某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2004年07月20日(火) 帰省。











のんびりしたお義兄さんの運転で

土曜日の午前10時頃に茨城の家を出たが

八王子付近で交通渋滞に巻き込まれ、

同日の夜10時近くにようやく岐阜の自宅に到着。



移動中は暑かったし、と思って

茨城に引っ越す前に毎日やっていたように

手慣れたつもりで自宅の風呂洗いをはじめたが、

何故か浴槽の汚れやぬめりが取れていないような錯覚に囚われて、

風呂をスポンジで延々と擦り続けてはすすいでまた擦るという行為を

身も心もグダグダに疲れているのにも関わらず

いつまで経っても止められないで、疲労が頂点に達して

倒れそうになっているところで丁度食事を運んできた母親に止められた。





日曜日、午前11時から海雪さんと約束していた

ハリポタを観にちょっと遠くの映画館へ。

いつもは某突起名の車を出してのデートなのだが

今回は海雪さんが新車を買ったという事で、

海雪さんの車で。最近の軽は広い。

旧規格の某突起名の車とは比べ物にならないほどに。



ついでに、何故か茨城では取り扱っている書店が

まったく無い雑誌を探しに連れて行ってもらったり、

捜し求めていたピアスケア用品を丁度見つけたりと、ホクホク。



話もはずんで、翌日には早起きして荷造りをして

車に積み込んで岐阜を発たねばならぬというのに

夜11時頃まで和んで駄弁っていた。



しかし帰宅してからは、今度は探し物をいつまで経っても止める事ができず、

訝る母親に早く寝るように念を押されたが

結局、睡眠剤を飲んだにも関わらず眠気がいつまで経っても訪れず

あっちこっちをガサゴソやっていて、眠りについたのは午前3時過ぎだった。



こうやって思い返してみると、自分ではあまり自覚がなかったが、

「病状が不安定な状態で、病根と深く関わっている実家に

長期間滞在するとなると精神的なプレッシャーによって

予測不可能な反応がネガティブな方向に引き出される可能性が高く、

そうなった場合、私もフォローしきれない。」と頻繁に言っていた

姉1の言葉が実感を伴って納得できる。



母親や姉2と接していても平気なつもりでいたが

顔を見たり会話をしたりした後で、もしくは

(物理的な)距離が近いと実感した後で、

ひとりの時間・空間になると無意識になんらかの異常行動が出る辺り

どうやら「平気」なのは顔だけで、心の奥底では何かを感じているようだ。



どういう状態が「安定」なのか、現時点では分かりかねるが

今はなるべく家族と離れている方がいいのだろう。





月曜日、眠い目を擦って早く起きて身支度して

前回の引っ越しの際に持って行けなかった荷物も纏めたが、

土曜日の運転で疲労の溜まったお義兄さんが

のんびりしていて、結局岐阜を出たのが昼頃だった。



途中、渋滞に捕まって下道に降りたらそちらも渋滞だったり

外食で遅い夕食を食べたりしていたら

茨城の家に到着したのが夜11時近くに。



私は飲んでいる薬と病気の関係で運転をまったくしない

(というか、させてもらえない。)ので長距離移動しても

眼精疲労とは無縁だが、その分、常に後部座席に座っているので、

軽ではクーラーの風が届かず、ただでさえ弱い体温調整機能は滅茶苦茶。

しかも貨物扱いで荷物の隙間に座っているので尻肉が痛い。



「お盆にも(経費節減の為)車で実家へ帰る!」とか

「今度からは渋滞に捕まらない時間や道を事前に調査して!」とか

今から次の帰郷へ向けて気合を入れている姉1とお義兄さんだが

某突起名的にはもうしばらく実家帰りは勘弁してもらいたい。



どうしても帰省するというのなら、

尻の痛みを和らげる低反発クッションでも買って欲しい。

このままでは痔になりそうだ。





2004年07月16日(金) 予定変更。











某突起名自身の精神状態が悪く、

とても地元に1週間近くも平静を保って

滞在していられる状態ではなかったので、

実家に用事のある姉1だけが先に帰郷して

某突起名はお義兄さんと一緒に17〜19日の連休を利用して

岐阜に帰る事にした。





それまではお義兄さんとふたりで暮らす事になったのだが

本日生理がはじまってしまって激痛の嵐。

翌日には500kmの道のりを車で移動しなくてはならないが

果たして耐え切れるかどうかいまいち不安な某突起名であった。





2004年07月11日(日) 帰郷予定。











13日(火)から19日(月)までの間

実家へ帰郷する事になった。

・・・と言っても片道で高速道路を走ってほぼ丸一日かかるので、

岐阜にまともに滞在していられるのは14日から18日までだろう。





カウンセリングを始めてからというもの

芋づる式に過去の記憶やら何やらが湧いてきて

すごい勢いで頭の中を占拠しつつあるので

正直、嫌な刺激を受けそうで母親と姉2の顔を見たくないのだが

姉1とお義兄さんが岐阜に帰ると言っているので

ダルい身体を引き摺っての帰郷である。





そういうワケで、某突起名は13日から19日までの間

ネットには繋げませんので連絡は携帯の方にお願いします。






 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]