Movin'on without you
mako



 うれしいことば。

この世で最も憧れかつ尊敬してる
スーパーヒーローみたいな人がいて
こないだ握手してもらった時に
冷たい手だねってぎゅっとしてくれた。

その人の優しさに感動。

今年はやっぱりいい年だ。
年の初めから感動できることがいっぱい。
嬉しい言葉もいっぱい。

こうやっていいことばかり積み重ねて
大晦日を迎えるんだ。

また会いたい人ばかり。

2013年01月09日(水)



 ありのままの場所。

嫁さん、ね。
嫁さん、か。

嫁さん嫁さん。
呆れるようにどうでもよさそうに。
わかってるよ。
でもね。
思い出すと、すこしにやける。

近いところにいることを
わざと知らせたくて、いろんなことを話した。
わざと、話した。
そのどれもがほんとうは
特別な意味合いは皆無なのに。
実は大したことの無いことなのに。

特別な関係なんだなって
思わせたくて思ってもらいたくて
なんて子供じみた
年甲斐も無く
今になると恥ずかしい。

こんな子供じみたところも
どうしても素直なんだよね。

わがままも言うし
言っても許されると勝手に思ってるし
ジャイアンみたいだよ、あたし。

でもきっと何とも思ってないから言える。
それが解るから言えるだけ。

どう頑張ったってやっぱり素直なんです。
あとになって気がついたけど
何所にいるよりなぜか素直なんです。

2013年01月08日(火)



 あたしが信じてるそれが全て。

驚いた。

こんなに無条件に「信じる」ことのできる自分に。

助けてなんかもらえないかもしれないのに
寧ろその可能性の方がずっとが高いことを
頭ではわかっているのに。それでもなお、
何かあった時にはこの人は助けてくれる、
そんな風に思い続けられる自分に驚く。

人に裏切られるのが怖くて
人と深い関係性を築けないあたしが。
なぜか、この人のことだけは
出会ってから10年経った今でもずっと信じてる。

不思議なひとだ。

信じている、
その自分の感情に、感動した。

無条件に信じてる。
何故だかは本当に解らないけれど。

しあわせな一年のはじまり。









2013年01月07日(月)



 きっと刷り込みに近い。

彼は、あたしのはじめての上司だったから
あたしには、彼がぜんぶの基準だった。

何が正しくて、何が間違ってるのか
仕事とはどういうものなのか
あたしはこの人に、ぜんぶ教わった。

彼と、一緒にいた、4年間。
そのうちの1年間は、2人きりの職場だったね。
あなたとしか喋らない日もたくさんあった。

家族よりも、奥さんよりも、
同じ時間と、目標を、共有した1年間。

ひよこだったあたしは、
刷り込みのように、あなたの後を追った。

あなたに褒められれば子供のように喜んで
3回くらい、本気で怒られて泣いたね。

尊敬する上司は?って聞かれたら
あれから4年経過した今でも
まだ、あなたの名前を答えられる。

嘘だけはつくな、が口癖で
誰よりも厳しくて、でも優しくて
笑うと目元に笑いじわができて
いつも論理的で、頭が良くて
仕事のことばっかり考えてるくせに
時折、とんでもないことを言ったりして

そんな彼が、あたしは大好きだった。

もう、家族とおんなじだった。
会社でのパパだと公言してはばからず
結婚相手が見つかったら、一番に紹介するから
「makoは嫁にやらん」って、殴ってね、って
いつも言ってた。約束してくれた。

恋愛対象じゃなかったよね、お互い。

あたしには、大切な人だったけど。
いつも、大好きだったけど。
理想の男性、そのものだったけど。




2011年12月04日(日)



 ねぇ、なんで。

なんで、あたしを抱こうとしたの?
なんで、あたしを誘ったの?
なんで、あたしだったの?
たまたま、近くにいたから?
もう、上司と部下じゃないもんな、って
それは、自分自身への言い訳だった?

あたしである、理由なんてないって
わかっていながら、それを選択したけど、
こんなにも簡単に、そんな風に言われると
他の誰かにも、そうやってしたの?って
疑いたくなる。それが、辛い。

あたしである理由なんてなくていいから
他の誰かでもいい、なんて言わないで。

たまたま隣にいた、って理由でいいから、
それが、makoだったから、って
ほんのちょっとでも思ってほしかった。

あたしにはとても、大切な人だったから。




2011年12月03日(土)



 不可思議。

たぶん、
あたしの人生の中で、
なんばんめかくらいに大切な彼と、
なんであんなことになったのか
よく、わからない。

やめておけばよかったとは
これっぽっちも思わないけど
もっとうまいやりようがあっただろうとは
今、考えても、すごいわかる。

彼はあたしに、
いろんなことを教えてくれた人だったから。

誰よりも感謝してるし、
きっと、仕事においてのあたしの何割かは
彼の要素で、出来上がっている。

あたしは、彼の前で、
一人の女には、なれなかったということで、
彼も多分同じで、
今になって、無性に哀しい。

2011年12月02日(金)



 ゆめ。

いかせんの夢を見たよ。

なんだろうね。なんのお告げ?
なんでいまなの?

ものすごく、ものすごく、
あいたくなってしまった。

あの人が、いま、どこの街で、何をしているのか
あたしは知らない。

あいたいけど、もう二度と会えないのかな。

やっぱりね、
あれから何人も人を好きになったけど、
あんなに愛せたひとは、たったひとりだったよ。

予想通りだね。

老けたかな。
老けたよね。
おたがいね。

初めて会った時から、
もう、13年も経ってしまった。

制服姿のあたしと、スーツ姿のあなたと。

あなたの周りにいた人たちには会えるのに、
あなたにだけ、会えない。


あいたいよ、いかせん。
今日は、無性にあいたくなった。

他のだれかじゃ埋められない、
おっきなおっきな、なにか。


2011年10月06日(木)



 弱さ。

別れなきゃ
別れなきゃ
別れなきゃ




解ってるのに
どうしても言えない



あたしは最低だ

2011年01月04日(火)



 自己擁護。


二人で職場にいる時に
奥さんから電話がかかってきて

少し、ちくりとして
その場を離れた。


あなたに家庭があることに対して
今さら何かを思うことはもう無い。

家庭があることを知って、好きになったわけだし
順番は、あたしの方が後だったわけだし

だから、
奪おうとか壊そうとか
そんなことは、さらさら思ってないの。

それは、あたしの中での、最低限のルール。
自分がされたら辛いことはしない。


だけど、こんなに寂しくなるのは

次の約束が無いから?
それとも、あなたの気持ちを信じられないから?
逢いたいって口に出せないから?


家族がいちばんで、勿論いいよ。
そうあるべきだと思ってる。

でも、それ以外では
ダントツでいちばんにして。
もうぶっちぎりで。
あたししか見えなくなってほしい。

まいにち、あいにきて。
いっぱいキスして。


って、本人に言えたらいいのに。
逢いたいって素直に言えたらいいのに。

あなたもそれを待っていること
知ってるのに、どうしてできないんだろう。


怖いのかな。
怖いんだろうな。

結局自分がかわいいんだ。
小さな傷を負うのが嫌なんだ。


素直になっちゃえばいいのに。

2009年11月14日(土)



 学習能力。

なぜなのか、気が向いて
自分の昔の日記を、読み返してみた。

少し、恥ずかしくて
でも、精一杯だった自分を思い出して

なんだか、胸が詰まるような想いだった。


思い出したよ。

もう十年も前、
大好きで、大好きで、本当に大好きで仕方ない人がいて
でも、どこからどう見たって、不毛な恋愛ってやつで。

その人と、寝た後の気持ちを。


あの時の、心の中に比べたら
今の不安なんて、どうってことない。

もう、ぐちゃぐちゃで、どろどろで
明日世界が終わったって後悔なんかないくらいの
そんな勢いで分かりやすく苦しかった。

あの時に比べたら
幸か不幸か、あたしも少しは大人になって
いや、なってしまって、なのかもしれないけれど。

気持ちの整理も、上手につけられるようになって。

これが、全てじゃない。
知ってる。
どんなに落ち込んだって、泣いたって、
明日はちゃんとやってくるし、
時間が解決してくれる。

経験値だけは、少しずつでも、増えた。
歳をとるって、悪いことじゃない。


それに、なにより。
今のあたしは、ちゃんと想われてるから。

その気持ちが、あたしに
もの凄い安心感と、安定をくれる。


だいじょうぶ。


そしてね。
あの時、人をあれだけ好きになれたことを考えると
もうあんな気持ちは二度と味わえないのかと思うと

どこかで寂しくもあり、
でもほっとしたりもするんです。


ほんとうに。
世界一のジェットコースターに乗ってる気持ちだった。
まいにち。

あの落差に比べたら
いまの落差は、想定範囲内だ。


だいじょうぶ。
穏やかに、大切に、日々を過ごしていけばいい。

あなたがくれている愛と安心感を
ちゃんとあなたに返せるように。



2009年11月12日(木)
初日 最新 目次 てがみ 掲示板


↑エンピツ投票ボタン

↑「my追加」ボタン