめそのものなのである。いかに新日本石油の社員がいいかげんな審査をしてるかの証拠である。ここでさんざんこきおろしてオレのサイトを承認しなかったことに対してケチをつけておくのである。そんなところよりももっとはるかにエロ全開というか、エロ大爆発のページも実は存在するのである。そんなことは教えてやらないからエロに興味がある変態さんはオレのサイトをすみからすみまで探して見つければいいのである。おっと、話が脱線したぜ。

 オレが日記を使ってエネオスカードの便利さを強調すれば、おそらく数百人の新規会員を獲得できたことは間違いないわけで、機会損失を考えればそのアフィリエイト担当者は大馬鹿野郎なのだが、オレの暴言日記で取り上げられるということはイメージの悪化も当然招くわけで諸刃の剣である。まあ先方が今日のオレの日記を読んであわてて「やっぱり承認します」と言ってきてももう遅いぜ。まあ、エネオスカードの恩恵を被ってるオレとしては自分が得をすればそれでいいわけだが。

 さて、多くのクレジットカードをただ闇雲に所有しているクレジットカード収集家のオレが、今回お勧めするのは楽天カードである。これはもう気前のよさではダントツなのである。なんと入会するだけでいきなり2000円分のポイントをくれるのだ。なんて気前がいいんだ。オレがどうしてこのことを知ったかというと、オレの一人の弟子が「今楽天カードに入るとさらに500ポイント余計にもらえるんです!」と教えてくれたので、あわてて楽天のサイトで確かめてみたのである。そこには、8/29・30・31の三日間に入会すればさらにポイントがプラスされて最大で6000ポイントとあってびっくりした。なんて気前がいいんだ。

 まあ6000ポイントもらうためには5万円分利用しないといけないので気前がいいともいえないが、最低の2000ポイント分は何もしないでももらえるのである。だったらやっぱり気前がいいということになる。このせっかくもらったポイントをどう使えばいいのか。楽天の提供するサービスの中でオレが便利だと思うのはやっぱり国内No.1の宿泊予約サイト「楽天トラベル」
である。出張などで使う安いビジネスホテルを探すとき、宿泊日と地域を選ぶだけでたちどころに空き室が検索でき、料金順に並べたり、部屋でインターネットできるかどうかまでわかるのだ。今年の夏もかなり重宝したのである。

 たとえばそこで5500円のビジネスホテルを予約したとして、支払いの時に2000円分をこの楽天ポイントで支払えば、たったの3500円で泊まれてしまうのである。また、そこで支払った3500円からは1%分の新規楽天ポイントが発生するのだ。少しでもゼニを節約したいオレのようなセコい人間にはこういう仕組みはかなり嬉しいのである。

 しかし、楽天では昨年12月に提携サイトの楽天市場のバナーをクリックするだけで500ポイント発生するという仕組みを悪用されて、偽名で多数のポイントを取得するなりすまし野郎に大量のポイントを取得され、そのポイントで買い物されるという事件が起きていたはずである。あのとき楽天は5000万円の損害と公表していたが、2ちゃんねるで「楽天ポイント祭り」と話題になっていたことから考えて実際は数億円の損害が出ていたような気がする。あんな目に遭ったのに三木谷社長はまだ懲りていないのかとオレは正直心配するのである。

 まあ今回はポイントを使うためにクレジットカードを作成するわけで、偽名で何枚もクレジットカードを作るには本名と通名で別々の預金通帳を持っていたり、偽装結婚や偽装養子縁組で姓をわざわざ変えたりする必要があるわけだ。普通の人はそんな犯罪行為はしないし、普通じゃない人たちはたった2000円分のポイントなんか目もくれないだろうからオレの心配も杞憂でポイント祭りなどは起きないのだろう。何もせずに手に入るこの2000円分の楽天ポイント、実はオレも正当な方法ですでにもらっているのである。まだ何を買うか全く考えていないのだが、家族旅行の時のホテル代の足しにでもしようかと思っている。たった2000円とはいえ、タダでもらえるのはやっぱり嬉しいぜ。

 江草のカード天国





↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←今日の日記が参考になった方は投票をお願いします。

2006年08月29日(火) そんなATMがあってたまるか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 大垣共立銀行といえば岐阜県にある地方銀行である。東証一部上場であり、株価は8月28日の時点で528円、配当利回りは1.34%だからまあまあである。ここのサービスで目を引くのは、コンビニATMの手数料を無料化したことである。昨年夏に愛知万博に行くために名古屋に滞在したのだが、そのときにコンビニATMに大きく「手数料無料」であることが表示されていたことを覚えている。大垣共立銀行のWEBサイトでは次のように紹介されている。

 コンビニATM「ゼロバンク」は、大垣共立銀行のキャッシュカードをお持ちのお客様はもちろん、全国約1,600の提携金融機関のキャッシュカードをお持ちのお客様も、平日午前8時から午後6時、土曜日午前8時(提携金融機関は午前9時)から午後2時の間、お引出し手数料が無料でご利用いただけるとっても便利なサービスです。
特に大垣共立銀行の口座をお持ちのお客様には、岐阜県・愛知県に24時間・年中無休でご利用いただけるATMが一挙に拡大しました。 ※ 「ゼロバンク」は株式会社ゼロネットワークスの登録商標で「サークルK」「サンクス」のコンビニ店舗内に設置されるATMの愛称です。


 オレが東海地区に居住していて、この銀行ばかり利用するのならかなり便利だなとその時は思ったものである。そうしたサービスは銀行として真っ当なものである。しかし、こういうサービスは間違ってるのではないか。産経WEBより引用する。

ATMで現金が当たるルーレット 大垣共立銀が新サービス
 大垣共立銀行(岐阜県大垣市)は28日、現金自動預払機(ATM)を使って振り込みをする際に、ルーレットゲームで現金が当たるサービスを9月13日から始めると発表した。昨年8月に同行が全国で初めて導入した、ATMでの現金引き出し時のスロットゲームに続く第2弾で、同行は「ATMに遊び心を加え、お客さまに喜んでもらえれば」としている。カードを使った振り込み手続き中に、画面上でルーレットが自動的に動きだし、当たりが出れば窓口で現金1000円がもらえる。当たる確率は数百分の一という。利用可能なATMは各店舗に1台の割合で設置。手数料の掛かる振り込みならば他行カードの利用者でも対象となる。


 振り込み時にルーレットが回り、数百分の一で現金1000円がもらえるのだそうだ。何か間違っていないか。ふざけるのもいいかげんにしろと言いたい。そんなサービスは銀行の本来の業務とは何の関係もない。銀行ATMは飲料の自動販売機ではないんだ。コインを入れたらルーレットが回って当たればもう一本出てくる、あの仕組みと同じじゃないか。ふざけるのもいいかげんにしろと言いたい。

 その賞金分のゼニはいったい誰が負担するんだ。本当ならその1000円は数百人に均等に分配して、少しでも手数料が安くて済むように工夫してやればいいだろう。そして、この振り込みはいったい誰が行うのか。例えば会社の業務として会社名義の通帳やカードを持参した人が、ルーレットで1000円当たれば賞金をそのまま役得としてフトコロに入れるのか。そのゼニは本来その会社に帰属するものではないのか。そんな疑問をオレは感じるのである。どうもオレには納得いかないのである。

 もしもオレが大垣共立銀行の預金者なら、「ふざけたことをするな!」と抗議し、即座に口座を解約するだろう。財務省はこの大垣共立銀行のATMに対して厳重注意を行うべきである。過去にどこかの銀行がやった、抽選で当たった預金者の一部だけが利息を余分にもらえる仕組みにも納得できないのだ。金持ちも貧乏人も、お金を預けてくださっているという点で平等に扱うのが銀行の使命ではないのか。このふざけたルーレットATM、もしオレが利用していて当たりが出たとしても、オレはそんなはした金は受け取りを拒否するだろう。どうしてもくれるというなら、もらったゼニは手近なコンビニの募金箱にでも突っ込んでやるぜ。いらねえや、そんなもの!


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←ルーレットATMよりも手数料を値下げしろと思う方は投票をよろしくお願いします。

2006年08月28日(月) あほか!そうめんは喰うためにあるんや        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去に麺類好きの自分のことについて触れた日記

 オレはそうめんが好きだ。とにかく夏はそうめんを食いまくる。三輪大社に行くと、必ず大鳥居の手前にあるおいしいそうめんの店に立ち寄る。とにかくそうめんが大好きなのである。お中元にもらって嬉しいもののナンバーワンがそうめんなのだ。何も暴言日記読者からのそうめんの贈り物を期待してるわけではないのだが。

 そのそうめんを食べる方法として、「流しそうめん」という手法がある。この流しそうめんを食べるための丸テーブルがあって、そこには水が流れるドーナツ型の水槽があり、水をぐるぐる回しながらそうめんをぶちこんで喰いまくるという仕組みのそうめん流しセンターが、鹿児島県指宿市にある唐船峡というところだ。なんでもこの丸テーブルにドーナツ型水槽を備えたそうめん流し器はここのオリジナルだそうである。(器械の特許は開聞町が持っていたのだが、町村合併で今は指宿市になっている。)

 オレは九州旅行のたびにこの唐船峡で食い過ぎで死にそうになるほどそうめんを食べたのである。地元の鹿児島大学のサイクリング部の方に訊いたところ彼らの方がもっと上手だった。いちおう人数分のそうめんの注文はするものの、自分たちで大量のそうめんを持ち込み、それをじゃんじゃん流しながらそうめんつゆは店にどんどん追加させて喰いまくったとか。もう20年以上も前の話だからこの反則行為も時効なんだが。それに店内には「そうめん持ち込みお断り」とはどこにも書いてなかったと思う。たかがそうめんと言っても喰いまくるとかなりの金額になってしまうので食べ放題でない以上、持ち込んだ方が安くつくのは当然だぜ。

 あと、鹿児島大学サイクリング部の方からは「お年寄りのグループは必ずそうめんを残す。そういう時は声を掛けると必ず譲ってくれる」というアドバイスもくれたのである。かの大学のサイクリング部には伝統芸の春歌「ボ○節」というものがあって、怖ろしく卑猥な内容の歌詞と聞いたことがあったので、オレが「○ボ節ってご存じですか?」と質問をぶつけた所、後継者がなくて失われてしまったということだった。民俗学上の貴重な文化遺産はかくして失われてしまったのである。

 おっと、話がどんどん脱線していくのでもとに戻したい。そろそろもう夏が終わってしまうのだが、このそうめん流し専用テーブル、家にあればきっと毎日のようにそうめんを作って喰うだろうなと思ってしまう。そうめん流しの便利な点は、流れの中に箸を突き刺すと、勝手にそうめんが絡まってくれるのでそれをすくって喰えばいいと言う食べやすさである。そして流水ゆえにいつも冷たいそうめんが味わえるというのもいい。

 そうめんはあの一把が一人前だそうだが、大学生の時にオレは自分のアパートで友人と、どれだけ喰えるかに挑戦して二人で13把食べたことがある。テレビに出てくる大食い芸人たちはもっととんでもない量をきっと喰うのだろう。オレの以前書いた小説「イノコ」でもそうめんを喰いまくるシーンは登場する。もっともそうめんだけでは物足りないので、錦糸玉子やきゅうり、トマト、ねぎ、ショウガ、ハムなど大量の具材を入れて一緒に喰えばある程度満足できると思うのだが。そうなるとなんだか限りなく冷麺に近づいてくるような気もする。

 そうめんのブランドとしては「三輪そうめん」以外に、兵庫県の「揖保の糸」とか、小豆島の「島の光」とかが有名だが、佐賀県神崎町の神埼そうめんもおいしいのである。もっとも三輪そうめんも今は三輪ではなくて九州で作られているらしいが。そのあたりはきちっと検証しておきたいものである。そのおいしいそうめんをオモチャにするヤツは断じて許せないのである。そうめんは喰うためのモノであり、ギネスに申請とかのためにオモチャにする行為は、そうめんを作ってくださった方々への冒涜であり感謝の気持ちを忘れた愚行である。

 8月27日、そうめん流しに使う竹樋(たけとい)の長さの「世界記録」に徳島県美馬市の学生などが挑戦し、従来の記録より約200m長い1575.5mを達成したというニュースを知ってオレは思ったのである。「あほか!」この企画は竹細工で知られる地元美馬市の竹の知名度を高めようとして、美馬市出身の高知大4年中川留美さん(22歳)が提案して実現したという。700本の竹で作った竹樋を吉野川の堤防斜面に並べ、隣町の名産である「半田そうめん」をそこに流したのだという。全長1.5勸幣紊任△襦そうめんは最後までたどり着くのに2時間50分かかったという。なんのためのそんな馬鹿なことをするのか。その2時間50分流れたそうめんは最後は誰が喰ったのか。そんなもん、うまいわけがないだろう。そんな長時間水に漬かってふやけたそうめんなど決してうまくないのである。

 せっかくのおいしいそうめんをおいしい状態で食べずに、3時間近く竹樋で流して弄んでから食べる。これほどそうめんを馬鹿にした行為があるだろうか。オレは断じてこの愚行を許すことは出来ない。こんな愚かなことをギネスブックに登録申請するという。あちらさんは日本人も改訂版の本を買ってくれるということでゼニのために喜んで載せるだろう。この行為の愚かさに苦笑しながらである。

 正統派のそうめん流しというのは竹樋を使用して行うのだという。しかし、一方通行の樋を用いるそうめん流しはつかみそこねた場合にそうめんを回収する手間が必要になる。また上流に位置するものが極端に有利という食べる人の間の著しい不平等を発生させてしまう。そういう理由からオレは、そうめん流しをおいしく味わう方法として唐船峡のそうめん流しセンターで使われている丸テーブルこそがベストだと思うのである。大阪でこの丸テーブルを設置した施設がどこかにあるのだろうか。オレの調査不足かも知れないが寡聞にして知らないのである。そんなことなら自宅に導入してベランダに置いて、そうめん流しパーティーをすればいいのかも知れない。そうめん好きだがそうめん流しのおいしさを知らない人は、ちょっと遠いが唐船峡に出かけて、ぜひそのおいしい流しそうめんを味わって欲しい。その後で、1.5劼修Δ瓩鵑鯲した馬鹿どもの愚行を笑ってやれ。「そうめんはこうやって喰うのがうまいんだぜ馬鹿野郎!」と


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←読んでいてそうめんを思わず食べたくなった方は投票をよろしくお願いします。

2006年08月27日(日) 助けてください、子どもが海の中にいます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 飲酒運転を話題にした過去日記(←クリックすると開きます)

 過去、どれほど多くの人命が飲酒運転の暴走ドライバーによって失われてきただろうか。なぜドライバーが酩酊していてもエンジンがかかるのだろうか。本当の安全装備というのはドライバー自身を守るシートベルトでもエアバッグでもなく、酔っぱらいが運転席に座ったときにクルマが全く動かなくなる「自動停止装置」であるとオレは思っている。危険な酔っぱらいが、歩行者をなぎ倒し虐殺しながら自分だけは安全な所にいることはあまりにも理不尽である。

 トヨタよ、衝突安全性を向上させてクルマの乗員を保護することよりも、それに轢かれたりぶつけられたりする被害者の側のことをもっとよく考えろよ。いますぐに全車にアルコール検知装置を標準装備して、飲酒運転ゼロを達成してくれよ。保険会社もアルコール検知装置のついたクルマは保険料を大幅割引してくれよ。こんなことはどこかが率先してやらないとダメなんだ。どこかが英断してやらない限り、このような悲劇は未来永劫発生し続けるんだ。いつも失われるのは前途の希望に満ちあふれた若者や子どもの命であり、いつも加害者は生きてる価値のないようなクソ野郎だ。なんて理不尽なんだ。

 8月25日午後10時50分ごろ、福岡市東区の人工島(アイランドシティ)と雁の巣を結ぶ「海の中道大橋」で、福岡市の会社員大上哲央さんの一家5人が乗ったRV車が福岡市西部動物管理センター職員の今林大容疑者(22歳)の運転する乗用車に追突され、海に転落した。追突時は時速80くらいだったと今林容疑者は供述するが、前を走ってるクルマにも気づかないほど酩酊していたこの男が速度を自覚していたのかどうかは疑わしい。もしかしたら時速100勸幣の高速で暴走していたのかも知れない。酔っぱらいの暴走ほど危険なモノはない。この酔っぱらいが、勝手に橋から転落して勝手に死んでくれれば世の中は平和そのものなんだが、そういうわけにもいかなかった。

 今林の運転する車はは大上さんの運転するRV車に後方から激しく衝突して、その煽りで大上さんのRV車は進行方向左側の歩道に乗り上げたあと、高さ約1メートルの鉄製ガードパイプを突き破って15m下の博多湾に転落した。当時、水深は約6mだったという。15m転落した時点でオレなら気を失うだろうし、海に落ちればその時点でほぼ助からないだろう。しかし、両親は必死で沈むクルマの中からわが子を救おうとしたのだ。

 母は4度も海に潜り、めちゃめちゃに破壊された車体後方の窓からクルマの中に入って、3人の子どものうち2人を救い出した。父は立ち泳ぎしながら子どもを抱いて救助を待った。レスキュー隊員が投げ入れた浮輪に夫妻はしがみついたという。「もう1人中にいる! 助けて! 助けて! 」。3人目の紘彬ちゃんも26日午前2時前にやっと海中から引き上げられ、子ども3人は福岡市内の2つの病院に搬送されたが助からなかった。子どもたちはもう冷たくなっていたのである。なんてことだ。

 どうしてこんな無惨なことが起きるのか。どうしてそんなクソ野郎がクルマを運転してるのか。今林容疑者はそのまま逃亡しようとしてクルマを走らせ、300m走ったところでクルマが動かなくなって捕まった。オレはめちゃめちゃに後部が破壊されたRV車の写真を見た。時速50劼離ルマに80劼離ルマがぶつかったとしても相対速度は30劼任△鵑覆坊磴靴は壊れないだろう。どう考えても両者の速度差は50勸幣はあったはずである。こんなクソ野郎の供述なんか聞く必要はない。いますぐ死刑にしてくれと言いたいところだが、日本の法律ではこの行為を殺人罪として裁くことはできないのだ。

 少し前まではこの殺人は「業務上過失致死」というあまりに軽い罪でしかなかったのだ。今は「危険運転致死傷罪」という罪が設置され懲役20年まで科せられるようになったが、それでも行為の重さに比べれば軽すぎると言える。また、飲酒運転で事故を起こしてもその場を逃亡して、後で出頭すれば飲酒の証拠がないため業務上過失致死になるという法の不備もある。おそらくこの今林もそれを狙って逃亡を図ったに違いない。だったら「ひき逃げは問答無用で死刑」という、より重く罰する条文を設置すべきではないのか。法律に不備があるならすぐに改正して現実に沿わせるべきである。

 そしてオレは母の強さを思う。15mの高さから転落するというのはどれほどの衝撃だろうか。その中で子どもを救おうと何度も夜の海に潜って引っ張り出した母の勇気を思う。その場面を想像するだけで胸が締め付けられるのだ。今林大、おまえは自分のやったことをちゃんと償え。おまえのようなクソ野郎は100回死んでくれ。おまえが死んで人柱となって、アルコール検知装置がすべてのクルマに標準装備される日が来ることをオレは願っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←アルコール検知装置の装備に賛成の方は投票をよろしくお願いします。

2006年08月26日(土) トヨタ、歩行者をよけるクルマを発売        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 読者の皆様、いつも貴重な時間を無駄にして暴言日記をお読みになってくださることに深く感謝いたします。休日は日記のアクセス数も減るのですが、時間のあるときにぜひ江草の本サイトである教師EXAの秘密の部屋においでになって、そこに置いてあるたくさんのテキストやさまざまなお気に入りコンテンツなどをお楽しみになってくだされば、書き手冥利に尽きるというものです。よろしくお願いします。日記の下部から入れる感想掲示板常連用掲示板では活発な議論が交わされています。どうぞごらんになってください。またお勧めリンクにあるリンク先のサイトの訪問もよろしくお願いします。


 どうすれば交通事故を防げるのか。オレはこれまでいろんなアイデアを書いてきた。事故の原因の一つである飲酒運転を防ぐために、アルコールを検知したらエンジンが掛からない仕組みとか、歩行者にぶつかる前にクルマを自爆させる装置とか、さまざまなアイデアをこれまでここで書き散らしてきたのである。残念ながら自動車メーカーから「ぜひそのアイデアを!」と引き合いがきたものは一件もないのだが。

 クルマの安全性が昔に比べてはるかに向上してるのは事実だ。交通事故死者は過去には年間1万人を越えたが、今は7000人程度まで減っている。AT限定免許の導入や、高齢運転者の増加で運転のへたくそなドライバーが激増してることを思えば事故死者が減ってることはやはり、クルマそのものの安全性が向上しているからである。しかし、それだけではやはり事故をゼロにすることはできない。

 トヨタ自動車は9月発売の高級車、レクサスLSに新たな安全システムを搭載していくと発表した。個別に作動していたセンサー類や機能部品を連携させることで、従来より安全性が高まるという。ドライバー・サポート・システム(DSS)と呼ばれるコンピュータを車載して、車間距離や歩行者を検知するセンサーからの情報を解析し、前方車両に近づきすぎれば警報音で知らせるとか、ブレーキやハンドルを制御し、テールランプを点灯して後方の車両に知らせるなどの複数の動作を瞬時に実行するという。前方の障害物が人間であるかどうかを車載センサーが判別するのである。こんな画期的なシステムをやがては全車種に展開していくという。そこまでやるのならオレの日頃主張しているアルコール検知装置もぜひ搭載してもらいたいぜ。

 ただ、そこまでクルマを賢くしても、歩行者の方が交通ルールを守らなかったり、道路に欠陥があればどうしようもない。長野自動車道にはよくクルマが道路外に飛び出してしまう魔のカーブがあるそうだが、そんな構造上の欠陥もこの際改善しないと事故をゼロにするのは困難だろう。あと、運転してはいけない人に免許を与えないことも大事だ。免許証はICチップを身体に埋め込むようにして、無免許の場合はクルマのエンジンが掛からないようにするというのはどうだ。どんなに安全装備を充実させても、わざと事故を起こそうと思えばやっぱり起こせるのである。それすらも防げるような工夫をぜひとも考えてもらいたい。どれだけゼニがかかるかわからないが、高速道路を動く歩道みたいにして、クルマをそこに置いておくだけで勝手に目的地についてくれる装置なんてものが実現できれば事故は完全に防げるだろう。

 さて、トヨタ自動車がこうしたシステムを導入するようになれば、同業他社も同様の仕組みを開発して追いつかないといけなくなる。そうしないと明らかにクルマの性能に差がついてしまって競争力を失うからだ。そして、開発力のないメーカーはこのシステムをトヨタから購入するか、あるいは自動車を製造することから撤退するかの二者択一を迫られることとなる。どちらにしても他社にとっては死活問題である。自前でのハイブリッド車の開発をあきらめてトヨタからハイブリッドシステムを購入することにした日産などは、臆面もなくトヨタの軍門に降ってこの安全システムを購入しそうな気がする。自前のハイブリッド車にこだわったホンダは意地でも同様のものを自前で開発してきそうな気がするのである。そんな各メーカーの思惑があれこれと想像できて面白いのである。オレが今運転しているFTOが廃車になる頃には、日本中のクルマがトヨタのこの安全システムを搭載してるのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←それでも事故を100%なくすことはできないと思う方は投票をよろしくお願いします。

2006年08月25日(金) オレは冥王星だ、文句あるか!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 激安パソコンショップ、パソコンヲタクでは10万円以下のノートPCやいますぐ役立つ周辺機器を紹介しております。みなさまのご訪問をお待ちします。

 オレは小さな頃から惑星は9個と覚えてきた。水金地火木土天海冥(すいきんちかもくどてんかいめい)の9個だ。木星がやたらでかく、土星には耳があり、火星にはフォボスとダイモスという二つの衛星があり、木星の模様には目があって、海王星にはトリトンとネレイドという衛星があったはずだ。しかし、そういうかなり昔の天文少年の記憶は、最新の科学の進歩の前にははかなく打ち砕かれてしまったのである。

 試しに海王星をネットで検索してみるとWikipediaでは衛星が16個あるとなってる。どっひゃ〜そんなにたくさんあったのか。近年、望遠鏡と観測技術の発達で太陽系のことがかなり詳しくわかってきているのである。この惑星の定義に関して、国際天文学連合が惑星を3個増やして12個にするという話題が報道されたときにオレはぶったまげたのである。増やされる3個は小惑星セレス、冥王星の衛星のカロン、冥王星より大きい2003UB313であり、この3つを新たに含めるという案である。

 しかし、このむちゃくちゃな案に対して、オレは何らかの作為を感じていたのである。冥王星はずしの露骨な陰謀だ。冥王星というのは唯一アメリカ人の発見した惑星とされる。そのアメリカの誇りを打ち砕くのが今回の決定の目的なのだ。この惑星3増案のコンセプトは「冥王星が仮に惑星なのだとしたら、冥王星と似た立場にあるものも全部惑星にするべきである」という考え方である。直径が1000キロ程度の小惑星セレスとカロンを含めることと、冥王星よりもでかい2003UB313を惑星に昇格させるべきだということである。これを否定させれば、「じゃあ冥王星だって、惑星の定義から除外される星と同じような立場じゃないか!」ということになってしまうのである。

 この惑星3増案を否定することはすなわち、冥王星の惑星資格喪失につながるということである。かくして冥王星は惑星ではなくなったのである。そんなこと、人間の側の勝手な決めつけであり、当の冥王星にとってはどうでもいいことなんだが。

 オレが報道の中で興味を持ったのは、冥王星とその惑星カロンの関係が、二重惑星と呼べるもの、つまり宇宙空間上の一点を重心として互いにその回りを回る関係であったということである。二重惑星と言えばオレたちの世代が真っ先に思い浮かべるのは宇宙戦艦ヤマトの、ガミラスとイスカンダルの関係である。直径2320劼量讐星と1186劼離ロンが、わずか2万劼竜離しか離れていないわけだ。20センチ離れたところに直径1センチのパチンコ玉と2.3センチのビー玉があると思えばいい。地球から見た月よりもかなり大きいことになる。地球と月は38万厠イ譴討り、月の直径は3474劼任△襦5離が14分の1で、大きさが3分の1ということは、月よりもみかけの大きさは4.6倍に見えると言うことになる。かなりでかい月が浮かんでいるということになる。そんな事実も、今回話題になったことではじめて知ったのだ。

 新しい惑星の定義案では、太陽系惑星を

1、自らの重力で球状となる
2、太陽を周回する
3、軌道周辺で、圧倒的に支配的な天体


と規定する。軌道周辺に同規模の天体があり冥王星はこの条件の3つ目を満たせないので、惑星の定義から落っこちたのである。冥王星、2003UB313、小惑星セレスは、惑星とは異なる「矮惑星」という名称が今回与えられることとなる。

 そもそもの間違いは、冥王星が最初に発見されたときに、その小ささや公転軌道の異常さを問題にして小惑星の仲間にしておけばよかったものを、うっかり惑星にしてしまったことにあったわけである。最初が間違っていたわけである。しかし冥王星の立場から見ればそんなことどうでもいいのである。探査機が地球から送られて、それが冥王星にぶつけられるなんてことになれば、「変なものぶつけやがって」とどこかでプルートーちゃんは怒ってるかも知れないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←冥王星の名前は教科書には残して欲しいと思う方は投票をよろしくお願いします。

2006年08月24日(木) 我が家はネズミーランド        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 ハドソンから発売されてるゲーム「桃太郎電鉄」には東京ネズミーランドというテーマパークが登場する。ミッキーマウスをもじって「ネズミの国」にしたわけである。確かにアニメやぬいぐるみのネズミはかわいいが、実物のネズミは困った存在である。我が家ではこの夏、ネズミ騒動が巻き起こったのである。

 最初の異変はお菓子の袋がかじられることだった。ビスケットやおかきの袋に、謎の穴が開いてるのである。最初はその穴の意味がわからずにオレはそのビスケットを喰っていた。「なんでこんなところ破れてるんやろなあ」と。息子がイタズラをして引き裂いた程度に考えていたのである。次の異変は妻が発見した。キッチンストッカーの中にあった食品が荒らされていたのである。パン粉の袋が無惨に破れてパン粉が散乱し、そこら中にネズミの糞が落ちていた。ネズミがキッチンストッカーに侵入し、そこら中を暴れ回ったことは明白だった。そこでオレは、お菓子の袋を破った犯人、いや犯鼠の存在に気がついたのである。なんということだ。オレは鼠がその袋の中をはいずり回ったかもしれないビスケットを喰ってしまったのである。

 そういえばこの夏、我が家にはいつも発生するゴキブリがいなかった。一匹もゴキブリを殺すことがなかったのである。本来棲息してる生き物が存在しないことに関して、何らかの理由を考える必要があったのだ。ネズミはゴキブリを喰う。我が家は食物連鎖によってゴキブリの発生が抑えられていたのである。

 ネズミ駆除のためにオレはゴキブリホイホイならぬネズミホイホイを買ってきた。それを何カ所かに仕掛けて一晩経つとたちまち一匹の体長4センチほどの子ネズミが粘着シートにくっついていた。チューチューと悲しそうに鳴いている。とりあえずチュー助と名付けたが、雄か雌かはわからない。

 妻はそのネズミの命を救うことを提案した。なんと心優しい発言だろうか。「濡らしたら粘着シートからはずせるのと違う?どこかに逃がしてあげたら?」母は冷たく言った。「水に漬けたら一発や」そういえば昔、今の家に引っ越す前に住んでいた長屋にもネズミが居て、ときどき天井裏をドタドタと走り回って運動会をしていたことを思い出す。仕掛けておいたネズミ捕りに大きくて立派なネズミが捕まると、母はいつもそのネズミ捕りごとたらいに沈めてネズミを水死させていた。

 もしも外に逃がしてあげたらそのネズミは他の家に迷惑をかけるだけのことである。それに、この粘着シートはやたら強力なのである。次男が触って指につけたままあちこちに触れたために、それをシンナーで拭き取るのにオレはてんやわんやしたのである。とにかく強力なネバネバなのである。そこからはがせるわけがないのである。ネズミの毛ももうネバネバでねちょねちょぐちょぐちょなのである

 処遇が決まらずに数時間経過して、ふとネズミホイホイを見ると、もう一匹捕まっていたのである。なんということだ。ネズミは一匹ではなかったのである。ということは、一匹捕まってるということが誘因効果をもたらしたのだとも言える。チューチュー哀れに鳴いてるので、それでもう一匹が引き寄せられたのだろう。とりあえず二匹目の犠牲鼠はチュー太と名付けた。日曜日に買ってきたネズミホイホイは翌月曜日には早くも二匹の成果を上げたのだ。「子ネズミがいるということは母ネズミもきっといる。オレはもっとでかいのを見た!」と父は言った。ということは、その母ネズミが産んだ子がこの二匹なんだろうか。果たして二匹だけなんだろうか。

 火曜日、その疑問の答えが出た。その日の午前中にさらに二匹がネズミホイホイに掛かっていたのである。あまりのことにもう名前をつける気も失せた。我が家にはネズミが四匹も棲息していたのか。オレはそんなネズミ御殿に住んでることが悲しくなった。しかし、四匹とも子ネズミである。絶対にこいつらの親が存在する。その親ネズミをなんとか捕獲しないと、そいつらが子を産めば無限にネズミの被害は続くことになる。いったいネズミの巣はどこにあるのだろうか。オレは床下に親ネズミがいることを確信した。とりあえず毒エサなどを配置して様子を見るしかない。

 捕まったネズミたちはチューチューと悲しげに鳴く。それは仲間に助けを求めるのか、あるいは仲間に「こんな危険な場所に近づくな」と警告を発するのか。前者ならばそれを利用して捕まえればいいわけだが、後者なら却って捕まりにくいことになる。残念ながらオレはネズミ語がわからないので判断しがたい。とりあえず仲間が救援に来れば一網打尽だとばかりにオレはそのままの状態で放置することにした。かくして、ネズミホイホイには四匹が哀れな状態でくっついているのである。

 これを動物虐待だと抗議する人もいるかも知れない。もしもオレがそのネズミをバケツに突っ込んで水死させれば、「なんておまえは残酷な人間なんだ!」と抗議のメールが届くのかも知れない。じゃあこのネズミホイホイはどうすればいいのか。そのままパタンと閉じてゴミに出せばいいのか。

 昔、オレはゴキブリを追いつめてハエ叩きを構えていたときに、なぜか冷蔵庫の後ろからゴキブリではなくネズミが飛び出してきて、びっくりしてそのハエ叩きでネズミを痛打して死に至らしめたことがある。そんな残虐な行為をしたオレを、「鼠殺し!」と罵倒する人もあるかも知れない。その時妻は「なんてかわいそうなことをするの!」とオレを責めた。条件反射で仕方なかったんだ。それはオレにとって不幸な事故だったんだ。ハエ叩きを構えた人間にとって、目の前にある動くモノを叩くのは当然の行動だ。それがたまたまゴキブリではなくてネズミだっただけのことだ。

 それでもオレのした行為はやはり残虐なのだろうか。子猫を虐殺する作家、坂東眞砂子氏の行為と同じくらいに残虐な行為なのだろうか。ネコなら残虐でネズミならそうではないというのはそれはネズミ差別ではないのか。そんなくだらないことをオレはあれこれ悩みながらネズミホイホイに捕まった四匹のネズミを見ていたのである。たぶんオレが仕事に出てる間に、この四匹はネズミホイホイごと母が始末するのだろう。哀れなネズミたちよ、今度生まれ変わってくるときは人間の家じゃなくて野山の自然の中で暮らせよ。チュー助、チュー太、救ってやれなくてごめんよ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←最後までお読みくださってありがとうございました。投票をよろしくお願いします。

2006年08月23日(水) みずほ証券、407億円はあきらめろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去に空売りを話題にした日記一覧

 2005年12月8日、みずほ証券のある社員は東証マザーズ市場に新規上場した人材派遣会社ジェイコム株の「61万円で1株」を売る注文を間違えて「61万株を1円」と端末に入力し、発行済み株式数の42倍の発注をした。これがおかしいと気がついた東証はすぐにみずほ証券に連絡し、誤りに気がついたみずほ証券側は、約1分後から取り消し注文を4回出したがシステムの不具合で取り消せず、やむを得ず相殺のための買い注文を出したが、約14万株は買い戻せなかったのである。これが東証を大混乱させた昨年12月のあのジェイコム事件である。

 誤発注ということは実際に取引をしていてよく起こることである。オレも実際に「売り」注文を入れたつもりが実は「買い」を入れてしまったということや、「2000株買う」つもりだったのにうっかり「20000株買う」注文を入れてしまってるということが過去にあったのである。注文前に画面でいちおう確認できるようになってるが、そこで「実行」というところをクリックすればもうキャンセルは不可能だ。株式の取引というのはそんなものである。買った5分後に暴落していて、「いまの取り消し!」というわけにもいかないのである。映画「時をかける少女」のヒロインが使う「タイムリープ」という能力があれば、オレは数日でビルゲイツくらいの富を築くことが可能だろう。

 オレのような個人投資家なら操作ミスは自己責任だが、もちろん証券会社も同じルールが適用されるべきだとオレは思っている。その発注ミスのみずほ証券が、なんと407億円の損害のうちの404億円は注文を取り消せなかった東証のシステムの不具合のせいだと主張して、東証に損害賠償を請求していたのである。なんとふざけた会社だ。そんな証券会社はいますぐ免許を取り消してしまえ。

 みずほ証券は9月15日までに賠償に応じなかったら訴訟に踏みきると通告している。「あほか!」とオレは言いたいのである。みずほ証券の損害額は本当ならそんなものでは済まなかったのだ。たった407億円で済んだということがどれほど幸運なことだったかわからないのか。空売りして買い戻せなかったら破産するか樹海行きになるしかないという個人投資家の悲劇をおまえら株屋はわかってないのかとオレは憤るのである。

 東証の内部規定では、東証を利用した業務で参加者が損害を受けた場合、「故意または重大な過失がなければ東証に賠償の責任はない」となっている。当たり前である。株で損をしてもそれは参加者の自己責任である。そんなことを東証は何も賠償する必要はないのだ。

 オレが昨年12月9日の日記(←クリックすると読めます)で書いたのは、もしかしたらみずほ証券の損害額は1兆8300億円に膨らんだかも知れないと言うことである。持っていない株を売ってしまったということはみずほ証券の行った行為は空売りだ。空売りをした株が値上がりした場合、損失は青天井だ。だから空売りは怖いのである。「株を買う者は財産を失うが、株を空売りする者は命を失う」という相場の格言がある。みずほ証券も空売りした以上、その運命を甘受するのが証券市場のルールだったはずである。

 ところが、ジェイコム株は異例の91万2000円での現金決済というルール破りの方法で決着がつき、もしかしたら300万にも400万にも値上がりしたかも知れないのに、たった91万2000円でみずほ証券は買い戻せることになったのだ。東証がそうして特別なお計らいでみずほ証券を救ってあげたのに、損失の責任は東証にあるとは何事だ。ふざけるのもいいかげんにしろ。最初にミスをしたのはおまえのところの馬鹿社員だろう。1円で61万株なんてありえない発注をした馬鹿がそもそもの原因だろう。その社員に404億円払わせるのならまだわかるが、東証に賠償させるのはあまりにもお門違いである。

 みずほ証券のこのふざけた訴えを認めるということは、一度出した注文は約定すればもう取り返しがつかないという株取引の大原則をくつがえす大問題であり、オレは断じて認めることができない。証券会社も個人投資家も同じルールで戦ってこそフェアな株取引ができるのである。みずほ証券よ、そんな卑怯な主張するおまえらに証券業務をする資格はない。今すぐ退場しやがれ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←証券会社だけが有利なルールには断じて反対するという方はぜひ投票をお願いします。

2006年08月22日(火) いい女は舞妓さんを目指せ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去に「芸者」をテーマにして書いた日記です。←クリックすると開きます。食べ物を話題にした食いしん坊BBSもよろしく。

 一昔前、舞妓さんのなり手がなかなか見つからなかった頃、京都を代表する伝統ある文化が滅亡するのではないかとオレは大いに心配したモノである。しかし、IT化の波はこの伝統文化の世界にまで及んできているのだ。現役の舞妓さんが綴るブログが人気になったりして多くの女子高生が「舞妓さん」という職業に興味を持つようになったのである。そして今、舞妓さんの募集さえもWEBサイトから応募するという形式を取るようになったのだ。血縁、地縁で集めていた時代とは大きく変わったのである。

 舞妓さんを描いた映画としてオレは以前に深作欣二監督の「おもちゃ」という作品を観たことがあり、内容は昭和33年という設定になっていたのだが、それから半世紀を経てすっかり舞妓さんの世界も変わったのである。HPで募集するということは日本中から希望者がやってくるということであり、その結果今年3月末時点で現役の舞妓さんの人数は75人、過去10年間で最多となったのである。京都花街組合連合会によると、かつて200人以上いたともいう舞妓さんは減少を続け20043月末には58人にまで減少した。しかしその頃からHPなどで募集する店が出始め、逆に新たなブームを巻き起こすようになったのである。

 オレはこの動きを歓迎する。日本の伝統文化や女性の美しさを世界にアピールできる舞妓さんのなり手が増えるということは、文化の継承という意味で大きな意味がある。政府もくだらないことに補助金を使うのではなくてこんなことにもっと援助してもらいたいのである。中国ではチャン・ツイイーが映画「SAYURI」「SAYURI」に出たときに「芸者の役を演じるとは中国人の誇りを汚す行為だ」と誤解から反対運動が広がり上映禁止の動きまであったという。このような誤解をされるのも、日本文化が正しく理解されていないからである。(もっともあちらさんは何にでもケチをつけたいだけかも知れないが)。

 ネットで「舞妓」「ブログ」で検索をかけると上京区・上七軒のお茶屋「市」のサイトにたどりつく。ここには18歳の市まめさんという舞妓さんが、けいこや年中行事などを綴った写真入りのブログがある。そこで舞妓さんの募集をしたところ、なんと50人から応募があったのである。中にはおそらく昨日までガングロギャルだった女もいるかも知れない。しかし、オレはまだ物足りないと思っている。どうせなら外国からも舞妓さんに応募して欲しいのである。白人や黒人の舞妓さんというのもいいじゃないか。いったいどんな舞妓さんになるのか楽しみなのである。

 今の時代、職業に夢を持てない若者が増えている。何をやったらいいかわからないという状況からニートになったり、引きこもってゲーム三昧になったりするのである。彼らにもっと日本の伝統的な職業を紹介することはできないのだろうか。例えば鷹匠、炭焼き、刀鍛冶などである。IT化はどんな場所からも情報にアクセス可能になるということだ。だからなんの地縁も血縁もない北海道の礼文島に住む少女が舞妓さんに志願したりできるのである。日本の全人口を考えればその中に鷹匠や炭焼き、刀鍛冶といった職業をやりたい若者もきっといるはずである。彼らはどんな職業がこの世に存在するかということに関する知識がなさすぎるのだ。

 そして今の時代は親の意識も変化した。昔は娘が舞妓さんになると言うと、それを一種の身売りととらえて「そんなところに娘は出せない」と親が反対するのが普通だったわけだが、今は「好きなこと、やりたいことをやれ」と後押しする親が増えたのである。少しでも偏差値の高い大学に入って、一流企業を目指してというステレオタイプの価値観が揺らいでることもまた事実なのだ。終身雇用制の崩壊と、転職の増加は新たな職業観を生み出しているのである。もしもオレの息子が、「性転換して舞妓さんを目指す」と言い出したら、それもOKだ。いや、もしかしたら今後本当にニューハーフ舞妓さんは登場するかも知れないぜ。

※舞妓さんを疑似体験したい人には京都舞妓物語というゲームもあります。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←京都の街には舞妓さんが似合うと思う方はぜひ投票をお願いします。

2006年08月21日(月) オレの日記を勝手に規制するな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 大変である。このままではオレの日記の貴重な読者が激減してしまうのである。なんとしても阻止しないといけないのである。オレは新聞で「仕事と無関係のサイト遮断ソフト、企業に浸透 漏洩対策」という見出しを見て愕然とした。企業が社員の勝手なネットサーフィンを妨害するために遮断ソフトを導入するのである。こんなソフトが導入されれば、職場のパソコンで勝手に出会い系サイトにアクセスしたり野球の結果を確かめたりするのも不可能になるのだ。

 それだけではない。オレの暴言日記が仕事に関係するはずがないのである。遮断されて読めなくなるのは間違いない。このままでは読者数は激減してしまうのである。これはオレのような悪徳サイト管理者にとっては死活問題である。オレの日記は土日に比べて平日のアクセス数がはるかに多い。また月曜日が多くて週末に向かって徐々に減少していく傾向にある。これは会社で平日に読んでる人が多いことを意味する。月曜の朝8時台にアクセスする人がかなり多いのは、就業前に読むと思われる。また昼休みにあたる時間のアクセス数が多いのも特徴だ。ちゃんと就業前や昼休みに読んでいるのであって、仕事中にオレの日記を読んでるわけではないのである。そんなものまで規制するのはやりすぎだ。どうせなら執務時間中以外は規制がはずれるような、そんな頭のいいソフトを導入してくれ。

 会社のパソコンで宴会のための店を検索したりライバル企業の悪い評判を2ちゃんねるでチェックしたりすることは仕事のうちに入るぜ。そんなものまで一律に規制対象にすれば社員の士気が下がるだろう。
 
 このフィルタリングソフト、閲覧するという受け身の側だけではなく情報漏洩に関する対策も強化されているという。企業内の個人情報が流出しないようにセキュリティが強化されているということだ。こうしてウェブアクセスを制限している企業の割合は80%近くになるという。見てはいけないサイトにアクセスしようとすると、「このウェブサイトは管理者によって規制されています」という表示が出て、目的のサイトが見られなくなるという。トヨタ自動車では今春からアダルトサイトなどの「有害情報」が閲覧できなくなっていて、買い物や趣味のサイトを見ようとすれば「このページは利用制限されています」という警告が画面に表示されるそうだ。

 フィルタリングソフトの国内大手、アルプスシステムインテグレーション(ALSI)によると、企業で閲覧されているウェブサイトのうちほぼ4分の1が私的利用だという。ただ、企業に比べて学校や官公庁はまだ導入がああまり進んでいない。お役所でヒマな職員が一日中アダルトサイトばかり見てるようなのは絶対に規制して欲しいぜ。そんなヤツのためにはアダルトサイトにアクセスした瞬間に大きな音で「この、スケベ野郎!」と罵倒する機能のついたソフトを導入してやれ。どうしてもエロを見たかったら自分の家で見ろ。

 しかし、こうやって社員のコンピュータの中味がどんどん監視されるようになると、私信メールが傍受されていて社員同士の不倫メールが上司にバレたり、上司の悪口を書いた社員が左遷されたり派閥争いの陰謀が暴露されたりしてそれもなんだかやりにくいのである。履歴が全部調べられるというのもまるで思想調査みたいでイヤなのである。最近は勤務時間中にミクシをやってる人も多いという。それも同様にチェックされてしまうのである。

 企業が規制を導入することによってオレのサイトの閲覧者数が減ると、オレの執筆意欲が減退するだけではない。オレのサイトからの収入そのものも減ってしまうのである。実はオレの日記には数々の広告バナーや広告のテキストリンクが貼られているのだが、そこから得られる収入はおおむね日記のアクセス数に比例する。クリック率はせいぜい0.01%くらいだが、それでも毎週たこ焼きやお好み焼きといった好物を喰うくらいの小遣いにはなる。アフィリエイト研究室マウスヲタクといった物販サイトも併設している。読者の中にはありがたいことにそこでお買物をしてくださる方もいらっしゃるのである。それが例えば半減するということになればオレはかなりこたえるのである。オレの小遣いに影響するようなこんな規制は断じて許せないのである。

 規制を逃れようとすればオレは暴言を封印してまじめな文芸評論や心温まる感動のテキストを書くことになる。そんなことをするとたちまち今の読者にも見放されてこの日記は閑古鳥が鳴くようになってしまう。せっかく毎日休まず続けて読者を拡大してきたのに、そんなことになれば悲しすぎるのである。ここは声を大にしてサイト遮断ソフトの導入に反対し、勤務時間中にある程度自由にネットサーフィンできる待遇を守るべきだ。オレはそれを強く主張する。どうしても遮断ソフトを入れるのなら、社長が見ているWEBサイトが社員全員にわかるように受付前にでも出るようにしてやれ。企業のトップが2ちゃんねるとかを読んでいれば大笑いだぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←この暴言日記を規制対象にしないでほしいと願う方はぜひ投票をお願いします。

2006年08月20日(日) 看守と囚人の癒着を防ぐ方法教えます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 刑務所の看守や拘置所の刑務官にとって、収容されてる犯罪者が例えば暴力団の組長だった場合、どのように接すればいいのだろうか。次のようなニュースを読んだ。

<刑務官収賄容疑で逮捕へ 組長と癒着常態化 大阪府警 乗用車や旅行代金>
 大阪拘置所(大阪市都島区)の刑務官(37)が2年前に恐喝未遂事件で拘置中だった山口組系組長(66)に拘置所内での処遇で便宜を図り、見返りに乗用車や旅行代金を受け取っていた疑いが強まり、大阪府警捜査2課は19日、収賄容疑でこの刑務官の取り調べを始めた。組長や組幹部らからも贈賄容疑で事情聴取を開始。容疑が固まり次第、逮捕する方針。この刑務官については、拘置所内で組長ら暴力団関係者との癒着が恒常化していたといい、府警は刑務官や組関係者を追及し、癒着の全容解明を目指す。
 調べや関係者の話によると、刑務官は平成16年7月、大阪拘置所に起訴拘置中だった組長に、外部との連絡など、禁止されていた行為を見逃すといった便宜を図り、その謝礼として、組長の知人名義の国産乗用車を譲り受けたり、東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)などへの家族旅行の旅費を肩代わりしてもらうなどの賄賂(わいろ)を受け取った疑いが持たれている。組長は山口組で「直参」と呼ばれる2次団体の組長。16年6月、自身が治療を受けた歯科医に「まだ歯が痛い、絶対許さんぞ」「今までの治療費を返せ」などと脅した恐喝未遂容疑で逮捕、起訴され、翌7月上旬から保釈されるまでの約1カ月間、同拘置所で拘置された。組長は接見が禁止され、拘置所から手紙を送付することも禁じられていたが、刑務官は組長の依頼で、不正に手紙を送信する通称「ハト行為」などを行い、外部との連絡に便宜を図ったとみられるという。保釈から約2カ月後の同年10月に、組長の知人女性が所有していた国産乗用車が刑務官の名義に変更され、刑務官は通勤などに使用していた。さらに組長は関係者に対し、「刑務官に世話になったので、旅行代金として100万円を渡した」と話していたという。


 囚人が私物を刑務所内に持ち込めるという話はこれまでに何度か聞いたことがある。携帯電話を持ち込んで使っていたとか、いったいどうやってそんなことが・・・と疑問にも思ったわけだが、こういうふうに報道されるとすべて謎が解ける。囚人も未決囚も、ヤクザの組長ともなればそれなりの待遇が与えられ、便宜を図った刑務官にはそれなりの謝礼が与えられるのである。

事件が発覚した8月19日早朝、この37歳刑務官の自宅近くでは、任意同行を求めるために捜査員が張り込んでいたが、刑務官は組長からもらった高級乗用車で逃亡、追跡を受けたが約2キロ離れた宝塚市内で中央分離帯に乗り上げて停まったところを逮捕されたのである。いったい何から逃亡しようとしたのだろうか。自分の犯した罪から逃げたかったのか、それともこの世間からそのままおさらばしたかったのか。

 刑務所の中がどのような世界なのか、オレのようなまっとうな人間にとっては知り得ないことである。安部譲二の作品などから想像するしかない。名古屋刑務所で受刑者に対するリンチが常態化していて死者まで出したという事件があったが、そうして看守が絶対的な権力を受刑者に対して振りかざす一方で、すぐに出所できる受刑者がヤクザの組長のようにゼニや影響力を持つ存在の場合、看守や刑務官の立場は微妙なものとなる。つまり、相手の要求に従わなかったら後で何があるかわからないが、要求に応えてやれば甘い汁を吸うことができるということである。

 そこでオレが不思議に思うのは、収容されている囚人に対する個人情報がそうやってみんなバレていて、「このお方は恐れ多くも組長様にあらせられるぞ、くれぐれも粗相があってはならぬ・・・」というふうに看守が配慮する可能性があるということなのだ。問題を起こした刑務官や看守は懲戒処分を受けているわけだが、ではそこできっぱりと拒絶できるだけの勇気が持てるだろうか。相手は組長さまなのである。今は看守と囚人の関係でも、外に出れば何の力もない市民と強大な力をバックにしたヤクザの関係に変わるのだ。塀の内と外で力関係がこんなふうに劇的に変化するのに、どうして看守にモラルを求めることが可能なのか。

 もしも規律を徹底させて癒着をなくそうと思ったら、囚人も看守も世間での顔と名前を捨てさせて、つまり塀の外に出ても全く分からないようにするしかないのだ。囚人はすべて番号による管理を徹底し、看守は顔がわからないように全員仮面やマスクをかぶらせる。こうすれば囚人が塀の外で看守に出会っても絶対にわからないのである。いくら看守が囚人を虐待しても、その相手が誰だかわからなければ復讐のやりようがないのである。あるいは看守と囚人が全く接触しないで済むように施設を改造するという方法もある。ちゃんと監視カメラを付けていればいちいち人間が巡回する必要もないからだ。癒着が起きるのは現行のシステムでは絶対に防げない。だったらそんなことが不可能なように仕組みを変えればいいのだ。簡単なことじゃないか。いっそ看守をロボットにしてしまえ。だったらもう心配はないぞ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←ロボット看守は面白い!と思った方はクリックをお願いします。

2006年08月19日(土) 能古島の片想い〜井上陽水        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 九州に関連した日記をこれだけ過去に書いています。

 井上陽水の初期のアルバム「陽水II センチメンタル」に、「能古島の片想い」という曲が収録されている。これはオレがかなり気に入ってる曲で、カラオケで得意にしてる曲でもある。ユーカラで100点を出したこともある。

 つきせぬ波のざわめく声に 今夜は眠れそうにない
 浜辺におりて裸足になれば 届かぬ波のもどかしさ
 僕の声が君に届いたら 素敵なのに


 歌詞はオッサンのオレに似合わない「きゃはっ」と恥ずかしくなってしまうような内容なんだが、こいつを歌うときの気持ちは完全に二十歳前の頃の自分にタイムスリップしているのだった。

 この能古島(のこのしま)というのは博多湾に実在する島である。博多湾にはもう一つ志賀島(しかのしま)という海の中道でつながった島があって、こちらは漢倭奴国王の金印が発見された島として日本史の教科書にも出てくるし、九州旅行の時に立ち寄ったこともあるが、能古島には船で渡らないといけないので一度も行ったことがなかった。

 確か「火宅の人」で有名な無頼派の作家、檀一雄が一時この島で暮らしていたことがあったという。オレが興味があるのはどちらかというとそのお嬢さんの檀ふみの方だがそんなことはここではどうでもいい。

 その能古島ではなんと「能古島サイダー」という名物が売られているらしい。そういう話を聞くと、ついついオレは興味を持ってしまうのである。いったいどんな味なんだろうかと。7月末の発売開始からもう約2400本を売り上げる超人気商品で、島を訪れる海水浴客は必ず一度は飲むそうである。この能古島サイダーを企画したのは島内の喫茶店「ノコニコ・カフェ」で、一年掛けて完成にこぎつけたという。サイダーやラムネというレトロな飲み物が大好きなオレはものすごくこのニュースが気になったのである。上質のグラニュー糖を使っていて強めの炭酸が特徴だという。瓶にはレトロなラベルが貼られのんびりとした島の様子を表現しているらしい。330ミリリットル入りで1本210円と手頃な価格である。

 能古島では他にも島でしか買えないお土産品がある。その一つが最初に紹介した井上陽水の歌「能古島の片想い」のシングルCDである。能古島の「のこのしまアイランドパーク」でしか売っていない地域限定発売のシングルで、3インチシングルを収めたロングケースには、西島伊三雄の描いた能古島と島へ向かう船のイラストが描かれているという。しかし、1990年の発売ということで今でもこの商品があるかどうかはわからない。

 オレは夏に九州を旅行したことはこれまでの人生で一度しかない。九州に行ったのはいつも冬か春だった。20代の後半に経験したたった一度の夏の九州旅行の時、なんでオレはこんな暑いところに暑い季節に来たのかと後悔した。鹿児島の天文館にある喫茶店で食べた「白熊」というかき氷がおいしかったことくらいしかいい思い出はない。もっとも小学生の頃は、お盆の頃になると帰省して母の郷里である薩摩半島の南端、坊津で過ごしていたのだが、海で泳いでばかりいて暑くて大変だったという記憶は余りない。

 でも、能古島で能古島サイダーをぷはーっと一気飲みするにはやっぱりに行かなければならない。少なくともこれで能古島に行く理由はちゃんとできたのである。そして久しぶりにカラオケで「能古島の片想い」を力一杯歌いたくなった。忙しくて長いことカラオケにも行ってないことに気がついたからである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←能古島サイダーを飲んでみたいと思った方はクリックをお願いします。

2006年08月18日(金) マンションは本当に売れてるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去に超高層マンションを話題にした日記の一覧です。(←クリックすると開きます)

 日銀がゼロ金利政策を打ち切ったために今後の金利上昇が予測される。「金利が安いうちに・・・」という心理でマンションがバカスカ売れているという。それは本当なのか。もう十分に欲しい人は買ったはずで、そろそろ物件がだぶついてきていてもよさそうなものである。これから少子化で人口は減っていくわけで、いずれ住宅は余ってくるのである。どうして今駆け込みで売りまくるのか、そして買うのか、オレはどうも納得がいかないのである。

 オレが毎日のようにその近くを通過する近鉄上本町駅の南側、徒歩4分の所に以前は住友銀行があった。その跡地は長く放置されていたが、ウェリス上本町ローレルタワーという名の超高層マンションが建つことをオレは新聞広告で知った。そして工事が始まったのを横目で見ていたのである。しかし、オレはそこに「完売御礼」という垂れ幕が出ているのを見て仰天した。まだマンションなんて影も形もないじゃないか。それがなぜ完売なんだ。いきなりだろ?みんな買ってる所はまだ空中じゃないか。あまりにも早すぎるぜ。入居予定時期は平成20年3月とあるからまだ完成まで1年7ヶ月も先である。オレにはそんな先のことなど想像も付かないのである。

 これから先人口が減少すれば住宅はどんどん余ってくる。いや、すでにかなり余ってるのだ。大阪市内の賃貸住宅の空き家率は年々上昇している。今はまだ高止まりしてる家賃レベルもいずれ大家が耐えきれなくなれば一気に値崩れするだろう。そこに人口減が直撃するわけだ。しかも巨大高層マンションが次々に誕生することでより新しくきれいな所に人々は集中する。そうなると人が住まない賃貸住宅や古いマンションはどんどんスラム化して衰退することとなる。

 父の実家のある和泉の山奥に行くと、広大な日本庭園や蔵のある大きなお屋敷がたくさん残っているのに、そこには人がほとんど住んでいないのである。広い家に老人の一人暮らしというパターンもあるのだ。ものすごくもったいないのである。オレがもらってやりたいくらいだ。

 日本の人口は今後確実に減っていく。ところが都心に快適で巨大なマンションが次々と完成してそこに人間が集中すれば、住環境として劣るようなところには貧しい人間しかいないことになり、地域的な貧富の差は拡大する。現に東京都ではどの区に住むかによって小学校などの教育環境に明瞭な差が生まれてるという。貧民の多い地区はそのまま学力レベルも低く、住民モラルも低いということになるのだ。そんな旧来の劣悪な住環境を放置したまま、そして多くの低収入者や生活保護受給者というそれらの地域しか受け皿のない人たちの存在を容認しつつ、一方で富と文明の象徴のような超高層マンションが都心に林立するのである。そこに軋轢が生まれないわけがないのである。

 しかもそのマンションは高いものからどんどん売れていくのである。またバブルが復活したのかという勢いである。オレは基本的に国の政策を信頼していない。おそらくゼロ金利の解除も利上げも、そうやって土地価格を上昇させてマンションを売りたいという業界の思惑に政治家や日銀が乗っかっただけであり、なんとか高く売れるうちに押しつけてやろうという株で言うところの「ハメこみ相場」のような気がしてならないのだ。

 「今のうちに買わないと値上がりするから」というのは買わせるための方便であり、将来余って二束三文になるものを高値で売れる今のうちにせっせと借金で買わせ、マンション業界も住宅ローンを契約する銀行業界もお互いにこの機に乗じて一儲けをたくらんでるような気がしてならないのである。オレはそこでどうもうがった見方をしてしまうのである。もっともそういうオレも株で一儲けしたらタワーマンションの最上階に自分のオフィス「江草投資研究所」を構えたいと願う一人の欲の深いオッサンなんだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←利上げはマンションを売るための陰謀だと思う方はクリックをお願いします。

2006年08月17日(木) こらロスケ、そこは日本の海だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 暴言コラムという性格上、「ロスケ」というきわめて差別的な言辞を故意に用いることをお許しください。

過去にロスケという語句を用いた日記の一覧


 8月15日に戦争が終わった後の20日あまりのうちにどさくさにまぎれて千島、樺太を占領し、それに飽きたらずに日本固有の領土である国後島、択捉島、歯舞諸島、色丹島に居座って出て行かないあの連中が、そこに近づいた日本漁船に対して発砲し、乗組員を殺害するというひどい事件が起きた。「密漁を取り締まった」とロスケどもはほざいてるが、そのまえにおまえらが不法占拠者なのである。何を自分勝手なことをほざいてるのだ馬鹿野郎。自分の国の壊れた原子力潜水艦も処理できずに他の国に援助してもらってる情けない国のくせにデカイ口を叩くんじゃねえ。
 この件に関するロスケの側の言い訳はこうだ。

 同保安庁中央広報センター(モスクワ)のシバエフ副部長は16日、毎日新聞に対し「漁船は7月20日からロシア領海内で密漁を繰り返していた。今回は国境警備隊の巡視船が待ち構えていた」と語った。また、副部長は吉進丸を発見した状況について「拿捕船は標識を掲げず、灯火を消していた。国境警備隊はロシア語、英語、日本語で停止を求めたが返答はなく、(吉進丸が)警備隊の巡視船から出したゴムボートに漁船を体当たりさせようとしてきた」と指摘。警備隊が警告の照明弾を上げるとカニかごなどを海に捨て逃走したため、吉進丸の前方へ向けカラシニコフ銃で警告発砲したという。副部長は「暗闇の中、波に揺られての発砲だったため、(乗組員に)流れ弾が当たった可能性はある」としている。(毎日新聞) - 8月16日21時2分更新

 要するに無灯火でこっそりと操業していたから警告したが、逃亡しようとしたから発砲したという説明である。船に向けて発砲するということは乗員が死んでもいいと思って発砲したのだろう。これは多数の民間人が乗る大韓航空機を撃墜しても平気なロスケらしい行動である。これに対して吉進丸の船長は携帯電話で「ゴムボートが近づいてきて突然撃ってきた」と語っており、両者の発言はかなり食い違うのである。

 現時点でどちらが真実なのは判然としないが、北方領土はいわば竹島みたいなものであり、本来は日本の領土なのに勝手によその国の連中に居座られた状態にあるわけだ。そこに近づいただけで発砲を受けるというのは全く納得がいかないのである。しかし、ロスケから見て日本人が「殺すことになんの抵抗もない虫けらのような存在」に見えているのならばその行動も納得がいく。

 ここで忘れてはならないのは、この「拿捕外交」がロスケにとって莫大なゼニを得る手段であることだ。船を返してもらうために日本側は莫大なゼニを支払ってきたのである。そのゼニは拿捕に関わったロスケどものポケットマネーになっているわけで、ある意味連中は海賊みたいなものである。いや、まだ海賊は自分たちが悪であることを認識してるからマシだ。ロスケどもは自分たちのその行為を正当なものであると思いこんでるからたちが悪い。

 じゃあどうすればいいのか。日本の海上自衛隊は日本漁船の安全な操業を保証するために今回の事件があった海域に出動し、日本漁船が不当な攻撃や拿捕を受けないようにパトロールするべきである。自衛隊は国民の生命財産を守るために存在するのである。今回のような不幸な事件が起きないように十分に監視してもらいたい。

 北朝鮮がテポドンを日本海に打ち込んだとき、ロスケどもは全く気づかずあとで日本やアメリカのニュースでそれを知ったそうである。連中の監視能力なんてその程度で、日本漁船がロシア領海(オレはその場所は領海とは認めたくないが)に入ったかどうかも疑わしいものである。もしも銃撃の場所が公海上か日本の領海内ならば、今回の発砲は日本という国家に対する敵対行為であり、宣戦布告無しに戦争を仕掛けてきたのと同等の不法行為である。そして、こんな悲劇が起きる最大の原因は。いつまで経っても北方領土問題を解決できない政治家の無能さゆえである。早く取り戻してくれ〜


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←今回の漁船員殺害に対して怒りを感じる方はぜひクリックをお願いします。

2006年08月16日(水) 戦争論〜 なぜ殺人が合法なのか        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 以前に書いた戦争論はここにあります。「8月6日(原爆投下の日)に思うこと」

 この世でもっとも大きな罪は、他者の生命を奪うことである。殺人を罪としない法体系を持つ国は世界のどこにも存在しない。しかし、たった一つ殺人が罰せられないケースが存在し、それが戦争に於ける殺人である。敵の兵士を一人でも多く殺すことが戦争の目的であり、そこでは殺人というのは称賛される行為とされる。多くの敵兵を殺した兵士は英雄として勲章をもらったりするのだ。オレが反戦思想を持つ最大の理由は、「殺人が合法である世界などまともじゃない」に尽きる。

 ただ、殺してもよいのはあくまで敵の兵士、つまり戦闘員だけであり、非戦闘員を殺害することは戦争犯罪とされるはずである。ところが第二次大戦以降の戦争に於いては、一般市民の居住する都市への爆撃が戦闘行為の中に含まれるようになってしまい、その行為自体は非難はされても戦争犯罪として訴追をうけることはなくなった。イラク戦争でもユーゴ内戦でも、爆撃によって多くの一般市民の犠牲者が出たが、その爆撃を行った兵士が市民の犠牲に対して責任を追及されることはなかった。

 なぜ一般市民を無差別に殺してもいいのか。太平洋戦争の時に日本を空襲して多くの市民を虐殺した米軍兵士の行為を戦争に於ける「普通の行為」と認定して戦争犯罪として裁かなかった以上、それ以降の同様の行為はすべて戦争犯罪ではなくなったのである。オレはそのように解釈している。戦勝国側の手による市民の虐殺は合法なのだ。それが罪になるのは戦争に負けてからのことである。戦勝国側にいればどんな残虐行為をしていてもOKなのである。

 ここで最初の定義に戻るが、なぜ戦争に於ける殺人は合法なのか。その理由付けの一つとしてオレは「双方とも武装してること」を考えたい。相手も武器を持ってる以上、殺さなければ自分が殺される。だから相手を殺すのだと考えればひとつの説明になるような気がする。一種の正当防衛なのだ。戦争というのは双方が殺し合うフィールドであり、そこで敵の兵士を殺すということは自分にとっての生存条件という考え方だ。

 もしも自分の生命が100%安全だったら、無理に相手を殺す必要もない。そういう観点に立てば、戦闘能力を失った敵兵や、最初から戦闘能力を持たない市民を殺すことはルール違反であり、戦闘能力を持ってるかどうかわからない民間人(いわゆるゲリラ兵士)を殺すのは自己の身を守るための行為ということになる。

 南京事件とユダヤ人に対する民族虐殺を同列に論じようとしたのは、ナチスの犯した罪を薄めようとしたドイツ人ジャーナリストたちだったという説を聞いたことがあるが、兵士が軍服を脱ぎ捨てて市民に紛れ込んだために起きた南京城内での悲劇は戦闘継続時に於けるできごとであり、ユダヤ人を一方的に根絶やしにしようとしたナチスドイツの犯罪とは全く性格を異にする。ユダヤ人虐殺に比肩しうる戦争犯罪は原爆の投下や東京大空襲であって断じて南京事件ではないとオレは主張するのである。いや、ユダヤ人虐殺は戦争犯罪ですらない。一つの政府による特定民族への私刑である。ナチスドイツはあの戦争をしていなかったとしてもユダヤ人虐殺はしていただろう。

 戦争以外の場所で人を殺すのは犯罪だ。太平洋戦争の時、サイパン島やレイテ島、沖縄は戦場だったかも知れないが、広島や長崎、東京は少なくとも戦場ではない。そこにいる無辜の一般市民を殺すことは犯罪である。ところが戦場では逆に殺さないことが恥とされてしまうのだ。

 戦争の初期、昭和17年2月28日のスラバヤ沖海戦において、駆逐艦「雷」の工藤俊作艦長は乗艦が撃沈されて海上を漂流していた422名の英国人兵士を救助した。自分たちの食料を分け与え、負傷した者には手当を行ったのである。これは世界の海戦史上きわめて希な出来事なのである。漂流している敵兵に対して容赦なく機銃掃射を浴びせるのが戦争なのである。しかし、工藤艦長の部下たちはこの行為を必ずしも快く思っていたわけではなく、捕虜たちをそのまま海に突き落としたいと思ってる者さえいたという。杉原千畝氏の行為が長く知られることがなかったように、工藤俊作艦長のこの行為も、「敵兵を救助せよ!―英国兵422名を救助した駆逐艦「雷」工藤艦長」という本で紹介されるまではほとんど知られていなかった。

 なぜ語られなかったのか、それは「敵兵を殺すべきフィールドで殺さなかった変わり者」と思われたせいだとオレは思う。「武士の情け」ということばが日本語にはある。オレはそれこそが日本人が共通して持つ国民性であり価値観であり、一般市民まで皆殺しにする近代の戦争は西洋的であるような気がするのだ。東京裁判の欺瞞性は原爆投下や東京大空襲といった戦争犯罪に対して「戦勝国側の行為ならいかなる残虐行為も罰せられない」という前例を作ったことにあるとオレは思っている。その結果、市民を戦争の巻き添えで殺すことはこれ以後、罪でもなんでもなくなった。イラク戦争の誤爆で死傷した市民に対して米軍が一切の賠償を行っていないことはその証拠である。

 真に反戦を叫ぶならば、戦争の本質を理解しないといけない。映画「二百三高地」には仲間が戦死したいことへの怒りから捕虜を射殺する場面がある。しかし、戦場ではじめて出会う初対面の敵兵士との間にはもともと憎悪などの感情は存在しないはずである。本来敵対関係にない相手を攻撃させるためには「鬼畜米英」などの標語を用いて憎悪を植え付けるという作為が必要だった。

 終戦記念日の8月15日、小泉首相は公約通りに靖国神社参拝を行った。総理大臣の公人としての靖国神社参拝には賛否両論が存在し、あちこちでこの問題に関する議論が繰り広げられている。オレはそれが悪いとも正しいとも言わない。ただ、一私人であるオレはいつか靖国神社に参拝して、あの戦争で犠牲となった英霊たちの魂に深く感謝の祈りを捧げたいと思っている。戦後61年の繁栄は彼らの犠牲の上に築かれたのだと思わずにはいられないからである。彼らの多くは天皇陛下のためでも日本という国家のためにでもなく、ただ家族や恋人といった愛する人たちや美しい日本の山河を守りたかったから散華していったのではないか。次に生まれ変わるときには戦争のない時代に生まれることを願いながら。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←「原爆投下は史上最悪の戦争犯罪だ」に賛成の方はぜひクリックをお願いします。

2006年08月15日(火) 首都圏大停電を起こしたのは誰だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 昨年の8月15日にはこんなまじめなことを書いていました。今年の終戦記念日の日記がこんな暴言であったことを深くお詫びします。

 8月14日午前7時40分ごろ、東京と千葉、神奈川で約139万世帯の広範囲な停電が発生した。約3時間後には全面復旧と一方的に報告されたが、東京メトロの一部やJR京葉線といった複数の路線で一時運行ができなくなった。また、各所でエレベーターの閉じ込め事故が相次ぎ、千葉県では一部地区で断水まで発生した。東京ディズニーリゾートでも開園時間が50分遅れるなど、お盆休みの首都圏が混乱したのである。信号機も相当数が消えてしまい交通渋滞が発生した。停電した家ではもちろんクーラーが使えなかったわけだが、もしもこの停電が長時間に渡って継続していれば相当数の暑さによる死者が発生しただろう。朝のわりに涼しい時間帯だけで済んだのは不幸中の幸いであった。

 このクソ停電を起こしたのは、茨城県神栖市の「三国屋建設」の所有するクレーン船である。この船は千葉県浦安市の発注を受けて、旧江戸川の舞浜大橋の北側でしゅんせつ工事を行う予定だったという。このクレーンが送電線と接触したことが大停電の原因だったのだ。三国屋建設の木股健二会長は「事実関係を確認中で、現段階ではコメントできない」と話したという。馬鹿野郎、先にちゃんとオレに謝罪しやがれ!おまえの会社の船のせいでオレがどれだけ迷惑を受けたかわかってるのか。作業に当たっていた船員どもは「接触するまで送電線に気付かなかった」と話している。なんてボンヤリした連中なんだ馬鹿

 警視庁によると都内では少なくても440台の信号機が停止したらしい。エレベーターの閉じ込め事故も数十件起きたが、幸いなことにけが人は確認されていない。東京ディズニーランドでもお盆休みで殺到した客にチケットが発券できないなどのトラブルで大混乱して開園が50分遅れたそうだがそんなことはオレには全くなんの関係もないからどうでもいい。携帯電話が一時利用できなくなったり、スーパーが一時閉店したりするなど、経済活動にも影響が出たそうだがそれもオレには関係ない。オレにとって大切な休み中の株取引、それに支障が出たことが今回の日本で最大の被害なのだ。

 朝8時過ぎにパソコンの前に座って「さあ今日も稼ぐぞ!」と思っていたオレの前の液晶モニターに、いつもなら8:20くらいから表示される寄り付き前の気配値が全く出ないのである。真っ白なのだ。いったい今日は買いが強いのか売りが強いのか、上がりそうなのか下がりそうなのか全く分からないのである。オレがふだん使ってるマネックス証券とは別の証券会社の取引画面を起動させて同様に確かめてみたがやっぱりダメなのである。これはいったいどういうことだ。オレは焦った。もしもこのまま取引が出来なかったら、今日稼げたはずの利益が稼げないということになってしまい大変な機会損失である。ヘタクソトレーダーなら「負けずに済んだ」ということでかえって取引のない方がいいのだが、少なくともオレの場合は勝ち組トレーダーなのである。どんな局面でも小さな勝ちを積み重ねるのがオレのスタイルなのだ。

 やっと気配値が表示されはじめたのは8:58くらいだった。もう始まってしまうから間に合わない。そうして寄りついたもののオレは寄り付き前に思うように情報が収集できなかったことで落ち着きを失っていた。寄りついてからニッシン(8571)を見ると下げそうな気配である。よっしゃ!とばかりに5000×4=2万株の売り注文を入れて74円で空売りする。このまま一気に崩れてくれることを期待したのだがそこから動かない。それどころか逆に74円の買い板が厚くなってきた。どうして下げてくれないんだ。あと20万株くらいになって陥落するかと思った74円の買い板はたちまち増強され300万株に膨らんだのである。これでは崩れようがない。オレはあわてて74円で売った2万株を75円で買い戻した。たちまち2万円の損害だ!うっひゃ〜 

 そのときオレはもう一つの監視銘柄、先週にストップ高した日本製鋼所(5631)が少し上昇してから下げはじめたことに気づいた。よっしゃ、今度はこっちを空売りだ。876円売り、5000株だ。みるみるうちに下げて870円を切ってジリジリ下げる。勝った!と思って他の勝てそうな銘柄をチェックしていると861円で反発して今度は上げはじめる。しばらく上下していたのでいずれ下げるだろうと思って返済買いしないで見ていたら意外と強くてジリジリ戻してきた。うわっ!このままでは利益がなくなる。872円で返済買いして5000株の4円抜き、たった2万円のプラスだ。さっきの損失分しか取れてない。手数料分をひいたら損じゃないか!なんてことだ。

 オレはいつもの鉄則を思い出した。「上がった銘柄を売れ!下がった銘柄を買え」しかし、ほとんどの監視銘柄はすでに上がっている。そうなると空売りのチャンスを探すしかない。オレは前日終値388円だった日東紡(3110)がかなり大幅に値上がりしてるのに気づいた。よし、これを空売りしてやる。400円を越えてから上昇する勢いが弱まってきたので405円で様子見に5000株空売りしてみた。いったん下がるようにみえたがまた反発する。オレは「ここまでは上がらないだろう」と410円に売り注文を入れておいた。しかし、瞬間的にものすごい勢いで上昇して411円まで上昇、オレの売り注文は一気に喰われていたのである。含み損が膨らんだことにオレはあわてた。しかし、勢いも束の間でそこからは下げていき、結局終値は406円だった。なんとか合算すればかろうじてプラスという状況で引けたのである。

 しかし空売りの持ち越しはしたくなかった。最後に405円で返済買いできるかと注文を入れていたのだがわずか1円及ばなかったのである。いつもなら冷静に取引して着実にゼニを稼ぐ自分がいつもの戦いが出来なかったのはなぜか。それは朝の停電によるシステム障害のせいである。また取引中にも何度かシステム障害で株価ボードが動かなかったことである。日経平均も途中から動かなくなった。全体の相場が上がってるのか下がってるのかわからないという状況の中で手探りの勝負を強いられたのだ。冷静に局面を分析して戦うスタイルのオレにとって、そんな中で戦えるわけがない。

 株価ボードが動いていないうちにいくつかの銘柄でオレは絶好のチャンスを逃していた。朝に取引した日本製鋼所が907円まで上昇しながらそのあとで888円まで急降下していたことも後で知った。空売りで取れそうな絶好のチャンスを逃したのである。この機会損失はかなりもったいなかった。これというのも事故を起こした「三国屋建設」のクレーン船がすべて悪いのである。木股健二会長、おまえはとりあえず今日一番の迷惑を受けたオレに謝るべきなのだ。今日は本当にあせったのである。今日勝てなかった分、明日はしっかりと勝ってやるぜ。明日は絶対に停電はごめんだぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←電力会社は大災害時の停電対策に力を入れるべきだと思う方はぜひクリックをお願いします。

2006年08月14日(月) 19歳少年、ハーレムの王        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 そういえば10日前の日記も女性監禁がテーマでしたね。どうして大阪ではこんな事件が続くのでしょうか。

 19歳ということで名前は出ていないのだが、島根県出身の無職少年、要するにただの女好きのプータローが今春、大阪にやってきたのである。あまり大阪に変なヤツが増えて欲しくないのだが、とにかくこいつはオレの愛する大阪にやってきたのである。仕事はないが性欲はあった彼は、さっそく出会い系サイトで女を探した。そして首尾良く門真市の女子短大生(19歳)と知り合い、3月からその短大生のマンションで同居を始めたのである。そういうこともよくある話である。一人暮らしの女子短大生が、寂しさを紛らわすためか自分のマンションに男を引き入れて同棲生活をはじめたというパターンだったのかも知れない。

 オレはそういう甘い女に言いたいのだが、なぜ「無職」という男を安易に自分の生活のテリトリーに入れてしまうのか。「ゼニのない男は男の資格などない」というのがオレの持論である。学生でもないのに仕事をしてない男というのははっきり言ってただのヘタレである。あるのは性欲だけなのである。そういうヘタレ男にひっかかるタイプの女を「だめんずウォーカー」と呼ぶそうだが、もしも自分の関わっている男がそうであるならどんなことがあっても逃げるべきだ。なぜならそういう男は「女=ゼニ」「女=性欲のはけ口」としか考えていない人間のクズである可能性が極めて高いからである。
 
 この19歳無職少年、女一人では物足りなかったのかそのマンションにその短大生の友人の19歳女子大生や、新たに出会い系サイトで知り合った無職女性16歳などを部屋にどんどん引き入れて男1女4のハーレムを作り上げたのである。19歳短大生のヒモになってるだけでも許せない野郎なのに、さらにたくさんの女を支配してるという存在そのものが許せない男である。しかも無職なのである。これが大金持ちでそのゼニの力で大勢の女性たちの上に君臨してるのなら、「どうせ金目当ての女どもだぜ」と笑って済ませられるのだが、ゼニもなにもない19歳、実際は暴力で女たちを支配していたのである。全くもって許せないクソ野郎だ。あまりにも世間を舐めているのである。生かしておいてもロクなヤツにならないし、少なくともこんなヤツが改心するとは考えられない。

 大阪府警少年課は8月13日までにこの19歳少年を傷害容疑で逮捕した。直接の容疑は同居する女性たちに「除霊する」と言って入れ墨を入れたり、たばこの火を押しつけて火傷を負わせたことだという。殴ったり蹴ったりは日常茶飯事だったようだ。大阪府警は監禁容疑での立件も視野に入れてるという。女たちの中には売春を強要され、指示通りに実際に売春すると今度は「売春をばらす」とまた脅された者もいたという。ただ、この4人は同居生活しながら学校などへは自由に外出していたという。なぜ逃げ出さなかったのか。そこにオレは大きな謎を感じるのである。

 ここからはオレの憶測に過ぎないのだが、この少年は女たちを暴力で支配するだけではなく、性的にも支配していたのではないか。まるで安物の三文ポルノ小説にありがちなストーリーだが、その性的技巧で女たちを支配してハーレムの王として君臨していたと想像すれば、3月からの長期にわたるこの同居生活の謎も解けるのである。そうなると、この女たちを一方的に「被害者」と呼ぶのもどうかと思う。あまりにも落ち度が大きいからだ。まず、出会い系サイトに自分からアクセスしていたという点で、最初の被害者である女子短大生に関して今回の事件はある意味自己責任であったような気がするのだ。この19歳少年は許せないが、こいつをこんな化け物にしたのはまぎれもなく今回の被害者の馬鹿な女たちである。少年だけでなくオレはこの馬鹿な女どもも罵倒したくなるのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←この19歳少年みたいなヘタレが最近増えてると思う方はぜひクリックをお願いします。

2006年08月13日(日) お墓参り代行業が人気なのだ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 私の個人的お気に入りです。お盆休みにぜひ読んでみてください。この日の日記に関して、イチロさんという方がブログで話題にされました。大変興味深い記事ですのでそちらもぜひご参照ください。


 お盆である。オレもそろそろ田舎の墓参りに行くつもりである。お盆に墓参りをするのは日本人のお約束なのである。その墓参りだが、なんと最近は代わりに墓参りをやってくれるビジネスがあると聞いてオレはびっくりした。そんなもの、自分で行かないと意味がないだろう?と思うのだが、墓が荒れ放題になってるよりはマシということなのだろうか。さっそく「墓参り代行業」で検索を掛けてみた。するとかなり多くの業者がこのビジネスに参入していることがわかったのである。どの程度の料金でどんなサービスが受けられるのか、さっそく内容を確かめてみた。埼玉のある業者は7500円でこんなサービスだった。

ご先祖様に合掌(清掃とお参りをさせていただく事の報告)

掃除・墓石を水洗い・花立てを水洗い・水鉢を水洗い・香炉を水洗い・その他周辺にあるものを水洗いする

周辺のごみ拾いや、目に付く雑草を抜く

花を供える

水鉢に水を供える

線香をあげる

ろうそくを灯し般若心経を唱える

写真を収める

写真を送付

 この「写真を送付」というのが要するに「ちゃんとお参り致しました!」という証拠写真になるんだろうな。石材業者がお墓ビジネスの一つとして墓参り代行業を請け負ってるものも多かった。便利屋さんがこのビジネスをサービスの一環として実施してるものもあれば、どう考えても個人でやってるとしか思えないものもあった。確かにこれは一人でもできるビジネスである。これから認知度が上がれば需要も増えるだろう。高齢でお墓参りをするだけの体力がなかったり入院中で行けなかったり、転勤などで遠くに引っ越してしまって先祖代々の墓になかなか行けないという場合もあるだろう。

 オレの場合たまたま先祖代々の墓がクルマで40分ほどの所にあるからすぐに行けるのだが、母方の先祖の墓は鹿児島県坊津町(現在は南さつま市)にある。もう長いこと行ってない。母も数年前に行ったきりで死ぬまでにあと一回行けるかどどうかだ。それで母にこの「代行業者」のことを話すと「おまえはアホか!」と言われた。まあオレも自分でお参りしないのはどうかと思っていたので母が息子に向かって「アホ」という気持ちもよくわかる。

 ただ、オレが疑問に思うのは、墓の場所というのはかなりわかりにくいということである。無数にそこら中に広がる墓石群の中にある自分の家の墓がわかるのは場所を覚えてるからであり、その位置をどうやって説明すればいいのか。たとえば今ここで紙に墓の見取り図を書いて第三者に説明する自信がオレにはない。逆に絶対にあの場所にはたどり着けないだろうという妙な自信があるくらいだ。探すのを困難にする理由は他にもある。オレの田舎では「○○家代々の墓」の「○○家」の部分が同じものがそこら中に無数にあるのだ。田舎は同じ姓が多いのである。もちろん自分の家の墓がどれであるかはそれぞれの家がみんなわかってるわけだが、第三者がそこで目的の墓を探すのは至難の業のような気がするのである。もしも間違えて別の墓にお参りしてしまったらどうするのだろうか。

 送付された写真を見て「これ、違います」とわかればまだいい。お墓の写真からだけでは家族もわからない場合もあるだろう。そんな問題点をこの墓参り代行業は備えているのである。山奥のへんぴなところに墓がある場合はどうなのか。その場所にたどり着くためには自動車から降りて何時間も歩かないといけない場合、同じ価格で代行サービスを提供することは不可能だろう。たとえば京都の北山には廃村八丁と呼ばれる集落があるが、そんなクルマも満足に入れないところに墓参りしてくれと頼まれたらどうするんだ。代行業者の中にはネットで申し込みフォームを用意してるものもある。いったいどうやって墓の場所を説明するんだ。とオレはさまざまな困難を想像するのだが、きっと業者の方はそうした数々の事例を検証してしっかりと対策を立てているのだろう。たいしたことである。

 オレがお盆に墓参りをする先祖代々のお墓に眠る人で、オレが直接知るのは祖母だけだ。昭和63年の夏、亡くなった祖母は確か90歳だったと思う。あれからほとんど毎年、オレは長期の旅行で大阪にいない年を除いてはたいていお墓参りを欠かさずにしてきた。祖母は文字の読み書きが出来なかった。泉州地方ということで紡績の工場がそこら中にあって、そこで働いていた祖母は何かをメモしないといけないとき、自分にだけわかる謎の記号を書いていたと父から教えてもらった。小学生の頃、オレは夏休みに田舎で祖母と過ごしたことを思い出す。あのときもう祖母は70をこえていた。オレのために七輪で玉子焼きを作ってくれた。寝る時間が異常に早くて、夜8時に布団に入らされたので朝は5時に目が覚めてしまったぜ。その時に一緒に遊んだ二つ上の従兄弟(本家の跡継ぎ)は、今は医師となって働いている。明治生まれの祖母の名前は「アイ」だ。大塚愛と同じなんだぜ!かわいいじゃないか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←先祖の供養のつもりでぜひクリックをお願いします。

2006年08月12日(土) どうだ、これがバストアップ最強サプリだ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去に乳房の大きさにこだわった日記の一覧です


 オレは背が低い。体重も軽い。それはオレにとって不可避な属性の一つであり、小中学校では背の順で並ぶので一番前だったし、オレの両親も背が低いので遺伝的な理由もあると思っている。そしてオレの勝手な持論だが、将来の人類を救う一つの方向性が「小型化」にあると思っている。平均身長をどんどん小さくして、人間のサイズを小型化することによって環境負荷を少なくして資源の浪費を防ぐことができるという考え方だ。

 サイズのでかい人間はそれだけで大きな環境負荷をもたらしてるのである。その巨体を維持するために多くのエネルギーを必要とする。クルマで移動する時は体重が重いほど燃費が悪くなる。脳という中味の部分にたいして差がないのにサイズばかりでかいというのは、クルマで言えばバカでかいアメ車みたいなものである。それよりも小さくて高性能なオレの方が優れていると言いたいのである。でかいヤツはもっとそれを自覚して、太宰治が「生まれてきて済みません」と言ったように「でかく育ってすみません」と普段から言うべきだ。大きいこと=環境破壊なのである。棺桶のサイズがでかいことでそれだけ森林破壊につながるのだ。どうすれば日本人の平均身長を徐々に低くすることができるか、それを国家的なプロジェクトとして考えないといけないのである。

 ところが低身長は病気として治療の対象になるらしい。厚生労働省認定による保険適用枠では低身長症の場合男子:156.4cm 女子:145.4cm以下が保険診療の対象になるそうだ。それ以上でも年間400万円〜600万円という高額な治療費を出せば成長ホルモン治療を受けることができて高身長にできるという。カネを掛ければ身長を伸ばせるのである。やり方次第では身長2mの巨人になれるのだ。そんな意味のないことをどうしてやらせるのだ。

 まず「高身長=カッコいい」という固定観念を捨てるべきである。「高身長=棺桶代がかかって大変」とみんなが共通認識を持つべきなんだ。まず、背が低いとモテないというのは間違いだ。オレのように背が低くてもモテまくる人間もちゃんといる。背が低いからモテないとあきらめてるヤツは、男としての魅力を磨く努力をしなかったことを身長のせいにしてる卑怯者である。オレの場合、付き合ってる相手の女性の方が背が高かったことも多い。そんなこと関係ないのである。もちろん100%全く不自由がないわけではない。たとえばキスをするときに少し背伸びをしないと相手の唇に届かないとかいう不便はあるが、直立した姿勢でそういうことをしようとするから不自由なのであり、ちゃんとポーズを工夫すれば済むことである。ところが世間では「背を伸ばす」という方法で安易に解決しようとするのである。

 その高価な成長ホルモン投与治療に比べて、かなり安価な成長ホルモン分泌促進サプリメントというものが販売されてるのをオレは見つけたのである。一ヶ月分が12800円、塾に通うような金額で試すことができるようだ。うーん、これならかなり売れるかも知れないなあとオレは驚いたのである。ただ、その商品の説明を読んでいてオレはびっくりした。効能があまりにも多岐にわたるのだ。臨床試験データなるものがWEBサイトに用意されていて、筋肉を成長させる効果があったり、お肌をみずみずしく保って肌のハリを維持して老化を防いだり、脂肪を分解して肥満を防ぐダイエット効果をもたらしたり、バストアップ効果があるというのだ。30代で背が伸びたりしているのだ。バストアップ、これにとびつく女性も多いと思う。こんなところに多くの女性が求める「巨乳になる方法」が眠っていたのである。新光製薬のサイトにあった説明にはこのようなことが書かれていた。

 <HGHヒト成長ホルモンとバストアップの関係>
 バストが成長する時期には個人差があり、早い子では小学校の低学年くらいからバストの成長が始まりますが、平均的には12歳前後が最もバストが成長します。
 そのバストアップの鍵を握るのが、ラクトゲン受容体と成長ホルモンです。
 女性は、ある年齢になると乳腺に「ラクトゲン受容体」ができあがり、このラクトゲン受容体に成長ホルモンが作用する事で、バストが大きくなります。しかし、このラクトゲン受容体ができる年齢には個人差があり、10歳前後でできる人もいれば、20歳、30歳頃にできる人います。中には、一生できない人もいます。
 成長ホルモンのピークは13〜17歳頃ですので、この期間にラクトゲン受容体ができていれば、その後の数年で成長ホルモンが作用して、バストが大きく成長します。人によっては20歳を超えてからラクトゲン受容体ができる人もいます。しかし、ラクトゲン受容体が成熟する一方で、成長ホルモンは20歳を境に年々減少していきますので、20歳を超えてからラクトゲン受容体が成熟している場合、バストは大きく成長できないのです。
 つまり、成長ホルモン、ラクトゲン受容体のどちらか一方が欠けていると、バストは成長できないということになります。

 <HGH-21Programを使用してからどのくらいでバストが大きくなりますか?>
 個人差がありますが、既にラクトゲン受容体ができていれば、HGH-21Programを開始してから3週間〜8週間目には効果を実感できるでしょう。

 <HGH-21Programを飲まなくなると大きくなったバストは元に戻る?>
 バストの成長には限界がありますので、いつまでも大きくなり続けるという事はありません。ある程度の大きさになった時に成長は止まります。 どこまで大きくなるかは個人差があり、とても大きく成長する方もいますので、ご希望のサイズになった時にHGH-21Programを終了して下さい。 一度大きくなったバストが小さくなるという事はありません。成長する過程で大きく成長したバストが、その後小さくならないのと同じことです。



 うーん、これだけ読んだらどうやらかなりの効果がありそうなのである。下手な美容整形で異物を乳に入れるよりも、はるかに健康に害のない方法でバストアップが可能になるみたいだ。これはものすごく意味のあることである。日本中の貧乳で悩んでる人の中で、「貧乳こそ美しい!」と開き直れる一部の人以外の「なんとか貧乳を巨乳に変貌させたい」と願う人は迷わずこの成長ホルモン分泌促進サプリメントを服用すべきである。たった3〜8週間で効果が出るというからせいぜい3万円もあれば巨乳に変身できるのだ。これは大変なことである。夏休みのうちに貧乳を巨乳にしておいて、新学期にクラスメイトをびっくりさせることも可能になるわけだ。

 オレは別に巨乳にしたいわけではないが、老化を防ぐという部分にはかなり興味を持つ。値段も手頃だし、一度試してみてもいいかなと思う。お肌の衰えを化粧でごまかし、お出かけ前はお肌の突貫工事を欠かさない方々も、基礎から建て直すという意味でこの成長ホルモン分泌促進サプリメントを試してみればいいのじゃないか。

 ただ、こういうサプリはたいてい厚生労働省の許可を得ていないのである。今は通販でなんでも買えるだけに売る方のハードルも低くなっている。たぶんこのサプリもその可能性が高い。そうなると買うのはギャンブルのようなものになる。また、オレが実際にこれを飲んで巨乳になったわけでもない。だからお試しに買ってみて、それで自分には合わないと思ったらやめるくらいの「当たれば儲けモノ」程度で受け止めればいいだろう。無許可のものを使用する場合のリスクもまた自分に掛かってくるわけで、「安い」というのはそういう意味なのである。

※バストアップだけが目的ならレディーズプエラリア99%(330mg×60粒)2か月分という選択肢もあります。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←成長ホルモン分泌サプリに興味を持たれた方はクリックをお願いします。

2006年08月11日(金) 横浜ベイスターズはいますぐ解散しろ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 過去に阪神タイガースを話題にした日記の一覧←興味のある人はクリックしてみてください。


 横浜ベイスターズは阪神タイガースに貯金させてくれるために存在する球団である。阪神に負けるために横浜は存在するのだ。たまにお情けで阪神が負けてやることもあるが、基本的には横浜が魔が負けないといけないのである。阪神ファンのオレはそんな風に傲岸不遜なことを思っていた。実際の所、今季ここまでの14試合は阪神の12勝2敗、阪神の貯金はほとんど横浜から稼いだものであり、阪神が2位にいられるのは横浜のおかげみたいなものである。まさに横浜サマサマである。その阪神とベイスターズの15回戦(横浜球場)の5回にその悲劇は起きたのである。

 阪神タイガースの矢野輝弘といえば球界を代表する紳士だ。その彼が審判のヘボ判定に対してキレたのである。この回の横浜は1点を奪ってなおも2死2、3塁だった。打者石井琢朗に対してカウント2−3から安藤の低めへの投球は打者石井のバットにボールが接触したのち後方に転がった。もちろんファールなので矢野はボールを追わなかったが、球審の有隅はこれをあろうことか暴投と判定、矢野はそのアホらしい判定に激高して「なんでやねん」とヘボ審判に詰め寄って軽く小突いた。その抗議の時に横浜の2,3塁の走者は次々と生還、ファールということがわかっていながら打者の石井も白々しく2塁まで進塁したのである。

 ファールであることを証明する動画(←クリックすると動画で確認できます。) 

 岡田監督も出てきてこのプレーをめぐって阪神側が抗議、試合は14分間中断した。この日の責任審判は一塁塁審を務めた渡田(巨人ファン)である。渡田は「4人の審判とも石井のバットにボールが当たったことが確認できなかった」と説明した。要するに4人とも見ていなかったからわからないと堂々と開き直ったのである。見ていなくてわからないのならビデオ映像でも使って確認しやがれ馬鹿。そんな情けないレベルの審判がプロ野球をダメにしてるのである。一度でもビデオ映像を確かめれば明らかにファールとわかる。ファールなら走者を戻してもう一度やり直せばいいだけのことである。

 試合を見ていた熱烈な阪神ファンであるオレの息子(小6)は怒りのあまりテーブルを叩いて悔しがった。「もうこんな試合見たくない!」とテレビを消してしまった。(オレはあわててつけた)

 それにしても卑怯なのは石井琢朗を初めとする横浜の選手どもだ。こいつらの卑怯さは今に始まったことではない。忘れもしないあの川崎球場での事件を覚えてるだろうか。阪神のレフトを守っていた佐野仙好選手は、フェンスに顔面から激突しながらキャッチしてそのまま倒れ込んだ。顔面を骨折してもボールを離さなかったのである。しかしその場に倒れ込んで動かない。その時1塁走者(2塁だったかも知れない)だった大洋ホエールズ(←昔横浜はこういう球団名だった)の野口は、そのまま本塁までタッチアップして生還した。審判はその横浜の得点を認めた。そこで「ラッキー」とばかりに走る卑怯な行為が、横浜のチームカラーなのだ。

 あれから30年の月日が経って球団名が変わってもその本質はちっとも変わっていないのである。「誤審も野球のうち」としゃあしゃあとしてファールを打ったことを知らんぷりする石井のような卑怯な選手のいるのが横浜なのだ。野球はプロスポーツでありながら同時に多くの人に感動を与えるモノという使命を持っている。藤川球児の全力投球が爽やかなのは、そこに何の偽りも駆け引きもない堂々とした直球勝負だからだ。横浜の選手の行為は、そんなプロ野球の美しさをぶちこわす行為だ。そんな球団はいますぐ解散させろ。オレは横浜ベイスターズという球団の存続を許さない。

 阪神球団はヘボ審判どもの誤審を連盟に訴えるという。審判がヘタクソなのは今更どうにもならない。こいつらがうまくなることは永遠にありえないだろう。わからないものにはビデオ判定などを導入する方法しか事態を解決する方法はない。しかし選手が揃いも揃って卑怯なのはオレにとって耐えられない。石井琢朗は阪神ファンに土下座して己の卑怯な行為を詫びるべきだろう。

 この日記に対して、大量の抗議のメールや「だから阪神ファンは馬鹿」という類のメールが届いた。それくらいの反響は予想していたし、そういう意見もあるだろうと思って書いてるので別に驚かないが、最初の段落の「阪神に負けるために横浜は存在するのだ」に対して、「本気で書いてるのなら横浜ファンに対して失礼です」とまじめに腹を立てている意見が多かった。そういう頭の固い人たちに対して苦笑するしかないのだが、基本的にオレはふざけて書いている。ここに書いてるのは「暴言」であって正論ではない。暴言コラムに対して「なんという暴言だ」と腹を立てる行為は、ソープランドに出かけて「なんて猥褻なことをしてるのだ」と怒ってるのと同じ滑稽さがある。ただ、自分のそういうスタンスが理解してもらえずに一部の方に不快感を与えた点に関してはお詫びしておきたい。それから、私の暴言に対する批判を、すべての阪神ファンに対する批判につなげて書いている方もおられたが、ホンマモンの阪神ファンの暴言はオレの比ではない。対戦チームの選手の全人格を否定する暴言がスタンドでは日常である。



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←プロ野球審判は技術向上の努力をするべきだと思う方はクリックお願いします。

2006年08月10日(木) 夏の昼下がりのスクーター        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 アフィリエイト研究室の一部リニューアルを行いました。登録サイトを追加しています。偏差値29からの東大合格というちょっと興味をひくもののあります。一度ごらんになってください。ジャンルごとに分けてあるのでそれぞれごらんになってください。



 ガソリンがとんでもない値段に高騰したので、この夏はクルマに乗らないことに決めて家の近所の移動はスクーターにしている。スクーターの利点は狭い路地でも平気で入っていけることである。そんな暑い夏の昼下がり、オレはスクーターで自分が中学生の頃まで過ごした家の周辺を久しぶりに走ってみた。

 小学校でクラスメイトだった友人の家には立派な表札が掛かり、その家の当主は当然のことながら自分と同級生だった友人の名前に代わっていた。まだここに住んでいるんだと嬉しくなった。しかし、どの路地もやたら狭い。こんな路地をクルマが通れるのだろうかと思うほどの道ばかりである。軽自動車でも通れないような狭い道もある。

 子どもの頃はそこはもっと広い道だと思っていたはずだ。大人になってから眺める街は、すべてがミニサイズになってるように思えた。家から最寄り駅までもこんなに近かったのかと驚く。自分が15歳まで過ごした家はもう跡形もない。以前に来たときはその家の部分が更地になっていて、こんな狭いところで家族5人が暮らしていたのかと驚いたが、今はすでに真新しい家がその更地だったところに建てられていた。

 そこからクルマの通れない狭い路地を抜けると、昔通っていた小学校が目の前に出現した。小学生の頃、学校まで50mほどの所に住んでいたオレは、小学校3年までは給食がなかったので昼食を食べにいつも家に帰っていた。両親が共働きだったので家には誰もいない。オレはお釜の中の冷えたごはんをよそってお茶漬けにしたり、冷蔵庫にある卵焼きをおかずにしたり、鉄板焼きそばという名の袋麺の焼きそばを作って食べたりしていた。小学校の低学年の時から自分であり合わせのモノで何か作って食べたりしていたのだ。

 卸売市場に仕入れに行く両親は朝5時には家を出ていて、弁当を作る余裕など我が家にはなかった。ただ、そんな忙しい母も遠足の時だけはお弁当を作ってくれて、そのお弁当がとにかく嬉しかったことを覚えている。卵焼きとかまぼことタコさんウインナーくらいしか入っていないお弁当だったのだが。

 かつて過ごした家の周辺の、狭い路地が迷路のようになっていてクルマで入るのがためらわれるようなそんな一角は子どもの頃から少しも進化していなかった。おそらく今から50年経ってもこの場所はそれほど変化することなく、朽ち果てる家もあればそのまま存続する家もあるのだろう。現にそのときにかなり古いお屋敷だと思っていた家の多くはそのままの状態で残っていた。塀も白壁の蔵もそのままにしっかりと存在していた。その頃既に朽ち果てかけていた古い長屋も30年近い月日を経てまだ存在していた。あんなに狭くて日の当たらない長屋にいったいどういう人たちが今は住んでいるのだろうか。

 オレが子どもの頃、学校が終わって友達の家に遊びに行くと、必ず家にはお母さんがいた。だから両親が働いてるのは自分のように特に貧乏な一部の家だけだとオレは思っていた。せいぜい二間しかないような狭い家に上がり込んで遊んだことを思い出す。級友たちは長屋や文化住宅と呼ばれた借家住まいが当たり前で、一戸建ての家に住むのは数少ないブルジョワの子だけだった。もちろんオレの住んでいる地区が貧民街みたいな状況だったせいでもあるが。でもどの家でもお母さんはちゃんと家にいたのだ。当時「カギっ子」(母親が家にいないので自宅のカギを持ってる子)というコトバがあったが、それはまだ例外的な存在だったのだ。そしてオレの家にはそもそもカギを掛ける習慣すらなかった。盗られるような金目のものなど家のどこにも存在しなかった。

 あれから30年近い月日が流れた。高度経済成長は日本をそれなりに豊かにして労働者にマイホームを与えたが、住宅ローンの返済という重荷を庶民に背負わせ、そのためにお母さんはパートに出ることになり、進出してきた大型スーパーはその職場となり、商店街にあったいろんな個人商店は客をスーパーに奪われて壊滅した。クラスメイトには電器屋の子もいれば和菓子屋の子も豆腐屋の子も風呂屋の子もいた。風呂屋の子は時々番台に座っていた。今はすっかりゴーストタウンのようになった商店街にはかろうじてパーマ屋や喫茶店が残っていたが、かつてそこに存在した店のほとんどはもうシャッターをおろすか、普通の家に建て直されていた。これはおそらく日本中で見られる光景なんだろう。

 オレたちはこの30年でいったい何を得て何を失ったのだろうか。かつて我々の国の持っていたひとつの文化が消え去ったことは確かなのである。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」に見られたような光景はかつての日本ではどこにでもあった日常だったのだ。スクーターでかつての商店街を走り抜けながら、オレはそんなことを思って妙に悲しかったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←子どもの頃のことを思い出してなつかしくなった方はクリックお願いします。

2006年08月09日(水) 猛暑で値上がりする株はどれだ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 アフィリエイト研究室の一部リニューアルを行いました。登録サイトを追加しています。偏差値29からの東大合格というちょっと興味をひくもののあります。一度ごらんになってください。ジャンルごとに分けてあるのでそれぞれごらんになってください。



 とにかく暑いのである。体温よりも暑いのである。少し外に出るだけでうだるような暑さで頭がボーッとするのである。冷房の効いた部屋から一歩も外に出たくないのである。さて、こんな状況でも投資家のオレは、「猛暑で上がる株はどこか?」ということを考えないのといけないのである。銘柄情報を発信する株式掲示板の管理者でもあり、過去に「ハメこまれた人たち」という株日記も書いているオレは、何か答えを出さないといけない。

 暑いとやはりみんなアイスクリームを喰う。そういうわけでオレはB‐Rサーティワン・アイスクリーム(2268)の株価を検索してみた。なんと8月3日に経常利益5割増というニュースが流れてすでに上昇していたのである。気がつくのが遅かったのである。

 そうなるとどこを狙えばいいのか。うーむ。やっぱり暑いとエアコンを買うだろうか。いまどきどこの家にもすでにエアコンは必需品で設置されていて、暑いから買うなんてことはないだろうと思いつつ、ダイキン工業(6367)を調べてみる。すると8月8日に四半期の決算が発表されていて、売上高が前年同期比8.7%増の2047億円、営業利益が25.0%減の189億1100万円、経常利益が22.0%減の193億5500万円、最終利益が18.9%減の124億1900万円とある。売上高が伸びてるのに利益が減っている。しかし、これは4〜6月で暑くなってからのことを織り込んでいない。この発表を見て「減益=売り」と多くの人が単純に考えて値下がりしするとしたら、案外ねらい目かも知れない。

 そうそう、暑いとやっぱりのどが渇いていろいろと冷たい飲み物を買うだろう。とりあえずコカ・コーラウエストホールディングス(2579)を調べてみた。5月には2800円もしていた株価が2000円近くにまで落ち込んでいる。そうなると今度はなぜこんなに下がったのかとそれが気になってしまうのである。ここは警戒した方がいい。

 しかし、こんなことくらいは誰もが想像することである。投資というのは人の気がつかないところを狙わないといけない。そしてみんなが気づいてあわてて買って値上がりしてきた頃にはさっさと売り抜ければいいのである。そんな当たり前のことを考えていてはだめだ。

 そうだ、暑いとエアコンをガンガン運転するから電気の消費が増える。電力会社はどうだ。とりあえず東京電力(9501)を調べてみた。ゆるやかに右肩上がりで上昇中である。ここは大丈夫そうだ。でも、原油高で発電コストがこれから上昇する可能性も高い。そうなると必ずしも買いではないのかも知れない。ただ電力各社は配当利回りも高く、おおむね2%以上あって銀行の定期預金よりもはるかにいいので、退職金でまとめて買うにはちょうどいいかも知れない。原発の事故や故障で不安定要因のある中部電力、北陸電力以外は買いというところだろうか。

 しかし、それもきっとみんなが同じように考えてるだろう。そんなものではなくてもっと誰にも思いつけないようなものはないのか。しかし、誰も思いつかないということは、一人の投資家も気がつかずにそのままスルーされるということもある。それは困るのである。自分以外にも適度に投資家に注目されないとダメなのである。暑い夏→海→水着はどうだ。東レ(3402)を調べてみた。ゆるやかに上昇中のチャートで期待できそうである。

 そうやっていろいろと予想を建ててみるのはなかなか楽しい作業である。しかし、どれもインパクトに欠けるのである。結局、実際に猛暑関連で一番上昇したのはどれだったかということは、9月頃になってはじめて結果を見て明らかになるのかも知れない。投資は常に未来に起きていそうなことを考えることを必要とするが、未来に起きることが全部分かれば苦労はないわけで、毎日の上下に一喜一憂する近視眼的な発想しかできないのが実際の株式投資の現場なのである。

 6月から駐車違反の取り締まりが厳しくなるということで期待して仕込んだ日本駐車場開発パーク24はちっとも値上がりせずに逆に大きく下がってしまいオレはかなり裏切られたのである。そんな悲しいことも起きるのが投資の世界である。こんなことでは株長者の道は遠いのである。ただ多くの情報を分析して研究するしかないのである。いくら調べてもますます悩むばかりなのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←江草の投資を応援してくださる方はクリックをお願いします。

2006年08月08日(火) エッチをたくさんする方法        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはこの暴言日記を書くときに一つ心がけていることがある。それは、未成年者もこの日記を多く読んでいるということに注意して、決してワイセツな内容のことは書かないと言うことである。暴言でありながら節度ある内容で書くことを心がけているのである。そんなオレもこれまでに二度、いわゆるアダルト日記を書いたことがある。その2本というのは「エッチはすごい」「エッチを早くする方法」の2本である。ふだんのような社会正義を熱く語る日記を期待してそれらの日記を読んだ人からは、「ふざけるな〜」という怒りのメッセージが多数届いたのである。そういう理由もあって、アダルトものを書くことを封印していたのだが、どうしても今話題のこの問題に触れないわけにはいかないので今回書くことにしたのである。

 不特定多数の数多くの女性と性行為をするために、男性はどんな努力をすればいいのか。大昔は「100人斬り」とか「1000人斬り」と言って、自分がセックスをした女性の数を自慢する馬鹿がどこにでもいた。考えたら大昔というのは赤線という公娼制度が存在して、お金を使えば誰でもいくらでもいろんな女性と性交渉を持てたわけで、十分なお金さえあれば誰だって数多くの女性とセックスすることができたのである。

 しかし、世の中にはそういう「金銭を介在させた合意の上でのセックス」では満足しない人がいる。もちろんそういう行為の貧困さに気がついて、ちゃんとお互いの愛情がなければ行為そのものも空しいということがわかって、お金でどうこうするということから卒業するのならいいことである。というか、世の中の大多数の普通の男性は、不特定多数のわけのわからない相手との危険の伴う性行為ではなく、決まった相手との愛情を伴う行為を求め、また手に入れているわけである。

 問題は世の中のごく一部の男性の中に、特に金銭が介在しないのに不特定多数の女性とセックスをする許せないヤツがいることである。不特定多数といっても、老人ホームを舞台に70代80代の老婆専門に狙うナンパ爺が居てもオレはなんとも思わない。むしろそのナンパ爺は世の中の女性に幸福をもたらしてると思うだろう。

 オレがどうしても許せないその男は、チアガールの格好をさせた写真などで自分が襲う相手の女性を品定めして美人ばかり狙って襲っていたというから言語道断である。それだけで地球上の全男性はその野郎の死刑、あるいは去勢に同意するはずだ。そう、どうして新興宗教の教祖というのはこういう変態野郎が多いのだろうか。あのオウム松本智津夫も多くの女性信者にセクハラ行為があったという。なぜこういう連中は洗脳することで相手が自分に抵抗できないようにして強姦することが好きなのだろうか。不特定多数の女性と性行為をしたい場合、新興宗教を作ってその教祖となるという方法はちゃんと確立されたひとつのスタイルのような気がするのである。

 韓国カルト集団「摂理」の教祖、鄭明析容疑者の強姦被害を受けた日本人女性は数百名を超えると予想されている。オレは被害にあった女性に深く同情するが、その一方でカルト教団に入ったことは自己責任のような気もするのだ。どうして自分の判断で途中で「なんかおかしいぞ」と思わなかったのかと。イカサマ宗教というのものはどれも独特の雰囲気を持っているモノである。

 オレは昔ある新興宗教の信者の女性とつきあっていたことがある。彼女は家族そろってその信者ということだった。オレはその女性と結婚したいと思っていたが、彼女の親はどうしてもオレのような暴言野郎、いや信者ではない男との結婚は許さず、結局オレはその女性と別れることとなった。彼女にとっては、オレとの関係は断つことができても、信仰は捨てられなかったのだ。

 教祖がただの強姦野郎だとバレて化けの皮のはがれたこの集団、それでも「教祖の行為は確かに間違っていたが、信仰は正しい」と主張して存続するのか、それとも「これは教団を陥れるための悪質なデマです」と真っ向から否定して教団を存続させようとするのか。いったいどちらの道を選ぶのだろうか。しかもこのエロ教祖はしかもロリコンだったようである。脱会した元信者の韓国人女性によると、鄭教祖は信者に「幼い子や処女をたくさん連れてきなさい」と指示していたという。小学生までがセックスの対象になっていたのだ。金代表によると鄭教祖は複数の女性とのセックスを好み避妊はしなかったらしい。そのため中絶した女性が多数確認されているという。

 どちらかというとオレはこの教団のゼニの流れに興味がある。社会人の場合収入の1/10を差し出させていたという。信者が2000人いて、その信者が一律毎月3万円ずつ差し出せばそれだけで月に6000万円である。その巨額のゼニで幹部は甘い汁を吸っていたはずである。そして、女衒まがいの行為で教祖に女を差し出し続けた教団幹部はおそらく、鄭教祖がとんでもない強姦野郎であることも知っていただろう。悪いのは教祖一人ではなく、この組織に深く関与した連中もみな同罪である。

 それにしてもどうしてこんなエロ教祖を信じる人間がこんなに多いのだ。みんなそんな変態ではなくこのオレを信じろ。オレの暴言を読み、オレの勧める株を買え!オレの政治主張を全面的に支持しろ。オレが江草暴言教の教祖として、世界中に暴言をとどろかせてやるぜ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←鄭明析が中国で捕まって死刑になることを願う人はクリックをお願いします。

2006年08月07日(月) いつか、こんな家に住みたいぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 本日の日記は、大手町のビジネスホテルに滞在してるという理由から「大手町全裸ナイト」という題名にしようかと思ったのですが、それではあまりにも品がないということでやっぱりやめてこのような内容にしました。品がないもののお好きな方は、以前に書いた「幕張全裸ナイト」をお読みください。



 東京都台東区谷中、JR日暮里駅から徒歩3分のところに台東区立朝倉彫塑館というところがある。東京美術学校(今の東京芸大)の教授だった朝倉文夫氏(昭和39年没)の私邸を公開してるのである。鉄筋コンクリート造りのアトリエに丸太と竹をモチーフにした数寄屋造りの住居で構成され、中庭には自然の湧き水を利用した日本庭園がある。中庭の庭園を囲んでロの字型に建物が配置されている。庭園はその面積の半ばが池になっていて、ひんやりとした湧き水で満たされている。

 東京で37度を記録したという今日のような暑い日も、その水辺の窓際にいると風が爽やかに感じられてそれほど暑苦しくない。館内には朝倉氏の数々の彫塑作品が展示されているが、この建物自体が芸術作品である。オレは安藤忠雄の馬鹿建築は嫌いだが、この朝倉彫塑館みたいなすぐれた和風建築にはあこがれる。

 高温多湿の日本で、冷房に頼らずに涼しく過ごすにはどうすればいいのか。その見事な工夫がこの建物の随所にある。屋上庭園には太い大きな木が植えられている。そんな時代に屋上緑化なんてことを考えていた人がいたということにもオレは驚かされる。この朝倉彫塑館の建物が現在の形になったのは昭和10年頃のことだという。あの東京大空襲の時、この谷中の地域は無事だったのだろうか。オレはその不思議を思った。

 水辺に涼を求めるという点では、立原道造の生前に設計した「ヒアシンス・ハウス」も同様である。わずか五坪の建坪しかないヒアシンス・ハウスは、残されたスケッチを元にさいたま市にある別所沼のほとりに2004年建設された。詩人の夢はそうして継承され形を持ったのである。立原道造が結核で死ぬことなく建築家として現代に生きていれば、どんな家を建てただろうか。彼の詩をこよなく愛するオレは、その詩の精神が建築でどんなふうに表現され得ただろうかと思うのだ。

 いつから日本の家は空調に頼らなければ快適な温度が得られないようになってしまったのか。ふすまや障子、畳という文化がなぜ今の家から急激に姿を消していったのか。そこで失われるのは具体的な形としての日本家屋だけでなく、日本人のかつて愛した生活様式すべてではないのかとオレは危惧してしまうのだ。

 オレがあこがれる生活は、朝倉彫塑館のように日本庭園のある家で、ネットをしたり本を読んだり、夏はかき氷を食べて蚊帳の中で眠り、冬は掘りごたつに入ってノートパソコンでインターネットをし、ベッドではなくて布団に眠るというものだ。株式投資でゼニを貯めてるのもひとえにその生活を実現したいからに他ならない。どれだけのゼニがあれば朝倉彫塑館のような家を建てることができるのか。おそらく金銭の問題ではないだろう。しかし、そこにはオレの理想とするものが詰まっているのである。

 自然の風を心地よく感じる生活、流れる水の音がいつも聞こえる生活、そしてその入れ物である家のすべてが機能的で無駄がないことだ。よけいなものは必要ないかわりに必要なものはすべてそろっている。そんな住居が理想なのだ。立原道造がヒアシンスハウスを設計したとき、「自分一人分のアトリエはこんなもので十分」と考えていたはずである。日本には「起きて半畳寝て一畳」という古い言葉がある。数十室あるようなでかい家に住んでいても、人間ひとりが占拠する場所は、せいぜい半畳から一畳程度のものだということである。茶道にしても華道にしても、日本的美の世界の根底に流れるものはそうした「足ることを知る」美しさではなかっただろうか。

 オレが安藤忠雄の馬鹿建築が嫌いなのは常に「いったいこの空間には何の意味があるんだ」「なんのためにこんな廊下や壁があるんだ」と思わされるからである。そこには機能美がないのである。すぐれた機能や性質を持つものはそれ自体美しさを備えていることが多い。例えば姫路城や松本城の美しさがそうである。戦闘という目的のために建てられた城はすぐれた機能美を見せている。形だけがお城の大阪城みたいなクソ建築とは全く違う。オレが株式投資で莫大なゼニを手にして、夢を叶えるためにはあとどれくらいの時間を必要とするのだろうか。どんなに時間がかかっても、死ぬまでには実現したいのである。そのためには、八百長のような株価操作をする連中はなんとしても撲滅したい。日本の株式市場が正常に機能し続けることをオレは願っている。投資をギャンブルにはしたくないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←日本の家にはやっぱり畳が欲しいと思う人はクリックをお願いします。

2006年08月06日(日) ローソンで八百長弁当を見た!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレは今、東京にいる。一瞬でも冷房の効かない外に出ると暑さで死にそうだ。大阪は日本一暑い街だと思っていたが、東京もそれに劣らず暑い。街に緑はほとんどなく、アスファルトとコンクリートに固められた街にはどこにも避難する場所がない。なんてことだ。

 地下鉄に乗るために大手町という駅に行ったのだが、階段を下りてから切符を買うところまでえんえんと歩かされるのである。地下鉄の一駅分くらい歩いてやっと改札口がある。まあ地下通路を歩いてるので暑くないだけでもマシなんだが。そこには地下鉄が5線も集まっている乗換駅になっているようなのだが、どう見ても乗り換えの距離が長すぎるのである。大阪にはこんな理不尽な乗り換えはない。以前に東京駅で京葉線に乗り換えるために延々と歩かされたときに大いにあきれたが、それが平気になるような不便な駅がいくらでもあることをまたしても知らされたのである。

 大阪で地下鉄の乗り換えというと基本は上下移動、あるいはホームの上の水平移動だ。例えば大阪市営地下鉄の南森町駅では、乗り換える二線が立体的にクロスしてるので階段で上下するだけで簡単に乗り換えることができる。大国町駅では同方向の御堂筋線と四つ橋線の乗り換えは、ホームを隔てて反対側の電車に乗り換えるだけだから移動距離は10mもない。乗り換えが不便なのは後から作られたために地中深い所を走ってる長堀鶴見緑地線くらいであって、他ははじめから「乗り換えの便利さ」を意識して作られているのである。離れた駅をむりやりに地下道でつなげて「乗り換え」と称してる東京と、最初から乗り換えの便利さを考えて設計された大阪とでは根本的に発想が異なるのである。

 大阪では少しでも歩く距離が長くなると「動く歩道」が設置される。地下鉄からの乗り換えの距離が長い阪急の梅田駅などがそうである。まあオレも東京を隅々まで調べて発言しているわけではなく、たまたま今日体験した材料で語っているだけなので主観的な発言をお許し願いたい。

 その地下鉄大手町駅から都営三田線に乗ったわけだが、ホームにある柱にGIANTSの文字がある。まるで駅全体が巨人軍を応援しているような雰囲気である。阪神ファンのオレとしては全く気分が悪いのである。少なくとも都民の税金で赤字を穴埋めしている都営地下鉄が、読売巨人軍という一私企業を駅ぐるみで応援していいのか。あるいは広告収入を得るためにやむなくしていることなのか。オレにはどうも納得がいかなかったのである。しかもそこの柱にある写真は背番号1、王貞治である。いったいいつの写真なんだ。王貞治は今はソフトバンクの監督である。そんなものをいつまでもそこに飾ってる無神経さがオレには不思議なのである。それとも王貞治以降はろくな選手がいないのでそこに飾るに値しないということなのか。名選手はいっぱいいたじゃないか。江川卓、元木大介、クロマティ、いくらでもその柱に写真を貼り付けるのにふさわしい選手がいるじゃないか。それなのになんで王貞治なんだとオレは不思議に思うのである。阪神電車の駅に阪神の選手のポスターがあるのはいいが、都営地下鉄が巨人軍の応援をするのはいかがなものかとオレはやっぱり納得がいかないのだ。

 それにしても暑い。何か冷たい飲み物でも買おうかと思ってオレはローソンに入った。そこでオレは変なものを目撃してしまった。なんだこの情けない弁当は・・・。あの八百長野郎の写真入りの、食べるだけで恥ずかしさが伝染しそうな亀田弁当が何種類もある。そんなものを買うヤツがいるのか。オレは同じ大阪の人間としてあんなヤツがいることが恥ずかしい。

 世間の人が大阪と聞いて「暴言コラムニスト・江草乗」と連想してくれるのなら嬉しいのだが、「大阪=亀田兄弟」と連想されると悲しすぎる。そんな馬鹿を大阪の代表にしないでくれ。確かに大阪にはあんなヤツがたくさんいるのは事実だ。いかにもガラが悪そうでしかも頭のできもよくなさそうな言動のヤツは大阪には無数にいる。ああいったヤンキーの兄ちゃんは大阪のパチンコ屋や盛り場やゲーセンにいくらでもいる。たぶん大阪の人間の1%くらいは確実に亀田兄弟のコピーみたいな連中だ。しかし、どんなに多くても1%程度なのである。それを誤解しないで欲しい。あとの99%はまともな人間なのだ。そしてオレのように大阪の知性と良識を代表するような人間もちゃんと存在するのだ。大阪の人間が全員亀田兄弟みたいだとは決して思わないで欲しいのである。亀田弁当を見ていてオレはそれを世間の人たちにどうしても言いたくなったのだ。

 大阪の人間さえもたいてい「あの試合は八百長だ」「あんな判定はひどすぎる」と言っている。オレがたぶん八百長を仕切っていたと思われるTBSに対して感じるのは、日本人の国民性をちっとも理解していないということである。日本には由緒ある「判官贔屓」という言葉がある。敗者を愛する精神であり、そこに美学を感じる人が多いこともまた事実なのだ。源義経の人気はその悲劇のおかげであったように、亀田はあの試合で負けるべきであった。おまえらは映画「ロッキー」も観たことがないのかとオレは悲しくなったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←八百長弁当なんか食いたくない人はクリックをお願いします。

2006年08月05日(土) 女を世話しないと停電させるぞ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 日本では関西電力とか東京電力という私企業がやってる電力供給が、中国では政府直轄でその責任者には共産党の幹部が就いているらしい。そういうことは今回初めて知ったのだが、その共産党幹部の中にはとんでもないヤツが居るのである。まあテレビで見る日本たたきの醜悪な映像を見れば、共産党幹部だけでなくとんでもないヤツは中国人民の中にいくらでもいるような気がするのだが。

 この暴言コラムでも以前に取り上げたが、蒋介石の国民党軍が八路軍との戦いで使おうとして日本軍から接収した化学兵器を今頃になって「日本軍が勝手に遺棄した」と騒ぎ立てて処理費用の名目で天文学的なゼニを脅し取ろうとしているあの犯罪国家の党幹部が腐敗していることくらい当たり前なのである。

 中国、瀏陽市では7月31日に同市で初となる5つ星ホテル「銀天大酒店」が開業した。さまざまな権力を持ってる共産党幹部はさっそく銀天大酒店に接待を要求し、女性従業員ら2人を「あと10分で酌に来い」と呼び出したという。まるでヤクザである。もちろんこういう連中が一緒に飲むだけで満足するわけがないのである。「停電を避けたいならば、一晩つきあえ」「酌をした酒を俺が一杯飲むごとに停電の時間を1時間短くする」と脅迫して白酒を7本空けたという。

 党幹部というのは権威主義的なものに凝り固まってるのか、案内状をホテルの支配人自身が届けるのではなくて部下に届けさせたことが、今回のいやがらせの理由という見解もある。いずれにせよ銀天大酒店側の対応が共産党幹部の意に添わなかったのは確かである。なんとしても女が欲しいという思いを遂げたかったのか、この共産党幹部は女性従業員に抱きついたが拒絶されたため、現地時間の20時40分頃にその腹いせとして電力供給を停止したのである。

 当然のことだが銀天大酒店は大混乱に陥った。ゼニを返せとわめく客が殺到したという。ホテルに泊まっていて停電ならそりゃ客も怒るだろう。周辺の住宅街でも停電したという。市政府や市の共産党委員会が調査して事実関係を調べた結果、事件の全容が判明して電力局ではこの幹部を免職にしたという。個人的な嫌がらせで電力供給を止めたりする国、それが中国なのである。公的な立場にある人間のモラルがこんなにも低いのである。

 日本にも変なヤツが多いが、少なくとも東京電力や関西電力の役員が腹いせに電気を止めるなんて話は聞いたことがない。日本で電気を止められるのはゼニを払っていない場合くらいである。

 2008年の北京オリンピックももう目前なのだが、オレはこんな情けない国がまともにオリンピックを運営できるのか危惧している。こんな国にオリンピックをやらせるなというのがオレの正直な気持ちなのだ。世界中から大勢の観客が訪れて交通機関や宿泊施設を利用する。そこで満足なサービスを提供することができるのか。緑化というのはスプレーで枯れ草を着色することであると勘違いしてるこの馬鹿国家がどんなイカサマ五輪を開催するのか、オレは深く憂慮している。全く期待していないどころではないのだ。どんな悲劇的な事故が発生するのか、オレはその不安からこの国にはオリンピックをやらせたくないのだ。

 今、世界の地域紛争の武器の供給源はまぎれもなく中国である。劇画「ゴルゴ13」ではアラブ系民兵ジャンジャウィードに武器を支援してダルフール紛争の間接的な原因を作り出したのが中国であるという設定で一話を作っていたが、案外フィクションとも思えないストーリーであった。日本からはODAのゼニをもらっておきながら、その一方では武器をばらまきつつアフリカの諸国に援助外交を展開する欺瞞国家中国、断じてこの国にオリンピックを開催させるべきではない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←中国共産党の実態にあきれた人はクリックお願いします。

2006年08月04日(金) オレをご主人サマと呼べ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 言いたい放題セレクションのページを更新しました。最近2ヶ月の分を追加しました。


村本卓也(42歳)、趣味は女性の監禁。父親が土建業者だった関係で親にもらったマンションが、その舞台となった。マンションの部屋はほとんどが空き室、そのどの部屋も村本は自由に使うことができたのである。お見合いパーティーなどで若い女性を物色しては「同居しよう」という甘い言葉でだましてそのマンションに連れてきて、その直後から女性を奴隷として服従させる生活を繰り返していたのだ。

 その村本卓也とはいったいどんな男だったのか。「およそ女の子が近づくようなタイプではなかった」。村本容疑者の幼少のころや逮捕前の姿を知る関係者らの話からは一様に、「暗いイメージ」が浮かび上がるという。被害者の女性は「二重人格だ」と話し、現在もおびえているという。そのマンションの1階で以前に喫茶店を経営していた女性(60歳)は、「およそ女の子が近づくタイプではなく、友達がマンションに訪れるということもなかった。結婚話も聞いたことはなく、なぜ女性が監禁されたのか不思議でならない」と語っている。顔を合わせてもいつも、鬼のような形相をしていて不機嫌で、声をかけるのがためらわれたとか。

 社会の中で自分の場所を見つけられず、他者と上手に関係を作れないこの男は、女性を監禁して支配し、その女性から自分を「ご主人様」「だんな様」と呼ばせることに生き甲斐を見いだしていたのかも知れない。とんでもないクソ野郎である。

 2004年の3月、村本と同居していた女性が衰弱して死亡した。死因は凍死とされたがおそらく極度に弱った状態で暖房のない部屋に放置された結果だと思われる。体重は30キロ台まで減少し、全身に暴力を振るわれたようなあざがあって虐待は誰の目にも明らかだったのだが、日本一やる気のない警察である大阪府警は、女性が自分の意志で家出していることを理由に「事件性がない」と判断していた。そのマンションでは9年前にも村本が女性を監禁するという事件を起こしてるが、女性の家族の側から「事件にしないで」ということで処理されている。おそらく村本の報復を恐れたからだろう。監禁はこの男の趣味であったことから考えて、おそらく今回明らかになった以外にも多数の女性がそこで監禁生活を送ったことが想像される。「警察に言えば殺す」「恥ずかしい写真をばらまく」とでも言われたのだろうか。こういう外道の使う口止めの手段は容易に想像できる。

 また父親が土建屋で地元でも評判の富豪だったことから、警察となんらかのつながりがあって、その力で事件を立件せずにもみ消したという可能性も捨てきれない。何しろ大阪だ。犯罪はなんでもありの世界なのである。警察と暴力団は基本的にお友達なのである。

 この女性監禁を繰り返した外道が捕まったのは、7月15日のことだ。「同居人の体調が悪い」などと殊勝にも119番したので、駆け付けた消防隊員が、マンションの一室で衰弱した女性を発見し病院に搬送したのである。それも衰弱しきって死の一歩手前の状態だったのだ。マンションの部屋は窓を閉め切り、日中も日が差さない状態だったという。食事も十分にとらせず、逃げだそうとすると暴力を振るい、背中にアイロンを押しつけたりしたという。外出時には真っ暗にしたトイレに閉じこめるなどし、ベルトで女性を縛っていたという。(この縛った件に関して村本は認めているが、合意の上だったと主張している)。

 今回の女性の監禁が始まったのは今年の2月である。発覚が遅れたのは、家族の捜索願に対して「本人の意志で家出しているのだから」とやはりやる気のない大阪府警が捜査しなかったからである。携帯電話の通話記録を調べればすぐに検挙できたのに、そんなこともしてくれなかったのである。もっとも虐待で殺されても何もしないくらいだから、家出人の家族からの面倒な依頼なんて取り合ってもくれないのだろう。大阪の治安が悪くて犯罪が多くて忙しいことはよくわかるが、それにしてもひどい話である。

 さて、腑に落ちないことの一つは、この村本容疑者は無職だったわけだが、生活するゼニをどこから手に入れていたかと言うことだ。遊んで暮らせるくらいの蓄えを親が与えてくれているということなのか。この33室あるマンションを丸ごと自由に使えたわけだから、ちゃんと家賃収入があれば生活には困らない。もっともほとんどが空き室だったということで実質収入はないはずである。だったらどうやって生活していたのか。犯罪者はたいてい無職なんだが、無職でなぜ生きていけるのか、まっとうに働いてるオレには不思議で仕方がないのである。こいつの親はよほどの富豪だったのだろう。

 今回、殺される寸前で病院に搬送したから虐待が明らかになり、過去の殺人も改めて事件視されることとなったわけだが、他にも多数の余罪があるはずだ。こんな外道は存在そのものが社会にとって迷惑である。今回虐待によって死亡したのが一人だけということで裁判所は機械的に「懲役15年」とかの判決を下すことが想像されるが、有期の懲役刑でまた出所させれば、また同様の事件を起こす可能性が高い。つまり、この男にとって「虐待による他者の支配」というのは人格の一部なのである。更正なんてまず期待できないだろう。報道される供述内容からは反省のカケラもない。とりあえずこんなヤツは死刑だ。死刑制度というのはこういうどうしようもないヤツをさっさと地上から消し去るために存在するのである。しかし、そんなオレの願いも空しいのである。なぜならこの男を裁くのは、日本一の馬鹿裁判所である大阪地裁なのである。どんな軽い判決になってしまうのか・・・


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←村本死刑の前に背中にアイロンを当てるのに賛成の方はクリックをお願いします。

2006年08月03日(木) ゼニを払わない人たち2        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 前作「ゼニを払わない人たち」もついでに読んでみてください。また、過去日記一覧←をクリックすると、過去の全日記が題名から選べます。

 オレには理解できない人種だが、この世には「ゼニを払わない人たち」というのが存在する。例えば学校の給食費を踏み倒す。PTA会費を払わない。せっかくもらった奨学金を返さない。ETCゲートを強行突破して高速道路の通行料金を踏み倒す。コンビニで万引きする。そういう連中が無数にいるのである。

 もちろん、昔からゼニを払わないヤツらはいた。たとえばオレが通った京都大学の生協食堂は、10円単位で切り離すことの出来る食券を購入し、おかずと引き換えるときにその金額分の食券をそこに置くという仕組みだった。自分のトレイにだし巻き玉子を取れば、引き換えに50円分の食券を置き、豆腐をとれば30円分を置くという仕組みだった。しかし、置かれている食券と実際に持ち去られる食品の金額は一致せず、常に食券は1割ほど足りなかったそうである。京都大学の生協食堂では常に10%のただ食いをするヤツがいたということである。「きちっとお金を払いましょう」というポスターが貼られていたことをオレは記憶している。

 京都大学でさえもそんな調子だったのである。もっとも他の大学に比べて京大生のモラルが高かったとはオレには思えない。大学構内ではよく暴力事件が発生していて、オレは目の前でヘルメットをかぶった過激派の学生たちが殴り合う光景をよく目にした。おそらく、当時は日本一校内暴力のはびこった大学であったと思われる。そうした過激派の内ゲバ事件で手足を折られるなんて凄惨なリンチもあった。もちろん大多数はオレのような善良な学生だったわけだが。

 さすがにその時代よりもはるかにモラルの低下した現在の京都大学では、そんなふうに学生の良心に依存するシステムでは通用しないので、ちゃんとレジ方式になって取りっぱぐれのないようになっているらしい。それはともかく、確かに昔からゼニを払わないヤツはいたのである。合コンの時に突然財布を忘れる女、大学の授業料を滞納するヤツ、さまざまな理由をつけてNHKの受信料を払わないヤツは今も昔も変わりなく存在する。

 報道によれば2004年度に発生した医療費の未払いが、少なくとも全国の3058の病院で発生し、未払い額の合計が218億円もあったらしい。例えば沖縄県内の40病院の未払い額は6億2000万円、一病院あたり716万円だ。その中には「払いたくても払えない」低所得者ももちろんいるだろう。しかし、「払えるけど払わない」という人も確実に増えてるのである。まさにモラルの低下である。

 救急車で運ばれてきて、治ったらそのまま払わずに逃亡するというパターンも多く、ゼニを持ってないからと放置するわけにもいかず多くの病院は困り果てているのだ。そこで「ゼニのない患者お断り」と追い出せば、今度は「患者を見殺しにした」「金儲けのことしか考えてない」と世間から責められてしまう。しかし、その回収できない医療費はいったい誰が最終的に負担するのか。その損失額の穴埋めが医療費に上乗せされるならば、結局はまっとうに支払う人たちが代わりに負担させられることになるのである。だったら治療しないで死んでもらえばいいのか。そういうわけにもいかないのである。日本では、「ゼニがないから入院できずに死ぬ」という現象は起きないという建前になっており、どんな人でも助けないといけないのである。もしも貧乏人お断りと病院が宣言したら、マスコミは格好のネタができたとばかりにその病院を攻撃するだろう。

 しかし、病院経営にはゼニがかかるのである。何も慈善事業でやってるのではない。借金があるのならそれを返さないといけないのである。なかなか大変なのである。入院患者の中には、入院日数に応じて保険からもらえる給付目当てに病気でもないのに入院してるヤツも多い。大阪は特に多い。オレの母が一時入院した病院もそんな元気でガラの悪い入院患者たちがうじゃうじゃいた。病室でタバコを吸い、大声で騒ぐ牢名主のようなオバハンがいてあまりにひどかったのでオレはすぐに母を退院させた。(その病院が患者数を水増しして補助金を受け取るためにホームレス狩りをしていたというのは周辺住民はみんな知っている公然の事実らしい)

 そんなどうしようもない連中を相手に病院を運営するのも本当に大変なのである。芦原病院が大阪市から多くの融資を引き出しながら踏み倒したと話題になってるが、実際に芦原病院を経営する側としてはゼニを払わない患者が多くて大変だったような気がするのである。大阪というのはそんな情けない土地柄なのだ。

 先日、オレはクルマの修理代を払いに行った。当て逃げされたバンパーの修理には6万円も掛かったのである。クルマを受け取るときに財布にたまたまそれだけの持ち合わせがなかったので後日払いに行ったのだが、もしかしたら世の中には「後で払います」といいながらそのまま払わない人たちもいるような気がするのである。だったらクルマを引き渡さなかったらいいわけだが、店としてはそういうわけにもいかないだろう。病院もゼニを払わないヤツは退院させなかったらいいわけだが、たいていそういう患者というのは看護師にセクハラしたり病室で酒を飲んで暴れたりという困ったチャンであることが多く、どちらかというと出て行ってくれる方がありがたいというクソ患者なのである。

 かくして入院費は踏み倒されることとなる。今、未収になってる医療費は全体の0.1%だという。(これは統計上の数字なので実際はもっと多く、その10倍くらいはあるだろう)モラルの崩壊が進行しつつある今、この状況はさらに悪化しても、よくなるということはなさそうだ。

 阪神高速のETCゲートをゼニを払わずに突破するクルマが年間に20万台あるという。一日に600台はあるわけだ。通行料金は700円だからこれだけで1億4000万円である。もしも監視体制を強化して踏み倒しを防ぐシステムを構築したいならたぶん20億円くらいはかかってしまうだろう。一私企業となった道路公団として、投資対効果を考えるならそんなシステムにゼニを掛けるのは無駄だということになる。かくして社会はますますモラルが崩壊し、不心得者が堂々と開き直る住みにくい世の中になっていく。強行突破された時、後ろからカラーボールを発射してクルマにぶち当てるという単純な仕組みならさほどゼニもかからないと思うのだが。いかがなものだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←ETC料金踏み倒しを許すな!と思う方はクリックをお願いします。

2006年08月02日(水) セリーグのペナントレースはもう終わりました        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはコテコテの阪神ファンである。いつも阪神タイガースの優勝を信じてテレビの前で野球を観戦している。もちろん今年も阪神の優勝をオレはある時期まで信じていた。しかし、どうも今年はそれが困難なような気がしてきたのである。中日が強すぎるのだ。そして、落合監督の方が岡田監督よりもはるかに用兵に優れ、確実に勝ちをモノにしているような気がするのだ。

 オールスター明けの3連戦、阪神は苦手のナゴヤドーム第一戦に背信のエース、井川を起用した。大事な試合に必ず登板しては、必ずファンの期待を裏切る嫌われ者の男だ。案の定この日も打たれて負けた。中日の先発はエースの川上憲伸ではなくて中田だった。岡田監督が「エースを第一戦に起用」ということにこだわったのに対して、落合監督は「阪神に一番相性のいい投手を起用」という戦略に出たのである。結果は7−2と大差で中日が勝った。第二戦、阪神は絶好調の福原忍が先発、好投してよく中日打線を1点に抑えた。しかし福原に代打が送られた関係で阪神はわずかに1点のリードをダーウィン(いつまでも進化しないぜ)に託したが中日打線に簡単に捕まり逆転されてしまった。第三戦、満を持して登板した中日のエース川上憲伸は6回までを1点に抑え、その後4投手の継投で中日は5−1と逃げ切ったのである。阪神は3連敗してしまった。

 ほとんどバントをさせない岡田監督と違って落合監督は実に手堅く戦ってきた。無警戒の阪神バッテリーのすきをついてスクイズで追加点をもぎ取ったりしてきた。タイミングではアウトなのに阪神の金沢はあわててグラブからボールをこぼして投げ損ねた。打てない上に守備の乱れでやらなくてもいい点を相手に与えてしまう阪神と、打って走って守れる中日。両者の力の差は明らかである。父と二人でテレビの前で「あかんわ、中日強いわ、福留ホンマによく打つわ・・・」とオレはため息をついていたのである。

 阪神の代打陣も全くダメである。片岡と桧山の打率1割台コンビも何とかして欲しいのである。二人そろって打率.158(7月31日現在)ではもう完全に終わっている。今季終了時には後進に道を譲って引退することになるかも知れない。楽天ならまだレギュラーがとれるかも知れないが。

 こんな弱い阪神が2位にいられるのは、ひとえに他のチームが弱すぎるからである。特に巨人が弱い。もしもイ・スンヨプがいなかったらダントツの最下位は間違いなし、楽天よりも弱かっただろう。彼一人の活躍でかろうじて5位に踏みとどまってるのである。8月1日の東京ドームでの巨人−阪神戦でもイ・スンヨプはサヨナラホームランを打った。打たれたのはおなじみあの背信のエース、井川だった。

 中日に全く通用しない今の阪神が優勝できる見込みはない。もしも阪神が残りの中日戦を全敗しつつも他のチームに全勝すれば優勝は可能かも知れないが、それはありえないことである。現に巨人のような弱小チームに何度もサヨナラ負けしているのである。ヤクルトにも勝ち越せないのである。せっかく藤川球児というすばらしい抑えの切り札を擁しながら、打線がちっとも点をとってくれないのである。これでは投手がかわいそうだ。

 三振ばかりの代打陣、打てないだけでなく守れば情けないエラーをする片岡、息子はそれがよく分かってるので、代打に片岡が送られると「うわーっ、もう最悪」と悲鳴を上げる。もう今季の優勝の可能性をオレはあきらめた。役立たずのベテラン勢にはさっさと引導を渡して、来季のためにもっと若手を起用してくれ。その方がもしかしたら勝てるようになるかも知れないぜ。オレはそれでも奇跡の起きることをどこかで願いつつ、あの強い中日の勢いを止めてくれないかと広島や横浜に空しい期待をしてしまうのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←プロ野球も高校野球でもとにかく、野球が好きな方はぜひクリックをお願いします。

2006年08月01日(火) 日本もついにアメリカになったのか・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 夏休みのご旅行を計画されている方は、ぜひこちらのページで紹介されているところも参考になさってください。


 アメリカの馬鹿裁判といえばやはり電子レンジでペットをチンした事件だろう。その馬鹿飼い主は「ペットを入れてはいけないとはどこにも書いていない」と言いがかりをつけて賠償金をもぎ取ったという。「マクドナルドのコーヒーがこぼれて火傷をしたのはコーヒーが熱すぎたからだ」という言いがかりをつけて数千万せしめたおばはんもいたという。

 こういう訴えが認められてゼニを分捕ることができるという時点で、アメリカというのはつくづく馬鹿天国なのだとオレは脱力する。まっとうな常識を持つ大人の国なら、そんな馬鹿裁判は起こす方が恥ずかしいのであり、仮にそういう訴えがあったとしても裁判官がまともな判決を下して却下するからだ。しかし、アメリカという国の不幸なところは常識を持たない馬鹿な人間が多いだけではなくて裁判のレベルもまた馬鹿であるというところにある。

 それに比べてオレは日本という国をかなりマシだと思っていた。ところが日本でも大阪地裁という馬鹿判決を連発する裁判所が出現して危機感を感じるようになり、ついに千葉地裁にまで馬鹿が伝染したのである。以下その馬鹿裁判に至った事件について説明しよう。

 2005年4月、千葉市若葉区の動物公園で、園内のサークル型ベンチ(中につつじの植え込みがある)に腰掛けようとした(上に乗ろうとして立ち上がったという説もある)1歳7ヶ月の男児が、転倒して中の植え込みの所に仰向けで落下、ツツジの枯れ枝が頭部に突き刺さって脳挫傷で死亡したという事件が起きた。男児が転倒した際、母親は知人と立ち話をしていたという目撃者の話もあるらしい。小さな子どもが転んでケガをすること自体よくあることであり、普通に歩いたり走ったりしていても転んで顔面を地面に強打するなんて日常茶飯事である。仰向けに倒れたところに枯れ枝があった。それが運悪く頭に突き刺さり・・・不幸なことだが、これ自体不可抗力だ。起こってしまったことは仕方がないとしか言えないし、運が悪かったとしかオレには言いようがない。

 もしも自分の子どもが同様の事故でケガをしたとして、オレは1歳児のそばにいつもくっついていなかった自分の不注意をとにかく恥じるだろう。それ以外何も恨みようがない。転んでケガをしたら地面を恨むのか。階段で転んだら階段を恨むのか。ブランコから落ちたらその危険なブランコを恨むのか。実際の所、このような不幸はきわめてまれな確率ではあるが確実に存在しているのである。

 さて、この男児の両親はなんと事故の原因をこのベンチに求め、両親側は「ベンチには転倒を防ぐための背もたれがなく、ベンチ内側には幼児が転落した際に体に突き刺さる危険な枯れ枝が密生していた」という主張をして市に損害賠償5000万円を求める訴訟を起こしたのであった。千葉市側は「転倒の危険性は、保護者が常に付き添うなどして防ぐべきで、園内から枯れ枝をすべて除去することは不可能」などと反論していた。きわめて常識的な反論である。枯れ枝が危険かどうかは判断が分かれるところである。もしも仰向けではなくてうつぶせに転落していれば目に刺さったりしてやはり危険だっただろう。

 ただ、どんなものでも場合によっては凶器になるのだ。もしもベンチの内側ではなくて外側に転落して地面で頭を打って死亡した場合、両親は「危険な地面を放置した市に賠償責任がある」と訴えるのだろうか。ベンチの後ろに枯れ枝のある場所なんて日本中にいくらでもある。「枯れ枝」が危険なものであると認定されるならば、日本の公園のほぼ100%が危険だ。

 かつて千葉地裁には、バイク事故で息子を亡くした母親が、「息子がバイク事故で死んだのはバイクを禁止してくれなかった学校のせいだ」という訴えを起こしたことがあった。その馬鹿裁判では母親の訴えは却下され、千葉地裁はちゃんと常識を示したのである。しかし、今回の判決は違った。

 7月26日、千葉地裁の長谷川誠裁判長は、背もたれが無いだけで安全性を欠いていたとは言えないとした上で、「動物園には幼児の安全確保が求められており、その見地から見れば安全性を欠いていた」「枯れ枝の硬さや鋭さから、転倒した人がけがを負うことは予見すべきであった」などと両親側の主張を一部認め、5000万円の請求の一部である1000万円の支払いを千葉市に命じたのである。千葉市は控訴するかどうかを検討しているという。なお、事件の現場となったベンチの内側の植え込みはすでに花壇に変更されているとか。このような言いがかりとしか思えない裁判で勝ててしまう情けない国に日本がなってしまうことをオレは悲しく思う。それだけである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←千葉地裁の判決は間違ってると思う方はクリックをお願いします。


My追加
江草乗の言いたい放題 - にほんブログ村

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP エンピツユニオン