某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2018年02月12日(月) 少し修正。











2月9日の日記を少々修正。

自分で読むと、なんか違う意味に解釈できるな、と。

誰のことを責めているワケではないのに、

なんだか、罪をねたくりつけたみたいな感じだったので。





今、「貧乏人が何やってるの?」と、此処の読者の方なら

思うことをしているので、ちょっと疲弊気味。

人に頼られることには慣れているのに、

頼り慣れていないので、いっぱいいっぱい。

まあ、皆、ちょくちょくお手伝いはしてくれるけどね。

最初はソラちゃんを食事に招待していただけのハズが、

何故か膨張しちゃいました。





パソコンが欲しい子なんかは、私のパソコンで遊んでいます。

変なソフトをインストールしないコトや、

私宛のメールを勝手に開けないコト、

私はブラウザはchromeを使っているので、

Microsoft Edgeを使うコトなど、約束事を色々設けていますが。










エホバの証人の方の活動は、腹痛が止まらなくて休んで休んで

お医者にもあちこちかかって、結局S木先生の処方の

痙攣止め?を飲んで、解決解決、と思って集会に出ると

今度は心臓が痛くなるのでまた休んで、あちこち

病院に行ったけれど、結局S木先生が持たせてくれた

ニトロでなんとかなって、また、集会だー!と、思うと

今度は吐き気がするようになって、結局、集会が終わるまで

駐車場に退避して、温かいお茶を飲みながら、

「あ〜、なんか情けないな〜。」と思いつつ、今、ココ。





LINEで慰めてくれる人もいて、これからは、

ボランティア活動と集会の精神的両立を考えているところ。

一人になる時間もどんどん減ってきて、

お風呂なんかも、自分は家にお風呂があるからいいけれど、

お風呂に入らせてもらえない子なんかに譲っていると

なんとなくタイミングを掴み損ねてしまう日もしばしば。





風俗嬢のラストの仕事を終えてから来る子も

日を決めてあるし、もう、私だけのキャパシティじゃ

できないな、と感じているので、私が食べ物、

ストレスの元が着る物を管理して、それぞれが足りない物を

調達する人なんかもいてくれるので、(主に嬢。)

それもいっぱいいっぱい活用して・・・。





何をしているんでしょうね、私は。

限界はすぐそこまで来ているかもしれないのに。

正直、もうちょっと自由な時間が欲しい、かな。





2018年02月09日(金) 後ろ髪。










・・・約束を反故にするって、某突起名的には

すごい罪悪感を感じるのですが、他の方々はどうでしょう。

後ろ髪を引かれるどころか、このまま車で電柱にでも

突っ込んでしまいたい気持ち。





でもごめんなさい、しか言えないもの。

相手の方にしてみたら、鬱陶しいだろうなとは

思うのだけど、それしか言葉は出てこないもの。

どうしたら良いんだろう。





いい年して、欠食児童の世話なんかしてる癖に、

こういう時に言える気の利いた言葉ってなんでしょ。

本当、いい年をして情けない。

しかも、ドタキャンの原因が、ストレスの元の怒号って(汗)

「今日は食べにくる子が多いんでしょう!?

 遊んでる時間ないよっ!」とか言われるとね〜。






色んな事情でうちに来る「子」から、「人」まで、

色んな人に出会います。児童相談所のお世話になって

ネグレクトの母親から逃げ出せた「子」もいます。

禁煙の我が家で、断煙を成功させた「人」もいます。

もっと複雑な事情を抱えて通ってくる「娘」もいます。

いじめっ子になってしまったけれど、実は対象の女の子に

好意を抱いていて、こんなつもりじゃなかった、なんていう、

甘酸っぱいような深刻なような問題を持ち込んできて、

そこにいた者の全員がディスカッションをはじめる日もあります。

前述のような思春期の男の子も居れば女の子も居ます。

年齢も、公表できない年齢から、某突起名より上の人間もいます。





「おかあさん、おなかがすいた。なんかない?」





このキーワードで、某突起名はおさんどんをする女性になります。

愚痴や弱音を吐くのを背中で受け止めながら、料理をします。

私はそれを日常に埋没しようとしていましたが、

このまま、「母」になってしまったら、自分にはなかった「娘」

「女」「子」の時代をどう処理したらいいのか困っています。





気軽なはずが何故か、地域ボランティア活動として

重い、重いモノに様変わりしつつあります。

今日も、その活動にために友達との時間を潰され、

約束を反故にしてしまいました。

相手の女性は気にしないように言ってくれましたが、

いっそ、この場でバッサリ切ってしまいたくなるくらい、

家で待つ人々の思いが、重い。重責。





どうかこのまま、私が縊り殺されたりしませんように。

後ろ髪は?引かれたまま切るしかないの?

答えはまだ出ません。







 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]