某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2018年06月27日(水) 死んでもなんとも思わん。











・・・なんか、そんなメッセージを。

ハッキリ言って、全体的に「???」っていう感じの

メッセージを友達がスクショで撮ったのを

見せてくれました。





顔見せたらストーカー扱いだとか、連絡してくるなとか、

まあ、悪意だけは伝わるんですが、

1番とか2番って何?人の尊厳を踏みにじってまで

私が自分の尊重されたいとか、どういう意味?

自宅付近で不穏なことがあったら真っ先に疑ってやるとか。

私の基本的人権こそ踏みにじられてない?





何度も言いますけど、私は、こちらにあずかっている物品を

つつがなく返して、あとは静かに縁を切りたいんですよね。

お金も、他の人に相談したら、何の証拠もないんだから止めれば?とか

言われましたし、それで生活が苦しくなるのは分かっていますが、

少額ずつでも返していきたいと思っているし、

(昨日書いたような、貸した金全額返せみたいな脅しが来ないの前提で)

事を穏便に済ませたいとも思っています。





しかも、全額返せと言われたきっかけは、

Aさんの奥さんが、私の車に日傘が忘れてあったのを

見つけたので、「どうしますか?ついでに鍵も返しましょうか」」と、

LINEを飛ばしたら「ならお金も全額、耳を揃えて返してください」と。

・・・なんか、恩を仇で返されてない!?

私、2、3日連絡忘れてる間になんかした?

もう目が点ですよ。





・・・という過程を経て、Aさんの罵詈雑言に至るんですが、

本当に、「な、何の話?」ってツッコミ入れたいところばかりで、

悪意以外何も伝わってこないですよ。

もうちょっと作文力を伸ばしましょう。

あと、伝聞だけじゃなく、事実関係の裏をきちんと取った上で、

罵詈雑言を公開するようにしましょう。





私が言いたいのはそれくらいですね。

大事なことしゃべってるつもりだろうけど、

怒り以外、何も伝わってきません。










あと、自分たちに私の面見せんなとか言いますけど、

これって、アク〇ウォークとか、ビ〇ホームとかで

がっちあっただけで、ストーカー扱いなんでしょうかね。

この二つのお店には結構頻繁に通っているので、

その面見せんなとか言われても、言いがかりですからね。



それと、近隣のスーパーマーケット2件も、

私が居ても不自然じゃないので、そこでお会いしても

偶然です。(ていうか、どんだけ自意識過剰やねん。)



駅北にはなるべく行かないようにしてますが、

クスリのアオキとかは会員カード持ってますしねぇ。

お宅にはなるべく近寄らないようにしますので、

お買い物くらい自由にさせていただきたいですね。





まあ、私が言いたいことはそれくらいですねぇ。

デカい物くらい、うちに取りに来てほしいところですが、

今、梱包材を用意しているので、包むのもひと手間ですが、

経済的に許す範囲で運送会社に集荷に来てもらい、お返しします。





O市から出て行けとか、そういう要求があってもお応えしかねます。

折角ここまで苦労して引っ越し作業が進んだのに、

完成しないままO市を去るなんてイヤに決まってるじゃないですか。

「住めば都」という言葉の意味が、やっとわかってきたところですし、

友達を呼ぶ準備も進んでいるのに、それも無しで、

K市に帰るなんて、イヤ過ぎる。





他にも色々言われましたが、これからLINE立ち上げて

Aさんの演説のスクショ探すの面倒くさいので、

これで終わります。

さようなら。





普通の閲覧者の方は、また気が向いたら更新しますので、

風が吹いたらアデュー!




















あ、追伸。

元友人は、手術をつつがなく終えて退院し、今は経過観察中のはずですが、

とにかく、今は問題が無いということらしいので、

手術中に祈りに加わってくださった方々、ありがとうございました。

本人の代わりに、お礼をいたします。





2018年06月26日(火) 沈黙。











あ〜、黙ってるって難しい。

先回にお話しした、揉め事の話。





なんか、あちらの道徳観念というか、想像力というか、

妄想力というか、そういうモノをまざまざと見せつけられてます。

ていうか、ひとり、人様の陰からしか何も言えない方がいらして、

その根性の曲がり具合というか、倫理観のなさというか、

「わ〜い、祭りだ!祭りだ!自分も参加しよっと!」

みたいな感じの方がいらして、人間性を疑っているところ。





まあ、お祭り騒ぎの延長で警察に行くなら、

どうぞ、行ってきてください。

返り討ちの準備は出来てますんで。










・・・だ・か・ら・!

相手にしないの!

本気で難しいですよ、沈黙。

あ、鍵は追跡番号つきにして、送り返しました。

私はもうあの家には用がないので、

先方の言うような、コピーとかはしてません。

ていうか、コピーっていう発想自体が、

先方が言い出すまで、思いつかんかったわ。

その脳みそ自体が下卑てますね。










・・・ていうか、返す物があれば返すので、

もうこれ以上、私に構わないでください。

私は、忘れ物や借り物を返したいだけなんです。

そして、きちんと約束の期間を経て借りた物をかえして、

砂上の楼閣のようなこの関係を終わらせたいだけなんです。





脅し文句に「貸した金今すぐ全額返せ」っていうのがあって、

それで怒りが沸点に達してしまったのです。

年金ごとに〇円、という約束だったのに、

お金を人の弱みに付け込む道具に使われた。

なんか、そんな人だと思わず借りた私も馬鹿ですけど、

ある人の言葉を借りれば「存在すら疎ましい」ですかね。










でも、遺留物品を返す作業は止めないつもりです。

それすら止めたら、本当に同じ土俵に上がってしまう。

人間らしい人間でなくなってしまう。

返還したところで、廃棄処分にされてしまうかもですが、

まあ、私は「人は人、物は物」の人なので。

その辺はビジネスライクで。





借金は、Aさん夫婦(←仮名。本名のイニシャルに非ず。)が言うところで

18万円あるそうなので、もう少し自宅の引っ越し状態が

落ち着いたら、年金からいくらかずつ、返済しようと思っています。

今はとにかく入るモノが入るところに入るように落ち着かないと、

ゆっくりエッセイとか書けないですからね〜。










閑話休題。

いきなり(?)自宅の玄関の照明が壊れました。





T部電力の電力検査の方が、ブレーカーを点検して、

振り向いたところに照明カバーが頭にHIT!

カバーはガラス製で、落ちた瞬間「割れる!」と、思ったのですが、

うちの玄関のやかましい靴たちの上にポスっと落ちて、

無事に床に着陸。





落っこちても傷も何もつかなかったので、

再利用を試みると、まあ、取り付けのぞんざいなこと。

三本ある取り付けネジのうち、一本は錆びて折れそう。

一本はネジの頭がなめており、

もう一本はボンドの重ね付でゴベゴベ。

これは使えないわ・・・ということで、

まあ、前の住人の瑕疵ということで、今、T部電力の

技師さんたちが一から取り付け直しということで、

作業してくれています。背後で。(おるんかい!)





・・・はい、T電の方々がお帰りになりました。

爽やかに、お別れを告げて行かれましたが、

なんか、前の照明よりモダンな感じに。

電球も白熱球からクリプトン球へ。

玄関、明るくなりました。

良かった。良かった。





しかも、その時たまたま頭がライトに接触してしまっただけで、

T部電力の方は何も悪くないのに、最後まで面倒を見てくださって。

しかも、「私がライトに接触して起きた事故ですので。」と、

お金も取らず、請求書も書かず、去って行かれました。





最近、くさくさする出来事が多いので、

「う〜ん。ハートウォーミングストーリーやなぁ。」と、

こちらも気分良くお送りすることができたので、

非常に良い心の清涼剤になりました。

ありがとう!T部電力の師匠とお弟子さん!










そろそろほかほかごはんの準備にはいりますので、

今日の日記はここまで。

また某突起名の体が空くまで、アデュー!





2018年06月24日(日) 某突起名、集会に行く。











「もういっそ泊ってったら?」という母の一言で決まった実家帰り。

本当は金曜日にも集会があるので、そちらにも参加したかった。

しかし、惜しいかな。

「慎みのある服装」を、一組しか準備しておらず、

どうしても日曜の集会に参加したかった某突起名は、

妥協して、金曜の集会は母の送り迎えだけにして、

土曜に日曜の「ものみの塔研究」の予習をして、

準備万端の状態で、故郷の那加会衆の昼の集会に加わったのでした。





・・・感想?





サイコー!!!!!

エホバの証人の集会楽しい!

やっぱりエホバは私をお見捨てになっていなかったし、

私もエホバのことを慕っていた事実が明らかになって、

ハイテンションで、兄弟姉妹と色々な話をしました。

今はO市で一人暮らしをしていること、

O市の会衆にまだ交わってしないこと、

K市が恋しくなる揉め事が起きていること、

O市へ引っ越してから、最高で86圓△辰紳僚鼎68圓泙埜困辰燭海函

「あとでお茶でもしましょうよ。」と言ってくださる姉妹の多いこと!




お茶の権利は、母の司会者(世話係)のN兄弟姉妹が獲得。

ちょっと小洒落たカフェで豆乳ミルクティーなぞ飲みながら、

私に是非、参加させたいプログラムがあるので、

来週の金曜も必ず来るようにとのキツイお達し。

あ〜、また週末は実家暮らしか。





ていうか、28日には海雪さんとお茶をする約束だから、

27日の一日で、洗濯物と掃除をやらないと!

うわ〜、これはまたハードなスケジュールになりそう!





こうやってズルズルと、エホバ沼に戻る某突起名でした。

またK市まで頑張って通うぞ!ヽ(`Д´)ノ





2018年06月22日(金) ドクターストップ。











本日、精神科の通院日。

朝からちょっと「???」という感じのメッセージを見て、

何回かレスするも、どんどん悪い方向へ。

はじめは、ある夫婦の喧嘩が元なのですが、

え〜〜〜〜〜と。





通院先のS浦先生にことの詳細を話したところ、

「どうせ○○さんのことだから、

 日記で詳細を書くつもりだろうけど、ダメだよ。

 これ、ドクターストップだからね。」

と、念押しされてしまい、ちょっと「チェッ」という感じ。





まあ、最初は借りてるものを返しておこうと

連絡を取っただけなんですが。

・・・だからドクターストップなんだってば。





難しいですね、話さないっていう選択肢。

事の詳細を克明に話す方が私的には合ってるんですが。

う〜〜〜〜〜ん。





ていうか、鍵返せって言われてるので、

郵便で送るつもりなんですが、

他の大型の借り物とかどうしようかな。

着払いで送ったら怒られそうだし、

直接持って行けばストーカー扱いが待ってるらしいし。

・・・イヤですよ、ただでさえお金無いのに

送料こっち持ちなんて。

テキトーな入れ物もAmazonとかで探してるんですが、

なかなか無いし。










でも、数千円で対人関係が切れるなら、

結構安い方かもしれない。





結局、なんだかんだ言って、

S浦先生が言ったように、「なんであの家に執着するのか」が

分からなくなってきました。

最初は遊びに、次は介助のために。

次はどうなんだろう。

何のためにあの家に通おうとしてたんだろう。

何の目的も無いのに?

世帯主に疎ましがられながら。

もう、それすら分からなくなってきました。





さてさて。

次回は、「某突起名集会に行く」だと思います。多分。

日記が書けるようになるまで、アデュー!





2018年06月21日(木) めずらしく寝覚めのいい。












・・・丁度良く、木曜日でした。

「え?何の話?」と思う方は、若すぎるか、あるいは真逆か。

どちらかですね。





寝覚めは良くてもやることはある。

普通の家事に加えて、届いたハンガーラックも組み立てねば。

振り込みのために外出しなくちゃ。

明日はI市にある精神科まで車を飛ばさないと。

約30劼らい。しかも途中で母を拾って。





診察代や薬代が2500円までしか払わなくても良いのが

障害者である中で、わりと良いところ。

しかも、母と私が別居しているので、世帯の収入が減って、

結果、今まで治療費として支払う上限が5000円から2500円に。

しかも、コレが、わざとそういう手続きをしたわけではないのに

ちゃんと割り引きされているのが関心というか、感謝というか。

O市の福祉課の皆さん、ありがとうございます。





あとは田舎過ぎて、地方銀行がのさばっていて、

本当に使いたい銀行はGoogleMapで探してもあるかどうか。

しばらく、地方銀行の口座を開設しようか悩みましたが、

ゆうちょ銀行と十〇銀行の口座で耐え切ろうと決心しました。

もう口座は三個もあるので、これ以上増やしたくありません。










・・・で、家事。

部屋の中を掃除しようと思って、ふと見ると、

モップのスペアが無かったり、掃除機のゴミパックが無かったり。

買ったと思ったんだけどなぁ。

此処はエホバにお願いしよう。

祈っておくと、「ん?エホバ?」と、思うようなところから

出てくるので、今日もお祈りは忘れません。










昨日、今日と、某突起名の生活をちょろちょろ書きましたが、

あんまり面白くない毎日でしょ?(笑)

ヘアサロン・Rでどうやってヘアメニューを断って、

シャンプーとコンディショナーだけ買って帰ってくるか。

今日の夕食は冷蔵庫と相談するとして、何を作ろうか。

そして、たまにはエホバの聖霊を浴びないと

何か渇望を覚えるので、実家の近くの王国会館でも行こうか。

今月も足りない物があるから、お金をなるべく節約して

必要の有無をもっときつく考えて支出を減らすとか。

普通のコトばかり考えてます。





人並みの生活を味わってみたくて0市まで来ましたが、

いつか、母が要介護になり、叔父に「帰ってこい」と言われても、

K市に住むのは住むとして、絶対に実家に通える範囲で、

また一人暮らししちゃうかもですねぇ。

母と同居していると母のリズムで毎日過ごす羽目になりますから、

そんなのは金輪際御免です。





今は3DKの部屋に、込み込みで35000円で住まわせてもらってるので、

K市に帰っても、そういう奇特な家主さんが現れるといいなぁ。

っていうか、現れてくれないとくれないと困る。

っていうか、現れたら、即、O市からK市に引っ越しちゃうかも。





母も両足ともダメになってきたみたいだし、

そろそろ車椅子の生活になりそうな気配だし、

やんちゃできるのはアラフォーのうちくらいだと思って

平和を満喫する某突起名なのでした。










明日は7時に起きる。

明日は7時に起きる。

明日は7時に起きる。

起きて、9時までに家を出る。

起きて、9時までに家を出る。

起きて、9時までに家を出る。










何かの呪いみたいですが、

明日はそういうタイムテーブルなので。

寝起きから、きちんとしないと全部台無しになってしまいますので。

皆さん、某突起名が7時に起きられるように祈ってください(笑)





それでは、また会える日まで、アデュー!





2018年06月20日(水) めずらしく寝覚めのいい。











・・・木曜日ではなく、水曜でした。





家事をひと通り済ませたら、

まだダンボールの中に死蔵してある本たちを

出して、ばらして、風に当てたり。

自分でもよくこんなの買ったなぁと思うくらい、

キレイなお風呂用品をメラミンスポンジで磨いたり。

時間が合う友達とLINEでしゃべったり。





明日は雨だという話なので、市役所と警察署へ行くのは

明後日ですかね。雨の日って苦手なので。

体調も悪くなるし、精神的にも沈みます。










そうそう、気が逸って数日前に大家さんに入れた家賃が、

実は今のマンションの所有者でなくなった大家さんに

振り込まれているのを確認して、次の管理会社と組んで

返還を求めたりして、ちょっとハラハラする一面もありました。





まあ、わりと親切な大家さんだったので、お別れは寂しいですが、

今度の管理会社の働きに期待することにしましょう。

それよりも、7月なんてただでさえお金が無いのに、

27日に支払期限が決まってしまったんですよね・・・。

きちんと振り込めるか心配。年金なんて偶数月にしか

払ってもらえないのに、どうやって今度の管理会社に

談判できるのか、今から思案中。





実際に生活してみると「あ、アレがない」「あれ?コレもない」と

どれだけ杜撰な家財管理をしてきたかも段々わかるように。

当面はホチキスとシュレッダーですかね。

ノリとセロハンテープはあるので。

あと、キッチン関係では調味料が上手く揃わないのは当たり前。

調理中に、「あれ?無い!」と思って代用のもので済ませたら、

調理が終わってしまってから変なところに仕舞ってあったりして。

某突起名が如何にだらしないか、痛感しています。





あと、マガジンラックも揃えることにしました。

雑誌自体の量が少ないし、暮らしの手帖以外は

バラバラにしか揃わないのですが、

突起の雑誌に対する執着心はかなりのものなので、

(海雪さんにも貸したいし。)買った雑誌は

余程つまらない物以外は保存してありますので、継続して。





で、食器棚を適当に揃えて、お目当ての本棚も買って、

海雪さんにも手伝ってもらって組み立てて、

本を上手く収納したら、一応、引っ越し作業は終わりですね。

あ、海雪さんの宿泊する布団も揃えなければ!

私の家って、畳の部屋が無いんですよ!

だから、布団の他にもマットレスが要るんですよね。

私自身も低反発マットレスを使ってるし。

あ、お風呂も提供するのだから、バスタオルも要りますよね・・・。

そろそろシャンプーとトリートメントも詰め替えを買ってこないと。










う〜ん、本当に私の引っ越しが終わる日って来るんでしょうか。

寝覚めは良くても安心して眠れない日が、まだ続きそうです(苦笑)





2018年06月19日(火) 雨の日なんて。











意外と情緒的なところはありますよね。

絹のような雨が、地面に落ちる時の雨音や、

煙る景色の向こうに見える家々の影、アマガエルの鳴き声、

さらさらと車のフロントガラスに落ちる雫。





でも、ハッキリ言って、雨の日は苦手です。

何故かと言えば、メンヘラ―の方々には

おおよそ共通なのではないでしょうか?





雨病み。

何故か低気圧が近づくと発生する、耳鳴りや頭痛、

眩暈、吐き気、全身に力が入らなくなる無気力。

ヒステリー、うつっ気、理由もないのに涙が出る、

または理由がないのに死にたくなる希死念慮。



これらが一気に襲ってくるのが、雨病み。

日本中で何人がこれらと戦っているのかわかりませんが、

周りの人は、本人が「雨病みです」と申告してきたら、

少しだけ前述の症状を思い出して、

その人が何をしてほしいのか、また、してほしくないのかを、

ちょっとだけ理解してあげてください。





そして、雨病みも、個人個人で程度が違います。

我慢できるからと平気な顔を装ったり、

心配かけまいとかえって元気そうにしてみたり。

逆に、ヒステリックになったり、すぐ泣いたり。

「気なんて使ってやる必要ないじゃん、

 平気って本人が言ってるんだから。」とおっしゃる方は

一度、前述の症状に一気に襲われてみてください。

その人は、職場で「使えないヤツ」にされないように

一生懸命に我慢しているのかも知れません。





「私、今、雨病みなの〜。」と、簡単に自己申告をしてくる人は

「気を使ってね☆」という含みを持たせておいでかも。

雨病みには違いないかもしれませんが、自己申告できるだけマシ。

「生理なの☆」と、自己申告してくる人とある意味同じ、

理解のある、幸せな環境でおられるのでしょう。

適度に労わってあげてください。










なんか、語っちゃったな・・・。

そういう某突起名は、雨になるとヒキコモリになります。

家から外を眺めながら紅茶でもすすっているならいいですが、

外出しろ!と言われたら、絶対嫌!と、即答するでしょう。

まあ、突起の髪が天然パーマで、ここのところ、くせ毛矯正を

怠っているせいもありますが。濡れるのが嫌。絶対嫌。





客観視できるならしておきたい。

人様が濡れるのは構わないけれど、自分ではダメ。

その日はクレンジングもそこそこに早く寝てしまうと思います。

ん〜、情緒も何もないですね。





こういう日はJAZZでも聴きながら、

ちびちびとカンパリオレンジでも飲みながら、

家の中でゴロゴロしているのが一番ですよ。

できない人はご愁傷さまです。

きっとそういう真面目な人のおかげで

世の中は回っているのかも知れませんねぇ。





あ、折角セブンイレブンに行ってきたのに、

オレンジジュースを買ってくるのを忘れた。

雨の中、車を飛ばしてまでオレンジジュースを買いに行くか、

我慢して他のお酒を飲むことにするか、

それとも、たまには、「雨の日にアルコールを飲む」という

悪癖を改善すべきなのか。





迷いますねぇ・・・。





2018年06月18日(月) 嗚呼、情けない。









な〜んか、怒りの沸点に達するタイミングが遅いんだよなぁ。

おかげで、証拠を保存するのには丁度良かったけど。

しかも、自分の妻の無作法は棚上げして、

自分の妻を「邪魔者」扱いしたところに焦点がズレている。





こんな人を「友達」(?)だと思っていたなんて、

某突起名、痛恨のミス。

幼稚園からやり直していらっしゃいな。





嗚呼、情けない。

嗚呼、情けない。





2018年06月17日(日) ハーブティー。











ハーブと一言で言ってみても、ハーブも色々あるもので、

某突起名、ハーブティとアロマテラピーにハマり中。

家賃もギリギリで払ってるのに何してんのと

言われそうですが、其処は其れ。





今のところ、シングルハーブティだと、

一番好きなのはカモミール、二番目はペパーミントなのですが、

母が淹れてくれる牛蒡茶なんかも土臭くていいですね。





甘味もつけたり、つけなかったり。

つけるとしても、上白糖ではなく、蜂蜜屋さんの蜂蜜とか。

シングルで手に入る、ステビアで最初から甘くしておくとか。

ハーブティのマニュアルを読んでいると、目から鱗どころか、

目玉とかカマとか出そうなくらい、感じ入ります。(←迷惑だから。)





結構、ノンストレスな環境に置かれているのですが、

どうしても怒りがこみ上げてきて我慢ができない!という

現象が収まるようになりました。嫌な思いをしたら、

帰ってハーブティを一杯。ハーブティを一杯。と、

念じると我慢できるんですよね〜。





つい最近、うちのマンションの管理会社が変わり、

過払い金が出てしまったりして、金銭的にわたわた状態なのですが、

金銭的に余裕が出てきたら、もっとハーブを買い出ししたい!

エッセンシャルオイル欲しい!・・・と、思いながら、

ひたすら、独り暮らしする前に、お小遣いで買ったハーブを

お茶にして飲んでいるのでありました。





「〇〇さん(←私の本名。)がハーブって言うと魔女っぽい」と

おっしゃったのはどなただったかな?

誰であれ、覚えておれよ・・・!

ハーブをマスターしたら魔女とか言ったの後悔するくらい

美味くて体にも良いハーブティを密造してやるからな!





というわけで、誰にでも喜ばれるハーブティを作るべく、

勉学に励む某突起名でした。

また次の機会までアデュー!





2018年06月10日(日) 魔の乳がん検診・その弐。










あれからもう半年後になりましたので、

もう一度乳がん検診へ行ってきました。





まず、マンモグラフィ。

しかも縦に挟むのと、横に挟むの2ショット。

めっちゃ痛い。痛いけど、マンモは痛いのが常識なので、

歯を食いしばって我慢。





「痛いですか?痛いですよね。ごめんなさいね〜。」と

言いつつ、容赦なく乳を挟む技師さん。

こうやって患者さんを宥めながら、一日に何人も

マンモグラフィの撮影をしてるんだな〜、と思うと

技師さんの苦労がしのばれます。










次が胸部エコー。

妙に生暖かいローションを塗られて、

それをプローブでヌルヌル〜っとのばしながら、

重要なところの撮影をしていくのですが、

これが非常にくすぐったい。

自身の人生を変えるかもしれない真剣な検査のさなかで

不謹慎なのですが、笑いだしそうなのを必死でこらえて

なんとか検査終了。










最後に診断。

「あ、半年前と全然変わらないね。

 これなら、今度は一年後だね。

 まあ、腫瘍じゃなくて石灰化だから、

 そんなに深刻にならなくていいよ。

 次は一年後かな。また予約して〜。」

で、終わり。





後は一年後の予約を取るにはどうしたらいいのか、

看護師さんから説明を受けつつ、手順の紙をもらい、

なんの薬もなかったので、会計で診察終了の手続きをして、家路に。










なんか、「あ、何にも無いね〜。」というリアクションを

期待していた某突起名はがっくりですが、

案外、こういう患者が病院のお財布を潤してるんじゃないのかな、

と、思いました。

ですが、石灰化が進むのは怖いので、

鞄から用紙を取り出して、一年後の予約の入れ方を

覚えようと思います。










・・・この日記を書いたら。





2018年06月09日(土) 排泄物。












今日はちょっと汚い話をするので、

思い切り行間を空けます。

お食事前、お食事中、閲覧禁止。




















この歳で、大きい方を漏らしました!(笑)

一応、家から出る前にトイレには言っていたのですが、

いや、中途半端にトイレに入っていたのが敗因か、

急にお腹が痛くなりはじめ、しかし、

自分は渋滞した国道〇号線の車の中。





何とか耐えられるだけ耐えて、トイレに行かねば!

と、素早く近隣の施設を脳内検索するも、

何故か、トイレに行ける施設は全部、

中央分離帯の向こうの対向車線側。





耐えねば!・・・と、心臓も逸る。括約筋も肛門も逸る。

何故そんなに焦るかと言うと、普段の私であれば、

諸事情があり、女性用の使い捨てのオムツを履いているので、

漏らしてしまっても、トイレでお尻を拭いて、

新しいオムツ(を、常に携帯)に履き替えるだけで終わるのだが、

今日に限って生理中なので、サニタリーショーツと

小さいナプキンのみのいで立ち。漏らせば一巻の終わり。





冷や汗か脂汗かわからない汗が胸の谷間にツーっと流れ、

もうダメかと思いながらゆるくゆるく進んでいく車線を睨むこと30分。

あった!おトイレを貸してくれるところ!

それは、高さが国道〇号線の上に達する、大きなホームセンター。

急いで国道〇号線を降りて、下道へ。





ホムセンのトイレ!

ホムセンのトイレ!





車を駐車するのももどかしく、手近な建物に駆け込むと

即、某突起名の視界にトイレの表示が!

とにかく早く!早く!

女子トイレに駆け込み、個室の鍵をかけたかどうかも

定かでない程、急いでベルトを緩めると、その時・・・。










・・・と、後はご想像にお任せします。










気がついたらホムセンの人に謝りまくって、

同情からのサービスであろう、汚れたサニタリーショーツを

一枚のエチケット袋に入れてもらい、自分はスペアの新品オムツを履き、

そのホムセンを去りました。

同情のまなざしを背中に受けながら。










もう、いくら便秘が酷くても、

絶対、コー〇ックの服用は止めようと思いました。

閲覧者の皆さん、コーラッ〇は、

必ずトイレに行ける環境でお試しください。

服用するなとは言いません。

ただ、車での長距離移動などの、トイレに行き辛い環境での

服用は真面目に止めた方がいいです。

自分を過信している方!そういう方が一番危ないです!





正直、まともに漏らしますよ?





以上、今日の某突起名の不運でした。

アラフォーになってもなかなか大人になれない自分が

好きというか、「えいっ!おこちゃまめ!」って、

デコピンしたいですね☆





では、またネタが出来る日まで、アデュー!





2018年06月08日(金) 御金頂戴。











「同情するなら金をくれ」とは、

一昔前の安達祐実ちゃん主演のTVドラマですが、

でも本当に、同情と金を比べろって言われたら、

間違いなくお金を選びますよ、私。





だから、結構気軽に「お金貸して」って言いますね。

多分、そういう図々しいことを考えているから、

エホバの証人の使いの人がなかなか来ないんだろうと。





早く家庭聖書研究をはじめから学びたいのに、

研究司会者が存在せぬではコトが進みません。

そして、今、プライベートも結構難しいところに。

エホバかな?サタンかな?

一両日家に居ろってことですかね。

でも、それではすぐに生活も立ち行かなくなるし。

貧乏に折れないのが分かったら、サタンは何を

仕向けてくるでしょうね。





でも取り敢えず、日ごとに物事は進みつつあり、

必要物は増え、ポケットの霞は消えず。

本当に、「同情するなら金をくれ!」・・・なのです。










あ、閑話休題。


13日には友人が手術をします。

昼頃だと思いますが、どうか皆さん、手術の成功を、

神に祈ってやってください。

祈る手は一人分だけでも多い方が良いので。





どうか彼女の手術が成功し、

その目が昔のように物の輪郭をはっきり映すように

なりますように。アーメン。





2018年06月07日(木) 曲ガルモノカ。











ちょっと最近、エホバの教えから変な方向に進んでいるので修正中。

折角、O市に移り住んでやっと二か月目。

既に悪魔サタンは私をなんとかエホバから反らしてやろう

と、手ぐすね引いて待っているのが分かる。





実家でも「おかあさん」と呼ばれなくなり、

全員、児童相談所にひとりずつ事情を話して預かってもらい、

私自身も母に対する軽蔑の念が全身を支配するようになり。

母との同居がどんどん苦痛であり、気持ちの悪いものになり。





家出同然に、K市から離れ、O市に移り住み、

思い出も何もかも捨てて暮らすようになり。

最初は置いてもらっていた家も肩身が狭いので

半分慌てて、現在の場所に移り住み、

掃除洗濯炊事のすべてを誰の助けも借りずに行い、

転居した時のしわ寄せの借金に埋もれ乍ら、

なんとか現状維持で暮らしています。





で、基本的にサタンの使いは人間を骨抜きにするのが得意で、

私自身、気づいていながら「サタンじみた何か」の抽出する

「快楽」に溺れて幸せな毎日だったのですが、

ある日、ガラガラとそれはエホバの使いによって崩れ、

私、O市に居ていいのかな、と思い悩む今日この頃。





原因はまあ、アレかな、と、思うも、

親への接し方なんて個人の問題だろ!と、憤慨もし。

もうええわ!と、捨て鉢にもなり。

いっそのことK市に帰っちゃおうかな・・・。

ていうか、そうやって自分たちの周りから

追い出すのが目的なんだろうな・・・と、

思い至るも、なんだか、昔の、

殴り合いの喧嘩のさなかに感じるアドレナリンが

ガンガン分泌されているのを感じる次第。





「サタンじみた何か」が脅威でも決して頭を垂れない。

そう決めたのです。第二次世界大戦中、エホバの証人が

死ぬまでナチスに首を垂れなかったように、

「サタンじみた何か」の取り巻きが何人で来て、どれだけ強かろうが、

この命のある限り、私は屈しない。





曲がらない。

曲がってやらない。

曲がるくらいならこの命、見事に散らしてみせませう。





2018年06月02日(土) ボットン式。











そろそろあちこち不具合も出てきたし、

気合いを入れて、機種変に行こう!と思い立ち、

さあ、出かけようと腰を上げたら排泄痛がしたので

ちょっとトイレ・・・と、トイレに行き、カプリパンツを降ろして

まあ、その、用を足して。

カプリパンツを上げる瞬間、カツンカツーン・・・ボチャ!

不穏な音がしました。

念のため、カプリパンツのお尻のポケットを探りました。





・・・無い。





突起の実家といえばボットン式トイレ。

しかし、私は特殊なタイプのスマホを使っているので、

火ばさみか何かで掴み取ったら、後は中性洗剤でもなんででも

洗ってしまえば、普通に使えます。

ていうか、今日、機種変の日だし!

きれいに洗って送り出してあげるね!





ところが。

火ばさみで掴むと、何故かスルリと火ばさみの先から落ちてしまう。

浮いているトイレットペーパーのあるうちに取り出さないと

便槽の底に沈んでしまう。急げ急げ!

何度目かの試行錯誤の末にタイ〇ニックの主人公よろしく沈むスマホ。

深く沈む某突起名。





まあ、いいか。

今日、機種変だし。

電話番号伝えて、新しいの買えば。

電話帳にしかないデータとかあるけど、

この際、人間関係は一掃しなさいってことかな。





・・・で、Softbankショップにあさイチで。

「すいません、今使っている携帯を不携帯で(?)機種変ってできますか?」

「携帯を紛失なさったと言うことでよろしいでしょうか。」

「あ、紛失っていうか、水没っていうか・・・。」

「具体的にどちらに落とされましたか?」

「すみません、ボットン便所の便槽に・・・。」

「ッ!・・・(←考えるふりをして笑っている)・・・さようでございますか」

「はい、このカプリパンツのお尻に入れたままにしていたので・・・。」

「(肩が震えている店員さん)ッでは、今回は特別に普通の機種変更と。」

「お願いします。(←マジ顔で。)」

「ではお電話番号から・・・





普通に進んでいく『機種変更』。

しかしあれだ。某突起名はバックアップをSDカードにしていたので、

こういう事態の時にはクソの役にも立たない。





皆さん、携帯がいきなり無くなる可能性って結構高いと思うんです。

こういう事態の為に、パソコンや外部サーバに、

定期的にデータのバックアップを取っておいてください。

この忠告には従っておいて損はありません。

だって某突起名が生き証人ですから。

お早めにデータのバックアップを。

特に、電話帳とブックマークとメモくらいは。





午前10時頃にはじまった機種変騒動は、午後3時に収束。

ついでにスマホとタブレットの使用料金もダイエット。

インターネットもダイエット・・・できるといいね。

こればかりは末端との相性があるからなぁ。





最後に、事務手数料のアナウンスは入りましたが、

削れるところまできちんと削られて、

説明もしっかりしてもらっての機種変更だったので、

全然、高いとは思いませんでした。










あとは、何週間後かはわかりませんが、古い方のスマホを

バキュームカーでサルベージしてもらって、

新しい方とデータを同期するだけです。

良きかな良きかな。




「私、LINE教えてもらってないよ〜。」とか、

「自分の電話番号とメアド交換してよ〜」と、

おっしゃる、リアル友人を探しています。

これを見たら、日記の右下の「一言。」か、

[MAIL]から、連絡をください。

その状況と、数週間後にサルベージされたスマホを見て、

本名は誰で電話番号、メアド、確認でき次第連絡差し上げます。




今日はこの辺で、アデュー!






 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [BBS]