某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2003年09月28日(日) 風邪引き。











・・・なのですよ。










熱はおおよそ引いたものの身体がダルくて

タリータリータリーと思いつつ横になっていたのに

買い物に行きたいと言って聞かない母親の為に

車を出して運転するハメに。





嗚呼、身体がダルい。

風邪が悪化したらどうしてくれんねん。










しかし夕飯用の鮭とポテトチップと

おニューの帽子と鞄をゲット。

次はブーツと下着を狙おう(爆





2003年09月17日(水) お届けモノ。











相棒の海雪さんから突然小包が届いた。









何か早急に返してもらうものを貸した覚えもないし

海雪さんが何も言わないで何かを送ってくる事もあんまりなかったし

何か渡すものがあったなら言ってくれれば取りに行ったのに

なんじゃらほい、と思って早速開封するとそこには

マグカップ×1

ハート型のお砂糖×1

フルーツマンボ×2

シャンプーとリンス×1

そしてお手紙。





オリーブ石鹸やらお気に入りのシャンプーの試供品やらと

某突起名が色々とあげたものへのお返しだとの事だが

海雪さん、ワンピースのビデオも録画してくれてるし

漫画も貸してくれるし、そんなんいいのに、と思いつつ。





・・・こんな突然のプレゼントもいいなぁ。





嬉しかったです、ありがとう。

大事に使わせてもらいますが、

フルーツマンボ(←突起の大好物。)は

喜びのあまりすでに一袋食べちゃいました(笑










その後、母親が車で乗せていってくれというので

買い物&食事に付き合ったのだが

母親の会社のすぐそばの喫茶店で

急げば5分もかからず送っていける場所だというのに

時間が迫ると動揺して焦りに焦って

表向きは平静を装って紅茶を飲んでいるのに

カップを持つ手が震えている自分を見つけた。





一昨日、悪魔氏を送って行った時も

おそらく悪魔氏がどっしり構えているタイプの人でなければ

ドキドキしてお茶どころの騒ぎではなかっただろう。





これはいつからこうだったのか。

一体原因は何なのか。

ただ今、記憶掘り出し中。





2003年09月15日(月) 彼氏。(3/3)











本日、悪魔氏のお帰りの日。









昼頃に家を出て、名古屋はフラッグスカフェで昼食。

その後場所を変えてカフェでお茶をして、

新幹線の改札までお見送り。





突起はどちらかというとのんびりしているタイプなので

歴代彼氏に「トロい!」「のんびり構えすぎ!」

「ほら、お前がトロトロしてるから〜」などと言われ続け

おかげでかなり時間に余裕をつけて行動しないと

ヒヤヒヤするようになったのだが

悪魔氏は(ヒヤヒヤしている時の)突起よりも

数段のんびりしているのでこちらも精神的に余裕が出る、と

時間が迫っているのにのんびりとカフェの席が空くのを

待っている悪魔氏を見て思った。











しかし。

「忘れものはございませんね?」と

何度か悪魔氏にきっちり確認して、

突起自身も彼の忘れ物がないか

部屋を見回して確認したはずだったのだが。





悪魔氏を名古屋まで見送りに行って

自宅に帰ってきて部屋に入った瞬間に、

悪魔氏の靴下を見つけてしまった。










まあ、いい。

洗濯しておいて今度会った時に渡してあげよう。





2003年09月12日(金) 一日前。











彼氏の悪魔氏が遊びに来る一日前、なのだ。










前に悪魔氏が遊びに来た時からチマチマと片付けていたのだが

またあれから眠気の襲う時期がきたり

無気力になっていたりしている間に

また部屋が散らかり気味になってしまったので

片付けてはいるのだがちっとも片付かない。





悪魔氏は部屋に関しては何も言わないし

リネン類を洗っておくだけでもいいと言ってくれるのだが

やはりおもてなしする側としてはそれだけでは

「あうあう(;;)」って感じの状態なので

とりあえずそこかしこに掃除機をかけてゴミだか不要品だか

分からなくなっているものを分別して片付けたり

台所に散らかりまくっていた空き缶・空き瓶の類を

きちんと洗っている最中。





悪魔氏に某突起名の体力を考慮して

「夜10時以降は掃除しちゃダメだからね。」と釘を刺されているので

タイムリミットまであと5時間弱である。





・・・さて、私に何ができるだろう。





2003年09月10日(水) 困った困った。











S先生にお話を伺ってからしばらくはどうにも諦めがつかない様子で

母親がモニョモニョと私に絡んできていたのだが

最近ふっきれたのかそれとも諦めたのかあまり口に出して

あれやこれやと収入の事などを言われなくなったし

頻繁に電話をかけてきては電話口で愚痴をこぼす、という行為も

あまりしないで放っておいてくれるようになった。





が、依然として収入がなく生活するのにも四苦八苦している

現在の状況はなかなか改善されないのは当たり前なので

母親はやはり私がバリバリ稼ぐようになるのを期待しているようで。

なんだかそれも気詰まりな感じで息苦しいので思い切って

「仕事をしたいのはやまやまだけれど

 しばらく仕事らしい仕事はできません。

 改善のめども立っていません。」

と、はっきり話してみた。





その場では親子でコマッタコマッタとあれこれやれそうな事を

口々に並べ立てたりしているだけだったのだが

結局は家族がどこまで協力してくれる気になるか、で

今後の展開も少しは変わってくるだろう、という事で

某突起名の中ではしばらく様子見の期間。





2003年09月09日(火) サイト及び日記の。











・・・二周年だったのですが。






記念にパパッーッ!とサイトの改装をして

素材屋を開設して日記を改造して、なんて考えつつ

今回はなんだか精神面の事やら体力面の事やらで

あれこれできる状況ではないので計画見送り。





やりたかったんだけどね。

なんだか疲れるとモノの考え方まで絶望的になるっぽいので

やりたい気持ちを抑えて見送り。










本日は主治医のもとへ診察に行く日だったのですが。

どうやらメールや電話や外出がなかなかできないのは

「うつ」っぽいのとまた違うベクトルのような症状のようで

他にも問題が見つかったのがあっていくらか薬が増えてしまいました。





焦らないように、極力根気良く、というのが

精神科系の病気を治す時の大前提なのですが

やっぱり焦りますねぇ・・・収入ないし。





電話・メール・外出のいずれかひとつでも

まともに出来たらやれる仕事もあるのになぁと思いつつ。


2003年09月05日(金) 生理。











主治医のところに行こうと思ったが

生理痛で動けず

一回休み。




2003年09月04日(木) 熱さまシート。











足の裏が火照って火照って眠れないので

貼るタイプの冷却シートを足の裏に貼って寝てみたところ

非常に具合が良く快眠できるようになったので、

母親のおつかいついでに冷却シートを買いに。





体用の大きなサイズのシートもあったようだがひと箱896円と高い上に

某突起名の小さい足に左右一枚ずつ貼るだけなので

額用の中でも一番安いひと箱289円のを買う事に。





開店したばかりの店なので開店セール対象商品らしく

すでに残り3箱しかなかったので買占める為に

買い物カゴにポイポイとその3箱を放り込む。





1箱、2箱、3箱・・・と、3箱目に手をかけたところで

「ああ!!」という声が。





ああ?(−− )





周囲を見回すとちょっと頭の寂しいおじさん(失礼)が

某突起名の方を見て悲しそうな表情をしている。

・・・が、別段何を言われるわけでもなかったので

構わず3箱目を手に取り、買い物カゴにポイッと放り込んで

その場を去りかける。





「わーん(TДT)」















・・・ひと箱分けてあげました。



 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]