某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2003年08月26日(火) 『だって愛されたかった。』











「だって親は私に厳しいばかりで優しくない。

 だから優しく愛されたかった。」

「前の彼氏は私を愛してくれなかった。

 だから愛されて満たされかった。」

「友達は自分の言うなりにはならない。

 だから心の隙間を埋める為に愛されたかった。」

「誰も私が愛してほしいようには愛してくれない。

 だから望むように愛されたかった。」

「あの人は私に愛してほしいだけ。

 だから私も愛されたかった。」

「とりあえず愛されれば自分に自信が持てる気がする。

 だからとりあえず愛されたかった。」

「自分が嫌われるのはイヤ。

 だから嫌われないように愛されたかった。」

「自分には好きな人がいて自分の選んだ人に愛されている実感がほしい。

 だからその為に愛されたかった。」

「好きなタイプの人には好かれたくて当たり前。

 だから当たり前に愛されたかった。」





「生まれてこのかた、愛を感じた事なんかない。

 だから愛されたい。」



















別に愛されたい理由なんてなんでもいいし

その感情自体を否定する気はさらさらないのだが。





愛されたいがゆえに人を傷つけるその弱さで

あちらこちらの人に対して刃を振り回して

逆にその痛みに反応した相手に刃を突き立てられ

自分の傷の痛みの広がりに自分で収拾がつけられなくなる度に

自分が人に傷をつけたその事実も忘れて

「助けて」と私の元に駆け込んでくるのは

些か都合が良すぎるのではないか。





「愛されたい」を己の弱さを肯定する為の

理由付けとして好き勝手に使いたいだけなら

その代償として自分の願望で人の心を踏みにじりにしている事実や

自分がただ「傷つけられる存在」としてその事に盲目になるあまり

加害者の側に回っているという現状や

自分の罪悪感や、やっている事の不毛さも

肯定してしかるべきなのではないかと思う。





おそらく私は私の元に駆け込んでくる人に

優しいだけの言葉はかけられないだろう。

いつまでも癒しという名の甘やかしに浸されていれば

居心地は良いかもしれないが

いつまで経ってもそこから抜け出せない。





「だって愛されたかった。」





おそらく私の「愛」が相手に届く日なんて

こないだろうな、と思う。

そう思いながらも私は今日も

あたかも憎まれる為かのように

棘に包まれた言葉を自分の口から紡ぎ出すのだろう。





別にそれでもいい。

愛なんて

甘美なだけの代物とは限らないじゃない。


2003年08月25日(月) ウイルス駆除。











マイPCのウッシーが帰ってきたので

そのセットアップをしていたのだが。










何をボケているのかセットアップの順番を間違えて

ノートン先生を入れてWindowsのアップデートをする前に

うっかりネットの設定をして接続してしまったら

早速Welchia(ウェルチア。W32.Blaster.Worm(シマンテックウイルス辞典より)とか

WORM_MSBLAST.A(トレンドマイクロウイルスデータベースより)とか言われるのの亜種。)


ばっちり感染した。





詳細:

WORM_MSBLAST.D(エムエスブラスト)トレンドマイクロのウイルスデータベースより

W32.Welchia.Worm(ウェルチア)シマンテックのウイルス辞典より






まずシステムファイル「svchost.exe」がエラーで終了しまくり

当然OSの動作が不安定かつ、あちこち使えなくなって不便に。

Windowsのアップデートも失敗しまくり。

ノートン先生もインストールが終わるまでにシステムエラーが出てしまう。

散々試行錯誤してから、ハタと思いつく事があって

シマンテックのオンラインウイルススキャンをかけてみる。

(Symantec Security Checkの中に普通のウイルススキャンが。

ついでにトレンドマイクロのオンラインウイルススキャンも挙げとく。お好みでどうぞ。)






途中、メッセ友達に「タスクマネージャーにMSblastがないか見てみろ」と言われ

ねーよ失礼な、と思いつつ見てみたがやっぱりタスクマネージャにはなかった。

・・・が、その亜種はウイルススキャンが終わって見つかったので

仕方がなく駆除ツールをダウンロード。

指示の通りにポートからの感染に関係するMicrosoftの

セキュリティ修正パッチふたつをダウンロードして

[MS03-026][MS03-007]Microsoftのふたつの修正プログラムの説明ページ。

このページのリンクからプログラムがダウンロードページへ飛べます。)
当ててから

駆除ツールを使ってみた。





駆除した後にノートン先生をインストールしてウイルス定義を更新後

再度ウイルススキャンしてみたがウイルスが見つからなかったので

滞っていたWindowsのアップデートをしてみたが

さっきまでエラーしまくりで失敗しまくりだった更新作業が進む進む。

連発していたシステムエラーも全くなし。

今までの苦労はなんだったんだ、と思うくらい。










しかし、ネットに繋いでからセキュリティソフトを入れるまでの

ほんのちょっとの間にウイルスって入り込むもんなんですね。

「ウイルス怖ぇ!!」って感じで反省する事しきり。

次回からパッチを当てるのとノートン先生をインストールするのは

ネット接続設定をする前にしようと真面目に思いました。

・・・その為に修正パッチ類もMOで保存してみたりな。





もし「OSが不安定で困る」とお嘆きの方がいらしたら

一度ウイルススキャンをかけてみて、

ウイルスに感染しているようなら駆除作業後

セキュリティパッチを当てる、

ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトを導入する、

などの対策をする事をおすすめします。









あ、そうだ。

こまめにウイルスを送ってくださる方がいまだにいますが

その方も一度ウイルスチェックお願いします(爆


2003年08月18日(月) 固執。









容姿。

金銭。

体格。

学歴。

家柄。

知識。

・・・









あるに越した事はないものなのだろうけれど

固執しすぎは、なんでもダメよ。

・・・という事なのだろうと。





固執しすぎて他を見られなくなるなら

そんなものは最初からない方がいい。





2003年08月17日(日) お盆の過ごし方2。










叔父さんからUSB接続用のMOドライブを借りてきて

ようやく社長から借りたPCからバックデータを

取り出せるように。





明日は社長のPCからデータを取り出して

ウッシーに、叔父さんからもらった内蔵用MOドライブをつけて

Windows2000に乗せ替えて、バックアップデータやら

アプリケーションやらをインストールしなおして・・・・

忙しくなりそうだ。





お盆がPC弄りで丸潰れ(涙


2003年08月16日(土) お盆の過ごし方。











世間がお盆休みに入ってからというもの

実家の滅茶苦茶な予定に散々に振り回されている所為か

体調が芳しくない。





逆流性食道炎が悪化しているらしく

ゴボゴボと食べたものが吐き戻されそうになる。

胃は爛れているようなチリチリとした痛みと

内側から圧迫されているような苦しさが常駐していて

そろそろ(というか、いい加減)主治医のところに行って

新しい薬をもらってこないとなぁ、という気になる。





それすらも少々億劫だったりするのだが

(というかあんまり外に出たくない)

身体の回復の為には仕方がない、か。










叔父さんにもらったSCSI接続用MOドライブは

相変わらず認識されないので

代わりに、という事で今度は内蔵用MOドライブをくれたのだが。





ウッシーは自分のPCなので、最悪自分で弄って壊してしまっても

自分のだからいいとして(良くないけど)

社長から借りたPCの中身をアレコレ弄るのは

さすがに気が引ける(というか壊しちゃったら責任取れない)し、

社長のPCに内蔵用MOドライブをせっせと取り付けて

MOにデータを移したらドライブをまた外して

その内蔵用MOドライブを今度はウッシーに・・・なんていうのは

非常に面倒くさい話なので

社長から借りてきたPCからデータをとるのは

叔父さんからUSB接続用のMOドライブを借りてきて

それでやる事にした。










ここのところ頭の回転が非常に鈍く

それに伴って引っ込み思案になっており、

人と話すどころか電話やメールすらまともにはできない状態だったのが、

数ヶ月ぶりに自分の好きな本や漫画を買ってきて

読み終わった頃には回転数がギュンギュンと上がってきているのが

分かるくらいに回復していた。





なんだか考えたくもない事で脳みそのリソースが奪われていて

好きな事で好きなように頭を動かしたりできない、というのが

今のところ一番の負荷になっているようなので

もうちょっと好きな事を好きなようにして

好きなように頭を使ってみる事にした。






とりあえずWJ(週刊ジャンプ)で連載している

『BLEACH(ブリーチ)』を7巻までと

PC関係の解説本1冊、地元の情報誌の増刊号1冊。

これで一週間くらいは持つだろうと思って買ってきたのだが

あっさり読み終わってしまったので

これから何かまた買ってこようか考えているところ。


2003年08月14日(木) 泣いてもいいよ(ある友人への私信)











背伸びをする強さよりも

弱さを認める強さを。





その強さが持てれば

いつかはきっと今より強くなれる。





だから今は

女々しくったっていいじゃない。

弱くったっていいじゃない。

泣いたっていいじゃない。





誰が嘲笑ったって

キミが許さなくったって

私がいいと言ってあげるから。










泣いてもいいよ。















涙も流さず

平気なふりをしながら

大丈夫だよと強がって



心で泣くキミへ。


2003年08月11日(月) ハンディシェイク。











・・・なる、パピコ形式の絞り出して食べるタイプの

アイスを食べているのだが、モスシェイクのバニラ味を

そのまま詰めてある感じでとても美味しい。





ちょっとハマりそうな予感。










それはさておき叔父さんにもらってきたMOドライブを

社長に借りたPCにつけてみたところ全く認識されないので

日曜日に叔父さんが見てくれるという話だったのだが。





叔父さん(自営業)は納期があれこれ迫っているらしく

「忙しいから時間ができたら連絡する」との事で

またしても社長にPCを返すのが遅くなりそうな予感。





やっぱりただは高く(以下略





2003年08月08日(金) 重い。











何が重いって生理が。





拳で内臓の内側から腹をグリグリされているような、

痛くて痛くて吐きそうな下痢の時のような、

この辛さは男の人には分かるまい。





2003年08月07日(木) MOが家にやってきた。











マイPCのウッシーがようやくメーカー送りの旅から帰ってきたので

今まで社長に借りていたPCからデータを移さないといけない。

・・・が、社長から借りたPCはCD-Rがついていない為、

データの取出しができない。

ので、叔父さんに外付けのMOドライブを借りに。





USBでお手軽にポン、と接続した方が楽だろうという考えで

USB用のMOドライブを希望したのだが

「SCSI用のMOドライブだったら余ってるからあげるよ」という

叔父さんの誘惑に負けてSCSI用のMOドライブをもらってきた。





PCIカードスロットにバンバンカードが刺してあるPCを使っているくせに

某突起名自身はカード類を弄るのが面倒くさかったのだが

まあ、タダでもらえるならいいかぁ、という事で

頑張って(?)コネクタ類を社長PCから全部抜いて

よっこらしょ、とミドルタワーをPCデスクからおろして蓋を開けて

カードを刺してまた蓋を閉めてデスクに乗っけて

コネクタ刺してドライバをインストールして・・・してみた。















MOドライブを接続してドライバをインストールするところまでは

アホの某突起名でも「なんだ簡単じゃーん」と言えるくらい

スムーズに作業が進んだのだが

いざ、ドライバを起動してみると

何故かMOドライブ自体を認識していない。





仕方が無いのでケーブルを刺し直したり交換してみたり

ドライバをアンインストールしてもう一回インストールしてみたり

色々したのだがやっぱりウンともスンとも言わない。





もう某突起名には手の施しようがないので

日曜日に叔父さんに見てもらうとして

バックアップを取って社長にPCを返す日は

確実に来週以降になりそうだ。










教訓:やっぱりタダって高くつくんですね。


2003年08月05日(火) 誤解。











お義兄さんが生活費や環境を整える金銭を貸してくれるという一件だが

嫁いだ姉がお義兄さんの言葉を何か誤解して受け取って

早とちりでこちらに連絡してしまったようで

この話はなし、という事で、という事に。





考えて考えてようやくこの話を受ける事になって

ホッとしていたところで突然ふり出しに戻されたショックは大きかったし

頭の中はまた「生活費どうしよう」の類の嵐だったのだが

平気な顔や元気なフリは得意なので

そのまま「車で眼科に連れていってほしい」という母親を

隣の市の眼科まで連れていった。





その後、母親に何か外食をしようと言われたのだが

私の中の人は言いようの無い虚脱感に襲われていて

「もう放っておいてくれ」と言いたいのをようやくこらえて

車を運転していてそれどころではなくて

今は食欲が無い、と言うと何だか悲しそうな反応が返ってきたので

仕方なく無理矢理デザートつきでランチを詰め込んだ。





これからどうしよう?

今はそれしか頭に浮かばない。





何故かこんな時に頭を掠める言葉は

主治医と話し合う前に母親が言った

「貧乏人は苦しくても痛くても療養なんかできる身分じゃないの。

 私と同じ会社の○○さんだって、ずっと××を悪くしていて

 入院しなきゃいけないのをこらえて働いてるんだからね!

 貧乏人っていうのはそうやって苦しみながら働いて働いて

 そうやって生きて死ぬのを待つもんなの!」

という言葉であったり

「ぼくんち」という漫画の中でかのこ姉さんが言った

「泣いたら世間がやさしゅうしてくれるかぁ。

 泣いたらハラがふくれるかぁ。

 泣いてるヒマがあったら笑ええっ!!」

という言葉であったり。





どちらも、ああ、その通りかもなぁと思うから

こんな時に思い出すのだろうけれど。

生まれちゃったのだから

苦しくても我慢するしかないのかもしれない。










もう、泣く気もしない。






 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]