ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2018年12月28日(金) 韓国艦レーダー照射映像を公開 防衛省

韓国艦レーダー照射映像を公開 防衛省(毎日新聞 2018.12.28)

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、
防衛省は28日夕、当時の映像データを、同省ホームページで公表した。

 公開された映像は20日午後3時過ぎ、石川県能登半島沖を飛行する哨戒機から、
韓国海軍の駆逐艦などが航行する様子を撮影。
「離隔する。一旦離隔する」「めちゃくちゃすごい音だ」などと
機長らによる緊迫したやりとりが収められている。

 レーダー照射は攻撃の前段階として目標に電波を当てて追跡するもの。
「ロックオン」と呼ばれて、攻撃の意思がなくても、不測の事態を招きかねない極めて危険な行為とされる。
防衛省はデータを解析し、複数回にわたってレーダー照射を受けたと結論づけていた。

 一方、韓国国防省のこれまでの説明内容は変遷している。
当初、北朝鮮の漂流漁船を捜索するために、全てのレーダーを使ったと主張。
その後、防衛省から反論されると、火器管制レーダーについては
「光学カメラを稼働させただけ」などと使用自体を否定するなど、
双方の主張は平行線をたどっていた。

 岩屋毅防衛相は28日午前の閣議後記者会見で、海自は国際法などにのっとり、
韓国側が主張する低空飛行などの危険行為はなかったことを
映像データで示すとの考えを示していた。

 岩屋防衛相は、映像データの公開に踏み切った理由について
「日韓関係の修復は最終的に必要だが、自衛隊側に問題があるような
韓国側の言いぶりは遺憾だ。国民に誤解なきよう、きちんと説明する必要がある」と語っている。

 これに関連して、菅義偉官房長官も28日午前の記者会見で、韓国側の最近の動向に関して
「日韓関係に否定的な動きが相次いでいることは大変残念だ」と述べた。


防衛省が公開した動画がこちらです。



公開された動画を見る限り波は非常に穏やかですし、

北朝鮮の漂流漁船も韓国海軍の駆逐艦から目視できる距離で、

これまでの韓国側の主張が嘘ということになりますね。

一歩間違えれば最悪な事態になっていたかもしれないという緊張感が伝わってきます。

緊迫した中でのクルーの冷静な対応はさすがです。

この件に関して珍しく防衛省が強気だったのは

韓国側が嘘の反論や否定を続ければ動画を公開すればいいと考えていたからでしょう。

一歩間違えれば一触即発の事態になっていたことなので、

有耶無耶にしてはいけないことと日本側に非はないことを国内外に示さなければいけません。

韓国は過ちを認めて再発防止に努めてほしいのですが、まあ無理なことなんでしょうね。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ